スポーツマーケティングレポート

月別アーカイブ :2016年06月

アディダス vs. ナイキ、EUROを舞台に熾烈なバトル

アディダスは過去5年間に渡って、EUROの優勝チームに用具一式を提供し続け、UEFAと主要契約を結んでいます。今大会でもシェアはずば抜けて大きく、全体の37%を占めます。 対するナイキのシェアは、全体のおよそ4分の1。20年前のEUROと比べても、一部の大企業への偏りは大きくなっています。96年大会の時は、出場チームの半分がナイキ、アディダス、プーマ以外の企業でしたが、今大会では17%に留まります......続きを読む»

オリンピック・パラリンピックへの興味は横ばい

日本のスポーツに関する興味関心を調査する「‪‎SPONSORLINK‬」(年に4回調査)では、オリンピック・パラリンピックに関して、定点観測を行っています。 ◆興味度は横ばい 夏季、冬季ともオリンピック・パラリンピックの興味度は横ばい、もしくはやや低下しています。8月のリオ・デ・ジャネイロ五輪が近づくと、この数字は高くなると予想されます。 ◆世代別の興味 オリンピック・パラリンピックの世代別......続きを読む»

知っているけど観戦には行かない…。日本の主要スポーツリーグの観戦意向調査結果

2016年3月に調査した「‪#‎SPONSORLINK‬」では、日本の主要なリーグ・大会に対する認知率を調査しました。また、今後のTV観戦、スタジアム観戦、インターネット中継観戦への意向も、併せて調べています。 ◆認知率 プロ野球が90%、Jリーグが87%、なでしこリーグが80%と高い認知率を記録しました。昨年スタートしたJリーグチャンピオンシップは48%。男女のVリーグは50%を上回っています......続きを読む»

日本代表戦が行われる「市立吹田サッカースタジアム」の認知度調査

レピュコムでは今年の2月にこけら落としが行われた、ガンバ大阪の新ホームスタジアム「市立吹田サッカースタジアム」に関しての調査を行いました。6月7日にはキリンカップで日本代表戦も行われるため、認知度もアップすると思われます。 ◆スタジアムの認知度 スタジアムの完成を認知している人はサッカーファンより、地元の大阪在住者が多くなっています。地元では4割近くの人が認知しています。 ◆スタジアムの特......続きを読む»

フランスにおけるEURO 2016の重要性、今後の世界大会開催に向けて

6月10日から「UEFA EURO2016」がフランスで開催されます。今大会から、参加国が16チームから24チームへと規模が拡大。世界のサッカー界から大会の開催、そしてその成功に注目が集まっています。 レピュコムの調査で、2人に1人がサッカーファンであるというフランスにとって、経済的にも大きなチャンスとなるでしょう。 スタジアムの老朽化が進んでいたフランスサッカー界にとって、施設の新設や改修を行......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconrepucom

スポーツのトレンドにまつわる情報収集、分析、戦略化を実現する専門集団で、世界的なスポーツマーケティング会社の「ニールセン スポーツ」が様々なレポートやデータを発信します。
  • 昨日のページビュー:87
  • 累計のページビュー:300721

(12月07日現在)

関連サイト:ニールセン スポーツ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. C・ロナウド、ルーニー、イニエスタ…欧州で市場価値の高いサッカー選手ベスト10
  2. 世界ではシャラポワ、日本では浅田真央。最も影響力のある女性アスリート
  3. 日本で一番知名度の高い女性アスリート・浅田真央が現役復帰
  4. UEFAチャンピオンズリーグ決勝 バルセロナvs.ユベントス、ピッチ外の戦い
  5. 世界のラグビーに関する調査 Part.1:欧州でラグビーは人気?
  6. 本田、長友のおかげ?日本での関心はまだまだ高いセリエA
  7. 地元密着を進めるリンク栃木ブレックスのマーケティング戦略
  8. 常勝軍団・鹿島アントラーズ、SNSに秘められた戦略
  9. プレミアリーグに流れ込む巨額の海外マネー。欧州サッカー、ユニホームスポンサーの動向
  10. メイウェザーvs.パッキャオが「今世紀最大の一戦」と言われる数字的理由

月別アーカイブ

2017
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月07日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss