ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ

長い時を経て ~FC東京戦レビュー~

このエントリーをはてなブックマークに追加

0.まえがき

3年前の4月に初投稿してから、3回目の記事で、私は初めて試合のレビューを書きました。 それは、パソコン版で1ページに収まる、とてもシンプルなものでした。 以来、書き続けてきたレビューは、いつの間にか長く細かい内容になっていきました(笑)。

そんなレビュー記事も、スポナビブログでは今回が最後になります。相手はFC東京。 奇しくも、私が最初にサンフレッチェのレビューを書いたのも、FC東京との試合でした。 当時、FC東京はフィッカデンティ監督を迎えたばかり。彼は今、サガン鳥栖で指揮を執り、FC東京は来期、長谷川健太新監督を迎えます。 時の流れとは、かくも予期できぬものなのか。

これから遅ればせながら、このレビューに取り掛かるのですが、今のところ、「これが最後」という感慨はさほどありません。 この記事を書き終えたとき、私が何を思うのか、まだ全く、想像がつきません。

1.無念の残るテレビ観戦

2017年11月26日、日曜日。 サンフレッチェ広島-FC東京の試合は、NHK広島の生中継をテレビの前で観戦しました。 とうとう今年は、サンフレッチェの試合をスタジアム観戦できませんでした…

そんなホーム最終戦、広島は前節と同じスタメンでしたが、ベンチにカズが戻って来ました。 彼の復帰は非常に大きく、頼もしい限りだと思いました。

一方のFC東京は、レンタル中のウタさんが出場不可だった他、大久保嘉人がケガのため帯同していない状況でした。 しかし、話題の久保建英がベンチに入りました。果たして、出場成るか?とても気になりました。

2.優勢に進める

キックオフからしばらくは、広島がイニシアチブを取って試合を進めていました。 特に最初の5分までの間に、両サイドから1回ずつ、クロスからのチャンスを作り出していたのは、とても良い傾向だと思いました。

FC東京が前からはめてくると、少しヒヤリとする部分もありましたが、総じて、広島のキープ力が上回っていました。 私の目には、FC東京側がボールの取り所に苦労しているように見えました。

そして目に付いたのは、フェリペ・シウバが守備意識の高さを見せていたところでした。

3.機能した中盤の距離感

前半20分頃に、一旦はFC東京の時間帯が来ましたが、致命的なピンチには至らず、程なく、広島がペースを取り戻しました。 これは、フェリペ・シウバやカシッチ、シバコーなどで構成する中盤の、距離感が良くなったことが利いているのでしょう。 特に、ボール回しの部分でフェリペ・シウバが利いている、と感じました。

それにしても、カシッチの移動距離がハンパなかったですね。 左サイドの前めの位置から、右サイドに移動して自陣に戻り、守備をした直後にまた前線へ、とか、いい意味で「何なんだろうな」と思わず笑ってしまいました。

4.休戦状態

前半の終わり近くになり、相変わらずボールを保持して優勢に進めるサンフレッチェでしたが、相手陣内でのプレーが多い割には膠着した状態になってきました。 若干の小休止、という感じだったのかもしれませんが、優位な内に得点を取れずに苦労する、という場面を今年イヤと言うほど見せられただけに、少し心配でした。

しかし、幸いと言うか、相手のFC東京から覇気が感じられなかったので、それは助かりましたね。 何しろ、ほとんど永井一本でしか来ないので、カウンター以外はあまり怖くありませんでした。

5.押し込んだこその先取点

広島が待望の先制点を取ったのは、前半終了間際のATだったでしょうか。 フェリペ・シウバが右サイド寄りのボックス手前からフリーでシュートを放ったところまでは、私も確認できました。 しかし次の瞬間、ボールがゴールインするまでの一瞬は、自分の肉眼では見定められませんでした。 ただ誰かに当たって入った、ということしか分からなかったのです。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サンフレッチェ広島
Jリーグ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【浦和レッズ】12/9 Jリーグ7位 vs UAE1位【スポーツが好き過ぎて】

【白鳥城の騒霊】なぜ新潟は2013年のアルビスタイルを失ってしまったのか? ~アルビのJ2降格の原因を深掘りしてみた~【白鳥城の騒霊】

J1大宮のJ2降格について 【J OKAYAMA】【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

2017シーズンを終えて【ピッチに紫の風が吹く】

【広島】残留決定の安堵と、背反する想い【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

J1残留、そしてミカ、ありがとう。【ピッチに紫の風が吹く】

画竜点睛の差 ~川崎戦レビュー~【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

Jリーグホームスタジアム訪問記~サンフレッチェ広島~【This is J-league】

ブロガープロフィール

profile-icontacker

森保元監督と同学年(面識はない)。広島在住のスポーツファンです。

自分のカラーを出しつつも、いいブログの長所は取り入れ、ハテナなブログがあれば他山の石として、明るいブログにしたいと思います。

※基本、敬称略でお送りしています。
  • 昨日のページビュー:77
  • 累計のページビュー:1580126

(01月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 今さらですが有馬記念寸評
  2. なんか十両がとんでもないことになっとる! ~10日目終わりに気付いたこと~
  3. キタサンブラックは間違っていなかった ~宝塚記念雑感~
  4. 今さらですが有馬記念寸評2015
  5. とんでもない十両、その後。 ~夏場所を終えて~
  6. 今さらですが有馬記念寸評2016
  7. 日本ダービーと青葉賞の違いを考えてみた ~個人の感想です(笑)~
  8. 大相撲トーナメントの40年を繙いてみた
  9. 2017年日本ダービー 備忘録的コメント
  10. 年度代表馬について考えてみた

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss