今日も神宮

東都“観光”

このエントリーをはてなブックマークに追加

【NO.35 2017/5/17 亜細亜大 1-2 國學院大 神宮球場 平成29年度 東都大学春季リーグ戦1部】 【No.36 2017/5/17 中央大 3-2 専修大 神宮球場 平成29年度 東都大学春季リーグ戦1部】  年に一度はあるが二度はないかもしれない東都の観戦は、六大学の観戦を“出勤”とすれば“観光”。

 前日から雑誌やサイトなどでしっかり下調べしてから神宮へ。  めったに来るわけではないので、順位、勝敗には関心がない。ドラフト候補、高校時代から見ている選手など気になる選手などお目当ての選手をひたすらチェックする。  第1試合は、國學院の山崎 剛(4年 日章学園)、諸見里 匠(4年 沖縄尚学)、亜細亜では嘉陽 宗一郎(4年 松山聖陵)、高橋 遥人(4年 常葉橘)のドラフト候補のピッチャー、頓宮 裕真(3年 岡山理大附)、北村 拓己(4年 星稜)あたりを中心に。東都の“安打製造機”山崎はうまいミートで2安打、諸見里のスピード感のある守備はノックのときから目を引いた。嘉陽は随分とおとなしいピッチング。スケール感がなくなっているような感じでもったいない。高橋遙はコントロールに苦しんでいるとは聞いていたが、この日はバッター一人だけだったのでよく分からなかった。頓宮は本来のキャッチャーではなく、ファーストで出場し、4番で2安打。

國學院大・山崎 剛(4年 日章学園)  動画

 第2試合。この春、評価が急上昇しているという中央大の最速152キロ右腕・鍬原拓也(4年 北陸)。去年までは球の速さだけが印象に残っていたのだが。バッターやケースによって力を加減しながら投げるストレート(最速は147km/h)、内外に投げ分けるスライダー、空振りのとれるチェンジアップ。見ないうちにバランスのとれた投手になっている。ドラフト上位候補と言われるのも納得。

ドラフト候補の最速152キロ右腕・鍬原拓也(中央大)  動画

 11球団そろっていたと言われるNPBのスカウトたちの目玉は鍬原だったかも知れないが、“観光”の目玉は「サニーブラウンに勝った男」五十幡 亮汰(1年 佐野日大)。中学時代に陸上日本選手権100メートルと200メートルで優勝。同じ種目に出ていたサニーブラウンに完勝したという韋駄天。3月の明治とのオープン戦ではちらっと見てはいたがそれは「予告編」。この日が「本編」。  1番・センターで出場した五十幡は5打数ノーヒットながら、脚で楽しませてくれた。第3打席のサードゴロでエラーを誘って出塁し、盗塁。第4打席のショートゴロ、第5打席のファーストゴロでも一塁到達タイムが3.8秒~3.9秒。凡打でもワクワク、ドキドキさせてくれる。

中央大・五十幡亮汰(1年 佐野日大) 動画

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
大学野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017年東都大学野球1部春季第7週(國學院大×亜細亜大 中央大×専修大)【北のお部屋】

正論って恵まれている奴が振りかざす贅沢 札幌学生野球2017春季~星槎道都大×札幌大 第2戦【僕の中の大投手 諭】

JABA北海道東北大会 決勝トーナメントの試合結果・感想・写真【井戸掘り野球観戦記】

ブロガープロフィール

profile-icontamahahaki

  • 昨日のページビュー:93
  • 累計のページビュー:18698

(05月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 古田式・ワンランク上のプロ野球観戦術 (朝日新書)
  2. 清宮、5打席連続三振
  3. 『ビッグデータ・ベースボール』トラヴィス・ソーチック (著)角川書店
  4. 『勝てる野球の統計学――セイバーメトリクス』 鳥越規央(著) 
  5. 『野球×統計は最強のバッテリーである - セイバーメトリクスとトラッキングの世界』データスタジアム株式会社 (著) (中公新書ラクレ)
  6. スカウト・デイズ 本城 雅人・著 (PHP文芸文庫)
  7. 神宮納め
  8. 『野球崩壊 深刻化する「野球離れ」を食い止めろ!』広尾晃 (著) イースト・プレス
  9. 不敵な笑みでラストボール
  10. 宮台9K完封

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss