獅子党のつぶやき

【西武】浅村が単年契約。FA権行使濃厚なのか…?

このエントリーをはてなブックマークに追加

来季国内FA権を取得する予定の浅村が複数年契約を断りました。 過去何人も移籍した王道パターン。

今季は念願の背番号3でプレーしただけではなく主将としてもチームを牽引。 個人タイトルを獲得する秋山とはタイプが違いますがライオンズの中心選手であり総合力で評価がされるタイプでしょう。

浅村は1年2億1000万で契約更改。

金額としては双璧となる秋山の3年6億プラス出来高を考慮した提示でしょう。 岸のように複数年契約終了後のFA宣言もあるので秋山とのバランスは非常に重要だと思います。 秋山の活躍で年俸2億では安いので複数年契約を断る理由にもなります。

そして年俸5000万でFA宣言した野上が3年4億5000万で巨人と契約したのも大きいでしょう。 ポジションは違いますが実績・年俸では格下の選手ですからね。 野上に対してこれだけ用意したことはFA移籍の宣伝にもなったと思います。

浅村ならば3年10億以上の契約は用意されるでしょう。 二塁手が補強ポイントである巨人。大阪出身の選手なので阪神・オリックス。資金力№1のソフトバンク。 資金力のあるチームはライオンズ以上の条件を用意できるので争奪戦になる可能性があります。 浅村だけでなく辻監督の契約最終年や菊池のポスティング移籍もあるので1年後は怖いオフになることも予想されます。

FA権に対してコメントをいていませんがFA前年の単年契約はライオンズ事情から疑心暗鬼になってしまいます。 生涯ライオンズの西口や栗山のように残留宣言を期待したいですが…



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017埼玉西武ライオンズ
タグ:
浅村栄斗

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【2017】契約更改で今季を振り返ろう【8】【札幌ドームが見える部屋から】

フロントはどんなチームを作りたいのか【アナグラム的分析ラボラトリ】

大谷翔平の移籍先、やはり本命はパドレス!ヤンキース、ダイヤモンドバックスは脱落する【MLB 戦いの原理を求めて】

契約更改も様変わり【アナグラム的分析ラボラトリ】

移籍ラッシュからみる補強論【アナグラム的分析ラボラトリ】

【西武】野上のFA移籍について【獅子党のつぶやき】

偏った報道を見ながら【アナグラム的分析ラボラトリ】

投手事情と補償選手の話【アナグラム的分析ラボラトリ】

ブロガープロフィール

profile-iconlsports

関東在住のライオンズファン。
西武ドームでは年間10試合前後を球場観戦。
  • 昨日のページビュー:239
  • 累計のページビュー:2772631

(12月10日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【西武】森の2軍降格で見えた課題
  2. 【西武】ラミレスは必要な戦力だったのか
  3. 【西武】伊原監督は何故失敗したのか
  4. 【西武】チーム再建の切り札は中島裕之か
  5. 【西武】岸のFA移籍について
  6. 【西武】FA戦線に参加する時がきた
  7. 【西武】中島に背番号3を用意。浅村の来季背番号は…?
  8. 【西武】4番は中村から浅村へ~新時代の始まり~
  9. 【西武】ラミレス獲得調査の前に必要なこと
  10. 【西武】岸退団による先発投手陣

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss