夢と現実 備忘録

J2最終節 プレーオフ圏争い 残留争い

このエントリーをはてなブックマークに追加

J2は最終節を残して優勝、自動昇格の2位までが確定した また、最下位も確定している

残る戦いは、プレーオフ進出争いと残留争いである

すでに2チームがプレーオフ進出を確定させ、残りの2枠を4チームが争う情勢となっている

3位 アビスパ福岡  勝点73 得失点+18 得点53 A vs岡山 4位 名古屋グランパス 勝点72 得失点+18 得点83 A vs讃岐

3位4位の2チームは、どちらが3位でプレーオフのアドバンテージを得られるか、という争い

福岡〇 の場合無条件で福岡が3位 福岡△ の場合は名古屋△以下で福岡3位 名古屋〇なら名古屋3位となる 福岡× の場合は名古屋△以上で名古屋3位 となる

讃岐は引き分け以下だと降格圏へ落ちる可能性がある 一方、岡山は昇格にも降格にも関わらない最終節となっている

福岡も名古屋も、勝てば自動昇格の可能性が残っていた前節で勝てなかった その流れのままプレーオフに入るのは避けたいだろう 特に名古屋はホームで千葉に0-3の惨敗を喫していて、プレーオフで千葉と再戦する可能性まである 流れを新たに作るためにも重要な一戦である

混戦なのはプレーオフ圏内を争う4チームである

5位 徳島ヴォルティス 勝点67 得失点+27 得点70 A vs東京V 6位 東京ヴェルディ 勝点67 得失点+14 得点62 H vs徳島 7位 松本山雅FC 勝点66 得失点+17 得点61 H vs京都 8位 ジェフユナイテッド千葉 勝点65 得失点+11 得点68 H vs横浜FC

なんとなんとここへきての5位6位の直接対決である

これがあるため、7位の松本までは自力でプレーオフ圏に入ることが可能である 千葉は他会場の結果に依存する

引き分けでも問題ないのは5位の徳島だけ

徳島は勝てば5位確定 引き分けの場合は松本が勝ちなら6位、松本引き分け以下なら5位となる 徳島引き分けで千葉勝ちだと勝ち点は並ぶが、得失点で現在16の差があるため、これを逆転するのは事実上不可能である そのため、徳島は引分でプレーオフ進出が可能である 負けた場合も可能性は残って、松本と千葉が共に引き分け以下の場合は6位でプレーオフに進める 徳島負け、松本引き分けの場合勝ち点で並ぶが、得失点に10差があるため、徳島は10点差以内の負けなら得失点で上にいられる

東京Vはやはり勝てば5位確定 引分の場合は松本が勝った場合アウト また、千葉が3点差以上で勝利した場合もアウトである 徳島とは異なり、引き分けの場合はかなり条件が厳しくなる 負けた場合は松本が負け千葉が引き分け以下なら6位に残ることができる

松本も勝てばプレーオフ圏内が確定する  東京V-徳島が引き分けなら5位、どちらかが勝った場合は6位でプレーオフ進出 引き分けた場合も可能性は残る  東京Vが負け、千葉が引き分け以下なら6位でプレーオフに滑り込むことができる 負けた場合は可能性がない ここ5試合で一勝しかできていない松本が、この土壇場できっちり勝利することができるか

千葉は勝ち以外に可能性はなく、勝っても他会場次第である 松本が勝った時点で千葉にプレーオフ圏の芽はなくなる 松本が引き分け以下の場合、東京V-徳島のどちらかが勝てば、千葉が6位でプレーオフ圏へ滑り込み 東京V-徳島が引き分けた場合、千葉は3点差以上で勝っていれば6位でプレーオフ圏に入ることができる 千葉の場合はまず最低限勝つこと、できれば3点差以上で勝利すること、というのが最終節の目標となる 現在六連勝中。最終節も勝利が必要。プレーオフに進んでも6位なので昇格には連勝が必要 奇跡の9連勝での昇格なるか? 横浜FCはアウェーで0-4 と今シーズン最大の大敗を喫した相手ではある

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカーJ2
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

アンチフットボールとエスパルス/残留のためならばポゼッションは必要ない【猫に小判】

『グランパス』サポーターも試される時期【赤の血潮と、青の魂】

県民クラブとして、J2岡山と他先進3クラブ(仙台・新潟・甲府)との比較について 【J OKAYAMA】【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

ブロガープロフィール

profile-iconminor

  • 昨日のページビュー:4171
  • 累計のページビュー:707542

(11月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 樋口新葉のグランプリファイナル進出条件
  2. NHK杯終了後 ファイナル進出条件(樋口 三原 坂本 宮原)
  3. J2最終節 プレーオフ圏争い 残留争い
  4. NHK杯後 女子シングル グランプリファイナル進出条件1
  5. 陸上日本選手権 男子トラック競技 A標準・B標準突破者エントリーリスト
  6. 2010年 第61回全国高校駅伝男子 展望
  7. 北京オリンピック 陸上競技 本当の強国は?
  8. 2010年 第22回全国高校駅伝女子 展望1
  9. 2010年 第22回全国高校駅伝女子 展望2
  10. 杉山愛 引退までの軌跡

月別アーカイブ

2017
11
2011
02
01
2010
12
2009
10
09
06
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss