辛口G党の戯れ言

勝ったからって内容が悪ければ意味がない。負けても明日につながる内容なら評価したい。

wakeupgiants

地方在住の巨人ファンです。東京五輪の昭和39年生まれ。スポーツはもっぱらプロ野球でMLBもたまに観ます。サッカーは国際試合に限って観るニワカでしかありません。パソコンは初心者に近いですができるだけいっぱい投稿したいと思います。ネタ もっと見る
  • 昨日のページビュー:10259
  • 累計のページビュー:944122
  • (04月28日現在)

最新の記事

貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打

昨日に引き続き「貧打」で連敗。 まるでブルーハーツのメロディで「ヒンダヒンダ~」って聞こえてきそう。 今日は5点勝負と思っていただろう両チームのファン。ところが1対0という僅差。 勝ち投手の内容だった宮國が負けて、負け投手の内容だった大瀬良が勝った試合。 これは投手戦ではない。 原因は何度も言ってるがチーム力の差。 個人の力に依存する巨人とチーム全体で戦う集団のカープ。 その昔、「野球は一人でもでき......続きを読む»

今日の福井をKOできないG打線は期待薄💦

巨人をふった男・福井と広島を出た男・大竹のマッチアップとなったこの試合。 雨が心配されたが結局定刻通りプレイボール。 今日から1番に立岡、2番に中井と打順を入れ替えたところ、いきなり中井のソロが飛び出して幸先のいいスタート。 今日の大竹は気合十分だった。 しかし試合運びのまずさで大竹がおかしくなった。 2回にも2点を取り、3点リードとなったが塁上で疲れた?大竹がその裏たった3球(ツーベースとタイム......続きを読む»

菅野の好投で0.5差!試合を決めたのは7回石原の後逸。

森福が降格になり、代わりに昇格したのは同じ左の中川だった。 中川には期待しつつも、本当に公文の放出が悔やまれる。 公文と森福はサウスポーでも似たタイプで変則的な投法で打者を幻惑させ、特に左打者には打ちづらいという評価。 だが、森福をわざわざ獲得したのは右打者も本人は「イケる」っていうから獲ったのに開幕早々2軍落ち。 公文は同じタイプだから不要というのはわからんでもない。 確かに森福には実績と経験があ......続きを読む»

マニー・ラミレス獲得する球団はあるのか?

レッドソックス時代、ビッグパピーことデビッド・オルティスと共に強打のシンボルとして555本塁打を誇った大スター、マニー・ラミレス。 大の親日家である彼は日本の伝統や相手を敬う文化が大好きである。黒人差別は少なくなったとされる報道は黒人にしてみれば「大嘘」に近い感覚で、未だに一部のレストランやバーなど入店を拒否する店や表示されている価格の倍を取る店もあるのは事実。 黒人であるマニーはそれがたまらなくイ......続きを読む»

そろそろ小林にも休養を。

散発10安打で敗戦。打ってほしい時にだけ打てない。別の打席では打てる。 ファンが最もイライラするパターンの試合だった。これなら2安打くらいでごめんなさい、という方がマシだ。 今日のポイントは6回裏。 マギーと長野のヒットで一死一塁二塁。打席には小林。 ベンチは最初からバントのサイン。ところがかすりもしない。どうなってんだ? 送球ミスもあって二死一塁三塁となったことでベンチは想定外となった。 結局代......続きを読む»

勝ったけど、今日は二岡コーチの怠慢を糾弾する。

4番に阿部の名前がなく、打者村田。 おいらの記事を見てくれたのか?そんなわけはないよね。 投手は能見。サウスポーということもあるが立岡以外全員右打者。極端だなぁ。 それに性懲りもなく長野の名前。 前日の内容から今日の試合展開はきっと苦労するだろうと考えていた矢先、いきなり田口が1点を失った。 阪神はベテラン福留が貫禄のタイムリーを放ったがその裏村田があえなく三振。 試合勘が完全に鈍ってる。 しか......続きを読む»

疲れの見える阿部。代役は村田を推す!

岡本が2軍落ちして橋本到が昇格。 ほとんどのG党が岡本の降格よりも長野がなぜ1軍のままなのか、ほとんどがその疑問ではないだろうか。 東京ドームに来られた観客も岡本の降格にがっかりしていた人も少なくないようで、タメ息の中で始まった阪神戦。 阪神相手に今日は初回の表裏だけで試合が決まった。 マイコラスはいきなり一死一塁二塁のピンチ。いずれの当たりも打ち取った当たりだったがラッキーヒットに過ぎなかった。......続きを読む»

チャレンジ制度導入と公式記録員の是非を改めて問う。

仕事が重なって更新が遅れましたが今日はどうしても我慢できないことを一筆啓上。 最近は本当に審判のジャッジがひどいのが多い。明らかなセーフをアウトと言ったり、完全なアウトをセーフと判定したり。 チャレンジ制度導入についてはすでに多くのブロガーが語っているようだが未だに導入しないのはなぜなのだろう。 先日、首位を走る広島が明らかなミスジャッジでDeNAに惜敗した。それも2つも誤審があった。 G党のお......続きを読む»

篠原慎平初登板初勝利は神様がくれたごほうび

育成からいきなり1軍昇格。そして予期せぬ場面で登板、そして気づけば初勝利。篠原慎平はこの数日間のシンデレラストーリーをどう感じただろう。 篠原という男。実に苦労人である。四国のアイランドリーグで肩を痛め引退を決意するもチームメイトから説得され現役続行を決意。 それでも先が見えない状態の中で巨人から育成ドラフト1位の指名を受けた。(※wikiより) 3軍からのスタートだったが頭角を現した今季、野球をあ......続きを読む»

クマモンとジャビットがタッグを組んで熊本で1勝。復興の灯りをともした菅野の熱投。

野球が復興の手助けになる、そんな典型の試合ではなかったか。 熊本鎮西高校の立岡が3安打で故郷に錦を飾った。 菅野はわずか3安打に抑え今季初完封。 打撃陣も先制、中押し、ダメ押しといいところで1点ずつ加点して言うことなし。 それにしてもヤクルトはなぜこうも怪我人が多いのか。 川端も故障中で畠山は今日の試合でリタイヤ。 真中監督はあのドラフトで高山が獲れていればと悔やんでも悔やみきれないのではないか。......続きを読む»

広島と巨人の決定的な違いはコレだ!

こちら広島は雨です。明日からの九州シリーズは何とか開催されそうです。 昨日はいくつかの疑問符のつきそうな采配の中で相手が今弱体化している中日さんなので勝つことができました。 ただ中日は今だけ弱いけど後半必ず来ると見てます。ナメてはいけません。 さて今日は広島と巨人の違いについて述べます。 人気絶頂期のピンクレディーの睡眠時間は平均2時間と言われている。本当のところはわからないが尾ひれがついたとし......続きを読む»

大竹の力投で勝利。でも降板後大竹は何度ヒヤヒヤしただろう。

何とも不思議なゲームだった。 大竹は確かによくがんばった。シュートが来るぞ来るぞと見せかけてスライダー。と思ったらストレート。 大竹と小林の大小コンビはテンポもよくスイスイと序盤進んでいった。 相手は吉見。こちらも制球よくG打線を手玉に取って1点を争う投手戦となった。 もともと中日をカモにしている大竹。本来ならFAで獲った山口俊もこのカードに当てたかったはず。 中日にすれば大竹、山口と並ぶとジンマシ......続きを読む»

「幻の3ラン」ゲレーロとマギーの明暗

ついに長野がスタメン落ち。貯金がなくなってようやく現在の窮状に気が付いたようだ。 雨でノーゲームとなった阪神戦から久しぶりの登板となった田口。一方阪神の青柳も広島戦での登板となったが2人の明暗は分かれた。 青柳は広島打線にボコられて金本監督を落胆させた。 田口はこの日決して良くなかった。打たせてアウトを取るのが特徴の田口だがとにかく思うように制球できず球数が増えていった。 金曜日の試合では延長12......続きを読む»

オープン戦のムードに似てきた巨人。なんだかもう勝てる気がしない。

ほ~ら言わんこっちゃない。また負けたよ。貯金吐き出しちゃったよ。 6勝6敗。とうとう次は借金生活だよ。 去年とまったく同じ。いや、落ちるのは今年のほうが早いか。 去年と違うのは広島と競るのは巨人ではなく阪神ってことかな。 どっちにしてもこのままじゃ借金はできても貯金はできないだろうな。 でも巨人にはまだ望みがある。 陽岱鋼、杉内、それに寥任磊、畠、さらに育成のアダメス、・・・まだ出していないカード......続きを読む»

中日戦ですら不安視する8つのポイント

「マイコラスと大野の登板で開幕カードのマッチアップ。ナゴヤドームに舞台は変わり、中日は雪辱を誓う。」 東海地区ではこんな感じだろうか。 一方、関東地区では「ゲレーロ不在か?鉄板の試合。広島戦の損失補填カード」こんな感じかな。 ところが巨人に不安なポイントはそれぞれ4つ。 ●中日サイドからの視点 【小林とマイコラスの相性の悪さ】 昨年、小林があまりにもミットを動かすのでマイコラスがブチ切れた件があ......続きを読む»

ヘッドスライディングのマギーとモタモタ走りの長野。対照的なプレイの熱量の差を感じた夜。

すごいゲームでしたね。でもまた負けました。 この4連敗で貯金はわずかに1つ。3位に転落。恐れていたことが起きました。 もう巨人は貯金を吐き出しそうです。 広島は本当に強い。思い知らされたこの3連戦でした。 「去年はできすぎ。翌年となると途端にケガ人が出てしまうパターンで、恐らくAクラスは難しい」おいらはそう考えていた。 とんでもない。「ケガ人」は確かに出た。ジョンソンに中崎。でもそれを補う選手がどん......続きを読む»

超攻撃布陣で3タテを防げ!

今日も夜勤なので出勤前に一言。 このままじゃ勝てない。余裕ぶっこいてると借金生活になるど。 ってなわけで、超攻撃布陣を提案。 7 中井 4 マギー 6 坂本 3 阿部 9 亀井 5 村田 8 立岡 2 実松 1 吉川光 これでどないでっしゃろ。 2番にマギーってことは楽天のペゲーロ方式じゃ♪ そもそもペゲーロって巨人が先に交渉してたよね。 なんで楽天になったんかなぁ。マギーもそうだったけど・・・......続きを読む»

巨人は足し算野球。広島は掛け算野球。これじゃ勝てっこない(;^_^A

はいはい、また負けちゃいました。 今日から夜勤4連発ってことで生中継を見ることができず録画でチェックして深夜に更新です。 初回、中井がヒット。立岡は・・・・むむ?バントしない!!結局右に打って送った形になった。 とうとう立岡にバントをさせなくなったねぇ。 この後の展開でも小林にもバントさせずに右打ちで送った形があった。 バントをさせないってことはあわよくばヒットにもなる可能性があるし、何より投手が......続きを読む»

菊池にやられましたが、勝敗を分けたのはバント。

試合開始30分前、今日のスタメン発表で高橋監督は長野をどうするのかとドキドキしながらジータスの画面を見ていた。 すると5番マギーの後、6番ライト・・・・長野。 大きく落胆したおいらはもうあきらめた。っていうか考え方を変えようと思った。 今日の先発は右の野村。オカシゲ・ルールで考えると、今日は重信。もう納得するしかない。 でも長野よりは亀井を・・・と思ってるファンも多かったはず。 ただ、結果を出せば一......続きを読む»

浅田真央選手を国民栄誉賞に推す根拠

ふだん巨人軍のネタが大半のおいらだが、今回の浅田真央選手の引退ニュースでこの記事を投稿することに決めた。 おいらにとってフィギュアスケートってのはさっぱりわからず、正直言って「芸術的な表現」とか得点(評価)の基準すらわからず、漠然と見ている程度のスポーツなんだなぁ。 だからおいらなんかが偉そうに語ることに嫌悪感を抱く人もいるだろうからそのような方はこの先は読まないでいて結構です💦 すい星のごとく現......続きを読む»

果たして今回の補強は正解だったのか。

いよいよ明日から広島と首位決戦である。 ここまでの戦績をまとめると・・・ 【投手陣】防御率2.57、被打率.237、奪三振率7.33、被本塁打7本、失点22 【打撃陣】打率.246、本塁打6本、安打数65、出塁率.321、得点圏打率.333、盗塁数4、犠打4、併殺数4、代打率.500。 同様に広島の戦績をまとめると・・・ 【投手陣】防御率2.79、被打率.270、奪三振率8.07、被本塁打4本、失点......続きを読む»

首位転落の原因は阪神打線をなめすぎた小林のリードといつまでも長野を使い続ける高橋監督です。

大竹はよくがんばった。北條の一発なんて誰も想像してなかっただろうし、仕方ない。 能見は昨年の汚名を返上するべく磨きぬいたスライダーで本来のお客様であるG打線を翻弄した。 ノーヒットノーランの勢いだったが4回坂本に2塁打を打たれ、慎重に投げようとしていたところ阿部があっさり初球をファーストゴロを打ってくれて一安心。 5回、一発警戒と「勝ち投手の権利」を意識して、マギーに四球を出したものの、長野がおあつ......続きを読む»

阪神園芸さんもお手上げの雨で水入り。青柳スライド先発じゃなくって良かったぁ。

一死満塁のピンチをしのぎ、これからって時に無情の「NO GAME」。 さすがに「阪神園芸」さんもお手上げの雨模様に伝統の一戦も「水入り」となってしまった。 田口はこの日はいつでもつかまってしまうほどの状態だけに、これで良かったのかもしれない。 日曜日の先発は大竹と能見。 巨人に対して昨年の能見は次の通り。(  )内は全体の成績。 防御率9.82(3.67)、0勝1敗(8勝12敗)、被打率.400(......続きを読む»

今日は阪神様に勝たせていただきました。でも、どうしても高橋采配が理解できません(;^_^A

雨の甲子園。昨季苦手にしていた岩貞が先発。 巨人を相手に4試合登板、3勝0敗、防御率0.58!全体で2.90だが巨人にはめちゃくちゃ強い投手。 一方マイコラスは阪神戦は甲子園で1試合のみだがこちらもわずかに失点1。 投手戦を予想していたが岩貞は前回登板でKOされている分、巨人にも目があるかなとは思っていた。 今日のスタメンに何と岡本が復帰。やはり先発が左ということで右の岡本が選ばれたのか。 初回、......続きを読む»

吉川光は合格!重信もいいぞ。長野も復活の兆し(^^)あれ💦なんで負けたのかな?

ここまでが出来過ぎなんで、そろそろ負けると思っていた。 初顔、ウイーランドは縦に割れるカーブを上手に使い、ストレートはコーナーぎりぎりでズバッとつく。 セリーグにはいそうでいないタイプで巨人の打線は一気に真冬の冷え込みとなった。 吉川光はそれでも6回2失点と期待以上の働きを見せたし、今日は横浜の執念の前に負けた感じがするがそれも仕方ない。 それでも辛口G党としては苦言無しで終わらせるわけにはいかない......続きを読む»

代打でも使わないのなら岡本は2軍に落とすべき。結果の出ない長野は8番を提案する。

ついに岡本をあきらめたのか?スタメンを外して重信が先発。その重信は2塁打で得点にからみ結果を出した。 解説の槙原氏が言ったコメント。「間違ったらホームランという打者ならいいが、岡本にはそんな感じがしない。だったら投手がいやがるタイプの重信のほうがいいと考えたのではないか」 まさに今の岡本はちっとも怖くない。DHの無いセリーグでは9番が一息つけるのだが7番がこれだと8番だけちょっとがんばればスイスイ行......続きを読む»

巨人4連勝も、高橋監督のバント作戦にはやはり疑問。

今日は菅野と今永のマッチアップ。両者今季初登板とあって先頭打者にヒットを打たれる。しかし2番を併殺にして3番を仕留める。この初回の表裏はまったく同じ展開。 しかし、2番打者の内容はまったく違う。 立岡は相変わらずバント。しかし2球続けて失敗。強打に切り替えて3-6-3の併殺。最悪である。 この手の記事を何度書いてきただろう。なんで判で押したように同じ失敗を繰り返すのか。 大事に行きたいのはわかるし、......続きを読む»

DeNA戦のスタメン発表は今季の高橋監督の決意表明である。

【高橋監督と亀井の絆・・・】という記事でいろいろなコメントを頂戴しました。 ここで私の考えを書こうと思います。 私のような素人ブロガーの拙い記事を読んでいただいて嬉しいと思うと同時に、コメントに左右され自分の考え方が「ブレる」ことが最悪であると思うのです。 まず、今回の岡本の起用について・・・・。 今回大事なチャンスで岡本は代打を出した。代打は亀井。G党の誰もが認める実力のある打者。 高橋監督の心......続きを読む»

高橋監督と亀井の「絆」が美しい試合展開を作った。

連勝で迎えた巨人は中日キラー大竹を立てた。一方中日は3タテを阻止すべく吉見が登板。 初回ビシエドのタイムリーで1点、4回ゲレーロの1号で2点目を失った巨人は吉見に苦戦した。 しかし2巡目となった巨人は吉見から連打で同点とする。 問題になったのは6回の攻防だ。一死からゲレーロが出たがビシエドがまたやってしまった。 ピッチャーゴロ、だが全力疾走していれば併殺にはならなかった。大竹の2塁への送球が少しそれ......続きを読む»

DH無しのセリーグ野球を知らない森監督の采配ミスで巨人ごっつぁん勝利。

【巨人4-2中日】 阿部のサヨナラホームランで連勝の巨人。 田口は2失点で5回KO。ただKOと言っても高橋監督の決断が早かったって話。今日は中日バルデスの一人舞台、そんな雰囲気を察していたのだろうか。高橋監督はもうこれ以上点をやっては勝てないと思ったのだろうか。2点ビハインドで谷岡&池田のルーキーコンビが何とか無失点に抑えた。 中日はあと1点を取れば絶対勝っていたはず。 バルデスを引っ張った背景には......続きを読む»

1 3

このブログの記事ランキング

  1. 【開幕前企画】12球団FA事情
  2. 菊池にやられましたが、勝敗を分けたのはバント。
  3. 巨人は足し算野球。広島は掛け算野球。これじゃ勝てっこない(;^_^A
  4. 広島と巨人の決定的な違いはコレだ!
  5. 巨人の「開幕25人」を予想する。
  6. 果たして今回の補強は正解だったのか。
  7. 長野を2軍に降格できるか?由伸監督の舵取りや如何に。
  8. ヘッドスライディングのマギーとモタモタ走りの長野。対照的なプレイの熱量の差を感じた夜。
  9. 首位転落の原因は阪神打線をなめすぎた小林のリードといつまでも長野を使い続ける高橋監督です。
  10. 「背番号21」2年連続ではく奪の危機。

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
04
03
02

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss