プロ野球浪漫派宣言

「プロ野球が魅力を取り戻すにはどうすれば良いか」 私なりの考えを発信して行きたいと思います。

ravens

元南海ファン 関東在住 プロ野球人気が廃れることを憂いています。
  • 昨日のページビュー:4746
  • 累計のページビュー:2769712
  • (10月15日現在)

最新の記事

【CS雑感】阪神にオススメした細川成也が阪神に立ち塞がるか!?

昨日のCSファーストステージで高卒ルーキーの細川成也選手が代打で出場しました。 この選手、昨年のドラフト前では、当ブログにて阪神にオススメしていました。 【2016ドラフト:阪神にオススメの選手】ギャンブル覚悟で第二の”セイヤ”? 2位以下ではギャンブル覚悟でミスタータイガース候補が欲しい所です。 広島の鈴木誠也選手を彷彿とさせるのが細川成也ですね。 鈴木誠也と同じ投手出身(という......続きを読む»

【巨人も広島もピンチ?】クジ運最強でも地元高校生は中々獲れない!?フランチャイズ制と相性最悪のドラフト抽選制度

【清宮も競合必死。高校生のクジ事情:球団編③】クジ運は強いが最下位に沈んだ2球団 の続き記事です。 さて、最後はクジ運1位と2位です。 CSファーストステージで戦う2球団です。 まず2位から。 【2位:西武(1勝1敗)4点】 当てたのは、6球団競合の菊池雄星(+5点)。 外したのは、増渕竜義だけです。 西武は1回目の入札で高校生に入札する事が多く、近5年では3回高校生(森......続きを読む»

【清宮も競合必死。高校生のクジ事情:球団編③】クジ運は強いが最下位に沈んだ2球団

【清宮も競合必死。高校生のクジ事情:球団編②】意外とクジ運の悪くない巨人と阪神。問題点はドラフト戦略OR育成?。 の続き記事です。 次も同点で2球団並んでいますので、4位は無く、3位が2球団です。 なぜか、今シーズン最下位の2球団です。 【3位:ヤクルト(3勝4敗)2点】 ヤクルトがクジ運勝ち組というと、ヤクルトファンは意外かもしれません。 当てたのは、5球団競合の佐藤由規(+4点)......続きを読む»

【清宮も競合必死。高校生のクジ事情:球団編②】意外とクジ運の悪くない巨人と阪神。問題点はドラフト戦略OR育成?。

【清宮も競合必死。高校生のクジ事情:球団編①】意外とクジ運の無いソフトバンクと日本ハム。クジ運の無さがマイナスにならない広島 の続き記事です。 次からは”クジ運”勝ち組です。 同点で2球団並んでいますので、6位は無く、5位が2球団です。 【5位:巨人(3勝2敗)1点】 巨人がクジ運勝ち組というのは、意外かもしれません。 当てたのは、ともに2球団競合の辻内崇伸(+1点)と大田泰示(+1......続きを読む»

【清宮も競合必死。高校生のクジ事情:球団編①】意外とクジ運の無いソフトバンクと日本ハム。クジ運の無さがマイナスにならない広島。

清宮も競合必死という事で、ドラフトにおける競合した高校生のクジに関するお話です。 楽天が参画して今の12球団体制になって以降、各球団のクジ運と入団後の状況を確認しましょう。 クジ運の定量的な量り方は、以前と同じ次の方法です。 高校生だけに特化して評価してみます。 【クジ運の定量化方法】 クジ運を定量的に分析・評価する為に、抽選の結果を点数に換算してみたいと思います。 換算方法は以下の通りで......続きを読む»

【2016ドラフト中間振り返り(後篇)】高校生指名の新たなリスクが浮かび上がる。

『人の行く裏に道あり、花の山』 有名相場師が残した格言ですが、大学生投手以外に入札した5球団は単独指名、俗にいう「一本釣り」でした。 では、その5球団です(成績は9/23時点) <「地に辛い」オリックス> オリックスは社会人の山岡投手でした。 投球回数140回。防御率3.47。 規定投球回数をクリアして防御率も優秀。 評価「ポジティブ(活躍済み又は活躍する強い兆候が見える)」。 ”即......続きを読む»

【2016ドラフト中間振り返り(前篇)】清宮のプロ志望で注目。各球団1位入札志向。育成志向のソフトバンク。

さて、清宮選手の動向がプロ志望であることが、明らかになりました。 2017ドラフトの最大のポイントが明確になったことで、各球団のドラフト動向もはっきりしてくるでしょう。 そこで、ちょっと早いですが昨年のドラフトを振り返って、1位選手の評価とともに、各球団の1位入札の志向を考察してみます。 選手の評価は、9月22日時点の成績を基に、投手は投球回数と防御率。野手は塁打数を基本に評価します。 尚、ま......続きを読む»

巨人の選手層が薄い原因。ドラフトで指標・数値に頼り過ぎてはいけない。

マスコミは清武時代を美化して、”清武の乱”以降、巨人が悪化していると報じていますが、本当にそうでしょうか。 『清武時代に指名された投手が少ない現状』 清武元GMが編成を担っていたのは、2004年~2011年のドラフトまでです。 この間のドラフトで指名された選手は、 高校生なら、23歳~31歳。 大学生なら、27歳~35歳。 一軍の主力戦力として活躍して欲しい年代です。 ところが、現在、主戦力......続きを読む»

阪神藤浪復活に最適な投手コーチ&女房役は誰か。

阪神が藤浪を潰しつつある現状に不満な方が、「トレードに出すべきだ!」と騒いでいるようです。 トレード云々はおくとして、指導環境が変われば、藤浪は復活できるでしょうか。 今の藤浪に最適なコーチを考察してみましょう。 藤浪の問題点は、 ①抜け球が多く、死球を与える ②死球を与えた後、崩れる の2点でしょうか。 ①は技術的な問題が大きく、②はメンタル面の問題が大きいのでしょうね。 いっそ、ラグ......続きを読む»

【巨人が優勝するために足りないモノ】「失策、与四球が多いと優勝できない」という考えは時代遅れ<その②>

【巨人が優勝するために足りないモノ】「失策、与四球が多いと優勝できない」という考えは時代遅れ の記事について、反論のコメントを頂いた。 記事について、説明を少し追加したい。 昔は、現在と比べ体格も小さく、パワーも少なく、打撃技術も高くなかった。 なので、現在より攻撃面で大きな差はつき難かった、という仮説。 その前提に立てば、守備のミスで失う1点の重みは今よりも大きかった。 ところが......続きを読む»

【巨人が優勝するために足りないモノ】「失策、与四球が多いと優勝できない」という考えは時代遅れ

巨人と、巨人より上にいる広島・阪神との差はどこにあるのだろうか。 『投手力は負けていない』 巨人のチーム防御率は3.30でリーグ1位である。 与四球は324でこれもリーグ最少。広島は447でリーグワースト2位、阪神は407でリーグ3位である。 失策は巨人63、広島68、阪神78でこれも巨人の方が上だ。 ディフェンス面で言えば、巨人が広島・阪神に劣っている面は殆どない。 差はやはり攻撃......続きを読む»

【ローズS屈辱の乗り代わり】和田竜二、意地を見せる

GⅡフローラS1着、GⅠオークス2着の実績馬から降ろされた和田竜二騎手が意地を見せました。 元々、この乗り代わりは、フローラSは12番人気で1着、オークスは6番人気で2着と人気を遥かに上回る結果を出しながらの乗り代わり。 周りから疑問の声が多数。 和田騎手の心情や如何に。 結果は、ローズSで8番人気馬に騎乗し、渾身の追い込みで、降ろされた馬も含め強敵相手にスカッとする勝ち方。 こういうの......続きを読む»

【DeNAの弱点が露わになった対広島23回戦】

対広島23回戦は、優勝を争う上でのDeNAの弱点が露わになった試合でしたね。 8回の攻防でノーアウト満塁から点が獲れなかったのが敗因でしょう。 ここでは、選んだ四球数リーグワースト2位という、DeNAの選球眼の悪さが出ました。 かなりボール球に手を出して、広島を助けていました。 相手の今村はアップアップだったので、もう少し選球眼の良い打者であれば大量得点だったでしょう。 乙坂は今シーズン選んだ......続きを読む»

【球児より防御率の悪いドリスとマテオ】阪神は新しい守護神を探した方が良いのでは。

報道によると阪神が来季もドリス・マテオと契約を結ぶとか。 それなりの実績があるので保険としては良いと思う。 でも、今より上を狙うなら、新しい守護神も探した方が良いのでは。 ドリスとマテオは、ケガや疲れに弱そうで”タフさ”を感じない。 春先はいいが、秋口にパフォーマンスが落ちると、優勝を争うチームの守護神としては、頼もしさがちょっと物足りない。 防御率もいつのまにか球児よりも悪くなった。 ......続きを読む»

巨人、阪神が、ドラフトで広島を手本にするのが無理だと思う理由

【巨人のドラフトの改善点を考察する】広島との比較は意義が薄いと思いつつ・・・俊足野手の選び方に問題ありか。 の続き記事です。 そもそも巨人や阪神がドラフトで広島を手本にするのは無理ではないか、と思う。 広島の場合は、丸にせよ、菊池にせよ、成功している選手にオーナーが深くコミットしている。 巨人でも、阪神でも、オーナーがタクシーに乗って、 タクシーの運ちゃんに「ウチの息子は大学で野......続きを読む»

広島がつき、巨人がこねし○○餅、座りしままに食べるのは・・・。

※記事名は「織田がつき 羽柴がこねし天下餅 座りしままに 食ふは徳川」という有名な落首から。 育成制度は元々広島が考えたものでした。 広島は支配下選手枠の拡大を目指した(先代オーナーの遺言?)のですが、多くの球団に反対され果たせませんでした。 反対の理由は、表向きは色々ありますが、要は「お金のかかる事はしたくない」「お金持ち球団が有利になる」というものが多数でした。 そこで広島が妥協策として考......続きを読む»

【阪神に悪い予兆!?その②】掛布退任!

以前、 【阪神に悪い予兆!?】原口を発掘したスカウトら退団 という記事で、原口や岩崎などをドラフト6位で発掘したスカウトの退団を記事にしました。 初年度から活躍した岩崎は兎も角として、不遇の時代を支えてもらった原口は相当ショックだったと思います。 その時、これが悪い予兆にならなければいいな、と思いましたが、今度は掛布退任・・・。 しかも、”世代交代”などという、取ってつけたような理由で......続きを読む»

【U18日本代表】偏った選手起用に疑問

【U-18日本代表にエールを送る。2012世界大会回顧】退場処分相当の米の悪質タックルを容認した韓国の球審、提訴しなかった日本 の記事で 大事な試合を良いコンディションと環境で迎えられるように、負荷が平準化できる選手選考や選手起用が望まれます。 と書きましたが、教訓は生かされること無く、大変偏った選手起用となってしまいました。 特に田浦投手、徳山投手、小園選手は酷使された印象です。 ......続きを読む»

【U-18日本代表にエールを送る。2012世界大会回顧】退場処分相当の米の悪質タックルを容認した韓国の球審、提訴しなかった日本

生き残りを賭けた因縁の日韓戦。藤浪、連投で先発マウンドへ。【2012世界大会回顧。その時、藤浪 晋太郎は日本のエースだった②】 の続き記事です。 <2012世界大会回顧ですが、アメリカ戦を振り返るまえに> 勝てば決勝進出と言う大一番を迎えた日本代表ですが、8連戦目という事もあり、選手たちの消耗が激しかったです。 特に甲子園で決勝まで戦った藤浪、森、北條は蓄積された疲労に8連戦を主力として戦っ......続きを読む»

【金本阪神3連敗】ローテを崩すとロクなことは無い

金本監督の若手にチャンスを与える選手起用は大変すばらしいと思います。 秋山投手とかは、前監督のままだと未だに二軍の帝王だったかもしれません。 また、リリーフ投手の起用についても1年目よりはるかに良くなっていると思います。 それはそれとして、ローテを崩してまで藤浪を広島戦に起用したのは失敗だったと思います。 金本阪神が3連敗しましたが、思えば中日戦でローテを崩して藤浪でなく、メンドーサを先発させ......続きを読む»

生き残りを賭けた因縁の日韓戦。藤浪、連投で先発マウンドへ。【2012世界大会回顧。その時、藤浪 晋太郎は日本のエースだった②】

U-18日本代表と藤浪にエールを送る。【2012世界大会回顧。その時、藤浪 晋太郎は日本のエースだった。】 の続きです。 <コロンビア戦。疲労から野手のミスが頻発> スーパーラウンド初戦のコロンビア戦ですが、試合相手も開始時間も当日決まるという、日本では中々有り得ない状況でした。 また、チェコ戦の後、開催国韓国チームの代表監督から「日本が違反バットを使用している」というコメントが出され、......続きを読む»

U-18日本代表と藤浪にエールを送る。【2012世界大会回顧。その時、藤浪 晋太郎は日本のエースだった。】

U-18日本代表がアメリカに負けました。 いやー、相手の投手凄かったですね。あんな投球されたら高校生では中々打てないですね。 日本がW杯のオープニングラウンドで負けたのは2012年以来ですね、多分。 ※2012年当時は大会名やラウンド名など”名称”が幾つか異なりますが、仕組み的には同じなので2017年大会の名称を使用します。 2012年と言えば、藤浪(阪神)が大車輪の働きをした大会です。 その藤浪の......続きを読む»

【感動がいっぱい】大記録達成の陰にある天理の姿勢

甲子園大会では広陵の中村選手が球史に残る大記録を達成しました。 これだけのプレッシャーの中で大記録を達成するのだから、大したものです。 <天理の姿勢にも感動> 対戦した天理バッテリーが真っ向勝負を挑んできたのも見逃せないところです。 二被弾したエースは、最後アルプスに挨拶する時には泣き崩れていましたが、立派な姿勢だったと思います。 周りの人は彼を責めたりせずに、暖かく迎えてあげて欲しいですね......続きを読む»

【「準々決勝が一番面白い」も今は昔】話題の中心広陵が併せ持つ、「最悪のくじ運」と「もう一つの幸運」と10年前の行き過ぎた応援

準々決勝は大差の試合が多かったですね。 昔は甲子園大会は「準々決勝が一番面白い」と言われた時期もありました。 ただ、元々甲子園大会の場合は、高校サッカーやラグビーと異なり、 ○シード制が無い ○試合間隔がばらつき、日程の有利不利が大きい という”くじ運”の影響が大きいという面があります。 それにより、今年の場合、偶々準々決勝の段階で戦力差やコンディション差が大きくなってしまったのでしょう......続きを読む»

【阪神が4年ぶりナゴヤドームで3タテ】大山のホームランが大きかったと思う。

阪神が4年ぶりにナゴヤドームで中日を3タテしました。 何気に初戦の大山の3ランが大きかったのではないでしょうか。 あれが無ければ7-4の3点差。勝ちパターンのリリーフ投手をつぎ込まざるを得なかったかもしれません。 そうするとリリーフ陣に負担がかかって今日は危なかったかも。 よくダメ押しホームランの事を勝敗に関係ない”無駄打ち”という人がいますが、リリーフ陣の負担を考えるとそうとも言えない......続きを読む»

【巨人のドラフトの改善点を考察する】広島との比較は意義が薄いと思いつつ・・・俊足野手の選び方に問題ありか。

昨今、アンチ巨人の視点から巨人のドラフトを広島と比較する記事をよく目にする。 それらの殆どが、広島を持ち上げ巨人を貶める目的のものに思える。 巨人と広島のドラフトの差を見ると、2位以下の野手(丸、菊池、鈴木、田中)の活躍差が際立っている。 但し、これは巨人に限らず殆どの球団に当て嵌まるので、これをもって巨人を貶めるのは理不尽なように思える。 言ってみれば広島の2位以下の野手の活躍は”特異点”み......続きを読む»

審判は仙台育英の走塁を注意すべきだった<+大阪桐蔭の敗因考察>

仙台育英VS大阪桐蔭戦はかなり後味の悪い試合になってしまった。 一塁手が怪我をしたシーンは、仙台育英の打者走者の左足はサッカーボールを蹴るような感じで、不自然な動きだった。 それが”故意”なのか、過失なのかはわからない。 或いは一塁手の足がベースの真ん中を踏んでいたので、一瞬、邪魔になったのかもしれない。 勿論、ベースの真ん中を踏んでいるから、といって蹴っていい事にはならない。 守備側がベース......続きを読む»

【1975年ドラフト】超豊作ドラフトの勝ち組は広島か、巨人か。~阪神2位指名を拒否した男「甲子園優勝を目指す」~

<1位・2位に入団拒否された阪神> 甲子園大会が始まりましたが、優勝候補の秀岳館が順当に初戦を突破しました。 秀岳館の鍛冶舎監督といえば、ドラフトファンの間では”阪神2位指名を拒否した男”として、知られていますが、果たして甲子園制覇なるでしょうか。 この年のドラフトでは、阪神は2位の鍛冶舎だけでなく、1位の選手にも入団拒否されています。 当時は今と違って、入団拒否は珍しくありませんでしたが、そ......続きを読む»

甲子園大会でもサスペンデッドゲーム採用を!【サッカー天皇杯でもあった】

<「サスペンデッドゲーム」を採用しない理由> 先日、サッカー天皇杯3回戦で名古屋-八戸戦が「サスペンデッドゲーム」になりました。 その際、再開試合において、名古屋側が11人揃わない事態が起こり、特例により選手の入れ替えが認められました。 ご存知のように、甲子園大会(予選も含む)では試合中の悪天候による「サスペンデッドゲーム」は採用されておらず、試合継続不可の場合はノーゲームか、コールド......続きを読む»

『広島にはもっと独走して欲しい』衝撃的な中日監督の発言

拮抗する上位の対戦成績 セリーグは広島が独走していますが、上位チーム同士の対戦成績は拮抗しています。 広島vs阪神 7勝7敗 広島vsDeNA 7勝7敗 広島vs巨人 13勝4敗 広島vs中日 10勝4敗 広島vsヤクルト 11勝5敗 上の対戦成績から解る通り、広島の独走は下位チームに大きく勝ち越していることが原因です。 ヤクルトは上位チームには満遍なく大きく負け越していますが、巨......続きを読む»

1 3 4 5 6

このブログの記事ランキング

  1. 2008年ドラフトを評価。現行制度の始まりは究極の下剋上 ~ ”不作”の年に狙うべき選手が解る。その法則とは。
  2. 2004年ドラフトを評価。源流がここにある ~ 金子取消騒動、日ハムBOS、阪神スカウト劣化、巨人裏取引etc
  3. 2005年大社ドラフトを評価。盟主が自由枠廃止派を鎮圧 ~ 究極のハンデ戦は意外な結末
  4. 審判は仙台育英の走塁を注意すべきだった<+大阪桐蔭の敗因考察>
  5. 【ちょっと早いドラフト採点】 阪神だけがゼロである。歪なドラフト戦略
  6. 【ドラフトで読み解く】広島カープは日本ハムの10年遅れ?or阪神同様「プチ黄金期」?
  7. 【12球団どこに入団しても一緒?】柳田悠岐はどこの球団でも開花しただろうか?
  8. 2005年高校生ドラフトを評価。盟主が悲願の高校生目玉と大社目玉の両獲り ~ しかし、一番活躍したのは育成選手という皮肉な結果
  9. 阪神がFA選手に嫌われる理由
  10. 【人的補償の選び方】阪神の鶴岡選択が”正解”だった理由

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
05
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
2015
07
06
05
2014
12
11

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss