愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」

箱根駅伝を中心とした学生駅伝、陸上関連のコラムです。

noburin

愛下哲久 (あいしたてつひさ) 出身地:埼玉県 役者をやっています。 よろしくお願いします。 以前のコラム名は「駅伝野郎のぶりん」でしたが、芸名が変わった為変更いたしました。 変わらずよろしくお願いします。 もっと見る
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:17025194
  • (11月18日現在)

最新の記事

第94回箱根駅伝の戦い方~神奈川大学~

青山学院と東海の2強争いに待ったをかけた神奈川大学。 むしろ、全日本大学駅伝を制したことにより俄然神大に対する優勝予想が支持を集め始めている。 大後監督がコツコツと積み重ねてきた王座復活への道のり。 彼の予想では往路優勝が狙える立場になったと分析しているが、選手たちの意識はそれよりも先、総合優勝を見据えている。 そして、今回の顔ぶれを見る限り決して不可能な目標ではないだろう。 優......続きを読む»

第94回箱根駅伝の戦い方~順天堂大学~

出雲駅伝では1区の出遅れから挽回し4位にまで順位を上げた順天堂大学だが、全日本駅伝では12位とシード権の争いに加わることができなかった。 箱根駅伝の前哨戦とも言われる全日本での失速は順大の立場を微妙にさせた。 エース力は高いが彼らを生かせる選手層は薄い。 それでも1~7区の経験者が全員健在なだけにノウハウと戦い方を知っている。 特に5区区間5位の実績を持つ山田選手に好位置で繋ぐことがで......続きを読む»

第94回箱根駅伝の戦い方~早稲田大学~

前回の箱根駅伝3位フィニッシュの早稲田大学だが、今回はシード権を死守できるかどうかという見方が強い。 主力の状態が上がっていない、エースの不在、選手層が薄くなったことによるチーム力低下。 そして、出雲・全日本駅伝共に上位争いから早々に漏れてしまったことから昨年度のような伝統校の意地は見せられないのではないかと感じてしまった。 5区安井選手、6区石田選手という山の経験者がいるとは言え、今季......続きを読む»

第94回箱根駅伝の戦い方~東洋大学~

出雲駅伝5位、全日本大学ではシード権獲得も5位という結果でレースを終えた東洋大学だが、この2レースを見た後の印象は「流石東洋」という認識だった。 理由は4年生不在オーダー。 出雲・全日本共に主力の上級生を怪我でエントリーさせることができず、下級生中心の起用を余儀なくされた。 しかし、このフレッシュなオーダーが東洋の可能性を見せた。 出雲では西山選手が区間5位、全日本では相澤選手が区間賞......続きを読む»

第94回箱根駅伝の戦い方~青山学院大学~

箱根駅伝4連覇を狙う王者・青山学院大学だが、昨年のような展開でレースを進められる可能性は低く苦戦が予想される。 出雲駅伝2位、そして箱根駅伝の前哨戦である全日本駅伝でも3位に終わり、「普通に走れば優勝できる」という雰囲気ではなくなった。 特に全日本駅伝では原監督が振り返ったようにデコボコな駅伝となってしまいミスや誤算が目立った。 ここ3年間は「青学メソッド」により、故障者が少なく大舞台に......続きを読む»

「1強」時代の終焉。「2強」から「3強」、そして新戦国駅伝へ

出雲・全日本駅伝を経て時代の変化が起こっていることはもう疑う余地はないだろう。 前年度は大本命だった青山学院大学だが、今季は苦戦。 チーム力は昨年と比べそこまで落ちているとは思わないが、絶対的エースの不在やライバルの台頭など箱根駅伝戦力図はこれまでと変わってきた。 出雲駅伝を制した東海大学、全日本駅伝を制した神奈川大学を交え、箱根駅伝は「3強」との見方が強くなってきた。 しかし、箱根路......続きを読む»

第49回全日本大学駅伝総括~地力を見せた駒澤・東洋・中央学院~

徐々に優勝争いから漏れてしまった有力校だったが、それぞれがただでは終わらないレースを見せてくれたと感じた。 駒澤・東洋・中央学院は前回も順位こそ東洋・中央学院は逆だが、確実にシード権を獲得。 力不足やミス、理想のオーダーを組めなかった背景はあったとは言え、6位以内でレースを終えることができたのは一重に地力が備わっていると実感した。 箱根駅伝の前哨戦とも言われる全日本駅伝。 彼らが本大会......続きを読む»

第49回全日本大学駅伝総括~2冠目を逃した東海大学の弱点~

ライバルと目されていた青山学院大学に競り勝っての2位。 箱根駅伝に向けある程度の手応えを感じたレースとも言えるが、やはり悔しさが残った全日本大学駅伝だったように思う。 出雲駅伝に続き全日本駅伝を制し今季2冠目。 そのシナリオは十分描けていたはずだった。 しかし、ほんの少しのミスで展開は大きく変わる。 選手層では圧倒的に上回っていた東海だったが、振り返ってみればミスをしなかった神奈川大......続きを読む»

第49回全日本大学駅伝総括~青山学院の誤算と不安~

「全日本駅伝はウチが有利」 そう語っていた原監督だが、目論見は外れ3位という結果に終わった。 バランス良くレースを進めた神奈川大学だけではなく、対抗と見られていた東海大学にも出雲に続いて及ばなかったことは箱根4連覇に向け黄色信号が灯った印象だ。 青山学院の強さは選手層の厚さと個々の走力、そして何よりも駅伝を楽しむことから生まれるロード力だった。 だが、今大会だけ見れば、安定感や総合力で......続きを読む»

第49回全日本大学駅伝総括~神奈川大学が20年ぶりの歓喜~

次開催ではコースが1部変更となる為、今回が現コースでは最後の大会となる。 その節目の大会を制したのは連覇を狙った青山学院大学ではなく、出雲駅伝を制した東海大学でもなく、神奈川大学だった。 神大の全日本優勝は実に20年ぶり。 エースの鈴木健吾選手を中心としたチームという印象があるが、今大会ではそれぞれの選手が見事に仕事をした。 「2強」という見方が強かったもののチームとしての総合力が高ま......続きを読む»

第49回全日本大学駅伝~箱根前哨戦で勢いをつけたい有力校~

箱根駅伝の前哨戦とも言われる全日本大学駅伝。 地力と選手層が求められるこの大会ではシード権の行方も気になるところだ。 青山学院・東海の2校は優勝を争うと予想されているだけによほどのことがない限りはシード権確実と見ていいだろう。 だが、残りの4枠は混戦模様。 伝統校である東洋・早稲田・駒澤とは言え、決して安全圏にいるわけではない。 むしろ、出雲駅伝やシーズンを通してのチーム状況を考える......続きを読む»

第49回全日本大学駅伝~求められる伝統校の巻き返し~

出雲駅伝を東海大学が制したことによりますます青山学院大学との2強体制の見方が強くなってきた今季だが、それに待ったをかけたいのが箱根の伝統校たちだ。 東洋・早稲田・駒澤。 数年前まで優勝を争ってきた彼らが全日本大学駅伝で強い存在感を取り戻すことができるかにも注目したい。 選手層では青山学院・東海に及ばないが、ロード力に定評のある伝統校であるが故、距離が伸びる全日本駅伝は2強を脅かすことがで......続きを読む»

第49回全日本大学駅伝~東海大学は2強の立ち位置を不動にするか~

黄金世代の2年生が躍動し、10年ぶりに出雲駅伝を制した東海大学が「ストップ・ザ・青山学院」の1番手に名乗り出た。 多くのスピードランナーを擁し、高校時代の実績も申し分ない選手たちが揃っていただけに遂に東海がベールを脱いだ印象を受けた。 昨年は主力選手を起用することができずシード権を逃した全日本だが、今回はベストメンバーで挑み、青山学院をどれだけ脅かすことができるのか箱根駅伝を占う重要なレー......続きを読む»

第49回全日本大学駅伝~青山学院の逆襲はあるか~

今年度の駅伝シーズン初戦となる出雲駅伝では2位に終わり、2年連続3冠という偉業達成はならなかった青山学院大学だが、全日本大学駅伝では自信を持っている。 距離が伸びたことにより地力の強さが、区間が増えたことにより選手層の厚さが十分に生かされ、この大会では優勝候補の筆頭に上がる。 一昨年の箱根駅伝から4大会連続で勝ち続けていたチームに訪れた出雲での敗戦。 悔しさをバネにし、再び王者の強さが見......続きを読む»

第94回箱根駅伝予選会チーム別総括~10位・東京国際大学~

【総合タイム 10:10:34】 25位 1:00:04 S・スタンレイ(4年) 28位 1:00:14 伊藤達彦(2年) 57位 1:00:47 濱登貴也(4年) 89位 1:01:05 真船恭輔(2年) 96位 1:01:08 堤 完一(3年) 109位 1:01:14 新田裕貴(4年) 122位 1:01:21 相沢悠斗(2年) 129位 1:01:25 鈴木聖人(4年)......続きを読む»

第94回箱根駅伝予選会チーム別総括~9位・上武大学~

【総合タイム 10:09:42】 10位 59:41 坂本佳太(4年) 22位 59:58 太田黒卓(3年) 61位 1:00:51 橋立 旋(2年) 67位 1:00:54 大森 樹(3年) 73位 1:00:57 関 佑斗(3年) 81位 1:01:01 熊倉優介(3年) 112位 1:01:16 松下恭一郎(3年) 144位 1:01:34 佐々木守(2年) 150位 ......続きを読む»

第94回箱根駅伝予選会チーム別総括~8位・城西大学~

【総合タイム 10:08:50】 24位 1:00:01 金子元気(3年) 29位 1:00:15 菅 真大(4年) 37位 1:00:23 西嶋雄伸(2年) 51位 1:00:42 山本竜也(4年) 85位 1:01:01 大石 巧(3年) 94位 1:01:06 中原佑仁(2年) 100位 1:01:09 服部潤哉(3年) 115位 1:01:17 荻久保寛也(2年) 1......続きを読む»

第94回箱根駅伝予選会チーム別総括~7位・国士舘大学~

【総合タイム 10:07:47】 11位 59:43 住吉秀昭(3年) 34位 1:00:22 八巻雄飛(4年) 40位 1:00:28 多喜端夕貴(3年) 45位 1:00:37 高田直也(3年) 52位 1:00:43 福田有馬(2年) 58位 1:00:49 辻田拓真(4年) 77位 1:00:58 藤江千紘(3年) 78位 1:00:59 鼡田章宏(2年) 131位 ......続きを読む»

第94回箱根駅伝予選会チーム別総括~6位・國學院大学~

【総合タイム 10:07:35】 30位 1:00:16 浦野雄平(2年) 31位 1:00:19 土方英和(2年) 39位 1:00:27 松永拓馬(4年) 42位 1:00:34 向 晃平(4年) 48位 1:00:38 内田健太(4年) 49位 1:00:39 江島崚太(3年) 93位 1:01:06 河野敢太(4年) 99位 1:01:08 國澤優志(4年) 108位......続きを読む»

第94回箱根駅伝予選会チーム別総括~5位・拓殖大学~

【総合タイム 10:06:27】 15位 59:48 戸部凌佑(3年) 18位 59:51 西 智也(4年) 19位 59:53 赤﨑 暁(2年) 41位 1:00:29 馬場祐輔(3年) 50位 1:00:41 W・デレセ・タソ(3年) 64位 1:00:52 中井槙吾(2年) 91位 1:01:06 白髪大輝(3年) 98位 1:01:08 鈴見侑大(3年) 102位 1......続きを読む»

第94回箱根駅伝予選会チーム別総括~4位・山梨学院大学~

【総合タイム 10:06:21】 2位 57:33 D・ニャイロ(3年) 23位 1:00:00 上田健太(4年) 26位 1:00:06 永戸 聖(3年) 32位 1:00:21 久保和馬(3年) 70位 1:00:56 片山優人(3年) 106位 1:01:13 出木場風吹(3年) 124位 1:01:22 藤田義貴(3年) 128位 1:01:25 首藤貴樹(2年) 1......続きを読む»

第94回箱根駅伝予選会チーム別総括~3位・中央大学~

【総合タイム 10:06:03】 8位 59:36 中山 顕(3年) 14位 59:48 舟津彰馬(2年) 17位 59:49 堀尾謙介(3年) 33位 1:00:22 畝 拓夢(1年) 59位 1:00:50 苗村隆広(3年) 66位 1:00:53 竹内大地(4年) 74位 1:00:57 池田勘汰(1年) 75位 1:00:58 岩佐快斗(2年) 126位 1:01:2......続きを読む»

第94回箱根駅伝予選会チーム別総括~2位・大東文化大学~

【総合タイム 10:05:45】 9位 59:38 林 日高(4年) 13位 59:48 原 法利(4年) 21位 59:57 川澄克弥(2年) 27位 1:00:13 山本翔馬(4年) 55位 1:00:46 奈良凌介(2年) 62位 1:00:51 齋藤 諒(3年) 72位 1:00:57 谷川貴俊(3年) 83位 1:01:01 奈須智晃(3年) 97位 1:01:08......続きを読む»

第94回箱根駅伝予選会チーム別総括~1位・帝京大学~

【総合タイム 10:04:58】 7位  59:30 畔上和弥 (3年) 12位 59:44 岩佐壱誠 (2年) 16位 59:48 佐藤諒太 (4年) 38位 1:00:24 竹下 凱 (3年) 46位 1:00:37 田村丈哉 (2年) 53位 1:00:44 横井裕仁 (3年) 63位 1:00:52 吉野貴大 (2年) 87位 1:01:03 島貫温太 (2年) ......続きを読む»

第94回箱根駅伝予選会総括~伝統校の復活と波乱~

10月14日箱根駅伝予選会が開催され、遂に2018年1月2・3日に開催される箱根駅伝本大会の出場校20校が出揃った。 箱根出場を狙うことができるチームが年々増えている中、激戦を勝ち抜いたのは以下の通り。 1位 帝京大学 10:04:58 2位 大東文化大学 10:05:45 3位 中央大学 10:06:03 4位 山梨学院大学 10:06:21 5位 拓殖大学 10:06:27......続きを読む»

第94回箱根駅伝予選会~10枠を巡る争いを勝ち取るのは?~

明日14日土曜日、遂に49校による箱根駅伝出場権10枠を巡る戦いの火蓋が切って落とされる。 何が起こるか分からないのが駅伝というのは良く言ったもので、例え通過確実・有力と見られているチームでも当日のコンディションやレース状況によって展開は変わっていく。 かつては箱根出場を狙えるチームは限られており、その中で最後の1枠を2・3校が争うような時代があったがそれはもう過去の話。 創価大学・東京......続きを読む»

第29回出雲駅伝総括~3位以下(関東勢)の各チーム寸評~

【日本体育大学】 古豪の意地を見せ3位に食い込みシード権獲得。 全日本駅伝の出場権を逃した背景もあり、ここに1つのピーキングを合わせてきたこともあるが、それでも安定したレースメイクは見事。 主力区間である1区の吉田選手、3区小町選手が崩れず区間6位でまとめたことが終盤の逆転への足掛かりを作ったと言えるだろう。 5区・6区に富安・辻野選手を起用したことも当たり、東海・青山学院に次ぐエント......続きを読む»

第29回出雲駅伝総括~青山学院の敗因は何だったのか~

2年連続3冠という前人未到の偉業に挑んだ青山学院だったが、大学駅伝初戦となる出雲駅伝で2位に終わり夢は潰えることとなった。 これまで優勝という言葉をあまり公言していなかったものの、大会前では出雲路に対する自信を匂わせ勝てるイメージはあったはずだった。 しかし、結果は東海大学のスピードに終盤付いていくことができず1分30秒以上の差をつけられ完敗。 チーム力としては昨年と同じくらいだと感じて......続きを読む»

第29回出雲駅伝総括~黄金世代の躍動~

第29回出雲駅伝は気温が27℃という非常にタフなレースとなった。 体感が30℃を越えるのではないかという厳しい気象コンディションに1区では岐阜経済大学が、4区では関東勢の法政大学が途中棄権という事態に見舞われた。 リタイアこそならなかったもののフラフラになってしまったり、ペースを上げられなかった選手が続出し速さよりも忍耐力を求められる出雲路だった。 大会前では東海大学と青山学院大学の対決......続きを読む»

第29回出雲駅伝~優勝のカギは4・5区が握る~

各チームの登録メンバーが発表され、やはり本命は青山学院大学と東海大学が挙がる。 スピードを生かせる距離と個人力、そしてここ最近のコンディションを考えれば、大きなアクシデントさえなければ最後まで優勝争いを繰り広げるのはこの2校だろう。 後を追うのはチーム状況が好調な中央学院大学、戦う準備が整いつつある早稲田大学、箱根での王座奪還を狙う東洋大学、そして神奈川大学・駒澤大学あたりが続いていくと思......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 57 58

このブログの記事ランキング

  1. 第93回箱根駅伝予選会①~主要チームエントリー分析~
  2. 第28回出雲駅伝を経ての箱根シード校の明暗
  3. 第92回箱根駅伝各チームの区間エントリー分析~前回シード校~
  4. 第48回全日本大学駅伝統括
  5. 大迫傑選手は日本選手権で勝てないのか
  6. 第28回出雲駅伝④~関東勢の区間エントリー予想①~
  7. 第92回箱根駅伝復路統括
  8. 第92回箱根駅伝展望予想
  9. 2015年度卒業生進路~青山学院大学~
  10. 第29回出雲駅伝~各チームエントリー①~

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss