popeyecocoaさんのこれまでのコメント

カープ怒濤の全員打点❗️

こんばんは❗️

soru様、コメントありがとうございます❗️
確かに夜はお珍しい。
岡田も會澤もストレート中心に組み立てていて、オールスターは一つのきっかけだったみたいですね。
監督も今日はラストチャンスという部分もあったとコメントしていますので、その状況で、岡田がしっかり残ってよかったです。
チームとしても、無理が無理を呼んで、次の故障者が出てはいけませんので、今日の岡田のピッチングには安心したでしょうね。
取りあえず、野村、大瀬良、中村祐太、九里、薮田、岡田の6人で回して行くのではないでしょうか。
ちょっと、ここが荒れる感じになって、ご心配おかけしましたが、私には味方をして下さる皆さんがいて、従姉妹からは、soruさんに愛されてるねーとか言われたりして、ほっこりしていますよ。
だから、皆さん、カープ愛で繋がったリアル友達のように感じています。
火曜日からも頑張っていきましょうね。
コメントありがとうございました。

2017-07-24 00:17|コメント支持(2)

薮田の9勝9奪三振❗️

カープのおかげ❗️

ココさん、コメントありがとうございます❗️
ブログで、思いを共有出来るのも、コメントでやり取り出来るのも、全てカープのおかげ。
仕事をしていく上でも、毎日を送る上でも、励みになっています。
いろんな人がいて、それぞれ違う立場もあり、当然、意見や感じ方も違いますよね。
違う意見の人との交流(ぶつかり合い)も、全てプラス。
carpositive様のおかげで、そう思えますよ。
「世界一のカープファン」も確かに、取られ方は人それぞれ。
でも、それぞれが、そう思っていければいいですね。
今、岡田が、どんどんストレートを投げ込んでいます。
何か、吹っ切れたかな。
コメントありがとうございました。

2017-07-23 18:04|コメント支持(0)

薮田の9勝9奪三振❗️

ありがとうございます❗️

carpositive様、コメントありがとうございます❗️
薮田は立ち上がりちょっとコントロールにバラツキがあり、そこを自分でも入りが良くなかったと言ったのかと思いましたが、ビシエドをスリーボールから打ち取った所もよかったし、何よりテンポがよく、バックが守りやすいピッチングだと思います。
それが、野手のいいリズムも呼んで、自らを助ける、打線の援護にも繋がっているのでしょうね。
薮田が最多勝を争ってくれるとは、本当に開幕当初は思ってもみませんでした。
彼が言うように、目標は高く、そして、最後まで駆け抜けて欲しいですね。
上本の件、いろいろなファンの思いはあるのでしょうけど、私は黒田さんのあの言葉を本当に大切に、自らの目標として心に留め、これからも頑張っていきたいと思います。
コメント嬉しかったです。
ありがとうございました。

2017-07-23 10:22|コメント支持(2)

薮田の9勝9奪三振❗️

上本に期待すること❗️

ココさん、コメントありがとうございます❗️
批判をしたくはなかったですが、「世界一のカープファン」ならば、そこは大事なところって感じました。
みんな楽しい事は好きだと思いますけど、スポナビ速報にあれが出た時、エッ❗️何してんの?って思いました。
ココさんと同じで、私は、上本選手が、代走や守備要員を超えて、スイッチヒッターとして活躍する姿を見てみたい。
ムードメーカーでもある彼が、プレーで活躍すれば、カープはもっと強く、いいチームになると思うからです。
自分も感情を抑えられず、時に暴走しますので、日々反省の繰り返しですが、よりよいカープファンになりたいなと思う日々です。
コメントありがとうございました。

2017-07-23 07:43|コメント支持(3)

嵐を呼んだ廉と竜司❗️

あくまでも私はカープファンです❗️

通りすがり様、コメントありがとうございます。

>カープベンチが先に何か言って挑発したという報道を、私は信じていません。
これの根拠は?
に答えます。

私はまず、現地で試合を観ています。そして、自宅に帰ってから録画していた映像を全て観ました。
レフトスタンドから観ていて、タイムリーを打った後の西岡選手の動きに違和感を感じていましたが、帰って録画を観て、その理由が分かりました。
一岡投手に向かって、バカヤロー・・・と言っている映像を観て、あーこんなことになっていたのだなと思いました。
それは、私がブログ内に書いていること、そのままです。
その後、0:30のスポニチアネックスの記事、
「阪神 西岡、一時同点の適時打“激怒”の真相は「なめられたくない」7/20(木) 0:30配信
を読みました。
恐らく、これが、西岡選手を取材した記事の最初のものです。
その抜粋はブログにも、その文のままを何も変えずに載せています。
「“もう1球、足元いったれ”と聞こえた。売られたケンカは買ったつもり。なめられたくないから。結果として、やり返した。(雄叫びやガッツポーズは)ピッチャーに言ったわけじゃないよ。感情的にはなったけど」
引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170719-00000153-spnannex-base
これをそのまま捉えると、この言葉がどこから聞こえたのか記述はありません。
西岡選手はカープベンチからと言っていません。
しかも、もっと言うと、この聞こえたという言葉自体が嘘である可能性すらあります。
他に誰も、この言葉を聞いたという人がいないからです。
打席の西岡選手にカープベンチから聞こえたのであれば、相当な大きい声で、ベンチから言ったことになりますし、西岡選手は、打席でカープベンチの方を一瞬たりとも見ていません。
だから、このこと自体が、後付けのねつ造である可能性が残ります。
私はカープファンですので、カープベンチが西岡選手に対して、そんな事を言うはずがないと思っていますから、そのように考えてしまうのです。
これは、私の個人的な見解です。
そして、阪神や西岡選手を擁護するマスコミからは、その後、カープベンチからのヤジに怒って、見事にタイムリーなんて、完全なる情報操作によって、西岡選手のイメージアップをはかる記事が出てきました。
ニュースが事の真相と銘打てば、それが真相のようになるからです。
だから、それらのほとんどを、私は信じていません。
これは、事実がどうとか言っているのではなく、私が信じていないと言っているだけです。
私が信じなくてもいいじゃないですか。
他の人は、西岡選手を信じてくれてもいいし、カープベンチを悪者にしてもいい。
でも、少なくとも、一岡選手は、なんら落ち度があることはしていないと、私には見えました。
だから、百歩譲って、ヤジが本当だったとして、そして、一岡が足元の際どいところを狙って投げたとして、(ちなみにあの時の會澤の構えはインコースでしたけど、もう少し上でした、足元を要求していないように見えました。)それが、野球として非難されるものですか?
一岡が、打たれた後に、バカヤロー呼ばわりされることに当たりますか?
私はそうは思いません。
だいたい、一岡が、足を怪我して復帰した選手の足を意図的に狙う訳がないじゃないですか。
そんな選手は、カープにはいません。
もう、言い切ってしまいます。
まずは、私が信じない根拠は以上です。

西岡選手はカープベンチに向かって何も言っていません。
一岡に向かって言っています。
カープベンチ云々は、西岡が自分を擁護するために考えた後付けに理由のように思えます。
怒るのなら、ベンチに向かって怒るはずです。
全くベンチに怒っていません。
しかも、後で、自分はベンチや一岡に対しては何も言っていないと矛盾したことを言っています。
少なくとも、これは嘘です。
口はバカヤローなのに、記事では雄叫びとか吠えたとかになっていますが、完全なる情報操作です。
これは、一岡個人に対する侮辱以外の何ものでもありません。
映像が、一岡に向かって言っているのを完全に捉えています。
他のどこかに向かってと言うのは、余りにも無理がある見方に思えます。
そして、私は、ブログ内で西岡選手を批判していますが、”リスペクトの念のない最低な言動”と表現していません。
でも、正直内心はそのような気持ちです。
野球で戦っているのだから、打った事が、西岡の勝ちであって、後にバカヤローと言うのは、野球ではないと思います。
だから、ケンカと表現しました。
これは、相撲で言うところの、ダメ押しに似ています。
自分が相手より勝っていることを、さらに強調して、相手を貶める、見ていて気持ちのいい行動とは思えません。
これが、私がケンカと表現した理由です。

最後に、黒田と前田の件ですが・・・
私は、黒田や前田智徳の例について、全く触れていません。
だから、それについて答える必要はないと思いますが、私の考えを言った方がいいのなら、言います。

黒田が藤浪を威嚇していたあの行為は、全部が全部褒められた行為ではないと考えています。
でも、あれは、いわゆる恫喝ではなくて、藤浪への叱咤だと捉えています。
バント処理を焦るあまり、しっかり腕を振らずに、ボールを握らずに投げ、1球だけじゃなく、2球続けて危ない球が来たので、しっかり投げろと言ったのです。
これは、黒田が投手だから、藤浪の状態が分かって、それじゃいけない、人に怪我をさせてしまうぞ、というような気持ちだったと理解しています。
だから、ざっくり言えば、私は結局、黒田の味方で、擁護する立場にいます。
でも、あの行為が好きかというと、そうでもないのです。

前田智徳に関しては、全く別です。
私はこのシーンに触れないで欲しい。
今でも、涙が出てくるくらい辛くて、思い出したくないのです。
でも、仕方ないから、書きます。
毎年毎年、前田智徳は今年が最終年と思って応援していましたが、あの年、2013年は、開幕当初から調子がよく、前田にとって、もう一花咲かせられる、いい年になるのではないかと感じていました。
前田の打席を毎回楽しみに見ていました。
江村はルーキーで、でも思い切りがいいピッチャーで、前田に対して臆することなくインを攻めてきました。
今でも全球思い出せますが、2球目は前田がバットに当てなければ完全に体に当たっていました。
前田は怪我とずっと闘ってきた選手ですので、デッドボールを恐れていたと思います。
相手がルーキーピッチャーだから、コントロールに信用がおけず、余計に怖がっていたと思います。
それが、証拠に、当てられかけてから、普通なら完璧に捉えたであろう、普通のスライダーに腰が引けたファウルを繰り返していました。
しかも、確かこの日はチームメイトの廣瀬にもデッドボールを当てられていました。
チャンスでしっかり打ちたい気持ちと、デッドボールを恐れる気持ちのはざまで必死に闘いながら、あの打席に立っていたのが前田だと思います。
そうしたら、最後に完全なる抜け球が来て、骨折。
この1球で、前田の野球人生が終わりました。
初のCS進出が目標だったこの年、チームはCSに出ましたが、そこに前田智徳の姿はありませんでした。
私は、前田にCSで活躍して欲しかった。
さらに何年か代打で頑張って、ルーキーイヤー以来の優勝を経験して欲しかった。
江村を恫喝して最低と人は言いますが、そんな精神状態で打席に立ち、内心恐れていた事が、現実になった時、何をしてくれんねんとなってしまうのは、人間ではないでしょうか。
江村への怒りの表現は、あの当時かなり叩かれましたが、私は、全く、一切、前田を責める気持ちにはなりませんでした。
あの行為はなかったらよかったとは思うんですよ。
でも、私は、カープファンで、前田の大ファンだったのです。
そんな、私に、どう答えろというのですか。
今でも、あのシーンを思い出すと、夢であってくれって思うんですよ。
前田のホームランをもっと見たかったんですよ。
CS進出を自分の力で決めて、喜ぶ姿を見たかったんです。

西岡選手のバカヤロー発言と一緒にしないでもらいたい。
骨折したから、恫喝OKなんて、そんな解釈な訳ないでしょ。
恫喝はいつだって、よくない行為だと思ってますよ。
でも、私は前田の味方です。
黒田の味方です。
そして、一岡の味方です。

それに、怪我明けの西岡選手に対して、精神的攻撃をした事が事実のように書かれていますが、その事実すら確認されていないことをもう一度強調しておきます。
ちなみに、そんな事をカープベンチが本当に狙ったとしたら、私は、カープベンチを批判しますよ。
カープはそんな変な攻撃ではなく、正々堂々と野球そのもので勝負するチームだと思っていますから。
そして、今回西岡との勝負には敗れましたが、最後には絶対勝ちます。

私は西岡の事は、一岡をバカヤローと言ったことで、批判はしていますが、最低の人間とは表現していません。
キレやすい人間だと思ってはいますけどね。
私の文章をもっとちゃんと読んで下さい。

というか、読んでいただかなくて結構なんです。
カープファンの文章なんて、読まれる必要ないじゃないですか。
コメントありがとうございました。

2017年07月20日 23:40に返信したコメントに関して事務局から記事の引用方法について訂正依頼が来たため、訂正し、再投稿したものです。

2017-07-22 09:59|コメント支持(1)

嵐を呼んだ廉と竜司❗️

ちょっと収穫❗️

next42様、コメントありがとうございます❗️
樹也、大きいカーブがよかったように思いました。
ジャクソン、負け展開では、楽に投げ込んでいたように見えました。
西川のヒット❗️
岩本のタイムリー❗️
これだけ失点すれば、勝つのは贅沢な望みでしたが、打線の集中力はよかったと思いました。
最後新井に回れば盛り上がったでしょうね。
今日は、久々に投稿をお休みして、明日の薮田に期待しようと思います。
コメントありがとうございました。

2017-07-21 21:19|コメント支持(0)

嵐を呼んだ廉と竜司❗️

今は特に何も❗️

next42様、コメントありがとうございます❗️
いつもブログを拝見しています。
レベルが高過ぎて、なかなか理解が出来ない事が多くて、それでも、頑張って勉強させて頂いています。
あのゲームは一昨日の事ですので、もう今は何もなくて、今日の予想外の負け展開のゲームを追いかけています。
一岡選手はもちろん、この件でファンに何も望んでいないと思いますが、一岡のために行動を起こさなければと言う気持ちで書いた訳でもなんでもないです。
ただ、見ていて気分が悪く、腹が立ったと言うことでしょうか。
この事で、一岡選手にかえって悪いことをしたという風には思わないですけど、そんな感じに取られる事もあるのかも知れませんね。
髙橋樹也が今8回表を3人で片付けました。
何かいいんじゃないですか。
こんな展開のゲームでも、しっかり応援をしていきますよ。
コメントありがとうございました。

2017-07-21 20:23|コメント支持(0)

嵐を呼んだ廉と竜司❗️

ありがとうございます❗️

神戸赤心会様、コメントありがとうございます❗️
三ノ宮での祝勝会もりあがったでしょうね。
ちょっと感情的に書き過ぎたと反省していますが、共感頂き嬉しく思います。
中田廉は本当に素晴らしく、スリーアウトの瞬間、レフトスタンドが揺れましたね。
今日が誕生日ですが、27歳になった廉も、また素晴らしいピッチングを見せてくれるでしょう。
甲子園のペットボトルOKは有り難く、カバンの危険物チェックはホントの形だけ。
ファンの良心に任せているのでしょうかね。
いかついイメージの阪神ファンですが、帰り道に声を掛けてくる事が結構あって、本当にみなさん、いい方たちです。
関西のカープファンとしては、甲子園がメイン球場ですので、これからも安全に楽しみたいと思います。
コメントありがとうございました。

2017-07-21 20:07|コメント支持(0)

嵐を呼んだ廉と竜司❗️

まさにそんな感じ❗️

hisan2様、コメントありがとうございます❗️
一岡に何か言われる理由があれば、ここまでは思わないのですが、理不尽に貶められるのはどうにも・・・
今回は、ちょっと荒れてしまいましたが、出来るだけこんな事がなければいいなと思います。
また、球場で頑張りましょうね❗️
コメントありがとうございました。

2017-07-21 19:57|コメント支持(0)

嵐を呼んだ廉と竜司❗️

すみません❗️

masagoro様、度々ありがとうございます❗️
ちょっと踏み込んで書き過ぎたと反省しています。
ファンの方と言い合いになりたくはないのですが、どうしても言いたくなってしまうのはダメなところですね。
以前にも、スルーした方がいいと、皆さんにご教示いただいていたのですが・・・
これからも、出来るだけ努力していきたいと思います。
ご心配、そして、コメントありがとうございました。

2017-07-21 08:12|コメント支持(1)

嵐を呼んだ廉と竜司❗️

ごもっともです❗️

yasu2000様、コメントありがとうございます❗️
なるほど、ごもっともですね。
申し訳ありません。
私はカープファンなんで、記事にはカープ寄りの偏見が必ず含まれています。
だから、他球団のファンの方と完全に分かり合える事はないし、こうやって言い合う事も、結論は出ないと思っています。
不快になられるくらいなら開けてくれない方がいいなと感じでいるのです。
言い合いになるのは本意ではないのです。
だから、常日頃からタイトルには気を遣っていて、他球団の方が気になってしまうようなタイトルは極力控えています。
中身を見なければ、そこに批判があるのかなんて分からないですから。
でも、yasu2000様のご批判は、ごもっともですね。
私も他球団の方のブログを読みますから。
まだまだ、私は、未熟者でした。
これからは、他球団の方の目も意識して書くように努めます。
どうしても、カープ贔屓は直せないと思うのですが・・・
コメントありがとうございました。

2017-07-21 08:07|コメント支持(1)

嵐を呼んだ廉と竜司❗️

ご一緒でした❗️

hisan2様、コメントありがとうございます❗️
以前、タクローコーチが言ったように、5・6の悲劇があったから、優勝できたって言えるようにしなきゃいけない、それが合い言葉ですね。
心の狭い私とは違い、hisanのブログはいつも心が穏やかになります。
すごく勉強させてもらっています。
野球でやられたら、野球で返す。
それが、当たり前ですもんね。
カープナインは、全員、素晴らしかったです。
私も、もっといいファンにならなくてはと思うんですけどね〜。
次は、京セラかな。
また、いつかご一緒出来ると思います。
コメントありがとうございました。

2017-07-21 00:16|コメント支持(2)

嵐を呼んだ廉と竜司❗️

まさにそうなんですよ❗️

信州の鯉人様、コメントありがとうございます❗️
西岡選手は、大けが、そして、苦しいリハビリ明けの状態で、厳しい攻めにも負けず、同点タイムリーを放った❗️
この時点で、プロ野球選手として最高の結果を出していたんです。
なのに、自らそれを汚してしまった形。
もうベテランと言われる選手が、なんで、あんなに怒ったのか、理解に苦しみます。
タイガース寄りのマスコミが、情報操作をして、この一件を西岡の美談のように報じており、それを信じた阪神ファンが、全く落ち度のないカープ側を攻撃してきますが、もうこの件に関して真実が明らかになることはないでしょうから、西岡選手も謝ったりはしないでしょう。
もう、それならそれでいいですし、カープはカープの道を追求していくだけです。
一岡選手も、変に巻き込まれてなきゃいいですけど。
これからも、カープファンとして、カープの選手が理不尽な目にあえば、それに対して声を上げたいとは思っています。
また、明日から頑張りましょう❗️
コメント有り難かったですよ。
ありがとうございました。

2017-07-20 18:01|コメント支持(2)

嵐を呼んだ廉と竜司❗️

ただただありがとうございます❗️

soru様、コメントありがとうございます❗️
そして、日々私のブログを支持して下さり、本当に感謝感謝です。
現地では、念を送ってくれている皆様の事を思いながら、上乗せして声を出したので、応援はみんなの力です。
カープの選手は、ほんとに素晴らしい集中力を持って、最後の最後まで戦ってくれました。
うちのリリーフ陣、あんな苦しい状態から、よく今があると思います。
そして、先発陣も頑張ってます。
全てが上手くいっているとは思わないのに、カープはついに防御率、打率、本塁打、盗塁の4部門でトップに立ちました。
さらに、ウエスタンで現在2冠のメヒアと、6年という長期契約のニュースも飛び込んできました。
いつも、そうですが、いいニュースがある時は、さらに気を引き締めていきたいですね。
もう余分な事は忘れて切り替える❗️
そういう意味では、今日はいい休養日ですね。
明日からは、カープに守り勝つ野球を教えてくれたドラゴンズとの闘い。
カープの選手が、9日振りのホームで躍動する姿をみたいです。
私も、カープファンであることを誇りに思っていますよ。
コメントありがとうございました。

2017-07-20 17:48|コメント支持(2)

嵐を呼んだ廉と竜司❗️

申し訳ないですが・・・❗️

通りすがり様、コメントありがとうございます。
申し訳ないですが、カープベンチが先に何か言って挑発したという報道を、私は信じていません。
そして、百歩譲ってもしそうだとしても、それが何か悪いのでしょうか。
プロ野球で、厳しい所を攻めるようにベンチがヤジを飛ばしたとして、ほんとにその通り投げるとか、そんな事ありますかね。
一岡選手は野球のルールの中で、西岡選手を打ち取ろうと、投球しただけであって、狙って当てたとかではないですよね。
だから、目に見えた事実だけで、西岡選手を批判したつもりです。
でも、チーム全体が、うんぬんの表現は行き過ぎだったかもしれませんね。
不快に思われたらすみません。
一人の言動で、みんながそうと思えてしまうという、私の個人的な感情に過ぎません。
思いたくないのに、そう思えてしまって残念という気持ちです。
それが、証拠に、好きな選手もいると書いています。
まあ、ある程度の批判は覚悟していましたので、ご批判も仕方ありませんね。
コメントありがとうございました。

2017-07-20 12:35|コメント支持(10)

嵐を呼んだ廉と竜司❗️

もちろんいいところあるんでしょうね❗️

1ofcarpfans様、コメントありがとうございます❗️
行き過ぎた表現で、不快にさせたり、ご心配をおかけしたのだとしたら、すみません。
西岡選手、もちろんいいところも沢山あるんでしょうね。
阪神ファンの方のブログで、かなり踏み込んで西岡選手の態度について述べられているものがありました。
あの方は凄いなと感じました。
私も感情的に書いてしまって、反省する部分もあります。
今後も一方的なものの見方はしないように気をつけていきますね。
コメントありがとうございました。

2017-07-20 12:27|コメント支持(2)

嵐を呼んだ廉と竜司❗️

今は移動の合間です❗️

ココさん、コメントありがとうございます❗️
私はタイガースでは鳥谷選手が好きです。
彼は、私のご近所さんで、家の近くでよく見かけます。
プレースタイルもクールなところも好きで、敵として最も怖い選手だと思っています。
ちょっと雰囲気がクール過ぎて、誤解されるところがあると思っているのですが、内面は熱く、チームメイトへの心ないヤジにキレたシーンにはグッとくるものがありました。
ファイティングポーズとは、鳥谷選手が持っているような、内面的なものが、最も格好いいと私は思っています。
決して、相手を威嚇したり、言葉で貶めたりするものではないと思います。
今から、午後の仕事、集中して頑張りますね。
コメントありがとうございました。

2017-07-20 12:22|コメント支持(2)

嵐を呼んだ廉と竜司❗️

真剣勝負の中で❗️

zerobase様、コメントありがとうございます❗️
プロ野球の真剣勝負の中、熱くなることもそりゃぁあるでしょうね。
時には乱闘になったりすることもあるくらいですから。
昨日の一岡選手の投球は、西岡選手をなんら挑発するような投球には見えませんでした。
体に当たりそうな厳しい球を投げずに抑えるのが難しい選手だからこそ、インを攻める。
体勢を少しでも崩さなければ、やられるからです。
実際、あれくらいしても、タイムリーを打たれたのですから。
だから、あそこは、タイムリーを打って、涼しげにガッツポーズをするくらいが、最も格好いい。
もし、派手にガッツポーズをするにしても、自軍のベンチにすればいいだけですよね。
そうしたら、やられた〜、やっぱりさすがやなってなるだけでした。
けんか腰になっているのは、西岡選手、ただ一人だったように思います。
これからの阪神戦も応援に行きますが、お互いにいいプレーを見せて欲しいと思います。
コメントありがとうございました。

2017-07-20 12:14|コメント支持(6)

嵐を呼んだ廉と竜司❗️

ちょっと踏み込み過ぎましたかね❗️

carpositive様、コメントありがとうございます❗️
コメントが荒れるのは、想定していました。
ご心配おかけして申し訳ないです。
いつも気持ちのまま書くので、行き過ぎると、このようにお叱りを受けてしまいます。
でも、イッチーは全く悪くないのに、暴言を吐かれた事には、黙っていられませんでした。
なかなか、理想のファンにはなれませんが、今後も応援は頑張っていきたいと思います。
コメントありがとうございました。

2017-07-20 12:06|コメント支持(5)

嵐を呼んだ廉と竜司❗️

見たままのことしか❗️

アンチカープファン様、コメントありがとうございます。
このブログは私が現地観戦をし、録画で野球中継を観た個人的な感想を書いているに過ぎません。
調子に乗って書いているつもりはありませんが、読み手の方がそのように感じるのであれば、そんな部分もあるのでしょう。
西岡選手の事は、知人がいるので多少は知っていますが、そんな事は昨日の出来事には関係なく、私は贔屓にしている選手が暴言を吐かれた事について述べているに過ぎません。
これは、映像に残っている事実ですから。
あの映像を見て、一岡選手への西岡選手の態度は悪いと思いませんか?
プロ野球人として、自慢できる態度とお思いですか?
もし、自分の贔屓の選手がおられるのであれば、全く逆の想定をして考えて見て下さい。
あれは、行き過ぎだと感じませんか?
西岡選手が、見えないところで、凄くいい人なんだったら、ぜひ、ブログでも書いて紹介して下さい。
読ませていただいて、考えを改めたいと思います。
コメントありがとうございました。


2017-07-20 12:03|コメント支持(19)

ブロガープロフィール

profile-iconpopeyecocoa

関西在住のカープファンで眼科医です。
現役時代のポジションはセカンド。
甲子園によく出没し、たまにズムスタにも。
山本浩二・衣笠祥雄の時代からカープファンで、高橋慶彦が大好きでした。
歴代投手では大野豊。
前田智徳の引退は本当に辛かったです。
今は菊池涼介推しです。
よろしくお願いいたします。
  • 昨日のページビュー:14585
  • 累計のページビュー:4565303

(07月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 嵐を呼んだ廉と竜司❗️
  2. 野球の神様ありがとう❗
  3. 一球の重み❗
  4. 心優しいアンパンマン❗
  5. 防御率はダテじゃない❗
  6. 混セ❗️そして先発ピッチャーがいなくなった❗️
  7. 不発だった藤浪対策❗
  8. これが緒方野球❗️
  9. いつも通りの野球❗️
  10. Aクラスが遠のく痛い敗戦❗

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss