たまにテニス

錦織選手 マイアミ大会 2回戦 好発進!

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿が遅くなりました。 錦織選手、今大会は好条件が揃っています。ジョコビッチ選手・マレー選手の欠場。そして、シード選手の早期敗退。錦織がこの好機をものに出来るか注目です。 さて、錦織選手の初戦(2回戦)の相手は世界74位のケビン・アンダーソン選手。怪我でランキングを落としているとはいえ元世界10位の選手。そして2015年上海マスターズでは錦織選手をストレートで破っている相手です。 結果は、6-4,6-3で錦織選手のストレート勝ち。 内容を振り返ってみます。

gp8

ゲームパワー(GP)指数から見ていきます。ゲームパワーは理想的な数値です。 錦織選手とアンダーソン選手のゲームパワー(GP)の差は0.69です。両者の力の差が十分だと言える0.40を大きく上回る差です。ゲームを獲得する力、安定性に大きな差があったと言えます。 特に、リターンゲームパワー(RGP)の差が著しくあります。錦織選手は1回のリターンゲームに対して2.7ポイント獲得していたのに対して、アンダーソン選手は僅かに1.11ポイントしか獲得できませんでした。 これは数字上でいうと錦織選手がほぼ毎回リターンゲームでデュースにもつれさせるパワーがあったのに対して、アンダーソン選手はリターンゲームで1ポイントずつしか奪うパワーがなかったということです。 このリターンゲームパワー(RGP)を裏付けるデータとしてウィナー数の内訳です。 錦織  W10(バック3 フォア6 サービス1) アンダーソン W15(バック0 フォア5 サービス10) アンダーソン選手がサーブを主体としたウィナーしか奪えていないのに対し、錦織選手はバック・フォアで満遍なくウィナーを奪えています。ストロークで優位に立っていたことを表しています。そして、ストロークで優位に立てるということはリターンゲームを支配する力が大きいということです。 もう一つ、錦織選手がストロークで優位に立てていたことを示すデータです。 5回未満のラリー  錦織:36 アンダーソン:41 5~9回のラリー  錦織:17 アンダーソン:7 10回以上のラリー 錦織:10 アンダーソン:2 以上の様に、ストロークの優位さがリターンゲームパワー(RGP)を大きく押し上げた要因になっています。 また、逆説的ですが、アンダーソン選手からすると自分の強みである強力なサーブを主体としたショートポイントを奪うプレーが思ったより出来なかったことも錦織のリターンゲームパワー(RGP)を高めた要因でもあります。

sr1

サービスウォンでも差が出ています。毎試合この様にサービスの要素が好調である訳ではありませんが、やはりサービスゲームで優位が築けるとリターンゲームでも自分の強みを発揮でいるプレーが出来るという好循環を生み出します。 3回戦のベルダスコ戦も錦織選手が高パフォーマンスを発揮できるか注目したいところです。



ブログもやっています。 たまにの暮らし―tamany 人生について色々な視点で語っています。 よかったら覗きに来て下さい。 Twitterもやってます。 Tama@tamany365

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
GP
試合分析
テニス
タグ:
テニス

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

落ち着いた丁寧な展開で初戦突破 錦織の新しいフォアハンドについて マイアミ・オープン2017 R64【change-the-flow】

【2017マイアミ2R】錦織選手 初戦、強敵に完勝!3回戦以降の道が怖いぐらいに開けてる、、【"テニス"感覚観戦】

錦織のいるボトムハーフ・ドロー 4回戦、準々決勝で対戦可能性があるシード勢が全員姿を消す!?(マイアミ・オープン2017)【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-icontamany365

テニスを愛しています。
テニスの試合をスタッツ分析するのが趣味です。
新しいスタッツ分析指標、SCR%(実質支配率)とGP(ゲームパワー)、M評価を発案しました。
*SCR%はSMCIの改訂版です。
現在はTSA(テニススタッツ分析)の基本7表を用いて分析しています。
*TSA基本7表とは「得点内訳表」「失点内訳表」「得失点表」「自ポイント内訳表」「ゲームパワー表」「アタック評価」「ポイントパフォーマンス」のこと
Twitterもやってます。
ブログの方もぼちぼちやってます。
「たまにの暮らし―tamany」
https://tamany365.com/
【用語早見表】記事の用語、略語を一覧です。
a~ A選手の~
b~ B選手の~
TPP 総ポイント、試合でプレーされた全ポイント
TPW 総得点、獲得ポイント
* TPWは【TPW=W+OUE+OFE】
W ウィナー
OUE 相手のアンフォーストエラー
OFE 相手のフォーストエラー
OW 相手のウィナー
EP エラー(アンフォーストエラー、フォーストエラーの区別なし)
OEP 相手のエラー
UE アンフォーストエラー
FE フォーストエラー、強いられたエラー
TEP 総エラー、両選手のEPの合計
SCR 実質支配率 有効ポイントの数も表している
*SCRは【TPW-EP=SCR(有効ポイント)】
AP 積極的な攻撃、【AP=W+OFE】
AM アグレッシブマージン、精度と質の高いポイント【AM=AP-UE】
OwnPoints(Owp) 自分由来のポイント
*OwnPointsは【OwP=W+UE+FE】
UE対AP 1つのUEからどれぐらいのAPが生まれるかの効率 積極性効率
EP対TPW 1つのEPからどれぐらいのTPWが生まれるかの効率 得点効率
GP ゲームパワー、ゲームを獲得する力、その安定性
SGP サービスゲームパワー
RGP リターンゲームパワー
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:271792

(11月06日現在)

関連サイト:「たまにの暮らし-tamany」

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 西岡選手 IW大会 激闘とあと1ポイント
  2. データで見る 杉田選手アンタルヤ初優勝の快挙!
  3. 実質試合支配指数(SMCI)の提案と概要
  4. リオオープン SMCI指数から見る錦織初戦敗退の要因
  5. データで見る ウィンブルドン2017決勝 フェデラーvsチリッチ
  6. 過去52週のTOP30選手のゲームパワー指数と世界ランク
  7. 錦織選手 IW大会 3回戦 完勝!
  8. 2017/6/24 世界ランクとGPランキング
  9. データで見る ウィンブルドン3回戦 錦織の敗因
  10. データで見る 錦織選手ウィンブルドン2回戦突破

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

Twitterもやってます。テニスや人生のことを呟いています。 Tama@tanany365 https://twitter.com/tamany365

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss