猫に小判

J1版清水エスパルスの変化/J1仕様への試行錯誤

このエントリーをはてなブックマークに追加

2月に開幕したJ1も、今季もう後半戦に入りました。あっという間でした。 我らがエスパルスはここまで1度も降格圏に入ることなく、昇格組としては一見順調な道を歩んでいるなと思います。ですが、2年ぶりに戦うJ1の舞台は難しい。J1のチームへアジャストするために、ここまでどんな変化をしてきたのか見ていきます。


■序盤戦の戦い 昨シーズンJ2で猛威を振るったパスサッカーですが、今季序盤はそのサッカーを継承する形を取りました。

ビルドアップの基本線です。後方は3-1の形を取り、SBのポジショニングを高くする。これが去年熟成させてきたスタイルです。これをJ1仕様に仕上げるために新たにもたらしたのがビルドアップ隊にレフティーである野津田を起用したことです。

左足からの展開という、昨シーズンにはなかったオプションによって、前の選手のボールの受け方に変化が生まれました。ただ野津田ボランチだと守備で盲点が生まれてきます。というのも、これは野津田からしたらツキがなかったとも言えるんですが、攻め切ることができなかった。

序盤戦でよく見られたのが、テセが組み立てを助けるために中盤に降りてくる。そうなると、一時的に数的優位が生まれます。しかしテセ無き前線は、特にこの頃は金子でしたが、屈強なCB2枚を1人で相手にしなくてはならなかった。白崎や枝村が助太刀することもありましたが、そうなるとテセが孤立する。テセの場合、多少サポートがなくても1人でこじ開けてくれるんでスゲェーなって思うんですけど、でもJ1だとキツイ。ここで不用意にボールロストして跳ね返すという意味では弱いエスパルス後方陣ではカウンター受けに苦労するという展開になります。4月からチアゴが加わるんですが、独力でなんとかしてくれるチアゴが前線にいると、むしろシンプルな攻撃の方が効き目があり、野津田ボランチの意味がなくなってくる。同じ時期に竹内が復帰したというのも大きかったですが、結論からすると野津田ボランチは展開力は見物だったが、それだけだった。昔レアルがベッカムをボランチで使ったのと同じで、攻め切れない状態だとデメリットの方が大きくなる。今のエスパルスには合わなかったと捉えた方がいいかもしれません。こればっかりはしょうがない。


■守備のマイナーチェンジ さて、チアゴが本格的に稼働し始めたことでチーム全体的に変化が生まれます。まずCBにフィジカルある二見が起用されるようになった。二見のところで跳ね返せるようになり、また二見は左利きということで、これまた野津田には不運ですけど、左足からの展開にも期待ができます。二見と犬飼のCBにより、最終ラインの高さが低くなり、ボランチも過度に攻め上がることもなくなりました。この最終ラインに6月のセレッソ戦からカヌが加わったことで空中戦でも勝てるようになりました。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
S-pulse:17season
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

J2 第27節 大分 対 町田(地域とJクラブを思う)【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

《放送予定》8月12日 J2第26節ツエーゲン金沢vs東京結果 柳下監督会見、宮崎・秋葉・庄司・作田選手インタビュー ヴィンセドール白山Fチャレンジリーグ結果 選手インタビューほか【情熱サッカー@kanazawa】

J1・J2クラブのSNS事情(FB・Instagam)について【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

「J1」清水の戦い、未勝利のち、惨敗。【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

「J1」清水の戦い、まだまだ、まだまだ続く、未勝利。【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

卵が先か、鶏が先か~勝敗と支配率の関係【hirotaiのブログ〜オレンジの落書帳】

「J1」清水の戦い、未勝利がどこまでも……【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

セレッソ大阪vs清水エスパルス/誤算と想定外に揺れて【猫に小判】

ブロガープロフィール

profile-iconnekoni-koban

3度目の正直か。2度あることは3度あるのか。どうも猫煮小判です。今シーズンラストダービーです。思いの外、上手くいっているジュビロと、まだまだアジャストできていないエスパルス。残留するためにも、来シーズンを見据えるためにも、絶対負けられない戦いがそこにはある!!!
  • 昨日のページビュー:864
  • 累計のページビュー:2106960

(10月17日現在)

関連サイト:個人技編はこちら 「豚に真珠」

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ポゼッションという名の天使と悪魔/大榎克己と名波浩の出した回答と風間革命の真意
  2. 繰り返す愚行 変わらぬ体質/大榎克己は監督にふさわしいのか?
  3. ❝清水エスパルス❞のサッカー/"清水のサッカー"という幻想を追い求めた大榎克己と幻想に悩まされた田坂和昭
  4. 田坂体制における守備の変化/大榎克己が罵られた理由と失敗したワケ
  5. 夢しか見れない愚か者が辿り着く先/清水エスパルスを殺害した2人の容疑者
  6. 清水エスパルスがサンフレッチェ広島にボコボコにされた理由
  7. 長谷川健太と小林伸二、異なる4-4-2の守備と変化するSBの使い方
  8. 補強だ補強!! 来シーズンのエスパルスを占おう!
  9. 2015年のエスパルスで最も貢献した選手は誰か/選手の価値とオシムが求めたモノ
  10. 新生エスパルスの出陣/J2で戦い抜くための方法

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss