◎◎ZATS ENTERTAINMENT FOOTBALL◎◎◎

どっちもどっちだった青赤vs青黒!(ナショナル・ダービーになるにはまだまだ遠い)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近はFC東京の試合を観に行くたびに愚痴ってばかりというのが定番に成りつつあるが、今節に限っては内容云々よりもとにかく結果最優先とのスタンスで観させてもらった。勤め先のガンバ大阪推しの後輩と味スタを訪れたのだが、負けた方が勝った方に晩餐をご馳走することを賭けていたからだ☆何のこっちゃ!な理由だが、観戦試合今季初白星☆をようやく拝むことができた。

しゃけ小島  そんでもってご馳走様♪

 正直、戦前は分が悪いと思っていた。直前のACLではベスト8進出を目前にしながら、アディッショナルタイムに失点を喫しアウェーGOALの差で上海上港に敗退。ショックが残っても不思議でない負け方だった。

 翻って連勝の上り調子で飛田給にやってきたガンバは、ここにきて新加入のアデミウソンがようやくフィットしてきたとの報も耳に届いていた。宇佐美貴史とパトリックに加えてアデミウソンが本領を発揮し始めたとなると、いよいよ“浪速のマジック☆トライアングル”の形成!?  これはどのチームにとっても抑えるのは容易ではない。
青赤vs青黒!  試合は一応、一進一退だったと記しておこう。ただし、双方、あまりスピード感を感じさせるものはなかった。しかも、この日の朝にCL決勝を観てきたばっかりに、尚更、ボールを奪ってからのアクションが緩やかに映って仕方なかった(比べるものではないのは承知のうえだが)。

 FC東京は例によって守から攻への切り替えが遅い(ポゼッションしてるってことなのか?行き詰まるのに…)。9節のアビスパ福岡戦に敗れて以降、高橋秀人がスタメンに入るようになり米本拓司とボランチコンビを組むようになったが、昨季までで観慣れているぶん安心感はあったし、実際中盤は安定していたように思う。

 ガンバ大阪のほうも序盤からスローな試合運びだった。といっても決してFC東京に合わせているという風でもなく、言い方は悪いが遠藤保仁を中心にのらりくらりとボールを回しつつ、ある瞬間隙を見つけていきなりギアを上げるのだろうなと思えたし、そこに対する怖さはあった。

宇佐美のCK!  個々の選手に関していえば、正直!ガンバの選手のほうが目を惹くものがあった。宇佐美が低い位置まで下がって組み立てに絡むシーンが頻繁にあったり、遠藤がいつになく積極的に高い位置に上がったり(TOP下起用だったというのもあろうが)、中盤に起用された倉田秋が運動量を生かし思いのほかそのポジションにフィットしていたのも非常に新鮮に映った。連動性や流動性もFC東京以上にあったと思う。

 だが、低い位置でしっかりとブロックを作って守るFC東京に対し、ガンバもなかなか数多く決定機を作るには至らない。特にサイド攻撃をケアして抑えられている感じで、右のアデミウソンは最後までほとんど目立つところがなかった(宇佐美と藤春廣輝の左は多少怖さを感じる時もあったが)。加えてCFWのパトリックもあまり良いところなく67分でピッチアウト。  全体的に攻撃に関してはFC東京よりは可能性を感じるものがあったガンバがGOALをあげれず勝ち点3を奪えなかったのは、ひとえにこの助っ人2人の出来が思っていた以上に芳しくなかったということに尽きるだろう(宇佐美のシュートシーンも記憶にない)。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
TOKYO boogie-woogie
タグ:
ムリキ
シメオネ
橘ゆりか
ウノゼロ
遠藤保仁
倉田秋
前田遼一
高橋秀人
浪速のマジック☆トライアングル
パトリック
宇佐美貴史
アデミウソン
ガンバ大阪
FC東京

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

どっちもどっちだった青赤vs青黒!(ナショナル・ダービーになるにはまだまだ遠い)

そう。
普通は第一都市vs第二都市のクラブの対決となればナショナル・ダービーになるはずです。
ただ、日本ではそうではない…FC東京がイマイチだから…(^^;トホホ…

まぁ、爆買いでもできない限り、一朝一夕で強くなるとは思ってませんが、とりあえず強化と目指すサッカーのスタイルに継続性が欲しいんですよねー。

ハッキリいってただ勝ちゃあ良い!とは思えません(この日は別として…)。

今週、吹田に行ってきましたが、自前のサッカー専用スタジアム欲しいなぁ…と思いました。

どっちもどっちだった青赤vs青黒!(ナショナル・ダービーになるにはまだまだ遠い)

ご無沙汰してます。

考えてみたら、東京と大阪の対決なら、ナショナル・ダービーになりますよね。
サッカーでの歴史の差と言ってしまうとそれまでですけど、PSGとマルセイユや、リヴァプールとマンUに至るまで、何十年かかるのやら。
味スタへ滅多に行けないので、東京から見てアウェイは、「ガンバに勝利した記憶無い」「セレッソも確か天皇杯準決勝勝利だけ」のせいかもしれませんが。
9月下旬の吹田スタジアムで内容濃い勝利観たいものですわ。

東京は城福さん帰って来てから、何かモタモタ。
「連勝の上り調子で飛田給にやって来たと言っても、ACLでは、未勝利敗退のはず…」のガンバに勝利し、取り合えず、ACLベスト16敗退した事から頭切り替えればでしょうかね。

こんな記事も読みたい

《セレッソ》監督の思惑と異なるメンツで勝ってしまったって感じ?【南大阪に吹くマリンの風】

2016年Jリーグ1st第14節vs磐田【◇ ぼくとフロンターレ ◇】

何でだろう?【ゆるゆるレッズサポ】

J3 夢の島決戦【サッカー的な散文】

FC東京U23vs栃木(05/01)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る【4thDayMarketCenter】

どうしたいの!?FC東京!【◎◎ZATS ENTERTAINMENT FOOTBALL◎◎◎】

FC東京U23vsG大阪U23(4月17日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る【4thDayMarketCenter】

頑張れ、高橋秀人〜FC東京U23vsG大阪U23(4月17日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

ブロガープロフィール

profile-iconyug_10_pixy

◎→JIN18◎◎◎
『寝テモサッカー、覚メテモサッカー』というくらい?サッカーと音楽♪をこよなく愛しています。

特に!伊W杯でPIXYに魅せられて以来、旧ユーゴ系には並々ならぬ情熱を注いでいます。

国内海外問わず、気になる蹴球事について、気ままに綴っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:60
  • 累計のページビュー:2236843

(11月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. レスターがマン・シティに快勝! -夢物語が現実に成る可能性を感じた日-
  2. +今季のPSGが強い3つの理由+
  3. ペップは本当に名将なのか!?
  4. 最後まで走りきったボルシアMGがバイエルンにセンセーショナルな快勝劇!
  5. 「もしかすると、PSGはズラタンがいないほうがむしろ良いサッカーをするのではないだろうか!?」
  6. 最後のスペイン代表!?
  7. メッシよりも!ネイマールよりも!イニエスタに魅せられたヘタフェ戦!
  8. ズラタン加入で俄然!注目度と期待度が増すPSG!
  9. レスターがスウォンジーに快勝し遂にプレミア制覇に王手!
  10. 最終節はモンペリエに4-0で快勝!PSG選手の今季を採点・総括してみる

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss