ジャンル別一覧:DeNA(NPB)

クライン投手は先発の一角に変わりなし 梶谷選手の復帰と筒香選手の合流

【YOKOHAMA lover】

DeNA・クライン、制球難で5失点「投げ急いでリズムを崩した」サンスポ2017.3.25 17:52 フォームの修正に努め「良くなってきている」と前向きに話す。ラミレス監督は「今のところ変えるつもりはない」と、先発の一角との認識を示した。 篠原投手コーチ(クラインに)「徐々に前進しているのかなと思う。だんだん腕が振れる状態になってきた」 今日のクライン投手は、立ち上がり1,2価値は良い感......続きを読む»

個人的希望(DeNA) (打線)

【いろいろ所持雑感】

リード面で言うと、戸柱<高城評価です。 確かに、 戸柱の方が投げやすいのですが、経験不足のせいか、 武器がない投手については手詰まりに成り易く、良いイメージがないです。 狼狽えるですよね。 一方、高城は、昔、そんな感じでしたが、今は、そんな事がなく、比較で粘り強いリードをするようになってきています。 何度か、地獄に落とされていますが(場を剥奪された)、 その度に、場を奪い返しています、......続きを読む»

戦略の破綻

【百万の綺羅星】

シーズン開幕前に、戦略が破綻した。 順当に戦力になると思われたウィーランドは、思わぬ負傷で先行きが不透明。 戦力にならなければ困るクラインは、致命的な課題を抱え、解決の道筋が見えずに三度炎上。 今期の飛躍を期待した三嶋は逆に進退窮まり、砂田も殻を破りきれていない。 実質ドラフト1位と騒がれた熊原は、セットになると支離滅裂で、 今シーズンはフォームの模索に苦しむことになりそうだ。 パットンが想定した活......続きを読む»

【おしらせ】ベイスたんは「スポーツナビブログ」から「VICTORY」に移籍します

【ベイスたんのブログやよ!】

こんにちは。ウェブ漫画「ベイスたん」の作者、カネシゲタカシです。 2012年からこの「スポーツナビブログ」でご愛顧いただいてきた「ベイスたん」は、2017年から総合スポーツニュースサイト「VICTORY」に連載の場を移すこととなりました。 総合スポーツニュースサイト「VICTORY」 https://victorysportsnews.com/ しばらくはVICTORYさんの記事として......続きを読む»

ウィーランド投手腰の違和感で登板回避 開幕ローテはどうなるか

【YOKOHAMA lover】

DeNA・ウィーランド、腰の違和感で26日西武戦の先発回避へ サンスポ2017.3.25 05:01 ラミレス監督は開幕ローテーション入りを明言していたが、再編の必要に迫られる可能性も。26日の西武戦は同日にイースタン・リーグ、ヤクルト戦で投げる予定だった今永が先発する。 これは心配です。詳細は分かりませんので、明日の先発を回避するだけなのかも知れませんが、しばらくかかるのかも知れません......続きを読む»

開幕に向けてー開幕一軍メンバーを想定する

【DeNAベイスターズウィークリー評論】

3/24 こんばんは。またしても久しぶりになります。 私は今後も多忙のため一週間くらいしか更新できないので、 タイトルも「DeNAベイスターズウィークリー評論」に変えました。 WBCも終わり、いよいよペナントの開幕が近づいてまいりました。 今年こそベイスターズ優勝の期待に胸ふくらましたいところでしたが、 前回の記事「やはり投手力が不安」にて述べたとおり 先発5、6番手がかなり不安に感じます。 ......続きを読む»

ベイスターズ大改革案!山﨑康晃を先発へ!!!

【ハマキューベイライン】

今回は題の通り、ベイスターズ大改革案です! その案とは… グローザー、山﨑康晃、先発案! です!! 何を言っているんだと思った方もいらっしゃると思いますがw僕なりの理由があります。 山﨑投手と言えば、元々先発ローテの柱として期待されてドラフト1位で入団しましたね。 が、オープン戦で先発でなかなか結果がでず、当時の中畑監督が、短いイニングだといいボールを投げるというところを見抜いてクローザー......続きを読む»

3投手で40勝を 横浜史上3度目の快挙を妄想する

【YOKOHAMA lover】

DeNA・ラミレス監督が壮行会で先発3本柱にノルマ!「3人で40勝」ベースボールキング 3/23(木) 21:33 井納翔一、石田健太、今永昇太には「この3人で35から40勝すれば間違いなく優勝できる」 3人の投手で40勝というのは、過去の横浜の投手陣の歴史を振り返れば、とんでもなく高いハードルにも思えますが、しかし確かに3人にはそれぐらいやってもらわないと、優勝はできません。そして、私......続きを読む»

3月22・23日 オープン戦 ハマスタ開催の最終2試合 観戦に行って見ました

【とりあえず、ベイスターズ】

みなさま、こんにちは。 22・23日はオープン戦ハマスタ開催最終2試合という事で野球観戦に行ってまいりました。 この2日間は、WBC日本-アメリカ戦と平日の中、両日あわせて2万人近くのお客様が来場され 横浜DeNAベイスターズ、ビジターチームのファンと野球好きの神奈川県民に関心させられました。 結果は2連敗で今季オープン戦ハマスタ開催全7試合「6敗1分」でした。 ど素人の自分の言い訳ですと「ハマス......続きを読む»

3月23日 先発ローテいまだ確定せずも、サード争奪戦は決着か?

【YOKOHAMA lover】

今日のオープン戦ロッテ戦は、4−13と大敗しました。それにしても、1ヶ月前、2月24日のロッテとの練習試合について書いたブログで、ロッテのあまりにも勢いのある戦いぶりに、”ロッテは今季パの台風の目になりそうな予感がします”としましたが、その後のオープン戦でもロッテは圧倒的な強さを示し、これでオープン戦通算12勝1敗という考えられない勝率です。 開幕投手のDeNA石田、3被弾&5回5失点もプラス思考......続きを読む»

開幕一軍とスタメン予想!

【ベイブログ】

オープン戦は勝てないですが、テストなのであまり気にしなくてよいかと思います。 日曜日のクライン次第ですが、いまのとこ、先発候補の三嶋、熊原、久保、砂田とピリッとしない投球が続いてますので、よほどのことがない限りクラインでしょうね。金曜からのファーム三連戦の結果もあると思いますが。 というわけで改めて。 ローテ 1石田 金曜日 2ウィーランド 土曜日 3クライン 日曜日 4今永 火曜日 5井納......続きを読む»

足りないもの。

【星の集い】

盗塁が少ないのが気になります。 走れる選手が少ないのが気になります。 先発投手陣のスタミナが気になります。 足に関する事が気になります。 走り込み、投げ込みはどうでしたか? 中畑政権では、鬼練習、スタミナ、などなど、基本的な部分の底上げを感じるキャンプでした。 ラミレス政権では、自主性、技術、などなど、中畑政権とは異なるキャンプでした。 足りなく感じるのは、先発投手のスタミナ、 走れ......続きを読む»

WBCの熱さをペナントへ

【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

大分久しぶりの更新です。 WBCは過去最高レベルで熱い試合が多くて純粋に野球ファンとして楽しかったです! 特にオランダ(バレンティン)の気持ちの入り方は大会のハイライトと言っていいと思います。 また、アメリカラウンド予選も接戦が多く、非常に盛り上がったのはWBCの価値を上げるという意味でも良いことだと思います。 この大会を見て新たに野球の面白さ・怖さを感じてくれた人が野球に興味を持ってくれれ......続きを読む»

3月22日の試合と、各チームの新戦力採点

【YOKOHAMA lover】

WBCの準決勝アメリカ戦は、残念ながら負けました。しかし選手たちはここまでよくやってくれたと思います。楽しませてももらいました。WBCは明日のアメリカープエルトリコの決勝戦は残っていますが、日本のファン的には、もうペナントレースの方に意識が向かいます。来週の金曜日には、もう開幕です。 今日のオープン戦楽天戦は、濵口投手が先発。まだ未完成ながら、いいものをたくさん持った投手です。 今日もなかなか点......続きを読む»

もうすぐWBC準決勝 予選ラウンドでの筒香選手らの活躍を振り返る

【YOKOHAMA lover】

WBC準決勝、アメリカとの試合が、もうすぐ始まります。 4強入り侍、米専門家分析「日本は今までと違う」、千賀は「突如現れたスター」full count 2017.03.20 「MLBネットワーク」が第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の東京ラウンドから勝ち上がった日本とオランダの2か国を特集し、侍ジャパンの注目選手として山田哲人内野手、筒香嘉智外野手、千賀滉大投手の3選手を挙......続きを読む»

白崎浩之と宮崎敏郎のバッティングフォームが微妙に違うんじゃないか問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

 ベイスターズファンの皆様、どうもです。ここ最近のオープン戦をご覧になっていていかがでしょうか。クライン投手のコントロールは大丈夫なのか、ウィーランド投手は思ったよりいいじゃないか、三嶋投手のここにきての炎上はツライ、リリーフ陣は盤石そうだけど須田投手はちょっと心配、佐野選手はロマンあるけどシーズン入ったらどうなのか、セカンドは田中浩康選手で決まりなのだろうか、シリアコ選手は変化球打ちが上手だなあな......続きを読む»

オープン戦:今週の成績(投手)、17/03/14-17/03/20までのオープン戦まとめ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

 今回は、前回の記事で予告した通り、ここ一週間の投手成績を見てまいります。 先発→リリーフの順に、先発投手は先発した順、リリーフ投手は試合数順に紹介していきます。 (平均球数は、アウト一つを取るのに要した球数です。単純に球数をアウトの数で 割っただけですが、どの程度効率よく投球できているのかの目安になるかも知れません) ・先発: 濱口 遥大 #26 1試合 5回 打者20人 97球 平均球数:6.......続きを読む»

ベイスターズ、オープン戦で見えた課題

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

オープン戦も残り4試合となり、いよいよ開幕に近くなったという印象です。 この時期にもなれば、課題が明確になり それが集約された感じもします。 ベイスターズは現在5勝7敗1分の8位。 そこまで、悪い数字ではありませんが、 ちょっと負けが込んでますね。 そこで、オープン戦で見えた課題を検証しようと思います。 最大の課題はなんと言ってもクライン絡みです。 これによって、5番手6番手の問題も出......続きを読む»

敗戦にも明るい要素は多い 3月20日オープン戦ソフトバンク戦

【YOKOHAMA lover】

三嶋投手はキャンプ中の試合形式の練習から続けて立ち上がりに炎上し、2軍キャンプに降格となって、早々と先発ローテーション候補から外れたと思っていましたが、復活に向けて2軍で準備してきたのでしょう、先週の2軍の教育リーグの試合でまあまあの結果を出し、今日オープン戦初先発のチャンスが与えられました。 しかし良い球もあるのですが、結果が出ません。相手が強豪ソフトバンク打線であったとしても、あるいは牽制で2......続きを読む»

3月の三連休も野球観戦へ行って見ました

【とりあえず、ベイスターズ】

みなさま、こんばんは。 この3連休、自分は野球観戦に行ってまいりました。 結果は「2敗1分」です またど素人が適当に試合の感想を 3月18日【横浜DeNA 0-1 阪神】 今季初の同一リーグハマスタでのオープン戦 阪神先発・岩貞投手、横浜DeNAはハマスタ2度目の先発・ウィーランド投手でした。 前回の反省を生かし、低目を意識して変化球を多投し打たせてアウトを積む丁寧なピッチングでした。 5回2......続きを読む»

【ベイスターズ】ドラ1濱口投手の印象とこれから

【ハマキューベイライン】

今年のドラフトでNo.1左腕と騒がれた濱口遥大投手。 私の、地元九州の佐賀県出身のピッチャーなので、かなり期待して見せていただいてますw 今永、石田、砂田など素晴らしい左腕が多いベイスターズでラミレス監督が先発ローテ入りを期待する選手の1人です! 早速3月14日にオープン戦(日本ハム)で初登板、初先発を果たしています。 結果は… 投球回 5 失点 2(自責1) 被安打 3 与四死球......続きを読む»

オープン戦:今週の成績(打者)、17/03/14-17/03/20までのオープン戦まとめ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

 基本的に記事にはしていないのですが、WBC日本代表は明後日、アメリカとの 準決勝に挑むことが決まりましたね。投手力のアメリカと打撃力の日本、という対決の図式に 面白さを覚えます。筒香選手にとって、ここからの試合は自身にとって試金石といえるでしょう。 これまで同様、代表には素晴らしい野球を見せてくれることを期待しています。  さて、今週は、ファイターズと札幌で三連戦、横浜に戻ってタイガースと一戦、......続きを読む»

闘う意思

【百万の綺羅星】

オープン戦に三嶋が登板した。 結果は、話にならない大炎上。 正直、怪我人が続出なんていう事態にでもならない限り、 今後一軍に呼ばれる可能性はないだろう。 闘う意思のない選手に経験を積ませる価値などないからだ。 自ら攻めることなく、ただ相手が打ち損じるのを祈るような投球は、 お金を払って観てもらうプロ野球の興行に相応しくない。 続々と後輩に追い抜かれ、外国人投手がローテを確約され、 背水の陣に近い状況......続きを読む»

開幕戦線異常あり 白崎選手がセカンド?日本人先発投手がもうひとり?

【YOKOHAMA lover】

クライン投手には今日こそはと期待していたのですが、今日もストレートの制球がままなりませんでした。5回を3安打5四球4失点(自責3)、三振も5奪っていますが、とにかくストレートがぬけて、右打者の頭の方に行ってしまいます。 DeNA 新外国人クラインは5回4失点、制球に課題 デイリースポーツ 3/19(日) 14:51 「まだフォームにバラつきがあり本来の投球ができなかった。次回の登板に向けて......続きを読む»

3年ぶりくらいにハマスタに行った件

【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

 イースタンリーグの公式戦が開幕し、今日もロッテ浦和球場でベイスターズファームの試合が行われたのでありますが、どうもあの球場には足を運ぶ気がせず、しかしどこにも試合を見に行かずに週末をやり過ごすのも寂しいなと思い、3年ぶりくらいに横浜スタジアムに行ってきました。  僕の家から横浜スタジアムは10キロと離れていないのにご無沙汰をしていた理由はいつも混んでいるという評判を聞いて気後れしてい......続きを読む»

ファン20周年記念 いろいろランキング(その9:盗塁・犠打・BB/K)

【ベイスターズを科学する】

本日のオープン戦は、引き分けでしたね。ロペスが結果を出してくれたのは嬉しいところですが、クラインがちょっと心配です。開幕ローテ入りが確定しているようですが、大丈夫なのでしょうか……。 さて、だらだらとお届けしてきたランキングも今回で一度締めさせていただきます。 最後にお届けするのは、盗塁・犠打・BB/Kというマイナーな記録です。 ・盗塁数top10 盗塁数の1位は、39個で3つの記録が並び......続きを読む»

3.19ソフトバンク戦 外国人枠

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

結果から言えば引き分けです。 もうこの時期になると、選手の選別や収穫を探すという段階ではありません。 一つ言えるなら、中継ぎのビハインド要員は格段に昨年よりかはいい人材になるでしょう。 平田、高崎、進藤、砂田の4人です。 クローザーはヤマヤスでいいと思います。 8回をパットンと三上をローテーションで使うというやり方にしたほうがいいのではないでしょうか。 救援陣はこれで陣容が整いました。 ......続きを読む»

クラインという地雷

【百万の綺羅星】

開幕を目前に控えて、クラインが地雷と化した。 最初から日本のマウンドとボールに適応したパットン、 最終的に修正して適応したウィーランド、 この2名と比して前評判の最も高かったクラインが、全く適応できていない。 マウンドなのか、あるいはボールなのか、適応できない原因は不明だが、 ともかく自分本来のボールを一球も投げることが出来ず、 あまつさえ相手にあわや直撃という抜け球を連発では、話にならない。 いつ......続きを読む»

開幕一軍予想!

【ベイブログ】

ラミレス監督がローテ候補を発表したところで開幕一軍28人を予想してみます。 1石田 2今永 3井納 4クライン 5ウィーランド 6濱口 7須田 8田中 9三上 10パットン 11山崎 12砂田 13平田 14戸柱 15高城 16嶺井 17ロペス 18倉本 19白崎 20宮崎 21田中 22柴田 23筒香 24梶谷 25桑原 26関根 27佐野 28荒波 しかし、迷いますね。。 迷うとこ......続きを読む»

梶谷隆幸に期待したいもう一つのこと、問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

 WBC、面白いですね。普段は敵チームである各チームの主力選手が非常に頼もしく見えます。坂本・菊池両選手の三遊間は惚れ惚れしますし、筒香選手はもとより、中田翔・山田哲人選手などの打撃陣もいい働きをしています。菅野・石川等の先発投手陣も素晴らしいピッチングを見せてくれてくれています。特に今回はラッキーボーイとしての小林選手やチームを鼓舞するように声を出す松田選手の存在が大きいような気がします。    ......続きを読む»

戸柱捕手が復帰してウィーランド投手が好投 ラミレス監督は先発ローテ5人を明言

【YOKOHAMA lover】

DeNA・ラミレス監督、先発ローテ5枠を明言 6人目はD1・浜口が有力 サンスポ2017.3.18 17:27 今日ラミレス監督が語った5人とは、3月31日の開幕投手が内定している石田投手に加え、今日4月4日の横浜スタジアム開幕戦の先発を指名された今永投手、そしてもちろん井納投手、さらにクライン投手とウィーランド投手の両新外国人投手です。ウィーランド投手こそ今日阪神を相手に好投しましたが、クライン......続きを読む»

誰を使おうか、オープン戦のうれしい悩みと心配の種

【野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ】

 キャンプも終わりWBCも開幕、もうすぐ春のセンバツも始まるが、その裏でもシーズンに備えて粛々とオープン戦が行われている。  そんななか我らが横浜DeNAベイスターズは5勝6敗とまあまあな調子で来ており、昨年の4勝というあまりにふがいない数字を早くも乗り越えたことになる。対ロッテ戦のあまりにひどい負け方は見なかったことにしておきたいが、それなりに順調といえるだろうか。  今のところ調子がよさそう......続きを読む»

3.18 阪神戦

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

今日は両チームとも投手が好投しました。 ベイスターズはウィーランドが先発。 6回途中を1失点で抑えたので、前回からは修正されてました。 ストライク先行で行けたので、ひとまず安心というところでしょう。 前回は大谷に特大のツーランを打たれた須田も今回はきっちり三者凡退に打ち取って、 きちんと修正されてました。 球威だなんだ言いたくなりますが、 無失点に抑えること、三者凡退に抑えることがなに......続きを読む»

緩和されていたハマスタ建ぺい率

【すき間ベイスターズ】

先日発表された横浜スタジアムの35000人への増席計画。増席したくとも法令の規制で建ぺい率が限界であったはずではと疑問に感じた人もいるだろう。そんな方には、はまれぽの記事をお勧めする。 ちなみに、増設は無理と言われ続けてきたハマスタだが、都市公園法が改正され、建設可能な面積が5%増えた。 横浜スタジアムのスタンドが急勾配なのはどうして?,2011/5/30,はまれぽ.com このよ......続きを読む»

この1週間の重要性

【YOKOHAMA lover】

開幕まで2週間を切り、オープン戦もあと1週間あまりで終わります。今日から阪神とソフトバンクを迎えて3連戦、1日開けて楽天戦、ロッテ戦と、横浜ズタジアムでオープン戦が5試合行われます。 この3連戦のポイントは、先週良い結果を出せなかったウィーランド、クライン両投手が、帰ってきた正捕手戸柱捕手のリードで、どのような投球を見せてくれるかです。このふたりには、来週の最後のオープン戦西武2連戦でも登板のチャ......続きを読む»

3月14~16日 オープン戦 北海道日ハム3連戦 遠征観戦に行って見ました。 

【とりあえず、ベイスターズ】

みなさま、こんばんは。 今季の交流戦、北海道日本ハム戦は札幌ドームでの開催ですので この3日間は視察がてら、初の札幌ドームへオープン戦3連戦を観戦に行って来ました。 札幌の街中は所々、雪が残っていて日中の気温も4℃以下と寒かったです。 この3連戦の試合結果はもういいですね。1勝2敗です。 1戦目先発の濱口投手はストレートが走り、チェンジアップ・スライダー・カーブを駆使して 1軍のオープン......続きを読む»

石田、開幕に向け順調。

【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

オープン戦といえども11日からは4連敗。 少し心配していましたが16日は快勝。 開幕投手が内定している石田が オープン戦初登板で6回をわずか86球で 被安打3の1失点。色々ありましたが 大丈夫そうで安心しました。 7回からはパットン→三上→山﨑康晃のリレー。 公式戦でもこのリレーになるでしょうか。 クライン、ウィーランドはなかなか結果を出せていませんが、 パットンは無難なところを見せていて計算して......続きを読む»

3月16日オープン戦日ハム戦 快勝の中に見えた今季のストロングポイント

【YOKOHAMA lover】

ベイスターズの先発は開幕投手内定の石田投手。相手日ハムの先発は開幕投手最有力候補の有原投手。ふたりは同じ広島出身の同学年で、それぞれ6大学の法政と早稲田で活躍しており、親交もあるとのことです。ドラフトのときの評価では、石田投手は有原投手に差をつけられていましたが、石田投手の成長もあって、リーグは違っても良いライバル関係になっているのではないでしょうか。 そしてベイスターズは3番レフトに佐野選手を抜......続きを読む»

ラミレス監督は実績主義か?調子主義か?

【星の集い】

オープン戦も半ば、開幕オーダーが気になるところです! そこで、ラミレス監督は実績主義なのか?調子主義なのか? 実績主義なら、現時点ではこんなオーダーかな? 1番 (中)   桑原 2番 (二)   田中・石川 3番 (右)   梶谷 4番 (左)   筒香 5番 (一)   ロペス 6番 (三)   白崎・シリアコ 7番 (遊)   倉本 8番 (捕)   戸柱 or 1番 (中)   桑原 ......続きを読む»

2020年オリンピック会場は3万5000人収容の新装横浜スタジアム

【YOKOHAMA lover】

DeNAが横浜スタジアムの増築・改修計画を横浜市に提出したとのことです。通常の発表は球団代表からされますが、この件については、ふだんあまり表に出ない岡村社長が自ら発表しました。この件は岡村社長が陣頭に立って準備を進めていると思われ、現在のDeNAにとって最重要事項であることがうかがわれます。 ベイスターズ公式サイトより 以前に池田前社長が提示した夢のスタジアムとの違いを探すと、池田社長の夢では、......続きを読む»

3月15日オープン戦日ハム戦 打線沈黙もシリアコ選手首位打者に

【YOKOHAMA lover】

昨日のオープン戦日ハム戦は、1-3で敗れましたが、井納投手の調整が順調なのは収穫でしょう。打線から筒香選手と梶谷選手が欠け、さらにロペス選手の調子が上がらないとなると、やはり点は入らないです。しかし本番では、打って欲しいところで打ってくれる日本の4番筒香選手が帰ってきますし、梶谷選手は軽傷のようです。ロペス選手の打撃には大きな波がありますので、3月がこれなら4月は打棒爆発を期待できるかも知れません。......続きを読む»

オープン戦とハマスタと。

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

相変わらず、筒香凄いですね。 筒香依存が強いチームにならざるを得ませんね(苦笑) さて、オープン戦は序盤は好調だったものの 土曜日から4連敗。 守備のミスも目立ちますが、打撃においても少し疲れが出てきてるのかもしれません。 特に、昨日の高梨と石川直也には手も足も出ませんでした。 良いあたりもファインプレーになった部分もありましたが。 投手陣は概ね順調です。 井納は安定感ありましたし......続きを読む»

3月14日 オープン戦日ハム戦 濵口投手好投、シリアコ選手猛打賞

【YOKOHAMA lover】

昨夜は、WBCのキューバ戦とベイスターズのオープン戦が同時進行という、ファンにとっては嬉しい悲鳴というか、野球を堪能させてもらった夜でしたが、このブログではもちろんベイスターズの試合について書かせてもらいます。 まず一番の楽しみは、先発ドラ1ルーキー濵口投手の投球です。3月7日に開幕までの先発予想をして、7日からの教育リーグ3戦は石田、井納、今永投手の調整登板と予想しましたが、今永投手は一足先にオ......続きを読む»

オープン戦:今週の成績(打者)、17/03/08-17/03/12までのオープン戦まとめ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

 WBCオランダ代表戦、非常に白熱した試合でしたね。 ナショナルチームのプライドを持った2チームの、何の因縁や政治的背景も持たない 純粋な激突は、スポーツとして実に見ごたえがあった、と思います。  筒香選手はノーヒットでしたが、試合後半にかけて徐々に内容が良くなって行きましたから、 あまり心配はいらないと感じます。ただ、バンデンハーク選手の速球に苦戦していたのは (本人も考えていると思いますが)今後......続きを読む»

悩ましい先発ローテーション枠

【鯨の遺伝子】

いやー、昨日のWBCは痺れました。 常に先行しては追いつかれる苦しい勝負でしたが、見事に延長の末勝利。 と書きつつ途中寝落ちして最後まで見れていないのですが。 抑え則本という采配が裏目に出た侍Japanが如く、干したての温か布団にくるまって、エアコン代節約しての観戦という采配が裏目に出てしまいました。 前置きはさておきベイスターズ。 ホームであるハマスタでロッテを迎えた連戦で二連敗となってし......続きを読む»

期待と不安が入り混じったハマスタ観戦

【1998の感動をもう一度】

皆様こんばんは。 昨日ロッテとのオープン戦を久しぶりにかみさんと観戦しました。 昨日は、とても暖かく野球観戦日和でした。 やはり、多摩の外れより港街ヨコハマは暖かかったでしょうし、解放感たっぷりで、終了後、久しぶりに居酒屋で飲んだりしたので、帰りは遅くなりましたが、ヨコハマはいつ訪れてもウキウキしますね。 観客も2万人を超え盛況でしたが、無事ライトスタンドに座れ、宮崎の応援歌など気に入り、久しぶり......続きを読む»

3月12日 オープン戦ロッテ戦 クライン投手制球難が続く

【YOKOHAMA lover】

昨日のロッテ戦は録画したのですが、WBCのオランダ戦が凄すぎて目が離せず、結局録画は見ていません。したがって以下は、結果の数字と一部動画で見ただけでの感想です。 クライン投手は前回の登板に続いて、球をコントロールすることができませんでした。最後は危険球で退場という、最悪の結果でした。もともとアメリカではそんなにコントロールの悪い投手ではありませんでしたから、やはり日本のマウンドやボールに適応できて......続きを読む»

3月12日 ファーム春季教育リーグ 東北楽天戦 観戦に行って見ました

【とりあえず、ベイスターズ】

みなさま、こんにちは。 昨日は今季初の横須賀スタジアムでの試合ということで 春季教育リーグ・東北楽天戦を観戦に行ってました まず、試合結果は【横浜DeNA 0-6 東北楽天】敗戦 以上です。 またど素人の自分がコメントをします。 横浜DeNA出場選手と打撃結果(選手名の左側英数字はポジション番号) 4 石川(遊ゴロ・右飛・右飛)→6 松尾(二飛・見三振) 3 飛遊馬(右飛・投犠打・死球) →......続きを読む»

2017年3月12日 東北楽天vs横浜DeNA (横須賀) の感想

【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

 昨日に続いて教育リーグの試合を見に行ってまいりました。試合開始時刻を12時30分と勘違いしていたおかげで、ずいぶん早く球場について座席も選び放題になりました。  昨日のジャイアンツ球場では売店も駐車場も営業していなかったのですが、今日の横須賀スタジアムは教育リーグの試合にも関わらず、売店も駐車場もしっかり営業しておりましたので、ここで選手名鑑を購入して試合に備えました。  だ......続きを読む»

濵口遥大が力を発揮する方法

【人生で2回目のベイスターズの優勝を夢見て】

細かい制球は諦めよう。 濵口遥大は2016年のドラフト1位で指名された。 荒削りだが、良さを生かせれば、即戦力として活躍できる投手だ。 特徴としては、以下の通りだ。 ○ストレートは球速以上にキレがある。 ○チェンジアップは落差がビックリするほど大きい。 ○カーブやスライダーも配球の組み立てに入れられるレベル。 ○すべての球種で、コントロールは良くない。 配球はストレート中心になる。 このストレ......続きを読む»

基本技術と修正能力

【1998の感動をもう一度】

皆様おはようございます。 今日はハマスタ観戦します。 まだオープン戦だけど、まだ春浅いけど、またこの季節がやってきたのですね。 昨日ブログを見ていたら、改めて6年前の3.11以降の事を思いだし、計画停電なんてあったなあとなんかちょっと昔の事のように思った自分を反省しつつ、本日ライトスタンドでまた愛すべきベイスターズを応援できる幸せを噛み締めたいと思います。 さて、シーズンオフ後の私はと言えば、土日......続きを読む»

* 祈りの日。

【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

って ベイスターズの バッター陣が 9得点でも 勝てなかった昨日 あの日から 丁度6年 そう 東北地方を襲った あの津波からね。 今でも 行方不明 って方々が 2,000人以上 オレの 産みのお袋も そのひとりだわ。 まー ショック っていうか 心の中で 何かが動いて エントリーさせてもらう ってのを 放ったらかしにしていた 3年半か 4年ぐらいの間に 一度も エントリー させても......続きを読む»

3月11日 オープン戦 千葉ロッテ戦を観戦に行って見ました

【とりあえず、ベイスターズ】

みなさま、こんばんわ。 11日は今季初、本拠地・横浜スタジアムでオープン戦千葉ロッテ戦が開催され この試合の来場者は2万2千人。新しい応援曲が披露されたり、 公式戦さながらの雰囲気で行われました 試合は【横浜DeNA 9-12 千葉ロッテ】敗戦です。 両チーム合わせて 「30安打 失策5」 ノーガードの乱打戦になってしまいましたね・・・ ど素人が気になった選手を掻い摘んでコメントを。 ......続きを読む»

ファン20周年記念 いろいろランキング(その8:出塁率・長打率・OPS)

【ベイスターズを科学する】

日本代表はWBCの一次ラウンドを無事突破しました。息つく間もなく二次ラウンドが始まります。頂点目指して頑張って欲しいです。 さて、ランキングは第8回。出塁率・長打率・OPSという強打者の指標を扱います。 ・出塁率top10(規定打席到達者) 出塁率top10は全て4割越えの記録で占められましたが、その中でも1位を勝ち取ったのは、1997年のローズ選手で.444というハイアベレージでした。ロ......続きを読む»

課題山積、大味な試合

【鯨の遺伝子】

2017ハマスタ初戦となった本日のロッテとのオープン戦。 涌井クラスの投手を打てたのは良かったですが、両チーム合わせて30安打5失策、しかも敗戦という大味な試合になってしまいました。 今日無難にまとめ上げればローテ当確だったウィーランドでしたが、残念ながらそう上手くはいきませんでした。 今まで良過ぎてランナーを出すことがなかったので露顕せずに済んでましたが、クイックに課題ありでしたね。 この時......続きを読む»

プロ野球チームのファンであること問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

 2017年3月11日。震災から6年経った本日、世田谷ものつくり学校で開催された「東京野球ブックフェアトークイベント 野球ライターになるには」を拝聴した後、その足で横浜スタジアムで行われたオープン戦「横浜×ロッテ」を見てきました。「野球ライター~」が13時終了で、オープン戦は13時スタートだったので、なかなかの強行軍でしたが、どちらも行ってよかったと思っています。  「野球ライター~」はベイファンの......続きを読む»

2017年3月11日 横浜DeNAvs読売巨人 (ジャイアンツ球場) の感想

【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

 40歳の大台到達まで残す所1年を切った僕ですが、皆様こんばんは。時計の針に逆らおうと一生懸命頑張って若作りに励んでおります。  さて、本日は今シーズン始めての球場観戦に行ってまいりました。ほとんどのベイスターズファンの目が横浜スタジアムに向けられている中、僕はあえてジャイアンツ球場で行われた教育リーグの試合に行ってまいりました。  もうかれこれ5年か6年くらいに渡り、シーズン最初は教育リーグ......続きを読む»

3月11日オープン戦ロッテ戦 ウィーランド投手炎上す

【YOKOHAMA lover】

今日の試合は両軍15安打ずつの打ち合いになりました。硬い土で改修したというマウンドに慣れなかったなどということはないでしょうけど、気温が低かったからか、ロッテの先発の涌井投手を含め、ピリッとしない投手が多かったです。 その中でもとくにウィーランド投手は制球が悪く、失点を重ねました。3回2/3で9失点です。”3月5日楽天戦 ウィーランド投手好投 19安打6得点”と題したブログで、 球種が少な......続きを読む»

やはり投手力が不安

【DeNAベイスターズウィークリー評論】

3/11 De9-12ロ 久しぶりになります。こんにちは。 今日はウィーランド投手がまさかの大乱調。 オープン戦でよかった、と思うしかない投手陣の崩壊でした。 しかしこれで、ベイの先発投手陣がかなり不安になってきました。 2月までは山口投手の穴を全く感じさせない、もしくはそれ以上の先発投手陣をも妄想できましたが、 主力打者が次々と調子を上げてくる3月に入り、 ちょっと先発投手陣に不安を感じる......続きを読む»

ハマスタ最初のオープン戦、次が大事。

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

これまでのオープン戦は4勝2敗、練習試合も5勝3敗と勝ち越しているので、かなり順調に来ていることは事実です。 なので、今日の試合だけで判断するのは早計です。 ウィーランドでしたが、3回3分の1で9失点と散々でした。 もともと、多彩な球種で打ち取るタイプですが、縦の変化球がバッターが余裕で追える落差だったのが気がかりでした。 ストレートもあまり球速が出てなかったので、打者にとってはちょうどい......続きを読む»

ベイ白崎、覚醒のポイントは?

【人生で2回目のベイスターズの優勝を夢見て】

苦手の球種を克服できるか。 白崎浩之は2012年のドラフト1位で指名。 前監督の中畑清と同じ駒澤大出身だから1位、とネット上でささやかれている。 素材を評価されたという方が正しい。 球界で減少傾向にある右打者であること。 身長184cm、体重89kgの大型内野手で、長打力を持っていること。 大化けした時に、強打の内野手として貴重な選手になることを見込まれた。 バッティング面を嘱望されたはずだが、......続きを読む»

開幕メンバーを勝手に想定してみる

【YOKOHAMA lover】

開幕まであと3週間、オープン戦も残すことろあと2週間あまりです。そろそろ開幕メンバーを想定した調整に入る段階でしょう。 開幕メンバー(ただし開幕直後の先発投手順次登録に伴う臨時体制は除く)を、勝手に想定してみました。 先発投手6名 石田、クライン、ウィーランド、井納、今永、6番手(平良or熊原or濵口or久保) ラミレス監督から先発は5枠まで決まっているという発言があったらしく、それが本当な......続きを読む»

3月8・9日 オープン戦 オリックス2連戦 神戸・姫路へ遠征観戦に行って見ました。

【とりあえず、ベイスターズ】

みなさま、こんばんわ。 一昨日からオープン戦オリックス2連戦。神戸・姫路へ遠征観戦に行ってました。 ど素人が掻い摘んでコメントを。 3月8日オリックス6-1横浜DeNA (ほっともっとフィールド神戸)  はじめての「ほっともっとフィールド神戸」新神戸駅から地下鉄で25分ほど。 地下鉄「総合運動公園駅」駅舎の目の前に球場があるのでアクセスが凄くいいです。 天然芝が綺麗で外野席からの見晴らしも良さ......続きを読む»

激化する一軍枠争い。開幕が楽しみです。

【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

8日、オープン戦の連勝は3で止まりましたが、 9日は投打とも見所たくさんの内容で快勝でした。 打線は相変わらず好調で14安打8得点。 特に関根が3安打、また白崎、柴田も一発を放つなど レギュラーを狙う若手が結果を出しているのは とても明るいニュースです。 投手陣は先発今永が6回1失点。 先日の社会人との練習試合では打たれていましたが ちゃんと結果を出してくれました。 先発ローテの一角として、安心して......続きを読む»

順調と楽しみ、そして落とし穴。

【星の集い】

キャンプ、オープン戦を通して、順調に、そして楽しみのある選手たちが出てきました。 大きな怪我人も、今のところなく、開幕が楽しみです。 新外国人選手や、新しいルーキーたち、期待の膨らむ選手も増えて、ニュースを見るだけで楽しみです♪ その中で、あえて、気になる部分を書いてみようと思います。 レギュラー候補の過ごし方です。 選手一任の部分が多いのが少し不安に感じます。 特に石田選手! 開幕投......続きを読む»

3月9日 オープン戦オリックス戦と教育リーグ西武戦の結果を採点する

【YOKOHAMA lover】

8対1と完勝。先日の試合では炎上した今永投手でしたが、今日はオリックスを相手に6イニングを95球被安打4失点1とまずまずの投球でした。やはり一度調子を落として、開幕に向けてまた上げるという、計画どおりの炎上であったようです。安心しました。今永投手の先発ローテーションに、揺るぎはありません。 今日も1軍を目指してサバイバルを続ける選手たちの採点をしてみます。 高崎投手 65点 ヒット1本はあったも......続きを読む»

筒香の構えは今季の?それともWBC用??

【FOOTBALL&BASEBALL独り言】

WBC日本ラウンドが始まり、私としては筒香の活躍見たさがメインのTV観戦となっています。 今のところこれぞ4番という働きがでできて何よりです。 打って欲しいときに打ってくれる。 ハマスタで幾度となく見せてくれたバッティングはサムライジャパンの4番になっても健在ですね。 なんか月並みですが、なんて凄いバッターなんだと思いますね。 レギュラーシーズンでは、静まり返りますが、筒香のホームランで東......続きを読む»

筒香選手のパワー、柔らかさ、スピード三位一体のホームラン

【YOKOHAMA lover】

日本の4番筒香選手は、昨夜のオーストラリア戦でもホームランを打ちました。キューバ戦のホームランが失投を待って仕留めたホームランなら、昨夜のホームランは、けして失投ではない内角低めの変化球を、解説の原さんの言葉を借りればと、パワーと柔らかさとスピードの三位一体の高等技術で打ったホームランでした。筒香選手の打撃は昨年よりまた進化しています。 2勝した日本は、2次ラウンド進出が濃厚ですが、筒香選手は油断......続きを読む»

3月8日 オープン戦オリックス戦と教育リーグ日ハム戦における、先発ローテーション候補たち

【YOKOHAMA lover】

今日の先発はルーキー尾仲投手。今日は1軍の中心打者を相手に長い回を投げられるかということを試したいという首脳陣の意図で先発へ。現状尾仲投手が期待されているポジションは、開幕1軍のロングリリーフでしょうけど、あわよくば先発候補にという色気もあるのかも知れません。しかし、雪のちらつく寒い神戸で、初回コントロールだ定まりませんでした。高めに抜ける球が多く、逆に低めにワンバウンドした球はパスボールとワイルド......続きを読む»

筒香と開幕一軍とシリアコと。

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

今回のWBCは今までで一番タフです。 二次ラウンドは追い込まれるだけでなく、イスラエルやオランダとは普通に力負けする可能性もあると思うからです。 やってるほうからすれば、神経すり減らす期間がさらに長くなると考えてもいいでしょう。 準決勝や決勝まで進むと、さらに強い相手が待ち構えてますから。 そうなると、日本の4番でもあり、ベイスターズの4番でもある筒香はかなり疲れて戻ってくると思います。 ......続きを読む»

3月7日 ファーム春季教育リーグ開幕戦 埼玉西武戦を見に行って来ました

【とりあえず、ベイスターズ】

みなさま、こんばんわ。 1軍は本格的にオープン戦が始まりましたね。ファームも本日から春季教育リーグが始まりましたので 早速、長浦の埼玉西武戦へ観戦に行ってきました 今日も気温が10度くらいでしょうか?まだ肌寒かったです。 試合結果は【横浜DeNA 9-5 埼玉西武】で逆転勝ちでした              R H E   埼玉西武 002 003 000 5 8 3   横浜......続きを読む»

今月の試合日程と先発投手予想 追記:今日の教育リーグの結果

【YOKOHAMA lover】

下の表に今月の日程を示します。 明日のオープン戦オリックス戦には、尾仲投手が先発する予定です。ある程度長い回を投げさせて、ロングリリーフとしての適性を見ることが目的とのことです。明日好投すれば、尾仲投手の開幕1軍がかなり現実的になります。明後日もオリックス戦がありますが、濵口投手、熊原投手ら、先発ローテーション入りを目指す若手のテスト登板も、この2連戦であるでしょう。この2連戦で、1軍生き残り......続きを読む»

オープン戦3連勝。ウィーランド好投でローテ入りに前進。

【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

昨日に引き続き倉敷での楽天戦。 梶谷以外の全出場野手がヒットを放ち 19安打でしたが6得点。 突っ込みどころもありますが、 桑原、ロペスにオープン戦初ヒットが生まれ、 昨日に続き佐野がよいところでタイムリー。 宮﨑はセカンドスタメンでフル出場して本塁打含む2安打。 シリアコ、高城が3安打で こちらもレギュラー争いに向け強烈アピール。 素晴らしい結果でありました。 投手は先発として期待のかかるウィー......続きを読む»

オープン戦:17/03/05、対東北楽天ゴールデンイーグルス(1):ファーストインプレッション

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

 まだ昨日の試合の成績をまとめきれていませんが、今日の試合の概観について。  今日も倉敷でベイスターズ対ゴールデンイーグルスのオープン戦が行われ、 ベイスターズは6-0で完封勝利を収めました。  打線は19安打、投手陣は被安打わずか3ということで、非常に素晴らしい試合ぶり だったのではないでしょうか。  以下、目についたことをつらつらと。 ・ウィーランド選手  昨日のクライン選手や、今日登板した......続きを読む»

3月5日楽天戦 ウィーランド投手好投 19安打6得点

【YOKOHAMA lover】

今日の先発はウィーランド投手。球種はフォーシームがほとんどで、変化球は左打者にはチェンジアップもときに投げますが、ナックルカーブが武器。ナックルカーブは大きく落ち、制球もかなり良いですね。昨日のクライン投手とは、同じ右投手でも、全くタイプが異なります。球種が少ないだけに、フォーシームの威力と低めへの制球が生命線になるでしょう。今日も前回の登板同様、その制球も良かったです。今日のような投球を見ると、昨......続きを読む»

激化するポジション争い ~倉敷遠征感想~

【鯨の遺伝子】

はるばる倉敷まで応援に行った甲斐があり?見事楽天相手に2連勝。 この二年間交流戦で六連敗中の相手ですから苦手意識払拭という意味でも大きい勝利だったのではないでしょうか。 ただ、あまり相手を悪く言いたくないのですが、ベイスターズが良かったというよりは、ちょっと楽天が酷過ぎたかなというのが率直な感想です。 昨日の試合はあれだけ四球を連発して、3失点で済んだのは投手陣が粘ったのもありますが、楽天の拙......続きを読む»

ファン20周年記念 いろいろランキング(その7:本塁打・塁打数・打点)

【ベイスターズを科学する】

ベイスターズはOP戦3連勝と、なかなか景気の良いスタートとなりました。新戦力の活躍がちらほら見られているようで、チームの活性化につながってくれればいいなと思います。 さて、今回のランキングは、本塁打・塁打数・打点というクリーンナップを担う打者に求められる指標についてです。 ・本塁打数top10 1位は、2008年に村田選手が記録した46本です。この年の村田選手は、前年の2007年に続いて(ラ......続きを読む»

週末の楽天戦を振り返る。

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

この2連戦通して思ったのは、打線は全体的にかなり振れてます。 昨日は13安打、今日は19安打。それで、今日は6点なので、効率は悪いですが、この時期なので気にはしません。 バッターから、振り返るとノーアウト1塁2塁から2度1点も奪えないケースがありました。 回ってくるバッターが梶谷、ロペス、シリアコ、宮崎なのでベンチも自由に打たせると思うので、仕方ない面もあります。 ただ、1回表の梶谷の打球......続きを読む»

マウンドとの勝負

【百万の綺羅星】

昨日、今日と、ローテ枠を争う外国人二人が試合に投げた。 昨日投げたクラインは、明らかにマウンドへのアジャストが出来ていなかった。 常に足元を気にしていて、打者と戦う以前の問題である。 ゾーン内で暴れるだけならいいが、明らかなすっぽ抜けが数球あり、 打者の頭の付近を掠めるボールまであるようでは、試合に出しづらい。 とはいえ、ボール自体には十分に力があり、 地方球場のマウンドということを差し引けば、ま......続きを読む»

スコアは快勝も、投手陣は微妙な内容・・

【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

今日からオープン戦も本格スタート。 楽天との2連戦です。 そういえば今年のオープン戦、セ・リーグとの対戦は 最初の巨人戦と、後は阪神戦1試合だけなんですね。 残りは全部パ・リーグが相手。 昨年どうだったかは覚えていないのですが そんなものでしたでしょうか。 試合の方は打線が13安打9得点と好成績でしたが 結構相手の守備に助けられた要素もあり、 また、相手投手が一軍生き残りをかける若手ということも ......続きを読む»

3月4日楽天戦の結果とクライン投手について

【YOKOHAMA lover】

クライン投手は4回1/3を投げて与四球7。それでも4回までは、本人が目標としているという1イニング15球前後で切り抜けていましたが、5回にはさらに制球がままならなくなり、4つの四球で押しだしの1点を与え、何とか2死をとったところで交代となりました。もともとデビューの三者連続三振の試合でも制球がもうひとつで、球威で左打者3人を抑えた感じで、2試合目となった2月22日の韓国代表戦でも、制球は改善しません......続きを読む»

オープン戦:17/03/04、対東北楽天ゴールデンイーグルス(1):ファーストインプレッション

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

 お久しぶりです。 開幕までいよいよ一ヶ月を切り、各球団開幕に向けて準備・調整を行っています。 これまでも練習試合等、チェックしてはいたのですが、そろそろ本格的に実戦に向けた 準備の時期に入るかな、と感じたので、更新を再開することに決めた次第です。  今日のベイスターズ一軍は、倉敷マスカットスタジアムでゴールデンイーグルスと オープン戦を行い、9-3で勝利しました。 この時期の試合ですから、スコア......続きを読む»

今日のオープン戦楽天戦のスタメンとチーム内の競争

【YOKOHAMA lover】

今日倉敷で行われる、楽天とのオープン戦のスタメンです。 桑 原 (中) 田中浩 (二) 梶 谷 (右) ロペス (一) シリアコ(三) 宮 崎 (DH) 倉 本 (遊) 嶺 井 (捕) 佐 野 (左) 投手 クライン 宮﨑選手がDHなのは、昨年春のキャンプでも、なんでもない普通の守備練習で足を故障した宮﨑選手ですから、実戦で守るのはもう少し暖かくなってから、という含みもあるのでしょうけど、それ......続きを読む»

外国人選手も先発ローテも残り3枠 贅沢な悩み 

【YOKOHAMA lover】

DeNA外国人2投手がサバイバル先発へ 残り3枠5人で争う スポニチ2017年3月3日 いよいよオープン戦も本格的に始まります。まずは倉敷で行われる4日、5日の楽天2連戦。そこでクライン投手とウィーランド投手が先発することが分かりました。 外国人選手で1軍が確定しているのは、ロペス選手だけ。残り3枠をリリーフのパットン投手を含めた新外国人投手3人に、エリアン、シリアコ選手を加えた5人で、争ってい......続きを読む»

今永投手が打たれると山崎選手が昇格する

【YOKOHAMA lover】

風が吹けば桶屋が儲かるではないですが、ひとりの主力投手の不調が、打線の構成にも影響を及ぼす場合もあるのかも知れません。 昨日はDeNA2軍はJR東日本との試合を行い、1対10と大敗しました。 先発して4回を投げた石田投手は、1被弾のみの1失点で、だんだん調子を上げてきていると思われます。JR東日本の山口裕次郎投手は、日ハムのドラフト6位指名を拒否した投手ですが、相手が2軍の打線とは言え好投で、日......続きを読む»

網谷と細川が二軍にいる事について雑感

【いろいろ所持雑感】

現在、キャンプで名を馳せた網谷や、昨年のドラフト5位指名の細川は一軍に帯同せず、 二軍に居ますが、 中畑監督時代でしたら、一軍に帯同し続けていたとかもしれません。 中畑監督の選手起用。 期待先行なのか、早い傾向があり、そのほとんどが失敗して居ましたが(筒香にしろ、梶谷しろ二軍で課題を克服し研鑽をしてから成績を伸ばしています)、 関連記事 我慢の采配の罪深さにつて 雑感 その反省に基づいてか、......続きを読む»

3月1日・練習試合 JR東日本戦を観戦に行ってみました。

【とりあえず、ベイスターズ】

みなさま、こんばんわ。 昨晩は電子版プロ野球記事で、石田投手が3月1日の練習試合に登板予定との情報を見て 沖縄・春季キャンプ見学の生活リズム(朝6時起床)の体内時計が残っていたらしく 1ヶ月ぶりに長浦のベイスターズ球場・JR東日本戦を見に行ってきました。 試合結果は 【横浜DeNA 1-10 JR東日本】大敗です・・・・ 今日は気温が10度くらいだったと思います。言い訳ですが、沖縄と気温差が1......続きを読む»

横浜スタジアムにふたつの新しい武器 iCubeと硬いマウンド

【YOKOHAMA lover】

ハマスタの“秘密の部屋”公開 BASEBALL KING 2017.03.01. 13:30 「iCube」とは、アメリカのベンチャー企業である『EON Sports』社が開発したVR(バーチャルリアリティ)を用いたベースボールトレーニングシステムのこと。2015年から横浜スタジアムに導入しているボールトラッキングシステム「トラックマン」に蓄積されたデータを蓄積し、実際の投手の投球を再現。そ......続きを読む»

横浜スタジアム、マウンド改修を実施

【DB.スターマンの憂鬱】

3月1日神奈川新聞で、このオフの期間に横浜スタジアムのマウンドが改修されたという記事が掲載された。 従来は他球場のマウンドに比べ柔らかい土を使用していたようだが、ベイスターズ投手陣の要望を受け、アメリカでも使われている外国産の堅い土を使用するマウンドに改めることになったという。 確かに試合中、雨が強く降ってきた際、横浜スタジアムのマウンドはグチャグチャになって、投手がスパイクについた粘土質の土を嫌......続きを読む»

過去のWBCの記憶を振り返り、今大会に期待する

【YOKOHAMA lover】

第1回(2006) 開幕前はけして優勝できるとは思っていませんでした。メジャーリーガーのスーパースターも何人か参加するアメリカやドミニカの力がどんなものかは全く分かりませんでしたし、国際大会では常に目覚ましい結果を出してきたキューバもいたし、ライバルとして戦ってきた韓国もいました。それらの野球強国に勝つためには、打ち勝つなどということはとても期待できず、投手と守備で最小失点に抑え、日本が得意とし......続きを読む»

侍ジャパンに選ばれたベイスターズの選手は高確率で他球団に流出する法則

【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

 39歳になりました。  おめでとうございます。  ありがとうございます。  今日は侍ジャパンの練習試合が行われ、投手陣が華々しく砕け散って下さいました。諸行無常の響きが、そこにありました。  さて、ベイスターズは一昨年までずっと弱いチームであり続けたわけですが、その割には侍ジャパンに多数の人材を送り込んでおります。ベイスターズが弱くとも、選手はすごいのだ!と、数少ない胸を張れる場......続きを読む»

* 筒香クンよ、今年は「ベイスターズ・ファンでさえ語れない場所」まで、おいでよ(笑)

【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

ってね(笑) ベイスターズの 筒香選手 極論ながら 彼は “今日のプロ野球”で 最高の左バッター だわね(笑) ん? 何で“左限定”? って だって “彼は左バッターだから” だわね(笑) そうして 今年 その“領域”に ひとりの 若いバッターが 挑んでくれるよ。 誰?って いつも オレのエントリーに 目を通してくれている方々 その中の “察しのいい”方々なら 直ぐにピンとくる筈......続きを読む»

筒香嘉智選手の情熱

【YOKOHAMA lover】

26日に放送された情熱大陸の筒香選手を見落としていたのですが、見逃し配信というので見ることができるのですね。昨日見させていただきました。見逃し配信は3月5日まで見ることができます。 筒香選手の静かな言葉の中から、野球がもっと上手くなりたい、人としても成長したいという、情熱が伝わってきました。昨年あれだけの成績をあげながら、筒香選手は満足していません。おそら筒香選手は常に成長することを目指しています......続きを読む»

ファン20周年記念 いろいろランキング(その6:安打・得点・打率)

【ベイスターズを科学する】

いよいよオープン戦が始まりました。WBCの開幕も近づいてきていますし、野球が始まったな、と感じる日々です。 さて、今回お届けするのは、ランキングの第6回です。今回は、安打数、得点数、打率の3つについてご紹介いたします。 ・安打数 top10 安打数の第1位は、192本で1999年のローズ選手。この年のローズ選手は、化け物のような働きぶりでした。135試合制の中でこの安打数というのは、143......続きを読む»

チームに流れに乗れないなら・・・

【素人目線のベイスターズ考察】

みなさま いかがお過ごしでしょうか キャンプも終わり、チームがもうすぐ帰ってくるのに今年はニコ生も見ず 出来るだけスポーツ新聞もWBCも見ないようにしております と、いうのも昨年は、初のシーズン開始からのベイスターズファンとして キャンプからフルパワーで応援したので、4月から声は枯れ、声が出なくなることは二回 CS決定の試合はギックリ腰で観戦できず、三浦投手の引退試合も先輩に譲り CSは3戦とも見......続きを読む»

筒香の後ろ

【番長を優勝へ】

おそらくですが、代表小久保監督とラミレス監督は同じ悩みを抱えているのではないでしょうか 去年は筒香が避けられるように交わされたあとの五番打者でチャンスを繋げない場面も多く、二冠を取った筒香の後の打者が舐められていては、筒香自身の成績も上がりませんし、それでは勝利に結びつきません 野球で点を取る手段というのは沢山ありますが、一番の基本は良い打者に得点圏で回すことだと思います ベイスターズに於いて ......続きを読む»

春季キャンプ見学16日目 ファーム対外試合 ネクセン・ヒーローズ戦を観戦してました

【とりあえず、ベイスターズ】

みなさま、こんばんわ。 ど素人の春季キャンプ見学16日目。 今日は宜野湾で行われたファーム対外試合・ネクセンヒローズ戦を観戦していました セルラースタジアム那覇で1軍のオープン戦も同時刻試合開始でしたので 週末にもかかわらず、宜野湾球場の観客は150人前後でノンビリと観戦させていただきました さて、試合結果は 横浜DeNA 4-2 ネクセン 見事勝利。試合成績は以下のとおりです 出場メンバー選......続きを読む»

2軍練習試合ネクセン戦 久保投手3回無失点、熊原投手5回2失点、石川、荒波選手マルチヒット

【YOKOHAMA lover】

外野は筒香、梶谷、桑原選手が確定。控えには乙坂、関根選手がリードというところです。昨年はそこに左の代打下園選手が加わりましたが、今季は佐野内野手が左の代打の1番手に浮上するかも知れません。乙坂、関根選手に代わって1軍昇格を狙っている外野手は、荒波選手と白根選手です。 内野はファーストロペス、ショート倉本選手が確定。宮﨑選手はセカンドとサードのどちらかは分かりませんが、その打撃で1軍は確実です。白崎......続きを読む»

オープン戦も白星スタート。平良、古巣相手に5回無失点。

【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

沖縄でのオープン戦初戦。 期待の新戦力が揃って結果を出して白星スタート。 今後が楽しみな1勝となりました。 投手では先発の平良。 古巣相手に5回5安打でしたが無四球で無失点。 若いのに似ずと言ったら失礼かもしれませんが ピンチを招いても落ち着いていて、 安定した制球力は立派です。 もう少し球威を感じられればという気もしますが、 この調子で結果を出し続けられるか、 今後に期待が膨らみます。 野手で......続きを読む»

オープン戦開幕!その裏で、、、

【鯨の遺伝子】

いよいよオープン戦が始まりました。 去年のCSファーストステージの相手でもあった巨人との一戦。 山口とのトレード、、、じゃなかった人的補償の平良が初陣を切って古巣相手に先発。 ランナーは出したようですが大崩はせず、5回無失点で見事勝利投手に。無四球というのが素晴らしい。 その後砂田も先発を想定した?4イニングを投げましたが3失点と同い年の平良と差が出ました。 打撃陣はルーキー佐野が途中出場なが......続きを読む»

オープン戦開幕戦 平良投手の好投とシリアコ選手の”スリーラン”で、巨人に快勝す。

【YOKOHAMA lover】

オープン戦開幕戦は、巨人に5−3で勝利しました。私が期待していたのは、先発の平良投手とサード候補のシリアコ、白崎選手です。先発投手の5,6番手とサードが、今のところ誰になるか決まっていませんが、そこをただ埋めるだけでなく、大方の期待以上の結果を出す選手が出てくるぐらいでないと、なかなか優勝には手が届かないと感じているからです。 人的補償でベイスターズに来た平良投手は、5回を無失点に抑え、古巣巨人へ......続きを読む»

下位指名組&外国人選手の活躍で盛り上がりを見せたキャンプ

【野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ】

 2月も下旬に突入し、各球団オープン戦に余念がない時期になってきた。今年のDeNAベイスターズのキャンプは充実したものになったのではないだろうか。特に話題に上がったのがドラフト下位指名の選手と外国人選手たちの躍動だったと思う。  まず尾仲、進藤、佐野、狩野の6~9位の大学・社会人卒の4人組が1軍スタートを切ったのは驚きだった。そして何よりラミレス監督からの期待の声も大きく、早速実戦でも出番を与えら......続きを読む»

2.25 勝利。 オープン戦と言えども、勝つのは気持ちいい。

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

オープン戦初戦の巨人戦は5-3で勝利しました。 今日の試合で目立ったバッターは、シリアコ、田中浩康、佐野恵太です。 シリアコは今日の試合で、3点タイムリーを放ちました。2塁打とエラーが絡んでの3点でした。 もっとも、シリアコの3塁に行く走塁は半分暴走だったのですが。 ですが、初回の田口の場面は配球がシリアコの好きな内角中心だったのですが、仕留められずファールになって、結果三振になりました。......続きを読む»

キャンプ終了!ここまで順調!!

【鯨の遺伝子】

キャンプが無事終了しました。ここまで近年稀にみるほど順調といって良いのではないでしょうか。 正捕手戸柱の怪我はありましたが軽傷のようですし、その間に嶺井がここぞとばかりに台頭してきました。脇腹という難しい箇所ですし、万が一長引いたとしても安心して復帰を待てそうです。 戸柱同様昨年レギュラーポジションを獲得した桑原、倉本、宮崎らも今季もその立場を確たるものにすべく結果を出しています。 そして何と......続きを読む»

春季キャンプ 見学15日目。 嘉手納ファームの練習見学へ行ってました

【とりあえず、ベイスターズ】

みなさま、こんばんわ。 ど素人の春季キャンプ見学15日目。 今日は1軍・ファームとも対外試合がありませんでしたので 久しぶりに嘉手納ファームの練習見学へ行ってきました。 あいにくの曇り空で冷たい風が1日中吹いていて寒かったです。 さて今回、自分はブルペンのみの見学でしたので、画像でも貼っておきます。 久保投手。今季はずっと嘉手納ファームで練習をしていたので、 個人的に今季初のブルペン投球を見ました......続きを読む»

キャンプ打ち上げと、オープン戦の日程

【YOKOHAMA lover】

梶谷主将代理の一本締めで、キャンプも打ち上げです。筒香選手がWBCのためにチームを離れ、もうひとり筒香選手の代役としてチームのまとめ役を任されるはずだった戸柱選手が故障で離脱し、残った梶谷選手にチームのリーダーが期待されます。本人はそのような役は向いていないと思っているかも知れませんが、立場が人をつくることもあります。今季は、一段階レベルの上の梶谷選手が見たいです。 山口投手が抜けたとは言え、3人......続きを読む»

練習試合ロッテ戦で感じた期待と不安

【YOKOHAMA lover】

昨日はロッテとの練習試合が行われましたが、昼休みに試合の序盤を見られただけでした。 DeNAドラ1浜口 四球から崩れた3回3失点「この結果は当然」スポニチアネックス 2/24(金) 7:00 先発濵口投手は積んでいるエンジンは大きくても、それを制御できていないというところでしょうか。もう少しストライクゾーンに投げられないと、1軍ローテーションはきついです。ロッテの先発唐川投手が思ったところにし......続きを読む»

春季キャンプ 見学14日目。 対外試合 千葉ロッテマリーンズ戦を観戦してみました。

【とりあえず、ベイスターズ】

みなさま、こんばんわ。 ど素人の春季キャンプ見学14日目。 今日は宜野湾野球場で開催された対外試合、千葉ロッテ戦へ観戦に行ってました 昨夜からの雨でグラウンドに敷かれた防水シートは水溜が所々あり 朝も霧雨と暴風で試合が出来るのか不安でしたが、 球団スタッフ・アルバイトスタッフさんの懸命なグランド整備のおかげで試合が出来ました。 感謝感謝です。 結果は横浜DeNA1-7千葉ロッテ  完敗です・・......続きを読む»

値上げの球団が多い中、首都圏の球団の中では唯一の一般入場料金据え置き 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム)17年公式戦

【やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(フタミ)】

本題の前に極上の二見激情ブログで、WWFマニアツアー、WAR旗揚げ4周年記念大会パンフについて更新した。 WWFマニアツアー1994年5月 天龍、アンダーテイカー、ヨコヅナ WAR旗揚げ4周年記念大会 96年7月両国 天龍対高田初対決 パンフ 2017年(平成29年)横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム)公式戦の入場料金(一般価格)について更新。 チケット&トラベルT-1ホームページ(......続きを読む»

2.23 ロッテ戦 課題もたくさん見えた試合。

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

今年のベイスターズはこれまで、キャンプの練習や対外試合でも非常にいい点が目立っていたのですが、今日のロッテ戦は今年初と言っていいほどあまりいいところなく終わったゲームでした。 練習試合も昨日時点で5勝2敗だったので、いい部類に入るのですが。 ベイスターズは練習試合の数も多いというのもありますが。 先発の濱口は3回3四球3失点でした。 審判のストライクゾーンが狭かったのもありますが、チェンジ......続きを読む»

2.22 韓国代表との壮行試合

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

昨日は、韓国代表戦を見ていたのですが、途中で眠たくなって、タイムシフトで残りの部分を見ました。どうでもいいでしょうが。 まず驚いたのは、韓国代表戦なのに、意外とマスコミが来てなかったことです。 巨人戦なんて、マスコミの数凄かったですからね。 結果的に3-2で勝利しました。 クラインは、もう少し時間を要すると見ました。 嶺井との話し合いなのか、あるいは本人の意向なのでしょうか、直球系が多か......続きを読む»

いつ、梶谷隆幸は球界を代表するプレイヤーになるのか問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

DeNA・梶谷が代理主将「人間的にも向いてない」 筒香がWBC出場中に デイリースポーツ 2017.2.22  昨年のCSファイナルでハマスタPVを見に行った時、私はすかさず梶谷選手のユニフォームを購入しましたよ。以前から好きな選手だったのですが、骨折出場でさらに好きになりました。  私自身、スーパーカートリオから横浜というチームに魅入られてしまったので、足の速い選手は自ずと感情移入してしまう癖が......続きを読む»

23日の練習試合ロッテ戦のスタメンと妄想のスタメン

【YOKOHAMA lover】

明日23日の練習試合ロッテ戦のスタメンです。 1番(中)桑原 2番(左)関根 3番(右)梶谷 4番(指)ロペス 5番(三)シリアコ 6番(二)宮崎 7番(一)白崎 8番(遊)倉本 9番(捕)高城 練習メニューを見ると、エリアン選手はトレーナー指示になっていますから、やはり手の故障の回復に多少の時間がかかるようです。6人の外国人選手が4つの枠を争っており、シリアコ選手が予想以上の結果......続きを読む»

春季キャンプ見学13日目。 対外試合WBC韓国代表戦を観戦してました

【とりあえず、ベイスターズ】

みなさま、こんばんわ。 ど素人の春季キャンプ見学13日目。 今日は宜野湾野球場で開催された対外試合・WBC韓国代表戦へ観戦に行ってました 海からの風は変わらず強く曇り空でしたが雨も降ることなく試合ができました。 結果は横浜DeNA3-2WBC韓国代表で勝利しましたが  11安打・残塁7で3得点ではちょっと寂しいかなって感じです。個人成績は以下のとおりです。 出場メンバー(数字はポジション番号) 8......続きを読む»

練習試合韓国代表戦 新外国人投手そろい踏みと、今日も活躍したサード候補と打者嶺井選手

【YOKOHAMA lover】

今日の試合はいろいろ楽しみがありました。まずは新外国人投手3人のそろい踏みです。ついでにDeNA入りが噂にのぼった韓国の左腕ヤン投手もちょっと見てみたい。でも残念ながら、今日の動画配信の斜めからのカメラアングルでは、球筋がよく分かりませんでした。 先発はクライン投手とヤン投手 先日の練習試合では、クライン投手は左打者3人と対し、フォーシームとシンカー(ツーシーム?シュート?)で三者三振でした。今......続きを読む»

2軍 韓国・サムスンと練習試合の結果から

【YOKOHAMA lover】

昨日は1軍のキャンプは休日で、2軍の練習試合サムスン戦がありました。 2軍が韓国・サムスンと練習試合 ベイスターズ カナロコ by 神奈川新聞 2/21(火) 21:26 1 二塁石川 2 一塁山崎憲 3 三塁網谷 4 DH宮崎 5 右翼細川 6 中堅荒波 7 左翼青柳 8 捕手高城 9 遊撃百瀬 打者では宮﨑、髙城選手にとっては1軍合流に向けての調整かも知れませんし、網谷、細川選手、そして途......続きを読む»

春季キャンプ 見学12日目 ファーム対外試合 サムスン・ライオンズ戦を観戦してました

【とりあえず、ベイスターズ】

みなさま、こんばんわ。 ど素人の春季キャンプ見学12日目。 今日は宜野湾野球場で開催されたファーム対外試合、サムスン・ライオンズ戦へ観戦に行ってました 晴れ間もでて海風は強いですが観戦日和でした。投手陣の見極めを兼ねた試合だったと思います 結果は横浜DeNA2-4サムスン 11安打を放つもタイムリーが今ひとつ出ずに敗戦でした 今回もど素人の自分が気になった選手を掻い摘んでコメントしたいと思いま......続きを読む»

* 言葉は“生きもの”だわね(笑)

【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

って 何の話かって 言わせてもらえば オレ個人的に エントリーでも シリーズに させてもらっている そう ベイスターズの ラミレス監督のことね。 彼は 長く 日本のプロ野球界にいて “滞在期間”も長いんだし その気になれば 今よりも ずっと 日本語ができるように なっていた筈だわね(笑) でも 多分 それさえも惜しんで バットを振るなり 相手チームのピッチャー陣を “研究”したり って ......続きを読む»

サード候補に明るい兆し 練習試合KIA戦

【YOKOHAMA lover】

調整の遅れていた石田投手は、2イニングを投げられてことだけで良しとしていいのではないでしょうか。今永投手にしても、韓国の選手はストレートに強いことは誰でも知っていることなのに、敢えてストレートを多投したのは、意図してのことでしょう。いずれにせよ、調整段階にあるこの時期の主力選手の結果は、あまり気にしなくて良いのでしょう。 私は今季のキーポイントはサードだと思います。昨季のベイスタースはセカンドとサ......続きを読む»

KIAタイガース戦も勝利。 そして、目安の韓国代表戦へ。

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

今日の試合は、9-3で勝ちました。 6試合で4勝2敗ですが、負けてもポジれる点が非常に多いのが好材料です。 大体、対外試合が始まると、1試合か2試合はいいところなく終わる試合も出てくるのですが・・・ 石田や今永に関しては、野球の特性を理解する必要がありますね。 KBOは、縦の変化球に弱いこと、クロスファイヤーはボール判定にされるケースが多いこと=ストライクゾーンが狭い、安易な3球勝負は危険......続きを読む»

春季キャンプ見学11日目。 対外試合・KIAタイガース戦を観戦してみました

【とりあえず、ベイスターズ】

みなさま、こんばんわ。 ど素人の春季キャンプ見学11日目。 今日は宜野湾野球場で開催された対外試合、KIAタイガース戦へ観戦に行ってました 小雨が降ったり止んだりと天気に恵まれませんでしたが 結果は横浜DeNA9-3KIAで勝利! 今回もど素人の自分が気になった選手を掻い摘んでコメントしたいと思います。 出場メンバー(数字はポジション番号) 8 関根 4 柴田 9 梶谷 7 筒香→7乙坂 ......続きを読む»

練習試合ヤクルト戦の平良投手とシリアコ選手と、今日のKIA戦のスタメン

【YOKOHAMA lover】

昨日の練習試合ヤクルト戦は、4対3で勝ちました。 DeNA・平良、初登板で3安打1失点!ラミレス監督も満足げ サンスポ2017.2.20 05:01 一回、高めに浮いた球を山田に三塁打されたが、以降は低めへの意識を徹底し4回を3安打1失点に抑えた。「外、外とならないよう、インサイドにシュートも投げていけたのが良かった」。故郷・沖縄(国頭郡今帰仁村)での新天地デビューに、スタンドからは温かい......続きを読む»

春季キャンプ 見学10日目。 ファーム対外試合 ハンファ・イーグルス戦へ観戦に行って見ました

【とりあえず、ベイスターズ】

みなさま、こんばんわ。 ど素人の春季キャンプ見学10日目。 今日は東風平球場で開催された対外試合、ハンファ・イーグルス戦へ観戦に行ってました 結果はハンファ2-5横浜DeNAで勝ちました! 今回もど素人の自分が気になった選手を掻い摘んでコメントしたいと思います。 試合結果は以下のとおりです 横浜DeNA 000 401 000・ 5 ハンファ 101 000 000・ 2 出場メンバー(......続きを読む»

攻めの気持ち

【百万の綺羅星】

内角に投げれば、攻めの気持ちの表れで、 外角に投げれば、逃げの気持ちの表れで・・・ということは、ない。 内角に投げようが、 「打たれたくない、打ち損じてくれ」という気持ちが見えれば、 それは紛れもなく逃げの投球である。 反対に、外角に投げようが、 「打たれるわけがない、打ち損じにしかならない」という意志が見えれば、 攻めの一球として効果的に働く。 と、言うようなことを、この前の濱口の投球を見ながら......続きを読む»

クライン投手好投の余韻と今日の練習試合ヤクルト戦のスタメン

【YOKOHAMA lover】

【DeNA】新外国人クライン「本物」3者連続K! スポーツ報知 2/19(日) 6:05 ラミレス監督は「来日1年目での2ケタ勝利を確信した投手は彼が初めて。」 私も素人ながら、二桁勝利を確信させていただきました。150キロを超える球を投げるのですが、全く力みのない柔らかいフォームで、制球もいいのです。 ヤクルト・片岡スコアラーは「久しぶりに本物を見た。手元で変化しているみたいだ......続きを読む»

練習試合中日戦 外国人選手たちの活躍に嬉しい悩み

【YOKOHAMA lover】

ラミレス監督「うれしい悩み」外国人選手揃って活躍 日刊スポーツ 2/18(土) 18:44  実績があり、唯一レギュラー当確のロペスが2回に二塁打を放つと、2年目のエリアンは6回に右越え本塁打。5回に来日初登板となった新外国人のフィル・クライン投手(27=フィリーズ)が3者連続三振を奪うと、同じく新外国人のジョー・ウィーランド投手(27=マリナーズ)も6回に1安打無失点と好投した。 ラミレス......続きを読む»

春季キャンプ 見学9日目 対外試合・中日戦へ観戦に行って見ました・・・

【とりあえず、ベイスターズ】

みなさま、こんばんわ。 ど素人の春季キャンプ見学9日目。 今日は北谷球場で開催された対外試合、中日戦へ観戦に行ってました 結果は中日3-2横浜DeNA 負けましたぁ!観戦三連敗です!ただの練習試合だと判ってはいるのですが 心のどこかでシーズン中の勝ち負け感情が入ってしまいます・・・ もう開き直ります。はい。 今回もまたど素人の自分が気になった選手を掻い摘んでコメントしたいと思います。 二塁手......続きを読む»

* 筒香クンの4タコ?って、別に心配いらんよ(笑)

【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

って スワローズとの 練習試合に 4番DHで出た ベイスターズの 筒香クンが 4タコで そのうちの 3打席が三振。 だから何? 別に 心配なんていらんよ(笑) 筒香クンを 何だと思っているんだ? ってね(笑) 昨年の 44ホームラン 110打点 “まぐれ”や “たまたま”で 残せる数字じゃ ないだろ?(笑) そう 彼は“始まった”のよ。 もう誰にも 止められないよ(笑) 今年から......続きを読む»

明日の練習試合中日戦のスタメン

【YOKOHAMA lover】

明日18日の練習試合中日戦のスタメンです。 1(中)桑原 2(二)エリアン 3(右)梶谷 4(一)ロペス 5(三)シリアコ 6(D)白崎 7(左)佐野 8(遊)倉本 9(捕)黒羽根 ここまでの練習試合で2番セカンドに起用されてながら精彩を欠いていた田中浩選手に代わり、田中選手とセカンドのポジションを争っているエリアン選手がスタメンです。外国人内野手3人が揃うのは、ペナントレースでは見られないと思......続きを読む»

練習試合ヤクルト戦 敗戦もパットン投手の快投など、新戦力が躍動

【YOKOHAMA lover】

今日はヤクルトとの練習試合。浦添配信という、定点カメラによる動画配信で、試合の一部を見させてもらいました。 今日最大の注目は、新外国人パットン投手の投球です。8回裏の1イニングを投げて、3者凡退、2奪三振でしたが、雨が降り始めた条件の悪い中で、148キロの伸びのあるフォーシームを低めの内外角に投げ分け、相手が西浦、西田、廣岡選手と主力選手ではなかったとは言え、全くバッティングをさせず、それに織り交......続きを読む»

春季キャンプ見学8日目。対外試合・東京ヤクルト戦へ観戦に行ってみました。 

【とりあえず、ベイスターズ】

みなさま、こんばんわ。 ど素人の春季キャンプ見学8日目。 今日は浦添市民球場で開催された対外試合、ヤクルト戦に観戦に行ってました 結果は東京ヤクルト5-4横浜DeNA 8回降雨コールドで負けました・・・ ど素人の自分が気になった選手を掻い摘んでコメントしたいと思います 田中浩康選手(3打席1安打2失策) 今日はセカンドで先発出場。守備で足を引っ張っちゃいましたね。 こんな日もあります。次は凡......続きを読む»

* ベイスターズ・ドラフト9位の佐野恵太選手のホームランで、彼の叔父にあたる佐々木誠クンを思うのよ。

【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

ってね(笑) カテゴリーは ベイスターズで やらせてもらうけれど まー 今回のエントリー その殆どが 佐々木誠クン 今の ホークスの 3軍監督の話だから ベイスターズの ファンの方々には 予め 詫びを 入れさせてもらって おきますよ(笑) 話の起点が 佐野クンのホームラン ってことなんで ベイスターズの カテゴリー ってことで 宜しく頼んますよ(笑) って そんで まー ドラフ......続きを読む»

春季キャンプ 見学7日目。ファーム対外試合・中日戦を観て見ました

【とりあえず、ベイスターズ】

みなさま、こんばんわ。 ど素人の春季キャンプ見学7日目。1軍は休養日 宜野湾野球場でファーム対外試合、中日戦が行われました 結果は横浜DeNA0-4中日で完封負け・・・ またど素人の自分が掻い摘んでコメントしたいと思います 1番遊撃手・狩野選手(4打席1安打1三振) 第1打席、初球から左中間を割るツーベースヒット。 あとは「空振り三振・ピッチャーゴロ2個」。中々しぶとい打撃をみせてくれ......続きを読む»

ネガるぞーー!!!

【番長を優勝へ】

あえてね この時期にネガネガしますよ って記事なのでご注意を とその前に今回の意図だけ書いておきましょうか ポジティブな要素 特に若い世代にポジ要素が多いベイスターズ 打っては10代がホームラン 投げてはドラ1から育成から好投 確かにベイスターズの未来は明るいなと私も思います ですが、ですがですよ この時期にポジることにそこまでの意味があるでしょうか!? 例えば昨年 勝てない3,4月......続きを読む»

2軍練習試合中日戦の結果と明日のヤクルト戦スタメン セ界を制するのはDeNA?

【YOKOHAMA lover】

1軍は昨日で第3クールが終わり、今日は休日。2軍は中日との練習試合でした。試合は0−4で敗れました。 (遊→二)狩野 (右)佐野 (指)シリアコ→(代走)百瀬 (一)網谷 (左→中)細川 (三)宮崎 →飛雄馬 (中)青柳 →(代打→左)白根 (捕)高城 →亀井 (二)柴田 →(遊)松尾 綾部(4回)、柿田(2回)、林(1回)、小杉(2回) 打線は全体的に低調で無得点でしたが、狩野選手......続きを読む»

* ん?「久保モード」は、まだ早いよ。

【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

ってね(笑) ベイスターズの ベテラン 久保投手が またもや 驚異の投げ込み って 元気そうで 何よりだわね(笑) この間は 514球 ってこともあったしね(笑) まー 久保クンのことは もう何度も エントリー させてもらっているから 今更 クドクド ってのはないし(笑) 今年にしたって “谷間” 若しくは “暑くなってから” って そういう扱い ってのは オレ個人的に “一応の覚......続きを読む»

春季キャンプ 第2クールスタート。見学6日目・・・

【とりあえず、ベイスターズ】

みなさま、こんばんわ。 ど素人の春季キャンプ見学6日目。第2クールが始まりました。 この第2クールでは思い切って、春季キャンプ最終日・26日まで横浜DeNAベイスターズを見守ります。ですが、 すぐ投げ出す性格が身上の自分ですので、キャンプ中、いい加減でしょうもないブログを寄稿してしまうのだろうと思います 其の点をご理解・ご了承いただけたら幸いです。すいません・・・。 さて、本日は対外試合・韓国......続きを読む»

練習試合ハンファ戦 一番の注目は異色の育成1位笠井投手

【YOKOHAMA lover】

梶谷、筒香、ロペス選手は無安打でしたが、主力選手にとってはまだ調整中のこの時期、問題はないでしょう。レギュラーの中では、若い桑原選手が初回先頭打者としてハンファの先発、元メジャーリーガーのオガンド投手の剛球をヒットしていましたが、盗塁には失敗しました。もっとも、その前に田中選手がバント失敗で二死に追い込まれて凡退していますので、本来はここで一死2塁になっていなければならなかった場面です。このような場......続きを読む»

ハンファとの練習試合。ルーキー投手が大活躍。

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

今日の試合も2-0で勝ちました。 この試合は野手はあまり特筆すべきものはありませんでした。 というより、ハンファの先発で2イニング投げたオガンドが凄過ぎました。 この時期で最速152キロでストレートのアベレージも140後半は楽に出てました。 この投手をアジアのプロ野球選手で打てる人は恐らくいないのではないかというくらい別格でした。 メジャーでも、そこそこ実績上げてる投手ですが、スタッツが......続きを読む»

ピンチはチャンスになりえるか

【百万の綺羅星】

これまで順調に進んでいると見られたキャンプだったが、 戸柱の負傷と言う大きなアクシデントに見舞われた。 今季絶望というわけではなく、全治一ヶ月で開幕にはどうにか間に合うらしいが、 去年の梶谷のことを思うと、楽観はできないだろう。 高城も手術明けで2軍調整中であり、 現在一軍キャンプにいる、黒羽根と嶺井どちらかが開幕マスクを被ることもありえる。 黒羽根にとっては、降って湧いたラストチャンスだ。 ここを......続きを読む»

三嶋、飯塚投手の降格で、絞られてきた先発ローテーション候補

【YOKOHAMA lover】

【DeNA】三嶋、飯塚が2軍キャンプへスポーツ報知 2/14(火) 20:48 1年目の春に手術を受け、昨年が実質1年目だった飯塚投手はしかたないとして、三嶋投手の降格は本当に残念です。かなり期待していたのですが。でも、先日の紅白戦、その前のケースバッティングと、2度も立ち上がりに同じような酷い投球を見せてしまったのですから、当然と言えば当然です。ブルペンでどんなにいい投球をしていても、与えられた......続きを読む»

戸柱捕手の離脱を災い転じて福に 明日の練習試合ハンファ戦のスタメン

【YOKOHAMA lover】

昨日はいい夢を見させていただきました。網谷選手と細川選手のことです。でもふたりは近未来のクリーンナップであっても、今季の戦力として計算できるわけではありません。今後の練習試合やオープン戦での注目は、主力選手が順調かということと、先発ローテーション入り、あるいはレギュラーを、あるいは1軍を目指す選手たちのアピールです。 今日は残念なニュースがありました。主力選手のうち正捕手戸柱捕手の左脇腹肉離れによ......続きを読む»

* ん?コレは楽しみだわね(笑)

【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

って ベイスターズの 若い2選手のことね。 ラミレス監督も 嬉しかったことだろうよ。 練習試合とはいえ 網谷クン 細川クン この2人が “初のアベックアーチ” コレは 覚えておかなきゃね(笑) 野球の神様からの 何かの“暗示” ん? そう 数年後 筒香クンの前後を この2選手が 打ってくれている かも知れない ってね(笑) 右・左・右 って バランスもいいし オレ個人的に “......続きを読む»

練習試合阪神戦 網谷、細川選手のホームランと、その他の選手の活躍

【YOKOHAMA lover】

たかが練習試合でここまで楽しい思いをさせてもらうこともなかなかないでしょう。すべてのベイスターズファンが、今日の網谷、細川選手のバックスクリーンへのホームランの競演に酔いしれたことでしょう。ふたりは、数年後にはクリーンナップを打っているかも知れません。 先発の今永投手はまだ7,8割の出来だったでしょうか。現段階としては、順調に調整してきているように思われました。 平良投手は本来なら早く仕上げてア......続きを読む»

若手躍動!対外試合初戦は100点満点!

【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

昨年に続き、今年も対外試合初戦を白星で飾ることができました。 しかも内容が素晴らしいですね。 監督期待の若手、網谷、細川がセンターへの本塁打。 パワーのあるところを見せつけてくれました。 6回2死満塁のチャンスではルーキー狩野が 死球の後の初球狙いのセオリー通りに 初球を打って2点タイムリー。 投げてはさらなる飛躍が期待される今永をはじめ 移籍の平良、充実した調整を続ける山﨑康晃、 勝負の年となりそ......続きを読む»

新戦力躍動!今季初の対外試合・阪神戦

【鯨の遺伝子】

いやー、笑いが止まりません。 仕事の休憩中に途中経過を確認してから、ずっと独りでにやけていました。かなり危ないオジサンです。 ラミレス監督期待の網谷、細川の2人のアベックアーチにルーキー狩野の走者一掃のスリーベース。 新戦力で全打点を稼げば、投手陣も人的補償の平良が三回無失点。 ヤスアキもモデルチェンジした姿を見せてくれましたし、今永も無難な結果で収穫の多い練習試合だったのではないでしょうか。......続きを読む»

私にとっての想定内、いやもしかしたら規格外か細川君

【野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ】

 タイトル見てなんだ?と思った方、なんの事かといえば横浜DeNAベイスターズのドラフト5位ルーキー細川成也選手のことだ。  その高卒離れしたパワーで周囲を魅了、今最も話題になっている野手のルーキーと言っても過言ではないだろう。しかしドラフト指名を受けた時点で私にとってこの話題性は想定内であった。  昨年のドラフトは投手が非常に豊作、例年なら競合レベルの投手がゴロゴロしていたこともあり。野手で複数球......続きを読む»

今年初の対外試合 阪神戦の感想。

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

結果から言えば、4-1で勝ちました。 先発で登板した今永は3回2安打1失点で、順調な仕上がりぶりでした。 ヤマヤスは嶺井とのバッテリーで7回から登板して、三者凡退に抑えました。 平良は3回を無失点に切り抜けましたが、特筆すべきものがありませんでした。 一軍で活躍するには、もう少し精度を上げるか、球威を増すかが必要でしょう。 気になったのは、4回裏1アウト1塁2塁の場面で、板山を結果的に併殺......続きを読む»

12球団戦力分析2017(横浜DeNAベイスターズ)

【夢をみんなで】

今年も毎年行っている12球団戦力分析をしたいと思います。そして例年通り最後には順位予想を行いますのでよろしくお願いします。 今回はセリーグ3位の横浜DeNAベイスターズを分析をしたいと思います。 <投手陣> 先発:石田・井納・今永・砂田・(久保・熊原・クライン・ウィーランド・濵口・平良・三嶋・水野) 中継ぎ:三上・田中健・須田・パットン・(加賀・小杉・熊原・大原・福地・砂田) 抑え:山崎康 スタ......続きを読む»

今季初の対外試合 練習試合阪神戦のスタメン

【YOKOHAMA lover】

今日は阪神との練習試合が行われます。今季の初対外試合です。ベイスターズのスタメンは、 8桑原 4田中 3網谷 5シリアコ DH白崎 6倉本 7乙坂 2戸柱 9関根 今永(3イニング) 平良(3イニング) 山﨑(1イニング) 平田(2イニング?) (福地、進藤) 細川選手は途中出場で2打席は立たせる予定のようです。他に、おそらく嶺井捕手と柴田選手の途中出場はあるのではないでしょうか。網谷、狩野、......続きを読む»

ワシが育てた2017

【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

 まだ1軍で活躍していない無名の選手に誰よりも早く注目し、やがてその選手が1軍でブレークをしますと、なんだか誇らしい気持ちになれます。自分はただ見ているだけなのに、まるで自分が育てたかのような、そして自分には著しく先見の明があるかのような、そういう気持ちになれます。  僕がこのブログを続ける理由も、だいたいそんなようなものです。  人によってはそれをレプリカユニフォームで表現します。まだ1......続きを読む»

球春到来!紅白戦所感

【鯨の遺伝子】

お久しぶりの更新になってしまいました。 本当は今年も一発目は順位予想を、と考えていて準備も実は進めていたんですが、バタバタしていて投稿できずにキャンプインしてしまいましたので、いっそのことシーズン直前まで各球団の戦力を見極めて発表したいと思います。 さて言い訳はこの辺にして、今シーズン初の実戦となった紅白戦について。 結果の詳細は他の方も書いていますので割愛して、まずは明暗がでた投手陣の所感か......続きを読む»

* 「高い材料を買ってくるのではなく、そこにある素材を生かし、おいしいものを作るのがいいシェフ」

【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

って ベイスターズの ラミレス監督の発言 とされるモノを タイトルに させてもらっている このシリーズ 今回は その“素材”のことで ちょっと やらせてもらいますよ(笑) 誰?って オレ個人的に ベイスターズの キーマンのひとり って 勝手に そう思っている 宮崎選手のことね。 彼は 確か ドラフト6位だった筈だわ。 そん時 既に 20代半ば “時間”が限られている って そういう厳......続きを読む»

紅白戦の結果と雑感 

【YOKOHAMA lover】

今日は紅白戦が行われ、11対4で白組が勝利しました。 紅4 00030100 白11 0024500 白組 8桑原 左安、左中2、四球、右安(1) 4田中 左安、右飛、右線3(2)、右飛 3網谷 三邪飛、四球、中犠飛(1)、空三振 5シリアコ 中飛、中安(1)、中飛、中飛 7→9乙坂 見三振、中犠飛(1)、四球、二ゴロ 6倉本 見三振、四球、三犠野選、空三振 2→DH戸柱 二ゴロ、三飛、中......続きを読む»

紅白戦の明暗

【百万の綺羅星】

仕事をサボりながら、ネットの生中継で紅白戦を見たので、 えらい久しぶりに記事を書く。 コントラストが目に痛いほどに明暗の分かれる紅白戦であった。 投手陣の調整がまったく思わしくない一方、野手陣は軒並み良かった。 特に気になったのは、 今年に勝負をかけている嶺井や白崎、 レギュラーを不動のものにしようとしている桑原。 このあたりの面子が、少し早すぎじゃないかというぐらいに仕上げている。 優勝が現実的......続きを読む»

今シーズンの構想と目標

【DeNAベイスターズウィークリー評論】

2/12 超久しぶりになります。こんにちは。 今期のベイスターズはキャンプから順調で、景気の良い話ばかり聞こえてきますが、 冷静に考えてそこまで優勝を狙える戦力なのでしょうか? 優勝には以下の目標が必要になると考えているのですが、如何でしょうか。 (投手編) ラミレス監督のいう80勝に到達するには、 先発投手で65~70勝、リリーフで10~15勝くらいの成績が必要です。 以下、私が想定して......続きを読む»

ファン20周年記念 いろいろランキング(その5:RC系)

【ベイスターズを科学する】

ベイスターズのキャンプは、順調に進んでいるようですね。目立った怪我人もおらず、良いキャンプを過ごしてもらえればなと、応援しています。 さて、今回からは野手のランキングを。 得点創出能力を表すRC系の指標、RC27、RCAA、RCWINをお届けいたします。 RCはRuns Createdの略で、出塁能力と進塁能力の積を、打撃機会で割ることで算出します。 RCはマイナスの値をとることもあり、指標として......続きを読む»

キャンプ第3クール初日、浜口投手が好投 明日は紅白戦

【YOKOHAMA lover】

1軍キャンプが休みだった昨日のラミレス監督は2軍キャンプを視察。この日も監督の目を引いたのは、細川選手のバッティングでした。 DeNAドラ5細川、11本柵越え披露/今日の一番 日刊スポーツ2017年2月10日18時16分 そしてラミレス監督が最も印象に残ったと言ったのは、宮﨑選手でした。 DeNA・宮崎、快音連発!ラミ監督「最も印象に」サンスポ2017.2.11 05:01 宮崎が10......続きを読む»

高崎投手の復活に期待

【温故知新ベイスターズ~2017】

 いよいよベイスターズの春期キャンプは明日が紅白戦、明後日が阪神との練習試合、といよいよ実戦モードに入り、ここからがファンから見ると、ワクワクしてくる頃でしょう。  と同時に、実戦で結果を残せず、ちょっとこの選手、今年は心配だなと思う選手も何名か出てきて、心ヤキモキすることもあるでしょう。  その中で昨日、僕の心をワクワクさせるようなニュースが入ってきました。 それはプロ11年目の高崎投手の投球を......続きを読む»

宮崎の評価が低くないですか…

【ベイブログ】

私は宮崎敏郎大好き部です。 やっぱり彼の評価が低い気がしています。 今日のラミレス監督の発言 「彼がしっかり競争に勝って試合に出て、もし300打席打つようになれば(打率)3割、10本塁打、40から50打点ぐらいは挙げられる力は絶対あると思います。そうすればチームに貢献してもらえると思う」 いやいや、去年335打席、.291、11本、35打点だからやれる力あるじゃないすか。結果で示してるじゃないす......続きを読む»

第2クール終了 MVPは尾仲投手と佐野内野手

【YOKOHAMA lover】

今日の沖縄はあいにくの雨でしたが、早くも春季キャンプも第2クールが終了。ラミレス監督はここまでのMVPに、尾仲投手と佐野内野手を選んでいます。 DeNAラミレス監督 第2クールまでのMVPは…デイリースポーツ 2/9(木) 15:22 アレックス・ラミレス監督が第2クール終了後、ここまでのMVPにドラフト6位・尾仲祐哉投手(22)=広島経大=とドラフト9位・佐野恵太内野手(22)=明大=を......続きを読む»

エリアン・エレラと外国人枠問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

 前回のエントリーで書いた『結局、ベイスターズのセカンドとサードは誰になるのか問題』の続きです。候補として挙がっている選手の中で不利な環境に置かれているのが、エリアン選手とシリアコ選手。2人の競争相手は野手だけではなく、投手にもいるのです。要はセカンド&サード問題には外国人枠問題も絡んでくるということですね。  現在の日本プロ野球における一軍登録の外国人枠は4人。また、投手または野手として同時に登録......続きを読む»

今季の白崎選手の打撃開眼を妄想する理由

【YOKOHAMA lover】

このブログでも書きましが、昨年の倉本選手の打撃フォームが、一昨年とは全く変わり、しかもシーズンの途中にもどんどん変わっていったことには驚かされました。しかし他の選手だって、昨年の倉本選手ほど極端でなくても、シーズンによって、あるいはシーズンの間にもフォームが変わることがあります。私のような素人はそれに気がつかないこともきっと多いでしょう。その中で白崎選手は、素人が足だけ見ていても、入団以来けっこう変......続きを読む»

キャンプ第2クール(2) アピールできた選手は

【YOKOHAMA lover】

7日火曜日の朝の散歩のときに、記者に筒香選手がWBCで不在の間のリーダーについて問わたラミレス監督は、梶谷選手とともに戸柱選手の名前をあげたとのことです。 ラミレス監督 2年目・戸柱をリーダーに指名したワケ「遠慮せず声で…」スポニチアネックス 2/7(火) 9:38 「昨年はルーキーと思えなかった。遠慮せず声で指示する選手で、このチームを引っ張ってくれると感じた」 監督は”10年ぐらい......続きを読む»

キャンプ第2クール(1) 実戦的練習が始まる

【YOKOHAMA lover】

春季キャンプも第2クール。だんだん実戦に近い練習になっていきます。 6日月曜日には、「チームバッティング」と銘打たれた、ランナー1塁あるいは1、2塁の実戦に近い状況でのバント練習が行われました。 DeNA田中浩康、新天地で存在感 ラミレス監督「良い見本」ベースボールキング2017.02.06. 17:58 田中選手は”初球をキッチリと成功させていた”とのこと。もっとも他の選手たちは失敗すること......続きを読む»

ここまでのキャンプを振り返って。

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

今年のベイスターズのキャンプは選手が口をそろえて「優勝」「日本一」という非常に意識高い目標を掲げてるからか、いいキャンプを送れてるのではないでしょうか。 また、例年1軍キャンプに参加している選手でも数人は「そのレベルに達してないな」と思える選手もいますが、 今年はそれもいません。層が厚くなったというところでしょうか。 それでも、実戦を積み重ねると淘汰されるものだと思ってます。 その中で気にな......続きを読む»

春季キャンプ 4・5日目です。

【とりあえず、ベイスターズ】

みなさま、こんばんわ。 昨晩、神奈川に戻って着ました。 春季キャンプ4・5日目をあわせて ど素人の自分が掻い摘んでコメントしたいと思います。 4日目・宜野湾キャンプ 全体練習の開始時間は10時からなのですが、朝9時前からロペス・エリアン・シリアコ選手が 早出のノック練習してました。昨年も同じような光景を見てまして、 おそらくロペス選手が率先して行動されたのだと思い真摯な助っ人3選手に関心仕切......続きを読む»

1軍キャンプの休日、2軍キャンプでは

【YOKOHAMA lover】

第一クールが終わり、今日は1軍のキャンプは休日。そこで2軍キャンプに目を向けてみました。 2軍キャンプでは昨日、久保投手が514球を投げたとのこと。1日514球、最初見たときは間違いかと思いました。 【DeNA】久保ひょうひょう514球「キリがないからやめた」2017年2月5日7時0分 スポーツ報知 オール直球を3時間、各コースへきれいに制球していった。「キリがないからやめた」 「体が......続きを読む»

2017ベイスターズの野手についてつらつらと

【ベイブログ】

2017野手陣に関してもつらつらと書いてみます 一軍 筒香 ロペス 梶谷 桑原 倉本 戸柱 宮崎 シリアコ/エリアン 後藤 下園 で10人 あと5人か6人 バランス的に捕手1内野3外野2かなぁ 嶺井 捕 山下 内 白崎 内 田中ピロ 内 乙坂 外 関根 外 ピッチャー13人なら外野1かなぁ下園を守らすとして… うーん、関根キープ、乙坂アウトかなぁ。乙坂に守備走塁のイメージがない。 あとは乙坂、関......続きを読む»

2017ベイスターズ投手陣についてつらつらと

【ベイブログ】

2017の投手陣について考えました ローテ 石田 今永 井納 久保 クライン 熊原 控え 砂田 田中 須田 パットン 三上 山崎 これで12人なので、多くて中継ぎあと一人ですかね ワンポイント加賀も捨てがたいですが、敗戦処理系がいないので、小杉とか入れたらそれで終了ですかね。 ローテは本当は砂田がいいんですけどね。 左のリリーフは二人欲しいので。 大原、林、福地、野川あたりがよければ砂田をロー......続きを読む»

キャンプ1クール目が終わり、故障者のないことを喜ぶ

【YOKOHAMA lover】

速いもので、もうキャンプ1クール目が終わりました。 昨日はニコ生でブルペンも見ることができました 昨日は、田中、山崎、石田投手と飯塚投手の投球を見ることができました。はじめ田中投手の球を受けていたのは靏岡捕手でしたが、ランチもそこそこに済ませて寸暇を惜しんで駆けつけたのでしょう戸柱捕手が途中から交代していました。 山崎投手は4日連続ブルペン入り。昨年のスロー調整とは真逆の調整法です。この日見ら......続きを読む»

ファン20周年記念 いろいろランキング(その4)

【ベイスターズを科学する】

2月になり、プロ野球も各球団のキャンプが始まって、いよいよ『始まった』という感覚の日々を過ごしております。 さて、今回は20周年ランキングその4として、奪三振系の指標のランキングをお届けします。 ・奪三振数 top10 奪三振数の1位には、2005年の門倉投手と三浦投手が同数で輝きました。この年は、2人とも奪三振王のタイトルを獲得したシーズンでした。気持ち低め……とはいえ、タイトルはタイトル......続きを読む»

春季キャンプ 3日目です。嘉手納ファーム

【とりあえず、ベイスターズ】

みなさま、こんばんわ。 春季キャンプ3日目は、嘉手納のファームへ見学に行ってみました。 ど素人の自分がまた気づいたことをコメントしたいと思います。 水野投手 春季キャンプは別メニューでスタート。キャッチボールのスローイングだけで ブルペン入りはせずに屋内練習場・トラックフィールドで練習をしていました。 どこか怪我でもされたのでしょうか?心配です。 松尾選手 遊撃手で守備練習していました。......続きを読む»

ベイスターズ2017シーズン始動スペシャルの再放送を見て、来季のオーダーを考える

【YOKOHAMA lover】

今日TBS2の横浜DeNAベイスターズ2017シーズン始動スペシャルの再放送を見ました。三浦、三嶋、山﨑、石田、熊原投手の自主トレ、ラミレス監督へのインタビューなど、内容は既にネット上にいろいろ情報が出ていたので、ほとんど知っていたのですが、知っているエピソードなのに熊原投手の階段登りなど、大いに笑わせてもらったし、面白い番組でした。 ラミレス監督のインタビューでは、今季の仮想オーダーも語られ、ま......続きを読む»

* 「ベイスターズを優勝させるため3冠獲ります」ってか(笑)

【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

って キャンプを訪れた “恩師”の前で 直立不動。 そこで出た 今回のエントリーの タイトルに させてもらった 筒香クンの言葉。 中畑サン ありがとう。 ベイスターズの 監督サンだった頃 「筒香と心中」 って言ってくれた時 オレ個人的に 本当に 嬉しかったよ(笑) 今や 筒香クンは ベイスターズの 看板選手に なってくれたわ(笑) それもこれも 本人の努力は勿論 中畑サン アナタの......続きを読む»

キャンプ2日間が終わって、サードのウィークポイントが解消されることを妄想する

【YOKOHAMA lover】

キャンプ初日はニコ生でブルペンの様子を見ることができなかったのですが、報道を見ると投手陣も順調のようです。 【DeNA】3年目・飯塚、同郷の南場オーナー御前で130球熱投 スポーツ報知 2/1(水) 14:16 ラミレス監督も「非常にバランスがよかったし、変化球もコンビネーションよく投げ分けていた。今まで見てきた中でもベストの投球じゃないか」 他にはラミレス監督は、120球投げた今永......続きを読む»

【昨シーズン振り返り】いままでどこに隠れていたんだ?【クライマックス1st対巨人戦】

【野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ】

 本当にたくさんのことがあった2016シーズンの横浜DeNAベイスターズ。ラミレス監督就任から、どん底のスタート3,4月。怒涛の5月反攻とジェットコースター交流戦の6月。筒香大暴れとオールスターの7月。大ピンチの8月に念願のCS決定と、番長三浦の引退の9月。レギュラーシーズンを振り返るだけでもいろいろあった。そして極め付けの10月のクライマックスシリーズだ。    残念ながら私は三重県在住のため、直......続きを読む»

春季キャンプ 2日目です

【とりあえず、ベイスターズ】

みなさま、こんばんわ。 春季キャンプ2日目は、メイン球場で野手練習を見学していました。 ど素人の自分が掻い摘んでコメントしたいと思います。 シリアコ選手 三塁手の守備練習でしたが、捕球・送球等そつなくこなしていました 三塁ベースカバー時の動きが少し遅いかなと足が長いので、ベース位置を確認しながら 歩幅を合わせているように見えました。打撃は前足を少しだけ浮かすノーステップ打法でプルヒッタータイプ......続きを読む»

※ただしイケメンに限る

【Rayを釣りたくて】

 ベイスターズ関連の話題は例によっておまけ欄だけ。MLB興味ない人はそちらへどうぞ…。※ただし…なんてことは言わないよ(笑) (目的/動機)  今日のターゲットはJake Odorizzi。TBの投手陣の中でも一番のイケメンと(私の中で)評判。チーム全体だとやっぱりBaldelli?(コーチだけど 笑)単純に成績表を使いまわせる投手が…という問題らしい(手抜き)。 (方法)  いつものテンプレ(......続きを読む»

結局、ベイスターズのセカンドとサードは誰になるのか問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

 キャンプが始まりました。シーズンへの期待が高まる季節です。ベイスターズファンとしては、新加入(新人、新外人、移籍加入)選手はどういった選手なのか確認してみたりと2017年のチームを想像できる、ある種楽しい時期なのかもしれません。特にラミレス監督の語録などは涎が垂れそうなほどのご馳走です。  私は見ていないのですが、TBSチャンネルで放送された『横浜DeNAベイスターズ 2017シーズン始動スペシャ......続きを読む»

2017年の春季キャンプが始まりました。

【とりあえず、ベイスターズ】

みなさま、こんばんわ。 本日から、2017年春季キャンプがスタートしましたね 自分はやはり沖縄へ来てしまいました。 今年も2クール体制で横浜DeNAベイスターズのチーム・選手達を見守ろうと思います 今日はキャンプ初日。昨年は暴風雨の中で初日を迎えましたが 今年は少し肌寒く2月の沖縄らしい北風の強い日でした。 今日は投手陣の練習のみ見学していました。 ブルペン入りしたのは 熊原・井納・三嶋・......続きを読む»

春季キャンプ初日を見て思ったこと

【YOKOHAMA lover】

待ちに待った球春です。今日からキャンプが始まりました。さっそくニコ生の動画配信を見ます。 内野守備練習が動画を見るときの楽しみのひとつですが、ファーストをロペス、佐野選手とともに網谷選手が練習していました。とにかく打撃に期待のかかる網谷選手ですが、昨シーズン練習していたサードでは時間がかかると見てか、とりあえずファーストです。不慣れということもあり、いきなりゴロの捕球でポロポロやっていました。まだ......続きを読む»

春季キャンプ始まる

【YOKOHAMA lover】

いよいよキャンプが始まります。10時からはニコ生で動画配信もされます。 注目はまず、新外国人クライン、パットン、ウィーランド投手。予定表を見ると、今日の 49.KLEIN 53.PATTONN 56.WIELAND投手は15.INOH投手と4人のグループで練習メニューをこなします。外国人+宇宙人のグループですね。そう言えば、井納投手が3人の新外国人投手に沖縄でステーキをご馳走するという記事もありま......続きを読む»

パットン、クライン投手とウィーランド投手とでは、ここが違う

【YOKOHAMA lover】

いよいよ今日からキャンプも始まり、新戦力たちの姿も見ることができますが、その前に新外国人選手についてもう少しだけ書かせていただきます。私はメジャーリーグのことはあまり詳しく知らないので、自分の頭を整理するために書くようなもので、間違いがあればご指摘いただければ幸いです。 新外国人選手について、”バリバリの現役メジャーリーガーが来る”、などと表されることがありますが、どこまでをメジャーリーガーと呼ぶ......続きを読む»

キャンプイン前につれづれなるままに。

【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

いよいよキャンプイン! 今年も2月1日、プロ野球界のお正月がやってきます。 恒例の宜野湾キャンプ。つれづれなるままに 注目したいポイントをあげてみようと思います。 1.新外国人の見極め  投手でクライン、パットン、ウィーランド、  野手ではシリアコと新戦力が加入しました。  ロペスとエリアンが野手ではいますので、  現実的には新外国人から投手2名が濃厚でしょうか。  実績では先発候補クライン、救......続きを読む»

キャンプで僕が注目する選手と、オフの選手の意識の変化

【温故知新ベイスターズ~2017】

 いよいよ2月1日からキャンプインで、プロ野球ファンにとってはやっと選手の本職の野球の情報が入る、ということでワクワクする時期に入ります。  僕も選手、首脳陣が宜野湾入りして、今年は選手がどんなキャンプを過ごすのか、どういう選手が昨年オフから成長して良くなっているのか、新人の選手の力はどんなものか、というのを見るのが楽しみです。  ただ、僕の場合はルーキーよりも昨年初めてプロで活躍した、と言える選......続きを読む»

横浜DeNA 17年オープン戦(横浜スタジアム)は昨年より2試合増えて7試合も千葉ロッテ戦が3試合 エキサイティング・シートなど値上げ

【やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(フタミ)】

本題の前に極上の二見激情ブログで、UWFインターとIWAパンフについて更新した。 UWFインター 94年ワールドトーナメント2回戦 パンフ、IWA JAPAN 1周年記念 インディだって夢をみる 川崎球場 パンフ チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778 Ticket_T1(チケット&トラベルT-1 ツイッター) 2017年(平成29年)の横浜DeNAベ......続きを読む»

2017個人的セリーグ他球団分析 

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

今シーズンもそろそろキャンプインというところで、セリーグ各球団の陣容も分かってきたので、分析をしてみようと思います。 まず、昨年優勝したカープですが、気になる点が2つあります。 補強が少ないことと、考え方のズレが生じないかです。 優勝を長らくしてなかったチームにありがちなのが、「優勝後」どうするかということです。 勝ちたい、強くありたいと皆思います。しかし、その過程で微妙なずれが生じやすい......続きを読む»

ベイスターズの新しい球団社長が、ちょっと心配である

【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

東大出の元官僚で元巨人党という横浜DeNAの異色新社長は何を目指す? https://thepage.jp/detail/20170111-00000006-wordleafs?page=1  この記事の書き出しで「東大出で総務省から転職してきた異色のリーダーだ。」とありますが、実際には中央省庁のキャリア官僚が民間企業や団体にヘッドハンティングされる事例は異色でもなんでもありません。  最近話......続きを読む»

ファン20周年記念 いろいろランキング(その3)

【ベイスターズを科学する】

アクセスありがとうございます。もうすぐキャンプインということで、新たなシーズンの到来を実感するようになりました。 さて、今回のランキングは、前回が先発投手の記録だったのに対し、リリーフ投手の記録(登板数、セーブ数、ホールドポイント)です。 ・登板数 top10 1位は、クワトロKの一角を担った、木塚投手(2007年)の76登板です。木塚投手は、初登板から一貫してリリーフとして登板をし続け、......続きを読む»

新外国人選手たちが来日し、イェーツ氏時代を振り返る

【YOKOHAMA lover】

3人のそれぞれ活躍が期待される投手たちが来日し、期待の高まるところですが、少し気になることがあります。在米スカウトを7年間にわたってつとめてきたイエーツ氏が、昨年秋に契約を終えましたが、昨年まで外国人選手の外れが多かったのはイエーツ氏のせいで、イエーツ氏が辞めたのでベイスターズの外国人選手が良くなるという声が、ネットで見られることです。本当にそんなことがあるのでしょうか。外国人スカウトについては、今......続きを読む»

* 山崎康晃投手は、一皮剥けてくれるか?

【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

って 昨年は 暑さにヤラれたのか 夏場に苦しんだわね。 防御率も 7月まで 1点台だったっけ? それも 3点台に急降下 ってね。 “小さな2年目のジンクス” ってモンに 悩んだのか 腕の振り そのものにも いい時のような感じ ってのが 見受けられなかったからね。 まー そんでも 何とか盛り返して 2年連続の 30セーブ以上 それ自体は 大したモンだよ。 本当にね。 ベイスターズの ......続きを読む»

そろそろ勝負の年、白崎浩之の覚悟を見る一年

【野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ】

 このブログでは基本的に選手一人ずつにスポットライトを当てて取り上げさせていただいている。昨シーズンに結果を残した選手や、躍進を遂げた選手、さらには来季1軍出場の可能性がある期待の若手をメインに取り上げているわけだが、今回はいよいよ「そろそろ結果残せよ」という選手も取り上げようと思う。  そして今回早速のターゲットはこの男、白崎浩之である。DeNAに球団が変わってから初のドラフト1位の選手であり、......続きを読む»

2017 ベイスターズ  トップ10プロスペクト

【どうしようもない インチキのブログ】

今日も昨日に引き続きプロスペクトランキングを投稿します。 今回は昨年セ・リーグ3位、ベイスターズです。 始める前に、プロスペクトランキングについて知らない方もいらっしゃると思うので、軽くどうしようもないインチキのを説明をしようかと思います。 まず、プロスペクトとは MLBで使われている言葉で、直訳すると「見通し」や「見込み」になるそうですが、野球界に於いては有望株という解釈で問題ないと思いま......続きを読む»

三浦大輔の引退試合はなぜ泣けるのか問題(『FOR REAL』ネタバレあり)

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

 映画を見て泣いたのは初めてである。私の頬に一筋の涙が滴れたのは三浦大輔投手の引退試合の場面だった。三浦投手は7回1/3投げて、10失点を喫した。前代未聞である。チームとしては5割がかかった試合。セレモニーも設けて10失点。文字面だけでみたら笑い話である。  しかし、この試合を見て笑った人間がいただろうか。打たれても打たれても打者に向かう三浦投手の姿を見て、涙を浮かべたベイスターズファンは少なくない......続きを読む»

外国人スカウト体制を見直し、新体制へ

【DB.スターマンの憂鬱】

旧来のTBS体制からDeNA体制に変わり多くのことにテコ入れがされ、結果改善されてきたが、唯一外国人スカウト体制についてはテコ入れをしても中々結果が伴ってきていなかった部分だったように思える。 外国人スカウト体制については、TBS時代からのスカウトであるライル・イエーツ氏に、2012年からルイス・ロペス氏を招聘。 さらにロペスと同じ年にサンフランシスコジャイアンツで日本駐在スカウトを務めていた嘉......続きを読む»

新外国人選手たちの入団会見 と各球団の新外国人選手

【YOKOHAMA lover】

パットン、シリアコ、ウィーランド、クライン選手と、新外国人選手が次々に来日しています。 【DeNA】 投手陣の救世主に!クラインとパットンが入団会見 ベースボールキング2017.01.27. 18:30 クラインは201センチの“長身右腕”。記者会見に同席した高田繁GMは「先発ピッチャー候補の一番手としてずっと追いかけていた。正直、競争(相手)も多かった」 韓国、NPBの複数の球団との......続きを読む»

* 三浦クン、早速ですが、お願いがあります(笑)

【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

って その前に 三浦クン ベイスターズの フロント陣の仲間入り おめでとう。 スーツが窮屈な時は ユニフォームを 引っ張り出して “出勤”すれば いいんじゃない?(笑) って つまらん冗談は 放っといて もうイキナリ 本題に いかせてもらうけれど(笑) 求められる “スペシャルな アドバイス” ってモンが 何なのか 良く分からんけれど(笑) まー 取りあえずは この間のエントリーでも......続きを読む»

~シーズン開幕に向けて~①開幕投手石田健大

【BAYSTAR☆alliance】

開幕まで不定期に更新していく予定のこのシリーズ 記念すべき1回目の今回は早々に開幕投手に指名された石田投手についてです。 DeNAファンの方ならご存じだとは思いますが、2年目を迎えるアレックス・ラミレス監督は早々に2017年の開幕投手を指名しました。それが3年目の石田健大投手です。 ここで石田投手の昨年の主な成績を振り返ってみましょう。 25試合 153回 9勝4敗 防御率3.12 132奪三振......続きを読む»

若くして引退していく選手を見ていると、ああでもないこうでもないと考えてしまう

【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

 オリックスを戦力外になった大田阿斗里選手が引退して警視庁の試験を受けていたというニュースを見まして、色々と思う所があります。 オリックス戦力外の坂寄氏&大田氏、警察官を目指す http://www.nikkansports.com/baseball/news/1769894.html  若くして引退していく選手の多くは、本当はプロ野球選手を続けたいが、戦力外になってしまって働く場所が得ら......続きを読む»

  • ブログを作る - 新規ブログ開設
  • ブログを書く - ログイン画面へ

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

注目タグ

スポーツナビ最新コラム

rss