人生は競馬と共に

【回顧】第22回プロキオンS、第53回七夕賞 ともに見応えのある好レースでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

すっかり本格的な夏到来を思わせるような好天に恵まれた先週末。 中京のプロキオンS、福島の七夕賞ともに、ハイペースで見応えのある競馬になりましたね。

今週も、今日月曜日が重賞レースの回顧、明日が新馬戦の回顧という形での更新となります。 水曜日にはジャパンダートダービーが控えていて、今週も色々と楽しみですが、さっそく昨日の2重賞を振り返りたいと思います。

※プロキオンSの記述について一部、加筆修正しております(7/10 17:00)。ご指摘ありがとうございました。


第22回プロキオンS 回顧

まずは中京メイン、別定GⅢのプロキオンSからです。


先行馬総崩れという、私の読みと真逆の結果となり、当然と言えば当然ですが、私が印をつけた馬たちも悉く馬郡に沈んでいったこのレース。 逃げたのは大方の予想通り、⑤トウケイタイガーでした。 スタート直後の出足は外の⑩レヴァンテライオンや⑨ナンチンノン、内の③ゴーインググレート辺りの方が良かったのですが、必死に押して何とかハナへ。 隊列が決まるまでやや時間がかかり、2ハロン目が10.9秒と速い入りになりました。

⑪ウォータールルドも先行し、第2集団に内から②ベストマッチョ、④アキトクレッセント、⑥チャーリーブレイヴに①メイショウウタゲ。 私の本命馬、④アキトクレッセントは人気薄でスムーズに先行できた前走から一転、ハイペースに巻き込まれた上に先行集団の真ん中で揉みこまれる厳しい展開に。。。

その少し後ろ、第3集団という感じで⑬イーデンホール、2着の⑧カフジテイク、内に潜り込んだ1着馬⑫キングズガード、さらに外から3着馬⑭ブライトライン。 最後方に⑮キクノストームと⑦マヤノオントロジー。

12.2 - 10.9 - 11.1 - 11.8 (800m46.0秒)と、先行馬にとっては息の入らない厳しい流れの中、3~4コーナーでも12.1秒と持続力勝負の流れで最後の直線に。 3コーナーから4コーナーにかけて、後方勢も積極的に進出を開始しますが、この時のコース取りが結果的に順位を決めることになったように思います。

3着馬ブライトラインは、3コーナー手前辺りからロングスパートをかけていき、外外を回って早めに進出を開始。 2着馬の1番人気、カフジテイクもこの動きを意識しつつ、一呼吸おいて進出開始。 今までとは違って大外をまわす形ではなく、直線で外に出す際にごちゃつくところはありましたが、大きな不利も無く前を追います。

一方、道中も内に潜り込んでいたキングズガードの藤岡佑介騎手は、徹底的にインの内ラチ沿いにこだわります。 コースロス無く最内を回って直線コースに向くと前が開くのをひたすら待つ、イチかバチかの作戦。

逃げたトウケイタイガーが必死に粘りこみを図りますが、さすがに残り200m余りで厳しくなると、外からゴーインググレート、さらに外からブライトラインが襲い掛かり、まずブライトラインが先頭に。 ただ、この時すでに先行馬をうまく捌いたキングズガードが抜群の手応えで迫っていました。

外からはカフジテイク、メイショウウタゲ辺りも追いこんできますが、先頭は完全にキングズガード。 粘るブライトラインを外からカフジテイクが交わしたところでゴール。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
重賞レース予想・回顧
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【回顧】第22回プロキオンS、第53回七夕賞 ともに見応えのある好レースでした。

先頭ポツン様

コメントありがとうございます。
確かに、戒告を喰らったレースで「スムーズなコース取り」は表現として酷いですね。大変失礼致しました。

ジョッキーが上手ければ勝てた云々は主観なので特に異存はありませんが、、、ただ、私の主観としては(調教師のコメントは確認していなかったのですが)コース取り自体は大きなマイナス無く、大きな不利を受けても与えてもいないという見解自体は変わりません。

こうしてブログで見解をオープンしている以上は出来る限り正確な記述を心がけたいと思っていますが、未熟で至らないこともあるかと思います。
暖かく見守って頂けますと幸いです。

【回顧】第22回プロキオンS、第53回七夕賞 ともに見応えのある好レースでした。

2着のカフジテイクも、展開にも恵まれてスムーズなコース取りから直線しっかり伸びて、ドバイ帰りの1番人気馬としてはほぼ完璧なレースを見せました。

?????
もしかしてレース見ないで妄想か何かで書いてらっしゃいます?
カフジテイク号の騎手福永祐一は,最後の直線コースで外側に斜行したことについて戒告。(被害馬:1番・4番)と発表もありますしとてもスムーズなレースには見えませんでしたけど?
調教師も壁を作られてうまくさばけなかったとコメントしてますし、勝つ力はあったのに鞍上が下手だったとしか思えません。

こんな記事も読みたい

オグリキャップ、あんたの時代を超えようなんていったいどれだけ頑張ればいいんだい?【レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~】

夏の福島、久々に物凄い競馬を見ました……【ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点】

2017 プロキオンS・七夕賞 レース回顧【ホースレース・ロマネスク】

ブロガープロフィール

profile-iconumassy

いつの間にか競馬歴20年以上(本格的に馬券を買い始めたのはブライアン世代から)、東京在住のおっさんです。

本ブログのタイトル通り、生涯競馬からは離れられない人生なのは既に確定しており、そんな「競馬人生」に少しアクセントを加えるべく、ブログを始めることにしました。

競馬は人生と共に、人生は競馬と共に。
今の競馬の話題から昔の競馬の話題まで、時に他のスポーツの話題も含め、マイペースでやっていきたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。
  • 昨日のページビュー:9745
  • 累計のページビュー:4518588

(09月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第154回天皇賞(秋) 展望
  2. 菊花賞 展望①
  3. 【展望】 第155回天皇賞・春 ① 過去10年データを中心に。
  4. 【展望】第155回天皇賞・春② 先週末の簡単な振り返りも。
  5. 菊花賞 展望②
  6. 【展望】 第78回オークス② やはり桜花賞組中心?
  7. 【展望】 第61回有馬記念① 武豊騎手+逃げ馬+1枠1番=?
  8. 【展望】第78回オークス① 2、5、7枠に注目?
  9. 秋華賞 展望
  10. 【結果】第36回ジャパンカップ 圧倒的な能力の前には「データ」も「常識」も無力でした。

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss