夢と現実 備忘録

テニス

フェドカップ 日本はワールドグループⅡとの入れ替え戦へ

アジアオセアニアゾーンⅠ 決勝。 日本は、波形純理のシングルス、森田あゆみのシングルスと二つのシングルスでウズベキスタンへ連勝し、アジアオセアニアゾーンⅠの優勝を決めた。 その後のダブルスでは、藤原里華/森田あゆみ組が出場し、第一セット2-1のところで相手棄権で終了。 ウズベキスタンを3-0で下した。 三位以下は、タイ、カザフスタン、韓国、中国と続く。 最下位の八位はアジアオセアニアゾ......続きを読む»

フェドカップ アジアオセアニアグループⅠ 台湾に快勝し決勝へ

フェドカップ、アジア・オセアニアグループⅠ 4日、予選リーグ最終日となるこの日、日本は台湾と対戦した。 決勝進出を前提に、日本は森田を休ませる布陣。 シングルス1では、藤原里華がノンランキングの選手相手に、6-0 6-1と完勝。 シングルス2で波形純理がランキング896位の相手に、ファーストセットをタイブレイクの末落とすなど、てこづったが、その後は6-3 6-1と連取し逆転勝ち。 この......続きを読む»

テニス フェドカップ アジア・オセアニアゾーンⅠ 日本、連勝でグループリーグ突破へ王手

フェドカップ、アジア・オセアニアグループⅠ 3日、日本チームは韓国と対戦。 シングルス1の森田、シングルス2の波形といずれもストレート勝ちし勝利を決め、さらにダブルスでも藤原/波形のコンビでストレート勝ちし、トータル3-0で二連勝となった。 グループBはこれで日本が二勝零敗と抜け出し、カザフスタン、韓国が一勝一敗で続いている。 4日はグループリーグ最終戦が行われ、台湾と対戦する。 ......続きを読む»

全豪オープン11予選決勝 奈良くるみ敗れる

メルボルン、16日、全豪オープン予選決勝が行われた。 日本の予選出場者からは、奈良くるみただ一人が勝ち残っていた。 予選第10シードの奈良は、予選18シード、ランキング139位のArantxa Rus(NED)と対戦。 両者とも全豪オープン初出場を賭けたこの対戦は、6-4 6-1のストレートでArantxa Rusが勝利した。 日本からの予選出場選手は、これで、男子三名、女子六名、全......続きを読む»

全豪オープン11 奈良くるみ予選決勝へ

15日、全豪オープン予選の二回戦が行われ、日本からは女子三選手、男子一選手が出場した。 男子で唯一二回戦に残っていた杉田祐一は、Jan Hernych(CZE)に3-6 2-6のストレートで敗れた。 これで日本人選手は全て姿を消し、本戦に出場するのはストレートインした錦織一人のみとなった。 女子は、初のグランドスラム予選挑戦となった瀬間詠里花がYung-Jan Chan(TPE)(3)......続きを読む»

全豪オープン11 女子予選一回戦

全豪オープンテニス予選 雨で順延となっていた女子の予選一回戦が14日行われた。 日本人六選手が登場。 日本人同士の対決となった、土居美咲vs不田涼子は、ランキング上位で予選13シードがついている土居がストレート勝ちで二回戦へ進んだ。 予選出場選手中ランキングトップの、128位で第10シードの奈良くるみは、 Ekaterina Ivanova(RUS)に6-2 6-2と完勝した。 ......続きを読む»

全豪オープン11女子予選 日本人六選手が出場

全豪オープン、女子予選のドローが発表された。 日本からは、中村藍子、不田涼子、土居美咲(13)、瀬間詠里花、飯島久美子、奈良くるみ(10)の六選手が挑戦する。 予選シードをもらったのは二選手。 昨年の全日本選手権に優勝した土居美咲は第13シード。一回戦から日本人対決で不田涼子と対戦することになった。 二人はITFサーキットで2009年に二度対戦がある。 オムニコートの岐阜5万ドルでは不......続きを読む»

全豪オープン11男子予選一回戦

12日、全豪オープン予選、男子の一回戦が行われた。 日本から出場の三選手は、杉田祐一が、スペインのRoberto Bautista-Agut を6-2 1-0 ret と相手リタイアで下し二回戦へ進んだものの、添田豪はコロンビアのRobert Farah にストレート負け、伊藤竜馬はスペインのGuillermo Olaso にフルセットの末敗れた。 杉田は二回戦ではランキング239位 チェコのJ......続きを読む»

全豪オープン11 男子予選 日本人三選手が出場

テニスの全豪オープンが17日に開幕する。 その本戦の前の予選、男子ドローが発表された。 日本からは、添田豪(8)、伊藤竜馬 、杉田祐一 の三選手が出場する。 予選第八シードがついた添田は、初戦はランキング192位コロンビアのRobert Farahと対戦。 1m93cmと上背のある選手であるが、過去最高ランクは188位と目立った戦績はない。 伊藤竜馬は、スペインの22歳、ランキ......続きを読む»

杉山愛 引退までの軌跡

10月3日 東京有明 東レパンパシフィックオープン、シングルス、ダブルスの決勝が行われた。 ダブルス決勝には今大会を最後に引退する杉山愛が、最後のパートナーとなったDaniela Hantuchova(SVK)と登場。 Kleybanova/Schiavone(RUS/ITA)組に4-6 2-6と敗れ、17年間のプロ生活を締めくくった。 彼女がプロの大会に初めて顔を出したのは、ま......続きを読む»

東レパンパシフィックオープン 杉山組 最後の決勝へ

東レパンパシフィックオープン 2日、シングルス、ダブルスの準決勝が行われ、今大会での引退を表明している杉山は、Daniera Hantuchovaと組んだダブルスで決勝へ進出した。 試合は、一二セットともファイブオールまでもつれる競った試合だったが、一セット目はタイブレーを制し、二セット目も7-5で奪い、結果としてストレート勝ちした。 決勝のは、ナンバーワンコンビを破って勝ちあがってきた、......続きを読む»

東レパンパシフィックオープン 杉山愛 途中棄権でフィナーレ

東レパンパシフィックオープン プレミア5 200万ドル 28日、シングルス一回戦の残り試合と二回戦の一部が行われた。 今大会を最後に引退すると表明している杉山愛は、センターコート第一試合に登場。 第十三シードのNadia Petrova (RUS)相手に、二セット目途中で体調不良のためリタイアし敗れた。 昨日、引退セレモニーを終え、現役としてプレイする最終段階に入った杉山。 グ......続きを読む»

テニス ITFサーキット 日本人高校生 優勝を逃す

牧の原 25,000ドル 静岡県牧の原で行われていた、ITFサーキット女子25,000ドル ゴーセンカップ国際。 ベスト4に残っていた、日本人高校生、奈良くるみ、土居美咲の両選手は、ともにSu-Wei Hsiehにフルセットの末敗れ優勝を逃した。 第一シードの奈良くるみは、準決勝でSu-Wei Hsiehと対戦。 ファーストセットを1-6で落とし、セカンドセットでマッチポイントを握ら......続きを読む»

クルム伊達公子 優勝

ハンソル韓国オープン インターナショナル 22万ドル 27日、シングルス決勝が行われた。 クルム伊達公子は第二シードのAnabel Medina Garrigues (ESP)を6-3 6-3のストレートで下し、十三年ぶりの優勝を果たした。 ファーストセットは一度のブレイクピンチもなく、安定したサービスでキープを続け、相手サーブは一度のチャンスでブレイクし6-3で取る。 一転、セカン......続きを読む»

テニス ハンソル韓国オープン 伊達公子決勝へ

テニス ハンソル韓国オープン インターナショナル 22万ドル 26日、シングルス準決勝二試合が行われた。 ここまで快進撃を続け勝ちあがってきたクルム伊達公子はディフェンディングチャンピオンのMaria Kirilenko(RUS)と対戦。 3-6 6-2 6-4 とフルセットの末下し、決勝進出を決めた。 伊達のツアー大会決勝進出は、96年8月、全米オープン前週のサンディエゴの大会以来であ......続きを読む»

ハンソル韓国オープン 伊達公子快進撃続く

ハンソル韓国オープン インターナショナル 22万ドル 25日、準々決勝が行われた。 ただ一人日本人選手として残っているクルム伊達公子は、第一シードのDaniela Hantuchova (SVK)と対戦。 7-6(3) 4-6 6-4 2時間43分に渡る持久戦を制し、準決勝へ進出した。 現在ランキング21位のDaniela Hantuchovaは、伊達が復帰後に勝った最上位ランキング選手......続きを読む»

テニス 東レパンパシフィックオープン予選 日本人八人全滅

東レパシフィックオープン(東京) プレミア5 200万ドル 25日、東レパンパシフィックオープンの予選一回戦十六試合が行われた。 日本人選手は八人が登場したが、全選手がストレート負け、と早々と全滅した。 最初に登場したのは、怪我で休んでいた森上亜希子。 センターコートでJill Craybas(USA)と対戦し、2-6 2-6とストレート負け。 同じ時間に2番コートでは、ジュニア枠......続きを読む»

テニス ハンソル韓国オープン 伊達公子ベスト8へ

ハンソル韓国オープン(ソウル) 24日はシングルスの二回戦残り四試合などが行われ、クルム伊達公子が、第五シード、ロシアのAlisa Kleybanovaに4-6 7-6(4) 6-3 フルセット2時間30分のタフマッチで下しベスト8へ進出した。 伊達は、ファーストセット、先にブレイクして4-2とリードしたものの、そこから続かず4-6で落とす。 セカンドセットもそのままの流れで、第一セッ......続きを読む»

テニス 東レパンパシフィック 予選ドロー発表

東レパンパシフィックオープンの予選ドローが発表された。 日本人選手は8人がエントリー。 全米オープン予選で伊達選手に勝ち、本戦出場を果たした瀬間友里加は全米オープンでストーサーに勝ちベスト32に進んだ、アメリカのVania Kingと対戦。 勝てば、二回戦では、主催者推薦で出場のベテラン飯島久美子と、今年1月の2万5千ドル大会で優勝している、アメリカのAlexa Glatchの勝者と対......続きを読む»

女子テニス 牧の原国際 日本人高校生二人がベスト4へ 

女子テニス ITFサーキット 牧の原国際2万5千ドル (静岡・牧の原 オムニコート) 静岡・牧の原で行われているサーキットの2万5千ドル ベスト4が出揃った。 ベスト8には日本人選手が四人。 第一、第三、第五シードから順当に勝ち上がった、奈良くるみ、米村知子、土居美咲と、予選勝ちあがりで、第二シード、二週前の筑波で優勝しているViratprasert(THA)を2回戦で破った、ランキング......続きを読む»

1 3 4

ブロガープロフィール

profile-iconminor

  • 昨日のページビュー:4171
  • 累計のページビュー:707542

(11月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 樋口新葉のグランプリファイナル進出条件
  2. NHK杯終了後 ファイナル進出条件(樋口 三原 坂本 宮原)
  3. J2最終節 プレーオフ圏争い 残留争い
  4. NHK杯後 女子シングル グランプリファイナル進出条件1
  5. 陸上日本選手権 男子トラック競技 A標準・B標準突破者エントリーリスト
  6. 2010年 第61回全国高校駅伝男子 展望
  7. 北京オリンピック 陸上競技 本当の強国は?
  8. 2010年 第22回全国高校駅伝女子 展望1
  9. 2010年 第22回全国高校駅伝女子 展望2
  10. 杉山愛 引退までの軌跡

月別アーカイブ

2017
11
2011
02
01
2010
12
2009
10
09
06
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss