落合博満さん(元ドラゴンズ監督&GM)好きは否めない。

やっぱり球場に行くのは楽しいなあ、と思いつつ、ドラゴンズ、頑張って欲しいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

むう、ドラゴンズ、遂に今季、初めて、カープさんに勝てましたね。ビシエド選手、サヨナラ2ラン!ということで。素晴らしい。 なんかもう、やたらと失策もしてるイメージ在りますけど、、、今季2発目の、サヨナラ決勝ホームラン?くう、、、頼れるなあ~こういうの。絵になるなあ~。 相変わらず、チーム状態としては、1歩進んで2歩下がる?ばっかりつづけている感じですが、借金減らねえなあ、って感じですが、それでもこう、応援しちゃいますねえ。

で、実は、5/19のナゴドでの対カープさん戦の前日。5/18の、阪神甲子園球場での対タイガースさん3戦目、現地に試合を観に行ってたんですよ。 今季初のプロ野球現地観戦にして、今季初の甲子園球場でした。 関西に住んでますので、プロ野球の試合を観に行くぜ、ってなったら、甲子園球場か、京セラドーム大阪のどちらか、ってなるんですが、 個人的には、圧倒的に、甲子園球場が好きなのです。ドーム球場より屋外球場が好き、ってのが大きな理由だからなのですが、甲子園球場、ホンマええ球場だと思います。

好天気のナイターでね、開門の16時くらいから、近くのスーパーで買ったビールを紙コップに移し替えてもらって、おつまみ持って入場して、 選手の方々の練習風景見ながら、西日キッツいなあ~思いつつ、めちゃんこノンビリとビール飲んで、はあ~芝生キレイだなあ~空が高いなあ~思いつつ、 ああ~俺今、球場にいるんだなあ~思いつつ、プロ野球の楽しさを、しみじみと、こう、感じる。ありゃあねえ、至福ですよね。 もうね、試合開始してなくても、あんなに楽しいのは、凄いですよね。球場、まじ凄い。 で、試合始まるころには、たいがい酔っぱらってるんだけど、持ち込んだビールは早々に無くなっちゃってるんで、また、売り子のおねーさん可愛いなあ~思いつつ、何杯かビール買っちゃう、みたいなね。至福。

ちなみに球場には、ドラゴンズの応援に行ってる訳なんですが勿論、ドラゴンズの攻撃の時よりね、守りの場面を、じっと息を殺して見つめながら応援しているほうが、好きです。マニアックですかね? ピンチの場面を、抑えた!っていう緊張感から解放される瞬間?あれが、いっちゃん好き、かもしれない。 落合監督時代の、地味ジミ野球の醍醐味を、教え込まれてるんかなあ?だから、打撃戦より、投手戦の方が好きなんですよねえ。マニアックですかね?

ちなみに、その時の試合は、メッセンジャー投手とジョーダン選手の投げ合いは、全然勝てる気、しませんでした。球場の雰囲気も。 でも、何故かドラゴンズ、勝てててビックリ嬉しや、でしたねえ。あれ?ええの?勝って?スマンです。って感じ、って言ったら言い過ぎですけれども。 当日の試合で、印象に残っている場面と言いましたら、

3回表、二死1,3塁のバッター平田選手の場面で、メッセンジャー投手が、見逃し三振をとった球が、めちゃんこ良かった。敵ながらナイスだ。すげえ、って、思った。 5回表、一死3塁のバッター京田選手の場面で、1点取ったピッチャーゴロが、渋すぎて笑っちゃった。あーゆーの、大好きです。 8回表、勝ち越し後の二死満塁の場面で、代打藤井選手の空振り三振が切なすぎて超絶ガッカリしちゃった。でも、見逃しじゃなくて、せめて良かったよ。 8回裏、二死2塁の場面で、岩瀬投手が、鳥谷選手にフォアボールを出したとき「ええよええよ、無理しなくていいよ。ナイス」って思えて、良かった。

って所でしょうか。

とにかく、やっぱり、現地観戦は、最高ですよね。で、年に数回しか、現地観戦って、できないんですよね。仕事もあるし。他にもせなあかんことあるし。 そう考えると、現地観戦で、ファンの方々に、勝って帰ってもらうことを第一主義とした、落合さんのポリシー。 「勝つことが最大のファンサービス」 は、やっぱ、真実やなあ、と。どんなにグダグダな試合でも、どんなに地味な試合でも、やっぱ、勝ってほしいよねえ。 いやでも、ホンマに究極ゆうたら、負けても「この試合には意味があった!良かった!」って思えたら、それでいいんですけれどもね。そんな試合、めっちゃ少ないですものねえ、、、

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
中日ドラゴンズ関連
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

やっぱり球場に行くのは楽しいなあ、と思いつつ、ドラゴンズ、頑張って欲しいものです。

すっとこどっこい さん

いつもコメント、ありがとうございます。

岩瀬投手VS鳥谷選手の4球の場面は、球場で私が感じた雰囲気としては、可もなく不可もなく、という雰囲気だったと思います。
凄く盛り上がるでもなく、でも3アウトチェンジでもないしチャンスは広がるし、ということで、森下るでもなく、次行くぜ次、という雰囲気だったかなあ、という思いを感じました。

ただ、あそこで、「フォアボールでもええで、岩瀬、次や。次を抑えようや。もしくは二死満塁でもいい。絶対1点取られるなよ!」
って思う事ができたのは、ドラゴンズファンからの視点だからこそ?という思いが、あります。
もし、自分がタイガースさんのファンだったら、四球がでた時点で「よっしゃ。チャンス繋がった。頼むで次の打者。打っておくれよ!」
って、思ったでしょうから。
そういう意味では、どちらのチームのファンかで、フォアボールを是と取るか「くう。かわされたか」と取るかは、大きく違うのではないかなあ、と、思った次第です。

あの場面、岩瀬投手は、間違いなく、攻めの四球はオッケーを考えていた。鳥谷選手には、四球やむなし。絶対打たれてはいかん、という投球をした。
2死の時点で、絶対にタイムリーだけは打たれない事を考えた投球をしていた、それ以外は全てオッケーとする投球をしていた、という思いがあります。

そんな事を想像するのが、プロ野球を見る醍醐味だと、思う次第です。なんだか、よおわからん返信となりましたが、、、
岩瀬、浅尾両投手が、ホンマに往年の力をとりもどして欲しいな。そう願う日々です。落合野球の、勘所でしたものね。

やっぱり球場に行くのは楽しいなあ、と思いつつ、ドラゴンズ、頑張って欲しいものです。

岩瀬投手が鳥谷選手に4球を出した場面、阪神ファンの反応、どうでした?

左対左の優位性を買われて出て来たのに、「無理して勝負に行かんでもエエ、ランナー1、2塁にすれば守り易いし、凡ゴロになりそうなとこ投げて引っ掛けさせタロ」という岩瀬投手の腹の中が読めて、偉い投手だな、さすが400セーブ挙げた投手は腹が座っていると思って見ていましたが、阪神ファンは岩瀬投手が逃げたと思ったんじゃないでしょうかね?

岩瀬投手が往年の力を取り戻して来たら、中日も面白い存在になると思います。

こんな記事も読みたい

阪神タイガース 若きエース候補達の成長【ラテンアメリカの虎】

岩貞をどうする?【虎バナシ中心。時たま他球団・・多分】

今、一番面白い解説者は谷繁さん【昨日は岡林、今日は岡林、明日は岡林!いよいよ最後は岡林!】

この勝利が大きかったと思えるように明日も勝つぞ!【燃えドラ】

勢いに変えよう!【ドラゴンズ 時々 グランパス】

下世話にドラゴンズ-63 【下世話にシャウト】ただの連勝ではない。今こそ叫んでもらいたい「俺たちに壁はない!」と…。【素人目線ですいません】

ビシエド サヨナラ2ラン【春夏秋冬ドラ応援】

連敗ストッパー【ドラゴンズ 時々 グランパス】

ブロガープロフィール

profile-iconrunaroundsue

これまで野球には殆ど興味を持たなかったのですが、、、故あって30歳を越えたあたりから、急激に野球が大好きになりました。やはりニッポンの晩酌文化には、プロ野球ナイター中継にビールと枝豆、が似合うのでしょうか?落合博満さんの大ファンです。宜しくお願いいたします。
  • 昨日のページビュー:5424
  • 累計のページビュー:5759843

(09月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. こんなところに、暫定的落合博満監督オールスターチームが?
  2. ドラゴンズの平田良介選手は、FA、するんでしょうかね?しちゃうんでしょうかね?気になるなあ、、、
  3. 福留孝介選手のドラゴンズ復帰は、あり得るのだろうか?
  4. ドラゴンズ、カープさんの黒田博樹投手に勝てるとは、、、ビックリしました。
  5. 交流戦は楽しいのですが、戦えば戦う程、セパの格差が広がる気が、、、
  6. カープさん優勝目前?のこの時期に、落合監督時代のドラゴンズの、珍優勝記録を振り返ってみる。
  7. ドラゴンズがドラフトで指名した、京田陽太、石垣雅海、両選手が気になります。守備位置が。
  8. 岩瀬投手の野球人生に、最大の危機が訪れているのか、、?
  9. FA権のある選手の、シーズン中事前慰留活動って、各球団どのくらいされてるんでしょうね?
  10. 久本祐一、西川健太郎、両打撃投手が、ドラゴンズに誕生とは。いやあ、驚いたなあ。宜しくお願い致します。

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
2016
12
11
10
09
08
06
05
04
03
2015
09
08
07
06
05
04
03
2014
06
05
04
03
2013
07
06
05
04
2012
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss