"テニス"感覚観戦

【2017Nitto ATP Finals展望】フェデラーとナダル & NEXT GEN チョンヒョン優勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

Nitto ATP Finals 、情報に疎い私は、このNittoって日本社ぽい名前だなぁ、そうなのかなと漠然と思いながら、やり過ごして来たのですが、やはりそうだった様です。

どなたもご存知の事だとは思いますが、本社が大阪の「日東電工(株)」は、来年設立100年、設立当初は電気の絶縁材の製造から始まり、テープ類:工業用やマキシングテープも、表面保護フィルム等も製造している様ですので、ひょっとしたら私のiPhone に貼っているのもここのものかも知れません。私達もこの会社がスポンサーになれた事に、ほんの少し、寄与しているかも知れませんね。日本社が、ファイナルズのスポンサーになるのは初めてという事ですので、そう考えると少し嬉しい気がして来ます。

確か、第1回大会は日本開催だった筈ですが、その時のスポンサーは日本社じゃなかったという事ですかね。

【大会のドロー】():シード

–グループ サンプラス– ナダル(1) ティエム(4) デミトロフ(6) ゴフィン(7)

–グループ ベッカー– フェデラー(2) ズベレフ(3) チリッチ(5) ソック(8)

これを見て、先ず思った事は、フェデラーの決勝ラウンドが確実とは言い切れないかな?ズベレフ、チリッチの状況次第では、最悪2敗、、無いとは言い切れないかな、、バーゼルの後、腰の故障でパリをスキップしたという事でしたが、、。しかし、元々の実力を考えれば、その確率は非常に低いですね。

ナダルは膝の状態がどれほどのものか分かりませんが、問題がなければ確実に決勝ラウンドに進むでしょう。万が一不覚があるとすればデミトロフでしょうか。

グループサンプラスは、ナダル・デミトロフ。グループベッカーは、フェデラーと、ズベレフかチリッチ?この様な大舞台では実績・経験で上回るチリッチというパターンが多い気がしますが、ズベレフの場合は今後大物になって行く雰囲気を感じますね。並みの若者には見えません。ポテンシャルの大きさ、マインドの強さが、チリッチをも上回りそうな気がします。

昨年は、フェデラー、ナダルがいないツアーファイナルズを少し寂しく感じました。今年はその2人はいますが、昨年には居た5人がいない事で、昨年以上に今年の最強を決める大会としての物足り無さを感じざるを得ません。

まぁでも、スポーツというのはそういうものですよね。いくら実績のある5人でも、原因が怪我とは言え、出場する為のポイントを獲得できなかった。または、この大会において、出場出来るコンディションに無かった。スポーツにおいて、最後に優劣を決めるのは、ルールに則った上での結果ですから、、いくら実績のある5人でも、今回出場した8人のプレーヤーが、今年は5人を上回ったという事です。 今年の最高プレーヤーを決めるファイナルズに出場出来る上位8人のプレーヤーはこの人達をおいて他にいなかったという事ですね。 今年から名前を変えたATPファイナルズを、私も気持ちを入れ替えて楽しみたいと思います。

NEXT GEN ATP FINALSの決勝は、リュブレフとチョンヒョンになりました。今期の状況を振り返ると、カチャノフ、チョリッチらの実力の高さ、シャポバロフ等の勢いを感じました。そんな中アジアからチョンヒョンが決勝迄、それもこの中で第1シードのリュブレフにも勝ち、唯一全勝で勝ち上がりました。

第1シードでさえ37位ですので、好不調の巡り合わせが大きく左右する大会だと思います(ランキングの差ほど実力差はない)。チョンヒョンは体調も含め今大会に好調な時期を迎えたという事もあったと思いますが、それだけではない実力の高さを感じます。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「Nitto ATP Finals フェデラーとナダル & NEXT GEN チョンヒョン優勝」へのコメント

確かに、テニス道具、ガット?の素材を作っていそうな会社ですね。既に、メーカーへの供給などをやっているのですかね。ありがとうございます。

それにしても、ナダルの膝はやはり間に合わなかった様ですね。代役もカレノブスタ、せめてデルポトロならと思います。
本当に今回は常連がフェデラー1人になってしまいました。
安易に他の7人が優勝してしまったら、なんだかなーという感じです。

Nitto ATP Finals フェデラーとナダル & NEXT GEN チョンヒョン優勝

こんにちは

スポンサーについて
日東電工は、大阪女子マラソンでもここ10年以上メインスポンサーをしております。(地元ですしね)
一時期は、中継中のCMを独占していたと思います。
来年は代わるようですが。

今度は、テニスのTFに注目したのだと思います。

こんな記事も読みたい

ワールドツアー・ファイナル2017の組み合わせ決定 2016年の4強は全員不在!【0 to zeroのhorizon】

躍動と期待 杉田の2017年シーズンの終了【change-the-flow】

【2017MSパリF】新MSチャンピオン & ATPファイナルズ展望【"テニス"感覚観戦】

ブロガープロフィール

profile-iconukk_chu_ren

テニスは、大学から7〜8年プレー、数年のブランク後、今も楽しくやっています。観戦は、ボルグ・コナーズ・マッケンロー→レンドルの頃から、今は、WOWOW、GAORAで見られる限り観ています。頑張れ!錦織選手。
  • 昨日のページビュー:4848
  • 累計のページビュー:9635599

(11月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【2016ローマR16】荒れ模様のローマ、錦織選手チャンスか!?でも怪我に注意!
  2. ★【2015年9月】今期の錦織選手;「これまでの状況」と「今後(年内)の展望」
  3. ★トッププレーヤーの興味深い特徴 vol.3 錦織 圭【2015年7月】
  4. ★【2016全仏ドロー前】大会予想 +錦織のプレー態度・記事の多さ?
  5. 【2016全米QF】錦織選手、QF史上最大の難関マレーを下す!!蝶々も味方?
  6. 【2016MSマイアミQF】"錦織vsモンフィス"今期最高マッチ!錦織選手は何処まで行くのか!?
  7. 【2016MSマイアミF】ジョコビッチ戦、敗退。錦織選手の左膝の状況が心配。
  8. ★【2016年6月】錦織選手のプレー態度?テニスのマナーと勝負の世界
  9. 【2016バルセロナ決勝】ナダルは想像以上だった!錦織選手には大きな意味のある1敗!
  10. 【2015MSカナダ】錦織選手、ゴファン戦勝利!絶好のチャンス到来か!?

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss