蹴鞠談議2

ファジアーノ岡山VS水戸ホーリーホック「ホーム3連勝なるか」

このエントリーをはてなブックマークに追加

●山陽新聞予想スタメン

チアゴ
妹尾(石原)・臼井(キム)
小林・千明(竹田)・キム(竹田)・沢口
植田(近藤)・後藤(ストヤノフ)・近藤(後藤)
真子

●リザーブ予想

GK:中牧
DF:一柳・竹田
MF:ストヤノフ(仙石)・石原
FW:白谷・岸田



●水戸前節スタメン

常盤・遠藤
島田・小池
村田・西岡
保崎・尾本・塩谷・岡田
本間

●前節リザーブ

GK:小野
DF:代
MF:ロメロ・小幡・小澤
FW:神村・岡本

●前節途中交代

常盤→神村、遠藤→岡本、西岡→代

●注目選手

☆チアゴ

3試合連続得点なるか。
得点ランキング一位になれるか注目の試合。
今や、チアゴ無しでは攻撃は成り立たない。
彼の存在は、かなり大きい。
この試合でも活躍に期待したい。

☆キム

前の試合は、雨で持ち味を出せなかった。
この試合では、持ち味を発揮して得点をあげたい。
高いキープ力からチャンスを演出して欲しい。

☆小林

精度の高い左足は大きな武器。
今季は、劇的ゴールが多い。
まだ、綺麗なゴールこそないが、アシストを記録する等、冷静に状況を見る事ができる。
この試合でもその落ち着きを発揮してゴールやアシストを決めて欲しい。

☆真子

前節PKを献上してしまったので、この試合では良いプレイをして欲しい。
それ以外のシーンでは、安定していたし、調子が悪い訳ではない。
真子が頑張れば自ずと勝利が近づく。

★本間

水戸歴の長いGK。
経験豊富で、その経験に裏打ちされたプレイで、相手のシュートを防ぐ。
非常に安定したGK。
水戸の事を知り尽くしており、後ろからチームを鼓舞する。
彼の守るゴールを破りたい。

★小池

浦和と草津を経て水戸にやってきた選手。
その色々なポジションもできる選手。
特に攻撃的ポジションなら実力を発揮する事ができる。
攻撃的MFでの出場が濃厚で彼には注意したい。

★常盤

身体の能力の高いFW。
2年目ながらその期待度は11番をつけている事が示す通り大きいものがある。
ゴールを決められたらバク転のパフォーマンスをする事で有名。
出来れば見たくない。
そのために彼を抑えたい。

★尾本

横浜FM、草津を経て今季から水戸入りした選手。
若い選手が多い中ベテランとも言える選手で、最終ラインをまとめる。
経験を活かした守備で、守備に安定をもたらす。
彼の壁を破ってチャンスと作って得点を奪いたい。

●プレビュー(水戸側)

ここまで3勝4分3敗の勝ち点13の11位。
得失点差は、-2の9得点11失点。
鳥栖戦で5失点がある事を考えるて差引すると6失点。
守備は、安定していると言える。
栃木、湘南に引き分ける等、勝負強さが光る。
開幕前の評価では、苦しい戦力だったが、ここまで頑張っている。
有名な選手こそいないが、高い組織力からチャンスを作っている。
攻守共に機能しており、監督が熱血な事があって、戦う集団になっている。
まだまだ上位に進出できるチャンスがある。
1試合1試合を大事にして、少しでも上の順位を目指したい筈である。
アウェーでは、まだ勝ちが無い様だが、アウェー初勝利なるか。

●プレビュー(岡山側)

ここまで3勝3分4敗の勝ち点12の14位。
得失点差は、-3の13得点16失点。
前節徳島に劇的同点ゴールで追いついた岡山。
ホームでは未だ負けなしで2連勝中。
前のホームでの試合では、J2参戦以降初の3点差での勝利。
状態は良いと言っても良い。
ストヤノフ抜きで2試合連続で戦っているが、守備面では調子が良い。
前節2失点こそしたが、2失点の内1失点はPK。
悪くはない。
そう考えると、山陽新聞予想スタメンのDFラインも見てみたい気もする。
そうすると、ストヤノフの攻撃面でのプレイが見えなくなる。
その辺りを監督がどう考えるかであるだろう。
確かにストヤノフが出ていない試合の方が成績は良いのも事実ではある。
3-6-1の完成度も試合を重ねるごとに良くなってきている。
チアゴとキムのフィットが大きい。
特にチアゴはここまで得点ランキング1位タイ。
得点だけではなく、ポストプレイも出来ているし、チアゴの存在は大きい。
この試合では、彼のプレイが勝敗を左右するだろう。

●プレビュー(相互)

通算対戦成績は、岡山の1勝1分3敗。
岡山が大きく負け越している。
しかし、昨季水戸相手に1勝1分と負けはない。
今季は岡山が3バックを導入した事で、どっち転ぶか分からない試合と言える。
水戸も選手が引き抜かれたり、監督が変わったりしているが、システム的にも大きな変化が無いと言える。
そういった事を考えるとどういった展開になるか楽しみな試合である。
水戸には有名な選手がいない中、ここまで順位につけているのは素晴らしい。
そういった水戸相手に岡山がどれだけ出来るか注目すべき点ではある。
まだ、若く不安定な側面があると思うので、特にアウェーだと持っている力をなかなか発揮できないんじゃないかと思います。
岡山も同様でホームでは、勝っていますが、アウェーではなかなか勝てない。
そういった意味では似た様なチームの対戦と言えるかもしれません。
順位でも近いですし、そう言えるのではないでしょうか。
実力の均衡した面白い試合が見えるのではないかと楽しみにしています。

岡山から世界へ 
To Be Continued

by杉野雅昭

まだまだ未熟なので、おかしい点があるかもしれないので、反対意見歓迎ですし、間違いなどありましたらご指摘などのコメント宜しくお願いします。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2011年ファジアーノ岡山
タグ:
ファジアーノ岡山
水戸ホーリーホック
プレビュー
注目選手

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ファジアーノ岡山VS水戸ホーリーホック「ホーム3連勝なるか」

☆fagianofunさま

コメント有難うございます。

チアゴとキムの加入は大きかったですね。
今後も彼らの持ち味を発揮させる事ができれば、中位を十分目指せると思います。
小林は、好調ですね。
この調子で頑張って欲しい。
キムは、合流当初より、大分良くなってきましたね。
これからの活躍が楽しみです。

天気が心配だが

ポンチョを持って行きます!キムとチアゴの加入で確実に戦力アップで中位に行く力のチームになったし、小林のプレースキックの精度など他のメンバーの力やチームワークなども上がってますね!今回はキムに期待!トップ下も試してるみたいなんで更に日本のサッカーに慣れたらゴール、アシストも増えるでしょう!

こんな記事も読みたい

ペドロ ジュニオール退団【青赤が好きだから 〜相変わらず素人目線〜】

後編。「3-4-3 ダブルボランチ型」を機能させるにはどうしたらいいの?【FCKSA66】

ガンバサポに捧げる歌【「読裏クラブ」のワンツー通し】

徳島ヴォルティスVSファジアーノ岡山「厳しいピッチコンディションながら、両チーム合わせて4得点の点の取り合いになるが、終了間際の劇的同点ゴールで引き分ける」【蹴鞠談議2】

徳島ヴォルティスVSファジアーノ岡山「好調徳島相手にどれだけできるか、昨季の再現で連勝目指す」【蹴鞠談議2】

ファジアーノ岡山VSギラヴァンツ北九州「戦術チアゴの輝きと課題の見えた試合」【蹴鞠談議2】

ファジアーノ岡山VSギラヴァンツ北九州「好調北九州相手にホーム無敗を継続できるか」【蹴鞠談議2】

コンサドーレ札幌VSファジアーノ岡山「退場者が出ながら善戦するも今季初の連勝ならず力尽きる」【蹴鞠談議2】

ブロガープロフィール

profile-iconsoccer11111

初めまして杉野雅昭と申します。
サカつくをきっかけにサッカー好きになりました。
2002年以来のサッカーファンです。
日本代表やJリーグに興味あります。
2008年以降は、ファジアーノ岡山のサポです。
昔はジェフも好きでした。
海外はバルサです。
何かあれば、こちらまで。
sugi8823アットhotmail.co.jp
アットの部分を@にして下さい。
  • 昨日のページビュー:109
  • 累計のページビュー:2753431

(10月20日現在)

関連サイト:ツイッター

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. J2戦力分析2017
  2. J2順位予想2017
  3. J1順位予想2014
  4. J2順位予想2013
  5. J1順位予想2017
  6. J2順位予想2014
  7. 2014年J1順位予想の結果
  8. 2016年J1・J2・J3順位予想の結果
  9. J2順位予想2016
  10. J1戦力分析2017

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
2006
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss