グラウンドから愛を込めて

月別アーカイブ :2008年01月

トップリーグ最終節へ向け直前インタビュー@ヤマハジュビロ堀川監督

トップリーグ最終節、2月2日、ヤマハスタジアムでおこなわれる東芝戦を前にして、 ヤマハジュビロの堀川監督にインタビュー。 最終節へ向け、調整を続けるチームの様子をお聞きしました。 ************ ――10月末に開幕したトップリーグも残り1試合となりました。春から力を積み上げて きたチームは、監督の目にどのように映りますか? 堀川監督 「確実にチーム......続きを読む»

家族の力

昨年のこと。入団1年目の徐選手に「自分を支えているものに何がありますか」と、 お聞きしたことがあり、その時に帰ってきた答えが「家族」。自分が落ち込みそうに なった時は、以心伝心のよう決まって電話がかかってきたり、厳しい言葉も僕の ためを思ってこそ。家族が1番の支えかなと話していました。 そのことを少し前、試合会場でお会いしたご両親にお伝えしたところ、 「そんなこと言ってましたか。でも、......続きを読む»

ハンドボール

9月、スカイホール豊田で見た、北京オリンピックハンドボール男子アジア予選から、 4ヶ月。明日、1月30日、国立代々木競技場第一体育館で再戦、 対韓国戦がおこなわれます。 9月5日@カタール戦、左から下川選手、宮崎選手、豊田選手 9月5日@カタール戦、ディフェンスの様子 この写真の、1番右端にいる背番号「20」の選手が、トヨタ車体所属の門山選手。 出番はある......続きを読む»

降格の切なさ

26日、秩父宮ラグビー場でおこなわれた第一試合は、リコー対九州電力。 激しい降格争いの中で、生き残りをかけた戦いは、17-20で九州電力が勝利。 私は、前半のみグラウンドで観戦。ノーサイドは、会見場に設置してあるテレビの前。 普段は、賑やかな報道陣も、言葉少なげな雰囲気でした。 会見で、佐藤監督・伊藤キャプテンともに、 「今シーズン、応援していただいたファンの皆様に感謝しています」......続きを読む»

999.9(フォーナインズ)

999.9(フォーナインズ)と聞き、パッと頭へ思い浮かんだ人、私は素晴らしい!と 尊敬します。 ********* 少し前に、いつもお世話になり本当に尊敬している方から、持ち物に関するこだわりの 話を聞かせていただきました。 私のこだわりといえば微々たるもので、勝負パンツならぬ、前回勝った時と同じ服装で 出かけることぐらいでしょうか。そのせいか、よく「他に服を持っていないの?」と......続きを読む»

ひたむきな瞳、無邪気な笑顔

先日の秩父宮で、試合を終えたサントリーサンゴリアスの佐々木隆道選手にアタック。 ヤマハジュビロの三角選手とは、早稲田大学の同期。 試合後、「何もさせてもらえませんでした」 と話していた三角選手の様子を伝えると、 「ふふ、一緒にやってきた仲間なので、対戦を楽しみにしていました。思うようには やらせませんよ。彼らに仕事をさせないのが、僕達の仕事ですから」と、 笑顔でヤマハ戦を振り......続きを読む»

レフリー同士の信頼

秩父宮ラグビー場で26日におこなわれた、トップリーグ第12節、 サントリー対ヤマハジュビロ。 ヤマハジュビロが挙げた後半22分、ワイサキ・ソトゥトゥ選手のトライ。 私は、本当に目の前で、あまりに目の前過ぎて、瞬間をカメラでは追いきれませんでした。 ギリギリのところへワイサキ選手が飛び込み、ヤマハジュビロの矢富選手は、トライだと叫ぶ。 主審を務めた原田さんは、タッチジャッジの平林さんを呼......続きを読む»

トップリーグ第12節@秩父宮ラグビー場

トップリーグ第12節@秩父宮ラグビー場 リコー対九州電力 前半31分、ナイサン・グレイ選手のトライ サントリー対ヤマハジュビロ 後半22分、ワイサキ・ソトゥトゥ選手のトライ サントリー対ヤマハジュビロ 後半終了間際、大田尾選手の突破 ヤマハジュビロ大田尾選手 「取れそうなところで、取りきれなかったのが、結果的に痛かった。ここぞ、と......続きを読む»

強いキモチ、熱いココロ

残り2試合となったジャパンラグビートップリーグ。ヤマハジュビロは、明日、 サントリーサンゴリアスと、秩父宮ラグビー場で対戦。キックオフは14時です。 木曜の大久保グラウンドで堀川監督は、 「2試合、今までやってきたことを、自信を持ってやろう。このチーム、能力はある、 足りないのは「自信」だけだ。ひとりひとりが責任を持ってプレーすれば、絶対に 結果は出る。100%、全てを出し切ろう」......続きを読む»

残り2試合、村田亙選手は走り続けます

26日、トップリーグ第12節の対サントリーサンゴリアス戦に向け調整を続ける、 ヤマハジュビロ。 今日のヤマハ大久保グラウンドは、冷たい風に包まれていましたが、チームは熱を帯びた 激しい練習をおこなっていました。 全体練習も終わり個人練習が始まった頃……。 村田亙選手の引退というニュースを知りました。 ☆ヤマハ発動機公式ウェブサイト内「ラグビー情報」☆ 村田亙選手引退セレモニ......続きを読む»

ヤマハジュビロの勇気

休む間もなく次の戦いに向け準備をするのは、各チーム同じ条件。 結果が出なかったからといって、止まることなく走り続けます。 20日の三洋電機戦。自分達のラグビーができず、結果的に自滅してしまったヤマハジュビロ。 とはいえ、三洋電機が挙げたトライ後に見た光景に、堀川監督の言葉を 思い出しました。 堀川監督インタビュー@11月23日 「去年は、結果が残せない試合のあと......続きを読む»

レフリーの笑顔

19日(土)、トップリーグ第11節、 トヨタ自動車ヴェルブリッツ対コカ・コーラレッドスパークス 戸田さん タッチジャッジの大槻さん 20日(日)、トップリーグ第11節、 三洋電機ワイルドナイツ対ヤマハ発動機ジュビロ ジュリアン・プリチャード氏(豪州協会) タッチジャッジの平林さん 三洋電機対ヤマハジュビロのレフリ......続きを読む»

試合後の声@第11節、ヤマハジュビロ

トップリーグ第11節、三洋電機ワイルドナイツ対ヤマハ発動機ジュビロ。 試合後のヤマハジュビロの声です。 堀川監督 「磐田や全国から、かけつけてくれた多くのファンに感謝しています。試合は、 アタックをしてもミス、ターンオーバーされる、という最悪のゲームパターン。 この試合は、自信を持って臨みましたが、自分達のラグビーができないことで、 フラストレーションがたまった試合でした。三洋さ......続きを読む»

チームのサポートに感謝@三洋電機 田中史朗選手

トップリーグ第11節、太田でおこなわれた三洋電機対ヤマハジュビロ。 後半29分、三洋電機ボールのラインアウトから、パスを受けたスクラムハーフの 田中史朗選手がそのまま抜け出しトライ。トップリーグ1年目、嬉しい初トライの 瞬間でした。 試合後、田中選手に初トライの感想を聞いたところ、 「みんながサポートしてくれたおかげ。嬉しいですね」と、笑顔で話していました。 背番号......続きを読む»

チャンスがある限り

試合をおこなえば、必ずや勝者と敗者ができる。それが勝負の世界というもの。 1月20日、太田@群馬でトップリーグ第11節、三洋電機ワイルドナイツ対ヤマハジュビロの 対戦がおこなわれました。 自信を持って、この試合へ臨んだヤマハジュビロですが、前半からペースを掴めず。 自分達で、自分達の首をしめた展開となり、終わってみれば残念な結果。 試合後、堀川監督は「三洋さんがいいラグビーをした。見習......続きを読む»

嬉しい初トライ@黒宮裕介選手(トヨタ)

トップリーグ第11節、トヨタ自動車ヴェルブリッツ対コカ・コーラレッドスパークス戦へ 行ってきました。試合会場のトヨタスタジアムは、トップリーグになってから公式戦が 初開催。試合開始10分前ぐらいの正面ゲート付近は、入場を待つ長蛇の列に びっくりしました。 試合は、前半、トヨタの相手スタンドオフ周辺を狙うゲームプランが はまり、4トライを挙げ折り返すものの、後半途中からは攻めながらも ......続きを読む»

気持ちは同じ@ヤマハジュビロ

金曜日、ヤマハジュビロの練習へ行ってきました。三洋電機戦へ向けての メンバー発表が終わり、そのあとに続けられる個人練習も、そろそろ終わり。 選手達がクラブハウスへ戻ってきた時のこと。今回のメンバーに選ばれなかった、 フッカーの米倉選手に、今の調子はどうですかと聞いたところ、 「試合に出ることができなくても、気持ちはピッチで戦うメンバーと同じですから」と。 (左:矢富選手、右:米倉選......続きを読む»

自分の力で掴んだポジション@三洋電機 田中史朗選手

14日、近鉄花園ラグビー場の三洋電機ワイルドナイツ対九州電力戦後、目に入った応援幕。 今年の三洋電機ワイルドナイツの背番号9のジャージを身につけ、アグレッシブな プレーとともに、チームの勝利に貢献しているのが、スクラムハーフ、田中史朗選手です。 私が初めて田中選手を見たのは、彼が京産大1年、大学選手権の1回戦でした。 あれから、5年。トップリーグの舞台で活躍する田中選手......続きを読む»

三洋電機ワイルドナイツ、宮本監督の色

今シーズン、監督に話をお聞きする機会があり、その度に、監督の色がチームカラーに 反映されていると、感じるところがあります。 14日、近鉄花園ラグビー場で、三洋電機の宮本監督に、お話をお聞きしてきました。 宮本監督へアタックするのはこれで3回目。1回目は、春シーズンの6月に ヤマハ大久保グラウンドでおこなわれた練習試合後。2回目は、10月の トップリーグカンファレンス、そして今回と。 ......続きを読む»

地元の温かい声援を受けて

地元出身の選手が活躍する、どんなスポーツでも嬉しいなと感じます。 その選手が、地元でプレーを披露するとなれば、さらに嬉しくて、勇姿をこの目でみたいと、 試合会場へ足を運びたくなりませんか。 ヤマハジュビロの石神勝選手は、岐阜県出身。岐阜第一高校から大東大へ進み、 ヤマハで4年目のシーズンをむかえます。トップリーグ第10節の試合会場となった、 メモリアルセンターにあるト......続きを読む»

10節、試合後の声(ヤマハジュビロ対三菱重工相模原DB)

長良川競技場でおこなわれた、トップリーグ第10節、ヤマハジュビロ対 三菱重工相模原DB戦。試合後の声です。 ヤマハ発動機ジュビロ:堀川監督 「今日の試合も、多くのファンから熱い声援をいただいたこと。そして、トップリーグも 終盤にきている中で、素晴らしい芝の上で試合が開催されたことを、本当に感謝しています。 先週の敗戦を経て、ブレイクダウン、特にディフェンスの接点でファイトしようと、 ......続きを読む»

昨シーズンより、ひとつでも上へ@福岡サニックスブルースの戦い

14日、近鉄花園ラグビー場でおこなわれた、クボタスピアーズ対福岡サニックスブルース。 試合は、前半クボタがリードするものの、後半に入った3分、サニックスがトライを挙げ、 17-13と4点差。お互い、我慢が続く展開の中で、先にスコアを動かしたのは、 サニックス。28分にペナルティゴールを決め17-16の1点差。そして31分、 マイボールのラインアウトを押し込み逆転。勢いをつけたサニックスはその......続きを読む»

トップリーグの舞台@三菱重工相模原ダイナボアーズの戦い

「トップリーグの舞台へ上がったのは、まぎれも無く自分達の力ですから」 言葉を繋ぐ、三菱重工相模原ダイナボアーズ佐藤キャプテンの目は、力強くまっすぐに 前を見つめていました。 ********* 長良川競技場でおこなわれた第10節、ヤマハジュビロ対三菱重工相模原ダイナボアーズ戦の 試合後会見の風景です。 「これまでの試合も、自分たちは全力で戦ってきました。結果が出ず、勝利に結び......続きを読む»

レフリーの心

地方開催の場合、地元出身のレフリーが笛を担当する機会が多いのかなと感じます。 13日、岐阜でおこなわれたトップリーグ第10節のヤマハジュビロ対 三菱重工相模原ダイナボアーズ戦。 主審を務めたのは、今年A1に昇格した大槻さん、タッチジャッジは 戸田さん、松倉さんでした。 大槻さんと初めてお話させていただいたのは、昨年4月におこなわれた、 ヤマハ発動機スポーツ振興財団の奨学金授与......続きを読む»

敗戦から成長(トップリーグ第10節@長良川)

トップリーグ第10節、ヤマハジュビロ対三菱重工相模原ダイナボアーズの試合が、 14時キックオフ、場所は長良川競技場(岐阜)でおこなわれました。 コイントスに勝ち、陣地を取ったヤマハジュビロは、風上を利用したこともあり、 前半10トライ、5ゴールの猛ラッシュ。 その勢いを後半開始に継続したかったものの、風下やミス等もあり、14分あたりまで、 両チームともスコアなし。14分、徐選手の突......続きを読む»

3年目、次のステップへ

ジャパントップリーグの第10節は、明日(1月13日)とあさって(1月14日)の両日に 開催されます。ヤマハジュビロは、長良川(岐阜)にて、三菱重工相模原と対戦。 すでに、先発予定メンバーが発表されています。 ☆第10節、三菱重工相模原戦、ヤマハジュビロメンバー☆ 1.高木 2.加藤 3.山村 4.石神 5.八木下 6.デーリック・トーマス 7.串田 8.木曽(C) 9.佐......続きを読む»

4番の背中

1月12日(土)、第44回全国大学ラグビー選手権大会の決勝が、 国立競技場でおこなわれます。 キックオフは14時10分。お天気が心配ですね。 写真は、6月にヤマハスタジアムで対戦した早稲田大学の主将、権丈選手。 試合後にグラウンドでおこなわれたインタビューの受け答えが非常にしっかり していて、頼もしいなと思ったことを覚えています。 慶應義塾大学対早稲田大学の......続きを読む»

プレスリリースなど(チーム情報)

☆サントリーサンゴリアスより2008年度新加入選手の発表☆ サントリーサンゴリアスに韓国代表の李 光紋(イ・グァンムン)選手が加入。 李選手は20歳で韓国代表に選出され、現在も韓国代表の中心選手として活躍しています。 21歳からは7人制韓国代表にも選出されており、スピード・パワー・フィットネスを 兼ね備えた選手です。昨年の夏におこなわれたジャパンの壮行試合、 対アジア・バーバリアンズのメン......続きを読む»

勝利の横顔

今年の神戸製鋼コベルコスティーラーズの試合後会見を見るのは、 今回のヤマハ戦が2回目。 1回目は、12月8日に花園ラグビー場でおこなわれた第6節、 対コカ・コーラレッドスパークス戦。 この試合、神戸製鋼が27-16で勝利したものの、CCRSの粘りもあり、 後半34分には1トライ、1ゴール差まで詰め寄られた試合。 試合後の会見で見た神戸製鋼の後藤キャプテンは、 「こんなことを......続きを読む»

終わりは始まり

第58回全国地区対抗大学ラグビー。各地区代表の計8校は、初出場の大学もあれば、 連続出場の大学もありました。 中京大学と決勝を戦った、武蔵工業大学は関東一区。地区対抗へは、13年連続、18回目の 出場(うち、6回優勝)。 私が観戦した一昨年は準決勝まで、昨年は決勝へ進出しています。 ☆データは「全国地区対抗大学ラグビー情報」を参考にさせていただきました☆ http://www.g......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconrugby123

清水 良枝(しみず よしえ)
愛知県。東海地区のスポーツ、その中でもラグビーを中心とした取材活動を続けるフリーライター。地域と共に成長するチームや選手、各チームで活躍する地元出身選手達の様子。そして、スポーツの現場でキラリと光るチカラを愛情込めてお伝えします☆
  • 昨日のページビュー:7125
  • 累計のページビュー:11769930

(09月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 感謝@名古屋高校ラグビー部編
  2. 2012高校日本代表候補をチェック
  3. 第92回全国高等学校ラグビー大会大阪府予選
  4. いいトライだった
  5. 大学ラグビーにノーサイド
  6. ベスト8
  7. 【試合結果@10日】第92回全国高等学校ラグビー愛知県大会準決勝、他
  8. 感動は近くにもある
  9. 第93回全国高等学校ラグビー大会組み合わせ
  10. 第18回熊野ラグビーフェスティバル・第4回高等学校ラグビー大会熊野市長杯

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss