一義流 スポーツ観戦

井手口のミドルシュートを強力にする、「柔→剛」にする意識。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 E−1、北朝鮮戦は、井手口陽介選手の強烈なミドルシュートで勝利を収めました。

 あの比較的小柄な体格で、何故、あそこまで強烈なミドルシュートを放てるのか? 体意識に焦点を当てて解説します。

 シュートモーションは、極めてコンパクトです。モーションが大きくなれば、その分、相手チームに時間的な余裕を与えます。ほんのコンマ1秒かそれ未満の差で、コースに入られてブロックされるか、枠に飛ばせるかが分かれます。

 ですから流れの中でのシュートは、最小限のモーションと威力とを両立させなければなりません。柔軟な筋肉が全身で連動して、体幹部のパワーを脚に伝えて鞭のように鋭くスイングさせます。

 その際、北朝鮮戦のミドルシュートは、柔から剛への意識が見事でした。

 モーション時は、脱力して筋肉を柔らかくしてスピーディーに連動させます。しかしそのままインパクトすると、その衝撃を全身の筋肉で吸収してしまいます。だからインパクトの瞬間だけは、全身を瞬時に固めて、ボールに強い衝撃を加えます。この柔→剛への切り替えが、実に素晴らしい。youtubeなどでフォームすると、インパクト前のモーションには柔らかさを感じるに対して、インパクト時からフォローには固さを感じると思います。ぜひ、確認してみてください。オーストラリア戦でのゴールも、凄かったですよね。  




 見るだけで体が変わる魔法のイラスト──健康になる! 運動能力が上がる!(自由国民社)

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

韓国戦(女子) 【 SBの戦力不足は続いているが決定力は発揮した。 】【FCKSA66】

どうにかしようとする努力が足りない〜韓国代表vs中国代表(12月9日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

E-1選手権、メンバー発表の儀。【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

ブロガープロフィール

profile-icontakabo719

一義流 筋力補正法 の小池義孝です。実績のある気功療法を応用した、筋機能を強化させる施術を行います。そんな僕から見た、スポーツ観戦、雑感です。


http://www.kin-hosei.com
  • 昨日のページビュー:5
  • 累計のページビュー:66513

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 井手口のミドルシュートを強力にする、「柔→剛」にする意識。
  2. 腿上げは時代遅れ?
  3. 美しい、イチローのバッティングフォーム
  4. 長谷川穂積、桁違いのスピードとキレ
  5. 山本優弥の戦いぶり
  6. ストライカー 青木真也
  7. 魔裟斗は強いやね
  8. 浅田真央 以前は感動したのに……
  9. 上田桃子 ウエッジ操作の腕意識
  10. 機能美とプロレス

月別アーカイブ

2017
12
2009
09
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss