バスケのデータ見ながら語ります。

元バスケのコーチ 最近はデータとコート上での現象がどう関わるかに興味があります。 一方でデータでは出てこない強烈な競争心でプレーするコービーやウエストブルックが好きです。 コメント頂ければ、希望の試合分析もします。 whynot!!

whynot

バスケコーチ
  • 昨日のページビュー:5716
  • 累計のページビュー:383598
  • (07月23日現在)

最新の記事

クリス・ポールについて考えてみる②

クリス・ポールについて考えてる②です。①ではコートにいる時間はチームは強いけど、直接的な貢献度は現代的なPGの中では埋もれちゃうし、何よりチームが強い割にはイマイチ勝率に結びつかなかったよ、という内容でした。 管理人はクリス・ポールと比較に値するPGとしてウエストブルック、ハーデン、カリー、ウォール、リラードの5人を挙げます。この5人は 「(サラリーとか年齢とか人気とか無視したとして)クリス・ポ......続きを読む»

クリス・ポールについて考えてみる①

クリス・ポールは現役最高のPGでしょうか。 答えはNOです。 かつてキッドやナッシュの時代に、若手のホープとして、将来その座は揺るぎないものになると考えられていましたが、下の世代の押し上げに抗えませんでした。世代の押し上げは単に個人で上回る選手が現れたという事ではなく、バスケの戦術、プレースタイルが変化したため必要な要素も変化したという事です。変化に対応仕切れなかったともいえます。 , , ,......続きを読む»

FA・トレード 気になるチーム

チームの構想が大方決まってきた中で、ここまでで気になるチームに触れてみます。気になる理由は様々なので、別に強いとか弱いとかは関係ありません。 , , , ◉システム面での注目チーム ジャズ ゴベール中心に作り変えるらしい。攻撃力に乏しい選手中心にするのってなかなか見れない取り組み。ハワード時代のマジックはそんな感じだったけど、ハワードも得点は多かったし。 そもそもヘイワードなんかを中心にし......続きを読む»

FA・トレード 20170717

終盤戦に入ってきた移籍関連は未だに煮え切らない&欲張りすぎなニックスや再建に舵を切ったとか言い訳して選手と契約しないだけのホークスをはじめとした動かない多くのイーストチームが売れ残った選手を集める時期なのでしょうか。 前回から割と間が空きましたが、目立った動きは少なかったような。 , , , ◉セルティックス トレード ブラッドリー 、2巡目指名権→ピストンズへ 獲得 マーカス・モリス ......続きを読む»

U19雑感 日本代表

U19日本の感想です。大会全般として接戦が多く、アンダー世代ならではの拙さがある中で、日本は悪くないシュート確率で十分に戦えました。 この世代は強い、これから期待出来るぞ。という考え方は同時にここからどうして行くのかも考えどころです。サッカー黄金世代はユースで準優勝しましたが、W杯ではグループリーグ抜けるのがやっとです。その時優勝したスペインはシャビを中心にフル代表の強化に繋がった上で次の世代に流......続きを読む»

U19雑感 大会全般

U19を観ました。これまでの日本では考えられないくらいの試合が続き10位という成績を修めました。ユニバでは長谷川世代が準優勝、竹内世代がベスト4はありましたが、U19レベルの方が世代トップの選手は多いと思います。 日本の試合は全て観ましたが毎日試合するので感想を書く間も無く次の試合が終わった感じです。同じチームの感想を毎日書いても似たような内容になりがちだったでしょうが。 , , , ◉大会の......続きを読む»

FA・トレード 20170706

6日までがモラトリアム期間です。デアンドレ・ジョーダンはモラトリアム期間中にマブスと合意したものの、いざとなったら翻意してクリッパーズと契約しました。そんな事態もありえます。 主たるFAの動向が決まって行き、制限付きFAへのマッチ判断なんかも始まりそうです。前回から進んだ内容を触れて行きます。 , , , ◉キングス 再建モードに切り替え、ドラフトで有望株3人を手に入れたキングスは経験積ませ......続きを読む»

FA・トレード 20170703

3日目ですが続々と移籍や再契約が決まっていきます。サマーリーグなんか待ってくれないのね。 ◉ウォーリアーズ カリーをスーパーマックスで5年 イグダラ 3年4800万ドル リビングストン 3年2400万ドル ウエスト 1年230万ドル(ミニマム) これでコアメンバーは再契約を明言しているデュラントだけになりました。スリーピートまでは維持出来そうです。ウエストの各チームはウォーリアーズに対抗......続きを読む»

U19 マリ戦

U19の日本対マリをみました。マリの未熟さに助けられた感は否めませんが、勝てたことも含めて日本らしさって何か、みたいな部分も見え隠れしてたので、少しだけ触れたいと思います。なお、スペイン戦もみましたが映像が途切れるためプレーがよくわからなかったです。 何故勝てたのか、とかそういう部分は論じません。 , , , ◉スキルはないけど高いマリと高さにスキルを殺される日本 マリは単純にスキルレベルが......続きを読む»

FA・トレード 20170701

FA契約解禁日にして早くも大型契約が決まりまくっています。 , , ①カリー再契約 NBA最高額での5年契約を結びました。これでカリーを中心としたウォーリアーズ時代は続きますが、サラリーキャップは問題が残る事になります。現スーパーチームが5年間保たれることはないでしょう。 , , ②クリス・ポールはロケッツに、グリフィンは再契約 クリッパーズは2人がFA移籍するという最悪の事態を避けられ......続きを読む»

2017 NBAアワード

アワードが初めて行われ個人賞の発表がありました。選ばれた選手は順当ではあるのですが、個人の投票数までわかったので捉え方は興味深いものがあります。 今季から投票する記者がチーム番はNGで全チーム対象の記者になっています。オールNBAチームではその影響か露出の多いウォーリアーズ有利な印象がありました。 逆に地元チームの選手に投票される事がなくなるので、変な投票は減ったはずです。詳細は記者の事がわからな......続きを読む»

バトラーのトレードを考える

ウルブズとブルズ間でトレードが行われました。ブルズフロントの面白感はいつもの事ですが、ウルブズの仕事した感はかなり珍しいです。 ウルブズ ジミー・バトラー ジャスティン・バッドン ブルズ ザック・ラビーン クリス・ダン ラウリー・マーケネン リアルタイム検索してみた時に日本にはブルズファンが多い事がわかります。そしてブルズファンはブルズが血迷ったと、ウルブズファンはウルブズはバカなのかと、お互......続きを読む»

2017 ドラフト中

ドラフト指名が行われています。でも大学生のことはよくわかりません。わかっていてもワン&ダンの1年生なんてNBAで活躍するか、それも3年後に活躍するかはわかりめせん。 わからなくてもイロイロ期待してしまうのが、世の常です。 トレードもいっぱいあるでしょうが、わかっている内容だけで書いています。 , , , 1位 マーケル・フルツ シクサーズは豪華な布陣を構築しました。30%くらいの確率で3......続きを読む»

今季のキャブスを振り返る

キャブスの今季を振り返ります。ウォーリアーズ同様にキャブスも優勝だけが唯一の成功というチームです。しかし万全で臨んだはずのファイナルではウォーリアーズに圧倒されてしまいました。という事は失敗なシーズンでした。 そんなわけで基本的に貶します。 , , , ◉スーパーチーム ファイナル後になってレブロンの発言が物議を呼びます。ウォーリアーズがスーパーチームで自分はそんなチームでプレーした事ないと......続きを読む»

2017プレドラフト

今年のドラフトを考えます。しかし、そもそも大学生のプレーなんて殆どみていないので、誰が良いとかはサッパリわかりません。 PG大豊作と言われている今年のドラフト。昨年が不作ドラフトでしたので、反動がきているかもしれません。またワン&ダン(大学で1年だけプレー)が流行りすぎてて上位には未熟な選手が並び、中位から下位の方が良い選手というケースも増えてきました。後々、昨季のブログトンはその典型とされるかも......続きを読む»

ウォーリアーズの今季を振り返る

ウォーリアーズのシーズンを振り返ります。言うまでもなく優勝のみを目標としたチームでした。全てが優勝するためのステップでありファイナルでも圧倒的な強さをみせたため、その過程も肯定する事となります。 つまり基本的に褒めます。 ◉チームの再整備 デュラントを獲得したため、サラリーキャップを考慮し再整備が必要となりました。バーンズ(残すためにマックス契約が必要)は要りませんが、ボーガットとエジーリ、ス......続きを読む»

2017 ファイナル雑感 気になった戦略編

ファイナル雑感です。それぞれの戦略について触れていきたいと思います。レビューの時点で対策をとるべきはキャブスとしています。その点ではキャブスの対応がどうだったのか、という視点が増えます。ただ、だからと言って「こうすれば勝てた」という指摘ではありません。どうやっても勝てなかったと考えています。 ◉ハイスコアとハイペース 第1戦のオフェンス面での不調を受けてキャブスはハイペースを心掛け見事に玉砕しま......続きを読む»

2017 ファイナル雑感 MVPは誰?

ファイナルについてシリーズ全体を通して思った事を適当に書いていきます。 ◉MVP投票 MVP投票をします。投票のルールは管理人が100票を“自由に”“誰にでも”“何票でも”投票出来ますルールです。個人の採点ではないのでMVPに少しでも値する必要があります。 なお、傾向として1つの試合でどれだけ影響力の高いプレーをしたか、戦術的な重要性がどれだけ高いかを重視します。要は印象度です。ブログのタイト......続きを読む»

2017 ファイナル第5戦 データ編

第5戦をデータで振り返ります。お互いの良さも相手への対策も出た最終戦に相応しい試合でした。もし第6戦、第7戦があっても好不調の波があるだけで、同じ様な試合になったと思います。どこかでウォーリアーズが勝ったはずです。 ◉高確率だったキャブスのシュート FG53% 3P46% 非常に高確率だったキャブスのオフェンス。試合をみていた限りではJRスミスは例外として、そんなイメージはありませんでした。 ......続きを読む»

2017 ファイナル第5戦

ウォーリアーズ 129 キャブス 120 ホームに戻ってきたウォーリアーズ。4連敗なんて考え難いけど、次戦がアウェーという事もあり、ホームで決めてしまいたいよね。 , , , ◉狙う相手が明確なキャブス 早々にボールのないところでトンプソンがファールをとられる。アーヴィングとの対決はレフリーも気にしていたのだろう。更にキャブスはスイッチからラブとトンプソンのマッチアップを作るなど、ト......続きを読む»

2017 ファイナル第4戦 データ編

第4戦をデータで振り返ります。試合の印象はキャブス決め過ぎだろ!です。元も子もない感想です。だからデータで見た時にその理由を解析出来るのかがポイントです。 何もなければ好不調が激しすぎるチームとなり、次戦以降の期待はできません。 ◉ついに落としたペース 99.7回 遂に100を下回ったペース。キャブスがオフェンスで上回ったのは確かだけど、試合のテンポも下げられていました。早いペース、とティロン......続きを読む»

2017 ファイナル第4戦

キャブス 137 ウォーリアーズ 116 ショックの大きそうな敗戦からの第4戦。舞台はクリーブランド。試されるのはプライド。 これまで、もっとウォーリアーズ対策すべきと述べてきたけど、この状況では自分達を貫く方が大切だと思う。でもそれはアイソレーション万歳作戦でもあるので、ちょっと引くよね。 , , , ◉わかりやすい立ち上がり JRスミスの連発でリードを奪えたキャブス。好調さが積極性......続きを読む»

2017 ファイナル第3戦 データ編

第3戦をデータで振り返ります。この試合はデュラント&トンプソン vs レブロン&アーヴィングの構図がハッキリと現れました。 ◉3人に集中した得点 デュラント 31点 トンプソン 30点 カリー 26点 レブロン 39点 アーヴィング 38点 JRスミス 16点 カリーの42%(ただし3Pは56%)を除けばみんなFG50%超えというなかなかみないタイプのハイスコアゲーム。 勝負は......続きを読む»

2017 ファイナル第3戦

ウォーリアーズ 118 キャブス 113 勝負の第3戦。スイープなんて話も出てたけど、アウェーでの連敗に過ぎないから、ここで勝てば問題ないキャブス。 , , , ◉ハイテンポではなくハイスコア 立ち上がりはJRスミスが目立つ。その理由はカリーを攻めたいため動いてスイッチさせる事を狙う。アーヴィングやラブと対面させられるカリー。 ウォーリアーズもそれは少し嫌なのでカリーのディフェンスにな......続きを読む»

2017 ファイナル第2戦 データ編

データを使って試合を振り返ります。なお、試合の印象は「キャブス側が対策よりも今季の自分達のバスケを重視し早い展開に踏み切った。それは通用したけど展開の早さには絶対の自信があるウォーリアーズがスタミナで上回った」です。点差は開いたけど第1戦ほどの力の差は感じなかった、でも第1戦よりも勝機もなかった。 , , , ◉キャブスの改善事項 自分達の展開を重視したキャブス。いくつかの数字が改善された。 ......続きを読む»

2017 ファイナル第2戦

ウォーリアーズ 132 キャブス 113 ベンチメンバーを中心に動きが悪く、そしてデュラントにやられまくった第1戦を経て、どこまでコンディションを上げてきたか、どんな対策を実行するのか、キャブスの調整が注目される第2戦。 レブロン&アーヴィングで逆襲するのか、それともチーム全体でプレーするのか。 , , , ◉反省点から始まる両チーム デュラントに対するレブロンが強気に出る。止められ......続きを読む»

2017 ファイナル第1戦 データ編

試合の感想とは別に気になる数値で振り返る編です。データ更新されるのに少し時間がかかるため、試合から少し時間が必要になります。 ◉試合のペース 実質的にペースが重視されるのは3Qまで。4Qはウォーリアーズが時間を使ったので。104回ペース。これはウォーリアーズ寄り。 まぁ今季はキャブスが早いペースを好むので不思議ではない。ただ、次戦は落としてくるかも。個人的に印象に残ったのはコーバーがアーリーで3......続きを読む»

2017 ファイナル第1戦

ウォーリアーズ 113 キャブス 90 ◉キャブスの設計を受けて立つウォーリアーズの構図 試合は予想通りキャブスの対策からはいる。ディフェンスではしっかりとプレッシャーかけながら、グリーンを空けてシュートを打たせる。パチュリアにラブ、グリーンにトリスタン・トンプソン(以下トリトン)なのでドライブへのヘルプを優先している。 オフェンスはスクリーンをかけてラブ対クレイ・トンプソン(以下クレト......続きを読む»

2017 ファイナル展望④ まとめ

ファイナル展望を3回にわたってしてきました。その内容を含めて、どんな対策・現象がコートで行われるか考えてみよう。 ◉これまでのまとめ。 ①このプレイオフで対戦相手のアクシデントに恵まれたのはウォーリアーズだけど、キャブスはプレー内容の改善にまで恵まれ、ツキがある。 ②3Pを打たせたいウォーリアーズと打ちたいキャブス。そんなキャブスはオフェンスが絶好調。キャブスの3P入ってしまえばウォーリアーズ......続きを読む»

2017 ファイナル展望③

ファイナル展望の第3回は昨季のファイナルのスタッツから今季バージョンを考えてみます。なお、管理人は昨季のファイナルをちゃんと見ていません。なので、データから考えるスタンスです。 ◉ペースの奪い合いを制したキャブス 史上最高のシーズン成績を残したウォーリアーズが負けた要因を探します。最大の問題は99.9点しか取れなかったオフェンス。シーズンは114.9点なので15点ダウン。 なお、キャブスもシーズ......続きを読む»

1 3 4 5

このブログの記事ランキング

  1. FA・トレード 20170717
  2. バトラーのトレードを考える
  3. FA・トレード 20170706
  4. FA・トレード 気になるチーム
  5. FA・トレード 20170703
  6. 今季のキャブスを振り返る
  7. ウォーリアーズの今季を振り返る
  8. 2017 ファイナル第3戦
  9. 2017 ファイナル雑感 気になった戦略編
  10. 2017プレドラフト

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss