フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

怯懦のリゴに幻滅、大番狂わせの尾川に歓喜!

このエントリーをはてなブックマークに追加

尾川堅一、やりました!ビッグアップセット!!!

IBF世界ジュニアライト級王者決定戦、リングはマンダレイ・ベイ・リゾート&カジノ。アバウト1−6のアンダードッグ、尾川がテビン・ファーマーをスプリットデジションで撃退、大番狂わせを起こしました。

攻勢のファイターが涙を飲む判定が定番のラスベガスでは珍しい、スッキリする判定でした。

次戦は、元王者のジャーボンテ・デービスがほぼ内定。大勝負です。デービス相手では、1−6どころのオッズじゃ済まないでしょうが、敵陣から秘蔵っ子に声援を送るフロイド・メイウェザーを沈黙させてやりましょう!

そして、今日はこの階級で傑出した存在のワシル・ロマチェンコが2階級下のギレルモ・リゴンドーを迎え撃ちました。

マジソンスクエアガーデンのシアターとはいえ、ファンは「ボクシング史上最高の技術戦」と、この日を待ち焦がれた垂涎のカードでしたが…。

当日朝の軽量でロマが137ポンド、リゴ130。試合開始のリング上では、その差はさらに広がっているのを確信できるような両者の体格差でしたが、試合を決したのはパワーではありませんでした。

縦横無尽のフットワークから繰り出される、多彩な角度からの細かく浅い、軽打。ロマチェンコの術中に、まさかあのリゴンドーまでもが、あそこまで簡単に絡みとられてしまうとは予想できませんでした。

それにしても、リゴンドーの棄権には幻滅させられました。技術戦はボクシングの最大の見どころの一つですが、プロボクサーに最も求められる売り物は、勇気です。

リゴンドーが米国で思うように人気が上がらないのはキューバ人だからではありません。 【「大ブーイングを浴びるリゴンドーを可哀想だ、と思う人はいないでしょう」(ESPN)。リゴンドーは、技術的には完璧なボクサーかもしれませんが、勇気を見せることが出来ないというただ一点において、欠陥ボクサーです。ボクシングファンが、心の底から彼に声援を送ることはありえません。】

ロベルト・デュランが誰からも尊敬されるのはシュガー・レイ・レナードに打ち勝ったからではありません、パナマ人である壁も、その勇気の剣で見事に突き破ったからです。

ニカラグアのアレクシス・アルゲリョに米国ファンが熱狂したのは、ハンサムでスタイリッシュだったからではありません、その勇敢な挑戦に感動したからです。

マニー・パッキャオがリングの上で繰り広げた勇気の見本市の前では、フィリピン人であることなど、もはやどうでもいいことになりました。

根深い人種差別の宿痾にもがく米国ですが、ボクシングファンは掛け値なしの勇気を披露するボクサーには、最大限の賞賛と評価を惜しみなく与えます。

確かに、ロマチェンコの真綿で締め付けるようなボクシングに為す術がない事はよく理解できます。ウクライナの冷徹なハイテクは、刺し違える覚悟の一発を打ち込むことすら許してくれません。

しかし、無条件降伏の屈辱を選ぶリゴンドーには、あらためて幻滅しました。

2ラウンドで痛めた拳が砕け散るまで、その拳を振るうべきでした。孤高のキューバ人には、ほんの少しは期待していました。

2階級ジャンプして、多くの専門家がPFP1位に推すロマチェンコに挑む、リングの外で決断したその勇気は称賛されてしかるべきです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

怯懦のリゴに幻滅、大番狂わせの尾川に歓喜!

コメントいただきありがとうございます。ボクシングファンの大先輩にお読み頂けて光栄です。

ロマチェンコやロマチェンコの高等技術は、まさしくスポーツの醍醐味ですが、やはりボクシングは特殊で全盛期のシュガー・レイ・レナードやマニー・パッキャオのように勝利最優先の安全運転を無視して、あえて危険なコースを選んでスペクタクルを見せつけようとするボクサーが好きです。

ロマチェンコにしてもあのスタイルではPPVに乗って大きな報酬を手にするのは難しいと思います。メイウェザーのように極端な憎まれ役のキャラを形成できれば、また話は別ですが。

「怯懦のリゴに幻滅、大番狂わせの尾川に歓喜!」へのコメント

いつも中身の濃いコラムを拝読させてもらっております。当方56歳、ボクシングの熱狂的ファンを自負しております。
言葉ましてや文章にして、このスポーツの面白さ興味深さを表すのは、難しい事、それを貴殿のコラムは奥深いところまで文章化されていていつも(あーこう言うことが言いたいんだ!)と言う要求を満たしてくれています。ありがとうございます。
さて前置きは長くなりましたが、今回のロマチェンコvsリゴンドウの試合は、決まった時から本当に心待ちにしていた試合でした。究極のスピード、技術戦がみれると期待していました。長いアマチュアボクシングの歴史においてトップ5に入る選手同士の試合なんておそらく今までもこの先もない試合だと思ってました。強打者とKOアーチストとは違う何が違うかと言うのは結局スピードテクニックだと思います。そして試合内容ですが、皆んなが言われてるような凡戦ではなく、ジャブ、フェイントの掛け合いが実に魅力的な試合だったと思います。リゴンドウの左がもしカウンターで当たったら〜とか、いくらロマチェンコでも容易に中に入らないだろうとか〜戦前当方が予想していた全てを網羅してのロマチェンコの戦法でした。右回りで左パンチを警戒してでもジャブを当てれるロマチェンコ。そしてその左パンチを見切る自信がついてからの左周りに変えてからのロマチェンコの変幻自在なテクニック。リゴンドウは、2000年アテネ五輪で日本のエース辻本に15-0のRSC勝ちした時の様な遠い距離から踏み込む左ストレートもロマチェンコは、見切れたと思います。反則すれすれのクリンチも誰も届かなかった極端に低いダッキングも、あの細かく速いフットワークと細か過ぎる位の高速ブローには、通用しませんでした。貴殿のコラムにあったようにそれこそ真綿で締め付けるようなテンポアップに、KO負けしか想像出来なくなった末の必然的な棄権だったと思います。プライドが高い故の負け方だったのだと。
もうリゴンドウと試合を作りたいプロモーターも強くてやり難い割には人気がなくそれ故に高いファイトマネーを望めない相手選手もいなくなり引退しかないだろうと思います。一方、ロマチェンコについては、更に進化させてもらいメイウェザーと究極的にどちらの方がより優れたボクサーかと論議を呼ぶようなテクニシャンになってほしいと願っています。

こんな記事も読みたい

観戦記1373 UFC214 ウェルター級王座戦 タイロン・ウッドリーvsデミアン・マイア【人生マイペンライ】

大橋がKO勝利で新王者に!【角海老-ボクシングコラム】

日馬富士だけが辞めてもトカゲのしっぽ切り 伊勢ケ濱親方の責任は重大 白鵬の増長を許した相撲協会 偏向報道を繰り返すメディア、横野レイコ【極上の“T-1二見激情”見参】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1618880

(01月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  5. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  6. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss