FCKSA66

ハイチ戦 【 全くもって酷い試合だったなと。 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合 :国際親善試合 開催日:2017年10月10日 結果 :引き分け スコア:「3-3」 得点者:倉田秋 杉本健勇 ラフランス ナゾン ナゾン 香川真司

FW          杉本健勇 MF  乾貴士  倉田秋   小林祐希 浅野拓磨 MF          遠藤航 DF  長友佑都 槙野智章  昌子源  酒井高徳 GK          東口順昭

FW          大迫勇也 MF  原口元気 香川真司 井手口陽介 武藤嘉紀 MF          遠藤航 DF 車屋紳太郎 槙野智章  昌子源  酒井高徳 GK          東口順昭

良い感じで試合に入り、2得点を奪ったのだが、失点した事で流れが変わってしまった。久々の試合だった、という事もあり、ハイチの選手たちの動きは緩慢だったのだが、得点を奪えた事で、エンジンに火が付いた感じだった。日本側から言えば、やれるぞ、という感覚を、完全にハイチに与えてしまった。まあ、有りがちな展開でもあるが、当然、それをやってしまったらダメなわけで、全くもって酷い試合だったなと。

負けなくて良かった、なんて言えるような試合ではなかった。もちろん、倉田と杉本が得点を取った、それから、いちおう香川も得点を取った、という事は良かったと思うが、こういう試合をしていたらダメなのは、ザックジャパンの時に学んだはず。これがW杯の試合だったら、ブラジルW杯のコートジボワール戦ような、完全に逆転負けの流れ。最後に追い付いてホッとしたり自信を持ったような選手がいたらお手上げ。

もしそうだったとしたら、ブラジルW杯の二の舞いは確実だなと。もちろん、長友以外は最終予選の主力ではなかった選手たちだったが、昌子は主力になりつつあったし、酒井高徳は半主力と言えるような立ち位置にあると思うし、今回選出された4人のCBにおいては、吉田が不在になった場合に、CBの軸役となるべきは槙野であると思うから、2軍的なチームだった、という事は、その言い訳にしてはならないと思う。

ちなみに、リトリートした守備に対して攻めあぐねる展開もあったが、忘れてはならないのは、ザックジャパンでもそうだった、という事。ポゼッションサッカーを志向したザックジャパンでも、ブラジルW杯ではギリシャのリトリートした守備から得点を奪えなかったし、ポゼッションした展開からカウンターで失点するのも常だった。つまり、結局は、個の力が足りないだけであって、答えをスタイルに求めると蟻地獄。

さて、この先には、ブラジル戦とベルギー戦が有り、そして、国内組だけで挑むE-1サッカー選手権が有るが、今回のハイチ戦の酷い試合を経て、ハリルホジッチはどうしてくるだろうか。ジーコジャパンにしても、岡田ジャパンにしても、そして、ザックジャパンにしても、W杯への出場を決めてからW杯までの期間は苦しんだ。個の力の足りなさに苦しむし、守備力の足りなさに苦しむし、攻撃は決定力不足に苦しむ。

それでも、確実にW杯は近づいて来るし、時間の足りなさはどうにもならなくなってくる。そうなってくると、おそらくやるべき事のベターは、12月1日にロシアW杯の組み合わせ抽選会が開催されるが、そこで決まったグループステージの対戦国を徹底的に分析し、そこでの戦い方を決め、そして、それに適した選手を見定める、という事になってくると思う。それをどれだけ確実に正確にやるのか、しかないのかなと。



○ 最新エントリー

【2017/10/12】 ハイチ戦選手評価 【 杉本健勇。乾貴士。浅野拓磨。倉田秋。小林祐希。遠藤航。長友佑都。酒井高徳。 】

○ 過去エントリー

【2017/10/11】 ハイチ戦 【 全くもって酷い試合だったなと。 】

【2017/10/10】 ホンジュラス戦(Uー17) 【 テクニックと組織的な動きで日本が上回る。 】

【2017/10/09】 ニュージーランド戦選手評価 【 槙野智章。吉田麻也。川島永嗣。杉本健勇。乾貴士。小林祐希。浅野拓磨。倉田秋。 】

【2017/10/08】 ニュージーランド戦選手評価 【 大迫勇也。武藤嘉紀。久保裕也。香川真司。井手口陽介。山口蛍。長友佑都。酒井宏樹。 】

【2017/10/07】 ニュージーランド戦 【 1失点した事で2得点も勝利も無価値。 】

【2017/10/06】 これからW杯までの強化試合では、まず何を目標にしなければならないのか?

【2017/10/05】 【 大迫勇也 】 ピサロの加入で良くなってもらいたい。 【 ケルン vs ライプツィヒ 】

【2017/10/04】 【 岡崎慎司 】 昨季の教訓を活かすとすれば。 【 ボーンマウス vs レスター 】

【2017/10/03】 【 香川真司 】 定着してしまっているイメージを打破したい。 【 アウグスブルク vs ドルトムント 】

【2017/10/02】 【 乾貴士 】 スタメンは確保しているがチームは厳しい状態。 【 ビジャレアル vs エイバル 】

【2017/09/30】 現代サッカーのモダンな傾向とは?

【2017/09/29】 ニュージーランド戦とハイチ戦へ向けてのメンバーからの今後について。

【2017/09/26】 【 大迫勇也 】 ピンチはチャンスでもある。 【 ハノーファー vs ケルン 】

【2017/09/25】 【 乾貴士 】 前半36分で交代。 【 エイバル vs セルタ 】

【2017/09/24】 【 岡崎慎司 】 リーグ戦で3得点目。カップ戦も含めれば4得点目。 【 レスター vs リヴァプール 】

【2017/09/22】 【 香川真司 】 1得点も後半21分で交代。 【 ハンブルガー vs ドルトムント 】

【2017/09/21】 【 乾貴士 】 フル出場でチャンスも作ったが。 【 バルセロナ vs エイバル 】

【2017/09/20】 ロシアW杯アジア最終予選から考えるハリルジャパンの現在地と評価。【 後編 】

【2017/09/19】 ロシアW杯アジア最終予選から考えるハリルジャパンの現在地と評価。【 前編 】

【2017/09/18】 【 大迫勇也 】 チームの不調さに引っ張られている。 【 ドルトムント vs ケルン 】

【2017/09/17】 【 柴崎岳 】 ゴラッソな1得点も負傷交代。 【 ヘタフェ vs バルセロナ 】

【2017/09/16】 【 乾貴士 】 ピンポイントクロスで1アシスト。 【 エイバル vs レガネス 】

【2017/09/14】 【 香川真司 】 1アシストはあったが不完全燃焼な印象だった。 【 トッテナム vs ドルトムント 】

【2017/09/12】 スタイル(戦い方)論争よりも、個の力についての議論を。

【2017/09/11】 日本らしいサッカーとは何か?

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ハリルジャパン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【図解で分析】非難される香川真司の狡猾なプレー 日本代表vsニュージーランド【【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ】

日本サッカーの最大の問題は「指導者に全てを投げてしまう」ことである【ボクシングをとっても楽しく見るブログ】

10/11 <U17WC2017> 日本 vs. フランス【POOH - San の蹴球見聞録】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:2412
  • 累計のページビュー:24469411

(10月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss