0 to zeroのhorizon

加藤美唯・穂積絵莉ペアが善戦も惜敗 決勝進出ならず…しかし、これからに期待!(全豪オープン2017・女子ダブルス)

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人ペア初、全豪オープンのベスト4に残った穂積絵莉、加藤美唯ペア。 準決勝の対戦相手は、第2シードのマテックサンズ、サファロバ組となりました。 マテックサンズは、ダブルスのランキングが1位で、168㎝です。 サファロバは、ダブルスのランキングが8位、177㎝です。 このペアは、過去に3度、グランドスラムでダブルスを制しています。

対する日本ペアは、穂積絵莉がダブルスのランキング51位で168㎝、加藤未唯がランキングが54位で156㎝です。 2人は2010年に初めてペアを組んでおり、22歳と若いペアです。 体格、パワー、実績で勝る相手に対し、日本のペアも大いに健闘を見せました。                                                                                       試合結果(2:07) 第1セット:穂積/加藤2-6マッテクサンズ/サファロバ 第2セット:穂積/加藤6-4マッテクサンズ/サファロバ 第3セット:穂積/加藤4-6マッテクサンズ/サファロバ マッチサマリー トータルポイント 穂積/加藤83-100マッテクサンズ/サファロバ                                              …以上で、マッテクサンズ組が勝利となりました。 スタッツを振り返ると、ブレークチャンスは日本ペアが「4/14(29%)」、マッテクサンズ組が「6/12(50%)」と、勝負所での地力の差が出てしまった感じがあります。

第1セットはサファロバ組のリターンが強力で、主導権を握れずに苦戦する展開でした。相手に気持ちよくショットを打たせてしまいました。 第3ゲームに日本ペアがブレークして良いスタートでしたが、その後、第4、第6、第8ゲームをサファロバ組がブレークしました。 サファロバ組は2人が下がって打ち合う展開に持ち込むシーンもありました。また、加藤がサーブ時、後衛での打ち合いで苦しむ展開が目立ちました。                                             第2セットは、穂積・加藤ペアが声を出してお互いを鼓舞、積極的なプレーが光りました。相手のミスを待つのではなく、自分たちからポイントを取る姿勢が出ていました。 また、加藤のサービスゲームで、ロングラリー時に、加藤がサファロバと打ち勝ったことでチームに勢いがついた印象です。このセットは、第7ゲームを日本ペアがブレーク、ワンチャンスをものにしました。                                             

第3セットは、一進一退の攻防、第1ゲームを日本ペアがブレークすると、第2、第6ゲームをマッテクサンズ組がブレークしました。それでも、日本ペアは粘り強く戦い、第7ゲームでブレークに成功。勝つことが求められるサファロバ組にプレッシャーがかかり、サファロバの調子が落ちたのがわかりました。 しかし、奮起したのがダブルス世界1位のマッテクサンズで、前衛で積極的に動きながらダイナミックなネットプレーを見せて得点を重ねて、チームを鼓舞しました。 対する日本ペアの加藤は、終盤はスタミナ的に厳しい印象、勝負所でミスが出てしまいました。最後は第10ゲームをブレークされた、敗戦となりました。                                            最終セットは相手にプレッシャーがかかり、チャンスもある展開でした。 しかし、最後はあと一歩、力が及ばなかった…というゲームでした。 それでも、これからが楽しみで、期待できるペアだと感じる試合でした。 個人的には、相手の終盤での勝負強さ、マッテクサンズの前への圧力が優れていたと感じました。 競技は違いますが、女子バドミントンのリオ金メダリスト、高松ペアも追い込まれたり、勝負所で本当に積極的なプレーが出ますし、底力を見せます。 そういう違った競技からでも何か参考になるのではないかと、思いながらプレーを見ていました。 若い2人には、さらにコンビネーション、個々のプレーも磨いて、さらに飛躍してほしいと感じました。 ちなみに、穂積絵莉は、2月8日にカザフスタンで行われるフェデカップ2017に出場予定です。日本からは大坂なおみ、土居美咲などが出場して、中国、インド、フィリピンなどと対戦します。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
全豪オープン2017
タグ:
べサニー・マッテクサンズ
ルーシー・サファロバ
全豪オープン
2017
テニス
スタッツ
マッチサマリー
女子ダブルス
準決勝
試合結果
穂積絵莉
加藤美唯

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

10代中心➡30代中心の時代へ激変!全豪4強30代半ばが半分!89年全仏4強平均女17歳&男21歳!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

―大会レポート― 第9日 35歳フェデラー快勝、36歳ビーナスも14年ぶりの4強【ウィンブルドンテニス2017】

こちらメルボルン、アディダスのシューズ【こちらテニマガ編集部、ただいま取材中】

ブロガープロフィール

profile-iconzerostart

あかつきスポーツ☆18ニュースを運営しています。
スポーツのサイトで、錦織圭・テニスを始め、卓球、バドミントンなど様々なスポーツ情報・速報を配信しています。
また、ここでしか読めないコラムもあります。
スポーツの好きな方に楽しめる内容にしていきたいと思っております。
随時、アンケートも行っております!
  • 昨日のページビュー:352
  • 累計のページビュー:17730128

(11月17日現在)

関連サイト:あかつきスポーツ☆18ニュース

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織が日本人最多の10勝目をあげる優勝! ビックサーバー、イズナーを攻略! (シティ・オープン2015決勝戦)
  2. BNPパリバ・オープン2016ドロー発表 錦織は比較的良い組み合わせか!?
  3. 錦織がナダル超えをはたし、BIG4全員からの勝利達成! 準決勝で3位のマレーと対戦!(ロジャーズ・カップ2015 準々決勝)
  4. 錦織の心揺さぶる試合に観客も涙 最終セット、タイブレークまでもつれるも、 王者ジョコビッチに一歩及ばず…(BNLイタリア国際2016)
  5. 錦織がリミットブレーク、優勝候補本命マレーをフルセット撃破でベスト4進出!(全米OP2016・準々決勝)
  6. 全仏オープン2016 ドローが発表! 注目の錦織、ジョコビッチの組み合わせは!?
  7. ロジャーズ・カップ2015 錦織は強敵・D・ゴファンと3回戦! 序盤戦でシード選手が次々に敗れる波乱!
  8. マイアミ・オープン2016 ドローが決定 錦織はマレーとベスト8で当たる組み合わせに!
  9. ジョコビッチの1強時代到来か…!? イタリア国際、決勝でフェデラーを破る!
  10. 錦織が体調不良に苦しむも、トロイツキ(24位)に見事な逆転勝利! 3回戦は再びガスケと対戦か!?(BNLイタリア国際2016)

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
06
05
2011
07
03
01
2010
03
02
2009
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss