ジャンル別一覧:大学スポーツ

2017年度新体制~明治大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

主将 末次慶太 数年前は優勝争いを繰り広げていた明治大学だが、2大会連続シード落ちと事態は深刻となっている。 今年度も実力のあるルーキーたちの加入、そして、旭化成から山本コーチを招聘するなど強力なテコ入れを図った。 1~3年生は高校時代の実績が華々しい選手が多いだけに彼らの潜在能力の高さを発揮してもらいたいシーズンになりそうだ。 明大のチーム力は依然高い。 トラックタイムや顔......続きを読む»

これもう心霊写真 北海道学生野球2017春季~苫小牧駒澤大×北海道教育大函館 第1戦

【僕の中の大投手 諭】

函教大 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 苫駒大 0 0 0 0 0 0 1 0 1 2 4月30日:とましんスタジアム 函教大 宮腰、新谷 - 耒田 苫駒大 岡田 - 新山 日本全国で各硬式野球が開幕してしばらく経ちますが、北海道における大学野球はようやくこの日が開幕。といってもまだ風が冷たくて寒く、この地においてはまだまだ野球日和という感じでは無いんですけどね。 そんな北海道学生野......続きを読む»

連載第62回・ラクロス部

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

 連載第62回はラクロス部です!  新入生も練習に参加し、新体制としてのスタートを切ったラクロス部。今回は横溝渓太郎主将(法4)、安江将史(法4)、今井幸次郎(法4)の3人から、日本一に懸ける思いを伺ってきました。 ▲左から安江、横溝主将、今井 ――ラクロスをはじめたきっかけは? 今井「日本一を本気で目指しているチームだったから。そこで(みんな)スタートラインが一緒の中で輝けると感じたから」......続きを読む»

バドミントン部・関東学生バドミントン春季リーグ戦対明大

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

4月29日 水元総合スポーツセンター 優勝へ第一歩! 初戦を白星で飾る  春季リーグ戦が開幕した。新体制になって、最初の大きい大会。開幕戦の相手は明大となった。序盤のシングルスの連勝で勢いに乗るも、ダブルス2つを落としてしまう。第3シングルスまでもつれた攻防だったが、3-2で勝利を収めた。 ▲シングルスでもダブルスでも活躍した大関  第1シングルスに出場したのは五十嵐優(法4)。「少し緊張......続きを読む»

バレーボール部・春季関東大学バレーボールリーグ戦対筑波大

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

4月29日 キッコーマンアリーナ 痛恨の敗戦 5位転落 スタメン(サーブローテーション順) 1WS 石川祐希主将(法4) 3MB 平田亮介(経4) 12WS 谷口渉(法3) 4WS 武智洸史副将(法4) 18MB 水野将司(法2) 17S 牧山祐介(商2) 9Li 柳田貴洋(法3)  首位攻防戦となった筑波大との一戦。中大は筑波大の速い攻撃を防ぐことができず、今リーグ初黒星。6勝1敗で5チーム......続きを読む»

【第256回日体大記録会】(5000m)試合結果

【駅伝狂の詩】

遅くなりましたが、日体大記録会5000mの結果です。前日の大雨とは打って変わって、日曜日は天候に恵まれました。 ■5000m 13組 03着 佐々木遼太 14:58.47 13組 25着 吉田侑平 15:35.54 13組 35着 石川翔輝 16:04.76 20組 34着 矢野郁人 15:49.78 23組 25着 三須健乃介 14:51.13 23組 27着 川崎新太郎 14:54.32 26......続きを読む»

硬式野球部・東都大学野球春季リーグ戦 対亜大3回戦

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

4月28日 神宮球場 土壇場からの連勝で勝ち点2 24季ぶりV懸け、GW天王山へ! ▲2回からマウンドに上がった喜多川。今季初勝利を挙げた     123 456 789 RHE 亜 大=110 000 000=280 中 大=010 015 01X=8110 [亜]髙橋遙、中村稔、嘉陽-頓宮[中]柳川、喜多川、鍬原-保坂 本塁打:[中]堀内(8回1点) ◆スタメン 1[右]大工原壱成(商......続きを読む»

2017年度新体制~山梨学院大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

主将 上田健太 箱根駅伝のシード権を逃したチームとしては唯一今年度の出雲・全日本駅伝の出場権を得ている山梨学院大学。 このことからも分かるようにチーム力は高い。 ただ、攻勢に出た時の勢いに比べ、劣勢に立たされた時の追い上げ力はそこまで高くないと感じた。 主力を複数欠いてしまったことも響いたが、主力と中間層のレベル差もあり、今季は中間層の奮起にかかっていそうだ。 主力は依然残ってい......続きを読む»

スケート部・関東大学アイスホッケー選手権大会 準決勝対日体大戦

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

4月23日 ダイドードリンコアイスアリーナ 完封勝利! 因縁の相手、明大との決勝戦へ  先の試合で得点差がついた時の気の緩みが課題に挙げられた中大。今試合では終始リードを保ちながらも得点を許すことはなく、1週間で対応して見せた。また一年生徳光陸(文1)がハットトリックを達成する快挙も。万全の体制ではないものの、いま持てる最大限の力で明大相手にインカレの雪辱を晴らす。 ▲得点を喜ぶ選手たち ......続きを読む»

バレーボール部・春季関東大学バレーボールリーグ戦 対日大

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

4月23日 小田原アリーナ 首位浮上 2セットダウンから逆転勝利 スタメン(サーブローテーション順) 1WS 石川祐希主将(法4) 3MB 平田亮介(経4) 2WS 大竹壱青(商4) 4WS 武智洸史副将(法4) 18MB 水野将司(法2) 5S 山下紘右(商4) 9Li 柳田貴洋(法3)  セット率の差で2位の中大。石川主将がチームに復帰し、2戦目となった日大戦は昨年インカレ制したローテ......続きを読む»

硬式野球部・東都大学野球春季リーグ戦 対亜大2回戦

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

4月27日 神宮球場 喜多川が好救援! 投打かみ合い優勝へ望みつなぐ1勝 ▲プロ注目・北村(亜大)を打ち取りガッツポーズする喜多川     123 456 789 RHE 中 大=000 401 000=550 亜 大=200 001 000=362 [中]鍬原、喜多川-保坂[亜]井上、藤本、中村稔、松本-頓宮 本塁打:[中]保坂(6回1点)[亜]北村(1回2点) ◆スタメン 1[右]大工......続きを読む»

【湘南女子ハンドボール部】関東学生春季リーグ戦第1戦

【東海スポーツ】

リーグ開幕 新チームの戦い始まる 4月22日(日) 春季リーグ第1戦目大 桐蔭横浜大   前半(12-12)   後半(10-10)   △東海大22-22 桐蔭横浜大     【スタメン】 #2 高松 美穂(体3) #3 渡辺 直葉(体2) #4 眞方 彩帆(体3) #8 檜木 祐穂(体3) #9 渡部 真綾(体2) #12 下屋 奏香(体1) #15 平野 麻綾(体4) #17 シン ......続きを読む»

2017年度新体制~國學院大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

主将 向 晃平 バランスの良さに定評のある國學院大學だが、エース不在の穴をどう埋めるか、また誰が埋めるかが新チームの課題となる。 蜂須賀選手、細森選手といった核となる選手が卒業した今シーズン、前半期は苦戦を強いられそうだ。 駅伝シーズンを迎えるまでに主力・中間層のレベルをどれだけ高めることができるか。 願わくば2~4年生それぞれの世代から覚醒する選手が出てくることが望ましい。 ......続きを読む»

【湘南男子ハンドボール部】連敗脱出なるか…!?

【東海スポーツ】

    4月23日(日) 春季リーグ第3戦目vs筑波大   前半(9-14)   後半(7-15)   ●東海大16-29 筑波大     【スタメン】 #4 村田 龍(体3) #7 佐藤 立盛(文4) #8 田中 雄舞(体2) #10 平澤 駿祐(体3) #16 佐藤 佑紀(政4) #21 藤原 竜郎(政3) #25 與那嶺 英路(政3)   【途中出場選手】 #3 牧野 真希(法3) ......続きを読む»

硬式野球部・東都大学野球春季リーグ戦 対亜大1回戦

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

4月26日 神宮球場 好調打撃陣、二桁安打も好機であと1本出ず惜敗 ▲痛恨の逆転本塁打を浴びた花城     123 456 789 RHE 亜 大=011 320 000=771 中 大=001 300 010=5120 [亜]中村稔、嘉陽-頓宮[中]伊藤、花城、喜多川-保坂 本塁打:[亜]頓宮(5回3点) ◆スタメン 1[右]大工原壱成(商2=桐光学園) 2[遊]牧  秀悟(商1=松本第......続きを読む»

【硬式野球部】首都大学春季リーグ戦 第3節 筑波大 勝ち点への執念で3回戦へ

【東海スポーツ】

第3節 勝ち点への執念で3回戦へ 1回戦 打線が沈黙、流れつかめず痛い一敗 GAME REPORT 4月22日 サーティーフォー相模原球場 東海大:000 000 000=0 筑波大:000 001 10Ⅹ=2 打 1 遊 杉崎成輝(体2) 2 左 北岡達樹(文4) 3 中 中島大志(文4) 4 三 平山快(体3) 5 D 千野啓二郎(体2) 6 二 下石涼太(体4) 7 捕 海野隆司(体2)......続きを読む»

2017年度新体制~上武大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

駅伝主将 松村脩平 大学初のシード権獲得に向け、挑戦を続ける上武大学。 今季は挑戦の意識として箱根未経験者の松村選手を主将に任命。 個人としては箱根駅伝を走っておらず、チームも惜しくもシード権を逃した。 悔しさを感じているキャプテンが、今シーズンをどのように送るのか、その点にも注目していきたい年である。 箱根駅伝上位校や伝統校に比べ、どうしても即戦力が集まらない現状なら上級生......続きを読む»

軟式野球部・東都学生式野球春季リーグ戦 対東洋大➁

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

4月21日 笹目公園野球場 大量9得点で勝利も課題残る  開幕3連勝を懸けて、東洋大と対戦した中大。前回の対戦では打線が1安打に抑えられたものの、濱谷悠人主将(経3)の三ゴロの間に三塁走者が生還し、サヨナラ勝ちを収めた。二回目の対戦となった今回の試合では、大量9得点を挙げるも、終盤に連打を浴びるなど、ピリッとしない試合内容。勝利を収めたが、またも課題が残る試合となった。   ▲力投する福冨旅史......続きを読む»

2017年度新体制~拓殖大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

主将 西 智也 チーム最高順位でのシード権獲得を目指した拓殖大学だったが、結果は14位と理想には届かなかった。 それでも、その声を挙げられたのは、昨年度の主将・宇田選手を中心に戦える戦力が整ってきたという自信の表れでもあった。 今回の箱根駅伝を走った選手は8人残っていることもあり、彼らを軸にどこまで昨年度を上回るチーム力を作り上げていけるかが注目される。 エースが今季も健在なの......続きを読む»

2017年東京新大学野球1部春季第3週(創価大×流通経済大) 

【北のお部屋】

●東京新大学1部 16/4/23 川通 ●第二試合 創価大 001 020 011=5 H9 E1 000 000 000=0 H5 E1 流通経済大 創:小孫-萩原 流:木村-高野、串畑 二塁打 南(創) 3回表 2アウト3塁 1番宮武のレフト前タイムリー。 5回表 1アウト2,3塁 1番宮武のセンターへの2点タイムリー。 8回表 1アウト3塁 5番西田のスクイズ。 9回表 1アウト1,3塁 ......続きを読む»

水泳部(競泳)・日本選手権水泳競技大会

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

4月13~16日 日本ガイシアリーナ 遠かった世界水泳出場権 砂間「何が起こったか分からない」  世界水泳2017の代表選考も兼ねた本大会。砂間敬太(法4)、大本里佳(法2)らが世界水泳出場権の獲得に挑んだが、厚い壁に阻まれた。  砂間は個人メドレー(200㍍、400㍍)、200㍍背泳ぎに出場。大会を通して「調子はよかった」と語った砂間だったが、初日の400㍍個人メドレー決勝では「飛び込む瞬間......続きを読む»

ハンドボール部・春季関東学生ハンドボールリーグ戦対早大

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

4月23日 明大和泉体育館 10点差の快勝! 全員活躍で4位浮上  ここまで1勝1敗の中大。相手に流れがある時間帯の戦い方に不安を残す。しかし、今節は早大と対戦しそれらの不安を一蹴した。終始ゲームを支配し、流れを手放さず快勝。後半にはメンバーを全員入れ替えたが、出場した全選手が活躍した。これで中大は4位に浮上。「全員で勝ち取った1勝」と玉栄悠主将(文4)も頬を緩めた。 ▲この日8得点のエース......続きを読む»

2017年度新体制~大東文化大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

主将 原 法利 市田ツインズというエースが卒業して以降は、総合力で新たなチームカラーを打ち出してきた大東文化大学。 箱根駅伝では13位とシード権獲得はならなかったが、往路で出遅れたにも関わらず復路で驚異的な追い上げを見せ、その力を垣間見せた。 安定感のあった世代が抜けたものの主要区間を担った選手が残っており、大きな戦力ダウンはなさそうだ。 箱根駅伝予選会ではトップ通過で本大会行きを......続きを読む»

【第256回日体大記録会】(10000m)試合結果

【駅伝狂の詩】

日体大記録会10000mの観戦に行ってきました。雨が降ったり止んだりの天候でしたが、時間が経つにつれて強くなり、最終組の頃には土砂降りになっていました。 ■10000m 02組 33着 柏木亮太 33:42.58 03組 11着 北村 祥 31:11.17 06組 03着 安永直斗 29:47.58 06組 07着 蛭田雄大 29:57.02 06組 28着 関口康平 30:47.06 06組 3......続きを読む»

バレーボール部・春季関東大学バレーボールリーグ戦 対国士大

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

 4月22日 小田原アリーナ 石川復帰戦はフルセットの苦闘の勝利 スタメン(サーブローテーション順) 2WS 大竹壱青(商4) 3MB 平田亮介(経4) 12WS 谷口渉(法3) 4WS 武智洸史副将(法4) 18MB 水野将司(法2) 5S 山下紘右(商4) 9Li 柳田貴洋(法3)  チームがようやくそろった。今週16日にイタリアから帰国した石川祐希主将(法4)が今日から春リーグに参戦した......続きを読む»

首都大学東京ラグビー部2017-8

【Dream Rider  西山淳哉】

翌日に新入生歓迎試合を控えた首都大ラグビー練習日。 試合前だからといって練習強度と質を下げる事なく、あくまでも1回の練習への重要度を忘れずにいく。 1回1回の練習の積み重ねが試合での結果へと繋がる。 今日の練習には、5人の新入生が参加してくれました。 大学ラグビーに慣れてもらう。首都大ラグビーを知ってもらい、強いチームの一員になってもらう。 首都大ラグビーの誇りを感じてもらう。 まさに、首都大ラグ......続きを読む»

2017年東都大学野球1部春季第3週(東洋大×亜細亜大 國學院大×日本大)

【北のお部屋】

案の定、更新する時間がなくて土曜になってしまいましたが・・。ご報告でプロフィール欄にも載せていますが、ツイッターのアカウントは前のモノを消去し、新しいものに切り替えました。諸事情というか色々とありまして、鍵アカにしました。もしかしたら承諾するかもしれませんし、しないかもしれませんし・・。あらかじめご了承ください。というわけで水曜の試合からです。 ●東都1部 16/4/19 神宮球場 ●第一試合 ......続きを読む»

【湘南校舎陸上競技部】四大学対校陸上競技大会

【東海スポーツ】

優勝者続出!3年連続となる総合優勝に貢献した選手たち 4月15日に相模原ギオンスタジアムにて行われた四大学対校選手権大会。強風の中での競技となり選手たちは苦しめられた。その中で湘南校舎陸上競技部は、対校男子の部で800㍍、1500㍍、5000㍍、4×400㍍リレー、棒高跳、走幅跳、円盤投、ハンマー投、やり投の9種目で優勝を飾った。対校得点では204点を獲得、3年連続の男子総合優勝となる。 ......続きを読む»

【湘南男子サッカー部】関東大学リーグ2部(前期)第1節 国士舘大戦

【東海スポーツ】

黒星スタートながら天皇杯東京都代表に健闘 次節、巻き返しへ 関東大学リーグ戦 2部(前期)第1節が4月16日に行われ、国士舘大学町田キャンパスサッカー場にて国士舘大と対戦した。 《スコア》 東海大0−2国士舘大 《スターティングメンバー》 GK♯1 濵本 康介 (4年) DF♯6 成本 大我 (2年) DF♯3 榎戸 皓平 (4年) DF♯13 水口 航輔 (4年) DF♯......続きを読む»

【湘南男子ハンドボール部】関東学生春季リーグ戦第2戦

【東海スポーツ】

惜しくも及ばず敗戦を喫する 4月16日(日) 春季リーグ第2戦目vs中央大 前半(15-18) 後半(18-18) ●東海大33-36 【スタメン】 #4 村田 龍(体3) #7 佐藤 立盛(文4) #8 田中 雄舞(体2) #10 平澤 駿祐(体3) #16 佐藤 佑紀(政4) #20 柿崎 竜太(体3) #21 藤原 竜郎(政3) 【途中出場選手】 #3 牧野 真希(法3) #12 ......続きを読む»

2017年度新体制~創価大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

主将 大山憲明 創価大学の真価が問われるシーズンになりそうだ。 箱根駅伝経験者は8人残り主力レベルも高い。 昨年度と比べ大きく戦力が低下していることもなく、十分箱根予選会を通過できるチーム力だといえるだろう。 しかし、昨年主将を務めたセルナルド選手の穴は決して小さくない。 彼は走力だけではなく、常にベストパフォーマンスでチームを引っ張り、鼓舞していた。 2016年度をトータルし......続きを読む»

【湘南アイスホッケー部】秩父宮杯第65回関東大学選手権大会9位トーナメント1回戦 対神奈川大戦

【東海スポーツ】

神奈川大に快勝 進化がとまらない! 先週、今年度も関東大学リーグ戦ディビジョンⅠグループAに所属する慶應義塾大に惜しくも敗れたチーム。しかし、連動した緩急のある攻撃は格上相手にも通用し、ウイニングショットゲーム戦(※サッカーのPK戦のようなもの)にまで持ち込む。この試合で、元々攻撃力の高かったチームがさらに上の段階へと進化したことをほかのチームに知らしめた。 そして神奈川大戦。エースの小林優......続きを読む»

シャックの息子Shareef O'Neal 進学先表明!18年入学の超有望株!大学は1年?2年?父も大喜び!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

将来のNBAスター候補、シャリーフ オニールはあまりにも偉大な父親と同じNBAで大スターになれる!? 2018年大学入学クラスの超有望株としてRivals.comでは全米16位の5つ星、ESPNでも全米19位、247Sportsでは31位にランクされる204cmフォワードであのシャックことシャキール オニールの息子であるシャリーフ オニールがオファーされていた数々の超名門校の中からついに進学先を決......続きを読む»

ハンドボール部・春季関東学生ハンドボールリーグ戦対東海大

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

4月16日 日本大学八幡山体育館 今季初勝利 打ち合い制す  連勝街道の第一歩となるか。中大が東海大相手にリーグ戦初勝利を挙げた。互いに初戦を落とし、初勝利を求めた一戦。流れの波が交互にやってくるオープンな展開となったが、前半のリードを守り切った。「課題はあげたらキリがないけど、勝てたのは良かった」と北詰明未(商3)。待ちわびた1勝に選手も胸をなでおろした。 ▲シュートを決めた北詰のガッツポ......続きを読む»

2017年度新体制~帝京大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

主将 小手川智紀 93回大会では11位とシード権を逃した帝京大学だったが、彼らの強さを見せた内容だったと感じた。 5区・10区とそれぞれのアンカーが苦しむ一方で、7区間が1ケタ順位と高い安定感を発揮。 今季も大きな戦力ダウンはなく新体制に移行できるだろう。 10000メートル28分台の選手は不在だが、トラックタイムに現れないロード力が魅力なチームだけにシード奪還を狙える総合力を持っ......続きを読む»

【湘南校舎女子柔道部】 第32回皇后盃全日本女子柔道選手権大会 

【東海スポーツ】

朝比奈が決めた!初優勝 4月16日に横浜文化体育館にて第32回皇后盃全日本女子柔道選手権大会がブダペスト世界柔道選手権大会日本代表の選考も兼ねて行われた。湘南校舎女子柔道部から朝比奈沙羅(体3)、卒業生から市橋寿々華選手(10年度卒・大阪府警察)、田知本愛選手(10年度卒・ALSOK)が出場した。 朝比奈は2回戦から登場、井上愛美選手(JR九州)に払腰による1本勝ちをすると、3回戦も前田奈恵子......続きを読む»

スケート部・関東大学アイスホッケー選手権大会対慶大戦

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

4月16日 ダイドードリンコアイスアリーナ 勝利するも課題の残る試合に  春大会2試合目は慶大と対戦。4-0で第2ピリオドを折り返し、完封勝利なるかと思いきや、第3ピリオドで一挙に3点を返され、ひやりとする展開に。激しい攻防戦の末、5-3で勝利し、危機一髪で準決勝に駒を進めるも課題の残る試合となった。「(昨年度二冠を達成し)練習をやっていても変な安堵感があった。良い意味で危機感が出たのではないか......続きを読む»

Jontay Porter 兄Michaelと並ぶ五つ星(全米23位)に格上げ!今秋入学?18年入学クラスもNBAスター候補ズラリ!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

兄弟でNBAスター誕生は2019年?2020年? 今回は2017年大学入学クラスで全米No.1選手、Michael Porter Jr.についてではない。2018年大学入学クラスの弟Jontay Porter(ジョンテイ ポーター)についてである。 Jontay Porter: 17歳。208cm。左利きのパワーフォワード。兄Michaelの1学年下の高校3年生(日本の高校2年生)で2018年大......続きを読む»

大迫傑は低迷男子マラソン界を救う存在になるか

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

素晴らしいとしか言えない。 ボストン・マラソンで初マラソンに挑戦した大迫傑選手が2時間10分28秒のタイムで3位に入り、この大会では瀬古利彦氏以来となる30年ぶりの表彰台に上がった。 「ワールド・マラソン・メジャーズ」の1つに挙げられる大会で今回も多くの実力者が名前を連ねた。 初マラソンということで期待と不安が入り混じっていたが、終わってみればトップのキルイ選手とは50秒差。 30キロ......続きを読む»

【湘南男子ハンドボール部】新チーム初の公式戦!

【東海スポーツ】

     4月15日(土) 春季リーグ第1戦目vs早稲田大        前半   (10-16)        後半   (12-12)        ●東海大 22 - 28 早稲田大      【スタメン】  #4 村田  龍 (体3)   #7 佐藤 立盛 (文4)  #8 田中 雄舞 (体2)  #16 佐藤 佑紀 (政4)  #21 藤原 竜郎 (政3)  #22 田村 優太 (体4......続きを読む»

【硬式野球部】首都大学春季リーグ戦 第2節 明星大 1回戦

【東海スポーツ】

1部の誇り見せつけろ! 今季初の勝ち星の行方は GAME REPORT 4月15日 大田スタジアム 東海大:000 300 000=3 明星大:000 001 000=1 打 1 中 中島大志(文4) 2 左 北岡達樹(文4) 3 二 下石涼太(体4) 4 三 平山快(体3) 5 指 小笠原啓太郎(体3)   R 岩本健太郎(政4) 6 遊 杉崎成輝(体2) 7 捕 海野隆司(体2) 8 一 山......続きを読む»

2017年度新体制~東海大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

駅伝主将 春日千速 高校時代の実績では圧倒的なタレント力を誇る東海大学だったが、今回の箱根駅伝では力を発揮することができず、シード権獲得ギリギリとなる10位。 優勝候補としても挙げられていただけに不本意な結果となってしまった。 ルーキーたちの爆発力に期待がかかっていたものの長距離への対応力、箱根駅伝独特の雰囲気、準備不足など脆さも露呈し個々としてもほろ苦いデビューとなってしまった。 ......続きを読む»

2017年度新体制~駒澤大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

駅伝主将 工藤有生 「平成の常勝軍団」と謳われた駒澤大学だが、優勝から8大会遠ざかり、その二つ名が徐々に薄れつつある。 毎年上位に食い込んでこられるだけのチーム力はあるものの優勝候補筆頭と呼ばれた年でも理想の展開に持ち込むことができず、辛酸を舐める状況が続いている。 今季は中谷・西山、そして5区区間賞の大塚選手などが抜け、チーム力低下は免れない。 残った選手、そして新戦力がどこまで......続きを読む»

バレーボール部・春季関東大学バレーボールリーグ戦 対専大

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

 4月15日 福太郎アリーナ 薄氷の勝利 一年生の活躍で開幕4連勝 スタメン(サーブローテーション順) 2WS 大竹壱青(商4) 3MB 平田亮介(経4) 12WS 谷口渉(法3) 4WS 武智洸史(法4) 18MB 水野将司(法2) 5S 山下紘右(商4) 9Li 柳田貴洋(法3)  中大は開幕から3連勝。しかし、セットを落とすなどピリッとしない試合内容が続く。リーグ優勝に向けて、セットを落......続きを読む»

サッカー部・関東大学サッカーリーグ戦第2部 前期第1節 対立正大

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

4月16日 日本大学稲城グラウンド 白星発進!今季初戦を勝利で収める ◆スタメン GK 21飯吉将通(商1) DF 2安在達弥(商3)、3渡辺剛(経3)、5須藤岳晟(経4)、6金子理史(商4) MF 8早坂翔(経4)→52分・32川元雄太(文2)、7三島頌平(商4)、19加藤陸次樹(商2) FW 11石井光(経4)→90分・20野口竜彦(文2)、17大橋祐紀(商3)、10寺村介(商4) ◆試合結......続きを読む»

Michael Porter Jr. "抜きんでたベストプレイヤー”全NBAスカウト一致!Rivals.com最新記事

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

全てのNBAスカウト達の意見は全く同じ!「Michael Porter Jr.(マイケル ポーター ジュニア)は18年ドラフト組で抜きんでた逸材である」 13分前にTwitterでRivals.com(アメリカ最大のカレッジバスケットボールのリクルーティングサイト)が2017年大学入学の来年NBAドラフト有望選手達に関する5つの注目点をNBAスカウツがどう見ているのかの記事を紹介するツイートをアッ......続きを読む»

【湘南校舎ラグビーフットボール部】関東大学連盟SEVEN A SIDE大会 また決勝でミス響く・・・ セブンズ3大会すべて準Vに

【東海スポーツ】

17日 関東大学連盟SEVEN A SIDE大会 江戸川区陸上競技場 2日に行われたYC&AC JAPAN SEVENS、9日の東日本大学セブンズと、2大会連続で準優勝に終わった。昨年度はこの2大会に加え、関東大学連盟SEVEN A SIDE大会(連盟セブンズ)を含めた、春シーズンに行われるセブンズ3大会すべてを制した東海大は、この大会が意地を見せるラストチャンスとなる。特にこの大会で戦う相手は同......続きを読む»

硬式野球部・東都大学野球春季リーグ戦 対東洋大2回戦

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

4月13日 神宮球場 佐野日大高卒3、4番アベック弾 理想的な試合運びで勝ち点1 ▲今季リーグ戦初本塁打を放ち、笑顔でガッツポーズの保坂主将     123 456 789 RHE 中 大=021 430 000=10100 東洋大=000 102 000=371 [中]伊藤、喜多川、花城-保坂[東]片山翔、村上頌、福山、山下雅、上茶谷-西川、浦岡、佐藤 本塁打:[中]保坂(3回1点)、吉......続きを読む»

首都大学東京ラグビー部2017-7

【Dream Rider  西山淳哉】

タフな週末を乗り切り、経験値を積む。 土曜日は大学リーグ戦1部の日本大学ラグビー部新入生と試合。 日曜日はリーグ戦セブンス大会Bグループ。 日本大学ラグビーの新入生とは言え、全国の強豪高校から集まって来た選手ばかりのチーム。 今年は60名ほどの新入生が入部し、競争も熾烈化しているとの事。 そしてもちろん、日本大学ラグビー部自体、リーグ戦1部に所属し、日本トップレベルの大学ラグビーの1つ。 チャンス......続きを読む»

2017年度新体制~法政大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

駅伝主将 鹿嶋隆裕 低迷期に入ったと思われていた法政大学だが、箱根シードに返り咲き前評判を覆してみせた。 足羽選手や坂田選手など中心となっていた選手たちは卒業したものの新たな武器を見出しており今季も箱根駅伝では有利な展開に持っていくことができそうだ。 全体的な底上げは当然のノルマだが、予選会を回避できたことで2ヶ月ほどの猶予はできた。 調整などを含め、じっくりと育成の時期に当てられ......続きを読む»

バスケットボール部・第33回京王電鉄杯対明大

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

4月8日 エスフォルタアリーナ八王子 京王電鉄杯優勝! 新体制後初タイトル  3日間にわたって熱戦が繰り広げられた今大会も最終日をむかえた。運命の決勝戦、Bブロック1位の中大は、Aブロック1位の明大と対戦した。序盤は明大の高さあるプレーに苦戦したものの、中大の最大の武器であるディフェンスで1部所属の相手に物怖じせず積極的に攻める。その結果80-64で明大を撃破し、京王電鉄杯優勝を果たした。昨年の......続きを読む»

このブログの登場回数も多い 東京新大学野球2017秋春季~東京国際大×杏林大 第1戦

【僕の中の大投手 諭】

杏林大   0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 東京国際大 0 0 0 1 1 0 1 1 X 4 4月15日:岩槻川通公園球場 杏林大   井原 - 難波 東京国際大 中村 - 柴田紘 本塁打:柴田紘 私ですね、妙に東京国際大との観戦の縁があるんですよ、別に狙ってはいないのに。 国際大は嫌いじゃないですよ?それなりの年数見続けていますし愛着はあります。でもこのリーグなら国際大のライバ......続きを読む»

2017年東京新大学野球1部春季第2週(流通経済大×駿河台大 東京国際大×杏林大) 

【北のお部屋】

東京新大学第2週でございます。 ●東京新大学1部 16/4/15 川通 ●第一試合 駿河台大 000 000 003=3 H7 E1 000 500 00x=5 H8 E0 流通経済大 駿:清水、金濱、貫井、齊藤-大西、森 流:小野、片山-高野 二塁打 荒井、高野、折橋(創)宇田川(駿) 4回裏 0アウト2塁 3番折橋のレフト前タイムリー、7番伊藤、8番高野の連続押し出し、1番代打の井出......続きを読む»

バレーボール部・春季関東大学バレーボールリーグ戦 対明大

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

4月15日 福太郎アリーナ 開幕3連勝を飾るも、ストレート勝ちならず スタメン(サーブローテーション順) 2WS 大竹壱青(商4) 3MB 平田亮介(経4) 12WS 谷口渉(法3) 4WS 武智洸史(法4) 18MB 水野将司(法2) 5S 山下紘右(商4) 9Li 柳田貴洋(法3)  中大がまた1つ勝ち点を増やした。3試合目の相手は今大会直前にも練習試合を行ったという明大。お互いによく知る......続きを読む»

ハンドボール部・春季関東学生ハンドボールリーグ戦対国士舘大

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

4月15日 日本大学八幡山体育館 インカレ王者の壁高くリーグ戦黒星スタート   「事実上の決勝戦」(実方監督)は惜しくも1点差で敗れた。春季リーグ開幕戦、昨年のインカレ王者国士舘大と対戦した中大。前半は終始リードを保って試合を進め5点差を付けるが、後半にひっくり返され敗戦。黒星スタートとなった。「どこか心の余裕が出てしまった」と中野尚(法4)。実方監督も、「勝てましたね」と苦笑を浮かべた。 ......続きを読む»

18年NBAドラフトNo.1指名濃厚!Michael Porter Jr.フィーヴァー 姉2人と同じ地元Missouri大学進学!MU愛を全面に!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

NBAドラフトNo.1指名がほぼ確実と言われる程の超大物高校生がどれ程の扱われ方をするのか! Michael Porter Jr.(マイケル ポーター ジュニア)は小学5年生から家族と共にミズーリ大学のあるミズーリ州コロンビアで暮らす。 この208cmのスモールフォワードは17年大学進学予定の高校4年生で近年では極めて珍しい3大Recruiting sites(Rivals.com、ESPN、2......続きを読む»

【湘南アイスホッケー部】熱戦繰り広げるも白星ならず

【東海スポーツ】

熱戦繰り広げるも白星ならず 4月8日に開幕した関東学生選手権大会。初戦、格上慶應義塾大相手に先制点を奪うなど、攻守ともに引けを取らない戦いを繰り広げ3対3で第3ピリオドを終える。ゲーム・ウイニング・ショット戦、さらにサドンデスに突入した末、惜しくも敗れた。 ▲果敢に攻める長谷川宗矩(工2) トータルスコア 東海大3 慶應義塾大4 (第1ピリオド 2-2) (第2ピリオド 1-0) (第3ピリ......続きを読む»

2017年東都大学野球1部春季第2週(中央大×東洋大 國學院大×専修大)

【北のお部屋】

いつもの如く、第2週に行って参りました。 ●東都1部 16/4/12 神宮球場 ●第一試合 東洋大 000 000 000=0 H4 E1 001 010 01x=3 H7 E1 中央大 日:飯田、村上-西川、田中悠 中:鍬原-保坂 二 大工原、土谷(中)宝楽(東) 【3回裏】7番大工原がライトへの3ベースヒットで出塁し、8番西山のセンターへの犠飛で1点。 【5回裏】6番小野寺がライトへの......続きを読む»

4/12 専修大5-5國學院大 今年の大学4年が不作という風潮は…

【井戸掘り野球観戦記】

【1回裏】1番池間が四球、2番岡本良が三内安で出塁し、3番大庭の犠打で1死2・3塁として、4番平湯の中安で専大が2点先制。2-0。 【3回表】1番山崎の右ソロHRで1点。2-1。 【3回裏】6番寺澤の左2安で出塁し、7番和田の左2ランで2点。4-1。 【5回表】7番西丸の右安、8番貞光の中安で無死1・3塁としてから9番横井の左安で1点。4-2。 【5回裏】5番秦が右2安で出塁し、6番寺澤の犠打で......続きを読む»

2017年度新体制~日本体育大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

駅伝主将 辻野恭哉 6区で自身の区間記録を更新した秋山選手が卒業し、箱根駅伝におけるチーム力は低下したと言わざるを得ない日本体育大学。 しかし、高い走力を持つ選手は多くおり、純粋なチーム力なら上位チームに引けを取らない。 実際に、現段階での10000メートル自己ベストを比較すると28分台を持つ選手が6人とトップクラス。 この人数は青山学院の5人を抜く数であり、日体大のレベルの高さを......続きを読む»

4/12 中央大3-0東洋大 東都ナンバーワン投手であることを確信した&センバツV右腕が神宮デビュー【鍬原拓也&村上頌樹】

【井戸掘り野球観戦記】

【3回裏】7番大工原が右中間に3ベースヒット、無死3塁から8番西山の中犠飛で中大が1点先制。 【5回裏】6番小野寺が右安、7番大工原が左安、9番飯嶌が死球で出塁し2死満塁としてから、1番五十幡の打球をファーストがエラーし走者生還。2-0。 【8回裏】2番土谷が右3ツーベースヒットで出塁。1死3塁から3番吉田のセカンドゴロで生還し3-0。記録はFC。 【気になった選手】 前回の記事と同様に鍬原拓也......続きを読む»

2017年度新体制~中央学院大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

主将 新井翔理 快進撃の幕開けか。 中央学院大学に対する今季の期待はうなぎのぼりだ。 それもそのはずで、箱根駅伝総合6位に入ったメンバーのうち8人が健在。 スターターもエースも山の適任者も残っており、全体のレベルアップ・他に戦えるメンバーが最低2人出てくれば今大会相当のタイムは見込める。 未知数な部分を補う意味も含め同一区間を走らせることが1つの常套手段であるために計算が立てやす......続きを読む»

【湘南校舎ラグビーフットボール部】東日本大学セブンズ 明大に惜敗し2週連続準V

【東海スポーツ】

2日に行われたYC&AC JAPAN SEVENS(以下YCAC)では、あと一歩のところで優勝を逃した東海大。YCACか東日本大学セブンズの優勝チームには7月に行われるJAPAN SEVENSの出場権が与えられる。さらには東日本セブンズでは3連覇がかかっており、よりいっそう強い気持ちを持って挑んだ。 東日本セブンズ 登録メンバー(左の数字は背番号) 5 テトゥヒ・ロバーツ(体4) 12 鹿......続きを読む»

硬式野球部・東都大学野球春季リーグ戦 対東洋大1回戦

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

4月12日 神宮球場 これぞエースの投球! 鍬原14奪三振、完封勝利 ▲5回表のピンチをしのぎガッツポーズの鍬原     123 456 789 RHE 東洋大=000 000 000=041 中 大=001 010 01X=371 [東]飯田、村上頌-西川、田中悠[中]鍬原-保坂 本塁打:なし ◆スタメン 1[中]五十幡亮汰(法1=佐野日大) 2[遊]土谷 恵介(法4=前橋育英) 3[三......続きを読む»

カリー、ウェストブルック高校時代全米ランキングは!?NBA All Stars7名が3つ星!5つ星13名 努力でのし上がれる!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

2連連続NBAのMVPステッフ カリー。今シーズンNBAでシーズンMVP最有力候補ラッセル ウェストブルック。バスケットボールマニアからはよく知られている両者に共通するストーリーがある。今年のNBAオールスターゲイムに出た北米高校出身者7名もが!それは日本の有望高校生バスケットボール選手達を勇気づけるものである。 アメリカの大学スポーツの中で抜きんでた人気を誇るのがアメリカンフットボールとバスケッ......続きを読む»

2017年度新体制~神奈川大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

駅伝主将 鈴木健吾 12年ぶりのシード権を獲得した神奈川大学だが、今季は更に波に乗っていきそうだ。 主将である鈴木選手を中心とした4年生世代が充実しており、各世代にも実力者がいる。 成瀬・井手といった即戦力としての期待もかかるルーキーたちも加入し、例年以上に戦力が整っている。 「優勝」を掲げるには少し足りないかもしれないが、上位陣を脅かせる存在であることは確か。 昨年度はアクシデ......続きを読む»

バレーボール部・春季関東大学バレーボールリーグ戦 対学芸大

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

4月9日 立川市立泉体育館 ダークホースに辛勝 リーグ連勝スタート スタメン(サーブローテーション順) 2WS 大竹壱青(商4) 3MB 平田亮介(経4) 12WS 谷口渉(法3) 4WS 武智洸史(法4) 18MB 水野将司(法2) 5S 山下紘右(商4) 9Li 柳田貴洋(法3)  開幕連勝を飾った。昨年度インカレ2位の東海大を前日破った学芸大との対戦。相手の勢いに押され、フルセットにもつ......続きを読む»

2017年度新体制~順天堂大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

駅伝主将 栃木 渡 かつて箱根駅伝を沸かせた優勝校が再び強い集団になってきた。 第93回箱根駅伝では4位に入り、上級生から下級生まで含めその時のメンバー6人が今年度も健在。 レース展開次第では優勝候補として見ても申し分ない可能性を秘めている。 柱となるランナーは学生オリンピアンの塩尻選手。 1・2年時にエース区間2区を走り、常に上位をキープする安定感。 失速せず担当区間を駆......続きを読む»

バスケットボール部・第33回京王電鉄杯対青学大

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

4月8日 エスフォルタアリーナ八王子 強豪青学大に逆転負け 4連勝ならず  2日目に突入した京王電鉄杯。この日の2戦目は、1部強豪で昨年大会準優勝の青学大と対決した。中大は前半から積極的に勝負を仕掛け、青学大を大きく突き放す。しかし後半、ファールトラブルを連発し1点差まで詰め寄られる展開に。必死に逃げ切る中大だったが、ラスト1分で同点に追いつかれると、そのまま逆転シュートを決められ、69-71の......続きを読む»

箱根駅伝の「肩書」は選手を潰してしまうのか

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

富士通に所属する柏原選手が競技者として現役引退を決めたと報道が出た時、当然のように出た表現が「山の神引退」というものだった。 箱根駅伝を沸かせたスター選手であっただけにこういう出方となるのは仕方がないと言える。 「故障による引退」が第一の理由とされている一方、周りからの期待が重圧となってしまっていたという見方も強い。 確かにマスコミが祭り上げた「山の神」という肩書が彼を苦しめてしまったの......続きを読む»

【第43回中大日体大対抗戦】試合結果

【駅伝狂の詩】

日体大との定期対抗戦の観戦に行ってきました。午前中はお天気はもちましたが、午後は雨が降ったり止んだり。風も強かったので、フィールド競技の選手はかなり影響が出たかと思います。気温も低かったです。 ■1500m (対抗選手) 01着 舟津彰馬 3:49.56 02着 田母神一喜 3:54.64 03着 冨原 拓 3:54.75 (オープン選手) 13着 眞田 翼 4:05.79 全カレ入......続きを読む»

バレーボール部・春季関東大学バレーボールリーグ戦 対中央学大

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

4月8日 立川市立泉体育館 開幕白星発進 攻撃陣好調 スタメン(サーブローテーション順) 2WS 大竹壱青(商4) 3MB 平田亮介(経4) 12WS 谷口渉(法3) 4WS 武智洸史(法4) 18MB 水野将司(法2) 5S 山下紘右(商4) 9Li 柳田貴洋(法3)  インカレ四連覇、さらに四冠を目指す戦いが始まった。中大は今季初の公式戦で中央学大と対戦した。2セット目を落としたものの、大......続きを読む»

2017年東京六大学野球春季第1週(明治大×東京大 早稲田大×法政大)

【北のお部屋】

今週、3度目の開幕戦は東京六大学です。 まさか3回も宣誓を見る事になろうとは・・。というわけで結果ですね。 ●東京六大学 16/4/8 神宮球場 ●第一試合 東京大 000 002 000=2 H4 E2 000 051 00x=6 H5 E1 明治大 東:宮台、濱崎-森田、三鍋 明:齊藤、伊勢、外尾、石毛-氷見 二塁打 越智、齊藤(東) [5回裏]明大・押出し、逢澤、越智の適時打で5点......続きを読む»

「箱根駅伝は選手を潰すのか!?」という見出しが、陸上選手たちに対する重大な侮辱行為であると私は受け取った。

【黒髪のかねろの整理場所】

 4月1日、その報告に陸上ファンならずとも大きな驚きがあったのではないだろうか。柏原竜二の引退。かつて東洋大学では4年連続山登りの5区を担当し、3度の区間新記録と4度の区間賞を獲得した「山の神」である。荒々しくも最後までエネルギーを振り絞って走るスタイルで、4年連続往路優勝と3度の総合優勝に導いた原動力となった。  富士通に入社後もニューイヤー駅伝に出場するなど活躍していたが、かつての輝きは失せて、......続きを読む»

スケート部・関東大学アイスホッケー選手権大会1回戦対神奈川大

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

4月8日 ダイドードリンコアイスアリーナ 新チーム 初戦を完封勝利で飾る   再び三冠を目標に動き始めた新チーム。初戦の相手は神奈川大。「結構攻撃も噛み合った」(蓑島圭悟・法3)と第1ピリオドから8点を決め、トータルシュート数が81-11と終始主導権を握った中大。相手に1点も許さない隙の無い守備で、12-0と完封勝利で初戦を飾った。 ▲7点目を決める小泉智也主将(法4) 〈第1ピリオド〉 ......続きを読む»

【29年度第1回世田谷競技会】(3000m/5000m)試合結果

【駅伝狂の詩】

世田谷競技会を観戦して来ました。雨の影響はありませんでしたが、気温以上にとても寒く感じ、観戦にはかなり厳しいコンディションでした。 ■3000m 05組 29着 岸 俊樹 8:51.72 ■5000m 06組 32着 石川翔輝 16:09.90 08組 18着 石黒和寿 14:52.60 08組 20着 川崎新太郎 15:11.06 11組 28着 矢野郁人 15:04.98 ......続きを読む»

軟式野球部・東都学生軟式野球春季リーグ戦 対東洋大

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

3月31日 笹目公園野球場  主将の一打でサヨナラ勝ち 開幕戦を見事勝利    全日本連覇に向け、新たなシーズンを迎えた軟式野球部。リーグ開幕戦となった東洋大学との一戦は、9回2死三塁から濱谷悠平主将(経3)の三ゴロの間に三塁走者が生還しサヨナラ勝ちを収めた。バントやエンドランを絡めた攻撃で少ないチャンスをものにした中大が好スタートを切った。  試合序盤、今季初の公式戦ということもあり、動きが......続きを読む»

加藤雅樹 ひたすら厳しい表情! 六大学第1号弾!甲子園スター達 明大14名,早大8割が甲子園組!法大も!開幕悲喜こもごも

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

東京六大学野球春季リーグ戦が今日開幕!甲子園スター達がどんなスタートを切ったのか!? 朝から雨が降りしきり、予定より1時間遅れで開会式が11:15~、第1試合が12:00開始ととなった東京六大学野球の開幕日。さっそく神宮で観戦してきた! 第1試合は東大×明大。明大は六大学史上初となる新宅団長による校歌指揮がまず新鮮であった。箱根駅伝以来だったが新宅団長は更に風格が増していた。 最大の注目はやは......続きを読む»

バスケットボール部・第33回京王電鉄杯対東大

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

4月8日 エスフォルタアリーナ八王子 東大に快勝! 3連勝で青学大戦へ  2つのブロックに分かれ、総当たり戦で行われる京王電鉄杯。2日目の初戦は東大との一戦。東大は昨年4部に上がり、勢いづいているものの「積極的なディフェンスで前から当たろう」(#5林祐太郎・文2)と、相手をものともせず、83-60で勝利。この結果、中大はBブロックで唯一の3連勝しているチームとなった。 ▲#8阿刀竜嗣のナイス......続きを読む»

2017年東京新大学野球1部春季第1週(杏林大×創価大 共栄大×駿河台大) 

【北のお部屋】

火曜に続き、水曜も天気が良い中、東京新大学の開幕戦に行きました。始球式をした杏林のマネージャーさんに和んでる暇はないですよ、はい。 というわけで試合ですね。 ●東京新大学1部 16/4/5 大田 ●第一試合 杏林大 000 003 200=5 H8 E1 100 002 000=3 H5 E2 創価大 杏:井原-難波 創:杉山、清水-萩原 二塁打 清水(杏)宮武、高2、下小牧(創) 1......続きを読む»

2017年度新体制~早稲田大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

駅伝主将 安井雄一 2017年度も打倒・青山学院の対抗チームとして挙がるのが早稲田大学だ。 今大会でも往路で2位と逃げ切りのパターンにハメることができないながらも秒差に追い上げるしぶとさを見せた。 今季はその立役者となった安井選手を主将として臨む新体制。 未だ5区を勝負区間とできるチームだけに平地で戦える選手を一人でも多く揃えたいところだ。 候補となる選手は複数いる。 まず......続きを読む»

首都大学東京ラグビー部2017-6

【Dream Rider  西山淳哉】

試合をきちっと評価する。 評価するポイントは取り組んで来た事が出来たか出来ていないか。 また、その完成度と改善ポイントがあるかどうか。 それを踏まえ、新たに見えてくる取り組むスキル、理解度、共有すべき事を話すのがミーティング。 ミーティング30分 グラウンド練習2時間 1、ねこ5秒オットセイ5秒×3セット 2、キャット5秒ドッグ5秒×3セット 3、ワニ歩き22m orヒヨコ歩き 4、......続きを読む»

硬式野球部・東都大学野球春季リーグ戦 対日大3回戦

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

4月6日 神宮球場 9回に驚異の粘り見せるも 開幕カードで勝ち点落とす… ▲小野寺の本塁打がチームに火をつけた     123 456 789 RHE 日 大=040 611 000=12170 中 大=100 000 006=7121 [日]田村孝、東、植谷、田部-東海林寛[中]鍬原、伊藤、小林奨、鳥養、喜多川-保坂 本塁打:〈日〉田中達(4回1点)、松田(4回3点)〈中〉小野寺(9回1点......続きを読む»

Mizzou 全米25位センター、Tilmonも獲得か!ミラクルはまだまだ続く!NBA確実大物をまたも!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

信じられないどんでん返しがまたも!Mizzouは地獄から天国へ! ほんの2日前にジェレミア ティルモンはTwitterでイリノイ大学進学を撤回しないことを表明したばかりだった。 イリノイ州イーストセントルイス出身、208cmセンター(C)のティルモンはイリノイ大学進学が決まっていた。しかし、昨シーズンの不振からヘッドコーチが解任され、NCAAルールにより進学を撤回する権利があったことからイリノイ......続きを読む»

2017年東都大学野球1部春季第1週(中央大×日本大 亜細亜大×専修大)

【北のお部屋】

私がこっちに来てから初めて東都の開幕戦を見れました。休みを取れたのでラッキーでしたね。4部だけ優勝杯なんだなぁととか返すものが1部から4部まで大違いとこういう所にも格差があるんだなと無駄に競争心煽ってる所が何ともでしたけども・・(苦笑)。というわけで昨日の開幕戦ですね。 ■監督の格差社会も・・。決しておなかの大きさではないよ。 ●東都1部 16/4/4 神宮球場 ●第一試合 日本大 000......続きを読む»

硬式野球部・東都大学野球春季リーグ戦 対日大2回戦

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

4月5日 神宮球場 あと1点が遠くサヨナラ負け 勝ち点の行方は3回戦へ ▲失策での幕切れ。ベンチへ引き上げる花城     123 456 789 10 RHE       中 大=001 000 100 0=291 日 大=000 002 000 1×=391 [中]伊藤、喜多川、花城-保坂[日]山本龍、植谷-東海林寛 本塁打:【中】土谷(3回1点) ◆スタメン 1[左]飯嶌 幹太(商4=......続きを読む»

八村塁トランスファーある!?2年生出場機会が将来を決める! 1年間練習onlyのリスクは小さい!NBAへ希望残せる?

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

1年目平均2.6点の選手にとっての大学2年生シーズンはNBA入りの希望繋ぐにはあまりにも重要だ! NCAAトーナメントで初のFinal Four、そして準優勝という快挙を成し遂げたゴンザガ大学。この超強豪校で1年目のシーズンを終えた八村塁(明成高卒)。ある程度覚悟していたとはいえ、このシーズンでの出場機会はかなり限られており、レギュラーシーズンでも競った試合、強豪校相手の試合では出場がほとんどなし......続きを読む»

首都大学東京ラグビー部2017-5

【Dream Rider  西山淳哉】

春のオープン戦シーズンが始まりました。 昨年オープン戦最終戦で対戦した海洋大学との試合。ほぼ五分の力。昨年は1トライ差での勝利でした。 同じレベルで切磋琢磨できるチームとしのぎをけずる。 まずは、3月取り組んで来た事を徹底的に出す。その中で新しい課題も見えてくる。そしてまた改善するため、ステップアップする為の練習を積む。 レフリーはすーさん。 相手コーチはIBMチームメイトの竹谷くん。 お互い......続きを読む»

山の神・柏原竜二選手の引退から思うこと

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

富士通に所属している柏原竜二選手が引退を発表。 今後もゲストランナーやサポートなどで陸上に関わっていく予定だが、競技者としては一線から退く決意を固めた。 個人的には非常に残念な報道だった。 1ファンからしてみればまだまだ彼の走り、そして復活を見たかった。 度重なる故障により、復帰の目処が立たないということが第一の理由として挙げられていたが、まだ27歳。 「競技を続けられる年齢のボーダ......続きを読む»

【NCAA】2017' #MarchMadness, FINAL ノースカロライナ大が8年ぶり6度目の優勝。#NationalChampionship

【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

全米大学体育協会男子バスケットボールトーナメント(NCAA Men’s Basketball Tournament) http://www.ncaa.com/march-madness-live/ http://www.ncaa.com/ アメリカ大学バスケの最高峰NCAAトーナメント、いよいよファイナルです。 ノースカロライナ大学 vs ゴンザガ大学、ナショナルチャンピオンシップに相......続きを読む»

2017年度新体制~東洋大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

主将 野村峻哉 これまで柏原、設楽ツインズ、服部兄弟など陸上界を代表するランナーがチームの顔として台頭していた東洋大学だが、今季はエースランナー不在であり耐える年となりそうだ。 しかし、20キロを失速することなく走れる選手を多く揃えているのが東洋の強み。 絶対的主柱となる選手はいなくとも、各大会上位に食い込んでこられるだけの選手層は今季も健在だ。 あとは如何に全体のレベルを上げ、勝......続きを読む»

硬式野球部・東都大学野球春季リーグ戦開幕直前特集④保坂淳介選手

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

勝てる捕手目指す 背中で見せる頼れる主将  いよいよ本日開幕!春季リーグ戦開幕直前特集4回目となる今回は、保坂淳介主将(商4=佐野日大)です。 2年の秋から正捕手を務め、今年は主将としてチームを引っ張る経験豊富な保坂にチームの状態、リーグ戦への意気込みを聞いてきました。 ▲目標の日本一へ、抱負を語る保坂   ――昨年を振り返って 保坂 去年1年チームを勝たせてあげられなかった。勝てる捕手になり......続きを読む»

【硬式野球部】球春到来!!春季リーグ戦が開幕! 第1節 帝京大戦 1回戦

【東海スポーツ】

春季リーグ戦が開幕!! ☆青島凌也(体3)が特別功労賞を受賞☆ 昨秋の関東地区大学野球選手権大会の1回戦において関東大会史上2人目となる完全試合を達成した青島に、首都大学野球連盟より特別功労賞が贈られた。 ☆新デザインに注目!☆ 東海大学が今年度で創立75周年を迎えるにあたり、タテジマのユニホームの右腕に記念ワッペンが加わった。 Vジャンも黒色に。 一新したユニホーム、Vジャンをまとうチ......続きを読む»

硬式野球部・東都大学野球春季リーグ戦 対日大1回戦

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

4月4日 神宮球場 昨季王者・日大に快勝! 4季ぶりの白星発進 ▲10奪三振で完封。快投を見せた鍬原     123 456 789 RHE 日 大=000 000 000=041 中 大=121 200 00X=680 [日]田村(孝)、高田、植谷、岸田、東-八田、東海林[中]鍬原-保坂 本塁打:なし ◆スタメン 1[左]飯嶌 幹太(商4=宇治山田商) 2[二]土谷 恵介(法4=前橋育英......続きを読む»

八村のゴンザガ大学 ジョーダン母校相手に 27年ぶり偉業なるか!”ミッドメジャー”最後の優勝はUNLV (3名がNBAドラフトトップ12)

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ミッドメジャースクールが27年ぶり大偉業へ全米No.1のバスケ名門校を倒しNCAAトーナメント優勝なるか! 明成高校のスーパースター、八村塁が進学先にゴンザガを選んだ時にはまさかこのような状況になるとは思わなかった。全校生徒僅か7200人強のゴンザガ大(The Zags、GU、Bulldogs)はアメリカンフットボール部を持たない大学。バスケットボール部が所属するWest Coast Confer......続きを読む»

【硬式野球部】春季リーグ戦 第1節 帝京大戦2回戦

【東海スポーツ】

春季リーグ戦 開幕連敗で勝ち星お預け 4月2日 スタジアムひらつか 帝京大:400 101 000=6 東海大:230 000 000=5 打 1 中 中島大志(文4) 2 右 北岡達樹(文4) 3 二 下石涼太(体4) 4 三 平山快(体3) 5 指 小笠原啓太郎(体3) 6 遊 杉崎成輝(体2) 7 一 山崎将太郎(体4)   H 大門勇斗(体3) 8 捕 海野隆司(体2)   R 岩本健......続きを読む»

2017年度新体制~青山学院大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

主将 吉永竜聖 快進撃はどこまで続くのか。 史上初の大学3冠・箱根駅伝3連覇という偉業を成し遂げた青山学院が今季は2年連続の3冠、そして4連覇をかけてチームを作ってくる。 各世代に実力者がおり、5000メートルや10000メートルのタイムだけ見ても昨年と遜色ないチーム力。 箱根経験者も7人と最低でも3人選手が台頭してくれば箱根を走る10人の目処が立つ。 青山学院の強みは厚い選手層......続きを読む»

【中央大学記録会】(3000m/5000m)試合結果

【駅伝狂の詩】

新年度となり、春のトラックシーズンに入りました。今年は久しぶりに中大記録会が開催され、観戦に行って来ました。すでにシーズンインしている選手もいますが、全体としてはここからかと思います。天気予報の割には、だいぶ寒かったです。 ■3000m(1組のみ) 01着 苗村隆広 8:48.45 02着 安永直斗 8:48.52 03着 岩佐快斗 9:04.76 04着 石川翔輝 9:26.14 ......続きを読む»

硬式野球部・東都大学野球春季リーグ戦開幕直前特集③飯嶌幹太選手

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

中大が誇るリードオフマン 目指すは20安打と首位打者!  春季リーグ戦開幕直前特集3回目となる今回は、飯嶌幹太(商4=宇治山田商)です。  昨秋は打率3割を達成、チームのムードメーカーとしての役割も期待される飯嶌にチームの状況、意気込みを聞いてきました。 ▲13年ぶりの優勝へ意気込む飯嶌 ――まずは昨年を振り返って 飯嶌 ずっときつかったしつらい思いをした。雰囲気とか。勝ててなかったことが悔......続きを読む»

硬式野球部・東都大学野球春季リーグ戦開幕直前特集②土谷恵介選手

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

 チーム随一の経験者土谷が若返る内野陣を引っ張っていく!  「戦国東都」開幕まで残り約1週間。開幕直前インタビュー2回目は土谷恵介(法4=前橋育英)です。  入学して未だ中大での優勝は味わっていない土谷、勝負強い打棒と軽快な守備を武器に高校時代、夏の甲子園で優勝に導いた頼れる土谷の最後の大学野球シーズンへの思いを聞いてみました! ▲13年ぶりの優勝に向けて、期待がかかる土谷 ――まずは、昨年......続きを読む»

Kevin Knox(全米7位)ミズーリ大訪問決定!Mizzou Nation全力歓待へ!ノックスは異色のスター!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ついにもう一つの夢が近づいてきている!?未来のNBAスター、ケヴィン ノックスがMizzou!? 親友であるマイケル ポーターJr.の熱烈勧誘の末、フロリダ州のタンパカトリック高校の208cmスモールフォワード、ケヴィン ノックスがまだ一つ残していた最後のオフィシャルヴィジット(5校/計5回までOK)を利用してミズーリ大学を4月8、9日に訪れることをTwitterで表明した! Final Vis......続きを読む»

バスケットボール部・第33回京王電鉄杯対早大

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

4月1日 エスフォルタアリーナ八王子 下級生大活躍! 1部の早大撃破  1日に2試合行われる京王電鉄杯。この日2試合目は1部リーグに所属する早大との1戦。前半は1,2年生のみの出場で、早大相手に必死に粘る。後半には上級生も出場し、第4ピリオドで一気にたたみかけ20点差で圧勝した。初日を2勝で終え、順調な滑り出しを見せた。 スターター #11林祐太郎(文2)、#22足立翔(商2)、#33三上侑希......続きを読む»

バスケットボール部・第33回京王電鉄杯対法大

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

4月1日 エスフォルタアリーナ八王子 ディフェンスからリズムをつくり快勝  1部リーグに所属するチームとも当たる京王電鉄杯。新体制となった中大は柿内輝心主将(法4)やエースの鶴巻啓太(法3)を欠いて臨んだが、その穴を感じさせないプレーで勝利。序盤は拮抗した試合も、後半で一気に突き離した。今年度の最初の試合で白星を挙げ、順調なスタートを切った。 スターター#2大﨑翔太(総2)、#13中村功平(総......続きを読む»

マックゲームMVPで3冠独占は史上5人目! Michael Porter Jr.はMissouri大学に大物達を自ら勧誘!”let’s go do something special,”

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

マイケル ポーターJr.はただのOne & Done選手で終わるつもりは毛頭ない!愛するMizzouの為に、MUの伝説になる為に、選手という立場でありながら他の超大物選手達をMizzouに勧誘し在学中に同校史上初のFinal Fourさらには全米制覇を目指す! ブルズの本拠地であるThe United Centerで行われた超ビッグイヴェント。会場にはブルズのスーパースター達も観戦。来年以......続きを読む»

マラソン代表選考の新方式導入で日本レベルは上がってくるか

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

日本陸連が2020年東京五輪男女マラソン選考について、2019年秋以降の選考大会で男女各2人の代表を決める新方式を検討していることが明らかになった。 今年の夏から2019年春までの指定大会を「予選」と位置づけ、基準のタイム、順位をクリアした選手が選考大会、つまりは「決勝」の出場権を得る、2段階選抜になる見込みだ。 従来の選考に比べ、最終的な代表決めはその決勝の結果によることとなり、いわゆる......続きを読む»

復活をかける各校の改革

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

第91回大会では創価大学が、そして92回大会では東京国際大学が初の箱根駅伝出場を決め、今大会では2度目の挑戦となった創価大がシード権に迫る勢いを見せた。 ここ数年の箱根駅伝の顔ぶれはほぼ固まっており、予選会でも何度か出場経験のある大学からどこが落ちるかという見方だった。 だが、創価・東京国際のような新興勢力の台頭により、予選会は激化。 90回の出場を誇っていた名門・中央大学が予選落ちする......続きを読む»

2017年度卒業生それぞれの道

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

★GMO ATHLETES 一色恭志(青山学院大学) ★トーエネック 服部弾馬(東洋大学) 西澤卓弥(順天堂大学) ★日清食品G 中谷圭佑(駒澤大学) 町澤大雅(中央大学) ★トヨタ自動車 西山雄介(駒澤大学) ★中国電力 秋山雄飛(青山学院大学) 佐藤孝哉(山梨学院大学) ★コニカミノルタ 蜂須賀源(國學院大學) ★SUBARU 口町 亮(東洋大学)......続きを読む»

留学生ランナーの功績と弊害

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

箱根駅伝の歴史にまた新たな留学生ランナーの名前が刻まれるかもしれない。 第93回大会で20位と最終フィニッシュとなった国士舘大学が創部初となるケニア人留学生を加入させることを発表した。 5000メートルベスト14分10秒、10キロロードでは28分台のベストタイムを持っており、即戦力として挙がるのは間違いないだろう。 1990年の第66回大会を最後にしばらく離れているシード権獲得へ向け、最......続きを読む»

【NCAA】2017' #MarchMadness, #Elite8 、八村塁選手所属のゴンザガ大が初のベスト4。#UnitedWeZag

【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

全米大学体育協会男子バスケットボールトーナメント(NCAA Men’s Basketball Tournament) http://www.ncaa.com/march-madness-live/ http://www.ncaa.com/ 3月25日、フレッシュマン(1年生)八村塁選手の所属するゴンザガ大がゼイビア大に勝利しベスト4進出。 Elite8と言われるベスト8に進出したゴンザ......続きを読む»

ドラフト上位候補Houck率いるMissouri大(全米18位) 抑え1年生TJ Sikkema驚異の奪三振&無失点記録!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

連勝が20で止まったミズーリ大学野球部は前回記録シーズン以来のカレッジワールドシリーズを狙う! 通算20連勝で全米制覇した1964年以来のカレッジワールドシリーズは夢ではない!ホームでのアーカンソー大3連戦で1勝2敗。タナー ハウクは初戦に先発し3イニングスを被安打5、奪三振3も3失点で降板し敗戦投手に。シーズン3勝2敗とした。 新監督のビーザーの下、MLBドラフト上位候補で昨年日米野球の日本戦......続きを読む»

八村塁 ゴンザガ大が史上初Final Four!八村が歴史的一戦で3P!決勝進出濃厚!NCAAトーナメント!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

田臥勇太のNBA7得点試合を除けば日本バスケットボール界にとって最大の偉業かもしれない! マーチマッドネスはゴンザガとサウスキャロナイナという初Final Fourが2校の躍進で全米バスケファンを大興奮させている!NCAAトーナメントはついにFinal Fourが決まった。ゴンザガ、サウスキャロナイナ(SC)、ノースキャロライナ(UNC)、オレゴンの4校がそれぞれの地区を勝ち上がってバスケ選手にと......続きを読む»

先頭集団でレースを作れる日本人ランナーは今後台頭してくるか

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

日本陸上界の救世主となれるか期待されている一人・神野大地選手(コニカミノルタ)が2017年度の目標として初マラソン挑戦を表明した。 挑戦の場は12月の福岡国際マラソン。 日本代表の選考レースとして位置づけられているこの大会でどこまで攻めのレースを見せてくれるのか注目されている。 前半期はトラック種目が主となる為、本格的なマラソン練習は夏頃になってくるだろうが、12月までに如何にマラソン型......続きを読む»

未来のNBAスーパースターMichael Porter Jr. ミズーリ大学進学!全米No.1獲得MU大興奮!MU ✖ KU戦復活は?初のFinal Fourを目指す!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ついに夢にまで見た瞬間が訪れた!永遠に起こらないと信じていた奇跡が起こったのだ! Michael Porter Jr.(マイケル ポーター ジュニア)というここ数年でもダントツNo.1アマチュアと言われ、もし今年ドラフトにかかる資格があれば今年のNBAドラフト全体1位指名を予想する専門家もいる。当然来年NBAドラフト全体1位が有望視される208cmフォワードが私が長年愛し続けてきたUniversi......続きを読む»

【特別企画~軌跡~】九州男女バスケットボール部

【東海スポーツ】

~卒業生の門出を祝し、特別企画『軌跡』として各部を追った記者が卒業までの軌跡をたどります~ プレーで引っ張る2人の主将  九州バスケットボール部を引っ張ってきた男子部主将の小澤智将(経)と女子部主将の小澤愛菜(経)。小澤智は安定感のあるプレーと落ちない体力でチームの超速攻バスケを体現し支えてきた。小澤愛も巧みなハンドリングとゲームメイクで攻撃の起点となりチームの勝利を手繰り寄せてきた。記者が初め......続きを読む»

【特別企画~軌跡~】 湘南校舎硬式野球部

【東海スポーツ】

~本日卒業される卒業生の門出を祝し、特別企画『軌跡』として各部を追った記者が卒業までの軌跡を辿ります~ 「核として」 湘南校舎硬式野球部 喜び。涙。悔しさ。様々な思いの詰まったタテジマのユニフォームを脱ぎ、東海大学を旅立つ湘南校舎硬式野球部の卒業生たち。投手3名、捕手2名、内野手9名、外野手8名、学生コーチ2名、マネジャー2名の計26名だ。 その中でチームの核として活躍した3選手に迫る。   ......続きを読む»

【特別企画~軌跡~】湘南校舎ラグビーフットボール部

【東海スポーツ】

~本日卒業される卒業生の門出を祝し、特別企画『軌跡』として各部を追った記者が卒業までの軌跡を辿ります~ 悔しさから見えた大切なもの ▲4年生 全国大学選手権大会準優勝に終わった2015年度シーズン。当時の主将を務めた藤田貴大選手(15年度卒/東芝ブレイブルーパス)は、「泣いている時間があったら練習してくれ」と涙ながらに後輩たちへ檄を飛ばした。その思いを胸に、16年度シーズンの主......続きを読む»

2017年春季OP戦(立正大×新潟医療福祉大)

【北のお部屋】

■春季OP戦 2017/3/19 立正大グラウンド 新潟医療福祉大 001 000 000=1 021 011 40x=9 立正大 新:飯塚、笹尾、佐藤悠、栗田-福島、柴崎 立:渡部、倉田、竹内、竹井-広畑、木下 二塁打 佐々木勝、井橋、吉田泰、土井、木下、伊藤裕(立) 先週の日曜に初めて熊谷にある立正大グラウンドに行ってきました。11:00に本来来るはずが、全然来ないバスにどうなってるんだ?と......続きを読む»

【特別企画~軌跡~】 北海道キャンパス硬式野球部

【東海スポーツ】

~本日卒業される卒業生の門出を祝し、特別企画『軌跡』として各部を追った記者が卒業までの軌跡を辿ります~ 「北の大地を熱くした球児たち」 北海道キャンパス硬式野球部         投打の総合力 水野滉也(国4)と山根大幸(国4)の横手右腕コンビが投手陣の軸となった。水野は大学入学後、スプリットやチェンジアップなどの落ちる球を習得し、投球の幅を増やしたことで先発としてチームを背負って立つ存在に。4......続きを読む»

【特別企画〜軌跡〜】湘南陸上競技部

【東海スポーツ】

〜本日ご卒業される卒業生の門出を祝し、特別企画『軌跡』として各部を追った記者が卒業までの軌跡を辿ります〜 「それぞれの4年間」 中長距離ブロック・駅伝チーム 「チームを成長させてきた卒業生たち」 4年間を振り返れば、卒業生たちはいつもチームを引っ張ってきた。 2016年度の駅伝主将を務めた荒井七海(体4)は、3年時の2015年6月に行われた日本選手権大会男子1500㍍で優勝、その年の......続きを読む»

【特別企画~軌跡~】海洋学部硬式野球部

【東海スポーツ】

~卒業生の門出を祝し、特別企画『軌跡』として各部を追った記者が卒業までの軌跡を辿ります~ 夢へどん欲に 担当につき約1年間追った海洋学部硬式野球部。静岡学生春季リーグ戦では、全日本選手権大会出場を争う東海地区大学出場選手権大会出場にあと一歩届かなかった。2度のリーグ戦最多勝を誇った絶対的エース、今村亮(海4)を中心に戦ってきた1年間を振り返る。 最上級生として、チームの柱として ......続きを読む»

【特別企画~軌跡~】湘南男子ハンドボール部

【東海スポーツ】

~本日卒業される卒業生の門出を祝し、特別企画『軌跡』として各部を追った記者が卒業までの軌跡を辿ります~ 後輩へのバトン 第1章 ハンドと向き合い続けた4年間 第2章  同期の存在 第3章  先輩とすごした3年 第4章  後輩へのバトン あとがき 第1章 ハンドと向き合い続けた4年間  大学ハンドボールで1番強いリーグといわれている関東リーグ。神里昂大(体4)は関東のトップレベルのチームでプ......続きを読む»

【特別企画~軌跡~】湘南アイスホッケー部

【東海スポーツ】

~本日卒業される卒業生の門出を祝し、特別企画『軌跡』として各部を追った記者が卒業までの軌跡を辿ります~ 先輩の思い、後輩の思い 4年前の春、「東海大でアイスホッケーがしたい」という1つの思いを胸に、6人の選手が全国から集った。 4年という時が経ち、心身ともにたくましく成長した彼らは今日卒業式を迎える――。  2016年度大会。「1部グループAに昇格する」を目標として掲げるチームは、入れ替え戦ま......続きを読む»

【特別企画~軌跡~】湘南女子ハンドボール部

【東海スポーツ】

~本日卒業される卒業生の門出を祝し、特別企画『軌跡』として各部を追った記者が卒業までの軌跡を辿ります~ 後輩平野の目に映った4年生のすがた  東海大を背負い、チームを牽引し続けてきた女子ハンドボール部員8人が新たなスタートを切ろうとしている。 今回は新体制となり、主将としてチームを率いる平野麻綾(体3)に卒業する4年生について取材した。下級生のなかで1番最上級生と過ごした学年である3年生の平野に......続きを読む»

【特別企画〜軌跡〜】湘南校舎男子バスケットボール部

【東海スポーツ】

1YEAR GAME REPORT 【BEST MEMBER】 #4 寺園脩斗(九州電力) #3 大矢孝太郎(JR東日本秋田) #13 中山拓哉(秋田ノーザンハピネッツ) #19 三ツ井利也(信州ブレイブウォリアーズ) #33 鈴木隆史(JR東日本秋田) #35 伊藤達哉(京都ハンナリーズ) #81 関野剛平(レバンガ北海道) 【GAME REPORT】 1年間、“全員バスケ”を軸に戦ってきた......続きを読む»

【特別企画~軌跡~】 湘南女子バレーボール部 

【東海スポーツ】

    ~本日卒業される卒業生の門出を祝し、特別企画『軌跡』として各部を追った記者が卒業までの軌跡を辿ります~   記者が振り返る1年間   ~卒業される4年生8人~     #1 山内美咲(体4) チームの主将としてチームを引っ張ってきた山内。 コートに立っているときは誰よりも大きな声でチームを鼓舞し、力強いサーブやスパイクで得点源として活躍。このチームでは一番取材をした回数は多いと思......続きを読む»

八村塁のゴンザガ大 同校史上初Final Four有力!GUバスケの顔ぶれ!アリゾナ大まさかの敗戦で次戦は対ゼイヴィアー大に!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

八村塁が入学した最初のシーズンでゴンザガ大学はついに待望のNCAAトーナメントFinal Fourを掴み取る!? まさかの2試合だった!全米2位で西地区第1シードのゴンザガは全米13位で第4シード、ウェストヴァージニア相手に自慢のディフェンスで最後までもつれたシーソーゲイムを制し2年ぶり3度目のエリートエイト進出。しかし全米4位で第2シードのアリゾナは全米37位で第11シードのゼイヴィアー相手に最......続きを読む»

首都大学東京ラグビー部2017-4

【Dream Rider  西山淳哉】

練習して来た事を、試合で評価し練習で改善して行く。 首都大ラグビーの核になる上級生。3月にしっかりそのベースを作る。そして新入生部員を獲得し、彼らと共に新しいチームになって行く。 その為にも大切な1ヶ月。 まずは、OB戦で良い形が出せた。 昨年シーズンの主力だった卒業生が多数入ったOBチームに対し、特化しているアタック力を遺憾なく発揮し、 20分3本の試合で110−0と大勝。 その中で更なる改善点を......続きを読む»

NBAドラフト全体1位最有力ポーターJr. ミズーリ大進学へ大きな前進!父親AC受諾!息子達&ティルモンと超大物入学なるか!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

Mizzouファン達の何とも言えないハラハラドキドキはこの数日間日に日に増して今や破裂しそうな状態だ! 現在NCAAトーナメントで盛り上がるNCAAバスケットボール界だが、同時に大注目されているのがこの秋に大学で1年生としてプレイするマイケル ポーターJr.(208cm/フォワード)の進学先。彼の弟ジョンテイ(211cm/フォワード)は元々は来年入学予定だったが学業優秀で単位習得も早いことからこの......続きを読む»

大迫傑選手の初マラソンはどのようなレースになるのか

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

日本陸上界のエースが遂にマラソン挑戦を決めた。 実業団で練習を積む選手が殆どの中、アメリカに渡り、ナイキ・オレゴン・プロジェクトで世界ランナーたちと凌ぎを削っている大迫傑選手が来る4月17日のボストンマラソンに参加する。 主にトラックを主戦場としている彼だが、東京オリンピックではマラソンでの代表入りを目指しており、ボストンを皮切りに日本のレースを含めたロードにも多く挑戦してくると予想される......続きを読む»

硬式野球部・東都大学野球春季リーグ戦開幕直前特集①鍬原拓也選手

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

152㌔豪腕・鍬原 プロへの試金石となるラストイヤーに挑む!  「戦国東都」開幕まで残り約1週間。開幕直前インタビュー初回は鍬原拓也(法4=北陸)です。  昨年、1年を通して下位に沈み苦しんだ中大で、秋チームトップとなる3勝を挙げた鍬原に、チームの優勝、自身のプロ入りもかかるラストイヤーかける思いを聞いてきました! ▲リーグ戦開幕にむけ、意気込む鍬原 ――まずは、昨年のシーズンを振り返って ......続きを読む»

【特別企画~軌跡~】 湘南校舎男子柔道部・女子柔道部

【東海スポーツ】

~本日卒業される卒業生の門出を祝し、特別企画『軌跡』として各部を追った記者が卒業までの軌跡を辿ります~ 「4年間ありがとう―後輩選手が語る」 このたび3月25日に4年生はそれぞれの道へと歩み始めた。 そこで柔道部の1・2・3年生の選手方に4年生について突撃インタビューを行った。 🌸突撃インタビュー!!~男子部編~🌸 4年生はどんな先輩でしたか? -一人ひとり特色があって面白い先輩が多かった......続きを読む»

駅伝の距離延長は実現可能な構想か?

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

日本陸連・マラソン強化プロジェクトリーダーを務めている瀬古利彦氏が提唱した「箱根駅伝にマラソン区間の導入」。 低迷する日本マラソンを憂いた上での発言であることに間違いはないが、あまりにも突拍子で実現困難なプランだ。 しかし、中には悪くないと思った人も少なからず、いやもしかしたら半数近くはいるのかもしれない。 東京オリンピックまでに逸材を見つけ出すということや長距離の経験を積ませるという目......続きを読む»

世界選手権ロンドン 井上大仁選手はどこまで上位に絡めるか

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

3月17日、8月に開催される世界選手権のマラソン代表が発表された。 とは言え、選考レースの結果から順当な選出であり特段悩むことはなかっただろう。 選ばれた選手は以下の通り。 【男子】 川内優輝 福岡国際3位 2:09:11(30・埼玉県庁) 井上大仁 東京8位 2:08:22(24・MHPS) 中本健太郎 別府大分優勝 2:09:32(34・安川電機) 【女子】 安藤友......続きを読む»

【湘南アイスホッケー部】1年生トリオ1年間を振り返る

【東海スポーツ】

1年生トリオ1年間を振り返る 湘南校舎アイスホッケー部ハスキーズは3月14日の部会を皮切りに、新体制として新たなスタートを切った。 新チームが最初挑む大会は4月の関東大学選手権大会。 同大会は、秋に行われる関東学生リーグ戦で1部グループAに所属する大学8校、東海大も所属するグループBの6校、更に2部リーグの上位2校からなる計16校が戦う順位争奪戦だ。 チームは4月8日にダイドードリンコアイスアリー......続きを読む»

【特別企画~軌跡~】湘南男子バレーボール部

【東海スポーツ】

~本日卒業される卒業生の門出を祝し、特別企画『軌跡』として各部を追った記者が卒業までの軌跡を辿ります~ 男子バレー部は、今年度の卒業生11名の、最上級生としてチームを支えた1年間の軌跡を辿ったので、ぜひご覧ください。 #1 久原翼(主将・レフト)  1年時からスタメンとして出場し、4年間チームを支えてきた。  昨年の春季リーグ戦では、最上級生になってはじめて迎えた公式戦であるにも関わらず、......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~中央大学・東京国際大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

第93回箱根駅伝出場を逃したこちらの2校だが、補強面では大成功を収めた印象を受けた。 ここから箱根駅伝返り咲きをしてくるのではないかと俄然注目が集まっている。 ★中央大学 【主な卒業生】(※記録は92回大会) 町澤大雅 1区区間3位 市田拓海 3区区間16位 鈴木修平 4区区間17位 谷本拓巳 6区区間7位 相馬一生 9区区間19位 【主な新入生】 14.12.26......続きを読む»

【NCAA】2017' #MarchMadness, #Sweet16 、デューク大敗れる。

【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

全米大学体育協会男子バスケットボールトーナメント(NCAA Men’s Basketball Tournament) http://www.ncaa.com/march-madness-live/ http://www.ncaa.com/ アメリカ大学バスケの最高峰NCAAトーナメントが始まっています。 ゴンザガ大の八村塁選手は、日本人初出場した今年のトーナメント。 今日でベスト16......続きを読む»

日米野球好投ハウク率いるミズーリ大 19連勝!前回は全米準優勝!抑え1年生TJ Sikkema驚異の奪三振&無失点記録!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ついに53年ぶり最長タイ記録に並んだ!ミズーリ大学野球部は前回記録シーズン以来のカレッジワールドシリーズを狙う! 通算19連勝と1964年以来の同大学最長連勝記録に並んだ!今シーズンで見ても全米1位のルイヴィル大と並ぶ連勝記録だ。 新監督のビーザーの下、MLBドラフト上位候補で昨年日米野球の日本戦で好投したタナー ハウクを要するTigersの選手達が暴れまわる!何と敵地アラバマ大で3連戦スウィー......続きを読む»

2017年春季OP戦(東洋大×仙台大)

【北のお部屋】

■春季OP戦 東洋大グラウンド 2017/3/8 仙台大 000 000 000=0 H6 E2 001 202 00x=5 H9 E0 東洋大 仙:岩佐、岸、浅沼、海老原、稲毛田-辻本 東:山田、福山、冨岡、神田、上茶谷-西川、田中 三塁打 西川(東) 二塁打 原澤、小川(東) もう10日前の話ですが、1日に続き8日も鶴ヶ島の方へ行ってきました。お目当ては言うまでもなく、馬場皐輔(4年・仙......続きを読む»

全米No.1高校生マイケル ポーターJr.&弟 ミズーリ大学へ変更か!人生最大ミラクルの1つが!全米騒然ワシントン大HC解任劇

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

泣きそうだ。信じられないことが起ころうとしているのか!?夢ではないよな。 昨日、Mizzou Basketball Programが元Calヘッドコーチのカオンゾ マーティンの新HC就任について書いた。そして今信じられない展開が! 昨日、マーティン就任から間もなくワシントン大学がヘッドコーチのローレンゾー ロマーを解任したニュースが飛び込んできた。これによりまずミズーリ州のメディアがすぐさま反応......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~日本大学・国士舘大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

★日本大学 【主な卒業生】 石川颯真  1区区間16位 清水目大貴 4区区間15位 山﨑和麻  10区区間14位 【主な新入生】 14.17.53 竹元亮太(大牟田) 14.20.87 武田悠太郎(東京実業) 14.21.86 野田啓太(伊賀白鳳)  14.22.45 関沼和曉(白鴎大足利) 14.22.73 横山 徹(中越) 予選会では最後通過とチーム力に不......続きを読む»

首都大学東京ラグビー部2017-3

【Dream Rider  西山淳哉】

週末にOB戦を控えての練習。 この時期にしっかり選手個人とチームが目指すもののずれが少なくなる様ミーティングを重ねて行う。 同じ内容と思ってしまう事もある、でも話し、聞き、見えてるビジョン、共有できる思いは繰り返し行わなければ チームという物は構築できないと思っている。 それは、スキルの反復練習と同じ。1度聞いたから、1度話したから。ではそこに思いや意志は乗ってこない。繰り返し、継続。 「Break......続きを読む»

Cuonzo Martin Mizzouの新HC就任!7年24億円 地元セントルイスから大物高校生獲得へ!MU大復活劇待ってるぞ!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ついに大物ヘッドコーチがMizzouバスケットボール部にやってきた! 現地15日、カリフォルニア大学バークレイ校(Cal)ヘッドコーチのカオンゾ マーティン(45)がキム アンダーソンに代わるミズーリ大学の新ヘッドコーチに就任するとの発表があった。20日に大学キャンパスで関係者、ファン等に正式に紹介される。 マーティンはミズーリ州セントルイス生まれで幼少時にイリノイ州セントルイスに移った。大学は......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~山梨学院大学・明治大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

★山梨学院大学 【主な卒業生】 伊藤淑記 1区区間20位 上村純也 4区区間16位 秦 将吾 6区区間14位 小山祐平 8区区間18位 熊代拓也 10区区間20位 佐藤孝哉 1区区間10位(※92回大会) 【主な新入生】 14.25.56 黒木みひろ(出雲工) 14.29.46 志村仁夢(山梨学院) 14.31.18 安藤主税(鹿児島実業) 14.31.51 轟木太......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~上武大学・國學院大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

★上武大学 【主な卒業生】 東 森拓 2区区間17位 上田隼平 4区区間14位 森田清貴 5区区間2位 馬本 匠 6区区間16位 佐藤史弥 10区区間11位 【主な新入生】 14.43.20 西井翔馬(伊賀白鳳) 14.49.82 松本竜沙(桂) 14.56.37 山口和樹(西脇工) 初シード権が十分見えた大会となった上武大学。 これまで苦しめられていた山を5区......続きを読む»

連載第61回・チアリーディング部

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

連載第61回はチアリーディング部です! シーズン中は野球、ラグビー、アメフトを始め様々な部会の応援に大忙しのチアリーディング部。 今回は、平峯あかりさん(総1)と、為藤優さん(経2)のお二人にお話を伺いました。 ーーチアリーデイングを始めたきっかけを教えてください 平峯「私は大学からチアをはじめました。中高とダンス部に入っていて、元々興味があったチア部に仮入部へ行ってみたのがきっかけです。」......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~大東文化大学・拓殖大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

★大東文化大学 【主な卒業生】 下尾一真 3区区間6位 鴇澤駿介 6区区間6位 鈴木太基 7区区間9位 北村一摩 10区区間19位(※92回大会) 【主な新入生】 14.39.69 藤岡謙蔵(熊本千原台) 14.39.95 稻留涼斗(鹿児島実) 14.44.04 阿比留魁(鎮西学院) 最終結果は13位という順位だったが、往路18位から追い上げた力は評価できるもの......続きを読む»

八村のゴンザガ大 第1シードでNCAAトーナメント!同校史上初Final Fourへの道のりは?第2シード アリゾナ大を突破せよ!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

全米屈指の強豪がついに本物の名門校へとブランドを塗り替えるのか!? ゴンザガ大(GU)バスケットボール部は2月25日のブリンガムヤング大(BYU)でとうとう負けを喫したが32勝1敗と全米4位というランキングでNCAAトーナメントを戦うことになった。 各カンファレンストーンナメントが終わり、NCAAはトーナメント出場68校を選考。ゴンザガ大はWCC(Western Coast Conference......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~帝京大学・創価大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

★帝京大学 【主な卒業生】 内田直斗  2区区間8位 宇佐美聖也 8区区間11位 加藤勇也  10区区間19位 瀬戸口文弥 4区区間13位(※92回大会) 島口翔太郎 10区区間10位(※92回大会) 【主な新入生】 14.12.47 小野寺悠(加藤学園) 14.23.05 星 岳 (明成) 14.25.78 谷村龍生(西京) 14.28.35 日野原智也(伊勢崎商)......続きを読む»

【相模原クロスカントリー2017】試合結果

【駅伝狂の詩】

相模原クロスカントリーの観戦に行ってきました。初めてギオンスタジアムに行きましたが、千葉クロカンのような大規模なクロカンコースではなく、こぢんまりとしたコンパクトなコースになっていました。 ■ジュニア男子の部(5km) 01位 池田勘汰 玉野光南 15:08 02位 星  岳 明成 15:09 03位 西田壮志 九州学院 15:12 04位 米田智哉 大阪 15:14 05位 眞田 翼 浜松商業 ......続きを読む»

【湘南陸上競技部】日本学生ハーフマラソン選手権大会

【東海スポーツ】

東海大トップ・川端「俺がチームを引っ張る!」 3月5日、陸上自衛隊立川駐屯地から国営昭和記念公園までの21.975㌔のコースで行われた日本学生ハーフマラソン選手権大会。上位3人までに入った選手は、8月に中国・台北で行われるユニバーシアード競技大会男子ハーフマラソンへの出場権が与えられる。世界への切符をかけて東海大からは、川端千都(体3)ら37人が出場した。 レースは序盤からハイペー......続きを読む»

首都大学東京ラグビー部2017-2

【Dream Rider  西山淳哉】

熱いうちに。 鉄は熱いうちにたたく。 シーズンインしたばかりの今がとても大事な時期だと思う。 この時期に、上級生のベースをしっかり再構築し、チームとしてのベースに磨きをかける。 新入生を勧誘し、新入生が入って来てからは、少しずつまた新しいチームとなるべくそのベースの上に新しいパワーが加わる。 ベースが大事。 スキルのベーシック。 チームのスローガン。 そこに、きちっと時間をさき、チームが一丸となる......続きを読む»

首都大学東京ラグビー部2017-1

【Dream Rider  西山淳哉】

2017年シーズンも首都大ラグビー部のコーチを務めさせていただく事になりました。 2月に2017年のキャプテンと新4年とシーズンに向けてのミーティングを経て、本格的なチーム練習がスタートしました。 3月中は、しっかりとチームの方向性を新上級生で共有し、今まで積み上げて来たベーシックを再構築しつつ、昨年以上の結果を残す為にコミットする事を明確にする。 チームが同じ方向、同じ石を持っている事が強み......続きを読む»

渡邊雄太 無尽蔵スタミナ!18点でGW5連勝!Missouri大学 アンダーソン3年で解任!バスケ部新HCで大復活へ!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

MizzouはついにKim Andersonを3年で解任した!新ヘッドコーチ探しに奔走することになるMU。果たして念願のやり手大物HCを獲得できるのか!? George Washington大学の渡邊雄太は驚異のプレイングタイムでティームを支えてきたが、2月以降40分1回、39分4回、38分2回、37分1回、36分1回という信じがたいプレイングタイムでティームをけん引。13勝13敗から5連勝してい......続きを読む»

【第20回日本学生ハーフ】試合結果

【駅伝狂の詩】

ロードシーズン最終戦となる、立川ハーフの観戦に行って来ました。日差しが強くて、選手には厳しいコンディションだったと思います。 ■男子学生ハーフ 001位 鈴木健吾 神奈川大 1:01.36 002位 工藤有生 駒澤大 1:02.15 003位 片西 景 駒澤大 1:02.34 004位 下 史典 駒澤大 1:02.36 005位 橋詰大慧 青山学院大 1:02.46 006位 川端千都 東海大 1......続きを読む»

2017年春季OP戦(東洋大×明治大)

【北のお部屋】

■春季OP戦 東洋大グラウンド 2017/3/1 明治大 000 000 000=0 H6 E2 300 000 01x=4 H3 E0 東洋大 明:齊藤、水野-氷見、小野 東:飯田、福山、村上-西川 三塁打 若原(東) 二塁打 竹村(明) 月が替わって一発目に1年ぶりの東洋大グラウンドに行って参りました。水曜の事です、はい・・。 まず事前に知っていたもののスコアボードが電光掲示板に変わっ......続きを読む»

2017年春季OP戦(立教大×明治安田生命)

【北のお部屋】

■春季OP戦 立教大グラウンド 2017/2/23 明治安田生命 001 000 202=5 H 7 E1 000 030 50x=8 H11 E1 立教大 明:上田、鈴木、岡-尾嶋、道端 立:藤田、中村、江口-高田 三塁打 大東(立) 二塁打 笠井、高田(立)新城、手銭(明) 書くの遅れましたが・・、今季初観戦を1週間前にしてきました。あまり詳細を書くのもアレなので、打順や事細かな内容ま......続きを読む»

知られざる2017年ドラフト候補たち

【僕の中の大投手 諭】

このブログでは2013年頃からドラフト候補のひとりであり、ドラフト専門誌の隅っこぐらいであれば名前が載っかるけれども、一般プロ野球ファンや一般マスコミの間で話題になることは少ない選手を大学野球選手中心にあえて取り上げ、紹介していく記事を毎年上げていました。 まぁ、話題にならないということはプロを目指す選手として魅力がいまいちということですから、この記事で上げてきた選手が本当にドラフト指名されるのは......続きを読む»

【札幌校舎スキー部】インカレ男子総合準V、女子総合3位に

【東海スポーツ】

男女3選手が優勝 男子総合では準優勝に 学生日本一を争う全日本学生選手権大会が2月19日から24日まで青森県大鰐町で開催され、札幌校舎スキー部は男女合わせて3選手が優勝し、総合では男子が準優勝、女子が3位となった。 男子は、大会初日から悪天候によりスタート地点からゴール地点までが見えない最悪のコンディションのなか、アルペン・男子スーパー大回転で柿崎夢之助(国3)が見事優勝を果たした。「持ち味......続きを読む»

ダフィー 禁断の「MUとKU」ネタで炎上か!KC愛深いが...もっと学ぼう!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ダニー ダフィー。2012年に昇格以来KCで投げ続け現在はオフもKCに住むこのロイヤルズの絶対的エース左腕はカンザスシティへの愛が底知れない!愛して愛してやまないKCではあるがこの街のスポーツファンの心の奥深い部分はまだ理解できていない。 つい数日前にTwitterを開始したダフィーは頻繁にツイートしているが、その中身はいかに彼がカンザスシティを愛しているかに溢れている。オフにラジオ出演した際もチ......続きを読む»

連載第60回・アメリカンフットボール部

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

連載第60回は、アメリカンフットボール部です! 昨年は1部TOP8で5位のアメリカンフットボール部。チーム名は中大ラクーンズ。一戦必勝のスローガンのもと日本一を目指しています。今回は、4年生が引退し、新体制が始動し新チームを引っ張る佐藤将貴主将(法3)、と小泉直紀(商3)、野田篤樹(文3)、松尾昇悟(商3)の4人にお話を伺いました。 ▲左から小泉、佐藤主将、野田、松尾 ーーアメフトを始めたき......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~東海大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【主な卒業生】 石橋安孝 7区区間賞 林竜之介 10区区間7位 廣田雄希 3区区間5位(※92回大会) 土屋貴幸 10区区間13位(※91回大会) 【主な新入生】 13.52.61 名取燎太(佐久長聖) 14.01.80 塩澤稀夕(伊賀白鳳) 14.15.28 西田壮志(九州学院) 14.26.78 上村亮太(西脇工) 14.30.39 大土手嵩(小林) 未知数な......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~駒澤大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【主な卒業生】 西山雄介 1区区間6位 中谷圭佑 4区区間18位 大塚祥平 5区区間賞 広瀬 匠 8区区間10位 【主な新入生】 13.59.03 加藤 淳(西脇工) 14.04.79 吉村晃世(小林) 14.17.41 小島海斗(市立船橋) 14.17.83 小原拓未(一関学院) 14.19.48 伊東颯太(大分東明) 14.21.43 若林大輝(倉敷) 14.3......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~法政大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【主な卒業生】 足羽純実 2区区間14位 坂田昌駿 3区区間11位 生澤佑樹 5区区間10位 城越洸星 9区区間11位 【主な新入生】 14.21.42 田辺佑典(伊賀白鳳) 14.29.04 中村雅史(関大北陽) 14.30.85 糟谷勇輝(八千代松陰) 殆どの区間は耐えるレースとなったものの復路6区でルーキーの佐藤選手の快走をきっかけにシード権争いに大きく絡む......続きを読む»

アメリカ大学のスポーツ保険制度

【スポーツマネジメントクラブ - Sports Management Club】

アメリカ大学の学生選手が安全に競技を行うために欠かせない物の一つとしてスポーツ保険があります。以前「保険料とスポーツ」や「スポーツと保険のセットはいかが?」でも取り上げましたが、NCAAに加盟するにあたり各大学では①選手個人保険を持つ事、②各大学でスポーツ保険を持つ事の2つを義務図けています。ただ、首の怪我など後遺症が残る物に関しては①②でカバーしきれないので、NCAA独自に保険制度があります。それ......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~日本体育大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【主な卒業生】 小松巧弥 1区区間13位 秋山清仁 6区区間賞(区間新記録) 小野木俊 10区区間2位 大手敬史 7区区間16位(※91回大会) 山本航平 9区区間11位(※91回大会) 【主な新入生】 14.18.23 池田耀平(島田) 14.22.48 岩室天輝(大牟田) 14.28.97 小松直生(水島工) 安定感が売りの日本体育大学だが、今回の4年生は爆......続きを読む»

【第67回八王子駅伝】試合結果

【駅伝狂の詩】

遅くなりましたが、八王子駅伝を観戦して来ました。天候、気温に恵まれ、最高のコンディションだったと思います。選手にとっては、日差しがきつかったでしょうか。 ■大学の部 01位 創価大学B 1:01.34 02位 創価大学A 1:01.35 03位 日本体育大学A 1:02.16 04位 中央大学C 1:02.52 05位 亜細亜大学A 1:03.23 06位 中央大学B 1:03.26 07位 亜細......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~中央学院大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【主な卒業生】 海老澤太 7区区間6位 村上優輝 10区区間3位 海老澤剛 9区区間6位(※92回大会) 久保田翼 10区区間14位(※91回大会) 【主な新入生】 14.13.74 髙橋翔也(市立船橋) 14.18.83 戸口豪琉(武蔵越生) 14.19.93 中野皓上(中央学院) 14.26.72 川﨑耕平(鶴崎工) 14.28.62 宮田諄一(水城) 意......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~神奈川大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【主な卒業生】 東 瑞基 4区区間8位 中平英志 7区区間4位 中神恒也 10区区間15位 【主な新入生】 14.15.26 成瀬隆一郎(大牟田) 14.16.87 井手孝一 (鳥栖工) 14.33.92 平塚翔太 (愛知) 14.35.64 杉本康平 (宇和島東) 14.35.80 北崎拓矢 (関大北陽) 14.36.08 原塚友貴 (西脇工) 14.38.13 山......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~順天堂大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【主な卒業生】 西澤卓弥 1区区間15位 甲斐智樹 8区区間7位 聞谷賢人 9区区間3位 作田直也 10区区間賞 森 湧暉 6区区間14位(※92回大会) 【主な新入生】 14.16.43 清水颯大 (洛南)  14.18.74 野口雄大 (市立柏) 14.23.66 多久和能広(平田) 14.28.62 宮田諄一 (水城)  14.29.98 高橋 響 (秋田工) ......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~早稲田大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【主な卒業生】 武田凛太郎 1区区間3位 平 和真  3区区間2位 鈴木洋平  4区区間3位 井戸浩貴  7区区間3位 佐藤 淳  6区区間6位(※92回大会) 【主な新入生】 14.04.54 宍倉健浩(早稲田実業) 14.17.50 吉田 匠(洛南) 14.19:37 渕田拓臣(桂) 全日本駅伝ではアンカーまで首位を守り、箱根駅伝では先行を許したにも関わらず往......続きを読む»

Cを背負う者番外編・スケート部

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

金子将太朗(法2) 悔しさを胸に  三冠を逃したあの日、人一倍悔しさをにじませた選手がいた。中大の絶対的守護神、金子将太朗(法2)だ。彼は1年次から中大のゴールを守り、チームの勝利に貢献してきた。金子は身長170㌢とゴールキーパーとしては決して大きくはない。しかし、小さいなりの戦い方を彼は知っている。1対1の場面になると前に出て相手との距離を詰める。前に出ることでシュートコースを限定し、セーブの......続きを読む»

Cを背負う者番外編・男子ソフトボール部

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

門馬邦治(経1) 挫折を糧に  4年生が引退し、新体制となって初の公式戦は5位と悔しい結果に終わった男子ソフトボール部。そんな中、収穫は1年生ながら4番を務めた門馬邦治(経1)の活躍だ。負ければ入替戦の日大戦で適時ニ塁打を放つなど勝負強さを発揮。プロ野球の応援歌をイメージしながら打席に入るルーティーンが気持ちを楽にするそう。   ▲日大戦適時二塁打を放ち打球を見上げる門馬  小4からリトルリ......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~東洋大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【主な卒業生】 服部弾馬 1区区間賞 口町 亮 3区区間3位 櫻岡 駿 4区区間4位 橋本 澪 5区区間12位 【主な新入生】 13.54.16 西山和弥 (東農大二) 13.54.25 大森龍之介(佐野日大) 14.06.38 飯島圭吾 (山梨学院) 14.14.35 浅井崚雅 (一関学院) 14.15.73 吉川洋次 (那須拓陽) 14.19.26 大澤 駿 (山......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~青山学院大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【主な卒業生】 一色恭志 2区区間3位 秋山雄飛 3区区間賞 池田生成 9区区間2位 安藤悠哉 10区区間4位 村井 駿 6区区間2位(※91回大会) 茂木亮太 出雲駅伝4区区間2位 【主な新入生】 13.50.67 吉田圭太(世羅) 13.59.14 神林勇太(九州学院) 14.06.39 岩見秀哉(須磨学園) 14.16.44 市川唯人(伊賀白鳳) 14.21......続きを読む»

Cを背負う者番外編・バレーボール部

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

大西徹(総4) 最高の一瞬 ▲引退試合、クイックを放つ大西  「きつかったです」。大西は、自身の大学4年間をこう振り返った。全日本インカレ三連覇という、素晴らしい結果を残した中大バレーボール部。華やかなスター選手がコートをいろどる。しかし、バレーボールでスタメン出場できるのは7人、交代枠も限られる。大きな才能の裏で陽の目を見るときを待つ選手も多い。  大西が初めてベンチに入ったのは、4年......続きを読む»

Cを背負う者番外編・射撃部

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

清水春香(文2) 憧れを超えて  清水は高校1年次にライフル射撃と出会った。競技を始めて5年目となった去年、ARで国体6位、インカレでも8位に入賞した。しかし、その活躍はインカレ同種目で優勝した高野こえだ(商3)の影に隠れてしまった。 ▲インカレ団体の表彰式。中央左が清水、その右が高野  一昨年は「緊張で自分をコントロールできなかった」。大会で結果を残せず苦しい思いもした。そのにがい経験を......続きを読む»

打倒・青山学院に各大学が名乗り

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

第93回箱根駅伝が終わって約1ヶ月。 優勝を狙うチームは早くも箱根駅伝が終わった翌日から練習をスタートさせた。 4月になれば新入生が加入し、チームも新しく生まれ変わる。 連勝街道を突き進む王者・青山学院にストップをかけるため、多くのチームが「打倒・青学」を掲げている。 来季は今回よりも強力な青学包囲網が形成されることは必至だ。 中でも、93回大会2位の東洋大学の気迫が凄まじい。 ......続きを読む»

2017年度の主役は誰になるのか?

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

毎年、大学陸上界には自他共に認めるエリートランナーが台頭し、その年は彼らを中心にトラックシーズン、そして駅伝シーズンに入っていく。 今年で言えば、青山学院大学の一色恭志選手、東洋大学・服部弾馬選手、駒澤大学の中谷圭佑選手がそのポジションに当てはまった。 昨年なら青山学院・神野選手や久保田選手、東洋の服部勇馬選手、中央学院・潰滝選手が。 2年前なら駒澤・城西の村山ツインズ、明治の最強世代な......続きを読む»

日本の実力者が集った丸亀ハーフ2017

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

実に見応えのあった今回の丸亀ハーフ。 実業団や大学から多くの実力者が集っただけではなく、ナイキ・オレゴン・プロジェクトに所属する大迫傑選手が大学以来となるハーフマラソンに参加。 大学卒業後はトラックを主戦場とし、リオ五輪5000・10000メートルの日本代表ランナーのエントリーは大会前から注目度が違っていた。 そして、やはり今大会は彼を意識してレースをしていた選手が多かったように感じた。......続きを読む»

【第39回神奈川マラソン】試合結果

【駅伝狂の詩】

神奈川ハーフの観戦に行って来ました。強風とホコリでおなじみの神奈川ハーフですが、今年は程良い気温に加え風もなく、絶好のコンディションでした。雨の心配もありましたが、大きく影響するほどの雨ではありませんでした。 ■ハーフ大学男子 01位 竹下和輝 東洋大 1:02.41 02位 ムソニ ムイル 創価大 1:02.41 03位 森田歩希 青山学院大 1:02.46 04位 橋詰大慧 青山学院大 1:0......続きを読む»

ゴンザガ大1位独走決定的! 八村塁3点!渡邊は?NCAAは史上初2,3位等トップ10中6校が同日敗退!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

NCAAバスケットボールに激震が走った!ある意味NBAよりも人気が高い大学バスケットボールの理由がここにある! 番狂わせの少ないバスケットボールで史上初6校のトップ10大学が同日に敗退した。しかも2位カンザス大、3位ベイラー大、7位ウェストヴァージニア大はホームでの敗戦。カンザスはホームでの連勝記録が54でストップした! Big12カンファレンスがこの日最大の衝撃であった。全米2位のカンザス、3......続きを読む»

快走してくれ!!箱根駅伝・復路!!

【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

たいへん遅くなりましたが、箱根駅伝の復路は どうなったのか?見ていきたいとおもいます。 復路はズバリ、こうなりました。 6区:中島/区間8位 7区:石橋/区間賞 8区:春日/区間5位 9区:川端/区間5位 10区:林/区間7位 総合:10位 上級生たちが奮闘し、復路はすべての区間で 一桁順位!!石橋に至っては区間賞ですよ!! 東海大の区間賞は村澤以来ですかね? まずはルーキー・中島が落ち......続きを読む»

青山学院黄金時代はいつまで続くのか?

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

第93回箱根駅伝では青山学院大学が史上初の大学3冠&箱根駅伝3連覇の同時達成という快挙を成し遂げた。 山の神・神野選手や92回大会1区区間賞の久保田選手などエース級が抜けても優勝候補の本命として挙げられ他校からのマークも例年以上だったかと思うが、それでも勝ちきれるチーム力・総合力には脱帽した。 来季も5000メートル13分台ランナーや実績のある選手たちが入る見込みであり、高いチーム力、厚い......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~関東学生連合~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

関東学生連合はオープン参加の為、総合成績や順位、個人記録など全て参考扱いとなる。 それでも、10区を走った東京国際大学の照井選手がこの区間で誰よりも速く走り、幻の区間賞を獲得。 日本薬科大学の桜庭選手が6区、武蔵野学院大学の藤井選手が7区を走ったことで大学初の箱根駅伝ランナーも生まれた。 実際に走ることはできなかったが、補欠には東大生ランナーの近藤選手もいたことで多くの話題を呼んだ今回の......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~国士舘大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

3年ぶりに臨んだ箱根駅伝は20位と国士舘大学にとってまたしても厳しい現実を叩きつけられることになった。 90回大会では22位だったものの途中棄権の山梨学院大学を除けば最下位。 2区で20位に沈んでからは順位を1つも上げることができず、箱根を終えた。 シード権獲得を目標に予選会からタスキを持ちこみ、今回のレースにかける想いは強かった。 だが、それだけで勝てるほど箱根は甘くない。 シード......続きを読む»

八村塁のゴンザガ大が大学史上2度目の全米No.1に!渡邊雄太は絶大な信頼を得てゴール下でも大奮闘!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

八村塁はやはりとんででもない大学に進学したことを実感している!渡邊雄太は完全にGWで最大の信頼を得てティームNo.1のプレイングタイムで大奮闘している! Gonzaga Zags(ゴンザガ大学)は12-13シーズンで同大学史上初の全米No.1となり3週間その座をキープした。そして今シーズンは22勝0敗で前週3位からついに全米No.1に上り詰めた!前週1位のVillanovaとNo.2のKansas......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~日本大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

予選会最終通過からのスタートとなった日本大学。 箱根駅伝では下克上の気持ちで挑んでいたはずが、往路でアドバンテージを生かせず、復路でも苦戦した。 前回も往路でシード圏内で終えたにも関わらず、復路で失速しシード落ち。 今回は更に悪い流れとなり、改めてエース力に頼り過ぎた影響を感じさせた。 1区石川選手が今回の箱根駅伝に挑む際「自分が2区を走れないとすれば、1区を走れる選手が台頭してこ......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~明治大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

1年でのシード復帰ならず。 前回に比べエース不在の影響は大きく、全員が区間2ケタでレースを進めることとなってしまった。 予選会では2位通過と個々の走力の高さを証明したが、本番では想定していた選手やオーダーを起用できず悪い流れを引きずってしまった。 名門だからこそ、箱根駅伝にかける思いは強い。 しかし、その気持ちが強すぎるがあまり、走りや気合が空回りしてしまっていた。 一度落ちてしまっ......続きを読む»

【第15回奧むさし駅伝】試合結果

【駅伝狂の詩】

例年通り、年明け一発目の観戦は、奥むさし駅伝になりました。さすがに東飯能まで行くと、一段と冷え込みが厳しくなりますね。 ■一般の部(総合成績) 01位 東京国際大A 1:54.50 02位 警視庁 1:55.42 03位 駿河台大A 1:56.46 04位 中央大A 1:57.39 05位 コモディイイダA 1:58.00 06位 東京国際大B 1:58.07 07位 関東学院大B 1:58.24......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~山梨学院大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

エースの爆発力と主力の成長。 今季の山梨学院大学は間違いなく強力なチーム力を誇っており、優勝候補にも挙げられていたほどだった。 しかし、終わってみれば総合17位とまさかの結果。 主力がインフルエンザにかかり、走った選手たちも悪い流れを引きずり、本来の力を発揮できずに箱根が終わってしまった印象だった。 優勝を狙うにはあまりにも理想とかけ離れたレースに指揮官、選手たちの表情は暗かった。 ......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~國學院大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

2年ぶりの箱根路は16位と奮わなかった國學院大學。 1区の細森選手、2区の蜂須賀選手以外は全員が箱根駅伝未経験というところもあり、できる限り序盤で有利な展開に持って行きたかったが、苦しいレースとなり3区以降も浮上のきっかけを作ることができなかった。 箱根予選会では全員が安定した成績を残していたものの駅伝となれば何かを変える選手がいなければ悪い流れは断ち切れない。 経験面、走力面で足りない......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~上武大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

十分に狙えた、チャンスは大いにあった。 9度目の挑戦にして確かに上武大学初シード権獲得のストーリーは出来つつあった。 しかし、最終的には選手層の脆さが出てしまった。 攻めのレースでシード圏内に食い込んだ往路とは対象的に復路では順位を上げることが出来ず、15位。 5区をアドバンテージとし、流れは傾いていたと感じたが、やはり箱根駅伝は難しい。 昨年までの距離ならばもしかしたら、大きなリー......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~拓殖大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

過去最高順位でのシード権獲得を。 そう誓い挑んだ箱根だったが、結果は14位と無念の結果に終わってしまった。 全日本駅伝では8位ともう少しでシードに迫るレースを見せ、勢いと自信を感じさせたが、箱根駅伝では10人戦える選手を揃えることが難しい。 エースが力走を見せた一方で区間下位に沈んだ区間もあり、リードを生かすこと、流れに乗ることができなかったことが悔やまれる。 選手層の薄さ、地力などが......続きを読む»

女子卓球部・全日本卓球選手権大会

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

1月16日~22日 東京体育館 女子ダブルス 大健闘のベスト4  リオ五輪メダリストの石川佳純(全農)、伊藤美誠(スターツ)らが一堂に会して行われる全日本卓球。中大勢では、女子ダブルスで山本怜(文3)・明神佑実(文3)組が快進撃を見せた。1984年度大会、橘川・斉藤組(富士短大)以来の大学生同士ペアとしての優勝は逃したものの、堂々のベスト4入りとなった。 ▲準々決勝での山本(左)と明神   ......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~大東文化大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

13位で今回の箱根駅伝を終えたのが、予選会トップ通過の大東文化大学。 結果としてシード権獲得にはならなかったもののチーム力の高さを感じさせた。 往路18位と奮わずトップと11分44秒差の開きがあった為、一斉スタート組での復路のレースとなったが、それでもここまで追い上げることができた。 苦しい展開でも気負わず、諦めず、ひたすらに前を追う上級生の強さが光った大東文化らしい大会だった。 ......続きを読む»

第22回全国都道府県対抗男子駅伝結果

【北のお部屋】

■第22回全国都道府県対抗男子駅伝 ●前回優勝タイム 愛知 2:20:12 ■結果 1 長野 2:19:09 2 福岡 2:19:28 3 愛知 2:20:31 4 京都 2:20:37 5 静岡 2:20:51 6 群馬 2:21:03 7 東京 2:21:18 8 新潟 2:21:29 ■1区7.0キロ 松岡 佑起 京都 洛南高 2003/佐藤 悠基 長野 佐久長聖高 2005 19:5......続きを読む»

これ日本人打者じゃない?

【僕の中の大投手 諭】

MLB殿堂入り選手が発表されましたが、今回もエドガー・マルティネスは届かなかったですねぇ…もうほとんど無理っぽい雰囲気になってきたのが悲しいところです。ホフマンやゲレーロなら次回あたり殿堂入りしそうな感がありますけれどね。 でもティム・レインズだって、名選手には違いないが選手人生後半の衰えが急激なこともあって殿堂入りは微妙かなぁ?と思っていたのが、今回資格最終年でギリギリの殿堂入りでしたから、最後ま......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~創価大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

予選会3位通過の実力は決して伊達ではなかった。 91回大会で初出場を果たした創価大学だったが結果は最下位と箱根駅伝の難しさを身を持って知った。 しかし、そこから2年後、彼らは格段に力をつけた。 かつてエースとして主将としてチームを引っ張った創価大OBの山口選手は、入学当初チームの環境や練習への取り組み方を見て「これが箱根駅伝を目指すチームか」と悪い意味での衝撃を受けたという。 今季の4......続きを読む»

ラグビー日本選手権からの大学枠撤廃はラグビー界レベルアップの証

【スポーツ えっせい】

 今日の新聞に来シーズンからラグビー日本選手権の大学チームの 出場枠を撤廃するという記事が載っていた。  自国開催である19年W杯での代表チームを強化する柱であるサン ウルブスのスーパーラグビーへの準備期間と、選手の休養を確保する ためというのが最大の理由のようでようやくラグビー協会も日本代表 をトップに据えた強化に本腰になったと言える。  ラグビー日本選手権といえば1月15日の旧成人の日に社会......続きを読む»

  • ブログを作る - 新規ブログ開設
  • ブログを書く - ログイン画面へ

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

注目タグ

スポーツナビ最新コラム

rss