我がフェイエノールト

パウル・デ・ムニクとOpelが新たなフェイエノールト・リートを発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

パウル・デ・ムニクがフェイエノールトのために新曲を書き上げた。7月1日までフェイエノールトのメインスポンサーであるOpelが、この歌手がロッテルダムのクラブの大ファンであることを知り、そのユニークなフェイエノールト感情を歌にしてくれるように依頼。その結果、深いクラブ愛に根ざした‘Geen club als Feyenoord’が誕生した。

「スポーツ面での成功への飢え、手に手を取って、どんな障害も厭わず、決して諦めない。それこそが僕にとってこのクラブへの賛美に最も相応しい要素」とデ・ムニク。「全てのフェイエノールダー、ヘット・レヒューンからセレクションやデ・カイプのコーヒーショップの店員に至るまで、この曲を自分たちのリートとして感じて貰えたら素晴らしい。そうすれば僕自身 エヒテ・フェイエノールト・サポーターとしてみんなの心に残ることになるからね」

Opelはこの4シーズン様々な活動でフェイエノールト感情に近くあろうと試み続け、このパートナーシップを価値あるものにしようとしていた。「我々はこのクラブとの繋がりを強く感じているし、フェイエノールト感情を反映したリートを作ることでこの時期にサポーターに何かを残したかった。これはOpelから全てのフェイエノールダーへの贈り物だ」とスポークスマン イェルーン・マース。

‘Geen club als Feyenoord’によってパウル・デ・ムニクはかつてフェイエノールトのために作られてきた多くの歌たちに美しい1曲を加えることになる。その中には‘Hand in hand kameraden’や‘Feyenoord, wat gaan we doen vandaag’のような伝統的なものや、1999年にリー・タワースによってリリースされた‘Mijn Feyenoord’がある。

Paul de Munnik - Geen Club Als Feyenoord https://youtu.be/mGp0l4bL3qg

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/paul-de-munnik-en-opel-brengen-nieuw-feyenoord-lied-uit



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:5555527

(09月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss