0 to zeroのhorizon

全豪オープン2017

偉大な試合に王者フェデラー降臨、ナダルとの激闘に感動!(全豪オープン2017・決勝)

全豪オープン2017はついに決勝を迎えました。 今大会は、第1シード、第2シードが4回戦までに姿を消してしまいました。 そのため、優勝争いが混沌としました。 ドローが決まった時、2015年、2016年からの流れを考えれば、マレーとジョコビッチが決勝で当たる…そういう予想が多いのも当然と言えたかもしれません。 しかし、予想をくつがえし、勝ち上がってきたのはフェデラー、ナダルという、現役の中でも尊敬と名......続きを読む»

強いフェデラー降臨 スイス対決を制して7年ぶりの決勝進出!(全豪オープン2017)

全豪オープン2017、フェデラーはワウリンカをフルセットで破って、決勝に進出を決めました。 あっという間に流れがかわるような激しい試合となりました。 特に第3セット以降、ワウリンカが優勢という中にあって、フェデラーが見事に競り勝ちました。                                              ワウリンカ戦のスタッツ                      ......続きを読む»

加藤美唯・穂積絵莉ペアが善戦も惜敗 決勝進出ならず…しかし、これからに期待!(全豪オープン2017・女子ダブルス)

日本人ペア初、全豪オープンのベスト4に残った穂積絵莉、加藤美唯ペア。 準決勝の対戦相手は、第2シードのマテックサンズ、サファロバ組となりました。 マテックサンズは、ダブルスのランキングが1位で、168㎝です。 サファロバは、ダブルスのランキングが8位、177㎝です。 このペアは、過去に3度、グランドスラムでダブルスを制しています。 対する日本ペアは、穂積絵莉がダブルスのランキング51位で168㎝、......続きを読む»

穂積絵莉・加藤美唯が日本人ペア初、4強進出の快挙! 準決勝は1/25 13:00以降~(全豪オープン2017)

穂積絵莉/加藤美唯ペアが快進撃を見せ、全豪オープン2017のダブルスでベスト4に進出しています。 全豪オープン・ダブルスでのベスト4は、2009年の杉山愛以来ということです。 ちなみに、全豪での日本人ペアとしては、初めてのベスト4という快挙になります。 (四大大会では、2002年の杉山愛/藤原里華ペア以来15年ぶりの4強) このペアでの初試合は、2010年の全豪オープンジュニアでした。 2016年......続きを読む»

全豪オープン2017 8強・対戦カード決定! ノーシードは1人、フェデラー、ナダルらが準々決勝へ!

全豪オープン2017もベスト8が決まり、1月24日より準々決勝となります。                                                ベスト8の組み合わせ(最初の数字がシード順位) ズべレフ(ドイツ・50位) 17:フェデラー(スイス・17位) 4:ワウリンカ(スイス・4位) 12:ツォンガ(フランス・12位) 9:ナダル(スペイン・9位) 3:ラオニッチ(カナ......続きを読む»

錦織が健闘も敗戦、フェデラーが24本のエース、83本のウィナーで猛攻(全豪オープン2017)

全豪オープン2017は、4回戦に入りました。 錦織の対戦相手は、ロジャー・フェデラー(スイス・17位)。 グランドスラムの優勝は17回、全豪は4回の優勝があり、WOWOWでは生ける伝説と紹介。 昨シーズンは腰と膝の怪我などがあり、欠場が多かったフェデラー。 そのためランキングを下げ、錦織とは早くも4回戦で戦うことになりました。 過去の対戦成績は、錦織の2勝4敗です。 この日は、35歳にしてなおテニス......続きを読む»

錦織と次戦で当たる可能性があった第1シード・マレーが50位に敗れて4回戦で姿を消す!(全豪オープン2017)

全豪オープン2017は16強、4回戦の戦いに入っています。 錦織は17:00からR・フェデラー(17位)と対戦します。 今大会を勝ち進むと、4回戦でフェデラー、準々決勝でマレー、準決勝でワウリンカ、決勝でジョコビッチと当たる可能性があった錦織。 屈指のタフドローとも思われる状況でしたが、ジョコビッチが2回戦でイストミン(ウズベキスタン・117位)に、マレーが4回戦で30歳のM・ズべレフ(ドイツ・50......続きを読む»

錦織VSフェデラー戦は1/22、17:00から! 四大大会では初対戦!(全豪オープン2017)

タフドローと言われている錦織の全豪オープン2017ですが、順調に4回戦に勝ち上がりました。 対戦相手は、過去2勝4敗のロジャー・フェデラー(スイス・17位)となります。                                               過去の対戦成績 2015ツアー・ファイナル(フェデラーが2-1で勝利) 2014ツアー・ファイナル(フェデラーが2-0で勝利) 2014ハ......続きを読む»

錦織がラツコ(121位)に完勝で体力温存! 4回戦はフェデラーと対戦!(全豪オープン2017)

全豪オープン2017は3回戦に突入しました。 今大会、屈指のタフドローとも言われている錦織ですが、3回戦は予選から勝ち上がりのL・ラツコ(スロバキア・121位)と対戦になりました。 ラツコはチャレンジャーを中心に戦っていますが、今大会は第26シードのアルベルト・ラモスなどを破っています。 サーブが良く、ストローク戦を得意とする選手です。 しかし、この日の錦織はとても良いプレーが多く、ラツコに対し完勝......続きを読む»

全豪オープン2017 6度優勝のジョコビッチが2回戦で敗戦、117位にまさかのシードダウン!

全豪オープン2017は2回戦で波乱が起きました。 第2シードのジョコビッチが、117位のD・イストミン(ウズベキスタン・30歳)に敗戦しました。試合はフルセット、4時間48分に及びました。 ジョコビッチはグランドスラムで12度の優勝があります。 そのうち、実に6度(歴代最多タイ)の優勝を全豪オープンで達成しています。 四大大会の初優勝も、2008年でのこの大会でした。 ジョコビッチは2011年に......続きを読む»

錦織の3回戦はシード撃破のL・ラツコ(121位)、3回戦以降の組み合わせは…(全豪オープン2017)

3回戦に進んだ錦織ですが、29歳のL・ラツコ(スロバキア・121位)が対戦相手となります。 ラツコはフラット系のショットを使ってくるストローカータイプで、錦織は「ラリーが多くなる」と1、2回戦とは違った展開を予想しています。 錦織にとってはラリー戦で勝負できる相手だと、リズムが作りやすいかもしれません。 とはいえ、予選から勝ち上がり、1回戦では第26シードのアルベルト・ラモス(26位)を破るなど勢い......続きを読む»

錦織が2回戦を順調に突破 警戒・強打シャルディー(72位)をストレート攻略!(全豪オープン2017)

全豪オープン2017、1回戦はクズネツォフ(45位)のフラット系の強打、初戦の緊張感などから苦戦を強いられた錦織圭。 2回戦はフランスの29歳、J・シャルディーと対戦しました。 対戦成績は錦織の4勝2敗、最近は3連勝しています。 シャルディーはランキングは72位と下げていますが、最高は25位。 全豪オープンは2013年にベスト8に入っており、実力がある選手です。 188㎝を活かした強烈なサーブに加......続きを読む»

大坂なおみが183位に辛勝 次は強豪J・コンタ(9位)戦! 日本女子は6選手中1人が2回戦へ!(全豪オープン2017)

1月16日に開幕した全豪オープン2017。日本の大坂なおみが1回戦に登場、ラクシカー・クムクム(タイ・183位)と対戦しました。 ドローが決まった時は恵まれた初戦の相手と感じましたが、思わぬ苦戦を強いられました。                                           試合結果(2時間25分) 第1セット:大坂6-7クムクム 第2セット:大坂6-4クムクム 第3セット:大......続きを読む»

大坂なおみは9:00~全豪オープン2017・第2日(1/17)日本選手の試合日時・対戦カードは!? 西岡、尾崎ら3人が出場!

全豪オープン2017が1月16日に開幕しました。 1日目は日本のエース・錦織圭を始め、添田豪、土居美咲、奈良くるみ、日比野菜緒、穂積絵莉の6選手が1回戦にのぞみました。 勝ち上がったのは、錦織圭のみという結果となりました。 錦織の相手はロシアの45位クズネツォフでしたが、アグレッシブなフラット系の強打に苦しみ、フルセットまでもつるれるタフマッチとなりました。 緊張感ある初戦でしたが、いきなりの厳し......続きを読む»

錦織が初戦、3時間半超えのタフマッチを制する! 2回戦はJ・シャルディー(72位)戦(全豪オープン2017)

全豪オープン2017が開幕、錦織圭が登場しました。 多くの日本ファンが観戦に訪れ、声援が飛ぶ準ホームコートのような雰囲気の中、1回戦が行われました。 対戦相手はA・クズネツォフ(ロシア・45位)で、過去の対戦成績は錦織の2勝1敗。 去年は2戦とも錦織が勝利しました。 クズネツォフはフォア、バックハンド共にフラット系で短いラリーからハードヒットする攻撃力に優れる選手で、昨年の全豪では4回戦まで進んで......続きを読む»

錦織は9:00~全豪オープン2017・第1日(1/16)日本選手の試合日時・対戦カードは!? 添田、土居ら6人が登場!

全豪オープン2017が、明日・1月16日より、いよいよ開幕となります。 1月29日まで続く、長丁場の戦いとなります。 今大会、本戦にストレートインしたのは、男子では錦織圭(5位)、西岡良仁(100位)の2人でした。 一方、女子では土居美咲(42位)、大坂なおみ(47位)、奈良くるみ(76位)、日比野菜緒(99位)、尾崎里紗(100位)の5名が本戦にストレートインしています。 さらに、予選から勝ち上......続きを読む»

女子・全豪オープン2017 全ドロー決定 日本選手は土居美咲、大坂なおみなど6人が本戦へ!

全豪オープン2017ですが、予選が終わり、すべてのドローが出そろいました。 今回は日本の女子についてみていきたいと思います。 参考:全豪オープン2017 女子・ドロー、組み合わせ表 個人的には2016年より女子のプレーも注目し始め、日本での試合は2大会、足を運んで生で観戦もしました(ジャパンウィメンズOPで大坂、土居、奈良、加藤の試合、東レで大坂の試合を見ました)。 やはり注目は、2016年にブレ......続きを読む»

全豪オープン2017 ドロー発表! 錦織はタフな組み合わせ 4回戦でフェデラー、準々決勝でマレーと当たる可能性!

今季最初の四大大会、全豪オープン2017のドローが発表されました。 参考:全豪オープン2017 ドロー、組み合わせ表 昨年はジョコビッチに敗れて、この大会をベスト8に終わった錦織圭。 自らに足りないものは「ビックタイトル」と語っていますが、当然グランドスラムでの優勝を目指す戦いとなります。 そして、優勝のためには、くじ運…ドローの組み合わせも重要になってきますが、2017年はどうなったでしょうか…......続きを読む»

全豪オープン2017・予選 日本の杉田、ダニエル、添田、伊藤ら8選手全員が初戦をストレート勝利、準決勝へ!

本戦が1月16日に開幕する全豪オープン2017。その予選が1月11日よりスタートしました。 本戦には錦織圭(5位)、西岡良仁(100位)の出場が決まっています。 その他、日本からは8人の選手が予選に挑んでいます。 グランドスラムは賞金が桁違いなので、本戦に進んで1勝すれば数百万を獲得できます。 そういった面でも、予選からの争いも厳しくなると言えるかもしれません。                   ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconzerostart

あかつきスポーツ☆18ニュースを運営しています。
スポーツのサイトで、錦織圭・テニスを始め、卓球、バドミントンなど様々なスポーツ情報・速報を配信しています。
また、ここでしか読めないコラムもあります。
スポーツの好きな方に楽しめる内容にしていきたいと思っております。
随時、アンケートも行っております!
  • 昨日のページビュー:11690
  • 累計のページビュー:16940501

(07月25日現在)

関連サイト:あかつきスポーツ☆18ニュース

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織が日本人最多の10勝目をあげる優勝! ビックサーバー、イズナーを攻略! (シティ・オープン2015決勝戦)
  2. BNPパリバ・オープン2016ドロー発表 錦織は比較的良い組み合わせか!?
  3. 錦織がナダル超えをはたし、BIG4全員からの勝利達成! 準決勝で3位のマレーと対戦!(ロジャーズ・カップ2015 準々決勝)
  4. 錦織の心揺さぶる試合に観客も涙 最終セット、タイブレークまでもつれるも、 王者ジョコビッチに一歩及ばず…(BNLイタリア国際2016)
  5. 錦織がリミットブレーク、優勝候補本命マレーをフルセット撃破でベスト4進出!(全米OP2016・準々決勝)
  6. 全仏オープン2016 ドローが発表! 注目の錦織、ジョコビッチの組み合わせは!?
  7. ロジャーズ・カップ2015 錦織は強敵・D・ゴファンと3回戦! 序盤戦でシード選手が次々に敗れる波乱!
  8. マイアミ・オープン2016 ドローが決定 錦織はマレーとベスト8で当たる組み合わせに!
  9. ジョコビッチの1強時代到来か…!? イタリア国際、決勝でフェデラーを破る!
  10. 錦織が体調不良に苦しむも、トロイツキ(24位)に見事な逆転勝利! 3回戦は再びガスケと対戦か!?(BNLイタリア国際2016)

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
06
05
2011
07
03
01
2010
03
02
2009
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss