プロ野球死亡遊戯

【野球殿堂遊戯】子どもの野球離れと平成の大エース

このエントリーをはてなブックマークに追加

「最近は野球やる子が少ないからか、チームに入ると丁寧に教えてくれるし、すぐユニフォーム作ってくれたり完全にお客様扱いだよ」

昨年野球を始めた小学校低学年の子どもを持つ美人ママさんがそう言っていた。 先日の日刊スポーツに掲載されていた4〜9歳の男子が過去1年間によくやったスポーツランキングで「野球」はベスト10圏外。 都会の公園はキャッチボールすらできやしない。 で、もちろんここ数年はサッカー独走。 街中で野球帽を被った少年と河原に落ちたエロ本がニッポンの風景から消えてだいぶ経つ。

だからこそ、DeNAの神奈川県内の約72万人の子どもたちにベースボールキャップ無料プレゼント企画は意味がある。 すべてはコスプレから始まるからだ。 いつの時代も子どもは大人の真似というより、大人のコスプレをすることで成長する。 要は最近の子どもの野球離れ以前に、深刻なのは親世代の野球離れである。 例えば、日本のオヤジが狂ったようにテレビで巨人戦を見ていた時代、子どもたちも仕方がないから隣で一緒にナイター観戦。 で、気が付けば選手名を覚えている。 松井秀喜や高橋由伸あたりまではその流れがまだあった。 けど、最近はビール片手にナイター観戦というお父さんは減っただろう。 同時に子どもたちも野球に触れる機会が激減したわけだ。 今、球界に必要なのはニッポンの食卓のオカズになるようなスーパースターである。

じゃあ野球の未来はヤバイのか?って言ったら、すぐどうこうってことはないと思う。 一応、球場行けば満員御礼だからね。 今がヤバイと言うより、あの頃が異常だった。 ○○は終わったって言われているうちはまだ余裕がある。 本当に終わった時は、誰からも終わったことすら気付かれずに消えて行く。

例えば好きなバンドの音楽を聴いたけど、昔のように心動かされない。 クリープハイプ風に言うと「オリコン初登場7位その瞬間にあのバンドは終わった」状態。 でもアーティストからしたら聴いてくれているだけまだマシなんじゃないの? ガチでヤバくなってきたら、新曲出しても黙ってスルーされるわけだから。 ってことは「野球人気低下」とかニュースになってる内はまだ大丈夫。 世の中で「野球離れ」と言われなくなった時が、本当に終わる時だと思うよ。

…って野球離れについて書くとどうしても暗くなる。 明るい話題も頼むぜ斎藤さん。というわけで斎藤雅樹や工藤公康ら計5名が新たに野球殿堂入り。 斎藤の現役時代の数字を今見ると、凄いを通り越して怖い。 ほとんどギャグである。 180勝96敗 防御率2.77。2年連続20勝。11連続完投勝利。沢村賞3度。最多勝5度。最優秀防御率3度。3年連続開幕戦完封。 なんと2年連続20勝の89年と90年の2シーズンで計40完投もしている。 (昨季のNPBトップは虎のエース藤浪晋太郎の7完投) 分業制の進んだ現在ではありえへん投げっぷりだ。

野茂英雄、松坂大輔、ダルビッシュ有、田中将大、前田健太。 彼らは皆、エースから大エースになったと思ったらメジャーリーグに行ってしまった。 そして数年後には大谷翔平も海を渡ることだろう。 アスリートとして全盛期の内に最高峰のレベルでやりたいと思うのは当然のことだ。 もし自分がプロ野球選手なら誰に何と言われようが這ってでもメジャーを目指すと思う。 けど、正直少し寂しくもある。

もう斎藤のように3度も沢村賞を受賞するような偉大な投手がNPBの同一チームで20年近くプレーし、そのキャリアのすべてをファンとワリカンするなんてケースは二度とないだろう。

斎藤雅樹は日本球界で最初で最後の平成の大エースだった。 今、そう思う。

See you baseball freak・・・

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
斎藤雅樹
タグ:
斎藤雅樹

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【野球殿堂遊戯】子どもの野球離れと平成の大エース

斎藤雅樹の全盛期は先発した試合の7割近く完投して年間20勝、打撃も野手転向を噂されるほどのセンスの持ち主。
桑田や最近のマエケンもそうですが、セ・リーグの大エースって「打てる」って結構重要ですよね。

で、斎藤の数字を見ていて気になったのは97年シーズンから急激に衰えていること。
あれだけ偉大な投手も32歳にして腕や下半身の故障で満足に投げられなくなる。
これって今の杉内や内海と状況的にかなり近い。
プロ野球選手が30代中盤を過ぎても活躍するのは本当に大変なんだなと実感しました。

【野球殿堂遊戯】子どもの野球離れと平成の大エース

nakamiさん、お疲れさまです。毎回楽しく拝見してます。

斎藤といえば、何といっても初球のカーブですね!
右打者の外角にお約束のようにカーブを投げて、初球から簡単にストライクを取る。
最初は何で狙わないんだろう?と思ってましたが、あれは狙わないんじゃなくて、狙えなかったみたいですね。
分かってても打てないストレートやフォークはあっても、かなりの確率で初球から来るのが分かってるのにプロが打てないカーブって、どんだけキレてるんだって感じでした。

メジャーでも少ない横手投げですから、向こうに行っても間違いなく活躍していたでしょうね。
nakamiさんの仰る通り、こういう投手は日本ではもう見られないでしょう。

まさに最初で最後の、「平成の大エース」でした!

【野球殿堂遊戯】子どもの野球離れと平成の大エース

毎年、開幕試合と花見の時期が被って大変だった時代

しかし、斎藤がエースの時は安心して花見をしたのを覚えています

帰ってテレビを見れば、やっぱり勝ってくれている安心感

殿堂入り、おめでとう御座います

こんな記事も読みたい

選手達のコンディション把握こそ勝利への近道【スポーツ えっせい】

ジャイアンツ2016。背番号30・宮國椋丞、背番号21・桜井俊貴、いいライバル関係に 【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

ありだと思う、多村獲得。【会津のスナフキン的ドラゴンズ応援歌】

巨人ドラ1・桜井、プロ入り初のブルペン入り【野球専門誌『ベースボール・タイムズ』編集部ブログ】

読売ジャイアンツ 2015年スターシート、オーロラシート、プレミアム・ラウンジ限定のデザインチケット 現役、OBの写真63種類【やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(フタミ)】

今年もよろしくお願いします。【大田の素質開花を願うブログ】

16.1.16 メジャー志向とかそういうの【巨人を見る】

菅野はうちのエースですから【NO NAME】

ブロガープロフィール

profile-iconnakami

【著者紹介】
今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。

●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン)

●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル』(白泉社)

●単行本『プロ野球死亡遊戯 そのブログ、凶暴につき』(ユーキャン)

●雑誌ヤングアニマルにて、プロ野球小説『絶体絶命』連載中(毎月第2・第4金曜日発売)

●スポーツ報知にて『ズバッとG論』連載中(月1ペース)

●文春オンラインにて『文春野球コラムペナントレース』巨人編を連載中(週1更新)

●NumberWebにてコラム『ぶら野球』連載中(隔週)

●サッカーキングにてサッカーコラム連載中(隔週)

●e+スパイスにてプロレスコラム連載中(隔週)

●主婦の友生活シリーズ『読む野球』にて00年代の球界を振り返る『バック・トゥ・ザ・プロ野球』連載中

●ベースボールチャンネル http://www.baseballchannel.jp にてコラム連載中(隔週金曜日更新)

●ベースボールキング http://baseballking.jp にてコラム連載中(隔週月曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて『プロ野球世紀末ブルース』連載中(毎週水曜日更新)

●エキサイトニュース「90s チョベリー」にて映画コラム『キネマ懺悔』連載中(毎週金曜日更新)

【コメント欄について】
コメント欄での連投、ディスりあい、マジギレはNG。なお「こりゃあ荒れる」と予想される表現が含まれていた場合は、非公開とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

【プロ野球死亡遊戯Twitterアカウント】
@shibouyuugi

【プロ野球死亡遊戯Facebookページ】
https://www.facebook.com/proyakyu.shibouyuugi

【ライター/デザイン 仕事のご依頼はこちらまで】
proyakyu.shibouyuugi※gmail.com
(※は@に変換)

Copyright(C), 2010-2017 プロ野球死亡遊戯 All rights reserved.
このウェブサイトで掲載されている記事・内容の出典を明記しない転載、または商用の転載を禁じます。
  • 昨日のページビュー:2618
  • 累計のページビュー:71669811

(10月23日現在)

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  8. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss