change-the-flow

フェデラーとズベレフの第3戦  Nitto ATP ファイナルズ2017

このエントリーをはてなブックマークに追加

今大会最も注目する一戦、フェデラーとA・ズベレフが激突します。
「このグループの誰もがフェデラーを倒す能力がある」ズベレフはこう語ったといいます。誰もがとは言いつつズベレフ本人こそはフェデラーを倒す能力があると豪語したことになります。

ここまでフェデラーに対して熱く敵意むき出しにする選手はズベレフ以外にはいないのではないでしょうか。実際ズベレフは試合中にガッツポーズを挑発的にフェデラーに対して差し出します。最大の畏敬の念はもっているはずですが、コートの中では決して物怖じしません。このメンタルこそが将来のNO1候補と言われる所以かもしれません。

ズベレフは今季ローマ、カナダとマスターズ2大会で勝利するなどナダル、フェデラーに次ぐランキング3位に値する堂々の成果を叩き出しています。しかし、最近の戦いぶりは、それに値する内容ではありません。
RR第1戦のチリッチ戦を観ながら改めて同じ想いになりました。「これでは駄目だ」と思いました。立ち上がりからチリッチのミスが目立ち、チリッチらしい攻撃的なテニスは見られません。第1セットのショットによるウイナーは1でした。かといってズベレフもミスがでます。強打をネットにかけます。ウイナー数12に対してUE数19でした。MS勝利したときのズベレフは安定的なストロークでミスのないジョコビッチのような強さを感じていました。それが安定感がなく強打によるミスを変わらず多発するのでした。

消極的であったチリッチが攻撃的にでてワンセットオールとしファイナルセットに突入、先にブレイクを奪われた後の第3セット第6ゲーム、ズベレフは苛立ちます。15ー30からズベレフのフォアハンドがサイドアウトし15ー40。このままズベレフは崩れていくものと思いました。しかし、ズベレフはここから攻撃的に4ポイント連取しブレイクバック、第12ゲームにラブゲームブレイクし初戦勝利としました。第3セットのウイナー数は13、UE数は7でした。

第2セットのウイナー数は6UE数は15であり、ここまでのズベレフではフェデラーには勝てる状況にないと思いつつ観ていました。しかし、第3セットのズベレフは別人でした。あのテニスが出来れば分かりません。怒りの中に集中力を感じました。
ソックの内容はよく第1セット第1ゲームはブレイクを奪われるものの、その後は粘り強くフェデラーについて行きました。最近のフェデラーの立ち上がりは1st もショットの精度もよくないのですが、不思議なくらいに試合がすすむにつれて上げてきます。第2セットの1st 確率は69%、1st ポイント獲得率は91%、2ndポイント獲得率は90%でした。フィジカル面も問題ないようです。
さて、ズベレフとフェデラーの今季第3戦です。第1戦のハレではフェデラーがズベレフにテニスをさせませんでした。第2戦のカナダMSではズベレフがフェデラーにテニスをさせませんでした。この衝撃的な2戦を受けての第3戦です。果たしてどのような戦略がぶつかり合うのでしょうか。

残念ながらナダルが離脱した今、決勝のカードはランキング2位と3位の両雄かもしれません。フェデラーは全勝の1,500ポイントを狙っているはずです。ナダルの10,645ポイント、フェデラーの9,005ポイントです。これに1,500を加算すると10,505ポイントで、その差は140ポイントです。ナダルはブリスベンの45ポイントの失効がありますので差し引くと95ポイントです。

試合開始予定は15日の5:00です。LIVE観戦したいのですが、できないでしょう。ドキドキします。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「フェデラーとズベレフの第3戦  Nitto ATP ファイナルズ2017」へのコメント

ジョーさん

観戦し直したうえて返信しようと思っていましたが、ファイナルズを観戦するだけでいっぱいいっぱいでした。記憶と記録だけで見ますと、ウイナー数とUE数ではフェデラーの8ー18に対してズベレフの20ー19です。確かにフェデラーの怪我の影響はあったにしても、このときのズベレフの速攻とマスターズ大会2連勝は評価してあげても良いと思います。
コメントありがとうございました。

「フェデラーとズベレフの第3戦  Nitto ATP ファイナルズ2017」へのコメント

コメントありがとうございます。
140が150でないところが、後で物言うかもしれません。いちよ私も仕事しておりまして、完全観戦できていません。あと、少しですが、頑張ります。

「フェデラーとズベレフの第3戦  Nitto ATP ファイナルズ2017」へのコメント

みみさん

ナダルは無理しましたね。ナダルはフットワークを活かした粘り強いテニスが信条ですので、治療に専念して、来季も力強いフォアハンドをみせて欲しいと思います。フェデラーは上手いですね。ズベレフは20歳ですからね。

「フェデラーとズベレフの第3戦  Nitto ATP ファイナルズ2017」へのコメント

カナダMSは、ズベレフがフェデラーにテニスをさせなかったというより、フェデラーが怪我でまともにプレイ出来ていなかった部分が大きいと思いますが。。

こんな記事も読みたい

ツアーファナイル開幕!~ネクストジェンの感想も少々~【サンチェス・ピスファン】

最後の大会がはじまろうとしている Nitto ATP ファイナルズ 2017 【change-the-flow】

【2017Nitto ATP Finals展望】フェデラーとナダル & NEXT GEN チョンヒョン優勝【"テニス"感覚観戦】

ブロガープロフィール

profile-iconjigyakuteki

  • 昨日のページビュー:3056
  • 累計のページビュー:5834979

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016
  2. ジョコビッチのメンタルを打ち砕け。マイアミ・オープンF
  3. マスターズ初制覇を果たす日 今ここに 錦織の勝利確率51% 対ジョコビッチ第5戦 ロジャーズ・カップ2016決勝
  4. ナダル戦でのトイレットブレイクについて
  5. 答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017
  6. フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について
  7. 錦織の攻撃的テニスを封印 勝つためのテニスに徹しろ! ロジャーズカップ2016 
  8. リターンゲームに賭けろ 錦織の完成形とは 対マレー第3戦 全米オープン2016 QF
  9. 錦織の次なる課題 異次元の世界への挑戦 スイス・インドア2016
  10. 真向から戦い抜いた錦織。ぶれずにそのまま突き進め!マイアミ・オープンF

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss