スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!

スポーツTwenty four seven 常にあらゆるスポーツを! 

kagesupo143

「スポーツ千一夜」のタイトルでスポーツナビに参加させて頂いて5年目。 ここ1年ほど、なかなか投稿できませんでしたが、そろそろペースを上げていこうと思っています。 お付き合いのほどよろしくお願いいたします。 影無茶という名 もっと見る
  • 昨日のページビュー:4952
  • 累計のページビュー:13347024
  • (09月23日現在)

最新の記事

高校野球甲子園大会、タイブレーク導入はやむを得ないが13回からでは遅すぎる

ついに来春センバツ高校野球から甲子園でもタイブレーク制が導入されることが決まりました。 選手の体調管理が目的と謳っていますが、結局投手の酷使を避けるということが一番の導入理由でしょう。 実際には最近エースが一人で大会の全試合を投げる高校は減少傾向で複数投手を擁するチームが増えてきました。 しかし、2番手3番手投手がエースと同等の力を持っている高校はよほどの野球名門校にしか出来ない芸当です。 実際複数......続きを読む»

ホンダを応援し続ける記事 第14戦シンガポールGP 新たなるスタート

マクラーレンとの契約解消。 トロ・ロッソとパートナーシップを結ぶ。 正式発表されてから初めてのレースとなるシンガポールGP。 レース以外の話題が大きすぎてレース自体は二次的な感じとなってしまいました。 もっとも、それはホンダを応援している立場だからこその感想で、そうでない人にとってはやはりレースが最も気になることでしょう。 私といえば、残りのレースで有終の美を飾ってほしいと前回書きながら、どうも集中......続きを読む»

フィギュアスケート Road To 平昌  宇野、ジェイソン・ブラウン、チェン、本田真凛

ISUチャレンジャーシリーズ・ロンバルディア杯、USインターナショナル。 平昌を目指す注目の選手が多く登場してきました。 今の時期、順位や得点よりも課題を見つけていかに修正していくのかが大切と先日も書きましたが、日本の各選手はそれぞれ有意義なシーズン初戦だったと思われます。 まずは宇野選手。 昨年もロンバルディアが初戦でしたが、今年は風格も身に付き大きく成長した姿を見せてくれました。 今回、初戦でい......続きを読む»

先週のジャイアンツ(9月12日~17日) CS圏内突入

先週は今季最後のベイスターズ戦。 目上の敵を直接叩いてCS圏内突入する最後のチャンス。 大事な大事な1週間でした。 まずは先週の結果。 〇スコア 9月12日 対タイガース  5対5△ 9月13日 対タイガース  7対2〇 9月14日 対タイガース  2対2△ 9月16日 対ベイスターズ 0対1● 9月17日 対ベイスターズ 6対1〇 〇主な打者の成績 陽     21打数7安打.333 打......続きを読む»

フィギュアスケート Road To 平昌 ロンバルディア杯・樋口最高のシーズンイン

いよいよオリンピックシーズンが始まったフィギュアスケート。 北の情勢が緊迫度を深めている状況の中、無事に平昌が開催されることを祈ります。 さてイタリアではロンバルディア杯、アメリカではUSインターナショナル。 共にISUチャレンジャーシリーズとして得点も公認されますが、オリンピックシーズンということもあり注目度は(特に日本では)高く、シーズン初めというのに報道は早くも過熱気味です。 ロンバルディア......続きを読む»

ホンダを応援し続ける記事 正式発表・・・

ついに正式発表がありました。 今季をもってマクラーレンとホンダは契約解消。 来季からトロロッソへパワーユニットを供給。 個人的には何とかマクラーレン・ホンダ体制で継続してほしかった。 しかしマクラーレンとしてはこの3年、とりわけ今年の状況は看過できるものではなかったということなのでしょう。 かつて、アイルトン・セナとアラン・プロストを擁したマクラーレン・ホンダが16戦15勝という伝説的な成功を収めた......続きを読む»

井上全米デビュー・名声を確固たる物にするのは次戦で綺麗に倒すこと

モンスター井上尚弥の全米デビュー。 過去幾多の日本人名チャンピオンが望んだ本場での戦い。 しかしマッチメイクの難しさから実現したのはほんの一部の選手だけでした。 過去13戦の戦いぶりで、もはや負けることが想像できないほどに進化した井上。 こういった昇り竜が如く勢いのある内に全米デビューを果たすことが出来た彼はやはり200年に一人のモンスターです。 たとえ戦の場が本場であっても、井上に求められるのは内......続きを読む»

先週のジャイアンツ(9月5日~10日)田口と畠の連勝は止まったが3位に接近

選手は下位球団と5試合。 上位進出を狙うには落としたくない試合でしたが・・・。 〇スコア 9月5日  対ドラゴンズ 11対8〇 9月6日  対ドラゴンズ  0対4● 9月8日  対スワローズ  4対1〇 9月9日  対スワローズ  0対4● 9月10日 対スワローズ  6対1〇 〇主な打者の成績 陽    19打数4安打.211 マギー  22打数9安打.409 打点5 坂本   21打数5......続きを読む»

フィギュアスケート Road To 平昌 宮原選手全日本へのピーキング

女子フィギュアワールドスタンディング4位宮原選手が今シーズン初戦を予定していたフィンランディア杯を欠場すると発表がありましたが、上月スポーツ賞の表彰式でオリンピックへの強い意欲を語ってくれました。 疲労骨折の影響が小さくないようで、気になるところではありますが今まで培ってきた豊富な練習量で身体はしっかり演技に必要なコツなど覚えているでしょうから、焦らず全日本を目標に調整していけば依然として2枠の内の......続きを読む»

マクラーレン・ホンダを応援し続ける記事 第13戦イタリアGP 今後を予測する

イタリアGPは元々苦戦すると言われてました。 なので結果はマクラーレンとホンダの関係がどうなるかはほとんど影響しないと思っています。 しかしそれでも、もうちょっと良い終わり方というのがあるのとちゃうの・・・というのが率直な印象です。 バンドーンがポイント圏内を走行していたのに、パワーユニットの問題でリタイアというのは流れが悪すぎますね。 アロンソのトラブルはギアボックスなので少し安心しましたが、問題......続きを読む»

先週のジャイアンツ(8月29日~9月3日)贅沢言えばきりがないがマイコの2戦は残念

首位カープ、3位ベイスターズとの大切な6連戦。 CS県内突入を目指すには負けられない戦いでした。 まずは結果から。 〇スコア 8月29日  対カープ 1対2● 8月30日  対カープ 6対4〇 8月31日  対カープ 3対1〇 9月1日   対ベイスターズ 3対0〇 9月2日   対ベイスターズ 3対1〇 9月3日   対ベイスターズ 0対1● 〇主な打者の成績 陽     23打数3安打.......続きを読む»

新ルールで行われた世界柔道選手権

この2ヶ月間、多くの種目で世界選手権が行われました。 オリンピック翌年でもあり、世代交代も含め新たな目標に向かってのスタートとする選手も多かったと思います。 その中で日本選手は東京2020という明確な目標があり、他のどの国よりも高いモチベーションで各大会に臨んでいることと思います。 その中で今日は世界柔道について感想を書かせて頂きます。 現段階で新種目の男女混合団体戦を残していますが個人戦は終了。......続きを読む»

日本代表6大会連続Wカップ本線出場を祝うが、いろいろ思うところもあって・・・

絶対に勝たなければならない試合。 テレビ朝日の、とんでもなくプレッシャーをかけるキャッチフレーズですが、オーストラリア戦は正にそういうシチュエーション。 サウジが負けて、追い風との報道がありましたが、それはオーストラリアにとっても同じで、さらに大変な試合になったんちゃうん・・・と思っていました。 忘れたくても忘れられないジーコジャパンの本線初戦逆転負け。 あれがトラウマになったのか、オーストラリアが......続きを読む»

フィギュアスケート Road To 平昌 女子金メダリストロシアの二人が平昌断念

女子フィギュアロシア勢、ソトニコワとリプニツカヤのソチ五輪金メダリスト二人が故障と引退危機で平昌五輪出場が事実上不可能になるという残念なニュースが相次いで飛び込んできました。。 ソトニコワ21歳。 本来なら最も充実の年齢。 彼女の成績を見ると、GPグランプリはファイナルに1回だけ出場で5位ですがそれはソチ五輪のシーズン。 ロシア選手権は7回出場で4-0-1-2と4回優勝、3位1回。 欧州選手権が2度......続きを読む»

マクラーレン・ホンダを応援し続ける記事 第12戦ベルギーGP 不協和音

夏休み明け。 誰もが後半戦に期待を込めてフレッシュな気持ちで臨むベルギー・スパフランコルシャン。 どうもフェルナンド・アロンソはそうではなかったようです。 今までも彼の言動についていろんな声が聞こえてきましたが、間違いないのは常に最善を尽くし与えられた条件の中でベストを尽くす。 腕は確かなのでマシンのポテンシャル以上の結果を残してきたこともありました。 しかし、今回の結果についてここまでの状況を見る......続きを読む»

先週のジャイアンツ(8月22日~27日)5割復帰!

先週はパソコンがダメになり慣れないスマホからの投稿だったので記録を掲載しませんでしたので、今週は先々週分と並べて表示します。 〇スコア 8月16日 対スワローズ  8対2〇 8月17日 対スワローズ  3対4● 8月18日 対ベイスターズ 9対7〇 8月19日 対ベイスターズ 6対1〇 8月20日 対ベイスターズ 6対1〇 8月22日 対ドラゴンズ  9対2〇 8月23日 対ドラゴンズ  1対4......続きを読む»

ドーピング疑惑のネリ・最終陽性なら裁定はひとつしかない

ようやくパソコン新しいのが来ました! ネリ選手のドーピング陽性についてですが、二次検査は適正におこなわれているのでしょうか? 牛肉に含まれているなど訳のわからないことが言われていますし、二次検査で結局陰性だったチャンチャンで終わる可能性も半分あると思います。 山中選手にとっては、たまったものではない状況です。 試合に負けてしまったのは事実ですし、今は望まずとも、まな板の上の鯉状態です。 この件に......続きを読む»

先週のジャイアンツ

ついにパソコンが動かなくなり、これを機会に新しいのを買いました。 それが来るまでは投稿休まざるを得ないんですが、毎週投稿してましたこの記事は簡潔に書かせていただこうとスマホから送っています。 数字は書けませんが感想だけつらつらと書いてみます。 ベイスターズに三連勝は大きいですね。 これで借金が1。 まだベイスターズは貯金があるので、すぐに3位浮上は難しいかもしれませんが、確実に視界に捉えたのは間違......続きを読む»

山中慎介13度目防衛ならず ネリはやっぱり強かった

具志堅氏に並ぶ13度目の防衛なるか。 山中慎介、最強の敵ルイス・ネリを迎えてのWBC世界バンタム級タイトルマッチ。 実は12度目の防衛後、相手はルイス・ネリしかいないと思った時から嫌な予感がありました。 神の左は健在ですが、明らかに被弾してしまう場面が多くなり、ネリのパンチを受けた時に果たして耐えられるのだろうか。 そんな不安が頭から離れませんでした。 実際に最近の山中チャンピオンの戦いぶりを見てそ......続きを読む»

先週のジャイアンツ(8月8日~13日)祝・阿部慎之助2000本安打達成!

先週は上位2球団相手に3勝3敗。 またしても借金を減らせませんでした。 まずは先週の結果。 ○スコア 8月8日  対タイガース 6対1○ 8月9日  対タイガース 4対5● 8月10日 対タイガース 5対2○ 8月11日 対カープ   9対2○ 8月12日 対カープ   0対1● 8月13日 対カープ   1対4● ○主な打者の成績 陽    21打数8安打.381 マギー  23打数10安......続きを読む»

第99回夏の甲子園 感想 その1

夏の甲子園も4日が過ぎました。 まず思うのはよく点が入るということ。 17本塁打はけっこうハイペースではないでしょうか。 これだけ暑いと投手は大変です。 とてもじゃないですがエース一人で勝ちぬくのは至難の業で健康的にも問題です。 かといって複数の投手を擁すると万全かというと、それはそれで継投が難しく、タラレバは禁物ですが中京大中京は投手を変えなければ結果は違っていたかもしれません。 それにしても今日......続きを読む»

先週のジャイアンツ(8月1日~6日)6試合連続二桁安打で3勝3敗は残念

おそらく先週はシーズンの中でも最も打線が好調だったと思われる1週間でしたが、借金を減らせませんでした。 岩瀬投手の鉄人記録誕生週に遭遇し、めぐりあわせも悪かったですね。 これだけ打線が好調の時なのでせめて4勝2敗でクリアして欲しかった。 それでは先週の結果 ○スコア 8月1日  対スワローズ  10対3○ 8月2日  対スワローズ  10対4○ 8月3日  対スワローズ   5対7● 8月4日......続きを読む»

夏の甲子園49代表校決まっての印象だけの勝手な予想(2017年)

今年もやってきましたこの季節。 毎年49代表校が決まった時点で印象だけの勝手な予想を書かせていただいてます。 2017年版印象だけの勝手な予想。 1世紀の歴史に迫る夏の全国高校野球選手権大会第99回大会。 初出場は6校で内5校は春夏通じて初出場。 聞きなれない校名がフレッシュに感じますがこれだけ回を重ねてくると全体的には常連校の名前が目立ちます。 ただ、常連校と言っても近年になって甲子園出場が増えて......続きを読む»

マクラーレン・ホンダを応援し続ける記事 第11戦ハンガリーGP マクラーレンの判断やいかに

ホッとしました。 これが率直な感想です。 ハンガロリンクはマクラーレン・ホンダにとってポイント獲得最大のチャンスと言われていたのは皆さんご承知の通り。 アロンソも長谷川代表もエリック・ブーリエも口を揃えてチャンス、チャンスと言ってましたがこれで結果が出なかったら・・・。 それを考えると・・・いや考えたくはなかった・・・いやいや、考えないようにしました。 でもって、ハンガリーGPの結果は フェルナン......続きを読む»

先週のジャイアンツ(7月25日~30日)カープとの野球の違いにがく然としたが・・・

昨日は今季初の3点差からの逆転勝利、しかもサヨナラ。 由伸監督も動きましたね。 やっぱり動かないと勝てません! まずは先週の結果から ○スコア 7月25日  対カープ 2対1● 7月26日  対カープ 2対7● 7月27日  対カープ 4対3○ 7月29日  対ベイスターズ 5対1○ 7月30日  対ベイスターズ 5対4○ ○主な打者の成績 陽    18打数3安打.167 打点2 坂本   ......続きを読む»

ボンバーレフト三浦引退とジャイアントキリング木村王座奪取

何気にスポナビを見たら木村翔選手があのゾウ・シミンに勝って王座奪取の見出し。 一瞬我が目を疑いましたが(失礼)ビッグニュースに早速ユーチューブで検索したらアップされてました! 10Rと11Rを見る事が出来ましたが、木村選手のアグレッシブな戦いには驚きました。 ゾウ選手はグロッギー気味で木村選手は前に前に出て右、左とパンチを出し続けていました。 10Rなんか途中ゾウ選手がスリップでダウンしましたが、レ......続きを読む»

先週のジャイアンツ(7月17日~23日)勢いに水を差す山口投手の愚行

5月28日に借金生活に入ったジャイアンツ。 6月11日と7月2日の2度最大11まで増えた借金ですが、オールスター前の9連戦を7勝2敗でカバーして借金6まで減らしてきました。 勢いがしぼんでいないかが気になった球演明け、まずは先週の結果から。 ○スコア 7月17日 対ドラゴンズ  5対1○ 7月18日 対ドラゴンズ  1対6● 7月19日 対ドラゴンズ  6対5○ 7月21日 対ベイスターズ 3対3......続きを読む»

マクラーレン・ホンダを応援し続ける記事 第10戦イギリスGP 噂に関する個人的見解

今年のF1は早くも折り返し。 第10戦イギリスGP。 マクラーレン・ホンダが僅か2ポイントという現実は正直思ってもみませんでした。 結果が求められる世界。 マクラーレンがホンダの努力を認めていても、現在の状況が続けばエンジンの供給を他社から受けるという選択肢はあって当然です。 ホンダの努力が結実するよう願うというか信じるしかありません。 スペック3を投入したイギリスGPの結果は ストフェル・バンド......続きを読む»

先週のジャイアンツ(7月10日~12日)9連戦7勝2敗

最下位スワローズ戦とは言え3タテは大きいです。 これでカープ、タイガース、スワローズの9連戦を7勝2敗。 良い形で後半戦に入れますが・・・。 では3戦だけですが先週の結果を。 ○スコア 7月10日 対スワローズ  3対2○ 7月11日 対スワローズ  2対0○ 7月12日 対スワローズ  8対3○ ○主な打者の成績 陽    3打数1安打.333 中井   6打数0安打.000 打点1 立岡  ......続きを読む»

これが稀勢の里関のマイウェイ

大相撲名古屋場所。 横綱稀勢の里が2勝3敗と窮地に追い込まれました。 昨日の取り組みでは左足首を負傷したとか。 休場は時間の問題だと思います。 私は過去の記事で書いたように稀勢関の長期休場を勧め、貴乃花関の繰返しは避けて欲しいと願っていました。 同じ思いを持っている角界ファンは多いと思います。 横綱に陥落がないのは万全な態勢で出場し盤石の強さを見せるためであり、中途半端な状態では出場せず問題があれば......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 34 35

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  9. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss