FCKSA66

大人の為の大人なサッカー分析考察ブログです。日本代表、五輪代表、ユース代表、海外試合、Jリーグ。

kodahima

管理者 jube 人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の もっと見る
  • 昨日のページビュー:1795
  • 累計のページビュー:24619445
  • (12月12日現在)

最新の記事

北朝鮮戦選手評価 【 金崎夢生。高萩洋次郎。倉田秋。小林悠。井手口陽介。今野泰幸。車屋紳太郎。室屋成。昌子源。谷口彰悟。中村航輔。川又堅碁。伊東純也。阿部浩之。 】

金崎夢生 少し今は調子が悪いのかな、という気もするが、相手がリトリートして、がっちりと守備ブロックを作っている状況において、最前線の中央であまり動かず、というのは、なかなか金崎は活きないのかなと思う。やはり、カウンターの状況で見てみたい。 高萩洋次郎 攻撃が機能しなかった1つの原因としては、高萩のパフォーマンスの悪さがあったと思う。サンフレッチェ時代には「3-4-2-1」の「2」のポジショ......続きを読む»

北朝鮮戦 【 大惨事になっていた可能性もあったと思う。劇的勝利の立役者はGK中村航輔。 】

この試合はやはりGKの中村航輔かなと。その高いパフォーマンスが無かったら、大惨事になっていた可能性もあったと思う。それから、井手口は持ってるなと。ハリルジャパンのワンダーボーイ、ラッキーボーイ的な存在になっていると思う。そして、今野は出場したら必ず仕事するね、という事で、特に中村と今野は当落線上にいると思うから、一歩、または、少なくとも半歩ぐらい、これでロシアW杯に近づけたかなと思う。 但し、前述......続きを読む»

韓国戦(女子) 【 SBの戦力不足は続いているが決定力は発揮した。 】

試合 :EAFF 女子E-1サッカー選手権 第1戦 開催日:2017年12月8日 結果 :日本代表勝利 スコア:「3-2」 得点者:田中美南 チョ・ソヒョン(PK) 中島依美 ハン・チェリン 岩渕真奈 FW       岩渕真奈 田中美南 MF  長谷川唯           櫨まどか MF       阪口夢穂 宇津木瑠美 DF  万屋美穂 鮫島彩  三宅史織 大矢歩 GK         池田......続きを読む»

離脱者が続いているE-1サッカー選手権をどう戦う?

西大伍、杉本健勇、清武弘嗣、という選手たちが怪我で離脱してしまい、室屋成、川又堅碁、土居真聖、という選手たちが新たに招集されたが、特に清武に関しては、海外でのプレイ経験もあるし、代表でのプレイ経験も多いし、セットプレイのキッカーとしての期待も高かったので、とても残念だなと。やはり、E-1サッカー選手権に参加できない、という事になってしまうと、浦和レッズの選手以外の国内組は厳しくなると思う。 F......続きを読む»

浦和レッズの対戦相手はテン・カテ監督率いる開催国王者のアル・ジャジーラ。

CWCの初戦、アル・ジャジーラ対オークランド・シティの試合は、スコア「1-0」でアル・ジャジーラが勝利を収め、12月10日の準々決勝、浦和レッズの対戦相手は開催国王者のアル・ジャジーラ、という事になった。アル・ジャジーラの監督であるテン・カテは、ライカールト監督時代のバルセロナのアシスタントコーチで、オランダ出身、ヨハン・クライフのサッカーの系譜の戦術家であり、その手腕への評価は高い。 しかし、ア......続きを読む»

クラシカルな10番タイプの司令塔が必要とされなくなったのは悲観的な要素ではない。

そもそも、ダブルボランチというのは、トップ下の選手のポジションを一つ下げてボランチを2枚にし、より守備的に、それから、よりサイドを攻撃的に、という意図があるので、もうその時点で、クラシカルな10番タイプの司令塔、いわゆる、FWの近くの下にいて、攻撃的な役割しか担わない、あるいは、得点よりも起点やアシストが主な役割とする、というような攻撃的なMFというのは、もはや無くなったとも言える。 そういう......続きを読む»

【 乾貴士 】もう1つパフォーマンスを上げられると思う。 【 エイバル vs エスパニョール 】

試合 :リーガ・エスパニョーラ 第14節 開催日:2017年12月3日 結果 :エイバル勝利 スコア:「3-1」 得点者:キケ・G アレホ ジョルダン(PK) オウンゴール 【 エイバル 】 FW エンリク キケ・G MF 乾貴士 ダニ・G ジョルダン アレホ DF ジュンカ アルビージャ オリヴェイラ カパ GK ドゥミトロヴィッチ FW エンリク MF 乾貴士 ジョルダン イササ エスカラ......続きを読む»

香川真司をどう使う? 岡崎慎司をどう使う? 本田圭佑をどう使う?

香川真司をどう使う? 相手のDFラインとMFのラインの間、バイタルエリア、そこで縦パスを受けてチャンスを作る、それが香川の真骨頂であるとしたら、W杯での使い方は2つのケースに限定されると思う。いずれにしても、より攻撃的にならなければならない、もしくは、得点を取らなければならない、という状況下で、あまりチャンスを作る事ができていない、あるいは、相手のDFラインとMFのラインの間、そこに隙があると......続きを読む»

日本はロシアW杯でどう戦う?

日本の初戦の対戦相手はコロンビア。やはりコロンビアと言えば、スコア「1-4」、ブラジルW杯で完全にやられた、という印象が強いと思う。ハメス・ロドリゲスなど、特に攻撃陣には個の力の高い選手が揃っており、まずはそれを封じる事ができないと勝負にならないと言える。但し、このグループではコロンビアが最も強いと思われるし、そして、初戦で対戦するので、日本としては1つのメリットがあると考えられる。 それは、ハッ......続きを読む»

日本の対戦相手はポーランドとセネガルとコロンビア。

A ロシア サウジアラビア エジプト ウルグアイ B ポルトガル スペイン モロッコ イラン C フランス オーストラリア ペルー デンマーク D アルゼンチン アイスランド クロアチア ナイジェリア E ブラジル スイス コスタリカ セルビア F ドイツ メキシコ スウェーデン 韓国 G ベルギー パナマ チュニジア イングランド H ポーランド セネガル コロンビア 日本 A ロシア ......続きを読む»

E-1サッカー選手権をどう戦う? 鍵とストロングポイントはどこか。

以前の記事で個人的に選んだE-1サッカー選手権に挑むメンバーは、 FW          杉本健勇 MF  倉田秋  井手口陽介 大島僚太 清武弘嗣 MF          山口蛍 DF 車屋紳太郎 昌子源   植田直通 谷口彰悟 GK          東口順昭 FW          小林悠 MF  三好康児 今野泰幸  中村憲剛 遠藤康 MF          三竿健斗 DF  室......続きを読む»

E-1サッカー選手権に挑むメンバーについて。

GK 東口順昭 中村航輔 権田修一 DF 昌子源 植田直通 三浦弦太 谷口彰悟 DF 車屋紳太郎 西大伍 山本脩斗 初瀬亮 MF 井手口陽介 今野泰幸 三竿健斗 MF 清武弘嗣 大島僚太 高萩洋次郎 FW 倉田秋 小林悠 阿部浩之 伊東純也 FW 杉本健勇 金崎夢生 GKに関しては順当かなと。西川が招集できないとなれば、やはり東口と中村なのは、これまでの経緯を考えれば当然かなと。そして、CBに......続きを読む»

レスターというチームとレスターというチームでの岡崎について思う事。

新しい監督というのは、どうしても独自色を出したくなるもので、しかし、当然それは有りだとは思うが、レスターの場合には、まだ大きく色を変える時期ではない、という事が大きなポイントだと思う。結局、その大きな鍵となっているのは、岡崎でもマフレズでも他の選手でもなく、ヴァーディという選手で、ヴァーディのようなタイプの選手をCFの軸として使うのであれば、やはり堅守カウンターという戦い方が最も機能する。 も......続きを読む»

E-1サッカー選手権で期待する事。

もちろん、ロシアW杯へ向けての戦力の発掘、という事はあるのだが、やはり個人的には他にもいくつか期待したい事というか、目的にしてもらいたい事がある。その1つは、規模や価値がどうであれ、それから、ロシアW杯へ向けての戦力の発掘だけを目的化せず、きちんと優勝を目指してもらいたい、という事。欧州組は招集できず、浦和レッズの選手も招集できない状況で、それでも東アジアのタイトルを取れるのかどうか。 つまり......続きを読む»

【 乾貴士 】もし乾にそういう動きを求めるのであれば。 【 アラベス vs エイバル 】

試合 :リーガ・エスパニョーラ 第13節 開催日:2017年11月25日 結果 :エイバル勝利 スコア:「1-2」 得点者:ジョルダン シャルレス ブルギ 【 エイバル 】 FW エンリク シャルレス MF 乾貴士 ダニ・G ジョルダン アレホ DF ジュンカ アルビージャ オリヴェイラ カパ GK ドゥミトロヴィッチ FW キケ・G MF ジョルダン ダニ・G イササ ペーニャ ......続きを読む»

浦和レッズがACLで優勝。それには大きな意味も価値もある。E-1サッカー選手権とCWC。12月は国内組で盛り上がりそうだ。

まず素直に、すごくホッとした。Jリーグのクラブが長くACLで優勝できないでいた事は、やはり大きな損失だったと思うから。日本のサッカーがクラブでも代表でもアジアの王者でいる事。それには大きな意味も価値もある。なぜなら、そこに人も金も集まるから。もちろん、人や金はそれだけで動くわけではないが、最もシンプルで手っ取り早い方法が、それである事は間違い無い。そういう意味でも、CWCにも期待したい。 ちな......続きを読む»

間違った考え方が多い日本のサッカー。

戦いには共通の法則がある。その1つが、カウンターが最も優れた攻撃方法である、という事。なぜならば、相手の守備に最も隙が生まれるのは相手が攻撃をしている時だからで、それは体勢としても意識としてもそう。特に数や力で劣る側が勝る側に勝つ方法というのは、奇襲で、つまりはカウンターで、一時的あるいは瞬間的に、相手のアタッキングサード内で数的同数や数的有利を作り出す、それが唯一の方法だと言っても良い。 他......続きを読む»

天才型と秀才型。攻撃の選手と守備の選手の違い。

守備というのは完璧さが求められる。ある意味では機械的な完璧さが求められる。守備はミスが許されず、攻撃はミスが許される。それならば、守備的なポジションなんてやらない方が良い、守備的なポジションなんてつまらない、と思うかもしれないが、逆に言えば、守備の選手は天才じゃなくても良い。秀才であれば良い。クリエリティブな才能が無くても良い。完璧主義者で、献身的で、ある意味では機械的にプレイできれば良い。 ......続きを読む»

【 乾貴士 】攻守に素晴らしいパフォーマンスだった。 【 エイバル vs ベティス 】

試合 :リーガ・エスパニョーラ 第12節 開催日:2017年11月20日 結果 :エイバル勝利 スコア:「5-0」 得点者:オウンゴール エスカランテ シャルレス シャルレス(PK) エンリヒ 【 エイバル 】 FW エンリク シャルレス MF 乾貴士 ダニ・G エスカランテ アレホ DF ジュンカ アルビージャ オリヴェイラ カパ GK ドゥミトロヴィッチ FW キケ・G シャル......続きを読む»

E-1サッカー選手権に挑むメンバーは?

FW          杉本健勇 MF  倉田秋  井手口陽介 大島僚太 清武弘嗣 MF          山口蛍 DF 車屋紳太郎 昌子源   植田直通 谷口彰悟 GK          東口順昭 FW          小林悠 MF  三好康児 今野泰幸  中村憲剛 遠藤康 MF          三竿健斗 DF  室屋成  中山雄太  三浦弦太 初瀬亮 GK          中村航輔 ......続きを読む»

「4-1-4-1」でのカウンター攻撃を機能させるにはゼロトップ。

「4-1-4-1」での攻撃というのは、1トップの位置にヴァーディや浅野のようなタイプの選手を置く場合は違うが、大迫のようなタイプの選手を置く場合には、1トップの選手というのはフリーマンで、つまり、いわゆるゼロトップ的な考え方でやった方が機能する。従って、1トップとは言っているが、実際には、「4-1-1-4」の2列目の「1」が大迫、という考え方をした方が、より機能性が上がる、という事。 要するに......続きを読む»

攻撃はパスと判断力のスピードの向上と仕掛けとワンタッチとワンツーで。

足元から足元へのパスのスピード。 前回は守備についてだったが、今回は攻撃について言うと、ブラジル戦でハッキリと見えていたのは、パスのスピードに大きな違いがある、という事だった。やはり、速度の遅いパスでは通らない。かつての中田英寿のような鬼パスだと、どちらにしても通らないので意味無いが、要するに、足元から足元へのパスについて、もっとそのスピードを速くしないと、という事。しかしそのためには、どちらかと......続きを読む»

代表の戦い方はシンプルであるべき。代表はより個の力で戦うべき。

組織と個について、組織的である、という事の1つの難しさは、どうしても、排他的になってしまう、という事。組織力を高める、連携力を高める、そのためには、同じ選手同士で、できるだけ多くの練習や試合をこなす、という事が必要になってくるのだが、という事は逆に言えば、そこにあまり新しい選手を加えない、という事であるから、つまりは、どうしても、組織的である、という事を最優先にすると、排他的になってしまう。 ......続きを読む»

ベルギー戦選手評価 【 槙野智章。吉田麻也。川島永嗣。杉本健勇。森岡亮太。久保裕也。乾貴士。酒井高徳。 】

槙野智章 終盤に1回だけ、疲れたのか、ちょっと雑な対応はあったが、トータル的には良いパフォーマンスだったと思う。森重の控えになり、その次は昌子の控えになりかけたが、ようやくここで主力の座に上がれたかなと。吉田は裏への対応が弱いので、そこを槙野がカバーする、という相性も良さそうだ。それから、長友では高さに不安がある試合では、槙野を左SBで、というオプションにも成り得るから、ロシアW杯には行けると思う......続きを読む»

ベルギー戦選手評価 【 大迫勇也。原口元気。浅野拓磨。井手口陽介。長澤和輝。山口蛍。長友佑都。酒井宏樹。 】

大迫勇也 もう少し得点の匂いを感じさせて欲しい、というのはあるが、サイドがもう少し機能し、そこからのクロスボールのクオリティも上がらないと難しいと思う。それから、攻撃になった時には、もっと大迫に縦パスを入れていくべきであると思う。大迫がサイドへ流れたり良い動き出しで裏を狙った時に、そこへパスが出ないシーンが数回は必ずあるので、他の10人の選手は、攻撃になったらまずは大迫を見る、という事が必要だと思......続きを読む»

ベルギー戦 【 この試合のパフォーマンスが最低限のライン。 】

試合 :国際親善試合 開催日:2017年11月14日 結果 :ベルギー勝利 スコア:「0-1」 得点者:ルカク FW          大迫勇也 MF  原口元気 井手口陽介 長澤和輝 浅野拓磨 MF          山口蛍 DF  長友佑都 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹 GK          川島永嗣 FW          杉本健勇 MF  乾貴士     森岡亮太    久保......続きを読む»

守備はゾーンディフェンスの守備ブロックで。

縦パスの攻防。 サッカーというスポーツにある1つの大きな攻防というのは、縦パスに対する攻防。攻撃はいかに縦パスを通すのか、守備はいかに縦パスを通させないのか。例えば先日のブラジル戦だったら、主にはネイマールだったが、ブラジルの3トップにいかに縦パスを通させないか、という事が守備では重要な事であったと言える。但し、例えばネイマールに酒井宏樹と久保(浅野)、あるいは、酒井宏樹と山口、という2人で、常に......続きを読む»

ブラジル戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。槙野智章。吉田麻也。川島永嗣。浅野拓磨。乾貴士。杉本健勇。森岡亮太。遠藤航。 】

長友佑都 例えば今回のブラジル戦だったら、ネイマールがいる方のサイドに長友を起用する、という方法も有りだったと思う。フィジカルの強さや直線的な動きに良さがあるようなタイプなら酒井宏樹でも良いと思うが、ネイマールのようなタイプの選手の場合には、おそらく長友の方が良かったと思う。インテルでも、そういう使われ方をしていた時もあったし、左でも右でもプレイできるのだから、それを最大限に活かしてもらいたい。 ......続きを読む»

ブラジル戦選手評価 【 大迫勇也。井手口陽介。原口元気。久保裕也。山口蛍。長谷部誠。 】

大迫勇也 本田には、W杯2回出場、W杯で3得点、1トップの位置は、南アフリカW杯とロシアW杯アジア最終予選のアウェイでのオーストラリア戦で、という経験と実績がある。大迫には、W杯1回出場、ロシアW杯アジア最終予選での良いパフォーマンス、という経験と実績があり、CFのポジションを得意としている、というアドバンテージもある。さて、最近は本田もパフォーマンスを上げており、どちらが主力に相応しいのか。 ......続きを読む»

ブラジル戦 【 前半36分までしか、ほぼ参考にならない試合だった。 】

試合 :国際親善試合 開催日:2017年11月10日 結果 :ブラジル勝利 スコア:「1-3」 得点者:ネイマール(PK) マルセロ ジェズス 槙野智章 FW          大迫勇也 MF  原口元気    井手口陽介   久保裕也 MF       長谷部誠  山口蛍 DF  長友佑都 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹 GK          川島永嗣 FW          杉本健......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 91 92

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss