クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ

月別アーカイブ :2016年06月

レジェス、新天地はエスパニョールに決定「キケ監督と再び一緒に戦えるのは大きい」

先日セビージャを退団した元スペイン代表MFレジェスが、恩師であるキケ・サンチェス・フローレス監督が新指揮官に就任したエスパニョールを新天地に選んだ。 エスパニョールは現地28日、フリーエージェントとなっていたレジェスを獲得したことを発表した。契約期間は2018年6月末までの2年間となるが、2年目に関しては1年目の出場試合数次第でクラブ側が解除できるオプションが付帯されている。また、契約解除に必要な......続きを読む»

清武が加入したセビージャのサンパオリ新監督「究極に攻撃的なチームに仕上げる」

日本代表MF清武弘嗣が入団したセビージャが、それと前後する形で報じられて来た指揮官交代を漸く完了させた。 セビージャは現地27日、ウナイ・エメリ監督の退任ならびにホルヘ・サンパオリ氏の新監督就任を発表した。そして、同日ローラン・ブラン監督の退任を発表したパリ・サンジェルマンが、翌28日にウナイ・エメリ監督の招聘を決定したことにより、セビージャの指揮官を巡る人事は予想されていた通りの形で決着した。 ......続きを読む»

メッシの代表引退撤回を熱望するマラドーナ氏「2年後のロシアでは世界王者になれる」

サッカー界の歴代最高選手とも評されるバルセロナのFWメッシの、アルゼンチン代表からの引退宣言が大きな波紋を呼んでいる。 アルゼンチン代表は現地26日、コパ・アメリカの100周年記念大会である“コパ・アメリカ・センテナリオ”の決勝でPK戦の末にチリ代表に敗れた。そして、1人目のキッカーとしてPKを外してしまったメッシは、試合後にアルゼンチン代表からの引退を突如表明した。 昨年夏に行われた前大会に続......続きを読む»

ユーロでも活躍するグリーズマン「ゴールの少ない試合はアトレティコで慣れている」

アトレティコ・マドリードで絶対的ストライカーとして君臨するFWグリーズマンが、フランス代表でもエースの地位を確固たるものとしている。 現在、UEFA EURO 2016™ サッカー欧州選手権に参加しているグリーズマンは、アルバニア代表を2ー0で下した現地15日のグループリーグ第2節では、両チーム無得点で迎えた90分に値千金の決勝弾を記録。さらに、アイルランド代表を2ー1で下した26日の決勝トーナメ......続きを読む»

アトレティコ、グリーズマンと2021年まで契約延長 違約金120億円で流出阻止

アトレティコ・マドリードは現地23日、フランス代表FWグリーズマンと2021年6月末まで1年間の契約延長を締結したことを公式サイトで発表した。 クラブでも代表でも攻撃の要を担うグリーズマンに対しては、かねてからパリ・サンジェルマン(PSG)、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドといったビッグクラブが関心を寄せており、A・マドリードは昨年8月に契約内容を見直したばかりだった。 だがここに来て、......続きを読む»

攻撃の軸を相次ぎ失うエイバル、ケコもマラガ移籍が決定 乾には絶好のチャンス

この夏の移籍市場で多くの選手を放出しているエイバルが、チーム得点王のFWボルハ・バストンに続き、また新たに攻撃の軸を失った。現地22日、FWケコがエイバルからマラガに移籍することが、両クラブにより発表された。 ローンにより取得した選手が多いエイバルはこのオフシーズン、FWボルハ・バストンがアトレティコ・マドリードに、MFハイロヴィッチがブレーメンに、MFラドシェヴィッチがナポリに、DFパンティッチ......続きを読む»

レアル・マドリード、ユヴェントスからモラタの買戻しを決定 噂通り獲得後に転売か

UEFA EURO 2016™ サッカー欧州選手権に出場しているスペイン代表FWモラタが、ユヴェントスからレアル・マドリードに復帰することが確定した。R・マドリードは現地21日、モラタの買戻オプションを行使することをユヴェントスに通知したことを発表した。 R・マドリードは、2014年夏に2000万ユーロ(約23億6000万円)で売却したモラタに関して、2016年もしくは2017年の7月1日から15......続きを読む»

オーナー交代のグラナダ、ラージョを退団したパコ・ヘメス監督の招聘に成功

グラナダは現地19日、今シーズンまでラージョ・バジェカーノを率いたパコ・ヘメス監督を新指揮官に招聘したことを公式サイトで発表した。 グラナダは近年、2009年夏にウディネーゼのオーナーであるイタリア人企業家のジャンパオロ・ポッツォ氏に買収されて以降、わずか2シーズンで3部から1部まで上り詰めると、ここまで5シーズン連続で残留を達成して来た。 ところがこの夏、クラブに成功をもたらし続けてきたポッツ......続きを読む»

オサスナが3季振りに1部復帰 滑り込みで進出した2部プレーオフを下剋上制覇

リーガ・エスパニョーラは現地18日、2部のプレーオフの全日程が終了し、4チームの争いを制したオサスナが3シーズン振りの1部復帰を決めた。これにより、既に決定していたレバンテ、ヘタフェ、ラージョ・バジェカーノの2部降格に加え、アラベス、レガネス、オサスナの1部昇格が確定。新シーズンに挑む1部の20チームが出揃った。 今月5日に最終節が終了した2部は、優勝したアラベスの11シーズン振りの1部復帰、2位......続きを読む»

アトレティコ・マドリード、ベンフィカからアルゼンチン代表MFガイタンを獲得

アトレティコ・マドリードは現地16日、ベンフィカからアルゼンチン代表MFガイタンを獲得することで合意に達したことを発表した。詳細は明らかにされていないものの、契約期間は4年、移籍金は2500万ユーロ(約29億5000万円)になると報じられている。 A・マドリードのディエゴ・シメオネ監督は、かねてからガイタンの獲得を熱望しており、実現に至らなかった一昨年および昨年の夏の移籍市場を経て、3年越しで願い......続きを読む»

チェリシェフが2季振りにビジャレアルに復帰 レアル・マドリードから完全移籍

現在フランスで開催されているユーロには負傷により出場できなかったロシア代表MFチェリシェフが、レアル・マドリードからビジャレアルに完全移籍することが、現地15日に両クラブによって発表された。ビジャレアルとチェリシェフの契約期間は5年で、移籍金は明らかになっておらず、スペインのメディアでは700万ユーロ(約8億2000万円)とも1000万ユーロ(約11億7000万円)とも報じられている。 現在25歳......続きを読む»

アトレティコ・マドリード、退任も匂わせていたディエゴ・シメオネ監督が続投を明言

この夏の去就に注目が集まっていたアトレティコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督が、新シーズンも自身が手塩にかけたチームを指揮することが確実となった。 ディエゴ・シメオネ監督は先月28日、2シーズン前に続きレアル・マドリードに敗れたチャンピオンズリーグ(CL)決勝後の会見で、「決勝で2度続けて敗れた責任は私にある。今後の事を考えないのは健全とは思えない」と述べるなど、退任を匂わせるような意思を表し......続きを読む»

元バルセロナのダービッツ氏「イニエスタとシャビを相手にボールに触れるのは不可能」

バルセロナ在籍はわずか半シーズンだったものの、チームに強烈なインパクトを残した元オランダ代表のエドガー・ダーヴィッツ氏が、スペイン紙『MARCA』とのインタビューで古巣の現況や自身のフットボール感についてコメントを残した。 ダービッツ氏はまず、今シーズンのバルセロナについて採点を求められると、2年連続の3冠を逃した事を考慮して厳し目の点数を付けた。 「今シーズンのバルサは10点満点で8点といった......続きを読む»

清武を獲得したセビージャ、エメリ監督が退任 後任はサンパオリ氏が濃厚に

日本代表MF清武弘嗣が入団するセビージャだが、その一方でチームをヨーロッパリーグ3連覇に導いたウナイ・エメリ監督の退団は避けられなかったようだ。同クラブは清武の獲得決定から2日後の現地12日、エメリ監督から契約解除の申し出を受けたことを公式サイトで発表した。 これによりウナイ・エメリ監督は、以前から囁かれて来たパリ・サンジェルマンの指揮官就任が確実になったと見られている。ウナイ・エメリ監督がセビー......続きを読む»

エスパニョール、セビージャ新監督就任の噂もあったキケ・フローレス氏の招聘に成功

エスパニョールは現地9日、新指揮官としてキケ・サンチェス・フローレス氏を2019年6月末までの3年契約で招聘したことを発表した。 今シーズン、成績不振に陥っていた昨年12月にセルヒオ・ゴンサレス監督からコンスタンティン・ガルカ監督へと指揮官を交代し、1部残留を達成したエスパニョール。それに前後する形で、中国のラスター・グループによるクラブ買収が行われ、1月に新会長に就任したオーナーのチェン・ヤンシ......続きを読む»

元バルサのエジミウソン氏「問題はCLに勝てなかった事ではなくレアルに勝たれた事」

バルセロナのフランク・ライカールト監督時代の中心選手である元ブラジル代表のエジミウソン氏が、スペインのラジオ局『Cadena SER』とのインタビューに応じ、古巣の現況や母国の後輩選手について自身の見解を示した。 ブラジル代表FWネイマールがバルセロナに入団した際には、新天地にスムーズに順応できるようOBとして補佐役を務めたエジミウソン氏は、ここに来て去就がにわかに騒がれている母国の後輩について残......続きを読む»

バイエルンCEO、レヴァンドフスキとアラバを狙うレアルに「移籍の扉は閉まっている」

珍しく大型補強を行わなかった昨年夏から一転して、今年夏の移籍市場ではビッグネームの獲得に向かうと見られているレアル・マドリード。とりわけ名前が取り沙汰されているのが、バイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWレヴァンドフスキおよびオーストリア代表MFアラバだ。 だが、バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEO (最高経営責任者)が、ドイツ紙『Sport Bild』とのインタビューで、両選手の移......続きを読む»

乾のエイバル、メンディリバル監督の続投が決定 2017年6月末まで契約延長

エイバルのMF乾貴士が、絶大の信頼を寄せるホセ・ルイス・メンディリバル監督と新シーズンも共に戦うことが確定した。エイバルは現地6日、ホセ・ルイス・メンディリバル監督と2017年6月末まで契約延長を締結したことを公式サイトで発表した。 以前から濃厚と見られていた続投が正式に決定したホセ・ルイス・メンディリバル監督は、契約延長を喜ぶと同時に、就任2シーズン目も余裕をもって1部残留を決めたいとの意思を示......続きを読む»

バルセロナに第2の“チアゴ・ケース”、マルク・バルトラはドルトムントに移籍

バルセロナに第2の“チアゴ・ケース”、マルク・バルトラはドルトムントに移籍 2016年6月6日更新 マルク・バルトラ バルセロナのスペイン代表DFマルク・バルトラが、ドルトムントに移籍することが決定した。バルセロナは現地4日、ドルトムントが契約解除に必要な違約金を支払ったため、バルトラがフリーエージェントとなったことを発表。それに呼応する形で、ドルトムントもバルトラを2020年6月末までの4年......続きを読む»

D・アウヴェスがバルセロナ退団を発表、既にユヴェントスと契約済みか

ここに来てスペインとイタリアのメディアが連日のように報じていた、ブラジル代表DFダニエウ・アウヴェスのバルセロナからユヴェントスへの移籍がついに確定した模様だ。D・アウヴェスは現地2日、自身の『Instagram』を通じてバルセロナを退団することを発表すると共に、ファンに向けて感謝の意を伝えた。 「これはお別れの手紙ではない。自分がキャリアにおいて新たな挑戦に臨むという決断を下したことを、ただ知っ......続きを読む»

レジェス、2度目のセビージャ在籍が終焉「またもや涙ながらにこのクラブを後にする」

セビージャの元スペイン代表MFレジェスが、愛するクラブに別れを告げることが明らかになった。同クラブは現地1日、レジェスとの契約を更新せず、退団が決定したことを発表した。 セビージャのカンテラ(下部組織)出身のレジェスは、トップチームでのデビューから4年後の2004年1月にアーセナルに移籍したものの、その後はレアル・マドリードへのローン、アトレティコ・マドリードへの移籍、ベンフィカへのローンを経て、......続きを読む»

セビージャがモンチSDの流出危機を回避、マンU入団報道から一転して留任が決定

ヨーロッパリーグ3連覇を達成したセビージャが、これまでクラブに数々のタイトルをもたらしてきた影の立役者の流出危機を回避することに成功した。セビージャは現地31日、モンチSD(スポーツ・ディレクター)が来シーズン以降も続投することを発表した。 2000年夏の就任以来、選手の発掘や補強において卓越した手腕を発揮し、スポーツ面においても財政面においてもセビージャを立て直した最大の功労者とも言われるモンチ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconliga

リーガ・エスパニョーラ
毎週土曜・日曜深夜放送!
  • 昨日のページビュー:674
  • 累計のページビュー:10258770

(04月29日現在)

関連サイト:WOWOWリーガ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. R・マドリードのカシージャスが、C・ロナウドのゴールを祝わなかった理由は・・
  2. ビジャ、日本からのフライトで足を失っていたかもしれなかった
  3. スペイン五輪代表が完敗の弁 アドリアン・ロペス「日本の選手は足が止まらなかっただけでなく、ポジショニングも的確だった」
  4. C・ロナウド「ゴールはケチャップのようなもの」
  5. R・マドリードのシャビ・アロンソ、メジャーリーガーも驚嘆の野球の腕前を披露「彼は偉大なバッターになれる」
  6. イタリア代表のピルロ、PK戦での大胆不敵な“パネンカ”
  7. R・マドリードのベイルが選ぶ、往年の名選手によるベストイレブンは?
  8. アンチェロッティ監督、「ピルロはシャビ・アロンソの代わりが可能な唯一の選手」
  9. バイエルンのグアルディオラ監督、R・マドリードのS・ラモス獲得を熱望か
  10. R・マドリード、イグアインもナポリへ売却 カジェホンとアルビオルを含め80億円

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss