夢をもう一度、Re:Get the flag!

プロ野球・横浜ベイスターズ(現・横浜DeNAベイスターズ)を応援するブログです。 シーズン中は試合に対しての考察を、また素人目線で分かる限りの分析を。 秋口からは来季への期待、またの名を希望的観測も書いていこうかと予定しております。

szk7_337

 1995年頃からのベイスターズファン。鈴木尚典選手に注目して試合を見始め、そこから本格的にこのチームの試合を追い始める。 長いこと試合を見てきたが、基本的にあんまり深いことを考えない。 チームがどんなときも、基本的に良いとこ もっと見る
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1369315
  • (09月20日現在)

最新の記事

レギュラーシーズン:17/09/18、対東京ヤクルトスワローズ

ベイスターズ4-2スワローズ 勝利投手:三上 敗戦投手:近藤 セーブ:山﨑康 ピックアップ:09/18(月)、DB-YS 先発投手:ウィーランド(6回2自責、QS) リリーフ:三上(無自責、無四球)、パットン(パーフェクト)、山﨑康(パーフェクト) 先発野手:ロペス(1安打、1打点)、嶺井(2安打、1打点)、石川(1打点)      倉本(1安打、1打点) 途中出場:乙坂(四球) ※日曜日の試......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/09/16、対読売ジャイアンツ

ジャイアンツ0-1ベイスターズ 勝利投手:井納 敗戦投手:マイコラス セーブ:山﨑康 ピックアップ:09/17(土)、YG-DB 先発投手:井納(6回無自責、QS) リリーフ:田中健(無自責、無四球)、パットン(パーフェクト)、砂田(パーフェクト)      三上(パーフェクト)、山﨑康(パーフェクト) 先発野手:梶谷(1安打、1打点)、ロペス(2安打) 途中出場:田中浩(犠打) ※「タフなゲ......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/09/12、対広島東洋カープ

カープ1-3ベイスターズ 勝利投手:ウィーランド 敗戦投手:野村 セーブ:山﨑康 ピックアップ:09/12(火)、C-DB 先発投手:ウィーランド(6回1自責、QS) リリーフ:田中健(パーフェクト)、エスコバー(無自責、無四球)、山﨑康(パーフェクト) 先発野手:ロペス(2安打、3出塁)、梶谷(2安打、3出塁)、嶺井(1打点)      倉本(2安打、2打点) 途中出場: ※もう少し得点をあ......続きを読む»

先週(17/09/05-17/09/10)の打撃成績まとめ

 先週の成績:2勝4敗(-2)  先週の得点(試合別、勝敗つき):4○、1○、1●、3●、1●、6●  総得点:16点 1試合あたりの平均得点:2.67点 ※平均得点3点以下は、いくらなんでも少なすぎます。良く二つ勝てた、というものです。 6点取った日曜日の試合を勝ちきれなかったのは、非常に痛かったですね。   以下、個人成績を見ていきます。  ※ポジションごとに、打数順に並んでいます。   ......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/09/08-10、対阪神タイガース

タイガース8-3ベイスターズ 勝利投手:岩崎 敗戦投手:井納 タイガース2x-1ベイスターズ 勝利投手:藤川 敗戦投手:田中健 タイガース7x-6ベイスターズ 勝利投手:ドリス 敗戦投手:三上 ※きつい三連戦でした。率直に言って、2試合連続のサヨナラ負けを含む三連敗は 気分が沈んでしまうものですが、二戦目で打線がもう少し働くか、三戦目で濱口選手が もう少し良いピッチングをしていれば、この......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/09/06、対東京ヤクルトスワローズ

ベイスターズ1x-0スワローズ 勝利投手:田中健 敗戦投手:松岡 ピックアップ:09/06(水)、DB-YS 先発投手:飯塚(7回無自責、HQS) リリーフ:砂田(パーフェクト)、パットン(パーフェクト)、山﨑康(無自責、無四球)      田中健(パーフェクト) 先発野手:桑原(2安打)、筒香(1安打、3出塁)、宮﨑(2安打、1打点)      戸柱(2安打、3出塁) 途中出場:石川(安打) ......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/09/05、対東京ヤクルトスワローズ

ベイスターズ4-0スワローズ 勝利投手:ウィーランド 敗戦投手:石川 ピックアップ:09/05(火)、DB-YS 先発投手:ウィーランド(6回無自責、QS) リリーフ:エスコバー(無自責)、パットン(無自責、無四球)、山﨑康(パーフェクト) 先発野手:筒香(1安打、1打点)、ロペス(2安打)、宮﨑(1安打、4出塁) 途中出場:後藤(1安打、2打点) ※ウィーランド、石川、両先発投手の見ごたえの......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/09/03、対読売ジャイアンツ

ベイスターズ1-0ジャイアンツ 勝利投手:濱口 敗戦投手:マイコラス セーブ:山﨑康 ピックアップ:09/03(日)、DB-YG 先発投手:濱口(8回無自責、HQS) リリーフ:山﨑康(無自責、無四球) 先発野手:桑原(2安打)、柴田(1安打、1打点)、倉本(2安打) 途中出場: ※参考 ピックアップ:09/01(金)、DB-YG 先発投手:井納(6.2回2自責、QS) リリーフ:田中健(パー......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/08/30、対中日ドラゴンズ

ドラゴンズ3-6ベイスターズ 勝利投手:飯塚 敗戦投手:大野 セーブ:山﨑康 ピックアップ:08/30(水)、CD-DB 先発投手: リリーフ:砂田(無自責、無四球)、パットン(パーフェクト)、山﨑康(パーフェクト) 先発野手:筒香(2安打、3出塁)、ロペス(2安打、4打点、3出塁)、宮﨑(3安打、1打点)      嶺井(3安打、1打点) 途中出場:松本(安打) ※火曜日の逆転負けは非常に痛......続きを読む»

先週(17/08/22-17/08/27)の投手成績まとめ

 先週の成績:5勝1敗(+4)  先週の失点(試合別、勝敗つき):5○、6○、4○、6○、5●、3○  総失点:29点 1試合あたりの平均失点:4.83点  5勝1敗で終えた先週ですが、平均5点近い失点が示すように、投手陣に関しては とても褒められたものではない週でした。3失点以下に抑えられた、仕事をした、と いうべきゲームは1試合に過ぎず、一方で、5失点以上を喫したのは4試合もあります。 打線......続きを読む»

先週(17/08/22-17/08/27)の打撃成績まとめ

 先週の成績:5勝1敗(+4)  先週の得点(試合別、勝敗つき):6○、7○、5○、8○、4●、7○  総得点:37点 1試合あたりの平均得点:6.17点  平均点、6点以上。最小得点、4得点という、圧巻の週でした。それは貯金も増えるという ものです。5点以上取った試合は全勝です。チーム状態如何に関わらず、5点前後が 勝敗のボーダーラインになってくることは変わらないかと思います。今後も、平均5得......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/08/27、対東京ヤクルトスワローズ

スワローズ3-7ベイスターズ 勝利投手:濱口 敗戦投手:山中 ピックアップ:08/27(日)、YS-DB 先発投手:濱口(6.1回3自責、QS) リリーフ:砂田(パーフェクト)、パットン(パーフェクト)、山﨑康(パーフェクト) 先発野手:桑原(3安打、3打点)、筒香(2安打、3出塁)、ロペス(1打点)      梶谷(3安打)、高城(3安打、1打点)、倉本(2安打、2打点) 途中出場: ※打線......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/08/26、対東京ヤクルトスワローズ

スワローズ5-4ベイスターズ 勝利投手:小川 敗戦投手:尾仲 セーブ:ルーキ ※昨日の記事でも触れましたが、小川選手は簡単に打てる投手ではありません。それでも 二度のビハインドを追いついた打線の粘りには、明るい材料があります。 石田選手も、過去二度の登板と比較すれば悪くない内容でしたが、昨日に限っては、 もう少し長いイニングを投げて欲しかった、というのが正直なところです。 ピックアップ:08/......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/08/25、対東京ヤクルトスワローズ

スワローズ6-8ベイスターズ 勝利投手:井納 敗戦投手:ブキャナン セーブ:山﨑康 ピックアップ:08/25(金)、YS-DB 先発投手:井納(6回1自責、QS) リリーフ:平田(被安打0、無自責) 先発野手:桑原(1安打、1打点)、柴田(2安打、1打点)、筒香(3安打、4打点)      ロペス(3安打)、嶺井(1安打、2打点) 途中出場:田中浩(四球) ※6回までは2-1と、投手戦の様相を......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/08/24、対広島東洋カープ

ベイスターズ5x-4カープ 勝利投手:山﨑康 敗戦投手:中﨑 ピックアップ:08/24(木)、DB-C 先発投手: リリーフ:尾仲(無自責、無四球)、エスコバー(無自責、無四球)、山﨑康(パーフェクト) 先発野手:柴田(2安打)、筒香(2安打、1打点)、ロペス(1安打、2打点)      梶谷(1安打、1打点)、倉本(1安打、1打点) 途中出場:松本(死球)、後藤(二塁打) ※ターニング・ポイ......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/08/23、対広島東洋カープ

ベイスターズ7x-6カープ 勝利投手:エスコバー 敗戦投手:中田 ピックアップ:08/23(水)、DB-C 先発投手: リリーフ:田中健(無自責、無四球)、砂田(無自責)、エスコバー(無自責、無四球) 先発野手:筒香(1安打、1打点)、ロペス(3安打、2打点)、戸柱(2安打、1打点、3出塁)      梶谷(1安打、1打点、3出塁)、ウィーランド(1安打、1打点)、倉本(2安打、3出塁) 途中出......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/08/22、対広島東洋カープ

ベイスターズ6x-5カープ 勝利投手:尾仲 敗戦投手:今村 ピックアップ:08/22(火)、DB-C 先発投手: リリーフ:平田(パーフェクト)、尾仲(パーフェクト) 先発野手:柴田(2安打)、筒香(2安打、2打点)、ロペス(1安打、2打点)      宮﨑(1安打、1打点) 途中出場:嶺井(本塁打、1打点) (あとで追記します。今はこの印象を書きとめておきたいです) ※もしシーズンにターニン......続きを読む»

先週(17/08/16-17/08/20)の打撃成績まとめ

 先週の成績:2勝3敗(-1)  先週の得点(試合別、勝敗つき):3○、4○、7●、1●、1●  総得点:16点 1試合あたりの平均得点:3.20点  週末にスイープを喫してしまう、というのは少々記事を書く気力を減じる出来事でしたが、 ともかくトータルでは2勝3敗。貯金は一つしか減らしていません。  ただ、打線全体で見ると平均3.2点と、少ない、と言ってしまって良い週でした。 それだけに、7点を......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/08/17、対中日ドラゴンズ

ベイスターズ4-1ドラゴンズ 勝利投手:今永 敗戦投手:バルデス セーブ:山﨑康 ※今永選手が、全く心配のいらない投球を見せてくれました。打線も初回に3点を先制、 7回に1点を追加し、9回を3点リードで迎える、盤石の試合展開でした。 ピックアップ:08/17(木)、DB-CD 先発投手:今永(7回無自責、HQS) リリーフ:三上(パーフェクト)、山﨑康(無自責、無四球) 先発野手:桑原(3安打......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/08/16、対中日ドラゴンズ

ベイスターズ3x-2ドラゴンズ 勝利投手:山﨑康 敗戦投手:岩瀬 ピックアップ:08/15(水)、DB-CD 先発投手:ウィーランド(7回2自責、HQS) リリーフ:エスコバー(パーフェクト)、山﨑康(無自責) 先発野手:ロペス(2安打、1打点)、倉本(2安打、1打点) 途中出場:白崎(二塁打)、嶺井(四球)、柴田(四球) ※8回までは荒天の中、ちょっとミスも出つつも投手戦の様相を呈していたの......続きを読む»

先週(17/08/08-17/08/13)の投手成績まとめ

 先週の成績:3勝3敗(0)  先週の失点(試合別、勝敗つき):8●、2○、1○、8●、2●、2○  総失点:23点 1試合あたりの平均失点:3.83点  先週は、3-3の五割で終えました。一試合あたりの失点で見ると、4点未満ですから 中々良い成績ですが、投手陣で勝つ、というには不十分でしたね。5失点以上を喫した、 投手陣で負けた、と言って良い試合が二試合。他の4試合は3点以下に失点を抑える、 ......続きを読む»

先週(17/08/08-17/08/13)の打撃成績まとめ

 先週の成績:3勝3敗(0)  先週の得点(試合別、勝敗つき):5●、7○、6○、1●、1●、8○  総得点:28点 1試合あたりの平均得点:4.67点  先週は3-3の五割で終えたベイスターズ。打線の状態で言うと、平均4.5点を超える ペースで得点していますから決して悪くはありませんが、打線で勝つ、というには少し足りず、 また1得点に抑えられた負け試合が二つ、というのは反省点かと思います。 ......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/08/13、対阪神タイガース

ベイスターズ8-2タイガース 勝利投手:濱口 敗戦投手:松田 ※まだ直接対決を8試合も残しているとはいえ、この時期に3連敗を喫して5ゲーム差を 付けられては、順位争いがどうの、などと言える状況ではなくなりますから、とにかく 一つ勝ててよかった、と言うべきでしょう。今週水曜日のスワローズ戦や先週金曜日のカープ戦、 また昨日の試合のように、相手チームがテスト的に先発投手を起用した試合は、マッチアップ......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/08/10、対東京ヤクルトスワローズ

スワローズ1-6ベイスターズ 勝利投手:今永 敗戦投手:石山 ※最終的には5点差が付きましたが、7回までは非常に緊迫した投手戦でした。 今永選手も、スワローズの星選手も、集中した投球を見せ、両チーム、ミスのないゲームを 行えていました。先にミスした方が負ける、という展開で、スワローズ側に先にミスが 生まれたわけですが、そこに至るラミレス監督の打った布石が、しっかりと機能したからこその 逆転勝ちで......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/08/09、対東京ヤクルトスワローズ

スワローズ2-7ベイスターズ 勝利投手:ウィーランド 敗戦投手:梅野 ※こちらの先発投手が最も安定感のあるウィーランド選手、スワローズが高卒ルーキーの梅野選手と いうことで、先発投手のマッチアップとしては、是が非でも勝ちたいゲームでしたが、 打線が7安打7得点と非常に効率のいい攻撃を見せ、危なげなく勝つことが出来ました。 今季、一度も同一カード3連敗を喫していない要因の一つには、こういった勝ちた......続きを読む»

先週(17/08/02-17/08/06)の投手成績まとめ

 先週の成績:2勝2敗1分(0)  先週の失点(試合別、勝敗つき):4△、3○、3○、7●、9●  総失点:26点 1試合あたりの平均失点:5.20点  先週は、ホームでドラゴンズ、カープと5連戦。2-2-1の五割で終えています。 勝ち越したかったところですが、ちょっと投手陣は失点が嵩んでしまいました。5失点以上 した試合は全敗ですが、やはりこの辺りが勝敗を分ける分水嶺でしょう。5点取られて、 ......続きを読む»

先週(17/08/02-17/08/06)の打撃成績まとめ

 先週の成績:2勝2敗1分(0)  先週の得点(試合別、勝敗つき):4△、4○、13○、4●、4●  総得点:29点 1試合あたりの平均得点:5.80点  先週は、ドラゴンズ、カープとホームで5連戦を行い、2-2-1で五割の成績でした。 出来れば勝ち越したかったのですが、週の後半に先発投手が崩れてしまっては勝つのは難しいですね。 打線は、かなり調子の良い週でした。13点の大勝があるので平均得点が......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/08/04、対広島東洋カープ

ベイスターズ13-3カープ 勝利投手:石田 敗戦投手:高橋樹 ※久々の大勝で、連勝です。初回早々に3点を先制されたときはどうなることか、と思いましたが、 打線が相手先発・高橋選手を捉えてくれました。昨日の記事で、なかなか5点以上取れていない、 という話をしたのですが、5点どころか10点以上取ってくれましたね。ここのところ 接戦続きでしたが、こういった大差のゲームがないと、どうしてもリリーフ陣の疲......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/08/03、対中日ドラゴンズ

ベイスターズ4-3ドラゴンズ 勝利投手:今永 敗戦投手:吉見 セーブ:山﨑康 ※まずは、勝ててよかったです。初戦が雨で中止、一昨日が引き分けですから、 この一戦にカードの勝ち越しが掛かっていました。二戦で貯金1ですから、 三連戦を二勝一敗で乗り切ったのと同じことです。連敗も長期化させず、3で止める ことが出来ました。戦績が安定しているのは非常に良いことですね。 ピックアップ:08/03(木)、......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/07/30、対読売ジャイアンツ

ジャイアンツ5x-4ベイスターズ 勝利投手:カミネロ 敗戦投手:山﨑康 ※8回までに3点リードの試合を落としたことは非常に痛いです。ただ、こういった 試合も年に数回は必ず起こり得るでしょう。大切なのは、この敗戦を引きずらないことです。 今季のチームは、そういったダメージの収拾は巧みになってきていると感じています。  ジャイアンツには連敗を喫しましたが、先週の頭と比較すると、ゲーム差は1しか縮まっ......続きを読む»

1 3 4 5 6 7

このブログの記事ランキング

  1. ドラフト会議2016(1):ファーストインプレッション
  2. 二軍成績(1):先発投手編
  3. 番外:石田選手離脱&ファームの成績を見る
  4. オープン戦:総合成績、投手編
  5. オープン戦:総合成績、野手編
  6. オフシーズンの話-人的補償選手獲得:平良 拳太郎選手
  7. オープン戦:今週の成績(打者)、17/03/08-17/03/12までのオープン戦まとめ
  8. レギュラーシーズンを振り返って(3):中継ぎ投手
  9. オフシーズンの話-外国人補強(3)フィル・クライン選手
  10. オフシーズンの話-ドラフト(1):ベイスターズのポジションニーズ・その一(投手編)

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss