夢と現実 備忘録

J2最終節 プレーオフ圏争い 残留争い

このエントリーをはてなブックマークに追加

残留争いは3チームに絞られている 最下位は確定済みで、自動降格圏は2チームなので、この3チーム中1チームのみが自動降格圏に入ることになる

ただ、J3の自動昇格枠は2であるが、ここにJ2ライセンスがないチームが入っている場合、昇格チーム数が減る それに伴ってJ2からの降格チーム数も減る

現在J3は首位は栃木SCでここはJ2のライセンスを持っている しかしながら2位のブラウブリッツ秋田、三位のアスルクラロ沼津にはJ2ライセンスがない J2ライセンスを持っているチームが2位に入ってくる可能性は二つ 2位と勝ち点差7の4位鹿児島が残り3試合でその差をひっくり返すこと 2位と勝ち点差9の6位富山が残り3試合でその差を追いつき、得失点の差15も追いつくこと

非常に厳しいミッションであり可能性は極めて低い

また、J3の次節は19日(日)13:00~ であり、J2の最終節が始まるより前に試合が終わる J2の最終節が始まるより前に、J3の方で自動昇格チームが1チーム以下になることが確定する可能性もある

そういった状況ではあるが、残留争いの3チームとしては、自力での残留は決めたいであろう

19位 カマタマーレ讃岐 勝点38 得失点-18 得点41 A vs名古屋 20位 レノファ山口 勝点37 得失点-21 得点47 H vs愛媛 21位 ロアッソ熊本 勝点37 得失点-22 得点35 A vs大分

順位は一番上であるが、対戦相手が厳しいのは讃岐 勝てば残留確定であるが、引き分けた場合山口熊本がどちらも勝つと上へ行かれて降格圏となる 負けた場合は大敗すると山口熊本が引き分けでも得失点で上へ行かれる可能性がある

山口熊本は勝っても讃岐が勝てばそれより下で、山口熊本の争いは得失点差が現在1しか差がないため、その試合での得失点差次第となる

なお、最下位のザスパクサツ群馬は最下位が確定しているが、降格はまだ確定していない J3の上位二チームがどちらもJ2ライセンスを持っていなければ、昇格チームなしとなり、ザスパクサツ群馬も降格を免れることができる

1位 栃木SC 勝点57 得失点+20 得点42 2位 ブラウブリッツ秋田 勝点55 得失点+21 得点48 3位 アスルクラロ沼津 勝点54 得失点+32 得点58

この中でJ2ライセンスがあるのは首位の栃木のみ 残りは3試合 最終節には沼津vs栃木も残っており、まだ、昇格圏内のチームにJ2ライセンスを持つチームがいなくなる可能性がある

J2群馬としては、残り3節での秋田と沼津の奮闘に期待することになるのだろう



2ページ中2ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカーJ2
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

アンチフットボールとエスパルス/残留のためならばポゼッションは必要ない【猫に小判】

『グランパス』サポーターも試される時期【赤の血潮と、青の魂】

県民クラブとして、J2岡山と他先進3クラブ(仙台・新潟・甲府)との比較について 【J OKAYAMA】【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

ブロガープロフィール

profile-iconminor

  • 昨日のページビュー:26
  • 累計のページビュー:715949

(12月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 樋口新葉のグランプリファイナル進出条件
  2. NHK杯終了後 ファイナル進出条件(樋口 三原 坂本 宮原)
  3. J2最終節 プレーオフ圏争い 残留争い
  4. NHK杯後 女子シングル グランプリファイナル進出条件1
  5. 陸上日本選手権 男子トラック競技 A標準・B標準突破者エントリーリスト
  6. 2010年 第61回全国高校駅伝男子 展望
  7. 北京オリンピック 陸上競技 本当の強国は?
  8. 2010年 第22回全国高校駅伝女子 展望1
  9. 2010年 第22回全国高校駅伝女子 展望2
  10. 杉山愛 引退までの軌跡

月別アーカイブ

2017
12
11
2011
02
01
2010
12
2009
10
09
06
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss