プロ野球死亡遊戯

巨人軍は永久に不滅なのか? Welcome to baseball game of death.

nakami

関連サイト:プロ野球死亡遊戯Twitter

【著者紹介】 今季は東京ドーム観戦を中心に地方球場にも度々遠征。Twitter死亡遊戯も絶賛開催中。 ●単行本『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(ユーキャン) ●単行本『隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル もっと見る
  • 昨日のページビュー:3112
  • 累計のページビュー:71487635
  • (09月25日現在)

最新の記事

プロ野球小説『絶体絶命』第13話

【ニッスポ記者 棚橋光晴(28歳/6年目/年俸530万円)】前編  俺は豆腐に抱かれたい。  新人記者の頃、研修の一環で当時売り出し中の美脚女子アナ川岸有紀のインタビューに同行したら、その顔の小ささとミニスカの際どさに驚いた。で、軽い打ち上げで川岸さんが脂ぎった中華料理屋で思い切り良く麻婆豆腐を食ってるのを見て二度驚いたわけだ。死ぬほど綺麗なおネエちゃんだって結局、俺らと変わらないモノを食うのだ......続きを読む»

【2000安打遊戯】阿部慎之助「巨人のたったひとつの共通言語」

阿部慎之助、史上49人目の通算2000安打達成。 ここ数日間、お盆の予定は阿部2000安打次第という遠距離恋愛に狂ったOLさん状態だったファンも多いと思う。 俺もさっき両国で新日本プロレスG1決勝の死闘を見届けてから、DAZNで映像確認しながら汗だくのまま帰宅したら、まだ1999安打のままだった。 今夜ばかりは、初回にヘロヘロピッチで序盤を長引かせてくれた先発今村信貴に感謝だ。 ってそれでいいのか......続きを読む»

プロ野球小説『絶体絶命』第10話

【前回までのあらすじ】 東京エレファンツのドラ1キャッチャー大森誠也(25)は正捕手の田部慎太郎(35)の故障で開幕直後から先発マスクを被ることに。打撃不振に加えリードで課題露呈と首脳陣やOBから叩かれる日々。さらに人気女子アナの高沢玲奈(24)とのスキャンダルも発覚。追い詰められた大森はついに遠征先で田部の部屋のドアをノックする。 【大森誠也 東京エレファンツ捕手 (25歳/1年目/ドラフト1......続きを読む»

プロ野球小説『絶体絶命』第9話

【前回までのあらすじ】 デザイナーの望月清(31)は職場のアルバイトのアサミちゃんと月曜日の振り替え休日を合わせディズニーシーへ。デート中、フードコートで休憩しているととんでもない美男美女カップルを発見する。なんと、東京エレファンツのドラ1キャッチャー大森誠也(25)と人気女子アナの高沢玲奈(24)だった。 【大森誠也 東京エレファンツ捕手 (25歳/1年目/ドラフト1位/年俸1500万円)】前......続きを読む»

【読売記録遊戯】巨人13連敗の夜空に

「負けたことがある」 というのがいつか大きな財産になる。 『スラムダンク』で山王工業の堂本監督が言っていた。 いやいや、さすがに巨人負け過ぎでしょ。 この原稿は2017年6月8日19時41分に書いている。 現時点でメットライフドームは5回裏0対12のボロ負けだ。 残念ながら球団記録更新の13連敗はほぼ確実だろう。 って何人かの編集者は「死亡遊戯ブログ書く時間あるなら、ウチの連載原稿早く送ってくれ」......続きを読む»

プロ野球小説『絶体絶命』第6話

【前回までのあらすじ】 東京エレファンツの外野手で元“育成の星”ことジャガー山元和哉(29)は、開幕戦の最終回に見せたチームを救う超ファインプレーで自身7年ぶりのお立ち台に。すると大歓声の中、話している途中でいきなり泣き出した山元は、突然「今年限りで引退宣言」を絶叫。東京ドームはどよめきに包まれたのだった…。 【山元和哉 東京エレファンツ外野手(29歳/12年目/育成ドラフト)】後編 「なあジャ......続きを読む»

プロ野球小説『絶体絶命』第5話

【前回までのあらすじ】 東京エレファンツへFA移籍してきた大野道大(35)は新天地の開幕戦で、自身の人的補償で神宮クロマニヨンズへ移籍した石原昌利投手(25)から同点ツーランを放つ。そんなサムライ大野とともにヒーローになったのは最終回の超ファインプレーで勝利に貢献したセンターを守る“元育成の星”ことジャガー山元和哉(29)。すると、試合後のお立ち台で突然ジャガー山元は号泣したのだった…。 【山元和......続きを読む»

【読売代打遊戯】脇谷亮太「ベテランになるということ」

人は飽きる。 時にようやく手に入れた便利さにも飽きる。 最近、ここ数年まったく購入していなかったCDをまた買い出した。 例えばドレスコーズやカサビアンの新譜はiTunesの配信ではなく、すべてCDで買った。 一応断っておくと、CDとは懐かしの助っ人左腕クリス・セドンの略ではない(微妙にスペル違うし) ってなんやねんこの始まり方。 ということで、久々に死亡遊戯ブログを書いてる。 おかげさまで、野球......続きを読む»

【読売昇格遊戯】宮国椋丞「未来を選べ」

彼らが選んだ、20年後の「未来」。 少し前に映画『T2トレインスポッティング』を観た。 気が付けば、前作から20年だ。 もちろんT2も面白くて切なくて、相変わらずイギー・ポップは最高で、おまけに中年の健康オタクになった主人公レントンに少し共感してしまった。 最近、30代の中盤あたりで、周囲の同世代の知り合いもなぜか狂ったようにジムに通う人が急増中。 なんでやねん…ってそういう俺も恐ろしいことに軽い......続きを読む»

【読売開幕遊戯】村田修一「男の意地」

「まだ始まったばかりなので喜べないですね」 よく開幕ダッシュをかました監督がそんなコメントを残す。 いつも本当かよ、と思ってたけど、あれガチだね。 プロ野球開幕日に始まった文春野球コラムペナントレース、12球団別にライターをつけて読者が押すHITボタン数で競う本企画。 おかげ様で巨人担当の死亡遊戯はぶっちぎりで首位独走。 なんだけど、今のネット記事はヤフトピ掲載されると、それに引っ張られてリンクさ......続きを読む»

プロ野球小説『絶体絶命』第2話

【前回までのあらすじ】 東京エレファンツの投手、石原昌利(25)は2軍の便利屋という自らの置かれた立場に危機感を抱く日々。ある日、付き合ってるマリコさんから「次回登板で先頭打者から三振を奪えなかったら実家の和菓子屋に来てパパと会って」と非情の最後通告が。公私ともに崖っぷちのマーシーは、5回表1死満塁というピンチでマウンドに上がるハメに。打席には元甲子園のスターB.B.小林。カウント2ストライク1ボー......続きを読む»

【読売丸刈遊戯】小林誠司「ボウズ君の逆襲」

日常生活に完全に支障が出てきている。 そんな野球ファン多数(俺)。 今回のWBCは怖い。 接戦を制したキューバ戦は22時半過ぎゲームセットで、客席からは「今日は早く終わったから終電がある」なんて安堵の声。 いつもは注文してから出てくるまで30分かかるラーメン屋が、今日は15分で出てきてラッキーってなんでやねん。 悔しいことにその超遅いWBCラーメン美味いんだよ。ねぇ解説の原さん。いやそういうことで......続きを読む»

プロ野球小説『絶体絶命』第1話

【石原昌利 東京エレファンツ投手(25歳/3年目/ドラフト5位)】  ストレートフラッシュ!  えっマジすか?   時計の針は午前11時半を指している。9月のよく晴れた真っ昼間、この時間にクーラーの効いたマッサージ室で、丁寧に腰を揉んでもらいながらやるポーカーは最高だ。右手にスポーツドリンク、左手にはトランプ、ポケットにはハイチュウ。俺も気が付けば25歳になる。都内の二流の私大を出て就職してから......続きを読む»

【読売決別遊戯】「57番の藤村大介」

気が付けば、進行中の連載コラムが10媒体を超えようとしている。 ゼロからプロのライターになってやるなんつって、7年前にこの死亡遊戯ブログを始めた当初の目標はほぼクリアした。 けど、相変わらず達成感とか高揚感みたいなものはあんまないんだよな。 風呂に浸かりながら、このペースで3年後、5年後も書いていられるのかとかジジイのように考えることもある。 まあ10年続けば客に飽きられるか、老舗として定着するか......続きを読む»

【読売球春遊戯】ケーシー・マギー「マギーの危険な誘惑」

巨人の春の風物詩が消えた。 毎年、その男の豪快なフリー打撃を見て「今年は違う」「ついに開花」なんつって盛り上がるのが楽しみだったのに。 「今度こそ本物」って、結局その「今度」はこなかった。 合コンのおネエちゃんが帰り際に微笑む「今度飲みに行きましょうね」レベルの優しい嘘。 そう、巨人ファンにとって、大田泰示とは「優しい嘘」だった。 みんなもう厳しいって薄々気付いていたのに、それすらネタにして楽しん......続きを読む»

【読売継承遊戯】阿部慎之助・小林誠司「37歳と27歳」

2年間も待たせやがって…。 今、巨人ファンは『スラムダンク』の木暮君の気分である。 大一番の山王工業戦で湘北高キャプテン赤木と気まぐれなイケメン三井が得点を決めた直後、ヘロヘロになりながら無言でグータッチ。 それをベンチから見ていた引退間近の木暮君は思うわけだ。 ようやくかよ。おまえら散々期待させて、2年間も待たせやがって…と。 早いもので小林誠司が巨人に入って、もう3シーズンが経過した。 1年......続きを読む»

【読売FA遊戯】平良拳太郎DeNAへ「祝・巨人大学卒業」

プロテクトリストは「未来」じゃなく「今」を守るものだ。 どう考えても1軍実績のない若手までは守りきれへん。 って5年前から200回くらい書いてる気がするな。あ、すいません。 明けましておめでとうございます。 新年1発目の記事がDeNAへの人的補償選手判明というヘビィなネタだ。 重い。スマスマの最終回くらい重いよ。 と、年末から続いた正月気分も吹っ飛ぶ、ハマの平良拳太郎。 俺が寝ぼけてるのかと思った......続きを読む»

未来は僕等の手の中 平良拳太郎 編

「自信ってのはな…根拠の無いものなんだよ!」 漫画『アオイホノオ』でそんな台詞が出てくる。そらそうよ。若者の自信には基本根拠が無い。科学的裏付けはゼロ。だから俺が最高!って言ったもん勝ち。いつの時代も若者は世の中を舐めている。いや世の中に甘えている。言い方を変えれば、彼らは世界を信じているのだ。この世は俺を裏切らないと。 で、社会に出て絶望する。なんなんだよ超冷てぇ…こんなはずじゃなかったってさ......続きを読む»

【最優秀死亡遊戯】2016年MSP受賞選手発表!村田修一「君の名は。」

振り向けば、もう12月末。 今年もスター・ウォーズ祭り絶賛開催中だ。 12月16日から映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の公開開始。 早く観たいなSTARWARS…でしょSWS…SWP?…あれっMSP選手。 そらそうよ。えっマジで?というわけで茶番感溢れる出だしから、年末恒例「2016年MSP受賞選手発表」といこう。 もちろんMSPは最優秀死亡選手賞(Most valuable ......続きを読む»

【読売FA遊戯】巨人ガチ補強から分かる「チーム5年周期説」とは?

巨人のストーブリーグがリア充だ。 えっどういうこと? いやリアルな補充ポイント多数みたいな。 先発の山口と吉川、左の中継ぎ森福、アベムラ保険マギー、右打ちセンター陽岱鋼。 突っ込もうにも今年の大型補強は超ピンポイントで、やけに理にかなっちゃってる。 正直、ひと昔前みたいに4番ファーストを無意味に3人獲るみたいなバブル感は皆無。 あの頃は、食卓にすき焼き・寿司・ハンバーグが一気に並んでるような意味不......続きを読む»

【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】

これで、自分もついにFA宣言か。 10年近く前、20代中盤で初めての転職活動をしている時にそう思った。 まあすぐに勘違いだと気付いたんだけどね。 悔しいけど、争奪戦になるFA選手ってマジ凄いんだなと痛感する日々。 好条件で「ぜひウチに来てください」なんて誘ってもらえる会社員はほんのひと握り。 少しでもいい条件を引き出そうと動き回ってる俺は、トライアウトを受けてる自由契約選手みたいなもんだ。 ったく......続きを読む»

【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】

あの頃は、いい天気で能天気だったな。 最近よくそう思う。 だって、5年前は俺ら平和に背番号論争してたんだよ。 18番はアリかナシかなんつって。 4年20億円の杉内だ、4番サード候補の村田さんだって派手に補強しまくってまだ余裕があった。 今年のFA市場のターゲットはDeNA山口俊、ソフトバンク森福允彦。 なんかリアルだよね。切実さが超リアルだ。 しかも片岡や大竹、それに相川の時のような獲得に対する賛......続きを読む»

【読売FA遊戯】2016年版プロテクトリスト傾向と対策(予習編)

移籍市場は回転寿司と同じだ。 自分の財布事情と相談して、ネタの鮮度を見極め、回ってる一番美味そうな寿司を食う。 何を選ぶかは人それぞれ。 俺なんか普通に回ってるプリン取るからね。 「寿司屋に来てプリンかよ」って、時に左のワンポイントプリンがチームを救う。 というわけで、残り5名の攻防だ。 えっ何が? いやFAプロテクトリストの話ね。 流行語大賞とか紅白出場とかアモーレ婚とか、今年も気が付けばそん......続きを読む»

【読売移籍遊戯】「さらば、大田泰示」

良かったな。本当に良かった。 それが寝起きで「大田泰示、日本ハムへトレード」のニュースを聞いた、最初の感想だ。 強がりでも、ふざけているわけでもなく、99%そう思った。 で、残りの1%は妙な寂しさだ。 「寝てる場合じゃないっすよぉぉ!」 スマホの向こう側では、ヤングアニマル本誌で一緒に大田のインタビューに行ったO野木編集マンがシャウトしている。 そうか、夢じゃなく現実か。 本当ならば、選手の格的に......続きを読む»

【札幌広島遊戯】「大谷のプロローグと黒田のエピローグ」

受験と映画だ。 えっ何が?いや日本シリーズ。 自分が普段応援しているチームが出る日本シリーズは、心情的に受験でしょ。 とにかく結果がすべて。笑いなんていらんがな。どんな形でも勝ってくれよと。 まるで選手たちをハムカツ弁当作って見送るオカンの気分で応援する。 対照的に贔屓以外のチームが出る日本シリーズは映画みたいなものだ。 結果云々よりスリリングで面白いストーリーが見たい。 ペナントレースが終わりの......続きを読む»

【読売新人遊戯】「由伸監督がクジを引くべき理由」

ドラフトの独自路線は、母ちゃんの節約料理に似ている。 そりゃあ、たまになら我慢はする。 けどそれがあまりに続くとブチギレそう。 家計が苦しくっても、たまには牛肉ハンバーグ食いたいっすよ。 というわけで、巨人は久々に思い切ってハンバーグ級をぶっこんだドラ1競合で田中正義、佐々木千隼と立て続けにクジを外した。 なんていうか、ナイスファイト! って俺なんか大学受験でしくじった時、担任の先生に笑顔でそう言......続きを読む»

【読売引退遊戯】鈴木尚広「巨人最後のジョーカー」

代打高橋由伸がヒットを放ち、すかさずベンチから代走鈴木尚広が出てくる。 東京ドームで見る、あの光景は最高だった。 って、すでに過去形なのが泣けるぜ…。 通算228盗塁、歴代トップの盗塁成功率82.9%を誇った希代の走り屋が現役引退。 「あいつらしいよね。まだできるのに」 同学年の阿部慎之助のコメントが最も、らしかった。 12年連続二桁盗塁中。まだできるのにって言うか、多くのファンが「まだ食えるのに......続きを読む»

【読売終戦遊戯】「さらば、原巨人」

東京ドームにあったのは悔しさよりも、寂しさだ。 DeNAとのCS第3戦は延長11回の死闘に競り負け、巨人の激動のシーズンが終わった。 投手も野手もパンク寸前のママチャリで爆走するような総力戦の末に力負け。 ったくギャレットは対DeNA戦で打率358、10本のヨコハマキラーとか言ったの誰だよ。ゴメン、俺だよ。泣けるぜギャレ砲、CS11打数ノーヒット。 ひとつのサイクルが終わり、過渡期にある今のチーム......続きを読む»

【読売CS遊戯】長野久義「ドアを叩けば」

「俺の人生の扉、ドアはあのホテルのドアだった。あれを開けると開けないじゃ、人生は変わっていた」 タモリはこんな言葉を残している。 『タモリ学』(戸部田誠著)によると、アラサーのタモさんが地元九州でまだ普通のサラリーマンをしていた頃の話だ。 ジャズライブ帰りにホテルの知り合いの部屋で飲んで、深夜に帰ろうと廊下を歩いていたら、通りがかった部屋の中から楽しそうな声が聞こえて来た。 ドアの隙間から見えたの......続きを読む»

【読売CS遊戯】阿部慎之助「刺身のツマ」

今、阿部と筒香を比較する、それは2016年に広末涼子と広瀬すずを比較するようなものだ。 東京ドームで24歳筒香嘉智の完璧な逆転ツーランを眺めながら、そう思った。 元日本の4番と現日本の4番。 一時代を築いた人間と、これから時代を築こうとしている若い才能が放つ勢いの差。 まあ熟女には熟女の魅力がね…なんて意味不明なエクスキューズをかましたところで虚しくなる惜敗。 DeNAとのCS第1戦、巨人の4番に......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 36 37

このブログの記事ランキング

  1. 【読売予想遊戯】ついにFA大竹寛が巨人入り決断!巨人軍「対広島プロテクトリスト完全ガチ予想」とは?
  2. 【読売捕手遊戯】2014年オフに待ちうける日本プロ野球史上最大のFA狂騒曲!「西武ライオンズ・炭谷銀仁朗」を巡る仁義なき争奪戦とは?
  3. 【読売幻想遊戯】巨人軍「糸井嘉男トレード獲得」シミュレート!果たして巨人の交換選手は誰になるのか?
  4. 【緊急トレード解説遊戯】日ハム糸井がオリックスへ電撃移籍!いったい「どっちのチームが得をした」のか?
  5. 【読売予習遊戯】巨人軍FAプロテクトリスト完全ガチ予想2014年最新版!「さあ残り2名を語ろう」とは?
  6. 【読売衝撃遊戯】ヤクルトへの人的補償はまさかの19歳!奥村展征「冬のドラフト1位指名選手」とは?
  7. 東京ドームの巨人戦買ってはいけない席とは?
  8. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【後編】
  9. 【読売FA遊戯】巨人軍「対DeNAプロテクトリスト完全ガチ予想」【前編】
  10. 【読売移籍遊戯】V2チームの補強ポイントは右の外野手!巨人軍「ロッテ清田育宏のトレード獲得」はあるのか?

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss