0 to zeroのhorizon

月別アーカイブ :2015年07月

夏の甲子園2015 出場回数番付 最多出場は? 初出場は? 29年ぶりに出場したチームとは…?

夏の甲子園は地方大会がすべて終わり、49の代表校が出そろいました。 大阪桐蔭や県岐阜商といった注目校は、残念ながら甲子園に出場はなりませんでした。 それでも、春夏連覇に挑む敦賀気比、清宮擁する早実、オコエ瑠偉擁する関東一、小笠原ら2枚看板の投手を擁する東海大相模など、様々な高校が出場する楽しみな大会になります。 出場回数を見てみると(今年を含む)…、                        ......続きを読む»

添田豪が世界ランク27位を撃破してベスト8進出! 好調のきっかけとなったのは…ウィンブルドン1回戦負け!?

ATP250のBB&T アトランタ・オープンの2回戦が行われ、添田豪(114位)が、第4シード、世界ランク27位のA・マンナリノ(フランス)を6-2、6-4で見ごとに破りました!  添田はサービスではブレークを許さない安定した試合運びを展開。相手のサービスゲームでは、9度のブレークチャンスから3度のブレークを奪い、ストレート勝ちを決めています。1回戦では元13位のアレクサンダー・ドルゴポロフ......続きを読む»

夏の甲子園 春のセンバツから連続出場を決めた高校は!?

甲子園の代表校を決める戦いも、残すところ、大阪と愛知のみになりました。大阪では、大阪桐蔭が準々決勝で敗れ、春のセンバツに引き続き、連続出場することができませんでした。 激戦区であればあるほど、春夏の連続出場は難しくなります。                                            また、春に出場し、夏にも出場を決めている高校は、充実したチームになっていると言えるかもし......続きを読む»

サッカー東アジア杯に挑む日本代表 新たなレギュラー候補は誕生するか!?

今回の東アジア杯2015は、国内組で挑むことになります。対戦相手は、北朝鮮、韓国、中国となっています。 東アジア杯は数少ない国際大会なので、色々な若手、選手を試す絶好のチャンスになります。 現在、日本代表は2018年のロシアW杯のアジア2次予選にのぞんでいます。先日のシンガポール戦では、負けに等しいホームでの引き分けとなっているだけに、ハリルホジッチ監督としては3連勝して、勢いを取り戻したいと考え......続きを読む»

7月に活躍が目立つ男子・日本勢 添田豪がドルゴポロフを撃破! ダニエル太郎はATP500の大会で、初の本戦出場!

7月は日本勢の活躍が目立っています。 ホール・オブ・フェイム・テニス選手権、クラロ・オープン・コロンビアでは、伊藤竜馬が2大会連続で、準々決勝まで進み、本戦で4勝をあげました。この活躍もあって、世界ランキングは再び100位を切って、91位までランクを上げています。また、今季成績を6勝8敗としました。                                            そして、期待......続きを読む»

甲子園の歌 栄冠は君に輝く…曲こめられた青春賛歌とその都市伝説とは…!?

「雲は湧き…」このフレーズから始まる曲がテレビから流れてくると、夏の甲子園が始まるなという感じになります。 今年の甲子園は第1回大会から100周年という節目の大会。第1回大会に出場した早稲田実業。そのOBである王貞治氏が始球式を務めるなど、開会式から華やかなものになりそうです。 ちなみに、5回裏の後に流れる「栄冠は君に輝く」は、第30回大会、1948年に発表されています。              ......続きを読む»

関東地区屈指の注目カード 東海大相模VS横浜 神奈川地区・決勝戦を制したのは…!?

強豪校がそろう最激戦区の一つ、神奈川県の決勝戦は東海大相模VS横浜高校になりました。 この試合は…                                            * 激戦区、神奈川186校の頂点を決める戦い * 名門・横浜高校を率いてきた渡辺監督が最後の試合になる可能性 * ドラフト1位候補、小笠原、吉田凌らを擁する東海大相模との対戦                    ......続きを読む»

夏の甲子園 埼玉大会 花咲徳栄が優勝 守備の重要性が出た試合

埼玉県大会の決勝は白岡VS花咲徳栄になりました。強豪校がそろう激戦区の一つである埼玉県。優勝するのは容易ではありません。 その中で、優勝候補の浦和学院を破るなど、決勝に進出した白岡。切れ目ないバッティングが自慢のチームです。ちなみに、過去最高の成績はベスト16です。                                             白岡高校の埼玉県大会成績 5回戦:白岡4VS......続きを読む»

世界水泳2015 井村コーチが、日本を2つ目の銅メダルに導く! 高いチーム力で3位表彰台!

井村コーチが復帰したシンクロ日本代表は、デュエット・テクニカルで銅メダルを獲得。その効果は大きかったようです。そのデュエットに続いて、チーム・テクニカルでも銅メダルを獲得しました。特にチーム・テクニカルでは予選で4位ながら、メダル争いのライバルであるウクライナを逆転しての3位となりました。                                           現状のシンクロの状況は、......続きを読む»

東東京の代表は関東一高! 19安打、14得点で甲子園の切符をつかむ! 1番のオコエ瑠偉も活躍!

東東京の決勝は、関東一VS日大豊山になりました。 試合の結果は14-2で関東一が勝利しています。 関東一の良いところが、たくさん出た試合になりました。 19安打、機動力もいかんなく発揮し、決勝戦でもそのレベルの高さを見せつけました。 また、投手陣も、先発の阿部が見事にゲームを作り、田辺、小松原と継投して2失点。                                             ......続きを読む»

井村コーチが復帰のシンクロ、2007年以来のメダル獲得に選手の乾、三井も涙

井村コーチが率いていた時の日本代表は、メダル獲得の常連国でした。最強のロシアが常に上にいたものの、デュエット、チームでは、銀メダルを獲得することも多くありました。時にあと一歩でロシアに…日本の得意のチーム・フリーコンビネーションでは、ロシアより見ごたえがあったという演技もありました。 しかし、井村コーチが中国代表コーチになると、今度は中国代表が台頭し、今ではロシアに次ぐ地位を築いています。     ......続きを読む»

西東京決勝 早稲田実業が8回に一挙8得点で、0-5から大逆転! 怪童・清宮も甲子園へ!

西東京大会の決勝戦で、早稲田実業と東海大菅生という注目のカードが行われました。両校は去年の5回戦で対戦しており、その時は東海大菅生が5-3で勝っています。                                           試合の方は、東海大菅生が3回に猛攻、3番江藤のスリーランホームランなどもあり一挙4点を獲得。さらに、6回にも貴重な追加点をあげ、5点をリード。勝負ありという雰囲......続きを読む»

甲子園・夏 東東京・準決勝 関東一と日大豊山が決勝進出! 印象に残る敗れた都立篠崎高校

夏の甲子園、東東京大会の準決勝が行われました。 第一試合は関東一VS帝京高校、注目のカードとなりましたが、結果は8-3で関東一が勝利。 この日、注目のオコエ瑠偉はノーヒットでした。帝京が徹底的にマークをして、ピッチャーがオコエの時は時間をかけて投げるなど、対策をしていました。 それでも、他の選手が打つのが関東一の強みかもしれません。この日に大当たりだったのは、3番のキャプテン、伊藤でした。初回に勢い......続きを読む»

スランプから脱却しつつある伊藤竜馬が、2大会連続でベスト8進出!

伊藤竜馬がここにきて結果を出しています。 一時は結果も出ずに、気持ちがアップダウンして、難しい時期もあったようです。 しかし、先週に行われたホール・オブ・フェーム選手権(250)では、46位のスティーブ・ジョンソンなどを破ってベスト8に進出。タフな試合となったこのジョンソン戦の勝利は、自信につながったとのこと。ジョンソンとは、過去に2戦して互いに一度の棄権があり、この試合前には、最後まで試合をできる......続きを読む»

野球の神様について…2015年夏の甲子園 石川県準々決勝 星陵VS小松大谷高校

人は不条理な出来事に出くわしたとき、思わず「神様の仕業」などと思うことは、スポーツでも人生でも、一緒なのかもしれない。 また、スポーツ界には、スポーツの数だけ、神様がいるともいえるだろう…サッカーの神様、バスケットの神様(こちらはちょっと、意味が違うが)、etc…。                                             石川県の小松大谷高校は、2014年の夏の甲子......続きを読む»

夏の甲子園 西東京・決勝 早実の怪童、清宮が決勝打! 決勝戦では2刀流、勝俣擁する東海大菅生と対戦!

西東京大会は準決勝の2試合が行われました。                                             第1試合の日大三VS早稲田実業は、0-2で早実が勝利。戦前に予想された打撃戦とは裏腹に、投手戦になりました。早実は投げては、松本皓が3安打完封と、今までと見違えるピッチングを披露。制球がよく、インサイド、アウトサイドに投げ分け、変化球を低めに集めるピッチングで、的を絞......続きを読む»

夏の甲子園 東東京 4強出そろう! 西東京の準決勝は好カード、日大三VS早稲田実、東海大菅生VS国学院久我山戦

東東京の準々決勝の4試合が行われました。印象に残るのは、注目のオコエ瑠偉擁する関東一の試合です。 打ってよし、守ってよし、走ってよし…走攻守そろったオコエ瑠偉は、ナイジェリア人の父を持つハーフです。身体能力が高く、足がとても速いです。さらに、地区予選では打撃も目立ち、リードオフマンとして、驚異の一番バッターになっています。 このほかの選手も、打撃力が高く、明大中野に対し、抜群の攻撃力を見せました。2......続きを読む»

甲子園 準々決勝 強豪ひしめく西東京 日大三、国学院久我山が10-0で、東海大菅生は11-10で、早実は順調に勝ち上がり!

8月6日開幕の夏の甲子園をめざして、地方予選で熱い戦いが繰り広げられています。現在、甲子園の代表校を決めているのは、沖縄の興南高校、宮城の仙台育英、青森の三沢商です。                                            強豪ひしめく西東京では、準々決勝が行われました。 第1試合は第1シードの日大三が登場。昭和と対戦になりました。試合の方は、日大三の猛打が初回から大......続きを読む»

デビス杯、日本代表はプレーオフでコロンビアと9月に対戦 主力はヒラルド、ファリャら

9月18日からデビス杯(国別対抗戦)のワールドグループ残留をかけた、プレーオフ(入れ替え戦)が行われることになりました。対戦相手はコロンビア代表。2013年にも、日本代表は対戦しており、その時には錦織がシングルス2勝、添田がシングルス1勝で、ワールドグループ復帰を決めています。                                            気になるコロンビアの主力ですが、ラ......続きを読む»

8/1開幕 東アジア杯 なでしこジャパン、23人決定! 佐々木監督は若手を発掘できるか!?

8月1日に北朝鮮戦から始まる東アジアカップ、なでしこジャパン・日本代表のメンバーが発表されています。メンバーを見ると、初召集された選手が4名、今年のW杯に出場した選手が6名となりました。その6名もレギュラーはおらず、準レギュラーだったFW菅澤、MF川村、GK山根らなどが選ばれました。 基本的に新戦力、若手発掘の大会になることが、メンバーを見るとわかります。                     ......続きを読む»

7月25日に世界水泳2015開幕! 注目は入江、瀬戸、井村シンクロ、ウォーターボーイ!?

2年に一度開催されている世界水泳が、間もなくロシアで開幕します。競泳などでは、個人種目金メダル獲得で、リオ五輪の日本代表が内定となります。 そのほか、シンクロ、飛び込み、水球、オープンウォーターなどが行われます。                                              メダル獲得がかかる競技といえば、競泳です。残念ながら日本のエースである荻野が怪我で、欠場となりま......続きを読む»

怪我から復帰の錦織 2015年8月のスケジュールは…月末には全米OPが控える!

左ふくらはぎ筋膜炎の疑いもあり、6月の芝のシーズンは、2試合とも棄権で終わった錦織。とはいえ、苦手としていた芝の大会でも、一定の手ごたえをつかんだシーズンになったようです。 ゲリーウェーバーOPは、ティエム、ブラウン、ヤノウィッツ相手に、熱戦で見ごたえのある試合を展開して勝利しました。 ただ、今シーズンは順調にきており、格下にほとんど負けない試合運びで、試合数も多く、負担や疲労もあって、ふくらはぎを......続きを読む»

良い結婚相手を見つけた選手は!? フェデラー、ナダル、ベッテル、落合博満など…

29歳のトーマシュ・ベルディヒが結婚しました。相手は22歳のモデルだそうです。 今季のベルディヒは、一時期、ランキングを4位に上げるなど、好調の時期がありましたが、パートナーの影響もあったのでしょうか!?                                            テニスプレイヤーにとどまらず、スポーツ選手も私生活が充実していると、プレーにも良い影響を与えるようです。 例......続きを読む»

デビス杯 マレーがツォンガに勝って1-1に…ベルギー、カザフスタン、アルゼンチンは準決勝に王手!

デビス杯の準々決勝が行われています。国によってはエースを欠いて、苦戦しています。トップ選手2枚をそろえないと、勝つのが難しいと言われるデビス杯ですが、各国の状況は以下になっています。                                             セルビア0対2アルゼンチン セルビアはエースジョコビッチを欠き、V・トロイキ(20位)、F・クライノビッチ(87位)をシングルス......続きを読む»

2015年全豪、ウィンブルドンを制したジョコビッチ 1強時代が続くのか…!? 全米OPに向けて…

ノバク・ジョコビッチの1強時代となった…そういった声をちらほら見かけます。実際成績を見ると…                                             1位:ノバク・ジョコビッチ(47勝3敗) 2位:ロジャー・フェデラー(40勝7敗) 3位:アンディ・マレー(44勝7敗) 4位:スタン・ワウリンカ(34勝10敗) 5位:錦織圭(36勝9敗) 10位:ラファエル・ナダル......続きを読む»

不調だった伊藤竜馬がホール・オブ・フェイム・テニス選手権で、ベスト8進出! 

ホール・オブ・フェイム・テニス選手権2015(250シリーズ)で、伊藤竜馬が見事にベスト8に進出しています。 2回戦では、アメリカの49位、スティーブ・ジョンソンにストレート勝ちでした。 伊藤竜馬の今季のATPツアーの成績は、4勝6敗、今季スタート時はランキング93位ながら、現在は116位まで落としています。シーズン序盤から、練習などには手ごたえがあったようですが、成績が出ずに、悩んでいたようです。......続きを読む»

ウィンブルドン頂上決戦 ジョコビッチがフェデラーを制して優勝 至高の守備力とストローク力、そしてメンタル

ウィンブルドンの決勝戦が行われました。決勝のカードはランキング1位のジョコビッチと2位のフェデラーの対戦と、最高のカードとなりました。 ここまでの両者の対戦成績はフェデラーの20勝19敗と拮抗しています。今季だけで見ると、ジョコビッチの2勝1敗でした。                                           フェデラーは今大会、サービスゲームの際立った強さを見せ、決勝ま......続きを読む»

歴史的チャンピオンの道を歩むセリーナ ウィンブルドン2015を制覇!

ウィンブルドン女子決勝が行われ、セリーナ・ウィリアムズが6-4、6-4で優勝しました。序盤から中盤にかけて、セリーナが押す場面が多かったですが、終盤にはムグルサも光るプレーを見せ、決勝戦として盛り上がった試合になりました。                                           スペインのムグルサは第20シードながら、上位選手を破り決勝戦に進出。まだ、21歳と若く、こ......続きを読む»

やはり芝のフェデラーは強かった…マレーにストレート勝利 強力なサービスと不動の精神力

ウィンブルドンの準決勝、注目のロジャー・フェデラー(2位)とアンディ・マレー(3位)の試合が行われました。 両者の対戦成績はフェデラーの12勝11敗と、ほぼ互角という成績。白熱した激闘が予想されましたが、意外なことに勝負はストレートで決着しました。とはいえ、内容は見どころも多く、濃いものでした。                                           第1セットは7-5......続きを読む»

ウィンブルドン2015 グランドスラム準決勝にナダルがいない風景

ウィンブルドンはベスト4が出そろいました。その顔ぶれを見ると、ジョコビッチ、フェデラー、マレーとBIG4と呼ばれる面々がしっかりと4強に入っています。この4強に、かつて天才と呼ばれたリシャール・ガスケが入りました。準決勝の中にガスケがいるのは新鮮ですが(ガスケは2013年の全米OPなど、過去2回、四大大会で準決勝に進出経験がある)、いつもいるラファエル・ナダルの姿がないのは、ファンとしては寂しさを感......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconzerostart

あかつきスポーツ☆18ニュースを運営しています。
スポーツのサイトで、錦織圭・テニスを始め、卓球、バドミントンなど様々なスポーツ情報・速報を配信しています。
また、ここでしか読めないコラムもあります。
スポーツの好きな方に楽しめる内容にしていきたいと思っております。
随時、アンケートも行っております!
  • 昨日のページビュー:1247
  • 累計のページビュー:17728838

(11月14日現在)

関連サイト:あかつきスポーツ☆18ニュース

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織が日本人最多の10勝目をあげる優勝! ビックサーバー、イズナーを攻略! (シティ・オープン2015決勝戦)
  2. BNPパリバ・オープン2016ドロー発表 錦織は比較的良い組み合わせか!?
  3. 錦織がナダル超えをはたし、BIG4全員からの勝利達成! 準決勝で3位のマレーと対戦!(ロジャーズ・カップ2015 準々決勝)
  4. 錦織の心揺さぶる試合に観客も涙 最終セット、タイブレークまでもつれるも、 王者ジョコビッチに一歩及ばず…(BNLイタリア国際2016)
  5. 錦織がリミットブレーク、優勝候補本命マレーをフルセット撃破でベスト4進出!(全米OP2016・準々決勝)
  6. 全仏オープン2016 ドローが発表! 注目の錦織、ジョコビッチの組み合わせは!?
  7. ロジャーズ・カップ2015 錦織は強敵・D・ゴファンと3回戦! 序盤戦でシード選手が次々に敗れる波乱!
  8. マイアミ・オープン2016 ドローが決定 錦織はマレーとベスト8で当たる組み合わせに!
  9. ジョコビッチの1強時代到来か…!? イタリア国際、決勝でフェデラーを破る!
  10. 錦織が体調不良に苦しむも、トロイツキ(24位)に見事な逆転勝利! 3回戦は再びガスケと対戦か!?(BNLイタリア国際2016)

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
06
05
2011
07
03
01
2010
03
02
2009
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss