change-the-flow

一難去ってまた一難 ファイナル出場権の行方は ロレックス・パリ・マスターズ2017

このエントリーをはてなブックマークに追加

デルポトロがイズナーに勝てませんでした。よって、デルポトロのATPファイナル出場への夢は叶えることは出来ませんでした。この試合、油断をしていた訳ではありませんでしたが、ショック状態であり落胆してしまいました。イズナーには申し訳ないのですが、おそらくデルポトロが勝つだろうと本心予想していたのです。そのショックと、ナダルが棄権したことで、第1試合と第3試合の試合開始時間が空いたこともあり、私はデルポトロ戦後寝てしまいました。録画予約をすることもなくです。
『なんだこれは」目が覚めて、試合結果を覗きにいきました。チリッチが6ー7、6ー7で敗退、ソックが6ー7、6ー2、6ー3で勝利という結果でした。よってSFの対戦カードは、イスナーVSクライノビッチ、ソックVSベネトーとなったのです。
デルポトロが敗退したことで、優勝は誰になるのだろうと予想しました。チリッチかな、と思いました。チリッチのこれまでの状況は決して悪くはなく、この中で優勝候補筆頭とみるのは自然に感じました。ベネトーとの対戦成績も3勝無敗でした。ただ、イズナーの優勝はあり得ると思いました。しかし、イズナーはデルポトロ戦に左足首の痛みのためMTOをとりましたし、右膝辺の痛みのために何度もトレーナーを呼んでいたため、あと2試合はもたないのではないかとも思いました。
イズナーとソックがファイナルへの出場権獲得の条件は優勝しかありませんでした。しかし、そんなことはないだろうと本心思っていました。カレノブスタも同様と思っていたのではないでしょうか。最も可能性が高いのはデルポトロのSF進出と考えていたはずです。カレノブスタとしてはファイナル出場はほぼないものと覚悟していたに違いありません。もっとも初戦敗退でしたので自業自得という面もあります。しかし、デルポトロが負けたことで、改めて光がさしたかもしれません。
まさか、イズナーとソックの決勝カードはあり得ないだろうと思っていましたが、両者ともSFまで勝ち上がってきました。両者が決勝進出可能性も高いと思います。そうなるとその時点でカレノブスタのファイナル出場権は消滅します。もう一つ、過去3年、年間NO1選手がパリMSを制していたということです。フェデラーが欠場した中で優勝候補筆頭はナダルとするのはこれも自然です。カレノブスタとしてはナダルの棄権も不運でした。しかし、この大会何があるのか分かりません。イズナー、ソックとも敗退なんてこともあり得るかもしれません。どのような結末になるのでしょうか。

デルポトロですが残念でした。デルポトロにもチャンスはありました。しかし、好機にデルポトロのネットにかけるなどのミスがでました。ブレイクを一度も奪うことは出来ませんでした。イズナーのサービスは凄いです。さすがSERVE RATING NO1だけのことはあります。サービス速度は210km前後ではありますが両サイドからの208cmから打ち下ろすワイドサービスに切れがあります。2ndサービスも凄いです。キックサービスは高く跳ねます。よってデルポトロが前にでるところにボディサービスとします。デルポトロは対応できませんでした。第2セットのタイブレークは両者ともサービスゲームをキープしあい、デルポトロの6ー5でイズナーのDFでワンセットオールとしました。第3セット第3ゲームはデルポトロのミスがでました。一度はサービスゲームキープと思われたところチャンレンジ成功し、そこからのブレイクでした。イズナーのサービスとサービスからの3打目攻撃等の早い攻撃が機能し気迫が上回った試合内容でした。デルポトロは残念でしたが、この連戦よく頑張ったと思います。左臀部の負傷もあったようです。最終盤のデルポトロの存在は盛り上げてくれました。身体を休めて、また来季の活躍を期待します

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「一難去ってまた一難 ファイナル出場権の行方は ロレックス・パリ・マスターズ2017」へのコメント

了解です。
はてなブログもよいですかね?

「一難去ってまた一難 ファイナル出場権の行方は ロレックス・パリ・マスターズ2017」へのコメント

すみません、このコメント欄をお借りして、会話させてください。
FC2、ライブドア、確かスポナビでも推奨していましたよね。
私もその辺かと思っているのですが、出来ればスポナビ+テニスの見慣れた方々と同じ場所がいいですね。
もう少し、状況を見ましょうか。

一難去ってまた一難 ファイナル出場権の行方は ロレックス・パリ・マスターズ2017

みみさん

デルポトロ、勝てませんでしたね。残念でした。デルポトロらしいテニスが見られるようになりました。来季に期待しましょう。ナダルの出場も微妙ですね。最終戦への調整での欠場という判断であればよいのですが、無理はしないことを期待します。欠場もやむを得ないと思います。フェデラーも万全ではないようですし。状況を見守りましょう。

一難去ってまた一難 ファイナル出場権の行方は ロレックス・パリ・マスターズ2017

lovely_crossさん

そうですね。その可能性はあります。デルポトロの左臀部の状況もありますが、その際に出場するかも微妙ですね。コメントありがとうございます。

こんな記事も読みたい

デルポトロ 4年ぶりのファイナルズ出場なるか ロレックス・パリ・マスターズ2017QF【change-the-flow】

パリ・マスターズ2017 16強決定 ズべレフが初戦敗退 シードダウンは6人!【0 to zeroのhorizon】

ATPファイナルズの行方 ロレックス・パリ・マスターズ2017【change-the-flow】

ブロガープロフィール

profile-iconjigyakuteki

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:5834979

(11月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016
  2. ジョコビッチのメンタルを打ち砕け。マイアミ・オープンF
  3. マスターズ初制覇を果たす日 今ここに 錦織の勝利確率51% 対ジョコビッチ第5戦 ロジャーズ・カップ2016決勝
  4. ナダル戦でのトイレットブレイクについて
  5. 答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017
  6. フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について
  7. 錦織の攻撃的テニスを封印 勝つためのテニスに徹しろ! ロジャーズカップ2016 
  8. リターンゲームに賭けろ 錦織の完成形とは 対マレー第3戦 全米オープン2016 QF
  9. 錦織の次なる課題 異次元の世界への挑戦 スイス・インドア2016
  10. 真向から戦い抜いた錦織。ぶれずにそのまま突き進め!マイアミ・オープンF

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss