馬◎魂「人間/読/感性」

一鞍入魂。常に命そのものを賭ける想いで渾身の一撃を放つ。 競馬とともに生きて朽ちる。 人も馬も命懸けで勝つために戦っている。 ならば挑戦しよう。共に応援し、共感の◎を打とう。 結果はときに残酷で非情なまでにリアル。 だけれど見たい景色があるから朽ち果てるまで打ち続けるのだ。 信念を持った人間は強い。 そんな厩舎、騎手、馬主達の良い仕事をリスペクトしていて 更に馬券も的中したときには生きてて良かったって心から思う。 競馬には単純にお金で買えない価値や魅力が確かに存在するのだ。 予想の基本は厩舎/騎手/馬主の関係を重視した軸馬選定。 情報過多の中、必要な情報と不必要な情報を選別しながらも 予想のトレンドに抗い、新しい要因を常に模索し回収率の向上を図る。 さあ、挑戦だ。トライアンドエラー。人生は失敗の連続である。 そこから何を失い、何を得られるのか。 何も得られないかもしれない。何もかも失ってしまうかもしれない。 けれども私は諦めない。

ksk_im

筆者=普通のサラリーマン/三児の父/週末の博徒 好きな馬=キングカメハメハ/ダイワスカーレット/サトノダイヤモンド 好きな調教師=角居勝彦/中内田充正/奥村武/音無秀孝 好きな騎手=武豊/福永祐一/安藤勝己/クリストフ・ルメ もっと見る
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:14510
  • (11月05日現在)

最新の記事

天皇賞(春)前日予想

決戦前日、現時点での予想。 ◎サトノダイヤモンド ○キタサンブラック ▲ゴールドアクター △シュヴァルグラン △アドマイヤデウス ✕レインボーライン ✕トーセンバジル ✕スピリッツミノル 簡単に所見を。 土曜日は外枠先行有利な馬場。 内は一頭分を狙うジョッキーも多く激戦区それほど優位では無い。 若干重くなればサトノダイヤモンドにとっては枠不利の軽減になる。 本命は予定通りサトノダイヤモンド。 ......続きを読む»

ダイヤモンドは砕け、、、るのか?

天皇賞春の枠順が発表された。 前年度覇者であるキタサンブラックは2枠3番。 サトノダイヤモンドは8枠15番となった。 世間では今回の天皇賞春を2強対決と称して盛り上がりを見せるが 私の見解はサトノダイヤモンドの1強である。 舞台は高速馬場の京都3200メートル。 坂を2回登り下りする上に2004年イングランディーレのような思い切った騎乗により 実力に関係の無いところで勝負が決してしまうことも少な......続きを読む»

このブログの記事ランキング

  1. 天皇賞(春)前日予想
  2. ダイヤモンドは砕け、、、るのか?

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
04
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss