ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ゴルフスイング◆ロブショットって知ってますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的な「飛距離不足」のメカニズムとは どういうことなんだろう。

それはこういう事なのです。

ロブショット…ってわかりますか? グリーンは目の前にあるんだけど 木があったり、グリーンがすごい傾斜だったり と どうしても 距離に対してとても高い弾道や特殊なスピンを 必要とする場合に行う まあ本当に特殊なショットです。 遊びのギャンブル的な感じで ロブショットをするのは楽しいですけど、 スコアなり、成功率なりを考えると そのショット以外に選択肢がない時点の方が問題な訳で 出来れば選択したくないショットです。

プロの試合でもたまに出てきますが そのさまを見たことがありますか?

そうですね 30もしくは50ヤードを打つのに かなり 大きくしかも速く振ります。 技術的にも ロフトを寝かして 入射角度も緩め ボールの底をこするように振って ボールの初速は出さずに  打ちだしの弾道を高くする特殊なショットで ショットの中では最難易度  と言ってもいいほどのものです。

ウエッヂのヘッドスピードは ドライバーのヘッドスピード 40㎳の人が フルショット 70ヤード位のショットを打つのに 25~30㎳弱位です。 ウエッヂで 30ヤードに普通に打つとしたら ヘッドスピードは20㎳も要らないでしょう。 ところがロブショットの場合は 30ヤードを打つのにも 25~28㎳は不可欠です。 また ロフトが非常に寝ている状態を作り出し 緩い入射角度という クラブの機能を無視するような 使い方をするので 大ミスの可能性だけでなく プロの練習量をもってしても 均一な距離、弾道を打つのは至難の業で ショットの中では 曲芸に近いギャンブルショットです。

もう…この展開からお分かりと思いますが 一般の多くのアマチュアがアイアンであっても ドライバーであっても ロブショットを打とうとしています。

故にヘッドスピード信仰に陥るのです。 アプローチに限りませんが、飛ばしたいというよりも ロブショットをショットの基礎としている限り 速く、大きく振らないと距離が全然出ませんし、 ミスが出やすいショットではあっても、 そのミスを防ぐというか、隠すのもスピードなのですから…。

ロブショットですので ヘッドスピードを45㎳にしても ちゃんと「普通にショットする」37㎳の人を同等 もしくはそれ以下しか飛びません。 ショットの難易度も 普通にショットするものに比べると 数倍以上 毎回偶然待ちのような状況…です。

まあ 究極のインテショナルこすり球 なのですが

クラブの基本機能である 長い棒の先に重さのある という機構を無視して振るので スイングの度に そのクラブの作り出す不可抗力の為 体の姿勢が変わってしまいます。 これが ロフト角度や入射角度の関係を 毎回 毎回変えてしまうので 前述のとおりミスだけでなく、同じような球は打てません。

転がしても寄せられるシチュエーションの時でも 上がるアプローチショットを選択している人は この点 要注意です。

ふり幅で距離を調整するべき とは思いませんが 最低限のヘッドスピード、最低限のスイング幅で 狙いの距離を打てた方が安定度も高く 逆にそれが ショット全体の距離の棚上げにもなるのです。

ショットはアプローチ、パターストロークも含めた アプローチから改善するべきだと思います。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゴルフ雑記
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【求人情報】正社員募集!/スポーツイベントの企画・主催・運営などの会社【SPORTS JOB NETWORK 公式ブログ】

ハミングバードスポルテのゴルフクラブ【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

腕はどこから?【コンディショニングトレーナー平出貴子のブログ『Rai's☆ラクロス✖️コンディショニング』】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1299357

(12月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss