0 to zeroのhorizon

マイアミ・オープン2017

強いフェデラーがナダルに完勝 凄みあるテニスで大会11年ぶり制覇!(マイアミ・オープン2017)

熱戦が繰り広げられてきたマイアミ・オープン2017も決勝を迎えました。 勝ち上がってきたのは第4シードのロジャー・フェデラー(スイス・6位)、第5シードのラファエル・ナダル(スペイン・7位)となりました。 両者とも2016年は怪我に苦しむも、2017年に見事にカムバックしてきました。 特にフェデラーは全豪オープン、インディアン・ウェルズを優勝するなど、復活を印象づけています。            ......続きを読む»

マイアミ・オープン2017 4/3午前2:00~決勝でフェデラーVSナダル再び! 全豪・決勝、IWに続き今季3度目!

全豪オープン2017の決勝の再現が、マイアミ・オープンの決勝でも行われることになりました。※全豪・決勝のスタッツなどは文章の最後から確認できます。 決勝に勝ち上がったのは、第4シードのロジャー・フェデラー(スイス・6位)と第5シードのラファエル・ナダル(スペイン・7位)になります。 両者の対戦成績は、ナダルの23勝13敗です。 しかし、今季に限ると…                        ......続きを読む»

手首を痛めた錦織がフォニーニ(40位)に完敗で4強を逃す、ランキングも7位に後退か…(マイアミ・オープン2017)

4回戦では左ひざを痛めた錦織でしたが、より厳しいのは右手首だったようです。 準々決勝は満身創痍の錦織が本来のプレーができず、フォニーニ(イタリア・40位)に今季2勝目となる(ツォンガ戦に次ぐ)対トップ10白星を与える結果になりました。 フォニーニは強力なフォアと安定したバックハンドを持ち、「才能がある選手」と錦織は評しています。 178㎝とテニスプレイヤーとしては小柄な選手ですが、気性も荒く、スト......続きを読む»

マイアミ・オープン2017 錦織の準々決勝は3/30午前4:00以降、過去苦戦のフォニーニ(40位)戦!

マイアミ・オープン2017は4回戦が終了、8強がでそろいました。 ここまで、アンダーソン、ベルダスコ、デルボニスに勝って8強に進んだ錦織圭。 準々決勝の相手はファビオ・フォニーニ(イタリア・40位)となりました。 全豪2011・1回戦(6-1、6-4、6-7(4)、6-4)、マドリード2016・2回戦(6-2、3-6、7-5)で対戦しており、錦織が2勝0敗としています。 直近の対戦となったマドリー......続きを読む»

左足を痛めた錦織がデルボニス(57位)を破る! 準々決勝はフォニーニ(40位)と対戦!(マイアミ・オープン2017)

対戦可能性があったシード勢が次々に敗れるなど、良い流れの大会になっている第2シードの錦織。 4回戦の対戦相手は、F・デルボニス(アルゼンチン・57位)となりました。 ツアー初対戦ですが、今大会は2日連続で練習しているプレイヤーです。 26歳のレフティで、クレーの大会で優勝経験があり、マレー、フェデラーから勝利した経験もある油断できない選手です。 この試合、錦織は非常に良い入りとなりましたが、その後は......続きを読む»

マイアミ・オープン2017 ベスト16決定 錦織のいるボトムハーフ・ドローはシード選手3人のみ!

マイアミ・オープン2017は3回戦が終わり、ベスト16が出そろいました。 参考:マイアミ・オープン2017 ドロー、組み合わせ表 今大会の特徴は、トップハーフは波乱少なくシード勢が勝ち上がっています。 一方、錦織のいるボトムハーフは波乱が多く、シード勢の勝ち上がりはわずかに3人にとどまっています。                                            トップハーフの......続きを読む»

錦織圭 4回戦は3/29午前0:00~、対戦相手は過去マレー、フェデラーに勝っているデルボニス(57位)(マイアミ・オープン2017)

錦織は2回戦でK・アンダーソン(南アフリカ・74位)、3回戦でベルダスコ(スペイン・30位)を破り4回戦(16強)に進出しました。 4回戦・準々決勝で対戦可能性があったシード6選手は、全員が2回戦で敗退して姿を消しています。 4回戦の相手は、ノーシードのF・デルボニス(アルゼンチン・57位)となりました。 ベルダスコに続き、レフティとの連戦になります。 錦織は今大会中、ベルダスコ対策でデルボニスと......続きを読む»

躍動する若手たち 22歳・尾崎里紗が日本女子・唯一の16強 4回戦で第1シード・ケルバーと対戦!(マイアミ・オープン2017)

最近、若手の活躍が目立っている日本テニス。 21歳の西岡良仁(58位)は、BNPパリバ・オープンで、カルロビッチ、ベルディヒといった強豪に勝って4回戦に進出しました。 4回戦では、世界3位のワウリンカを追い詰めながらも敗れましたが、素晴らしいプレーぶりでした。 予選決勝で敗れながらも、ラッキールーザーで復活しての快進撃でした。 女子では、まだ19歳ながら、2016年に躍進した大坂なおみ(49位)が......続きを読む»

錦織がベルダスコとの2:44のタフマッチに辛勝、4回戦もレフティ・デルボニス(57位)戦!(マイアミ・オープン2017)

マイアミ・オープン2017、2回戦を快勝した錦織圭。 3回戦の対戦相手は、フェルナンド・ベルダスコ(スペイン・30位)となりました。 ベルダスコは33歳のベテランのレフティ、トップスピンをまじえたフォアが強力な選手で、錦織も過去に苦しめられた経験があります。 また、1stサーブの入りが安定した選手です。 対戦成績は2勝2敗、直近の全仏オープン2016・3回戦では、フルセットで錦織が辛勝しています。 ......続きを読む»

2回戦終了、シードダウンは14人、錦織は3/27午前0:00~ベルダスコ(30位)との3回戦へ!(マイアミ・オープン2017)

マイアミ・オープン2017はシード勢が登場する2回戦が終了しました。 昨日書きましたが、ボトムハーフでは16人のシードのうち、10人が敗れる状況でした。 しかも、錦織が4回戦で対戦の可能性があった2人、準々決勝で対戦の可能性があったチリッチなど4人のシード勢が全員敗れるという珍しい状況となっています。 3月26日はトップハーフの2回戦が行われましたが、シードダウンは4人でした。           ......続きを読む»

錦織のいるボトムハーフ・ドロー 4回戦、準々決勝で対戦可能性があるシード勢が全員姿を消す!?(マイアミ・オープン2017)

錦織が第2シードでのぞんでいるマイアミ・オープン2017。 ボトムハーフは、シード勢が登場する2回戦が終わりました。 参考:マイアミ・オープン2017 ドロー、組み合わせ表 錦織は初戦(2回戦)、ビックサーバーのK・アンダーソン(南アフリカ・74位)に快勝しました。 序盤からアンダーソンの強烈なサーブにも対応、アンフォーストエラーも少なく、リターンがさえていました。 やはり、マイアミのサーフェス(......続きを読む»

第2シードの錦織がアンダーソン(74位)に貫録の勝利 昨年準優勝の大会で好発進!(マイアミ・オープン2017・2回戦)

2016年に準優勝と錦織にとって相性の良い大会、マイアミ・オープン2017が開幕しました。 初戦となる2回戦の対戦相手は、ケビン・アンダーソン(南アフリカ・74位)となりました。 アンダーソンは2015年の10月にトップ10に入ったこともある強豪ですが、2016年は怪我に悩まされました。 203㎝から繰り出すフラットサーブがコンスタントに200キロを超えるビックサーバーです。 共に2007年にプロ......続きを読む»

マイアミ・オープン2017・日本選手の2回戦は…錦織は74位のビックサーバー、西岡は17位、大坂は5位、尾崎は21位と対戦!

マイアミ・オープン2017に出場している日本勢ですが、本戦には男子は2人、女子は4人が出場しています。 日本勢は1回戦が終わり、2回戦の対戦相手も決まりました(第2シードの錦織は初戦免除)。                                            日本勢・1回戦の結果 錦織圭(4位):1回戦は免除 西岡良仁(58位):J・トンプソン(オーストラリア・79位)に勝利 大坂......続きを読む»

西岡が79位に鮮やかな逆転勝利! 2回戦は最近、錦織を破っているソック(17位)と対戦!

今季マスターズ2戦目となるマイアミ・オープン2017は本戦が始まりました。 日本の西岡良仁(58位)はJ・トンプソン(オーストラリア・79位)と対戦しました。 今季メキシコ・オープンで破っている相手で、過去1勝0敗としています。 ここまでツアー成績を8勝6敗としている西岡。マイアミは7大会目の大会ですが、うち初戦敗退は1大会のみ、その他では必ず初戦を勝っています。 先のBNPバリパ・オープンでの4......続きを読む»

錦織、第2シードを活かせるか!? 初戦は巨人アンダーソン(74位)orラヨビッチ(85位)(マイアミ・オープン2017)

マレー、ジョコビッチが欠場となり、世界ランク4位の錦織圭は第2シードとなりました。 これは、マスターズにおける錦織の自己最高となりました。 世界ランキングにおいて、4位まで入ると恩恵を受けると言われています。 それは、ビックトーナメントなどで、準決勝まで上位4シードの選手と当たることがないからです。 錦織は昨年のマイアミ・オープンで準優勝という好成績を残しています。 さらに第2シードとなった今大会......続きを読む»

女子のマイアミ・オープン2017ドローが発表 本戦に大坂、土居、予選に奈良、尾崎らが出場!

BNPパリバ・オープンに続く、マイアミ・オープン2017のドローが発表されました。 参考:女子 マイアミ・オープン2017 ドロー、組み合わせ表 BNPパリバ・オープンでは、2回戦で30シードのジャン・シューアイ(中国・33位)を破った大坂なおみの3回戦進出が日本勢の最高成績でした。 今大会はそれを超えるのか、注目してみていきたいと思います。                            ......続きを読む»

マイアミ・オープン2017 ドローが決定 第2シードの錦織圭、西岡良仁の組み合わせは…!?

マスターズ2戦目となるマイアミ・オープン2017のドローが発表されました。 参考:マイアミ・オープン2017 ドロー、組み合わせ表 今季最初のマスターズとなったBNPパリバ・オープンでは、ベスト8という結果だった錦織圭。 昨年度・準優勝と相性の良いマイアミ・オープンでは、第2シードでのぞむことになりました。 これは、現在1位のマレー、2位のジョコビッチが欠場となったためです。           ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconzerostart

あかつきスポーツ☆18ニュースを運営しています。
スポーツのサイトで、錦織圭・テニスを始め、卓球、バドミントンなど様々なスポーツ情報・速報を配信しています。
また、ここでしか読めないコラムもあります。
スポーツの好きな方に楽しめる内容にしていきたいと思っております。
随時、アンケートも行っております!
  • 昨日のページビュー:1156
  • 累計のページビュー:17602238

(09月20日現在)

関連サイト:あかつきスポーツ☆18ニュース

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織が日本人最多の10勝目をあげる優勝! ビックサーバー、イズナーを攻略! (シティ・オープン2015決勝戦)
  2. BNPパリバ・オープン2016ドロー発表 錦織は比較的良い組み合わせか!?
  3. 錦織がナダル超えをはたし、BIG4全員からの勝利達成! 準決勝で3位のマレーと対戦!(ロジャーズ・カップ2015 準々決勝)
  4. 錦織の心揺さぶる試合に観客も涙 最終セット、タイブレークまでもつれるも、 王者ジョコビッチに一歩及ばず…(BNLイタリア国際2016)
  5. 錦織がリミットブレーク、優勝候補本命マレーをフルセット撃破でベスト4進出!(全米OP2016・準々決勝)
  6. 全仏オープン2016 ドローが発表! 注目の錦織、ジョコビッチの組み合わせは!?
  7. ロジャーズ・カップ2015 錦織は強敵・D・ゴファンと3回戦! 序盤戦でシード選手が次々に敗れる波乱!
  8. マイアミ・オープン2016 ドローが決定 錦織はマレーとベスト8で当たる組み合わせに!
  9. ジョコビッチの1強時代到来か…!? イタリア国際、決勝でフェデラーを破る!
  10. 錦織が体調不良に苦しむも、トロイツキ(24位)に見事な逆転勝利! 3回戦は再びガスケと対戦か!?(BNLイタリア国際2016)

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
06
05
2011
07
03
01
2010
03
02
2009
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss