飛鴎乗雲

千葉ロッテマリーンズのことに一喜一憂するブログ。 毒にも薬にもならないことを書いています。

sukezaemon

関連サイト:ツイッターアカウント

関西在住のマリーンズファンです。 最初にファンになった選手は高橋慶彦。他のプロ野球選手とは違う、華やかなプレーに魅了されましてカープファンになりました。 その後、水上 善雄の長髪に衝撃を受けオリオンズファンにもなりました。 もっと見る
  • 昨日のページビュー:7576
  • 累計のページビュー:4346331
  • (10月19日現在)

最新の記事

来季の助っ人打者を探せ。  (ポストダフィー?ポストサントス?)

昨年、デスパイネの移籍とナバーロの退団後、打線の中軸を任せる助っ人外国人選手の獲得が遅れ、いざ獲得に動いた際、目ぼしい選手が既に粗方契約が終わった後だったという苦い記憶があるのですが。今年も同じ轍を踏まないように早め早めに動いて行きたいところ。ドラフトやトライアウトなどでの補強を待っていたのでは、今の時代、これでは遅いです。 そして、これはシーズン途中(9月半ばの数字)のものですが今季の外国人......続きを読む»

各球団の戦力外リストを見つつ (零れ落ちた原石は…)

さて、ドラフトはプロ志望届も締め切られ、表面上では一旦落ち着いたかにみえます。ここからは指名公言を含めた情報戦に入って行くんだろうと予想されます。そして各チームの戦力外選手も先日、第一次が発表となりました。 引き続きポストシーズンの戦ってるチームは、それが終わってからもあるでしょうし、ドラフトの結果如何で舵を切る球団もあるでしょう。戦力外からの補強は言ってみれば、補助的な意味合いが大きかったのですが......続きを読む»

2017年 ドラフトを考える(密かに狙いたい隠し玉のあの選手)

昨日12日にプロ野球志望届提出が締め切られ、高校、大学のドラフト候補は出そろった形になりました。高校、大学からこれ以外の選手は指名できないルールですのでこの名簿をじっくりと精査して行きたいと思います。 一方見えにくいのは社会人の選手です。会社の都合、本人の希望で今年のプロ行き目指さない選手も多数います。そんな込み入った事情はひとまず横に置いておいて、大きく取り上げられてない選手を中心に、今回は、いわ......続きを読む»

2017年 ドラフトを予想してみる (新監督に贈る即戦力)

さて、先週アジア選手権も終わり、ドラフト前の大きな大会も粗方方がついたのでそろそろ具体的に名前を挙げて今年のドラフトを考えて行きたいと思います。 ドラフトを予想するにあたって、「予想」の部分と「願望」の部分があって自分だったら、こうしたい。ここに「この選手」を入れたいという思いと。この球団、このブログですとロッテはあまりこの企業、学校から獲った実績無いよなぁとか、このタイプは指名しないよなぁなど前提......続きを読む»

井口政権の陣容を予想してみよう。

まず今年の陣容として 伊東勤 83 監督 英二 88 投手コーチ 小林雅英 79 投手コーチ 山下徳人 71 野手総合コーチ兼打撃コーチ 堀幸一 75 打撃コーチ 松山秀明 72 内野守備・走塁コーチ 清水雅治 87 外野守備・走塁コーチ 田口昌徳 86 バッテリーコーチ 石貫宏臣 85 戦略コーチ 楠貴彦 95 トレーニングコーチ 二軍 福澤洋一 73 監督 川越英隆 89 投手コーチ 小野晋吾......続きを読む»

2017年 ドラフトを考える(高校野手編)

話題性があり注目を今年浴びているカテゴリがここ。高校生野手。近年は平沢に1位指名を使った2年前のドラフトがあるけどあまりここでの指名が多くないのも事実、当たり外れが大きく難しいところをどう狙って行くか…。 中村 奨成選手<広陵>右・右 大会最多本塁打で注目を浴びる強肩強打快足のキャッチャー。フィールディングが良くコンバートしても面白いという話もあるけど、これだけ打てるキャッチャーはそうそう出てこな......続きを読む»

2017年 ドラフトを考える(高校投手編)

そして高校生投手のカテゴリなのですが大社と高校生が一本化したドラフト以降ではロッテ、ここの上位枠を高校生に使ってないんですよね。岩下、成田や島を指名したように3位での高校生投手指名は多い傾向にあります。もちろん今年も同じとは限りませんが、この傾向を全く無視するのもどうかと思うので気に留めながらここを考えていければなぁと。 尾形 崇斗投手<学法石川>右・右 最速150キロの大型右腕。腕の振りも癖が無......続きを読む»

2017年 ドラフトを考える(大学野手編)

昨日の戦力外の報道もあり特に外野手は量質ともに補強優先順位があがったともいえます。 さて大学生野手のカテゴリなのですが、大きく分けると内野と外野、守備型と打撃型に分かれると思います。 まずは内野手で守備型の選手。二遊間が中心ですがここが補強ポイントであることは間違いないので優先順位を上げていきたいなと思います。 山崎 剛選手<国学院大>右・左 ロッテのスカウトが「オリックスの西野」に例えた小柄な......続きを読む»

戦力外から考える来年の人員構成

前のエントリーに続いて大学生野手のことを書こうかと思ってたんだけど、戦力外の一報が入ったのでそちらを先に触れます。 取り敢えず今日、戦力外の第一次発表があったのがこちらの一覧になります。 移籍組としては金森、猪本、柴田の3人になります。 古谷はブランクがあっての入団でしたのでそもそものプロ入り年齢が高かったんですよね。 育成から支配下を勝ち取った黒沢が7年。 2014年のドラフト2位、4位、7......続きを読む»

2017年 ドラフトを考える(大学投手編)

続いて大学生のカテゴリへ。少し触れましたが今年の大学生の候補がなかなか難しいところなのです。 ここで少し話を逸らしますが、今年の大学4回生が高校3年生の時、つまり2013年にプロ志望届を出したリストがこちらになります。 勿論、プロに進まず最初から進学を決めていた選手も多いと思いますので、あくまでこれはプロ志望だった選手の一覧でしかありません。黒塗りの欄は現在の所属が確認出来なかった選手です......続きを読む»

2017年 ドラフトを考える(社会人野手編)

一方打撃成績も芳しくない今季。これまでの打撃成績の一覧です。 およそ2割3分程度の打率と言う低迷ぶり…さらによりも良くないのが3割に満たない出塁率。本塁打の出ない打線にあってこれが致命的です。その割に盗塁数も多くなく、犠打数も目立った数字ではありません。野手の補強は投手よりも難しく一般的にあたりを引く確率が低いのですがそうは言っても補強をしない事にははじまりません。また外国人選手に頼るとしても......続きを読む»

2017年 ドラフトを考える(社会人投手編)

ユニバーシアードも終わり、WBSC-U18も開催されている9月になりました。 国内では大学野球は秋リーグの開幕、社会人野球は日本選手権の予選やクラブ選手権に突入してドラフト戦線はいよいよ大詰めというか最後の追い込み時期に入ってきたのかなと思います。 毎年ドラフト考えるうえで、ロッテの補強ポイントを挙げていくのですが…まぁ今年の場合は、補強しなくてもいいポイントを挙げるのが難しいくらいの状況ですので......続きを読む»

次期監督報道を眺めながら…。

一昨日の伊東監督の辞意表明を受け、各紙次期監督の名前がいろいろ出ていますが、 サンスポ ◎井口 日刊   ◎井口、フランコ デイリー フランコ、井口 東スポ  サブロー、里崎、井口 報知   サブロー、井口、ヒルマン、フランコ スポニチ ◎井口 ざっと纏めると概ねこのあたりの名前が出ています。 実際には、ホントに今のところ白紙なんでしょうし取り敢えず想像で名前を挙げたと言う気がします。 こう見て......続きを読む»

都市対抗 この秋のドラフト候補をチェック! 社会人最速投手は

7月14日から始まる都市対抗。社会人野球のお祭りであるこの大会の見どころは、負ければ終わりのトーナメントで見せる大人の必死のプレーであり、個性豊かな応援合戦であり、地域色も色とりどりで県民歌が流れたりと、様々な角度から楽しめるのですが。その中の一つに今年のドラフトを見据えて観戦するというスタンスもあります。 この都市対抗に社会人のドラフト候補すべてが揃ってるとは、言えませんがそれでもこの大会には数......続きを読む»

侍JAPAN社会人代表のメンバーを予想してみた。 

今年はBFAアジア選手権が行われる年でして、二年に一度開催されるこの大会は、プロではなく社会人より選抜され日本代表が編成されるのですが、その一次選考合宿のメンバーが本日発表されました。そのメンバーを見つつ今後の代表メンバーを予想していきたいと思います。 この一次選考に選ばれたのは51名でして、のち8月に二次選考があるのですが、この二次選考には現在一次選考メンバーにない選手も招集されるとのことです。......続きを読む»

ペーニャはロッテの起爆剤になるのか?

さて以前緊急補強するならNPB経験者なのか?という話題で書いたことがあったのですが…。 緊急補強するなら元NPB経験者? そして元楽天、オリックス、ソフトバンク等のペーニャ、こちらの方はクリーブランドとマイナー契約を結んで スプリングキャンプに参加していましたがクリッパーズがら三末でリリースされてます。今の所属先がどこになってるのかは不明です。 その際に、ペーニャの名前も触れるには触れ......続きを読む»

最も熱い社会人野球。それは都市対抗予選。

今ちょうど都市対抗の予選が各地で繰り広げられています。社会人野球の大きな大会と言ったら都市対抗。ついで日本選手権。その後に各地で行われる地方大会(日本選手権対象)の順と言えるんですけど… じゃあ一番熱い戦いはと尋ねられると、「都市対抗予選」と恐らく多くの方が答えられると思います。 これも一次予選と二次予選に分かれていて、地域によってトーナメント、敗者復活、リーグ戦いろいろな形式で行われています。こ......続きを読む»

WBCキューバ代表と合意???

Roel Santos firma oficialmente con los Marineros de Chiba Lotte del béisbol japonés El pelotero cubano Roel Santos hizo oficial este miércoles su contrato con los Marineros de Chiba Lotte, club per......続きを読む»

独立リーグから緊急補強という選択肢を考えてみる。

さて、前回のエントリでロッテが補強出来ない理由を想像したんですけど、それじゃああまり予算をかけずに補強をする方法を考えてみようかなと思います。 一つはトレード。なのですが、トレードを申し込む方が損をするのが一般的なのとファンの身贔屓が入るのでこれは結構考えるのが難しいんですよね。あとそもそも相手がいることなのでそれもハードルが高いと思います。まぁ最近はトレード自体してませんしね。 そう言えば、元N......続きを読む»

ロッテが補強出来ない理由

昨日までの   試合数36 勝9 負26 分1 勝率.257   チーム打率.188のチーム防御率が4.76とまぁどこから手をつけたらいいのかと言う数字ですね。そうは言っても試合日程は待ってくれない訳ですから手をつけれるところから付けないといけない訳で…。 まず投手陣、防御率は悪いながらも投手の人数は揃ってるわけで、怪我人を出さないようにしながら、調子の良い投手と入れ替えながら耐えるってところかなと......続きを読む»

年齢構成から考える今年のドラフト戦略。

そういや、今年になってからドラフト視点で何も書いてなかったなぁと思いつつ。どういう目線で今年は考えようかなと少し考えてみました。で取り敢えず現状というかロッテの今の戦力をみたいなと思って作ったのが次の一覧なのですが。 これ、ちょっと注意事項がありまして今日時点での年齢で作ってしまったんですよね。なので同学年とか同い年なのに別の欄に分かれてたりします。 あと今回、具体的な名前を挙げてる選手は社会人野球......続きを読む»

4つの観方のJABA岡山大会

アマチュア野球(主に社会人)をプロ野球中心で見ると、ドラフト候補を観たいという観方とNPBにいた選手がどんなパフォーマンスを見せるか。ここらあたりが興味をひかれるポイントで実際ここをとっかりに社会人野球を見てる人って多いと思うのですよね。僕もそうなのですが、全くの未知の野球と言うのは結構見るのが難しくてどこを見ていいかポイントすらもつかめないことが多いのです。 先日、社会人野球の岡山大会を見てきたの......続きを読む»

緊急補強するなら元NPB経験者?

開幕してから元気のない打線、本来なら打線の中核に座るべき打者も日本の野球に対応できないのかそれとも調子を落としてるのか低迷が続いています。 ポストデスパイネはJ.パレデス OBPの値が極端に低いのは四球を選ばないスタイルのようです。 去年のアーカイブが観れるのでこの3Aの試合を観てみました。スタイル的にはフリースインガーでプルヒッタータイプかなと思っていたのですが。まず初球からボールであろ......続きを読む»

春はスポニチ ようよう青くなりゆく芝生はすこし伸びたりて

NPBもさうなんですけど社會人野球とかOP戰の日程が出るとスケジュールとにらめつこしながらざつくりと行動豫定を決めるんですが…。 まあ實際にその通りに行動できるとは限らなくて…。これは本業の豫定で休めなかつたり、雨で試合が無かつたり、どう考へても寒くて觀戰どころではなささうなので行き足が鈍つたりと様々で。 特にチケットを前もつて買はない試合なんかでは直前になつてどうしようかと迷ふことが多いのです......続きを読む»

WBC台湾代表とCPBL選抜

WBC日本代表が壮行試合でCPBL選抜に5-8で敗れ話題となっていますが…。WBC台湾代表も昨日、社会人野球チームである新日鐵住金広畑に0-6で敗れた模様です。 このCPBL選抜とWBC台湾代表の違いと言うのは、本来台湾のプロチームである4球団と台湾外で活躍する選手でWBC代表チームを作ろうとしたところ従来からの中華民国棒球協会と台湾プロ野球であるCPBLとの間で主導権争いが起き、プロ球団の一つであ......続きを読む»

このマッチメークは考えてなかった…。  台湾代表VS日本新薬

WBC台湾代表が大会直前キャンプを神戸で張っており練習試合が組まれていたので観戦してきました。 これ凄くややこしくて、WBC台湾のチームだからジャンルは「WBC」?対戦相手は社会人野球の日本新薬だから「大学社会人」? ちなみに、でも出てる選手は陳冠宇とか、郭俊麟なので…。とまぁこんな感じなのですが…。 そもそも宮崎とか沖縄とかでキャンプしてるこの時期、なぜかなり寒い神戸でキャンプをするかと言うと、......続きを読む»

元球友対決!! 国際大会がお好きですか?

昨日、WBC台湾代表は、同じく台湾の大学選抜チームと壮行試合を行い、西武の郭俊麟が先発し無難なところを見せた、今日はキューバとの壮行試合で、陳冠宇が先発するんですが、対戦相手のキューバの指名打者には昨年までのチームメイトであるデスパイネが予定されています。ロッテからだと日本代表は石川だけですが、台湾代表には陳冠宇。元となるとキューバにはデスパイネ、韓国にはイ・デウンが選ばれてますね。 陳冠宇明抗古......続きを読む»

キャンプ所感  新戦力の新コーチ。

新戦力と言うことで、『面白いな』と感じたのは今年から入った田口コーチ。吉鶴コーチの退団を受けて新たにバッテリーコーチなんですが、この『面白い』という形容詞は、もちろん「interesting」的な意味ではあるんですが、実際に田口コーチを見ると「delightful」な面白さを感じることが多いのです。 キャンプの練習ってノックやブルペン、打撃練習なんかは華やかな感じの練習で、地味だけどキツイ反復......続きを読む»

キャンプ所感  戦力外からのリベンジ。

今年の新戦力と言うことで戦力外などから獲得した選手が3名。 まずは、元阪神の柴田。2008年のドラフト2位でこの時の阪神のドラフトは1位「蕭一傑」2位「柴田」3位「上本」4位「西村憲」。ルーキ時から背番号が「2」という一桁を与えられていてその期待度の高さを伺える外野手でした。通常このタイプの選手は、守備と走塁の能力が要求されるのですが、守備力とくにフライの捕球が不安視されてて、ホームグランドの......続きを読む»

キャンプ所感  ルーキーたちを語りたい。

新戦力と言えばルーキたちで、彼らの存在も気になるところです。1月からの自主トレ、そしてキャンプの過ごし方はどうなのでしょうか。 ドラフト1位の佐々木、報道で仕上がりが遅れて登板予定が立ってないとの話もありましたが、寧ろこれは、こちらの方がいい気がします。今の投手の仕上がりが極端に早いものになっていますしシーズンイン後にピークを持ってくるくらいで十分だと思います。一軍当落線上にいてアピールしてい......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 21 22

このブログの記事ランキング

  1. 2013今年のドラフトを予想してみた(即戦力の内野手編)
  2. 2016 ドラフトを予想する 指名公言??まてこれはフロントの罠だ!!
  3. 各球団の戦力外選手を眺めながら・・・
  4. 2013今年のドラフトを予想してみた(志望届けも本格化)
  5. 2017年 ドラフトを考える(社会人投手編)
  6. 2012年 今年のドラフトを予想してみる その6 今年は隠密ドラフト
  7. 年齢構成から考える今年のドラフト戦略。
  8. 今年のドラフト1位候補は?
  9. 来季の4番を探せ!ポストデスパイネはどこに…
  10. 2012年 今年のドラフトを予想してみる その8 ~プロ志望届けの締め切り!あの選手は?

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
02
01
2014
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss