0 to zeroのhorizon

月別アーカイブ :2017年08月

1回戦のシードダウンは8人、杉田は次戦突破でナダル戦の可能性!(全米オープン2017)

昨日は雨により、トップハーフの1回戦の試合の多くが本日8月31日に持ち越されました。 そして、1回戦がすべて終わりました。 全米オープン2017 ドロー、組み合わせ表、試合結果 日本から出場している杉田祐一、ダニエル太郎は全米オープン・本戦で初勝利をあげ、2回戦に進んでいます。 杉田はL・マイヤー(アルゼンチン・59位)、ダニエル太郎は第1シードのナダル(スペイン・1位)と2回戦で対戦します。 ち......続きを読む»

日本勢2人が1回戦突破 杉田は59位メイヤー、太郎は世界1位ナダルとの2回戦へ!(全米オープン2017)

錦織が欠場となった全米オープンですが、日本からは杉田祐一(44位)、ダニエル太郎(121位)の2選手が出場しています。 ウエスタン&サザン・オープンではソック、カチャノフといった強豪を破ってマスターズ8強に進んだ杉田。 アンタルヤ・オープンでは優勝もはたしていますが、上位選手にも勝てる力を見せています。 全米オープンでは、1回戦でジョフレイ・ブランカノ(フランス・331位)と対戦しました。 試合......続きを読む»

卓球 決勝に石川佳純、伊藤美誠、張本智和、吉村真晴らが進出、優勝に王手!(チェコ・オープン2017)

8月15日~行われたブルガリア・オープンでは、ベスト16に進んだ女子選手は、全員が日本選手でした。 そして、決勝戦は石川佳純(7位)VS伊藤美誠(11位)となりました。 結果は石川佳純が4-0(12-10,11-4,11-6,11-5)とし、貫録の勝利をおさめました。 石川はこの大会では、2回戦で森薗美月(97位)、準々決勝で笹尾明日香(109位)、準決勝で加藤美優(30位)と、若手日本選手を破って......続きを読む»

全米オープン2017 ドロー発表 杉田祐一は331位と初戦! ナダルは第1シード、フェデラーは第3シードに…

今季最後の4大大会となる全米オープンのドローが発表されました。 参考:全米オープン2017 ドロー、組み合わせ表 ランキング上位者では、ジョコビッチ、ワウリンカ、錦織圭など欠場が相次いでいますが、ズべレフ、ティエムなど今季台頭している若手選手が上位シードに入っています。 一方で今季に鮮烈な復権をとげたナダルは第1シード、フェデラーは第3シードで出場します。 はたして、今大会を制するのは、どの世代に......続きを読む»

世界バドミントン選手権2017 シード、組み合わせが決定! 山口茜、高松ペアが第1シードに!

世界バドミントン選手権大会2017が、スコットランドのグラスゴーで8/21に開幕します。 現在、世界バドミントン選手権は、五輪の年をのぞいて毎年行われています。 2016年はリオ五輪があって開催されず、2015年はインドネシアのジャカルタで行われました。                                              日本選手のメダリスト 銅:桃田賢斗(男子シングルス) 銅......続きを読む»

卓球女子・決勝カードは石川佳純VS伊藤美誠、男女・単複すべてで日本選手が優勝の可能性!(ブルガリア・オープン2017)

ブルガリア・オープン2017も、8月20日に決勝戦が行われます。 日本女子を見ていくと、シングルス本戦には16人が出場しました。 1回戦では海外勢とそれぞれあたり、16人全員が突破。 32枠で争う本戦トーナメントなので、ベスト16以降のカードは、すべてが日本人対決という驚きの状況になりました。 ここでは、ベスト8以降についてみていきます。                              ......続きを読む»

杉田が52分で完敗 ディミトロフの緩急を使ったプレーに苦戦…(ウエスタン&サザンOP2017・準々決勝)

自身初のマスターズ8強を決めた杉田祐一。 錦織が長期欠場となる中、日本選手として孤軍奮闘しています。 試合を見ていると、充実ぶり、1球1球への集中力の高さや気迫がこもったプレーが目立っています。 準々決勝の対戦相手は、G・ディミトロフ(ブルガリア・11位)となりました。 今大会は第7シードに入っているトッププレイヤーの1人です。 片手バックハンド、強烈なサーブなどを武器としています。 試合前にディ......続きを読む»

卓球女子 日本勢16人全員が1回戦突破 ベスト16以降、すべて日本人対決!(ブルガリア・オープン2017)

8月17日から本戦が行われているブルガリア・オープン。 アジアの強豪国である中国、香港などが不在となっています。 そのため、ランキング上位が集まる日本勢に優勝の期待がかかる大会となっています。 1回戦は日本勢VS海外勢という図式でした。 32枠で争う女子シングルス・本戦ですが、日本選手は16人が出場しています。 そのため、全員が勝つとその時点で日本勢しかいなくなり、日本選手の優勝が決まることにな......続きを読む»

杉田祐一がマスターズ8強の快挙! 強豪カチャノフを破る 次はディミトロフ(11位)戦(ウエスタン&サザンOP2017・3回戦)

ウエスタン&サザン・オープンにおいて2年連続でベスト16に進出した杉田祐一。 参考:ウエスタン&サザン・オープン2017 ドロー、組み合わせ表 3回戦は初対戦となるK・カチャノフ(ロシア・32位)との試合になりました。 21歳と若いながらも有望な選手で、198㎝と長身を活かしたビックサーブ、パワーある強力なフォアを武器としています。 マスターズ・初のベスト8という快挙がかかる重要な試合でしたが…。......続きを読む»

ベスト16決定、シード勢は5人のみ!? 杉田VSカチャノフは8/18 午前0:00~(ウエスタン&サザンOP2017)

ウエスタン&サザン・オープン2017は2回戦が終了、ベスト16が決まりました。 フェデラー、錦織、ラオニッチなど上位に欠場が相次いでいる大会ですが…                                            勝ち残っているシード勢 1:ナダル(スペイン・2位) 3:ティエム(オーストリア・8位) 7:ディミトロフ(ブルガリア・11位) 11:カレノ ブスタ(スペイン・17......続きを読む»

卓球 全組み合わせ決定 日本選手は女子16人、男子11人が本戦に出場!(ブルガリア・オープン2017 )

ブルガリア・オープン2017ですが、予選が終わりました。 本戦が8月17日から始まります。 女子の日本選手ですが、16人が本戦に出場します。 本戦の出場枠は32人なので、半数を日本選手が占めています。 予選から勝ち上がったのは、前田美優(69位)、森薗美月(97位)、笹尾明日香(109位)の3人になります。 昨年は石垣優香が優勝している大会ですが、今年も日本選手の優勝が有力です。 石川佳純(7位......続きを読む»

2年連続で杉田祐一がマスターズ16強、ソウザ(54位)に逆転勝利!(ウエスタン&サザンOP2017・2回戦)

1回戦で強豪J・ソック(アメリカ・16位)を破った杉田祐一。 錦織が残念ながら手首の痛みで欠場したため、日本選手としてただ一人、ウエスタン&サザン・オープン2017に出場しています。 2回戦は、ツアー初対戦となるJ・ソウザ(ポルトガル・54位)との試合になりました。 28歳と同い年で互いにリターンに長けた両者、見応えある打ち合いも随所に見られました。                         ......続きを読む»

ベスト32決定、杉田祐一は強豪ソックを破る、2回戦はJ・ソウザ(54位)と対戦!(ウエスタン&サザンOP2017)

ウエスタン&サザン・オープン2017は1回戦が終了しました。 参考:ウエスタン&サザン・オープン2017 ドロー、組み合わせ表 今大会の特徴は、とにかくトップ10プレイヤーの欠場が相次いでいることです。 大会前にはマレー、ジョコビッチ、ワウリンカ、チリッチの欠場が決まっていました。 大会前後にはフェデラー、錦織圭、ラオニッチの欠場が決まりました。 このような中、1回戦が行われましたが、第9シード......続きを読む»

卓球女子・ブルガリアOP2017 組み合わせ発表 石川、伊藤ら日本選手は13人がシードに!

ブルガリア・オープンの予選が8月15日から始まります。 本戦の方は、予選免除のシード選手の組み合わせが発表されました。 女子を見ていくと、シード16人のうち、13人の日本選手がシードとなっています。                                              日本のシード選手 石川佳純(7位) 伊藤美誠(11位) 佐藤瞳(12位) 橋本帆乃香(15位) 早田ひな(24位......続きを読む»

20歳 アレクサンダー・ズべレフ マスターズ2勝の衝撃 フェデラーの連勝も止めた!

現在、乗りにのっている若手選手と言えばA・ズべレフ(ドイツ)です。 198㎝と長身を誇りながら、動けるプレイヤー(線は細いですが…)。 弱点が少なく、ビックサーブ、精度の高いストローク、多彩な攻撃を持っています。 今季は45勝12敗、年齢はまだ20歳、世界ランキングは7位に上がりました。 すごい勢いで頭角を現しており、その将来性は輝かしいものと考えられています。 BNLイタリア国際(ローマ・マスタ......続きを読む»

錦織の初戦はフェレール(33位)orジョンソン(35位)!(ウエスタン&サザンOP2017)

ロジャーズ・カップに続き、第5シードでウエスタン&サザン・オープン2017にのぞむ錦織圭。 2回戦から登場したロジャーズ・カップでは、まさかの初戦敗退(2回戦)となってしまいました。 対戦相手がG・モンフィス(フランス・22位)という厳しい相手ではありましたが、錦織は4本のMPを握りながらの劇的な逆転負けとなってしまいました。                                     ......続きを読む»

ウエスタン&サザン・オープン2017 ドロー決定 錦織圭、杉田祐一の組み合わせは!?(シンシナティ・マスターズ)

北米でのハードコートの大会が続きいていますが、ウエスタン&サザン・オープン2017のドローが発表されました。 参考:ウエスタン&サザン・オープン2017 ドロー、組み合わせ表 シンシナティ・マスターズとも呼ばれるこの大会ですが、マレー、ジョコビッチ、ワウリンカ、チリッチらが怪我により欠場しています。 直前のロジャーズ・カップでは、2回戦でマッチポイント4本握りながら、モンフィスに逆転負けを喫した錦......続きを読む»

ベスト16決定! 錦織、ティエム、ラオニッチ、ツォンガら9選手がシードダウン…(ロジャーズ・カップ2017)

ロジャーズ・カップ2017は上位8シードも登場する2回戦が終了、ベスト16が出そろいました。 参考:ロジャーズ・カップ2017 ドロー、組み合わせ表、試合結果                                            上位シードの状況 1:ナダル(スペイン)は3回戦へ 2:フェデラー(スイス)は3回戦へ 3:ティエム(オーストリア)はシュワルツマン(アルゼンチン・36位)......続きを読む»

4本のMP握るも、錦織がモンフィスに痛恨の初戦敗退…次はウエスタン&サザンOP(ロジャーズ・カップ2017・2回戦)

2回戦から登場した錦織圭、今大会は第5シードに入っています。 ドローは序盤から厳しい組み合わせとなっています。 2回戦の対戦相手は、G・モンフィス(フランス・22位)となりました。 2016年はツアー・ファイナルにも出場している実力者で、サーブも強力、コートカバーリング力も高く守備能力も優れた選手です。また、隙があるとフィジカルを活かしたハードヒットが飛んできます。 今シーズンは膝の故障などもあり......続きを読む»

錦織の2回戦(VSモンフィス)は8月10日、午前1:30開始予定!(ロジャーズ・カップ2017)

シティ・オープン2017では、準決勝で若きトップ10プレイヤー、A・ズべレフ(ドイツ・8位)に敗戦した錦織圭。 勢いに乗るズべレフはシティ・オープンを制覇、今季ツアー40勝目に到達しました。 錦織はブレークチャンスを一度も握れずに完敗でした。 ズべレフ戦は手痛い負けでしたが、大会を通してみると錦織が際どい試合をものにするなど、しぶとさ、粘り強さも戻ってきている印象でした。 深夜1:52分までかかっ......続きを読む»

錦織の2回戦はガエル・モンフィス(22位)、対戦成績は3勝0敗!(ロジャーズ・カップ2017)

ロジャーズ・カップ2017が開幕しましたが、錦織のドローは序盤から強敵が相手となる難しい組み合わせになりました。 1回戦、モンフィスVSジョンソンは、モンフィスが2-6,7-6,6-1で勝利。 2回戦の錦織の対戦相手は、モンフィス(フランス・22位)に決まりました。 過去の対戦成績は、錦織の3勝0敗です。 しかし、すべての試合はフルセットとなっており、激闘を繰り広げた相手でもあります。 身体能力に......続きを読む»

ロジャーズ・カップ2017 錦織は第5シードに入る! マレー、ジョコら上位陣の欠場相次ぐ…(カナダ・マスターズ)

錦織にとっては、シティ・オープンより、北米でのハードコートの大会が続きます。 8月にはモントリオール(カナダ)、シンシナティ(アメリカ)でのマスターズがあり、8月末から全米オープンが開幕します。 2016年に錦織は、ロジャーズ・カップ(モントリオール)で準優勝しています(ジョコビッチに敗退)。 2017年は優勝したジョコビッチが長期欠場を発表しており不在、公式の発表では当初、錦織は第8シードに入っ......続きを読む»

錦織が完敗、20歳ズべレフが試合を支配…次はロジャーズ・カップへ(シティ・オープン2017・準決勝)

連日夜遅くの試合になっている錦織圭。 疲労も蓄積している中、準決勝は20歳のA・ズべレフ(ドイツ・8位)と対戦しました。 今季はジョコビッチを破ってローマ・マスターズを制しトップ10に入るなど、飛躍の年となっている若手プレイヤーです。 線は細いですが198㎝と身長に恵まれており、常時200キロを超えるビックサーブを持っています。 錦織とは初対戦となりました。                     ......続きを読む»

MP3本しのぎ、錦織が225位ポールを破って4強! 次は20歳・ズべレフ(8位)と初対戦!(シティ・オープン2017・準々決勝)

2回戦、3回戦と深夜2:00頃まで続く試合を勝ち抜いた錦織。 準々決勝は20歳、225位のT・ポール(アメリカ)と初対戦となりました。                                                試合結果(02:39) 第1セット:錦織3-6T・ポール 第2セット:錦織7-6T・ポール 第3セット:錦織6-4T・ポール マッチサマリー トータルポイント 錦織115......続きを読む»

ロジャーズ・カップ2017 ドロー発表 錦織圭、杉田祐一が出場、序盤から厳しい組み合わせに!(カナダ・マスターズ)

今季、6大会目のマスターズとなるロジャーズ・カップ2017の組み合わせが決まりました。 参考:ロジャーズ・カップ2017 ドロー、組み合わせ表 錦織は昨年、ジョコビッチに敗れて準優勝という好成績を残している大会です。 2017年はマレー(1位)、ワウリンカ(4位)、ジョコビッチ(5位)、チリッチ(6位)と、上位選手が怪我により相次いで欠場しています。 そういったこともあり、錦織は第5シードに入りま......続きを読む»

甲子園・夏2017 抽選会が行われ、組み合わせが決定! 大阪桐蔭は米子松陰と初戦!(高校野球)

今年も夏の風物詩、甲子園の開幕(8/7/月曜日)が近づいています。 8月4日には抽選会が行われました。 今大会は全49代表校が出場します。 初出場校などを見ていくと… 初出場 福井:坂井 静岡:藤枝明誠 三重:津田学園 岡山:おかやま山陽 山口:下関国際 佐賀:早稲田佐賀 連続出場 福島:聖光学院(11年連続) 高知:明徳義塾(8年連続) 栃木:作新学院(7年連続) 最多出場 南北海道:北海......続きを読む»

8強決定、連日の深夜の試合、錦織は強豪デルポトロに勝利! 次戦は225位が相手に!(シティ・オープン2017・3回戦)

シティ・オープン2017は8強が決まりました。 参考:シティ・オープン2017 ドロー、組み合わせ表 上位シードでは、第1シードのティエム、第4シードのディミトロフが敗れています。 2回戦に辛勝した錦織圭。3回戦は過去1勝5敗と苦手としている強豪デルポトロ(アルゼンチン・32位)と対戦しました。 今大会は雨による遅延が目立っていますが、3回戦は夜の12:00過ぎにスタート、前日に続く夜中の試合と......続きを読む»

甲子園・夏2017 大阪桐蔭は史上初、2度目の春夏連覇を目指す、過去の連覇達成校からプロになった選手は…!?

各地域を代表する甲子園出場、全49代表校が決まりました。 今大会は、前人未到、2度目の春夏連覇がかかる大坂桐蔭に注目が集まると思います。 ちなみに、春夏連覇を達成している高校は、過去7校あります。                                             作新学院(栃木・1962年) 中京商(愛知・1966年) 箕島(和歌山・1979年) PL学園(大阪・1987年) ......続きを読む»

錦織は3回戦で、過去3度優勝のデルポトロ(38位)と対戦! 対戦成績は1勝5敗(シティ・オープン2017)

約3週間ぶりの公式戦となったシティ・オープン2017・2回戦。 錦織はヤング(58位)にフルセット、タイブレークの末に辛勝しました。 まだ、試合勘という点ではどうなのかな…という場面もありましたが、勝ちを重ねることが調子を上げることにつながっていきそうです。 3回戦で対戦するのは、少し前の迷惑ノーシードの代表格・フアンマルティン デルポトロ(アルゼンチン・32位)になりました。 破壊力抜群のフォア......続きを読む»

錦織が深夜1:52分に及んだヤング戦に薄氷の勝利、次はデルポトロ(32位)戦!(シティ・オープン2017・2回戦)

第2シードに入った錦織圭、2015年に優勝しているシティ・オープン・2回戦に登場しました。 対戦相手は地元アメリカのD・ヤング(58位)、ツアーでは錦織が5戦5勝としています。 ヤングはジュニア時代は世界ランク1位に輝くなど、将来を期待された選手です。 また、錦織と同様、IMGアカデミーでテニスを学んでいる同世代プレイヤーです(共に1989年生まれ)。 この日は雨のため大幅遅延、現地23:27分に試......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconzerostart

あかつきスポーツ☆18ニュースを運営しています。
スポーツのサイトで、錦織圭・テニスを始め、卓球、バドミントンなど様々なスポーツ情報・速報を配信しています。
また、ここでしか読めないコラムもあります。
スポーツの好きな方に楽しめる内容にしていきたいと思っております。
随時、アンケートも行っております!
  • 昨日のページビュー:898
  • 累計のページビュー:17755234

(12月18日現在)

関連サイト:あかつきスポーツ☆18ニュース

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織が日本人最多の10勝目をあげる優勝! ビックサーバー、イズナーを攻略! (シティ・オープン2015決勝戦)
  2. BNPパリバ・オープン2016ドロー発表 錦織は比較的良い組み合わせか!?
  3. 錦織がナダル超えをはたし、BIG4全員からの勝利達成! 準決勝で3位のマレーと対戦!(ロジャーズ・カップ2015 準々決勝)
  4. 錦織の心揺さぶる試合に観客も涙 最終セット、タイブレークまでもつれるも、 王者ジョコビッチに一歩及ばず…(BNLイタリア国際2016)
  5. 錦織がリミットブレーク、優勝候補本命マレーをフルセット撃破でベスト4進出!(全米OP2016・準々決勝)
  6. 全仏オープン2016 ドローが発表! 注目の錦織、ジョコビッチの組み合わせは!?
  7. ロジャーズ・カップ2015 錦織は強敵・D・ゴファンと3回戦! 序盤戦でシード選手が次々に敗れる波乱!
  8. マイアミ・オープン2016 ドローが決定 錦織はマレーとベスト8で当たる組み合わせに!
  9. ジョコビッチの1強時代到来か…!? イタリア国際、決勝でフェデラーを破る!
  10. 錦織が体調不良に苦しむも、トロイツキ(24位)に見事な逆転勝利! 3回戦は再びガスケと対戦か!?(BNLイタリア国際2016)

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
06
05
2011
07
03
01
2010
03
02
2009
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss