two-set-down

伝説の瞬間と、差し掛かる焦燥感(その1)

このエントリーをはてなブックマークに追加

7/16 現地14:00~(日本時間22:00~) Grand Slam 2000 The Championships Wimbledon Championship [3]Roger Federer 6-3 6-1 6-4 [7]Marin Cilic



もちろんフェデラーは今大会の優勝候補筆頭でした。 しかし全盛期でもなしえなかった失セット0での優勝には驚きました。


まず試合を振り返りましょう。 この試合のポイントはやはりチリッチがどうやって今シーズン絶好調のフェデラーを攻略していくか、というところでした。 試合に勝つどころか1セットを取ることも遠い状況でチリッチが何をしてくるか。 そうなると、やはり考え方は勝った時のイメージ、作戦を大事にするということになります。

4ゲーム目、チリッチは仕掛けました。 お互いストロークが入らなかった1,2ゲーム目のあと、ついにチリッチの攻撃的なストロークが当たり始めます。 フェデラーとチリッチの対戦成績はフェデラーの6勝1敗。チリッチの1勝はあの14年全米です。 この時のチリッチは決勝の錦織戦でも見せたように非常に攻撃的でした。シンプルにハードヒットを決めていき、相手にチャンスを与えない。 結局、チリッチにとっては自分ができるベストのテニスを自分らしくすることがフェデラー攻略への最短ルートになる、ということです。

この地点までフェデラーはあまり1stサーブが入っていなかったため、実際リードするならここしかないという場面でした。序盤の山場でした。 そして迎えたBPもフェデラーのセカンドサーブ。しかしチリッチはボディー気味の深いセカンドサーブのリターンをネットにかけます。 このBPがチリッチが得たこの試合最初で最後のBPになってしまいました。

そして次のゲーム、こちらも1stサーブが入ってなかったチリッチはストローク戦に苦しみます。 このゲームからフェデラーはスライスを使い始めました。これによって、強打で来ていたチリッチのリズムが崩れてしまったのかもしれません。 連続失点の後はチャンスボールをミスで0-40。2本しのぐものの再びバックハンドのラリーでミス。フェデラーが先にブレークします。 4ゲーム目まではチリッチのほうが押し気味だったものの、そのわずか3分後にはフェデラーが数字上リード。ここからチリッチの歯車が狂い始めます。

チリッチは1stサーブの確率を上げることができず、ストローク戦でもリスクを取らされた形でミスを量産。 対してフェデラーは少しずつチリッチのボールにアジャストしたのもありミスが減少。さらにチリッチがミス量産した結果ストロークで無理な攻めをすることもなくなり、一度ついた差がどんどんと広がっていく格好になります。

結果的には、そのまま1時間41分それが続いた形になります。 チリッチは足のけがもあり万全ではなく、精神的な状態もあまりよくなかったことは想像されます。 ただ、最初にゲームが動く流れを察知し、BPで悪いなりにもセカンドサーブをきっちり打ち、そして自分に振れた流れを一発でものにした。 フェデラーの勝負勘が光ったゲームでした。

チリッチも状態が悪いなりに3セット目は驚異的な粘りを見せました。 これまで4強もなかったというのが不思議なくらい、チリッチは芝のテニスにフィットしていて、さすが決勝まで上がってきたという内容でした。 ただこの日はコンディションと、何より相手が悪かった。 チリッチの今後のウィンブルドンタイトル獲得も十分にあるという2週間でした。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

伝説の瞬間と、差し掛かる焦燥感(その1)

BIG4にビッグタイトル(GS・MS)を独占されている状態であれば、「それ以外の選手」がランキング上位にいくには、年間を通して安定して成績を残す必要があるというだけ。そしてそれはランキングが現行制度になってから何も変わっていない(年間の調子の波が大きいバブリンカが上位にこれるのも、ビッグタイトルに強いところが大きい。チリッチもそのタイプかな)。
ナダルがWB以降を怪我で休んだ2012年も年末ランキングは4位に留まったのは、それまでにビッグタイトルを取っていたからだし、フェデラーが怪我と不調に苦しんだ2013年はビッグタイトルに縁がなかったから6位まで落ちた。

ポイントで支配力を語る場合、BIG4時代は、現行ランキング制度で完全に上位を独占していた2009~2012と、BIG4の中から怪我や蓄積疲労によって本来の能力を発揮できずtop4から落ちる者が毎年出るようになった2013~で少し異なっている。
ただ、変わらないのは、その年の調子のいい選手がBIG4の中で更に突き抜けた成績を残していること。上位2人の合計のランキングポイントは2万超えするのが常態化している(2009年は少し足りなかったかも)。

ナダルやフェデラーが怪我で昨年後半をほぼ休んでいる状態から、続けてマレー・ジョコの不調時期が来たのでランキングポイント上はそこまでずば抜けてないように見えるけど、レースポイントで見れば、相変わらずBIG4の内で調子の良い2人がポイントを独占しているのも変わってない。

ただ、来年以降、怪我を乗り越えてマレー・ジョコが復活するのか、ナダルやフェデラーはいつまで調子を維持するのかは読めない。みんな人外だし。特にフェデラー。
ただ、BIG4のうち少なくとも2人が本来の能力を発揮し続けている状況であれば、ツアーが彼らに支配され続けるのは変わらないだろう。

こんな記事も読みたい

―大会レポート― 最終日 フェデラーが通算8度目、メジャー通算19度目の優勝【ウィンブルドンテニス2017】

フェデラーの徹した戦略が導いたV8 ウインブルドン2017決勝【change-the-flow】

1セットも落とさずフェデラーが完璧な優勝、涙と執念を見せたチリッチを圧倒(ウィンブルドン2017)【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-icontwosetdown

  • 昨日のページビュー:2453
  • 累計のページビュー:28220955

(07月22日現在)

関連サイト:オフィシャルツイッター(開設しました)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 試合結果とは違うこの試合が示す「その先」へ(2015カナダSF)
  2. 歴史は変わった~錦織圭、そしてラオニッチの初ツアーファイナルズがもたらすもの~
  3. 近づいてきた頂点の景色と、今後の希望(2016マドリードSF、ローマSF)
  4. 全仏のシード争い過熱!4月4週とランキング予測
  5. その時、新しいテニスがコートに降りた(2016マドリードQF)
  6. 目にしたその光景は、あまりにも受け入れがたいほどの圧倒だった(2015カナダQF)
  7. AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)
  8. 【ドロー解説】2016全仏OPの展望
  9. 【ドロー解説】2015ウィンブルドンの展望その1
  10. リターンの鬼!難敵挑戦を退けて決勝へ!(2016マイアミSF)

月別アーカイブ

2017
07
06
05
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss