M.スアレスの私的JOURNALISTIC

賞賛しつくせぬほどのアトレティコの偉業

このエントリーをはてなブックマークに追加

〜はじめに〜

今回も「CHANT(チャント)」からの転載記事となります。
「CHANT(チャント)」については以前の記事の冒頭のコメントをご参照頂けますと幸いです。

よろしければ、「CHANT(チャント)」の記事にもアクセス頂き、「いいね」やコメントを頂けると嬉しいです。以下が転載元のリンクです。

〈転載元〉

また記事の掲載状況をお知らせするためのTwitterアカウントを解説しましたので、よろしければ、フォローお願いいたします。

ミノル・スアレス (minorusuarez) on Twitter

それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

~転載記事~

『何より素晴らしいのは、金にモノを言わせたわけではないという点だ』

リーガ2強時代。
私が言うまでもなく、2強とはレアル・マドリーとバルセロナのことであるが、
そういわれ始めてから、かなりの年月が経った。

実際、リーガ・エスパニョーラのタイトルは、
2003-2004シーズンにバレンシアが獲得して以降、
9年間に渡り、2強の“寡占”状態となっていた。

しかし、今シーズン、ついに2強時代が終わりを告げる。
アトレティコ・マドリーがリーガを制したのである。

この事実だけをもってしても、十分に賞賛に値することであるのだが、
何より素晴らしいのは、彼らがチェルシー、マンチェスター・シティ、
パリ・サンジェルマンのように、金にモノを言わせて、
ビッグネームを買い漁り、リーグの序列を覆したわけではないという点だ。

現在のチームにビッグネームと呼べる選手はダヴィド・ビジャくらいであり、
そのビジャに関しても、全盛期は過ぎている。
今後、その仲間入りするであろう選手も、
ジエゴ・コスタとクルトゥワくらいであろう。

そのようなチームがリーガを勝ち取ることができたのは、
ディエゴ・シメオネの功績に他ならない。
実際にアトレティコ・マドリーというチームは、
“闘将”と呼ばれるシメオネそのものである。

『シメオネのプレーの裏には、いつも高い技術があった。』

シメオネと言えば、特にフォーカスされるのは、
激しい守備をはじめとした闘争心溢れるプレーであろう。
98年ワールドカップで、あまりのマークの激しさに苛立ったデイビッド・ベッカムが
報復行為におよび、退場になったというのは有名な話だ。

現在のアトレティコ・マドリーもハードワークを信条としたチームであり、
シメオネのメンタリティが投影されているかの印象を受ける。

とはいえ、私はそれだけをもって、
アトレティコというチームをシメオネそのものと表現したわけではない。

シメオネの現役時代を知らない方は、先に挙げた特徴だけを見て、
シメオネはまるでガットゥーゾのような選手だったと思われるかもしれないが、
実際にはそうではない。

既に忘れ去られてしまったことであるが、
シメオネが頭角を現した頃、彼を「マラドーナの後継者」と呼ぶ声があった。

今となっては信じられないような話であるが、
世の中がマラドーナの後継者を求めていたこと、
共に「ディエゴ」という名をもっていたこと、
そして、何よりシメオネという選手がテクニカルなプレーメーカーだったことが相まって、
そう呼ばれるに至ったのだ。

そう、若い頃のシメオネは、テクニックに特徴がある選手だったのだ。
そのシメオネはキャリアを重ねるとともに、
多くの方がご存知であろう闘将としてのプレースタイルに変貌していくのだが、
シメオネのプレーの裏には、いつも高い技術があった。

この事実こそが、私がアトレティコをシメオネそのものと評する理由であり、
実際に、アトレティコの選手達もまた高い技術を持っている。

『技術のある選手達に、ハードワークとリスクマネジメントを植え付けたことこそ』

アトレティコはハイプレスに特徴があるチームであり、
クリアや無謀なシュートなど、割り切ったプレーを多様することから、
技術的なレベルはさして高くはないと思われている方もいるかもしれない。

しかし、アトレティコの選手達はプレッシャーにさらされても、
簡単にボールをロストすることは稀で、
時折見せるパスワークは、非常に高いレベルにある。
その中には、ワンタッチプレーも少なくなく、選手達の技術の高さが見てとれる。

ハードワークを信条としているチームは、何もアトレティコに限らない。
そういった意味では、高い技術とワードワークを両立させている点にこそ、
シメオネ率いるアトレティコの最大の特徴があると言えるだろう。

付け加えれば、先ほど挙げた割り切ったプレーも、
観ている側からすれば、大変つまらないものなのだが、
その反面、試合運びの観点からすると非常に効果的なリスクヘッジの手段だとも言える。
そういったリスクマネジメントも、アトレティコのもう1つの特徴だと言えるかもしれない。

技術のある選手達に、ハードワークとリスクマネジメントを植え付けたことこそが、
シメオネの功績だといえる。

アトレティコがリーガを制することができた最大の要因は、やはりシメオネにある。
とはいえ、アトレティコには、知名度こそ低いかもしれないが、
極めて優秀な選手が揃っていたことも見逃せない。

アトレティコは、5月24日にチャンピオンズリーグの決勝を控えている。
次回からは、アトレティコをあまり知らない方々により決勝を楽しんで頂くため、
数回に渡り、アトレティコに所属する素晴らしい選手達を紹介していきたい。

続きはこちら → ガビ ~帰ってきた生え抜き~



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リーガ・エスパニョーラ
タグ:
アトレティコ
アトレティコ・マドリー
アトレティコ・マドリード
シメオネ
ディエゴ・シメオネ
優勝
決勝
チャンピオンズリーグ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

マンU再起となるか【Big4】

トゥーロン国際2014が開幕、日本は参加せず、アジアから韓国、中国、カタールが参戦【Jリーグやユース代表が中心のブログ】

学べ、さもなくば去れ。【竹内和彦のミランだけの話】

ブロガープロフィール

profile-iconminosuarez

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:725524

(07月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 由々しきクリエイティビティの欠如。未だ見つからない世界最高のMFの後継者
  2. スペイン代表のW杯連覇を担う2人の野獣(前編)
  3. マンチェスターの恐るべき隣人
  4. ユナイテッドを勝利に導いた高度なディフェンスと割り切ったオフェンス
  5. いずれ名将と呼ばれるであろう男の驚くべき采配
  6. 呪縛から解放された希代のプレーメーカー
  7. モイーズはフィジカル重視の監督ではない。
  8. 闇に落ちたロッソネーロ、光が見えたネラッズーロ(後編)
  9. 自ら首を絞めたレアル・マドリー
  10. スパーズは正しい道を歩んでいるのか。不可解な補強とAVBの限界(後編)

月別アーカイブ

2014
05
04
2013
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss