ジャンル別一覧:DeNA(NPB)

* ベイスターズ・石田クンはどうなの?(笑)

【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

ってね(笑) まー 勝ったから いいんじゃない?(笑) でも 6回で100球超えて って そいつは ちょっと多いね(笑) 2回で 40球超えただろ? “病み上がり” とは言え もっと リズム良く いかんとね(笑) そう 3回4回のピッチング 石田投手 彼の場合 “普通”にいけば 簡単にアウトを重ねて リズムを 作れるんだからね(笑) 開幕に放って ジリジリしている間に 濱口ク......続きを読む»

乱戦のルーズベルトゲームを落とす。よく戦いました。

【ベイスターズファンの慟哭】

対 ヤクルト戦 やられましたね・・・・。 7対8。 悔しい敗戦です。 5対1とリードしたところでいけると思ったのですが。 井納は6-7回が鬼門でしょうか。 踏ん張りきれませんでしたね。 井納がローテの軸として投げていくなら、5対3とされた2死2塁で、坂口選手は抑えなくてはなりませんでした。 あの場面がターニングポイントになってしまいましたよね。 勢いに乗ったヤクルト打線はやはり恐ろしい。 自分が......続きを読む»

井納でリードを保たなければならなかった

【Re:Baseball De:Baystars】

7-8で延長サヨナラ負けと悔しい試合でしたね。いろいろポイントはありますが、やはり今日は井納が全てだったと思います。 好投手ブキャナンから5点を取り、5回終了時点で5-1。球数の少なさもそうでしたが、井納ならば7回、最低でも6回はリードを保ったまま投げきってほしかったです。 リリーフに関しては最善の継投をした中で打たれてしまったので、各々がもっと頑張ってくれとしか言いようがないです。 延長10......続きを読む»

ベイスターズ、2試合連続4点差逆転負け問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

6月23日 神宮球場(ビジター) De7-8×ヤクルト 敗戦投手 平田 (0勝1敗0S) 本塁打  戸柱5号(4回表ソロ)、筒香7号(5回表3ラン)  観戦されたベイスターズファンの皆さん、お疲れ様でした。辛い試合でしたね。開幕のヤクルト3連戦も辛い試合が多かったですけど、どうなんでしょう。今年の神宮は鬼門みたいですね。  先発の井納投手は悪くなかったように思えましたが、6回裏は慎重に行き過ぎた......続きを読む»

先週+1(17/06/13-17/06/19)の投手成績まとめ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

 先週は4-2と週間勝ち越しを決めたベイスターズ。 先発投手に勝ち星が付いたのは4勝中3勝、敗戦投手となったのは2敗中1敗でした。  失点は、8→2→2→3→5→7の合計27失点。一試合平均で4.50点と、 やや失点の多い週でした。  得点との兼ね合いで見ると、得点36点に対し失点27の得失点差+9。 好調な打線に助けられた側面はありますが、4-2という成績は妥当なものであると考えて 良さそうです......続きを読む»

横浜スタジアムで当日券をゲットするのに1時間も並んだよ問題

【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

 19日に横浜スタジアムで行われたオリックスとの交流戦を見に行ってきました。  試合内容は皆様もよくご存知だと思いますからここでは言及しません。  今回僕が言いたいのは、このチケットを得るのに、行列に1時間も並ばなければならなかったという事です。  近年の僕はファームの試合ばかり見に行っていて、1軍の試合にはほとんど足を運んでおりません。今年も春のオープン戦を一度見に行ったきり......続きを読む»

8番投手はずっとやっていく

【YOKOHAMA lover】

DeNAラミ監督「8番投手ずっとやっていく」 東スポ 6/22(木) 18:54 「8番投手にいろいろな意見はある。賛否両論。ただ自分は戦略上、(メリットを)信じている。ずっとやっていく」 私はこの件についてはあまり関心がありません。今のままの下位打線の低打率では、投手が8番でも9番でも、そう大きな変わりがないからです。ただ、倉本選手に、いつまでも9番なんか打っていないで、昨年並みの打撃......続きを読む»

6月22日ベイスターズファーム試合結果

【横浜DeNAベイスターズへの応援ブログ】

三嶋と国吉がひどく炎上したようですね。 その他のピッチャーは無事無失点の内容。 中でも尾仲は安定した結果を残し続けてますね。 一軍での数試合で結果を残すことはできませんでしたが、私はかなり期待してます。 小柄ながら球威あるストレートが良いです。 どうにか先発でやれないかなぁと常々思っているところです。 今年のルーキーでは、即戦力で結果を残している濱口もいますが、楽しみな高卒選手を取りました。 ......続きを読む»

* ベイスターズの飯塚投手、陰ながら応援させてもらっていますよ(笑)

【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

って ベイスターズが 日本文理の 飯塚クンを 指名してくれて 入団会見の時だったか 背番号が30 その瞬間 オレ個人的には 「おっ」ってね(笑) ジャイアンツの 江川サンを 見させてもらった世代 まー 単純に もう オッサン連中だけれど(笑) ピッチャーの30番 オッサンなら 誰でも 気になる筈だわ(笑) そう ベイスターズなら 飯塚投手 ってわけね。 入った途端 手術 ってね ......続きを読む»

先週+1(17/06/13-17/06/19)の打撃成績まとめ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

 先週はマリーンズ、バファローズと対戦して4-2。 両カードの勝ち越し、交流戦を五割で乗り切ったベイスターズ。 この記事では、先週及び、月曜日に行われた予備日開催試合を合わせた6試合の 打撃成績を振り返ってまいります。  ちなみに、6試合での得点は1→5→6→6→14→4の合計36点。 一試合平均で6.00点と、非常に打線が好調な週でした。勝利した試合は いずれも5得点以上をあげています。投手陣は......続きを読む»

リーグ戦再開後は下位たたき?

【YOKOHAMA lover】

2017.6.22 05:02 ラミDeNA“下位たたき”ローテ!井納から石田、D1浜口投入も 「(上位の)広島、阪神戦より重要なのは巨人、中日、ヤクルトに勝ち切ること。集中してたたいていけばAクラスとBクラスの差が、どんどんついてくる」 交流戦後の休みもあったので、明日からのリーグ戦再開には、先発ローテーションが再編されます。いろいろな予想がありますし、ラミレス監督はしばしば敵を撹乱す......続きを読む»

交流戦の濵口投手の投球内容を分析してみる

【YOKOHAMA lover】

試合がなく余った時間があるので、交流戦の濵口投手の投球内容を振り返って私なりに分析してみました。 まず今季ここまでの球種配分です(DATAはDELTAのサイトより)。 平均球速143.3km/hですから、左腕としてはかなり速い方ですが、このストレートが投球の55.1%を占めています。 失点増減および100球あたりの失点増減も示されていますが、失点増減とは、DELTAのサイトには、”投手が投......続きを読む»

飯塚投手に望むこと

【1998の感動をもう一度】

皆様こんばんは。 交流戦最終戦の飯塚投手の好投嬉しかったですね。 ティクバックが小さく上から投げ下ろす感じで、ストレート、変化球とも切れが良かったですね。 188センチと上背もあるし、期待の本格派が現れましたね。 飯塚投手は、去年8月横須賀で見ましたが、余り球のスピードも感じず、まだ体か出来てないなあと感じてました。 ただ、体つきも投げ方もまさに本格派だし、リラックスしたスムーズな投げ方をしてい......続きを読む»

* カメラの位置。

【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

って オレが 子供の頃って プロ野球中継のカメラは バックネット裏からが メインで 画面の手前が アンパイアの後ろ姿 昔は 大きな座布団のような プロテクターだったから(笑) その影からキャッチャーが ちょっと見えて バッター陣も 当たり前だけれど ピッチャーの方を見ているから 3人とも 顔が見えなくて 画面の奥から ピッチャー陣が 放ってくる 打つ瞬間に 低めのボールとかは キャッチ......続きを読む»

1番好きな選手って?

【横浜DeNAベイスターズへの応援ブログ】

1番応援してる選手って誰ですか? もちろんベイスターズの選手にはみんな結果を残してほしい。頑張ってほしいという気持ちはありますが、私が1番応援しているのは 『今永 昇太』ですね。 ストレートで三振を取れるのがカッコよすぎる。 キレのあるストレートってしびれますよね。 ノビのあるっていうよりキレのあるって感じ。 去年のスターナイトで今永先発の試合が去年のベストゲームだと個人的に思ってます。 ワン......続きを読む»

筒香嘉智の不調について

【横浜DeNAベイスターズへの応援ブログ】

筒香の不調には、みんな心を痛めてると思います。 去年の『打ってほしいとこで打ってくれる』感は本当にスター選手のそれでした。 相手投手からのマークが厳しくなっていることはもちろんですが、それは今年に始まったことではありませんし、去年なら余裕でホームランにするような甘い球を見逃すシーンが多く見られるように思います。 私は去年が確変だったとは到底思いませんし、このまま終わるような選手だとはファンならみ......続きを読む»

検証 倉本寿彦

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

ベイスターズの中で、今年最も何かと評価が手厳しい選手である。 しかも、ベイスターズの選手で唯一フルイニング出場である。 しかし、とにかく批判の声が多い。 そこを検証してみようと思う。 倉本は昨年、守備範囲の狭さ、長打がないことを高田GMに指摘された。 そこで、モデルチェンジを試みた。が、それは現状悪い方向に作用している。 守備面に関しては、後ろで待って取るケースが非常に多い。 倉本自......続きを読む»

交流戦MVPは濵口投手 横浜九州人会の新星

【YOKOHAMA lover】

DeNA・ラミレス監督 交流戦のチームMVPはあの左腕「非常に頑張ってくれた」6/19(月) 23:12 交流戦のMVPが濵口投手、そして準MVPが宮崎選手、新人賞が飯塚投手というところで、異論のある方はそれほどいらっしゃらないのではないかと思います。 正直に言って、私は濵口投手を過小評価していました。昨年10月にはブログに次のようなことを書いています。 今年の日米野球でも、柳投手と佐々......続きを読む»

横浜DeNA株主優待証 1ヶ月前から事前予約可能は改善ではない 西武ホールディングス株主優待券のように一般発売日から引換可能にするべき

【やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(フタミ)】

本題の前にオフィシャルブログで、近藤真彦のレコードについて更新した。 近藤真彦 1982・83年レコード(EP) ホレたぜ!乾杯、ミッドナイト・ステーション、ためいきロ・カ・ビ・リー DeNA株主優待証(正式名称 株式会社ディー・エヌ・エー株主優待証)について更新。 2015年までは、内野指定席A引換券(1枚または2枚)と内野指定席割引証の2点だったが、16年から横浜DeNAベイスターズの......続きを読む»

6月20日横浜VSオリックス

【横浜DeNAベイスターズへの応援ブログ】

今日からベイスターズに関する内容で独り言を呟いていきたい。 それは昨日の負けがきつすぎたから。 高卒3年目、一軍初登板初先発の飯塚が投げた試合だった シーズン前の練習試合だかに投げた時にはボロクソに打たれて 『まだまだ時間かかりそうだな』と思ったのを覚えてる。 相手先発は五億円ピッチャーの金子。 5回もたずに国吉かなって思ってた。 始まってみたらさくさく5回まで無失点。 この時点でかなり感動した......続きを読む»

交流戦を終えて今後の戦い方

【DeNAベイスターズウィークリー評論】

6/19 De 4-7 オ 昨日は非常に残念な負け方でした。 プロ初先発の飯塚投手が5回無失点に抑えながら、 リリーフ(パットン・三上)が打ち込まれ逆転負け。 飯塚投手の初勝利を消してしまいました。 パットン投手はどうしてしまったのか? ランナーは特別足が速いわけではない外国人打者だっただけに、 セットポジションを取らずに普通の投球をすれば、 小谷野選手にホームランを打たれるほどの投手ではない......続きを読む»

交流戦勝率5割

【Re:Baseball De:Baystars】

皆様お久しぶりです! 大分期間が空いてしまいましたが、交流戦も無事終了し、ベイスターズは9勝9敗の勝率5割を無事達成しました。例年ここで苦戦し、失速する傾向があった中でのこの成績は上出来すぎると思います。 いろいろあった交流戦の中でも、選手個々に目を向けて見ると、 ①宮崎が規定打席到達&首位打者 ②濱口が3戦3勝とMVP級の働き ③飯塚のデビュー&好投 など新しい戦力が目......続きを読む»

飯塚投手がんばれ~

【星の集い】

試合に負けたのは残念でしたが、飯塚選手を見れてよかったです。 高校時代から、見ていて好きな投手でした。 昨日は、ヤフー情報と、スポナビを駆使してみておりました。 高校時代のイメージは、140キロ前後のストレートに、 スライダー(縦スラ)?が印象的な投手でした。剛腕ではなく、スマートな感じで、 スライダーで空振りをとってたイメージです。コントロールも良くも悪くもなく、 どちらかと言えば、ま......続きを読む»

66試合を終えて。

【ベイスターズファンの慟哭】

交流戦終了しましたね。 飯塚、実に素晴らしい投球でした。 勝ち星が付けられなかったことは本当に残念ですが、金子投手に投げ勝ったことは自信になるはず。 次回登板も期待しています。 さて。 今日は久しぶりに振り返りを書こうと思います。 私見垂れ流しの長文となりますが、どうぞお付き合いください。 さてここまで、66試合を戦いました。 勝敗ですが、31勝33敗。借金が2になります。 交流戦の勝敗は9勝9......続きを読む»

飯塚はもっとやれた

【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

と自身で思っていて欲しい。 中4日なので昨日の交代は間違いではないです。 でも飯塚自身はせっかくの初登板でしたし、完封していたのでこれに満足せずもっと投げたかったと思っていて欲しい。 一旦、2軍に落ちるでしょうがすぐにチャンスが来るので次の登板に向けて気持ちをメラメラ燃やしてて欲しいです! 2軍での四球率が高いと聞いていたけど全然暴れ馬じゃなかったし、むしろコントロール良く投げれていたように......続きを読む»

ベイスターズの気の緩み問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

6月19日 横浜スタジアム(ホーム) De4-7オリックス 敗戦投手 三上 (2勝2敗0S)  いやあ。勝つのって難しいですね。4点リードでリリーフに託したところ逆転されてしまいました。  先発の飯塚投手、よかったですね。145km前後の速球と縦横の変化球。そして、プロ初登板にして落ち着いたマウンド捌きで5回零封。現状、ベイスターズの弱点である先発投手陣に新風を巻き起こしてくれそうな気がしました......続きを読む»

飯塚投手に瞠目

【YOKOHAMA lover】

飯塚投手を過小評価していた理由は、2軍での与四球率が4.34という数字もありますが、先週6月14日の2軍の試合で先発したときの初回の投球を動画で見た内容が芳しくなかったこともあります。 ストレートは(スピードガンの違いはあるにせよ)140キロを超えたのが1球だけ、それも制球があまりよくなく、先頭の左打者をいきなり歩かせます。二人目の左打者は、外角の球をひかっけてくれてショートゴロで併殺を取りました......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/06/19、対オリックスバファローズ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

ベイスターズ4-7バファローズ 勝利投手:黒木 敗戦投手:三上 セーブ:平野佳 ※初めに言っておきますが、シーズン全体を考えたとき、今日は何が何でも勝つ、という 試合ではありませんでした。既に目標としていた交流戦五割は達成しており、 加えてバファローズ戦のカード勝ち越し、また交流戦全体でのセ・リーグの負け越しも 確定しています。よってこの試合の意義は、急遽先発登板することになった飯塚選手が どの......続きを読む»

二人目の惚れた投手

【素人目線のベイスターズ考察】

今日は色々想いがめぐり、これを書かないことには落ち着けそうもない あまりに惜しい敗戦で・・・ なので今日は選手に対して敬省略で書きます 途中経過を休み時間に、見たら飯塚2回を好投 相手は金子 だからストライクが入らないとかならないといいが・・・そんな心配を「失礼な!」と返す好投 そのまま仕事に入る 今日はリリーフにつないでくれれば 勝ち継投は連投から2日休みがあったしつぎ込める そして残業に入る......続きを読む»

敗戦…  ことごとく噛み合わず。

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

まあ、これでも交流戦は五分で乗り切ってますし、 オリックス戦も勝ち越してるんですけどね… やられ方が悪すぎました。 飯塚は良かったです。 思ってるより球も走ってて、インサイドも有効に使えてて、落ちる球も有効でした。 新潟での凱旋登板も大いにあり得るでしょう。 打線も6回に効果的に点を奪えて、戸柱のあのタイムリーはかなりオリックス側もダメージは大きかったはずです。 戸柱は3連戦で10打点......続きを読む»

ローテーションの谷間を埋めた投手たち

【YOKOHAMA lover】

今季の開幕ローテーションは次の投手たちでした。 石田 クライン 濵口 今永 井納 ウィーランド しかしクライン投手が日本の野球に適応できず、石田投手とウィーランド投手が故障で離脱して、先発ローテーションに3つの穴ができてしまいました。この交流戦でその穴を埋めたのは、あるいは埋められなかったのは、熊原、平良、三嶋、久保投手でしたが、昨日の雨天中止のためにもうひとり先発投手が足りなくなって、今日そこ......続きを読む»

ベイスターズの交流戦総括とラミレス監督の投手起用について

【温故知新ベイスターズ~2017】

今日の試合は、雨天で2回途中でノーゲームとなり、明日再試合となりました。 なので、ベイスターズにとっての交流戦は、まだ終わっていませんが、交流戦の順位は真ん中ぐらいなのがほぼ決まり、明日の勝敗如何によってセ・リーグの順位が変わる訳でもないので、一足早いかもですが今年の交流戦を振り返ってみたいと思います。 今年の交流戦は、直前の阪神戦に勝ち越したとはいえ、相手のミスに助けられたラッキーな勝ち越しで決......続きを読む»

金子投手は、飯塚投手とベイスターズ打線にとっての試練

【YOKOHAMA lover】

今日の試合は2回を終わったところで雨で中止となりました。悪コンでションの中、今永投手は2点を取られましたが、本当なら良い条件のもとで、最後まで試合を見たかったです。しかし、終わったことはくどくど言っても仕方ありません。この試合の代替え試合は、明日行われます。 今季の先発ローテーションは、首脳陣がいろいろなことを想定し、ファームともしっかり情報を共有して、かなり先まで読んだ、合理的な投手起用をしてき......続きを読む»

大きなチャンス

【素人目線のベイスターズ考察】

こっそり観戦に行ってきました 明言しなければ、ジンクスも効かないと思って、後輩と一緒にハマスタへ ちなみに今年は二人で見に行くと勝率が著しく落ちるので今日ダメなら次から「お互い別に行ってたまたま球場で一緒になる」という対策を取ろうと話していた  そんな中、雨の可能性大だから、途中までクルマでいってそこから自転車でハマスタへいくことに 車内で相方は「雨降らないですかね?」と聞いてくるので、野球も自転車......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/06/17、対オリックスバファローズ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

ベイスターズ14-5バファローズ 勝利投手:久保 敗戦投手:松葉 ※これしかない、という大勝でこのカードの勝ち越し、チーム4連勝、そして交流戦の 五割以上を決めました。昨日は、出来る限り勝ちパターン(特に3連投中の三上、山﨑両選手)を 使いたくなかったと思うのですが、久保選手がしっかりと6回を投げきり、 そして打線が見事に大量得点を奪い試合を決めてくれました。 ここのところ連投が続いていたリリー......続きを読む»

これから読売は侮れないのでは?他雑感。

【1998の感動をもう一度】

皆様おはようございます。 今朝は、久しぶりに近所のファミレスでモーニング。 サンスポの見出しでは、TMKでラミレス100勝!とあり、 記念すべき勝利をラミレスチルドレンが贈ったとありました。 昨日観戦に行ったファンが超羨ましいです。 ライトスタンドで応援するようになってから、私が、最も唄いたい応援歌 「さればー港の数多かれどー、この横浜に...」をいったい何度唄ったのでしょうね。 横浜市民でも何で......続きを読む»

久保、もっと自分の球のキレを信じていい

【人生で2回目のベイスターズの優勝を夢見て】

コースはある程度、適当でいいじゃない。 久保康友は17日のオリックス戦で今季2勝目を記録。 今後のピッチングスタイルの方向性が見える登板だった。 制球に優れた投手だが、自分の球のキレを犠牲にしなくていい。 昨年の途中から投球の理想を追いすぎていたように感じさせた。 すべての球を狙い通りのコースへ投げる事に注力しすぎていた。 1回、4番ロメロから三振を奪取。 ベンチに戻る時、逆球だから、だろう。 ......続きを読む»

大勝Vacation

【毎日明日を信じる大洋ファンのブログ2】

ラミレス「まずは同点にするぞ!!戸柱!!得点圏に男を見せろ!!」 戸柱「誰に物を言ってるのですか?」 桑原「本日二本目!!」 宮崎「タイムリーツーベース」 白根「ダメ押し係はオイラ!!」       6月17日の土曜日に、横浜スタジアムで大洋とオリックスの試合を観てきました! 荒波翔ちゃまはいなくなってしまいましたが(まああの内容なら誰だって落としますやね・・・)、35年来のファンの大洋と、......続きを読む»

オリックスに大勝で4連勝

【YOKOHAMA lover】

水曜日からの3連勝は最高でしたが、三上投手と山﨑投手も3連投となり、昨日はよほどのことがなければこのふたりに投げさせるわけにはいかない試合でした。始めからセットアッパーとクローザー抜きで戦う覚悟の試合、先発は今季かつてほどの力は示せていない久保投手です。ちょっと厳しい戦いになるかと思っていたのですが、久保投手が粘投で、6回を3失点のQS。そして、相手の先発左腕松葉投手に、5回までは3安打に抑えられて......続きを読む»

天晴千両役者戸柱恭孝と愉快な仲間たち

【野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ】

 このブログは基本的に週に1度の更新のため、一試合単位で感想や振り返りを書く機会はあまり多くない、しかしここ数試合のベイスターズ打線は見ていて非常に楽しい試合を見せてくれている。 そう、なんたって点が取れている。 連打で点が取れている。 四球でチャンスを作れている。 ホームランで点が取れている。 チャンスに強い奴がいる。 チャンスでホームランを打つ奴がいる! 戸柱!宮崎!ロペス!桑原!......続きを読む»

白根尚貴が本塁打を放った意味問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

6月17日 横浜スタジアム(ホーム) De14-5オリックス 勝利投手 久保 (2勝1敗0S) 本塁打 桑原4号(3回裏ソロ)、戸柱4号(6回裏満塁)、桑原5号(7回裏ソロ)、白根1号(7回裏2ラン)※Deのみ  用事があって、こういう試合だったのにちゃんと見られませんでした。なんすか。お祭り野球じゃないですか。観戦されたベイスターズファンの方、おめでとうございます。よかったですね。初めて観戦され......続きを読む»

今季最高のお立ち台

【星を集めて】

最近ようやく横浜らしい勝ち方ができるようになってきました。 観ていて「面白いな」といえる試合こそ横浜の真骨頂。 3タテしないし3タテされない なんか地味な勝ち方負け方 でも弱いわけじゃない 3位に付けている でもなんか・・・ 宮崎ガッツーン! 戸柱ガッツーン!! うん。面白い、このチーム。 筒梶のチームと言われていたが、彼らが今一つな中で 日替わりヒーローが生まれるようになってきました。 こう......続きを読む»

今日は戸柱逆転満塁弾!加賀、地味ながら好救援。

【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

打線の援護を期待と思ってもなかなか実現しないものですが、 今日はすごかったですね。 2点差で迎えた6回、そこまで3安打1失点の松葉から 桑原、梶谷の連打でチャンスを作るとロペスの犠飛でまず1点。 さらに筒香、宮﨑がつないで1死満塁で 戸柱が2試合連続となる殊勲の逆転満塁弾。 1点差に追い上げられた7回裏には 桑原がこの試合2本目となる5号ソロで突き放せば、 その後もチャンスを作って宮﨑、戸柱のタイム......続きを読む»

2017年6月17日 埼玉西武vs横浜DeNA (横須賀) の感想

【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

 今日は横須賀スタジアムで鬱屈とした試合を見てきまして、どんよりとした気分で車にスマホのabemaTVをセットして帰宅してきました。  果たして、追浜公園臨時駐車場を出てから40分後、僕はすこぶる上機嫌に大変身を遂げておりました。追浜のコンビニ駐車場で戸柱選手の満塁ホームランを見て、自宅近くで白根選手のプロ入り初安打初ホームランを見て、いやはや、気分も逆転満塁ホームランと相成りました。 ......続きを読む»

* ベイスターズのバッター陣よ、ありがとう。

【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

ってね(笑) 久保クンが マウンドに戻ってきて オレ個人的には “ハラハラ・ドキドキ” だったわね(笑) 淡々と ピンチを迎え(笑) まー 抑えたり ヤラれたりしながらの マウンド(笑) オレ個人的には 久保クンが 気になるからね(笑) とにかく 彼が放って ベイスターズが 負けなくて良かったよ(笑) オマケに勝ち星 ってね(笑) “有り難い話” ってわけね(笑) 細かい話は 置いと......続きを読む»

戸柱再び驚弾。打線爆発で大勝利!!

【ベイスターズファンの慟哭】

対 オリックス戦。 まさか、と思ってしまいました。 戸柱、凄まじい集中力でしたね。 1打席目、2打席目に走者3塁の場面で凡退。 流石にそううまい話はないよね。 そんなことを感じながら迎えた6回裏1死満塁。 いました。二匹目のドジョウが・・・・。 迷いなく振り切った打球がライトポール際に突き刺さる。 逆転の満塁本塁打! 戸柱の千金弾。 昨日を思い出すような展開で一気に逆転します。 気が利いて......続きを読む»

フェイント ひょっとして自分のファインプレー? そしてジャイアン白根!おめでとう!

【素人目線のベイスターズ考察】

実は今日は「昨日、見に行くと負ける」と書いてしまったから・・・これで行って負けたらフラグだなあ ということで、すこし体調が悪いので、勝ち運を持っている先輩にチケットを譲って、スポナビライフと一球速報をチラ見観戦 6回の裏はノーアウト1,2塁からスポナビで見てた また戸柱選手にチャンスで回る でも二打席は全然ダメだった・・・あっという間に追い込まれて、頼むよ犠牲フライだけでも・・・ 快音が鳴り響く ......続きを読む»

劇弾二発。交流戦5割へ。

【ベイスターズファンの慟哭】

対 ロッテ戦 対 オリックス戦 更新が滞ってしまい、ようやくこのタイミングで時間が取れました。 今日のゲームまであと3時間程度。 あまり細かく振り返る必要はないでしょう。 ロッテ戦の宮崎の満塁弾。 凄かったですね・・・。 内角の変化球、明らかに窮屈そうに見えながら、その実しなやかにバットを回しました。 あのバット捌き。 天才と言われる所以を存分に見せつけた一撃でした。 昨日の戸柱の一撃も素晴ら......続きを読む»

戸柱の得点圏打率と、今は課題を覚える配球について

【いろいろ所持雑感】

戸柱のホームラン、凄かったですね。 ストレート一本に絞っていたような打ち方でしたが見事でした。 まぁ、相手もストレートしか投げていませんでしたので(前の打者から)、その球で待つこと自体、別に不思議でもなんでもないです。 どちらかと言うと、オリックスバッテリーの若さも覚えた配球でもありました。 リーグが違うので黒木の傾向をあまり知りませんが、データで確認した所、配球の80%がストレートというタイ......続きを読む»

オリックス第1戦は、井納投手の好投と戸柱選手の逆転スリーラン

【YOKOHAMA lover】

井納投手がよく踏ん張ってくれました。オリックスの西投手は、今季はもうひとつ勝ち星がないとは言え、昨年まで3年連続二桁勝利の投手です。完封されることはなくても、2,3点しか奪えないだろうと予想され、勝利のために井納投手に許される失点は2点だと思っていましたが、まさにその2失点で7回まで投げきりました。球数はまだ90球で、続投の選択肢もあったかと思いましたが、直近の試合で続投が裏目に出て逆転されていたこ......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/06/16、対オリックスバファローズ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

ベイスターズ6-3バファローズ 勝利投手:三上 敗戦投手:黒木 セーブ:山﨑康 ※井納選手は、素晴らしい仕事をしてくれました。わずか90球で7回を投げ切って2失点。 勝ち星こそ付きませんでしたが、先発投手の勲章は勝ち負けよりも投球回にあります。 立派に、エースとしての役割を果たしてくれたと思います。  また、三上選手が追いつかれてしまったのですが、彼は3連投です。ちょっと責めるわけには いかない......続きを読む»

日替わりで現れる打のヒーロー 次は投の方でぜひ

【素人目線のベイスターズ考察】

最近残業ばっかり また最後の休み時間から、妄想観戦日記の始まりです 18時15分ころ 最後の休みに一球速報チラリ おっとリードしている 1-0 ところがいつもこの時間には不安が走る 初回に大量点が入った楽天との2戦目くらいか・・・今日は井納投手 2回倉本選手のファンブルから突然ストライクが入らなくなったようだ みるみる間に満塁 しかし打力がやや劣る若月選手は併殺打 ふーいったいなんだったんだ? 食事......続きを読む»

井納好投。戸柱の決勝3ランで3連勝!

【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

今日は追いつかれた直後の8回裏、 2死一、二塁で戸柱の強烈な3ランが飛び出して3連勝。 交流戦成績も五分に戻すことができました。 ただ、欲を言えばやはり井納に勝ちをつけてあげたかったですね。 バファローズ打線が割と早打ちだったこともありますが 7回わずか90球で2失点。 8回は予定通りの継投で三上が最後追い込んでから スライダーが中に入ってしまって ロメロに同点打を浴びてしまったのが残念ですが、 ......続きを読む»

横浜、ロッテでプレーしたホセ・カスティーヨがイタリアリーグのパルマに加入!

【世界の野球】

横浜ベイスターズ、統一ライオンズでもプレーした元メジャーリーガー、ホセ・カスティーヨがイタリアリーグのパルマに加入! 去年はメキシカンリーグでプレーしてましたね pic.twitter.com/UO7YhZLsui— 世界の野球 (@sekainoyakyu) 2017年6月13日 というニュースが入って来ました。このツイートの時点ではすっかり忘れてましたが千葉ロッテにも在籍してました......続きを読む»

チーム内打点数2位・戸柱の勝負強さ

【ハマの星になれ】

オリックスとの試合。3-3で迎えた、8回裏2死1,2塁、6番戸柱がオリックス・黒木の低めの直球を完璧に捉え、勝ち越し第3号スリーラン。 これが決勝打となり、6-3で勝利しました。 戸柱の得点圏での強さは、ものすごいですね。これでチーム内の打点数は 1位 ロペス 52打点 2位 筒香  30打点 2位 戸柱  30打点 4位 梶谷  28打点 5位 宮崎  27打点 なんと、筒香と並んでチーム2位......続きを読む»

6.17 3連勝 戸柱の劇的スリーラン。

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

今日は井納と西の投げ合いと呼んでいい試合でした。 ですが、球数的には最後までいけた気もしないでもないです。 そして、もう一つ悔やまれるのは 8回ツーアウト2塁で、ロメロの場面。 あそこは敬遠で良かったと思う。 オリックスの中心であり、 水曜日の広島戦も、ジャクソンから同点スリーランを放ってる。 安易に勝負に行ったのか⁉と疑問に思った。 オリックスは、割と中継ぎ陣が充実してること、 ......続きを読む»

ベイスターズがそろそろ勢いづいてくるかも問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

6月16日 横浜スタジアム(ホーム) De6-3オリックス 勝利投手 三上 (2勝1敗0S) セーブ 山崎康 (1勝1敗8S) 本塁打 ロペス14号(1回裏ソロ)、戸柱3号(8回裏3ラン)  快勝でしたね。先発の井納投手は途中、崩れかけましたけど、よく持ち直しました。外のスライダーがうまく決まりましたね。井納投手は150km近いストレートがあって、変化球にキレがある。コントロールも悪くない。総合力......続きを読む»

* 特命、ラミレス監督よ、交流戦が終わったら筒香クンを3番にせよ。

【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

ってね(笑) 今日の最初の打席は 四球。 今日どうなるのか? そいつは 分からんけれど(笑) このままいったら ホームラン20本も 怪しい まー 打点は70ぐらいは って それが “今のところ”だろ?(笑) そう ベイスターズの 筒香選手ね。 彼は オレ個人的に 今のプロ野球で 最も気になる選手 そのひとりなのよ(笑) 実際 筒香クン絡みでの エントリー ってのは 選手単位じゃ ......続きを読む»

「彼」の常識外れのバッティングをさらに細かく見る

【野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ】

 彼とは誰の事か皆さんお気づきだろう。横浜DeNAベイスターズの宮崎敏郎選手だ。 遅れてきたハンカチ世代、まだこんな選手が残っていたのかといやはや驚き隠せない。      というリアクションを他球団のファンの方は抱いていただけているのではないだろうか。  先日規定打席に到達。そこからいきなり首位打者に踊りでて、さらには昨夜は劇的な技あり逆転満塁ホームランと、とにかく話題に事欠かない出来事が続いた。......続きを読む»

筒香を助けてくれ!宮崎!

【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

週の初めに「締めの1週間」と記事を書いたらロッテとの初戦を石田で落としてこりゃあかんわと思っていましたが、連勝で踏みとどまっていますね! なんか筒香があんま打てないなーと書くと翌日打つし、濱口はハマスタで大丈夫かな?と心配すれば好投するしで、的外れなブログばかり書いて恥ずかしい限りですw まあ素人なんで緩く甘くみていただければ助かります。 昨日は残念ながら試合が見れませんでしたが、速報でところ......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/06/15、対千葉ロッテマリーンズ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

ベイスターズ6-2マリーンズ 勝利投手:熊原 敗戦投手:唐川 ※熊原選手が5回2失点とゲームを作り、打線は五回に唐川選手を捉えてチャンスを作り、 宮﨑選手のグランドスラムで逆転。6回からは盤石の継投で逃げ切り、見事 マリーンズ戦の勝ち越しを決めました。打線は前半、何度もチャンスをフイにしてしまいましたが、 熊原選手がいつになく安定し、逆転するまで持ちこたえてくれました。こういった投球を 続けてい......続きを読む»

ロッテ戦第3戦は、今季もっとも嬉しい勝利のひとつだった

【YOKOHAMA lover】

交流戦が始まる前に妄想したのは、交流戦勝ち越しでした。昨年も広島が第3週に6連勝して交流戦に勝ち越して、そこから流れに乗りましたが、そこまで極端でないにせよ、毎年交流戦の結果は、ペンントレースの結果にまで大きく影響します。交流戦に勝ち越すぐらいでないと、とても優勝など望めません。しかし、ウィーランド、石田投手を欠き、代役の投手たちが誰も思ったような結果を出せず、筒香選手の完全復調もなく、第1週の段階......続きを読む»

ロペス2本塁打&宮﨑逆転満塁弾で快勝!

【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

交流戦5割のためにも必勝という試合。 先発熊原が5回78球の好投を見せれば、 打つ方ではロペスが4安打2本塁打。 宮﨑も逆転の満塁弾を含む3安打4打点。 6回からは田中健二朗から4人の継投で パーフェクトリリーフとまさに快勝。 最後のオリックス3連戦に 交流戦5割をかけて戦うことになりました。 それにしてもロペスと宮﨑はすごかったですね。 打ち出の小槌状態で振ればヒットという感じです。 特に宮﨑の......続きを読む»

宮崎敏郎の内角打ちが天才すぎる問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

6月15日 横浜スタジアム(ホーム) De6-2ロッテ 勝利投手 熊原 (3勝1敗0S) 本塁打 ロペス12号(1回裏ソロ)、宮崎5号(5回裏満塁)、ロペス13号(7回裏ソロ)※Deのみ  快勝でしたね。ベイスターズファンの皆さん、おめでとうございます。関係ないですけど、この日、レフトDB席がガラガラだったのはなんだったんですかね。まあいいか。  先発の熊原投手はこれまでよりも抜け球が少なかった......続きを読む»

宮崎敏郎の打撃に落合博満のエッセンスを強く感じる。

【1998の感動をもう一度】

皆様こんばんは。 今夜も車中でスポナビ速報を追っていたら、五回の満塁の場面で宮崎。 前打席も連続ヒットで、タイムリーあわよくば満塁HRなんて打ってくれたら夢のようだけどと期待してたら、本当に彼自身初の満塁HR。 手がつけられませんね。 嬉しすぎて、後から動画を何度も見たけど、2-2から唐川が外角へ狙った緩い変化球かインサイドに抜け、咄嗟の体の反応で左肘をたたみ、体をくるっと回して放ったHR。 失投......続きを読む»

4連勝と5割の壁

【鯨の遺伝子】

交流戦も終盤に入り、ロッテとの3連戦。 開幕投手石田の復帰戦となった初戦を嫌な形で大敗したものの、昨日今日と盤石の試合運びで連勝し、カード勝ち越し。 復帰戦のピッチャーの継投は難しいものですね。 他チームの話になりますが、山口もノーヒットのまま下ろして結果成功。石田は好調中継陣に引き継いでの大敗。 当初軽傷を匂わせてからのしっかり時間をかけて復帰したエース。二軍とは言え7回も投げてましたし、もう......続きを読む»

6.15 連勝 宮崎のホームランは流れを変える。

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

今日の熊原は、 監督から信頼されてないこと、 パラデスに2度どでかいアーチを喰らってるので、 5回での降板となりました。 けど、それ以外は素晴らしいピッチングでした。 ハマスタでソロは許容範囲といったらおかしいですが、 ソロで済んだから、まだ良かったです。 打線は3回はチャンスで筒香が見逃し三振。 4回はノーアウト1塁2塁のチャンスを作るも、 宮崎がランナーのためか、 選択肢が狭......続きを読む»

先制点で流れを握る。快勝。

【ベイスターズファンの慟哭】

対 ロッテ戦 初戦を落として、負けられない2戦目。 見事に意地を示してくれました。 ポイントはやはり初回でしょう。 先発はチェン投手。 元DeNAであり、活躍を願ってやまない選手ではありますが、直接対決では道を譲るわけにはいきません。 先頭の桑原が2塁打で出塁すると、田中、ロペス、筒香と安打を重ねてまず2点。 宮崎は併殺に倒れますが、その間にもう1点。 計3点を奪います。 これで先発の濱口が楽......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/06/14、対千葉ロッテマリーンズ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

ベイスターズ5-2マリーンズ 勝利投手:濱口 敗戦投手:チェン ※初回に4連打を集中して3点、2回に筒香選手のソロHRで1点を追加し、 勝ちパターンを全員投入した贅沢な継投でリードを保って逃げ切り。  安心感のあるいい試合運びで、マリーンズとの対戦成績をイーブンにすることができました。 濱口選手はちょっとマリーンズ打線に粘られたこともあって球数が嵩み、6回途中で 降板ということになりましたが、こ......続きを読む»

結果・先に繋がる配球が出来たのでは。

【星の集い】

濱口選手一押しのファンとして、昨日の配球は良かったです。 濱口選手のいいところは、ストレートの球威、そしてチェンジアップ。 そして何より、三振(空振り)がとれること。 悪い所は、アバウトなコントロール。 危惧していたのは、後半戦、体力が落ちて、ストレートにキレがなくなれば、 どういう投球をするのか? 濱口選手は、結構ランナーを出し、三振という武器で切り抜けてきたように 見えます。もし、......続きを読む»

濵口投手、ホーム初勝利で交流戦3連勝

【YOKOHAMA lover】

昨夜はロッテに快勝しました。もっとも、若きエース候補濵口投手と、ロッテはチェン投手の先発だった昨夜の試合は、勝ってもらわなければ困る試合でしたから、私としては勝ってほっとしたというところが本音でしょうか。 濵口投手は交流戦3連勝ですが、昨夜が一番出来が悪かったです。1試合目の札幌ドームでの投球が一番良くて、ストレートの球速も多くが145キロを超えており、右打者のインロー、左打者へのアウトローへにス......続きを読む»

2017年6月14日 千葉ロッテvs横浜DeNA (平塚) の感想

【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

 今日は巨人に移籍した山口俊選手が初登板をする予定でしたので、平塚には行かずに1軍の試合をテレビ観戦するべきか迷ったのですが、やはりテレビよりも球場で見る方を優先するべきだという僕の野球ファン哲学に則り、平塚に行くと決めました。  山口選手、初登板初勝利にノーヒットピッチングに両チーム初ヒット、お見事でした。これからのご活躍を祈念いたします。願わくば3年位したらベイスターズに帰ってきてい......続きを読む»

ベテランの明暗

【素人目線のベイスターズ考察】

今日は快勝ですが、昨日のエントリーです 昨日は仲間と雨に濡れながら観戦していたので・・・今日の試合が見たかった そんな今日観戦したファンの仲間たちへの嫉妬も込めての恨み節込みで読んでください さて昨日の試合は、今まで見た中でももっとも見どころがない寒い試合でした・・・チャンスらしいチャンスもない試合 その中でいい点と残念だった点を一つづつ書こうと思います 良かったところ 8回 1アウト1,2塁で......続きを読む»

配球の妙を堪能できた素晴らしい夜でした

【いろいろ所持雑感】

いつも、自軍投手の配球を中心に見ていますが、今日は堪能できました。 素晴らしい。 横浜が攻撃している最中は、打てよっ しか考えず、配球は、それほど意識してないのですが、 守りに入ると、どう打ち取るか、考える事が多いです。 本当に良い捕手になりました。 高城。 このプログ読者なら、ご存じのとおり、高城を褒める記事が増えて来ていますが(昔は逆です)、実に感慨深いです。 濱口だけなら、こ......続きを読む»

初回、鮮やかな速攻で連敗ストップ!

【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

もう1回チャンスがあると思った須田でしたが、 加賀と入れ替わりであっさり二軍へ逆戻り。監督、厳しいですね。 でもこれにめげずに昇格のチャンスをつかんでほしいと思います。 さて、今日はここでなんとか連敗を止めたい、という試合でしたが 初回に先頭の桑原からあっという間の連打攻勢で3得点。 3回には筒香が低めのストレートをセンターオーバーの6号ソロ。 打線の援護もあって濱口が5回まで無失点の好投。 6回......続きを読む»

梶谷隆幸がスタメンに戻ってきたら何番を打つのか問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

6月14日 横浜スタジアム(ホーム) De5-2ロッテ 勝利投手 濱口 (5勝3敗0S) 本塁打 筒香6号(3回裏ソロ)※Deのみ  本日、観戦されたベイスターズファンの皆様。おめでとうございます。勝ちパ投手リレー&筒香選手本塁打という、見たいものが全部見れたような試合でしたね。  梶谷選手のケガもあって、本日は打順の変更がありました。田中浩康選手が2番、倉本選手が6番に入りました。9番ライト......続きを読む»

LOB率で見た横浜の課題と、その伸び代について雑感

【いろいろ所持雑感】

二年目の捕手に対し、厳しめのコトバが多いですが、 戸柱のバッテリー主体のリード傾向もあり(相手も、それを織り込んでいる)、今年、横浜のLOB率はリーグ最低を記録しています。 多くの野球ファンにとって、なじみのない数字かもですが、残塁率と考えて下さい。 リーグ平均73.1%に対し、横浜は70.4%。 1位 阪神 75.8 2位 巨人 74.6 3位 中日 73.1 4位 広島 72.9 5位 ヤ......続きを読む»

おかえり石田。くじけるな須田。次が大事、国吉。

【ベイスターズファンの慟哭】

対 ロッテ戦。 やられました、、、完敗です。 更新が随分遅くなってしまったので、細かな試合の流れはもういいでしょう。 石田はよく投げてくれました。 復帰戦5回1失点なら上出来です。 戸柱もよく彼を助けましたね。 石田がいるのといないのとでは、ローテの回り方が全く違います。 どうか肘の状態には気をつけて、ここからの活躍を期待しています。 反面、須田は苦いマウンドになりましたね。 清田選手に打たれ......続きを読む»

このままではいつもと同じになっちゃうぞ!

【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

昨日の試合はかなり大事だと思っていたので負けっぷりも含め残念です。 確かに雨が理由で良くなかった部分もあると思います。 ですがそれは相手も同じ条件ですし、ましてこちらはホームですから。 まあ競馬のように重馬場の得意不得意はあるとは思いますけどねw 石田は怪我明け+雨ということを考えれば充分の内容でした。 田中はそこまで悪くはないと思います。 須田は重馬場×っぽいですし、休み明けもあったかもし......続きを読む»

筒香バブル

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

これは、主観です。 カープファンのみなさん、申し訳ありません。 そして、データを見ても打撃力と投手力の素養が違うことも理解してます。 けど、決定的に似ている点があります。 「バブル」に呑み込まれてる点です。 この成績なら、去年なら今年ほど言われてません。 ですが、見ていて思うのは ベイスターズは「筒香バブル」があまりに大きくて、それについて行けてない感じがします。 今年のベイスターズ......続きを読む»

雨の中の須田幸太の左足問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

6月13日 横浜スタジアム(ホーム) De1-8ロッテ 敗戦投手  石田 (1勝3敗0S)  雨の中で観戦されたベイスターズファンの皆さん、お疲れ様でした。風邪を引かないようにしてくださいね。  本日の試合は6回の5失点が全てでした。まず登板したのはタナケン投手ランナー2人出すも、2死を取って降板。右打者を迎えるところで須田投手が登板しました。  …で、須田投手のこの日の成績は1/3、被安打......続きを読む»

【号外】3連敗。ここが踏ん張りどころ。負けるな須田幸太。

【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

負けたときは原則更新はしない当ブログですが、今日は号外です。 雨のホームゲーム。 1軍復帰の須田幸太が試合を壊してしまい惨敗。 痛い3連敗となりました。 この3試合、収穫と言えるのは日曜日に1失点完投の今永と けがから復活登板だった今日の石田くらいでしょうか。 打線は精彩を欠いていて交流戦打率は ヤクルトをかろうじて上回る.225で11位。 とにかく筒香がこの状態では、厳しいです。 投手は先発が足......続きを読む»

光の見えない惨敗劇 対ロッテ戦

【独断と偏見の横浜応援ブログ】

雨の中、球場で応援された人たちは気の毒でした。 「ロッテより弱い」は弱小チームに使われる表現として おなじみですが、実際に当たってみるとわがチームは弱 いどころではありませんでした。 石川に初勝利を献上。日曜日のウルフのように手も足も 出なかったわけではありません。石川が決して良いとは 言えませんでした。生き返らせて乗せてしまったのはう ちの打線の力のなさ。前半ストレートを誰も前に飛ばせ ない打......続きを読む»

戸柱の、えいやっ配球と、その背景について雑感

【いろいろ所持雑感】

平良と戸柱が組んだ西武二回戦。 えいやっ配球が発動し、平良は今シーズン、2回目の2回、ノックアウトとなっています。 相手が打てる可能性が高い佐野という事もあり、嶺井と平良のような丁寧な配球するモノと期待してましたが、結果はエイヤッを戸柱、平良バッテリーは選択しています。 平良と嶺井の配球分析については、こちら 外一辺倒だった嶺井の配球について雑感 平良と、戸柱が組んで玉砕した広島戦の分析は、......続きを読む»

先週(17/06/06-17/06/11)の投手成績まとめ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

 先週は3-3と、五分の成績を残したベイスターズ。 6試合の失点は1→6→8→3→6→1、合計25失点、1試合平均4.17点でした。 そこまで悪い成績ではありませんが、投手力で勝てる、という数字でもないでしょう。 得点は27点、平均4.50点でややプラスですが、大して差が付いていませんから、3-3という 戦績は妥当なところかと思います。  ここでは、先週の記事同様、火曜から日曜までの6試合の投手成......続きを読む»

締めの1週間!

【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

先週末は色々忙しかったですが速報で追っていました。 初戦は宮崎の一打で最高の試合(筒香も粘っての四球が良かったです) 2戦目は平良炎上で敗戦。 ただこの試合は序盤のチャンスを活かして乱打戦に持ち込んでいたらワンチャンあったと思いました。 3戦目は今永見殺し。 1-0の敗戦は堪えますね。 8回の攻めが全てでしょう。 バントしないならエンドランというとこですが、0-2カウントではちょっと難しいです......続きを読む»

2017年ベイスターズの本来あるべき姿

【YOKOHAMA lover】

山口投手が去って、球団は開幕(予定)投手にして勝ち頭の先発投手の穴を埋めることを、補強の最優先にせざるを得なくなりました。ドラフトも山口投手にかわる右の先発候補を獲得するというのが優先だったと思われますが、柳投手、佐々木投手と抽選を外して、結局左腕の濵口投手を外れの外れの1位指名で獲得することになりました。 いずれにせよ、ルーキーだけで山口投手の穴を埋めることはできませんが、幸いファンが増え、球団......続きを読む»

ベイスターズの谷間の先発投手は他球団と比べるとどのぐらい弱いのか、を比較して検証

【温故知新ベイスターズ~2017】

交流戦4カードが終わり、ベイスターズは5勝7敗と、負け越していますが、先発ローテが谷間3人もいて、今も入れ替えが頻繁な不安定状態、打線は4番の筒香が交流戦打率.211、本1、OPS.734と打てないのに代表されるようにチーム打率最低の.227、という投打とも良くない状態の中で、この成績は十分健闘していると思います。 特にここ2年勝てていなかった楽天に勝ち越し出来、7連敗していたソフトバンクに1つ勝て......続きを読む»

ベイスターズの育成方針はこれで良いのか? その3

【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

 今季は嶺井選手がマスクを被る機会が昨季と比べて増加しています。昨季はトータルで11試合の出場に留まったのが、今季は既に13試合に出場していますので、もちろんスタメンで起用される機会も増えているのであります。  それで、出場試合数が増えたのですから、昨年ファームで苦労したような事柄が色々と成長の跡として見えていておかしくない筈だと思うのですが、目下のところ、皆様の感想はいかがなものでしょうか。......続きを読む»

先週(17/06/06-17/06/11)の打撃成績まとめ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

 先週は、イーグルス、ライオンズというパ・リーグの上位チーム相手にビジターで3-3と、 上々の成績を残したベイスターズ。 6連戦での得点は9→10→2→4→2→0で27点。一試合平均4.50点です。やや偏りはありますが、 勝つために十分な得点力だったと言えるでしょう。4点以上獲得した試合では全て勝利しているのは、いいことです。  この記事では、先週の記事と同じように、先週行われた6試合の打撃成績を......続きを読む»

二遊間の弱点が解消されないところから、育成力を嘆く

【DeNAベイスターズウィークリー評論】

6/11 De0-1西 久々の更新になります。こんばんは。 昨日は惜しいゲームでしたが、打線がウルフ投手を打てずに敗れました。 今永投手が今期一番の内容だったので、無援護だったのが可愛そうでした。 最近見ていると、やばりベイスターズの弱点は二遊間であることをつくづく感じます。 白崎・柴田両選手の故障はかなり痛いですが、こればかりは仕方ありません。 多分明日あたり山下選手が一軍に合流することにな......続きを読む»

今永投手とウルフ投手の投手戦に惜敗するも、人間万事塞翁が馬

【YOKOHAMA lover】

昨日は今永投手とウルフ投手の投手戦に惜敗でした。 今年の交流戦も戦前に先発予想と勝利数の皮算用をしてみましたが、ここまで私にとって最大の誤算は、交流戦直前に離脱したウルフ投手がもう少しかかるかと思っていたのに、最短で戻ってきて、ベイスターズが対戦することになってしまったことでした。5月29日のブログにも、「千賀、則本、菊池投手との対戦は避けられないとしても、美馬、東浜、岸、ウルフ、金子、高梨投手ら......続きを読む»

交流戦も立ちはだかる五割の壁

【鯨の遺伝子】

いやー、交流戦も五割の壁が高いですね。 楽天戦で勝ち越して、意気揚々と所沢に乗り込んだ訳ですが、西武相手に一勝二敗と負け越し。 初戦で抑えの増田から宮崎の値千金の逆転ホームランで勝ちをもぎ取って最高のスタートを切ったんですが、またもその勢いに乗れず連敗。 今日の試合は今永が今季一番と言っても良い出来だっただけにもったいなかったですが、ウルフのあの投球内容と失点のシーンの金子の走塁は仕方ありませ......続きを読む»

エレラ・エリアンの悲壮感ある顔なんか見たくない問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

6月10日 メットライフドーム(ビジター) De0-1西武 敗戦投手  今永 (3勝4敗0S)  本日は出かけていて、8回裏と9回表しか見れませんでした。今永投手は8回裏でもキレのある投球をしていましたね。失点は内野ゴロによる1点。8回まで112球。ほぼ完璧なピッチングだったのでしょうね。  テキストベースで後追いなのですけど、どうやら攻撃陣にチャンスが訪れたのは5回と8回。そのどちらにも関わっ......続きを読む»

昨日は現状の課題が大きく出た試合でした・・・

【ホエールズ~ベイスターズ~DeNA】

皆さんこんにちは 昨日の試合に関しての監督語録や起用について、またファンからの苦言がいくつか、出ていますが、それが僕はそのまま今のベイスターズの課題だと思っています。逆に言うとそれが解消されない限り優勝争いなどは覚束ないでしょうね。 ①先発 平良  めずらしくラミレス監督が苦言を呈してましたが、僕は内容よりも姿勢にあったと思います。秋山のホームランもそうでしたが、2回の四球など厳しく内角を攻め切......続きを読む»

メットライフを包んだ熱気、ベイファンの為にも今日は勝ちましょう!

【1998の感動をもう一度】

皆様おはようございます。 昨日は、ベイファンではないが野球好きなテニス仲間とライトスタンドで観戦。 試合の1時間半前だというのに、西武球場前駅は大変な熱気。 これはイカン。 早く座る場所を確保しなければとそそくさとビールを移し替え、なんとか2人分のスペースを確保。 さすがベイ人気もあるのだろうなと、横浜方面から続々来られる本軍ファンに別働隊の我らは何とも心強い。 実際、前回の広島戦より来場者は多く、......続きを読む»

ベイスターズ、若い先発投手がチャンスをつかんでくれない問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

6月10日 メットライフドーム(ビジター) De2-6西武 敗戦投手  平良 (1勝3敗0S)  西武ドームの観戦はほとんどピクニックですね。負けたけど楽しかったです。家に帰ったら即、寝てしまいました。つかれたー。  試合についてはですね。平良投手の立ち上がり大崩れで決まってしまったですね。とはいえ、3点差までは追いついていて、国吉投手、平田投手が中盤をきっちり抑えてくれていたので、逆転のチ......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/06/10、対埼玉西武ライオンズ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

ライオンズ6-2ベイスターズ 勝利投手:ガルセス 敗戦投手:平良 ※序盤で5失点してしまっては、勝つのは難しいです。エラーも絡んでの失点ですから、 平良選手だけの責任ではないのですが、問題は2回、30球ほどで既にボールに力が無くなって きていたように見えたことでしょうか。初回に飛ばしすぎたのかな、とも思いますが…  攻撃面では12安打と良く打ったのですが、連続安打は最大で3と、あまり繋がってくれ......続きを読む»

6.10 敗戦 宮崎敏郎の「インパクト」

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

平良の投球はまだまだでしたが、 チーム事情が、許してくれませんでした。 本当に前の試合勝っていて良かったなと。 ですが、プロ野球ニュースでこの試合を見て思ったのは、 パワーやスピードの差だけでは推し量れない試合だったことも確かです。 何故か、金曜日の試合は ライオンズはエース菊池雄星の登板試合で落としました。 これはあまりにも痛すぎます。 今日の試合、先に2点取られました。 です......続きを読む»

交流戦勝ち越しに黄信号

【YOKOHAMA lover】

平良投手は現状まだ1軍の打者には、なかなか通用しないようです。今日の結果を受けて、登録抹消になりそうです。 交流戦勝ち越しを妄想している私としては、今日の試合を中5日で今永投手、明日の試合を石田投手と期待していましたが、実際にはそうなりませんでした。ラミレス監督は既に先日、交流戦の目標は勝ち越しではなく勝率5割だと語っていましたので予想はしていましたが、今日は平良投手の先発でした。石田投手の状態は......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/06/09、対埼玉西武ライオンズ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

ライオンズ3-4ベイスターズ 勝利投手:パットン 敗戦投手:増田 セーブ:山﨑康 ※宮﨑選手の素晴らしいHR(結果はもちろん、HRに至る過程も素晴らしかったです)で 逆転勝ち。あの打席は、球数を経るごとに期待感の高まっていく痺れる場面でした。 その高まるだけ高まった期待に、完璧に応えてくれた宮﨑選手。打った直後の姿、 レフトスタンドへと飛ぶ軌道の美しさ、シーズンを振り返ったとき、間違いなく ハイラ......続きを読む»

スター誕生

【YOKOHAMA lover】

私はチームが今より強くなるためにまず第一に必要なのは、サードを守る右の強打者であると思い、昨年はロマック選手に報われることのない期待を抱き、今年は白崎選手の打撃覚醒という実現可能性の低いことを妄想していましたが、実はその選手は既にチームにいたのでした。 宮﨑選手の打撃には、梶谷選手が天才と呼んだという素晴らしいものがあることは分かっていても、これほどの仕事をやってのける選手とは思っていませんでした......続きを読む»

難敵を突破。土壇場からの逆転勝利。

【ベイスターズファンの慟哭】

対 西武戦。 やってくれましたね。 見事に宮崎が魅せてくれました。 相手先発は菊池投手。 いまや左腕で日本球界トップの選手です。 その看板に偽りなし。 恐ろしい剛球をミットに放り込み続けます。 しかし、立ち上がりに難がある菊池投手。 そのわずかの間隙を田中浩が突きました。 甘い球を思い切り引っぱると、打球はそのままスタンドに。 まさかのツーランHRで、2点を先行します。 こちらの先発井納も持......続きを読む»

チームの危機になり得る柴田のケガ、そして今のファームのショート候補の現状

【温故知新ベイスターズ~2017】

今日の出場選手登録抹消の情報を見て、僕はヤバイと思ったことがありました。 今日の登録抹消は、エリアンが登録、三嶋と柴田が抹消になりました。 三嶋の抹消は、昨日の内容を見れば当然なので、これはやはりな、という感じでしたが、次の柴田の抹消は、え?どうして?でした。 最近マシソンやサファテなどの、速球派の投手の球を力負けせずヒットを打てるようになっていますし、先週のバンデンハークのカーブなどにも2,3......続きを読む»

宮崎敏郎と田中浩康の”やきう力”問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

6月9日 メットライフドーム(ビジター) De4-3西武 勝利投手 パットン (3勝2敗7S) セーブ 山崎康 (1勝1敗7S) 本塁打 田中浩1号(2回表2ラン)、宮崎4号(9回表2ラン)  本日、観戦したベイスターズファンの皆さん、よかったですね。スポーツニュースで映ったレフトスタンドの悦びっぷりが22v型テレビの画面を通して、私の元まで伝わってきました。年間通しても稀に見る好ゲームだったので......続きを読む»

宮﨑の劇的な2ランで交流戦5割復帰!

【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

舞台を所沢に移してのライオンズ3連戦。 初戦は宮﨑の素晴らしい一振りで劇的な逆転勝利。 相手先発が菊池雄星だっただけに本当に大きな1勝になりました。 2回先制の田中浩康の移籍1号も見事なもので、 井納も頑張っていただけに勝ちをつけてあげたかったのですが、 7回に捕まって逆転を許してしまいます。 1点差ですが展開としては負けパターン。 そんなところで相手のリリーフエースから 粘ったあげくの失投とはい......続きを読む»

国吉佑樹に見た夢

【野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ】

 交流戦も早3カードが終了し4カード目に突入。今日は宮崎の劇的な逆転アーチで勝利をもぎ取り、ここまでで横浜DeNAベイスターズは5勝5敗と5分でここまで来ている。先発陣が不安定な中、なかなか良く戦えている方ではないだろうか。      特に楽天との対戦は運も良かったということで、1戦目は濱口の素晴らしいピッチングと投打がかみ合う完璧な試合運びで勝利。楽天は山形の呪いを払拭できずに未だ山形では0勝7敗......続きを読む»

宮崎!素敵だ!素敵すぎる!だから、ケガだけは注意してください!

【1998の感動をもう一度】

皆様こんばんは。 今日は、帰りの電車でスボナビ速報を追っていたら、九回2-3の劣勢から宮崎が抑えエースの増田から、起死回生の逆転ツーラン。 心の中で、やったー!、宮崎!君は素晴らしい!素晴らしすぎるを連呼。 駅に着いた途端、ヤスアキが九回を抑え、ゲームセット。 6連勝で波に乗る好調ライオンズ相手に見事な逆転勝ち。 もしかして、今期1、2を争うベストゲームなのでは? 相手は、エース菊池雄星で、今......続きを読む»

劇勝。全てを振り払う宮崎の決勝ツーラン

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

今日の試合は相手が菊池雄星でした。 ですが、2回になんとなんと田中浩康のツーランで先制。 だが、これでエンジンがかかった菊池雄星は 打てやしない状況でした。 勝つなら、このまま進むしかない。 そう思いました。 それに井納も応えました。 だが、7回は代打水口のツーベースが痛かったです。 ベイスターズは 勝つならこれしかないという展開だっただけに、 1アウト2塁3塁なら同点やむなしで......続きを読む»

継投の妙と天才の一振り。。。

【ホエールズ~ベイスターズ~DeNA】

皆さん こんばんは 実は今日3本目の投稿です。時間があったとはいえ・・・それほど嬉しかったのでご容赦ください。 まずは天才の一振りですね。 ずっと推してた宮崎がついに覚醒してくれました。去年からの活躍や先日のソフトバンク戦での四球などレギュラーとしては充分な働きを見せてくれてましたが、これといったインパクトがある活躍も少なかったのも事実。その男が多分プロ生活でも1、2を争う思い出に残るホームラン......続きを読む»

すごいぞ!ベイスターズ!

【素人目線のベイスターズ考察】

こんな試合になるなんて・・・・好投手、菊池雄星から田中浩康選手の値千金の2ラン そして仕事が終わるときは6回が終わったところだった まだ井納投手が抑えている 逆転されていてもおかしくなかったが・・・ すごい 7回からは継投かな・・・ でも井納にはエースになってもらわないと・・・そんな想いもあるから続投は理解できる ところが結果7回につかまり、3連打で同点・・・ それと砂田投手の痛恨のボーク ショート......続きを読む»

三嶋は相当何かを変えないと厳しいと言わざるをえませんね。

【ホエールズ~ベイスターズ~DeNA】

皆さんこんにちは 昨日の試合については先日のブログで書きましたが、三嶋が6回2点くらいに抑えてはじめて勝負になると思っていたのでまあ順当な結果だったのではないでしょうか。 試合が決まってからだったとはいえ、国吉、平田の内容は良かったですし、打撃のほうでもシリアコにヒット(今日、明日とスタメンだと思うので)が出ましたし、梶谷もホームラン含む2安打と筒香は猛打賞と負け試合ながら収穫も多かったです。 ......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/06/08、対東北楽天ゴールデンイーグルス

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

イーグルス8-2ベイスターズ 勝利投手:則本 敗戦投手:三嶋 ※昨日の試合は、則本選手に尽きるかと思います。大勢の決した6回以降に2点を 奪うことができましたが、それもほぼ梶谷、筒香選手の二人で取った得点ですし、 5回まではちょっと打ち崩せそうにない投球を見せていました。  それに加えて三嶋選手が被安打10、被本塁打3と、平たく言って打たれ過ぎ、と言って良い 内容でしたから、これはちょっと勝てる......続きを読む»

「三浦大輔」という存在の大きさ

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

昨日の試合は、則本昂大ショーでした。 けど、今のメジャーはカーショーでもダルビッシュでもポンポンホームラン打たれる世界ですから、このまま通用するかは分かりません。 そんな、則本でも「田中さんの…」と言っていた訳ですから、 前任者があまりに偉大すぎると、 その後遺症に苦しむケースは少なからずあります。 ベイスターズは 三浦大輔の影響が良くも悪くも大きすぎます。 大投手なのは間違いないです......続きを読む»

三嶋と白崎と背水の陣

【百万の綺羅星】

やるしかない。 逃げて生き延びる可能性はゼロ。 逃げようと思ったときが死ぬときだ。 それが背水の陣である。 人生の岐路。 進退を懸けた大勝負。 そこで結果を出せなかったのが、白崎と三嶋だ。 もう先などない。 結果を出すしかない場面で結果を出せなかったのだ。 どう転がろうとも、今後、別の場面で結果を出すのは無理だろう。 共に野球IQの低さが招いた結果だ。 出来もしない下手糞なヘッドスライディングで、......続きを読む»

筒香完全復活か!?

【鯨の遺伝子】

パ・リーグ首位楽天相手の3連戦。 二勝先勝して、3連勝で波に乗って理想的な状態で3戦目を迎えましたが、流石に勢いだけではあの則本には勝てませんでしたね。 それでも二勝一敗で交流戦初の勝ち越し。 調子の良さそうな則本から猛打賞、全ての試合で打点をあげた筒香はついに完全復活と見ても良いのではないでしょうか。 中継ぎ陣も安定していますし、本当に後は先発が何とかなればというところまで来ました。 し......続きを読む»

気を引き締めていきましょう

【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

今の則本に当たってしまったのは運が悪かったと割り切りましょう。 三嶋vs則本でしたし佐野を使っている時点でお試し感の強い試合でした。 試すにしてもDH宮崎、サード柴田とかの方を見たかったですけどね。 佐野・シリアコはまだまだ1軍レベルでは無さそうですし、速球に強い柴田を見てみたかったです。 今期、少し良いところを見せた選手が使われないうちに調子を落としていくのを何度も見ているので次は柴田がそうな......続きを読む»

楽天戦に勝ち越し、西武戦に臨む(三嶋、柴田選手抹消、エリアン選手昇格)

【YOKOHAMA lover】

恥ずかしながら、私は一昨日から昨日の午後まで、何度も仙台の天気予報を確認して雨を願い、だんだん予報が悪くなっていく(雨が少なくなっていくという意味です)のを見て、がっかりしていました。さほど現在の則本投手の投球は良いのです。ベイスターズの先発が誰でも、まず勝つのは難しいのは分かりきっていたので、つい雨乞いという姑息な道に走ってしまいました。しかし、結局試合は行われ、案の定の大敗でした。 しかしその......続きを読む»

がんばれ!真吾 背番号34

【素人目線のベイスターズ考察】

則本投手は、敵ながら天晴れ! セリーグにも菅野投手といった好投手はいるが、則本投手はまた一段とすごく感じた チームとして「三振しないように」コツコツあてて内野ゴロの山を築くのは勘弁・・・と思っていたので勝ち越しただけ良いとする まあ三嶋投手には、悪いけれどすでにあまり期待をしなくなってしまったので、好投手相手に、かつて大学時代投げ合った相手にどんな投球をするかと思っていたが、少し多く取られたなと ......続きを読む»

敗戦も投打に収穫あり。ただし三嶋は論外

【独断と偏見の横浜応援ブログ】

則本相手ですから負けるのも二けた三振取られるのも想定内。 筒香がタイムリーを含めて三安打、梶谷も2三振の後マルチ。 シリアコの復帰後初安打も大きい。明日菊池ですからスタメン 濃厚、気分良く試合に臨めます。 今日も中継ぎは無失点。4試合連続で中継ぎは無失点できてい ます。国吉は新フォームでまっすぐの力が見違えるようになり ました。コントロールも安定してますし。ただセットポジショ ンでどうかという問......続きを読む»

三嶋一輝と国吉佑樹と平田真吾問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

6月8日 Koboパーク宮城球場(ビジター) De2-8楽天 敗戦投手 三嶋(0勝1敗0S) 本塁打 梶谷9号(8回表ソロ)  観戦されたベイファンの皆様方、ご苦労様でした。則本投手、連続試合2桁奪三振記録、おめでとうございます。ストレートが速くて、フォークのキレもよく、ちょうどいいところに落ちますね。これはなかなか打てないですわ。  ウチの打線としては、筒香選手が3安打。いい当たりが出てきたの......続きを読む»

見極めの出来た試合

【星の集い】

昨日の1回の攻撃は、理想的の攻撃だったと思います。 打つ時は打つ!見る時は見る! 昨日の筒香選手のコメントのような攻撃でした。 試合の流れや兼ね合いを見て、強弱つけた攻撃ができたと思います。 特に、桑原選手が良かったです!初回の外角のカットボールを見逃し、 次の甘く入ったカットボールをレフトへヒット!見極めて、好球必打した感じでした。 見るときは見る、打つ時は、ドンドン狙う、そんな攻撃が......続きを読む»

西武ファンの皆様

【YOKOHAMA BAYSTAR LOUNGE】

明日からの交流戦、セパ3位同士の対決ですね。(同じ3位で状態はだいぶ違いますが・・・) おそらく今日の楽天戦は則本くんの前に沈黙、三嶋くんが今季初当番良くて4失点くらいでしょう。ちょっと諦めが早いようですが明日の試合のことを考えています。 交流戦を楽しんでもらうために西武ファンの皆様にベイスターズの情報を知って楽しんでもらおうと投稿しました。 さて、まず先発投手ですが、うちの先発陣はエース候補の石田......続きを読む»

ファンの方々に賛否両論のラミレス采配について

【ホエールズ~ベイスターズ~DeNA】

皆さんこんにちは 昨日は相手ピッチャーの乱調があったとはいえ、首位の楽天に対し、終始リードする展開で試合を進めることが出来ました。熊原に関しては、まあ皆さん不安もあるでしょうが、昨今の内容を見ればこんなもんでしょうし、ペゲーロのホームランさえなければそれほど悪い投球ではなかったのではないでしょうか。個人的にはコントロールがましになった分、ストレートの球速やスライダーの曲がりが悪くなったので空振りが......続きを読む»

乱戦を制する。楽天戦勝ち越し。

【ベイスターズファンの慟哭】

対 楽天戦。 素晴らしい勝利で3連勝。 まさかのカード勝ち越しです。 初戦、濱口が良い投球を見せました。 強打が売りの楽天打線を相手にして堂々の投球。 7回を投げて1失点とは、予想以上の結果を出してくれました。 その好投を引き出したのは、初回の攻勢。 桑原の先頭打者本塁打。 引き続いての筒香の二点本塁打。 三点を初回に奪ったことで、濱口は随分楽に投げられたはずです。 昨日の試合も同様。 初回......続きを読む»

3連勝。 則本との対戦を前に

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

昨日の試合は、序盤の大量点よりも7回の押し出しとタナケンの完璧な投球が大きかったです。 その中で、ロペスの変化を感じました。 去年までのロペスはフリースインガーで波が激しい選手でしたが、 今年はボール球に手を出しません。 アウトになっても、あっさり凡退というのが減りました。 だから、好調を維持できてるのでしょう。 押し出しに関しては、 スプリットとストレート主体の投球をする森原と嶋のバ......続きを読む»

適性の見極め

【百万の綺羅星】

熊原が投手としてどこまで適性があるのか。 正直、あの投球フォームのままでいくのであれば、 さほど上がり目があるように思えない。 野茂のトルネード投法のように、 変則だがそれゆえの圧倒的なものがあるかと言えば、 特にないからだ。 派手に動きすぎて視線がぶれるデメリットが大きいだけで、 何かしらのメリットがあるようには思えない。 あのフォームで、投球の精度を高めようとしたところで、 低いレベルの限界に早......続きを読む»

楽天に連勝

【YOKOHAMA lover】

点の取り合いになってしまいましたが、2番手の田中投手が完璧に楽天打線を抑えたことで、試合を落ち着かせ、勝利を確実なものにしました。田中投手がヒーローインタビューに呼ばれたのも納得です。三上、砂田、山崎投手、今日は投げなかったパットン投手も含めて、今季のリリーフ陣は、ベイスターズの大きなストロングポイントです。 楽天は、4番ウィーラー選手と9番嶋捕手以外は、左打者を並べてきました。熊原投手は左打者を......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/06/07、対東北楽天ゴールデンイーグルス

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

イーグルス6-10ベイスターズ 勝利投手:熊原 敗戦投手:森 ※試合開始早々、相手先発・森選手が立ち上がりからストライクが入らず、ミスも絡んで、 初回に6点を奪い、熊原選手が2点を返されるも踏ん張って打線が再び突き放します。  と、展開的には大勝出来そうなゲームだったのですが、こちらにもミスが出て点差を詰められ、 最終的には勝ちパターンを注ぎ込んで逃げ切ることができました。大勝した火曜日のゲーム......続きを読む»

中継ぎ陣の安定

【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

昨日は中継ぎ陣の安定が勝ちに結びついたと思います。 ヒーローの田中は完璧でしたし、砂田(対右は問題)・三上・山崎と無失点で終わらせたことが重要です。 どこかで1点でも取られていたら流れが行く可能性もありました。 一方、熊原ですが相変わらずボール先行で球数は多かったですが崩壊するほどでもなかったのでいつもよりまだマシだったかなと思います。 ストレートの球速も140前半とあまり走っていなかったように......続きを読む»

リードの展開で4回6失点の熊原を代えずに5回まで投げさせたラミレス采配、僕はあっぱれを挙げたいです

【温故知新ベイスターズ~2017】

 交流戦もいよいよ明日の試合が終われば前半の3カード終了。 本当に18試合になると交流戦はあっという間に終わるなあ、という感じがします。  その中で、現在ベイスターズは4勝4敗の五分。これはパ・リーグ首位の楽天、2位のソフトバンクが相手に含まれていたと考えると上出来で、僕は勝手にこの3カード、各カードで1勝ずつの3勝すれば御の字という計算をしていたので、今の所は計算外の好結果と思っています。  だ......続きを読む»

錦を飾れなかった強運の投手 次こそは・・・

【素人目線のベイスターズ考察】

ただただ、残念だ 昨年のドラフトで奇跡的に2位で指名で来た大物右腕 ドラフト1位クラス、そして神社の息子と独特のフォーム、そしてイケメン スターになる素質充分 背番号1を付けた球団幹部の期待もわかるし広報も、大いに取り上げたい花形 今永投手とならび左右の即戦力 そんな期待を込めてずっと応援してきた  そして昨年3月にファームに行くことになっても、ずっと宮城で投げる日を待っていたし、それをつかみ取って......続きを読む»

2夜連続の大量得点で、熊原2勝目。

【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

2日続けて初回に強烈な先制パンチ。 今日は相手に助けられた面も多々ありましたが 初回6点は大きな援護になりました。 これだけのリードですから、 熊原には悠々と投げてほしかったのですが、 5回5安打で6失点。エラーがらみなので自責点は2でしたが ちょっと物足りない結果でした。 もう少しストレートの球速が増すか切れが上がるかすると 安定して勝てるような気がしましたが、どうなんでしょうね。 課題は少なくあ......続きを読む»

ベイスターズ打線を怖いと思ってもらいたい問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

6月7日 Koboパーク宮城球場(ビジター) De10-6楽天 勝利投手 熊原 (2勝1敗0S)  楽天相手にこんな試合ができるとは思いもよりませんでしたね。前日の試合が効いているのでしょうか。桑原選手は楽天戦2試合連続で初回先頭打者出塁(前日本塁打)。梶谷-ロペス-筒香-宮崎の並びが相手投手に恐怖を植え付けていたのかもしれません。3連続四球、失策挟んで3連打。初回に6点取れました。2試合続けてベ......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/06/06、対東北楽天ゴールデンイーグルス

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

イーグルス1-9ベイスターズ 勝利投手:濱口 敗戦投手:辛島 ※初回から相手先発・辛島選手を捉えて2HRで3点を先取し、追加点も奪って序盤でセーフティリードを築きます。 濱口選手は7回を投げきり、小林、国吉選手の継投で勝ちパターンを投入せずにビジターでの 一勝をあげることができました。ここ二試合、濱口選手のパフォーマンスに非常に助けられていますね。  ※試験的に、その日一定の活躍をした選手をピ......続きを読む»

表情豊かな濱口投手。

【星の集い】

昨日は、TVとヤフー速報を駆使して見ておりました。 試合に大勝したのはもちろん、これからも見てみたいなぁ~! と、思えたのが、濱口投手です。 荒れた球、四死球は、あいかわらずでしたけど、内容うんぬんは さておき、昨日の濱口投手は、すごく楽しそうでした♪ いえ、表情豊かだったかなぁ~。 これまでの試合は結構必死な感じでしたけど、昨日は少しゆとりを 感じました。緊張した顔はもちろん、時折笑......続きを読む»

快勝!+久保ありがとう

【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

昨日はホームラン4本と濱口の好投で快勝でした! やはり先制すれば有利に進むんだなと単純に思いながら安心して見ていました(巨人戦が気になって途中からそちらばかり見てしまいましたW)。 ヘッスラは下手な選手はやらない方がいいですよね。 そもそも駆け抜けた方が速いという意見をよく見ますが、個人的にヘッスラは好きなので倉本のように怪我しないのであれば、条件次第でやるのもいいと思っています。 (同時のタイ......続きを読む»

強敵楽天を粉砕す

【YOKOHAMA lover】

今や濵口投手は安心して見ていられる投手になりました。もちろん制球には欠点があるのですが、この2試合ぐらいの制球があれば、むしろ相手は荒れ球で的を絞りにくいと感じてくれるかもしれません。何よりストレートに力があり、右打者に対しては伝家の宝刀チェンジアップがあります。右打者に対しては内角低め、左打者に対しては外角低めのストレートが軸になります。おそらくこの球に関しては、徹底的に練習もしているのでしょう、......続きを読む»

今日一番嬉しかったのは国吉の復活???ですね。。。

【ホエールズ~ベイスターズ~DeNA】

皆さんこんばんは 今日の試合に関してはほぼ完勝でした。。勝ち継投をつかうこともなく、週頭のゲームとしては理想的でした。まあ途中から楽天のほうも諦めモードがあったとはいえ、明日以降に向けては非常に大きなゲームだったと思います。 濱口、高城のバッテリーに関しては今日もいい投球だったと思います。濱口は現状のままで今年は充分だと思うし、あえて長いイニングを投げようとせず、1人ひとり1イニングずつ投げてい......続きを読む»

筒香嘉智の調子は今、どうなっているのか問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

6月6日 山形球場(ビジター) De9-1楽天 勝利投手 濱口 (4勝3敗0S) 本塁打  桑原3号(1回表ソロ)、筒香5号(1回表2ラン)、宮崎3号(3回表ソロ)、ロペス11号(5回表ソロ)  現在、パリーグの首位を走っている楽天3連戦。しかも交流戦楽天戦7連敗中。覚悟していたのですよ。3タテの覚悟を。蓋を開けたらどうでしょうか。8点差をつけての勝利でしたよ。何事もやってみないとわからないもので......続きを読む»

一発攻勢で連勝。

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

まずは、桑原の先頭打者ホームランが大きかったです。 が、やっぱり筒香でしょう。 久々ですが、誰がどう見ても完璧なホームランです。 けど、大きかったのは、2回に1アウト満塁から1点も奪えなかったイヤな流れを 宮崎のソロで断ち切ったのは非常に価値あるものでした。 4回に暴投で1点取られた直後のイニングでロペスがホームラン打って、 流れを渡さなかったのが大きかったです。 ロペスは去年も山形で......続きを読む»

珍しい一発攻勢で大勝!明日の熊原に期待です。

【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

今日からパ・リーグ首位のイーグルスとの3連戦。 初回から珍しい一発攻勢でリードを広げ、 終わってみれば4発13安打の猛攻で9得点。 最近記憶にない、大勝となりました。 なにせ桑原は初回先頭打者本塁打を皮切りに4安打。 ロペス、筒香、宮﨑とクリーンナップにも 全員本塁打が出るなんて、一体何が起きたのやら。 ちょっと狐につままれる気もしますが、 筒香の久しぶりの一発は、本当に嬉しいですね。 なかなか思う......続きを読む»

将来を見据えて。

【星の集い】

交流戦も始まり。苦しい戦いが続いております。 今年も、パリーグが優勢、特に巨人の不調が目立ち、セリーグは劣勢状態です。 全体的に、今年のセリーグは、弱くなったと言うか、ずば抜けて強いチームが いなくなったと言うか、少し弱体した感じがします。 横浜でいいますと、去年と比べて、借金などから、チーム力が向上したと言われますが 果たしてそうでしょうか?私はどうも、回りに助けられてる部分が多いような......続きを読む»

先週(17/05/30-17/06/04)の投手成績まとめ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

 先週は2-4に終わったベイスターズ。  失点は0→6→5→6→7→3、平均4.50失点。打線が5点取ってくれれば勝てる算段ですが、 決していい数字とは言えませんでした。今週は、改善を願いたいところです。  こちらも、先週の記事同様、火曜から日曜までの6試合の投手成績をまとめていきます。 ※先発はローテーション順に、リリーフ投手は登板試合数順に並んでいます。  打撃成績同様、優秀なもの(ERA≦......続きを読む»

交流戦 今後の先発投手予想と展望ならぬ願望

【YOKOHAMA lover】

今後の先発投手予想です。 6日(火)  濵口  辛島 7日(水)  熊原  塩見 8日(木)  雨(三嶋)     雨(則本) 8日(金)  井納  菊池 10日(土) 今永 ? 11日(日) 石田 ウルフ 13日(火) 濵口 石川 14日(水) ウィーランド    チェン 15日(木) 三嶋or熊原     唐川 16日(金) 井納   西 17日(土......続きを読む»

先週(17/05/30-17/06/04)の打撃成績まとめ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

 先週は、ファイターズ、ホークス相手に連続カード負け越しで2-4に終わったベイスターズ。 この一週間、得点は3→1→3→4→3→5。平均3.17点と、全く点が取れないわけでは ありませんでしたが、勝つには投手陣の頑張りが必要な得点力だったのは確かかと思います。  この記事では、先週の記事と同じように、先週行われた6試合の打撃成績をまとめていきます。 ※ポジションごとに、打数順に並んでいます。  ......続きを読む»

梶谷の打順

【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

戸柱の得点圏打率が話題になっていたので他はどうなのかなと調べてみました。 いわゆるレギュラー陣だけですが以下の通りです。  ※括弧内が得点圏です。 桑原 .232(.220) 梶谷 .258(.146) ロペス.315(.339) 筒香 .254(.218) 宮崎 .324(.375) 戸柱 .219(.366) 倉本 .234(.279) 何となく感じていましたが数字で見るとやはり桑原・梶谷・......続きを読む»

戸柱千金。執念を実らせた勝利。

【ベイスターズファンの慟哭】

対ソフトバンク戦 苦しいゲームでした。 連敗で迎えた三戦目の昨日。 一戦目二戦目、ソフトバンクは難攻不落で、どうやっても勝ち目のない相手に見えてしまいました。 原因は初回です。 あっという間に複数得点を奪われることで、ゲームの流れの首根っこをつかまれ、常に相手に余裕がある状況になっていました。 点差があれば投手は思い切った投球ができますし、打者も余裕を持って打席に入れます。 ただでさえ強いソフトバ......続きを読む»

気持ちのいい勝ち

【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

最初は「快勝」と書こうと思ってましたが、ニュアンス的に気持ちが良いと言った方がしっくりきたのでこちらにしました。 戸柱の当たりは本当苦しい状況でしたのでスカッと気持ち良かったですね! 松田の3ランで「やっぱりソフトバンクには勝てないか。。。」という気持ちが出てきていた中で、宮崎が四球を取ってから戸柱が粘っての一打で、打った瞬間から落ちるまでの「あっ!(これ落ちるんじゃ)・・・うおおおお!!!!」......続きを読む»

芝の匂い〜無邪気に走る若手選手達に期待とともに大きな不安を抱く

【1998の感動をもう一度】

皆様こんにちは。 今日は、土曜出勤の代休でおやすみ。 先週は、とても忙しく、皆様のブログ等で詳細を追っていました。 昨日の勝ちは、大きかったですね。 千賀に対し、宮崎が値千金の四球でつなぎ、戸柱が勝負強い打撃で、逆転、 勝ちバターンの継投でつなぎ、見事快勝。 昨日負ければ、ズルズルいってしまい、一昨年の悪夢が思い出されましたが、筒香不調、ウィーランド離脱と、苦しい状況のなか、二勝四敗で乗り切った......続きを読む»

試合のターニングポイントとなった魂の見逃し

【野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ】

   今年も交流戦が始まった。セリーグにとっても、パリーグにとっても今や嫌なイベントになりつつある交流戦。セリーグは負け越し、パリーグは勝ち越すため、それぞれゲーム差が全然広がらないという悲しい実情がその裏にある。      その中でも特に交流戦が大嫌いな球団が、ご存じ通り我らが横浜DeNAベイスターズだ。12球団で唯一交流戦通産勝率が4割を切り、2015年にはペナント1位、貯金10で臨んだ交流戦で......続きを読む»

戸柱恭孝はなぜ得点圏打率が高いのか問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

6月4日 横浜スタジアム(ホーム) De5-3ソフトバンク 勝利投手 今永 (3勝3敗0S) セーブ 山崎康 (1勝1敗6S) 本塁打  ロペス10号(1回裏2ラン) ※Deのみ  本日の勝利はうれしいですね。先発はハマスタデーゲーム負け続きの今永投手とお化けフォークの千賀投手。始まる前から絶望的な気分にさせられる1戦でしたが、3タテ阻止力というか、あきらめない力というか、いや、素晴らしい。  ......続きを読む»

宮崎敏郎、レギュラーに一本前進

【ベイブログ】

最近の宮崎はかなり好調。 五番サードに固定され、サードのuzrは日本でナンバーワン。打率も高い。 今のベイスターズになくてはならない存在だと思っていたのですが、5月27日のインタビューでラミレス監督は「宮崎は、桑原、倉本と違ってレギュラー未満。しかしプロセスを経て、近いところまで来ている。」と言ってました。 その要素として、「フルイニング出られるスタミナがない。」 と言ってました。 今日も八回、筒香......続きを読む»

戸柱逆転タイムリーで連敗ストップ!

【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

なかなか思うようにいかない交流戦。 2戦目からは先発がぴりっとせず、 打線も筒香が絶不調ということで4連敗。 このまま行ってしまうのか、踏ん張りどころでしたが 今永が一度は逆転を許しましたが粘り強く投げ、 中盤以降に戸柱の3打点の大活躍でリードを奪うと、 7回からは救援陣ががパーフェクトリレー。 しばらく続いていたホークス戦の連敗も止める、 大きな白星になりました。 まずは今永でしょうか。 とにか......続きを読む»

「必死」でもぎ取った一勝

【鯨の遺伝子】

交流戦2カード目となるソフトバンクとの3連戦。 あわや3タテを喰らいそうなところ、難敵千賀を攻略して一勝二敗で乗り切りました。 ヒーローインタビューの戸柱の言葉をタイトルに借りさせてもらいましたが、正に「必死」の戦いで少ないチャンスをモノにしての勝利でした。 昨年もわりかし良いところで打っていたイメージですが、今年の戸柱はそれに輪をかけて良い場面で打ってくれています。 気付けば打点はロペスに......続きを読む»

ベイスターズの育成方針はこれで良いのか? その2

【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

ベイスターズの育成方針はこれで良いのか? http://www.plus-blog.sportsnavi.com/suguru0220/article/287  前回のブログエントリーに続きまして、ベイスターズファームの育成のあり方について、前回とは違う点で疑問を呈していきたいと思います。  前回は主に2軍選手の出場試合数に疑問を呈したわけですが、今回は監督やコーチ等の指導者について疑問を......続きを読む»

千賀投手のソフトバンクに快勝

【YOKOHAMA lover】

今や日本を代表する投手とも言える千賀投手を擁するソフトバンクを破りました。気持ちのいい試合でした。今のチーム状況の中でこの勝ち方ができるのは、やはりベイスターズは強くなっているということだと思います。ベイスターズよりもっと強いチームがリーグにいるのが問題ですが、あとは打線に強打者がひとり加われば、上位チームとも争えるチームになるでしょう。残念ながらそれは来季以降のことになりそうですが、今季の戦力でも......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/06/04、対福岡ソフトバンクホークス

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

ベイスターズ5-3ホークス 勝利投手:今永 敗戦投手:千賀 セーブ:山﨑康 ※グッドゲーム、グッドウィン、連敗脱出にして、両チーム、いい野球を見せてくれた試合でした。 勝敗を別にしても、週末にこのような良いゲームを見せてくれたことに、野球ファンとして 両チームに感謝したいです。その上で勝つことが出来た、これ以上の喜びはありません。  ※試験的に、その日一定の活躍をした選手をピックアップしており......続きを読む»

406†今こそエリアン、シリアコをスタメンで使う時!

【【鯨感】】

タイトルそのまま。 ラミレスはBプランとか3点以上取れない考えるとか言うてスタメンも投手8番も殆ど変更無し。 (´・ω・`) 外国人投手2人が二軍へ行っている今こそエリアン、シリアコを上げて使うべきではないか! 誰を下げるなら平田(コバカン、国吉と被る)石川 (体調不良が多い) たまには打撃特化でこれくらい 見せて欲しい。 スタメンDH 1 梶谷 ライト 2 エリアン ショート 3 宮崎......続きを読む»

4連敗。前へ前へ。

【ベイスターズファンの慟哭】

対 ソフトバンク戦。 凹みますね。。。。 ウィーランド不在のマウンドを任された平良。 初回をしのぐことができませんでした。 安打死球で貯めたランナーを本塁打で一掃。 開始20分かからずに三点を先制されてしまいました。 こうなっては厳しい。 好調、いや通常時の筒香を有する打線ならともかく、今の打線、そしてチーム状況では 初回から三点を追う展開は重すぎました。 平良はそれでも気持ちを切らさずに粘......続きを読む»

ベイスターズの育成方針はこれで良いのか?

【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

 我らがベイスターズ(1軍)はソフトバンクとの交流戦を2試合戦いまして、ただ2連敗を喫したというだけでなく、色々な面で力の差を見せつけられました。  3日のTBSチャンネルの中継の中で実況をお務めになった世界の松下アナが「力の差がある」と仰っていましたが、僕も本当にその通りだと思いました。  そして、ソフトバンクとベイスターズとで一体何がここまでの大きな差を生むのか?その原因を考えてみなければ......続きを読む»

筒香嘉智の! 2点タイムリーを打った自分が一番驚いてる問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

6月3日 横浜スタジアム(ホーム) De3-7ソフトバンク 敗戦投手 平良 (1勝2敗0S)    負けましたDe。バンクさんつえーっすわ。先発・平良投手は立ち上がりを攻められ、5回4失点。相手先発松本投手からはなんとか中盤に集中打で3点をもぎとったものの、9回、砂田投手は柳田選手から3ランを打たれて負け。インハイストレート、いいボールだったんですけどね。あれを持っていかれたらお手上げですわ。 ......続きを読む»

毎日起こる誤算と想定外 でも・・・

【素人目線のベイスターズ考察】

ちょっとエントリーが開きました そんな中チームには長期的な想定外=ウィーランド投手の故障とか、毎日起こる誤算がおき、4連敗となっております それでもセリーグが軒並みコテンパンにパリーグにやられているため順位変動が起きないという不思議な状態です そんななか、思わぬチャンスを再び貰った平良投手は、長打警戒で投げた球を流し打ちで3ランを打たれ、ホームランが怖いので低めのボール球を掬われホームランにされ、......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/06/03、対福岡ソフトバンクホークス

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

ベイスターズ3-7ホークス 勝利投手:松本 敗戦投手:平良 ※まず、しばらく投稿間隔が開いてしまって申し訳ありませんでした。ウィーランド選手の 登録抹消のショックが大きかった、というのが言い訳ですが、ここ数試合の連敗には その影響も大であろう、と感じています。井納選手、クライン選手は中5日で登板せざるを えませんでしたし、今日緊急で先発となった平良選手にしても、パ・リーグのチームに対して 万全の......続きを読む»

苦渋の3連敗。逆風をついて進もう。

【ベイスターズファンの慟哭】

対 ソフトバンク戦。 やられました。 初回にクラインが乱れて4失点。 大きな流れを持って行かれてしまいました。 クラインは6回6失点。 2回以降は立ち直りを見せましたが、フィールディングやベースカバーなどで集中力を欠いたプレーも見られてしまいました。 打線はバンデンハーク投手から四点を奪い、意地を見せましたが、及ばず。 やはり筒香が目覚めなければ、打線爆発は望めません。 4対6での敗戦。 これ......続きを読む»

先週末から相手の救援から点が取れない打線、そして守れないクラインについて

【温故知新ベイスターズ~2017】

 昨日の試合は、クライン先発と発表された時点から勝てる可能性がかなり薄いなあ、と思っていたので負けに対してはやはりか、と流せる面もあります。幸いなことに中日以外のセ・リーグの他チームが負けてくれたので、中日以外とのゲーム差も変わらずに済みましたので、負けたことのショックはそんなに無かったでしょう。  ただ、どうしても許せないようなことが昨日ありました。それは、2回の柳田の一塁線への鋭い当たりをロペ......続きを読む»

悩める主砲とクライン

【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

流石に3打席連続見逃し三振は擁護しづらいですね。 しかもコースギリギリでもないのに手が出ないのは体の状態以上に気持ちの準備が出来ていないんでしょう。 (まあそもそもなかなか前に飛ばなかったですけど) 筒香の苦しんでいる姿を見るとチームもファンも落ちてしまうので一回落とせという意見が出るのは理解できます。 ロペスを4番にしてスモールベースボールという手もありますが、元々そういった野球を目指してきてい......続きを読む»

3連敗… 考え方を「シンプル」に。

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

今が、苦しい時期であるのは確かです。 クラインに関しては論ずるに値しない投球です。 ロペスがブチ切れたのが全てです。 筒香も酷すぎます。 コアが機能しないと、こうなるという典型的な試合でした。 オフの話題になりますが、 現状ベイスターズのコアは筒香しかいません。 内部で「コア」を作り上げるのはそう簡単ではありませんから、 外部から引っ張ってくることも検討すべきです。 ただ、考え方を......続きを読む»

ベイスターズ、先発投手と筒香嘉智の両面待ち問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

6月2日 横浜スタジアム(ホーム) De4-6ソフトバンク 敗戦投手 クライン (2勝3敗0S) 本塁打 梶谷 8号(3回裏2ラン)  負けましたね。クライン投手先発でソフトバンク相手に善戦したほうなのかなと思ってしまいました。もちろん本音は勝ってほしかったのですけどね。  試合に関して端的に申し上げると、クライン投手の立ち上がりをがっつり攻められて、追い上げたけど負けたっていう展開でした。強い......続きを読む»

今の苦境をポジティブに考えたい

【いろいろ所持雑感】

ウィラード離脱で秋風が吹き始めた感じです。 直ぐ戻ってくるかもですが、チーム力が、昨年と比べても低調(ウィラードが居ても苦しい状況)な状態です。 昨年比で言いますと、 筒香の不調。 桑原、倉本の二年目の壁。 投手陣全般における二年目と、戸柱。 山口、石田の不在と、戦力ダウンしている状態です。 ファンはラミレス監督に魔法使いのような采配を求めるかもですが、ちょっと難しい様相でしょうか? ......続きを読む»

苦境の中、敢えて明るいことを探せば

【YOKOHAMA lover】

石田投手の不在、筒香選手の故障と不調、ウィーランド投手の故障による離脱と、今季最大のピンチに立たされていますが、そこで敢えて明るい点を探してみます。 1 ウィーランド投手は軽症で、10日で帰ってくるらしい。 DeNA・ウィーランドが抹消 右ひじに違和感6/1(木) 17:44 ラミレス監督は「そんなに深刻じゃない」と強調し、「(最短抹消期間の)10日ぐらいあれば帰ってこられると思います」......続きを読む»

今は耐える時

【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

苦手な交流戦に入り、打撃陣は微妙、エース格ウィーランドが故障といきなり窮地に立たされました。 そういった状況で昨日はどんな試合をするか楽しみにしていましたが、残念ながら敗戦しました。 敗戦はしましたが変な負け方でも惨敗でもないので少し安心してしまい、自分が少しおかしくなったのかと思いましたw 速報でしか追えていませんが中村のストレートというのは特殊なんでしょうか? 130km後半でバンバンカウ......続きを読む»

代わりはいない

【Re:Baseball De:Baystars】

皆さんこんにちは 日本ハム戦は初戦を勝利しましたがその後2連敗で結局カード負け越しをしてしまいましたね。 要因はいろいろありますが、特にクローズアップされてるのはやはり筒香でしょうか。もうそろそろ30打席連続無安打と、昨年のロペスに並びます(ただ筒香の場合9試合連続出塁と四球を選べてるのは流石ですが)。 ですがラミレス監督は筒香が故障でもしない限り代えないでしょうし、僕も代えるべきではないと思......続きを読む»

四番の差

【鯨の遺伝子】

交流戦がスタートしました。 最初の3連戦の相手は日本ハム。 初戦を濱口の好投でモノにしたものの、先日書いたとおり良い流れが続かず、昨日一昨日とあっさり連敗し、負け越しでのスタートとなりました。 絶不調の筒香と上がり始めた中田。 四番の差がはっきりと結果に結びついてしまいました。 そろそろ筒香を外せ、休ませろとの声もちらほら出てきましたが、ラミレス監督は本人が怪我を申し出る以外では外さないでしょ......続きを読む»

2017年6月1日 読売巨人vs横浜DeNA (横須賀) の感想

【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

 対巨人3連戦の3試合目でようやく見に行けました。普段は大して忙しくもなく、1日5時間労働のスローライフを満喫しておりますので、たまにこうして連日のように8時間も働きますと、身体が悲鳴を上げ、野球を見に行くどころではありません。  日本一のホワイト企業を目指し、なるべくゆっくり働いていきたいものです。  本日の先発ピッチャーはベイスターズが久保選手、巨人は大竹選手です。両選......続きを読む»

ベイスターズの日ハム3連戦は4番で決まった問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

6月1日 札幌ドーム(ビジター) De3-5日ハム 敗戦投手 井納 (2勝4敗0S) 本塁打 ロペス9号(5回表ソロ)、宮崎2号(5回表2ラン)※Deのみ  勝ちたかったですね。日ハム3連戦を勝ち越せれば交流戦をなんとか乗り越えられるのではないかと希望を抱いたのですけど、うまくいかないですね。先発は井納投手だったのですけど、崩れ方がなんか責められないというか、日ハムの西川、近藤両選手が巧かったなあ......続きを読む»

ウィーランド投手抹消

【YOKOHAMA lover】

恐れていたことが起きてしまいました。 先日のブログで、ウィーランド投手が札幌に帯同していないことに触れて、以下のように書きました。 ウィーランド投手の打力を活かすため、DHを使えるアウェイを避けたというコメントがあったようですが、ラミレス監督は敵を混乱させるため嘘をつくことがしばしばあるので、本当の理由は他にあるのかも知れません。 打力を活かすためにローテを動かすなどということはありえ......続きを読む»

この危機をとにかく乗り切って。

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

ウィーランドが肘の状態が思わしくなく抹消となりました。 これはなかなかの危機です。 筒香の不振、石田の離脱以上に痛すぎます。 交流戦での登板は難しいと見ていいでしょう。 チームは、投手が打ち込まれようが、 貧打だろうが、 とにかく勝ちにこだわって下さい。 ウィーランドが投げられない以上は、 明日は捨て試合、玉砕覚悟で試合をやらざるを得ません。 そのためにも今日です。 個人的な提案......続きを読む»

(ちょっと無理あるが)唯一のポジ要素は・・・

【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

昨日はなかなかストレスの貯まるような内容でしたね。 熊原はカウントを悪くして打たれるか四球で毎回のようにピンチを背負ってました。 ピンチの割に打ち込まれなかったのは日ハム打線の不調もあるでしょう。 5回3失点だけ見ればそう悪くはないのですがリズムが悪過ぎてこちらの打線にも影響があったかなと思います。 斎藤はコントロール良く球種も多彩で上手く粘られていました。 速報でしか見ていませんでしたが、熊原......続きを読む»

勝利と敗北と。鬼門を駆け抜けよう。

【ベイスターズファンの慟哭】

対 日ハム戦。 忙しく、更新ができないままに交流戦が開幕して2試合が経過しました。 初戦。 濱口がよく投げましたね。 野球巧者が並ぶ日ハム打線相手に7回無失点は最高の結果です。 そして何より白崎。 満塁で白崎がタイムリー。 口に出すだけでちょっとファンタジーを感じますね。 真価が問われている今年。 まだ結果は残せていません。 このタイムリーは覚醒の先駆けなのか、季節の変わり目の変事に過ぎないのか......続きを読む»

ベイスターズ打撃陣のタイミングの問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

5月31日 札幌ドーム(ビジター) De1-6日ハム 敗戦投手 熊原 (1勝1敗0S)  相手先発投手はハンカチ王子でお馴染みの斎藤佑樹投手でした。斎藤投手は5回1失点。途中まで見ていたのですが、斎藤投手のストレート、140kmぎりぎり届くか届かないかくらいの球速なんですね。ベイスターズ打撃陣は待ちきれずにバッティングを崩されて、引っ掛けて内野ゴロに倒れるケースが多かったように見受けられました。ひ......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/05/30、対北海道日本ハムファイターズ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

ファイターズ0-3ベイスターズ 勝利投手:濱口 敗戦投手:加藤 セーブ:山﨑康 ※濱口選手、久々の快投でした。砂田→三上→山﨑選手と繋いで、完封リレーでカードの頭を 取ることができました。今日の勝利は、濱口-高城バッテリーあってのものです。  ※試験的に、その日一定の活躍をした選手をピックアップしております。 基準は以下の通りとなっています。 先発投手:QS(6回3自責点以内)、HQS(7回2......続きを読む»

白崎浩之はホセ・ロペスを目指せばいいんじゃないか問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

5月30日 札幌ドーム(ビジター) De3-0日ハム 勝利投手 濱口 (3勝3敗0S) セーブ 山崎康 (1勝1敗5S)  いやあ。交流戦初戦を取れましたね。これは大きいですよ。交流戦の成績次第でリーグ順位がガラリと変わってしまうことが多々ありますからね。特にベイスターズはこれまで”交流戦は鬼門”と言われてきています。しかし、昨年までの交流戦と比べて、選手の表情が各段によいので、今年はやってくれそ......続きを読む»

濱口・高城・白崎 崖っぷちの勝利でした。。。

【ホエールズ~ベイスターズ~DeNA】

皆さんこんばんは 交流戦初戦見事な勝利でした。。 そして今日は崖っぷちの選手たちに活躍によって勝利したというチームにとっても大きな一勝だったと思います。 まずは濱口。3試合連続で内容が悪くて正直今回も内容が悪ければ2軍行きもありうる状態だったと思います。その中で開き直ったかのようなピッチング。特に今日はストレートが良かったですね。濱口の場合、ある程度どうしてもストレートを狙われるのはしょうがあ......続きを読む»

白崎すまんかった!

【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

一個前の記事を書いてから逆に白崎が打ちそうだなという嫌な予感がありましたがやってくれましたね! 今でもDHとして使うのはどうかと思ってますが、まずは結果を出してくれて嬉しいです。 左打者の被打率が高い加藤に対して白崎・田中・高城と並べて機能したのはデータ野球のラミレスからすると意外でしたが今日に関しては成功しましたね。 まあ今日のヒーローは濱口です。 四球1で7回102球なんて完璧でしょう。......続きを読む»

交流戦初戦を制す

【YOKOHAMA lover】

いよいよ交流戦が始まりました。そして昨季のチャンピオン日ハムから、勝利を奪いました。5月のずっと我慢の戦いを強いられてきただけに、私は今年の交流戦にはおおいに期待していたのです。今年の交流戦はどうしても勝ち越したい。交流戦の間に巨人を抜いて3位に浮上し、上位2チームとのゲーム差も縮めたい。そのためにも、今日の初戦を取れたことは本当に大きかったです。 日ハムの先発は加藤投手。ロジンの妖精という異名を......続きを読む»

濱口快投で3勝目!交流戦、白星スタート!

【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

いよいよ始まりました交流戦。 初戦、濱口がナイスピッチング。 プロ最長の7回無失点。課題の四球も1つだけと 文句のない出来で3勝目を挙げました。 打線も昇格即スタメンの白崎が、 初回2死満塁のチャンスで初球から積極的に打って 2点タイムリー二塁打。 6回には髙城のタイムリー三塁打で貴重な追加点。 8回からは砂田→三上→山﨑康晃とつないで 完封リレーです。 今日はなんといっても濱口でしょうね。 ここ......続きを読む»

濱口快投 ラミレス采配の勝利

【Re:Baseball De:Baystars】

DeNA 3-0 日本ハム 交流戦初戦、危なげなく勝利しました! 最大の勝因はやはり濱口の好投に尽きます。ここ最近は突如荒れたりと苦しんでいただけに、今日のプロ最長となる7回1四球ピッチングは素晴らしいの一言です。球数も100球に纏めました。 そして打線は加藤から5回で3点獲ったわけですが、ラミレス監督の起用がズバリ当たります。 日ハム・加藤の左右別成績(試合前まで) 対右.214 対左.3......続きを読む»

過去2年間、1勝17敗の日ハム、ソフトバンク、楽天相手の交流戦序盤にどう戦うか、がカギだと思う

【温故知新ベイスターズ~2017】

いよいよ今日から交流戦が始まります。 基本的には僕は、交流戦は5割で行ければ上出来だと思っています。そして3つ以内の負け越しならそれでも悪くないという評価をしますが、負け越しが5以上になると、やはり大きく負け越した感は否めず、もうちょっと頑張ってくれよ、という思いを抱くことでしょう。 その中でも、今年の交流戦は最初にタイトルにあるように過去2年間で1勝17敗と大きく負け越した日ハムーソフトバンク......続きを読む»

交流戦についての3つの謎

【YOKOHAMA lover】

1 ロッテ戦を昨年に続いて今年も横浜スタジアムで行える。 あまり深く考えていなかったのですが、ホームとアウェイは隔年で交互に行うはずですよね。先日いただいたコメントで気がついて、交流戦のルールを調べ直してみたら、隔年と言っても2年が1セットで、2015年アウェイだったら2016年はホーム開催になりますが、今年は2017年と2018年の新しいセットに入るので、去年と今年では連続ホームということもあり......続きを読む»

前半戦の捕手成績と後半戦の展望

【ベイスターズ談議】

交流戦前48試合の捕手別投手データ 〇戸柱 先発:36試合 守備回:3412/3回 防御率:3.951 被打率:.249 与四球率:3.293 〇高城 先発: 7試合 守備回: 52回 防御率:3.808 被打率:.269 与四球率:4.673 〇嶺井 先発: 5試合 守備回: 40回 防御率:4.275 被打率:.245 与四球率:3.825 正直なところあまり変わらない。 続いて対戦カ......続きを読む»

DH白崎!?+交流戦

【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

※白崎ファンの方はスルーしてください。 Yahooニュースを読んでいたら白崎をDHで使うとラミレスが言っていました。 「嘘でしょ」と思いつつ、ラミレスの意図がどこにあるのか想像していたらなかなか寝れませんでしたw 昨日の記事では違うことを書きましたが、よく考えたら筒香の脚の状態を考えて筒香をDHが良いと思います。 レフトの代わりの荒波の調子も悪くないですし。 確かにこの布陣にすると左打者が多く......続きを読む»

Tomorrow is another day

【鯨の遺伝子】

交流戦前最後の阪神との3連戦。予告通り、土日のゲームは現地観戦。 今回も充分に堪能させてもらいました。 カードトータルでは、二勝一敗とようやく今シーズン阪神に対して初めての勝ち越し。 交流戦に向けて価値のある結果でした。 これで今季も昨年同様3タテすることもなければ、されることもなく、交流戦を迎えることになりました。 昨年はここでロッテ、オリを3タテしたと思えば、ソフトバンク、ハム、楽天には......続きを読む»

遅まきながらの現地観戦評 対阪神3戦目

【独断と偏見の横浜応援ブログ】

日曜日はチケットが取れたので、現地観戦です。 2回の大和タイムリーで大盛り上がり。正直阪神戦でで最もいや なのは大和。数年前から阪神には分が悪いですが、勝負所でこの 男が仕事して落とした試合は数えきれない。またかと思いきや、 その大和がただのセンターフライを深追いして激突、落球で逆転 するのですから野球ってわからんもんですな。 やや不思議めいた雰囲気の観客を沈黙させた戸柱の一発。球場が 唖然とな......続きを読む»

先週(17/05/23-17/05/28)の投手成績まとめ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

 こちらも、先週の記事同様、火曜から日曜までの6試合の投手成績をまとめていきます。 ※先発はローテーション順に、リリーフ投手は登板試合数順に並んでいます。  打撃成績同様、優秀なもの(ERA≦3.00、被安打率≦9.00、奪三振率≧7.00、四死球率≦3.00、アウト効率≦5.00) は下線で強調してあります。 (アウト効率=総球数/取ったアウトの総数) 先発: 濱口 遥大 #26 4.2回 打......続きを読む»

先週(17/05/23-17/05/28)の打撃成績まとめ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

 先週は、ドラゴンズ、タイガース相手に共に2-1と勝ち越し、4-2と二つ貯金を 稼いだベイスターズ。   この記事では、先週の記事と同じように、先週行われた6試合の打撃成績をまとめていきます。 ※ポジションごとに、打数順に並んでいます。     優れたもの(打率≧.300、出塁率≧.350、長打率≧.500、OPS≧.700、三振率<15.00%、四死球率≧10.00%)は下線で強調してあります。......続きを読む»

機会を逃さず。阪神戦遂に勝ち越し。

【ベイスターズファンの慟哭】

対阪神戦。 先発は今永。 球審とストライクゾーンが合わずに我慢の投球を強いられます。 5回までに5つの四球を出し、苦労しますが、 我慢強く投げて決定打は打たせません。 5回1失点。 球数がかさみイニングは食えませんでしたが十分な仕事をしてくれました。 打線は3回。 2死23塁から、ロペスの打球が糸井選手と大和選手の交錯を呼びます。 二人に大きな怪我がなかったことがまずは良かった。 結果として逆転......続きを読む»

阪神への勝ち越しで喜びつつももっとやれるはず

【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

ここで苦手阪神に勝ち越せたことは大きかったと思います。 先週はバルデス・ジョーダン・藤浪とここまで苦手にしていた相手から全て勝つことが出来ました。 相手の調子もあったかもしれませんがこれは明日からの苦手な交流戦に向けて非常に自信になったはずです。 阪神戦は3連勝の可能性もある展開でしたが序盤得点出来ないのが続いたのがもったいなかったですね。 金曜日も序盤は拙攻でしたが井納の調子が良かったので助か......続きを読む»

交流戦分析と展望

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

昨日の試合は、点差以上にヒヤヒヤものでした。 今永も決して良くありませんでしたから。 しかし、ロペスは調子を落としているとはいえ、この3連戦は結果的に5打点を稼いでます。甲子園のおかげで。 運も味方にしているということでしょうか。 勝ち越した阪神戦で大きかったのは、集中打で稼いだ得点ということです。 今までは、なかなか追加点が奪えなかったのですが、昨日の試合に関しても、宮崎が逆方向にタイム......続きを読む»

いよいよ楽しみにしていた交流戦が始まる

【YOKOHAMA lover】

久しぶりの更新となってしまいました。前回10日前のブログでは、”開幕前は、3、4月は戦力を整えながら勝率5割、5月に調子を上げて、6月の交流戦に臨むという流れを期待していましたが、5月になっても一向に調子が上がってきません。開幕投手の石田投手が離脱し、主砲筒香選手の調子が本調子になって来ないので、致し方のないことですが。もともと打線は優勝を考えると心許ないメンバーで、白崎選手の打撃覚醒という妄想を抱......続きを読む»

  • ブログを作る - 新規ブログ開設
  • ブログを書く - ログイン画面へ

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

注目タグ

スポーツナビ最新コラム

rss