0 to zeroのhorizon

月別アーカイブ :2017年02月

ジャンプ混合団体 高梨沙羅と葛西の競演ならず…メンバーは伊藤有希、伊東大貴、竹内拓(ノルディック世界選手権2017)

フィンランドのラハティで行われているノルディック世界選手権2017。 注目のジャンプ女子ですが、個人ノーマルヒルは、伊藤有希が2位、高梨沙羅が3位という結果でした。 ワールドカップでは好不調の波がある海外の選手でも、ここ1番の高い集中力を発揮、ハイレベルな争いになりました。 そして、本日の深夜、2月27日0:25~ジャンプ混合団体がNHK・BS1で放送されます。 その日本代表のメンバーも決まりまし......続きを読む»

女子ジャンプ、伊藤有希は銀メダル、高梨沙羅は銅メダル!(ノルディック世界選手権2017)

フィンランドのラハティで行われているノルディック世界選手権2017。 ジャンプ女子・ノーマルヒル決勝が行われました。 女子選手が出場する競技は、ノーマルヒルと混合団体の2種目となります。 メダルの期待が高い競技で、今季ワールドカップ53勝(歴代最多タイ記録)という偉業を達成した高梨、今季4勝の伊藤のジャンプに注目が集まりました。                                    ......続きを読む»

ノルディック世界選手権2017 女子ジャンプの高梨沙羅、伊藤有希、複合の渡部暁斗らにメダルの期待がかかる!

ノルディック世界選手権2017がフィンランドのラハティで行われています。 行われる競技は、ジャンプ、ノルディック複合(ジャンプ+クロスカントリー)、クロスカントリーです。 日本勢でメダルの期待が高いのがは女子ジャンプ、ノルディック複合などです。                                            女子ジャンプには、高梨沙羅、伊藤有希、勢藤優花、岩渕香里が出場します......続きを読む»

卓球女子カタールオープン2017 石川、伊藤、平野らシード選手の組み合わせが決定!

今季のワールドツアーもすでに始まっており、カタールオープンが開幕しています。 現在は予選が行われ、多くの日本選手が参戦しています。 日本勢にとっては、本格的なワールドツアーの参戦は今大会からという感じになります。 カタールオープンはPlatinumというカテゴリーになっており、世界のトップ選手が一堂に介す大会となります。                                        ......続きを読む»

錦織が地元ベルッシ(76位)に初戦で敗れる波乱(リオ・オープン2017)

アルゼンチン・オープンから中1日で、リオ・オープンにのぞんだ錦織圭。 クレーでの連戦となっています。 初戦の相手は地元ブラジルのT・ベルッシ(76位)になりました。 サウスポーで、パワーを活かしたストローク、ハードヒットが武器の選手です。クレーを得意としており、ツアーで4勝をあげています。 過去にツアーでは錦織が1勝、チャレンジャーで1敗している相手です。 前回の大会でも苦戦した相手で、「タフな1回......続きを読む»

錦織の初戦は2/22 7:00以降(リオ2017)、1回戦勝利の西岡、デルレイビーチのドローは!?

現在はリオ・オープン2017、デルレイビーチ・オープン2017などが行われています。 リオ・オープンには錦織圭が出場、1回戦でT・ベルッシ(76位)と対戦します。 地元ブラジルの声援はかなりのものが予想されますが、アウェーでのどのようなプレーを見せるか注目です。 ただ、アルゼンチン・オープンからの連戦であり、体のコンディションは気になるところです。 試合の方ですが、2月22日午前7:00以降~(セン......続きを読む»

錦織がドルゴポロフ(66位)に敗れ、決勝は6連敗…休む間もなくリオ・オープンに出場(アルゼンチン2017)

今季初のクレーの大会、アルゼンチン・オープンにのぞんでいる錦織圭。 2月は南米での連戦となります。 アウェーの洗礼もありましたが、第1シード、唯一のトップ10選手として、決勝に勝ち進みました。                                         決勝の対戦相手はA・ドルゴポロフ(ウクライナ・66位)となりました。 対戦成績は、錦織の5勝0敗と好相性のプレイヤーです(錦織は......続きを読む»

錦織が地元77位に辛勝・V王手、決勝は過去5戦5勝のドルゴポロフ(66位)戦!(アルゼンチン・オープン2017)

今季初のクレーの大会にのぞんでいる錦織圭。 全仏オープンやクレーでのマスターズでのタイトルをにらみ、2月はクレーの大会で連戦です。 加えて、地元の選手との対戦では、アウェーの中での雰囲気となります。 全仏などではアウェーの洗礼に苦戦しており、そういうことも踏まえ、南米での2大会を選択している面もあるかもしれません。 準々決勝のソウザ戦では、ベースラインでのラリーを支配するなど、コートにもフィットして......続きを読む»

リオ・オープン2017 錦織のドロー決定! 予選にはダニエル太郎も出場!

現在行われているアルゼンチン・オープンでは、決勝に進出した錦織圭。 続くリオ・オープン2017のドローが発表されました。 参考:リオ・オープン2017 ドロー、組み合わせ表 アルゼンチンでは、実力的に優勝が期待される状況ですが、アウェーの洗礼や追われる立場の中、見事に期待に応えています。 そのアルゼンチン・オープンに続き、錦織はクレーでの連戦となります。 2月20日開幕のリオ・オープンには、予選......続きを読む»

錦織が第6シード・ソウザに勝利! 準決勝はベルロク(77位)orモンテイロ(84位)戦(アルゼンチン・オープン2017)

初戦を突破した錦織圭は、準々決勝を戦いました。 対戦相手は、対戦成績が0勝1敗のJ・ソウザ(ポルトガル・41位)。 過去の1敗は、2016年の楽天ジャパン・オープンのもので、途中棄権をしたものです。 アルゼンチン・オープンでは、2回戦までで上位8シードの選手のうち、半分が敗れています。 特に優勝争いのライバルになりそうだった、第2シードのクエバス、第3シードのフェレールが2回戦で敗れました。 第1......続きを読む»

ベスト8決定! 上位シードが次々に敗れ、錦織の今季初Vのチャンス広がる!(アルゼンチン・オープン2017)

今季、最初のクレーの大会・アルゼンチン・オープン(250)に挑んでいる錦織圭。 初戦を突破して、ベスト8に進んでいます。 準々決勝では、対戦成績を0勝1敗としているJ・ソウザ(41位)と対戦します(過去に錦織は途中棄権で敗退)。 第1シードとして、さらに唯一参戦しているトップ10選手として優勝が期待される錦織ですが、ベスト8の段階でシード選手がかなり姿を消しています。               ......続きを読む»

ジャンプ女子W杯・第18戦 高梨沙羅が歴代最多の53勝に到達! 伊藤有希は最長不倒で2位!

歴代最多優勝のタイ記録である53勝まであと1勝に迫った高梨沙羅。 記録到達の期待がかかる中、第17戦に続いて、第18戦もピョンチャン大会(韓国)にのぞみました。 来年の五輪が行われる会場でもあり、五輪のプレーシーズンの今季、重要な大会の1つです。 高梨は17戦で97.5m、94.0mを飛んで2位に入り、今季の総合優勝を決めました。 そして、迎えた18戦、もともと強い風が吹くピョンチャンのジャンプ台で......続きを読む»

錦織がシュワルツマン(50位)に逆転勝利! 準々決勝はJ・ソウザ(41位)と対戦!(アルゼンチン・オープン2017)

錦織は例年だと2月は、4連覇をしていたメンフィス・オープンに出場していました。 しかし、今季はアルゼンチン・オープン、リオ・オープンと、クレーの2大会を選択しています。 全仏オープンやマドリードやローマなどマスターズをにらんでいる部分もあるかと思います。 クレーコーターが多く参加する南米での2連戦、どのような結果になるでしょうか…。 第1シードの錦織はアルゼンチン・オープンの2回戦より登場、初戦は......続きを読む»

ジャンプ女子W杯・第17戦 高梨沙羅は総合優勝を決めるも、伊藤有希に敗れる…歴代最多優勝の記録は次戦にもちこし!

ピョンチャン五輪のプレーシーズンであるワールドカップも終盤、残すは3戦になりました。 第17戦はその五輪が行われるピョンチャンでの大会となりました。 この日は風の方向が目まぐるしく変わり、中断もしばしばありました。 そんな中で練習ラウンドから絶好調だったのが伊藤有希でした。 トライアルでは、110.0mという圧倒的な飛距離も出しています。 伊藤は日本での大会で初優勝をするなど3勝をあげています。......続きを読む»

ジャンプ女子W杯・高梨沙羅が歴代最多タイ記録に挑む! 第17戦、第18戦はピョンチャン大会(韓国)

ジャンプ女子ワールドカップも終盤戦に入っています。 残すところはあと3戦になりました。 今季はピョンチャン五輪のプレシーズンであり、重要な年です。 そんな中で、勝負強さを発揮している高梨沙羅。 今季も優勝を重ね、個人通算のW杯勝利数は52勝としています。 あと1勝で、歴代最多タイ記録である53勝に並びます。 そのような状況で、高梨を始め、伊藤、勢藤は、第15戦、第16戦のリュブノ大会(スロベニア)......続きを読む»

アイスホッケー女子 ドイツを破って、ピョンチャン五輪・日本代表の第1号!(世界最終予選)

日本(7位)、オーストリア(11位)、フランス(12位)、ドイツ(8位)で五輪出場枠「1」を争っている世界最終予選。 ここまで日本は、オーストリアに6-1、フランスを4-1で破り2連勝で、最終戦を迎えました。 一方、ドイツも2連勝できており、勝利した国が五輪への切符をつかむという状況でした。                                             試合結果 日本3-1......続きを読む»

アルゼンチン・オープン2017 ドローが発表 錦織は第1シード! 組み合わせは…

すでに予選が行われているアルゼンチン・オープンの本戦のドローが発表されました。 参考:アルゼンチン・オープン2017 ドロー、組み合わせ表 錦織圭は2月は、アルゼンチン・オープン、リオ・オープンに出場予定です。 例年だとこの時期は、メンフィス・オープン、メキシコ・オープンと、ハードコートの大会に出場していました。 しかし、今年はクレーの大会での連戦となります。 3月からはマスターズも始まりますが、......続きを読む»

アイスホッケー女子・日本代表が連勝、ピョンチャン五輪・第1号に王手!(最終予選)

ピョンチャン(平昌)五輪のプレーシーズンとなる今季、日本代表が決まる競技もあります。 注目の日本代表・第1号ですが、アイスホッケー女子が王手をかけました。 現在、北海道で行われているアイスホッケー女子・平昌五輪最終予選2017。 日本(7位)はオーストリア(11位)、フランス(12位)、ドイツ(8位)の4ヶ国で争われるグループに入っています。 この4ヶ国で1位になると、五輪の出場権を獲得できます。......続きを読む»

ジャンプ女子W杯・高梨沙羅が歴代最多タイ記録目前! 第15戦、第16戦・リュブノ大会は欠場…

今季9勝をあげてワールドカップ優勝記録を伸ばしている高梨沙羅。 現在は通算で52勝をあげており、男女合わせての歴代最多タイ記録である「53」まで、あと1勝に迫っています。 今季を振り返ると、開幕から6戦までで5勝をあげて素晴らしいスタートを切りました。 しかし、49勝してからの日本での4連戦(第7戦~第10戦)では、表彰台を逃すなど優勝なし、やや不調に陥りました。 それでも、ヨーロッパに戻るった第......続きを読む»

錦織圭、2017年2月のスケジュール…2/13~アルゼンチンOP、2/20~リオOP

2017年がスタートして2月に入りました。 シーズン初めの調子は気になるところでしたが、錦織圭は順調なスタートを切った印象です。 特に脚の筋肉などを見ても、さらに筋力がアップしたという印象があります。また、トップ選手として風格も出てきたというか、たくましさが増して、明確な目標を持ってプレーしているという印象があります。 錦織はここまで6勝2敗、1月はブリスベン国際、全豪オープンに出場しました。 ......続きを読む»

フェドカップ2017 大坂、土居の活躍で、日本がフィリピンに快勝して2連勝!

カザフスタンで行われているフェドカップ2017。 アジア・オセアニアゾーン・グループ1部に属している日本は、インド、フィリピン、中国と同じグループに入り、総当たり戦を行っています。 この中の1位が決勝に進出、韓国、カザフスタン、タイのグループを勝ち抜いた1位と対戦します。                                               日本は初戦のインド戦を3-0で快勝、......続きを読む»

大坂、土居、穂積らが出場! フェドカップ2017が2月8日に開幕 日本が初戦・インドに快勝!

2月8日(水)から 2月11日(土)の日程で、フェドカップ2017のアジア・オセアニアゾーン・グループ1部が行われます。 日本は、インド、フィリピン、中国と総当たり戦を行い、1位になると決勝に進出できます。 決勝では、タイ、カザフスタン、韓国のグループを勝ち上がった国との対戦となります。 この大会から、日本代表には大坂なおみも加わりました。 日本のメンバーは、大坂なおみ(56位)、土居美咲(42位......続きを読む»

2/9~アイスホッケー女子・日本代表が世界最終予選にのぞむ! ピョンチャン(平昌)五輪への切符をつかめるか!?

個人的に普段あまり見ることがない競技をじっくり見る機会があるのも、五輪の楽しみなところの1つです。 冬季五輪で楽しみにしている競技に、アイスホッケーがあります。 残念ながら日本の男子は出場権を逃していますが、女子の方は最終予選に出場します。 女子はここ最近、日本代表が五輪に出場しており、来年の五輪への出場にも期待がかかります。 日本代表女子は、来年に行われるピョンチャン(平昌)五輪に出場すべく、2......続きを読む»

LS北見は準優勝、優勝した中部電力と9月に日本代表選考会へ…日本カーリング選手権2017レポート

今大会の特徴は、ドローがなかなか決まらない難しいアイスというものがありました。 そんな中、地元の利を活かし、いち早く適応に成功した中部電力。 若いセットアップの石郷岡・北澤を、サード清水、スキップ松村が引っ張り、優勝にたどりつきました。 大会の成績は、予選は7勝1敗で2位、プレーオフでLS北見に敗れるも、準決勝で北海道銀行に、決勝でLS北見に勝利・・・9勝2敗でした。 一方、LS北見は予選8勝0敗、......続きを読む»

ジャンプ女子W杯・第14戦 高梨沙羅が3連勝! 通算52勝で歴代最多タイ記録に王手!

第13戦に続き、第14戦もヒンツェンバッハ(オーストリア)で行われました。 第13戦は87.5m、91.0mで優勝を飾った高梨沙羅。 第12戦ではワールドカップ・個人通算で50勝を達成しており、第13戦の優勝で通算51勝に伸ばしました。 高梨以外で51勝以上あげている選手は、男子のグレゴア・シュリーレンツァウアー(オーストリア)のみで、彼が持つ53勝も迫っています。 もちろん、歴史などが違う男子と女......続きを読む»

ジャンプ女子W杯 高梨沙羅が第13戦で優勝、第14戦もヒンツェンバッハ大会、3連勝なるか!?

第12戦でワールドカップ・個人通算50勝に到達した高梨沙羅。 第7戦から第10戦の日本での大会では、やや調子を落としていましたが、再び大会がヨーロッパに戻り復調、ルシュノブでの12戦で勝利をあげました。 さらに、第13戦ヒンツェンバッハ大会(オーストリア)でも上昇気流、連勝で51勝目を飾りました。                                             第13戦・日......続きを読む»

平昌五輪・日本代表選考も佳境…LS北見と中部電力が決勝で対戦!(日本カーリング選手権2017)

平昌五輪の日本代表が決まる可能性がある日本カーリング選手権2017も、2月5日に決勝戦を迎えます。 ここまで、素晴らしいプレーを多く見せてくれていた各チームですが、決勝に勝ち進んだのはLS北見と中部電力になりました。 LS北見は予選リーグを1位で勝ち上がり、プレーオフで予選2位の中部電力に延長9-8で勝利して決勝に進みました。 一方、プレーオフで敗れた中部電力は準決勝に回り、北海道銀行と対戦。8-......続きを読む»

LS北見が中部電力との全勝対決を制して首位浮上…プレーオフ進出に向けて予選リーグも佳境(日本カーリング選手権2017)

来年に行われる平昌(ピョンチャン)五輪の日本代表選考も兼ねる日本カーリング選手権2017。 予選リーグも終盤戦に入り、プレーオフ進出をめぐる争いも佳境となりました。 2月2日の昼には、共に全勝できていたLS北見と中部電力が対戦しました。 LS北見の藤澤と、中部電力の松村、清水はかつてチームメイトという対決でした。 試合の方は、LS北見が5-3で勝利。全体的にはLS北見が主導権を握って試合が進みまし......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconzerostart

あかつきスポーツ☆18ニュースを運営しています。
スポーツのサイトで、錦織圭・テニスを始め、卓球、バドミントンなど様々なスポーツ情報・速報を配信しています。
また、ここでしか読めないコラムもあります。
スポーツの好きな方に楽しめる内容にしていきたいと思っております。
随時、アンケートも行っております!
  • 昨日のページビュー:1296
  • 累計のページビュー:17604930

(09月22日現在)

関連サイト:あかつきスポーツ☆18ニュース

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織が日本人最多の10勝目をあげる優勝! ビックサーバー、イズナーを攻略! (シティ・オープン2015決勝戦)
  2. BNPパリバ・オープン2016ドロー発表 錦織は比較的良い組み合わせか!?
  3. 錦織がナダル超えをはたし、BIG4全員からの勝利達成! 準決勝で3位のマレーと対戦!(ロジャーズ・カップ2015 準々決勝)
  4. 錦織の心揺さぶる試合に観客も涙 最終セット、タイブレークまでもつれるも、 王者ジョコビッチに一歩及ばず…(BNLイタリア国際2016)
  5. 錦織がリミットブレーク、優勝候補本命マレーをフルセット撃破でベスト4進出!(全米OP2016・準々決勝)
  6. 全仏オープン2016 ドローが発表! 注目の錦織、ジョコビッチの組み合わせは!?
  7. ロジャーズ・カップ2015 錦織は強敵・D・ゴファンと3回戦! 序盤戦でシード選手が次々に敗れる波乱!
  8. マイアミ・オープン2016 ドローが決定 錦織はマレーとベスト8で当たる組み合わせに!
  9. ジョコビッチの1強時代到来か…!? イタリア国際、決勝でフェデラーを破る!
  10. 錦織が体調不良に苦しむも、トロイツキ(24位)に見事な逆転勝利! 3回戦は再びガスケと対戦か!?(BNLイタリア国際2016)

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
06
05
2011
07
03
01
2010
03
02
2009
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss