◎◎ZATS ENTERTAINMENT FOOTBALL◎◎◎

EURO2016 -Chapter32- 【スペインに逆転勝ちしたクロアチアが予想外の?Group首位通過を果たす!】

このエントリーをはてなブックマークに追加

【 クロアチア 2-1 スペイン 】        0-1  7’ モラタ(スペイン)        1-1 45’ N・カリニッチ(クロアチア)        2-1 87’ ペリシッチ(クロアチア)

〔MIP/イヴァン・ペリシッチ〕 スピードと緩急の効いたドリブルを武器にするサイドアタッカーだが、両足のシュート精度も高く汎用性に富む印象。豊富な運動量でディフェンスでの貢献度も高く、プレーエリアも両サイドどちらもこなせる。この日は同点弾のアシストに決勝GOALのGET!と全得点に絡む大活躍!マリオ・マンジュキッチがイマイチな今大会にあって、このペリシッチに得点源として掛かる期待は大きなものがある。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 前回大会のGroupリーグ最終戦でも顔を合わせ明暗が分かれた両チームだが、今大会は既に決勝T進出を決めている状況での対戦。とはいえ、大会でここまでに見せてきたプレーを振り返ると、Groupリーグでも屈指の好カードで好勝負が演じられることが予想された。

 が!クロアチアが先発を5人も入れ替えてきたのには驚いた。  ルカ・モドリッチとマリオ・マンジュキッチは怪我で大事をとって出場を控えたということだが、まず休ませるとしたら緒戦で頭を割っているヴェドラン・チョルルカではないのか!?

 ハイレベルな攻防が観たかったので、モドリッチは出れるのであれば出てほしかった。彼のコントロールがないとスペイン相手に試合にならないのではないかという懸念はあったし、モドリッチが出るのがどうしても難しいなら、バルセロナでCMFをやってるラキティッチをトップ下から下げて使うとか、ペースをコントロールするという意味での司令塔はいつも以上に必須だと思えたのが試合前に発表されたスタメンを観ての感想。

 クロアチアの3戦目メンバー落としというと初出場のEURO96のポルトガル戦を思い出す。連勝でGroupリーグ突破を決めていたクロアチアは、余裕を見せ(すぎて…)先発メンバー8人を入れ替えて臨んだが結果は0-3の大敗!2点ビハインドの後半頭にダヴォール・シューケルやズヴォニミール・ボバンを慌てて入れたが後の祭りだったという試合だ。

 だいたい力が落ちるであろう格下と当たったり、ちょっと余裕見せてメンバー落としたりすると、弛緩しすぎて時にやらかしてしまうのがこのあたりの国の常。まぁ、スペイン相手に気を抜くということはないだろうが、正直、不安のほうが大きかったスタメンの構成だった。

 逆にスペインこそ何人か入れ替えてくるのではないかと思ったが、そこはやっぱり石橋を叩く監督ヴィセンテ・デル・ボスケ!お馴染みのメンバーで堅く入った(それがデル・ボスケ流のこの相手に対する敬意でもあるのかも)。

 立ち上がり、高い位置からクロアチアがボールを獲りに行く。引くと好き放題回されいつかはやられるからだ。そういった意味ではスペインと緒戦で戦ったトルコの意気込みも間違いではなかった。だが、正面からぶつかるにはトルコには技術も戦術も気合いも足りなかった。

 はたしてメンバーを5人入れ替えたクロアチアはどうか!?そんな不安が的中するかのごとく、7分、右のダヴィド・シルヴァの縦へ入れたスルーパスに裏へ抜けたセスク・ファブレガスが折り返したところ、中央からアルヴァロ・モラタが決めてスペインがアッサリ先制!  少なくとも前半はしっかり守って、後半勝負に賭けたいと考えるのが普通だとすれば、暗雲漂う早々の失点だった。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
EURO2016 -巴里の空の下で-
タグ:
デ・ヘア
セスク
セルヒオ・ラモス
シルヴァ
モドリッチ
スルナ
カリニッチ
ペリシッチ
スペイン
クロアチア

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

EURO2016 展望(7) 準々決勝②【World SPORTS Analysis】

Brexit!~英国の欧州離脱とイングランドのユーロ敗退の関係~【Footballに夢中】

EURO2016 展望(6) 準々決勝①【World SPORTS Analysis】

ブロガープロフィール

profile-iconyug_10_pixy

◎→JIN18◎◎◎
『寝テモサッカー、覚メテモサッカー』というくらい?サッカーと音楽♪をこよなく愛しています。

特に!伊W杯でPIXYに魅せられて以来、旧ユーゴ系には並々ならぬ情熱を注いでいます。

国内海外問わず、気になる蹴球事について、気ままに綴っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:147
  • 累計のページビュー:2237454

(11月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. レスターがマン・シティに快勝! -夢物語が現実に成る可能性を感じた日-
  2. +今季のPSGが強い3つの理由+
  3. ペップは本当に名将なのか!?
  4. 最後まで走りきったボルシアMGがバイエルンにセンセーショナルな快勝劇!
  5. 「もしかすると、PSGはズラタンがいないほうがむしろ良いサッカーをするのではないだろうか!?」
  6. 最後のスペイン代表!?
  7. メッシよりも!ネイマールよりも!イニエスタに魅せられたヘタフェ戦!
  8. ズラタン加入で俄然!注目度と期待度が増すPSG!
  9. レスターがスウォンジーに快勝し遂にプレミア制覇に王手!
  10. 最終節はモンペリエに4-0で快勝!PSG選手の今季を採点・総括してみる

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss