m_maruのエスパルス観戦日記

清水エスパルスを中心とするサッカーに関する備忘録。

shuttlenk

関東在住サポ。スカパー観戦が主で、たまに近郊のアウェイ(等々力とか)に観戦に行ってます。 もっと見る
  • 昨日のページビュー:6129
  • 累計のページビュー:1960780
  • (12月11日現在)

最新の記事

難易度Aの監督探し

前から常々思ってたことなんですが,監督の解任って,その後任に前よりも良い監督を連れて来れて初めて「成功」って言えると思うんですよね。 その意味で,小林監督の解任が発表された時,その方針には大筋で賛同しつつも,「今から探してちゃんとした監督を連れて来れるのか?」という点はかなり不安でした。 その理由は3つあります。 1 監督に求められる資質 清水というクラブの性質上,①若手を育成しつつ,②良い成績(......続きを読む»

最初に見直すべきは監督よりも強化部

神戸戦,劇的勝利&残留おめでとうございます。しょうもないミスから綺麗なカウンターを喰らって0-1になった時は,早くも勝利を諦めかけましたが,北川のFK弾をきっかけにここ一番での反発力を見せてくれました。思えば,昨年のセレッソ戦の同点ゴール,今年の甲府戦のターンからのゴール,セレッソ戦の2得点など,北川のゴールはどれも印象的なものが多いですね。北川,金子,松原といった若手選手の成長は,今季の数少ない収......続きを読む»

ま た 二 見 か

2失点目のファールも不用意極まりなかったけど,それ以上に許せないのは1失点目の守備ですね。 相手のなんでもないハイボールに目測を誤って,慌ててヘディングに行くものの触れもせず簡単に入れ替わられて,そこから綺麗に浮き球のアシストパスを出されて…。 せっかく前半を今季一番の内容で終えて,後半も途中まで耐えてもう少しで勝利が見えてきそうという段階で,あんな素人レベルの醜態を晒してしまうとは。 自分がチー......続きを読む»

J2仕様の戦い方

 昨日の札幌戦を観ていても思ったんですが,今のエスパルスって,特に(1)ボールの奪い方,(2)奪ってから相手側の陣地に運んでいくところ,の2点に大きな問題を抱えているように思います。  まず,(1)について。小林監督の守備戦術って,前から積極的にボールを奪いに行くというよりは,しっかりと守備ブロックを整えることを優先して,相手のミスをひたすら「待つ」という作戦ですよね。  J2だと,相手のビルドア......続きを読む»

ここからチームは上向くのか?

 残留争いのライバルである甲府にはなんとか勝ったものの,上位相手には軒並み完敗。広島・大宮との下位連戦も1分け1敗の上内容も乏しく,もう息も絶え絶えと言った感じの我がエスパルスですが,個人的にはこれだけ主力が欠けてればこんなものなのかなと。今年はDAZNマネーの影響もあって,各チームの戦力が例年より高いレベルにある気がしますし,明確にエスパルスより選手層が劣るのって18位の新潟くらいじゃないですか......続きを読む»

我慢大会(◯1-0甲府)

甲府戦,勝ちましたね。リーグ戦での勝利は4月8日の第6節柏戦以来ということで,実に10節・2ヶ月半ぶりの歓喜となりました。パチパチパチ。 試合展開はというと,序盤は甲府がウィルソンをDFラインの裏&サイドに走らせて起点を作って,そこからサイドに落としてクロスということで,相手の方がやりたい攻撃の形がハッキリしていて,得点の可能性を感じました。対する清水の方は,選手の自主性…といえば聞こえは良いです......続きを読む»

フレイレ賛否両論(△3-3浦和)

・浦和の3点目 https://www.jleague.jp/video/detail/5286/ 1)興梠,楔を受けるフリをしてスルー 2)フレイレ,目の前を通り過ぎるボールに気を取られ,興梠から一瞬目を離す 3)関根がボールを受ける 4)興梠,関根がボールを受けたのを確認してスプリント開始 5-1)フレイレ,興梠を見失いつつも,関根からのパスを警戒して後ろに下がる 5-2)↑とほぼ同時に,......続きを読む»

ミスマッチ(●0-3仙台)

ルヴァン杯はともかく、リーグ戦まで3失点の完敗というのはさすがに予想の斜め上でした。 いや、こう言っちゃあれですけど、仙台ってJ1の中じゃ特別強いチームじゃないですからね。選手の個も組織も、良くも悪くも平均的。 その相手にこの結果というのは、選手やレフェリーの問題も勿論あるんでしょうが、やっぱ戦術の問題もかなり大きいのでは…と思ったり。 とりあえず気になるのは下記の2点。 1.オフェンス面 以前の......続きを読む»

パス1000本繋がれたけど同点でした(△2-2川崎)

なにげに今季初観戦。前半は文句なし。でも後半途中からは一方的な虐殺モードで,あのまま負けてたら当分立ち直れないくらいの精神的ダメージを負っていたと思われます。しかし,チアゴの一発がどん底から救ってくれました。相手が勝利を確信してチャントとか歌いだしてた時間だったので,尚更痛快でしたね。 コンパクトな守備から狙い通りにカウンターで先制するものの,徐々に防戦一方になって,同点から一気に逆転を許すという......続きを読む»

予想外(●2-3鹿島)

1つ目の予想外は後半途中までの試合展開。J1王者&クラブW杯準優勝の鹿島の圧力は、今までに対戦した3チーム(神戸、広島、新潟)よりも確実に上でしたが、そんな相手に粘り強い守備から数少ないチャンスを生かして先制、その後も守備の集中を切らさずにカウンターから追加点と、王者を「カタに嵌め」て勝利する一歩手前まで迫ってましたからね。 まあ、鹿島サポの方やスポーツライター()の方からすれば、鹿島の逆転......続きを読む»

J1の洗礼(●0-1神戸)

待ちに待った開幕!J1での戦いを観るのは久しぶりでしたが、相手プレス時の寄せの速さや、一瞬の隙が即失点に繋がる緊迫感があって、J2とは比べ物にならないくらいヒリヒリした試合で面白かったです。テレビの前で観ているだけなのに、なんだかグッタリ疲れました(笑)。 ・神戸普通に強かった 大枚はたいて外れ外国人を獲ってくるのがデフォだったかつての神戸の面影はどこへやら、各ポジションに上位レベルの日本人選手を......続きを読む»

竹内涼の攻撃力

最近、エスパルスの竹内が好調でサポーターの評価を上げているようなので、去年書こうと思ってたネタを今更ながら投稿します。 元々、某有名ブロガーさんに「中村憲剛二世」なんて呼ばれていたくらいパスセンスに秀でた選手で、ゴトビ時代からその才能の片鱗を見せてはいたものの、ボランチとしてそこまで絶対的な存在という訳でもありませんでした(むしろ、人によっては本拓の方が評価が高かったり)。 そこで、2016年に竹......続きを読む»

さよなら元紀

0.はじめに 鹿島の小笠原,横浜FMの俊輔,G大阪の遠藤,川崎の憲剛,広島の寿人,鳥栖の豊田…。強いチームにはそれぞれ,チームの「顔」≒「レジェンド」と呼べる選手がいて,卓越したスキルとリーダーシップによりチームを引っ張っています。対するエスパルスには,澤登氏の引退以降,そのような象徴的な選手が現れていません。 そんな中,大前元紀という選手は,技術的にも精神的にも,エスパルスの新たな「レジェンド......続きを読む»

J1への帰還

気が付けば今年も残り僅かとなったところで、簡単な振り返りを。 最後は劇的な9連勝により自動昇格圏への滑り込みを果たし、見事1年でのJ1昇格を成し遂げたエスパルス。 J2での戦いは試練の連続でしたが、攻撃陣は怪我人と引き換えに新たなヒーローが次々と誕生し、守備組織もリーグ戦が進むにつれてだいぶ安定してきて、最後の方は「どうせ今日も複数得点で勝つんだろ」と安心して見ていられました。 結果的には、以前よ......続きを読む»

ここからは茨の道

ククククク・・・ そうか、あと勝ち点3詰めれば自動昇格か・・・ しかし兄さん・・・ その3点がいばらの道なんよ。 兄さんのやわな足じゃ・・・ まず通りきらん・・・! ククク・・・ ・・・という訳で、早いもので、J2リーグ戦も残り僅か5戦となりました。 プレーオフ圏内はほぼ確定したものの、自動昇格圏内に入るには大型連勝+松本のやらかし待ちということで、なんともやきもきする状況が続いておりま......続きを読む»

完敗!

「守備の出足の速さ」「1対1の球際の強さ」の両方とも、今までの相手とは段違いでしたね。松本山雅は。多分、守備に関しては首位の札幌よりも上で、J1でもそこそこやれるんじゃないかと思いました(そう思わないとやってられない)。ピッチコンディションがとか、枝村の怪我がなければとかエクスキューズはあるものの、そういうレベルの話でもなかったような。まあ、早い時間帯での失点がなければもう少し拮抗した試合になったと......続きを読む»

枝村の代役は?

水戸戦、劇的勝利でしたね。o(^▽^)o 自分は試合時間を勘違いしてたため、スカパーオンデマンドに繋いだら1-1で時間表示が91分過ぎてて、一瞬「これは過去の試合のハイライトか何かかな?」って思ったけど相手水戸だし、ようやく事態が飲み込めて時間殆どねーじゃんやべーじゃん!と焦ってたらラスト1プレーでビョンのヘディングが決まって、そこからは一気にテンション上がって絶叫して、何だか夢でも観てるみたいで......続きを読む»

まだエスパルスで消耗してるの?〜2015年個人的反省会

どうもご無沙汰してます。タイトルは何となく使ってみたかっただけで深い意味はありません(笑)。  残念ながら,J2降格という結果でリーグ戦を終えることになったエスパルス。自分としても彼らの戦いぶりに色々思う所はあったのだが,シーズン中はネガティブ論調は一応自粛,かつ以前よりエスパルス熱が冷めてブログを書くモチベーションも低下ということで,結局ほとんどのアイディアは塩漬け状態になっていた。  さすがに......続きを読む»

大榎監督の辞任を受けて

先週の大榎監督の辞任を受け,本来ならこの1年間の総括的な記事を書こうと思ってたんだけど,色々考えた末にやめとくことにした。いずれまた機会があれば。 とりあえず,大榎監督,1年間お疲れさまでした。 プロの監督として結果を残せなかったことは事実ですが,それでも貴方がこのクラブにとって,かけがえのないレジェンドであることには変わりありません。 いつかまた,何らかの形で,このクラブに力を貸してくれる日......続きを読む»

大榎監督すいませんでした!!!+α

○清水2-1横浜FM 今まで散々disってごめんなさい!!その調子で絶対残留してね!! でも一つだけ!4バックで守れるなら最初からやってくれよなー。あと枝村SBは勘弁!! ※追記 なんか短文形式のエントリはダメって注意されたので,その他の感想をつらつらと。 ・鄭大世  前線で体を張れる,収まる,捌けると大車輪の活躍。ドイツ仕込みのフィジカルでボンバーにも当たり負けせず、こんなに上手かった......続きを読む»

清水のサッカーの正体は聖帝サウザーだった?

※タイトルからもお分かりのように,ネタエントリーなんで気軽にお読み下さい※ どうも,川崎戦も負けちゃいましたね(●2-3○)。 前半の最初からプレスはゆるゆる,まるで川崎の攻撃練習を見ているかのような一方的な展開でサックリ先制され,ああこりゃ今日も大虐殺コースかな〜と思ってたら,反則外人ウタカの大活躍でまさかの逆転。しかし,守備がボロボロなのは相変わらずなので,後半は中村憲剛に精度の高い裏パ......続きを読む»

デュークと矢野貴章が喧嘩してたと思ったら闘莉王が退場していた件

△清水2-2名古屋(2015年2ndステージ第3節@アイスタ) いやー,まじ意味不明で笑ったわ。 よっぽどマズイこと言ったのかなw(※1) 闘莉王さん退場するときにかなり執拗に食い下がってたので,主審がひよって帳尻ジャッジ来たら嫌だなー思ってたら案の定。 まあ,来るとしたら犬飼の2枚目イエローかと思ってたので,PKは意外だったけど,あれかなり怪しくね? スローで見たら,なんか矢野の方からウタカに......続きを読む»

もう充分。

●清水2-3FC東京○(J1第17節@味スタ) 今日の試合に負けて,前半戦最下位が決定。 前々回のエントリから,僅かに明るい兆しが見えた(○神戸,○川崎)と思ったのも束の間,その後に喫した3連敗(●浦和,●甲府,●FC東京)のせいで,結局はそれまでのリーグ戦の勝点ペース(1試合あたり勝点0.77,34試合で勝点26)と全く同じ結果になってしまった。 今日はブログを書く予定じゃなかったんだけど,......続きを読む»

オフェンスはディフェンスから

昨日の甲府戦(●0-2)の口直しにと,今日は朝からNBAファイナル(キャブスvsウォーリアーズ)の第4戦を見てたのだが,それで感じたことを簡単に。 最近のNBAはあまりフォローしてないのだが,ざっと見た感じ,キャブスの方はスーパースターのレブロン・ジェームスを中心に,インサイドの攻撃力が目立つチーム。ウォーリアーズは典型的なラン・アンド・ガンの豊玉スタイルで,素早い攻守の切り替えからステフィン・カ......続きを読む»

監督辞めますか?それとも,J1辞めますか?

湘南4-0清水(J1第13節@BMWスタ) 話の本題に入る前に,以下のデータをどうぞ。 ☆大榎エスパルス成績一覧☆ 【2014年】 《リーグ戦》 4勝10敗3分,勝点15(後半戦17試合) 1試合当たり勝点:0.88(34試合で勝点30ペース) 星取表:●○●●△●●●●○●○●○△●△ 《天皇杯》 2勝1敗1分,準決勝進出(準々決勝のPK勝ち=引き分けとしてカウント) 1試合当たり勝......続きを読む»

三ツ沢の日差し

【試合結果】 横浜FM2-0清水(2015年ナビ予選第2節@ニッパツ) あーもう日差しが強すぎ!!日焼けで顔がヒリヒリする。 今日は朝起きたらとても良い天気で,なんかぶらっとどこかに出かけたい気分…なんて思ってたら,ちょうど三ツ沢で清水の試合があることを思い出し,急遽現地参戦することに。 途中,新横浜のラーメン博物館に立ち寄って,前から食べたかったNARUMI IPPUDOのラーメンで腹ごしら......続きを読む»

清水エスパルス 第3次創業期

先日、数年前に創業したベンチャー企業の社長さん達と食事をする機会があったのだが、その時に感じた印象的なエピソードを。 社長曰く、最初にビジネスを立ち上げた時は、その業界での経験が長い人材を優先して雇っており、会社自体も共同経営のような形だったらしい。 その中で、本来の自分がやりたいこと(=理念・ビジョン)と違う仕事をやらなければいけないこともあったが、その辺は他の共同経営者(ちなみに業界経験は社長......続きを読む»

祝☆残留決定!

【試合結果】 清水0-0甲府(2014年J1第34節@アイスタ) 甲府のロングボールがゴールラインを割って清水のゴールキックとなり、櫛引がボールをセットする間にロスタイム表示の3分が経過。この時点で自分は清水の残留を95%くらい確信して、テレビの前で安堵に胸をなで下ろした。俊幸の交代がモタついたので少し延長があるかなと思われたが、主審の吉田さんも変に空気を読むことはせず、ほどなくして試合終了。これ......続きを読む»

巻き返しの予感(vsC大阪)

【試合結果】 清水3-0C大阪(2014年J1第27節@アイスタ) 8試合ぶりの勝利。大榎体制になってからのリーグ戦に限れば、最下位の徳島に勝って以来ようやくの2勝利目ということになる。しかし、その内容・結果は共に期待以上で、今後に向けて希望が持てるものであった。 ここ数試合採用してきた3バックを辞め、DF時は本拓1ボラの4−1−4−1のような形。今までのように何となくズルズル下がって守るのでは......続きを読む»

諦めたらそこで降格決定ですよ?(vs大宮)

【試合結果】 大宮2-1清水(2014年J1第26節@等々力) 最近の試合(神戸戦以降)は、なかなか予定が合わずに生観戦できず、「とりあえずスカパーオンデマンド→いつも通り先制される→早送り→今日も負けかorz…→一応ハイライトだけ確認→SNS、ブログ巡回→もうお腹いっぱい」という感じで、実はあまりまともに試合を見れていなかった。この日の大宮戦もそんな感じだったが、先制されるまでと後半だけはなんと......続きを読む»

1 3 4 5 6

このブログの記事ランキング

  1. 結局、「清水の敵は清水」だったってこと
  2. 監督辞めますか?それとも,J1辞めますか?
  3. 清水のサッカーの正体は聖帝サウザーだった?
  4. 2014シーズン展望&順位予想
  5. 「俺がバス囲んだから勝てたんだぜ!」という壮大な勘違いについて
  6. さよなら元紀
  7. まだエスパルスで消耗してるの?〜2015年個人的反省会
  8. 横浜F・マリノスの優勝に異議アリ!?
  9. 移籍していった選手達1(アレックス、小野)
  10. お詫びと補足とブログ紹介

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
12
11
10
06
05
04
03
02
01
2016
12
10
09
2015
12
08
07
06
05
03
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss