赤の血潮と、青の魂

サッカーはグランパス、 野球はドラゴンズ、 典型的な愛知県民 サッカー・野球共に選手の成長する過程を見るのが好きなタイプ。 海外サッカーも嗜みます。 プレミアはアーセナル(ベンゲル)、 リーガはアトレティコ(チョロ)、 セリエAはインテル(マンチーニがね~)、 ブンデスはシャルケ(育成がいい)、 こうして並べると、勝てそうで勝てないチーム好き? ドラグラ以外の事もけっこう書くと思います。

hototogisu

  • 昨日のページビュー:4014
  • 累計のページビュー:3641907
  • (01月15日現在)

最新の記事

2017グランパス選手評 背番号14 田鍋 陵太

背番号14 MF 田鍋 陵太 24歳 出場2試合(78分) パス数 56本 田鍋はF1のエンジンを積んだ普通車。 優れたエンジンの性能を活かしきれていない印象がある。 グランパスでもチャンスの恵まれたほうだが、大事なところでケガをして棒に振ってしまう。 久米GMがその潜在能力に惚れ込んだのも分るだけに、シーズン終了後の退団はしょうがないとは言え、残念であることに変わりはない。 今シーズ......続きを読む»

2017グランパス選手評 背番号13 磯村 亮太

背番号13 MF兼CB 磯村 亮太 26歳 出場9試合(782分) パス数 487本 グランパス生え抜きのレジスタ。 素直な球質で絶妙のタイミングで繰り出される縦パスは代表クラス。 対人守備や状況判断が課題で中々レギュラーに定着できない存在でした。 風間監督との邂逅でどんな成長を遂げるか。 期待と不安が混じり合いながらシーズンがスタートしました。 5節松本戦では3バックの左を任されま......続きを読む»

2017グランパス選手評 背番号11 佐藤寿人

背番号11 FW 佐藤 寿人 35歳 出場28試合(1770分)5得点4アシスト。 パス数 629本 広島から加入したキャプテン。 チーム状態を考えて発せられるコメント。 練習から先頭に立ってチームを引っ張る。 言葉でもプレーでもチームを引っ張ってくれる頼もしい存在です。 FW寿人としては5得点は物足りない数字です。 しかし、風間監督の難解な指導を噛み砕いて、自らもプレースタイルを新たに構......続きを読む»

2017グランパス選手評 背番号10 フェリペ・ガルシア

背番号10 FW フェリペ・ガルシア 27歳 出場20試合(524分)4得点2アシスト パス数 253本 「相手がついてこれないスピードがあり、ヘディングも打点が高い。非常にクオリティーのある選手」 「サイドとトップ下ができて、ヨーロッパのクラブも狙っていた逸材。10番を背負えるクオリティーがある」 と大森強化担当部長が惚れ込んで獲得した背番号10。 しかし風間監督が起用したポジションはF......続きを読む»

2017グランパス選手評 背番号9 ロビン・シモビッチ

背番号9 FW ロビン・シモビッチ 26歳 出場40試合(2727分)18得点5アシスト パス数 995本 スルーパス数 62本(成功率51.6%) ドリブル数 37回(成功率27.0%) 敵陣空中戦 152回(勝率59.9%) 重要なPKの場面や、フリーの1対1で的を外さないクールなスナイパー。 シュートを打つ時は誰よりも冷静なアイスマン。 勝利が絶対条件のプレーオフでも相手のプレスを外す......続きを読む»

2017グランパス選手評 背番号8 ワシントン

背番号8 ボランチ&CB ワシントン 31歳 出場29試合(2471分)1得点 パス数 1954本(成功率84.7%) タックル数 89回(87.6%) インターセプト数 5回 敵陣空中戦 40回(55.0%) 自陣空中戦 129回(61.2%) 心優しきナイスガイ。 破天荒なシャルレス、優等生なガルシア、末っ子のシャビエルの良き兄貴分。 長い手足とフィジカルを武器にする守備的ボラン......続きを読む»

2017グランパス選手評 背番号7 田口 泰士

背番号7 ボランチ 田口 泰士 26歳 出場34試合(3023分)9得点7アシスト パス数 3200本(成功率87.5%) スルーパス数 70本(成功率58.6%) タックル数  93回(成功率77.4%) インターセプト数 22回 田口泰士 今はまだこの名前をみるとツライ気持ちになります。 磐田移籍の決断してしまったことが残念でなりません。 Twitterでも書きましたが、退団の理由は一......続きを読む»

2017グランパス選手評 背番号6 古林 将太

背番号6 SB 古林 将太 26歳 出場1試合(45分) 8節徳島戦に後半出場したのが唯一の出番だった古林。 しかも得意とするWBではなく3バックの右CBでの出場だ。 ボールを前に運ぶ推進力を期待されての起用だったが、役割を消化しきれず、その後はベンチを温める日々が続いた。 7/23に仙台へ期限付き移籍。 持ち味の正確なクロスと運動量でスタメンを勝ち取ります。 12/25に仙台に完全移籍が......続きを読む»

2017グランパス選手評 背番号5  大武 峻

背番号5 CB 大武 峻 25歳 出場1試合(90分) 大器未だ開花せず 強烈な対人守備と、正確なロングフィードは代表クラスの武器を持ちながら、90分に1回は信じられないポジショニングのミスを犯す大武。 大事なところで離脱する故障癖と、90分維持できない集中力が大成を阻んでいます。 2016年の天皇杯でDFがラインを上げるなかで、1人取り残されボスコに叱られていたり、今シーズンも簡単に前......続きを読む»

2017グランパス選手評 背番号4 シャルレス

背番号4 CB シャルレス 29歳 出場5試合(438分) タックル数27回 闘莉王退団を受け、守備の中心としての働きが期待され入団したシャルレス。 開幕から故障離脱を繰り返し、6/17の19節福岡戦で負傷交代。 その直後の6/26に選手とクラブ、両者合意のもとで契約を解除が発表。 僅か半年でグランパスを離れることになりました。 某メディアで、風間監督の「止める」「蹴る」基礎を大切にし......続きを読む»

2017グランパス選手評 背番号3 櫛引 一紀

背番号3 CB 櫛引 一紀 24歳 出場34試合(2761分)1得点2アシスト パス数1537本 スルーパス数15本 クロス数14本 タックル数76回 インターセプト数5本 自陣空中戦115回(勝率63.5%) 2016年12/23に札幌から期限付き移籍が発表されグランパスに加入した櫛引一紀。 世代別代表経験がありながら、昇格した札幌では出場機会を失っていました。 闘莉王、竹内、オーマンが退......続きを読む»

2017グランパス選手評 背番号2 新井 一耀

背番号2 CB 新井 一耀 24歳 出場6試合(508分)得点1 パス数314本 タックル数13回 シャルレス、大武、酒井が監督の要求に答えられず、櫛引は調子を落し、磯村や小林がCBで出場せざる負えない中でシーズン途中(8/8)にマリノスから期限付き移籍で加入した新井。 瞬く間に監督の信頼を得て3バックの真ん中を任されます。 DAZN中継の選手配置で、前に人数を割く中で一人CB状態で広大なエリ......続きを読む»

2017グランパス選手評 背番号1 楢崎 正剛

背番号1 GK 楢崎 正剛 41歳 出場29試合(2610分) セーブ数 86回(セーブ率65.6%) パス数 518本 孔子曰く、四十にして惑わず。 (40歳になって、道理も明らかになり生き方に迷いがなくなった) 孔子は惑わずでしたが、楢崎にとって今シーズンは惑うことが多かったのではないでしょうか。 開幕から当然のようにスタメンとして出場。 無駄の無いポジショニング、冷静なコーチング、安......続きを読む»

『グランパス』宮原の価値と宮地移籍について。

スポナビブログ閉鎖に伴いほととぎすのスポーツblog~赤の血潮と青の魂~に引っ越しをします。 発信力を強化するためにTwitterを開始することにしました。 @hototogisu13。 フォローしてもらえれば心強いです。 今後もよろしくお願いします。 グラサポ待望の吉報、宮原和也の期限付き期間が1年延長が正式に発表されましたね。 最終ラインに展開力を求める風間サッカー。 そこに必要なピー......続きを読む»

『グランパス』エースのジョー誕生か?

思いついた小ネタ。 田口の契約更新が毎年遅いのは”うちなータイム”だからだよ。 そのうち、なんくるないさ~と契約更新のリリースが来ると信じて待ってます。 さて、今グラサポの間でもっともホットな話題はコリンチャンスのブラジル人ストライカー、ジョーことジョアン・アウヴェス・デ・アシス・シウヴァの獲得報道です。 ポゼッションサッカー、攻撃的なスタイルのフットボールにおいて最後の仕上げをするの......続きを読む»

ハリルホジッチには、もっと批判が必要です!

引っ越し先のほととぎすのスポーツblog~赤の血潮と青の魂~もよろしくお願いします。 今回は引っ越し先にだけに『グランパス』グランパスの誇りを胸に!と書いて差別化を少し計ってみました。 ハリルさんの韓国戦後の会見。 E-1選手権 韓国戦後の会見 相手がすべての面で勝っていた。それでも、この試合は監督のせいで負けたと思うなら、そういう記事を書いてくれて結構だ。 https://spor......続きを読む»

『グランパス』if~もしボスコと主力選手たちが残留していたら?~②

引っ越し先のブログほととぎすのスポーツblog~赤の血潮と青の魂~もよろしくお願いします。 http://blog.livedoor.jp/hototogisuguradora/ まずは直近のニュース。 [J1復帰の名古屋、再来年新人を青田買い アカデミー出身の20歳MF] スポニチ(https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/12/14/kiji/20......続きを読む»

『グランパス』いっしょにJ1で名古屋の風を起こそう!

まず、ブログの引っ越しができました。 livedoor.blogに、ほととぎすのスポーツblog~赤の血潮と青の魂~というタイトルで登録しました。 http://blog.livedoor.jp/hototogisuguradora/ 引っ越し先ではブログ村に参加します。 そのほうが探しやすいかな?と思ったからです。 スポナビ閉鎖まで両方に投稿していきます。 今後ともよろしくお願いします。 ......続きを読む»

『グランパス』if~もしボスコと主力選手たちが残留していたら?~①

まずは決定した人事の話。 風間 八宏監督、契約更新のお知らせ 山口 素弘氏、アカデミーダイレクター就任のお知らせ アカデミーダイレクター兼U-18監督 高田 哲也氏、契約満了のお知らせ 風間監督に関しては3年契約が報じられており、契約更新のお知らせが出るということは成績で条件が変動する形態の契約だった可能性も考えられます。 (昇格の逃した場合は契約解除や減俸、昇格した場合は年俸upもしく......続きを読む»

プリンスリーグ東海 名古屋グランパスU-18 VS JFAアカデミー福島U18

プリンスリーグ東海の最終節が瑞穂競技場で開催されたので観戦に行ってきました。 結果は 6-1 の快勝。 プレミアリーグ参入戦にはずみがつく勝利でした。 グランパスU-18の試合は今年初参戦なので初見で見た感想になります。 目的がないJFAアカデミー福島のモチベーションが低かったのか、試合内容はグランパスU-18が一方的に押し込む展開。 細かいパスワークでサイドを崩して低いマイナスのクロスから決定機......続きを読む»

『グランパス』選手の動向を考えてみるFW&攻撃的MF

田鍋 陵太選手、契約満了のお知らせ 正式な退団発表がリリースされました。 トライアウトにも参加した様ですね。 2017 JPFAトライアウト 2日目 トライアウトには津田知宏と田中輝希の名前もありましたね。 輝希は2013年にケネディ負傷時に出番を得て、少しづつ成長していった姿が思い出されます。 芽が出かけるかなとも思いましたが、ケネディが復帰すると出場機会が激減。 育成が目的でないグランパ......続きを読む»

『グランパス』選手の動向を考えてみるSB&ボランチ

風間八宏監督だと、本職のDFを好んで起用しなさそうなので、獲得すべき選手を挙げるのが難しい問題が発生しますね。 SB(WB) 15,宮原和也(21歳)→ 広島が復帰要請中。 29,和泉竜司(24歳)→ 慰留。 39,内田健太(28歳)→ 補強次第で退団の可能性あり 40,秋山陽介(22歳)→ 残留 6,古林将太(26歳)→ おそらく構想外。放出濃厚。 内田以外本職のいないSB(WB)。 その......続きを読む»

『グランパス』選手の動向を考えるGK&CB

まず個人的な話から。 スポナビブログには共通ジャンルを関連ページに表示する機能があります。 ↑ 上のように Jリーグ、名古屋(J)とつけられます。 この共通ジャンルは3つまで選択できます。 グランパスの記事を書くときは、共通ジャンル2はなしを選択しています。 その理由はジャンルの区分がJ2だから。 グランパスは1年でJ1へ復帰する。 グランパスのいるべき場所はJ2じゃない!と思っていたからです。......続きを読む»

『グランパス』プレーオフ決勝 VS 福岡戦~12人で勝ち取った昇格!~

よかった…、本当によかった。 試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、心の中では歓喜よりも安堵のほうが先に訪れました。 辛いシーズンを戦い抜き、最後の最後に望んだ結果を手にすることができました 本当によかった。 選手、監督、スタッフみんなにありがとうと感謝を伝えたい。 昇格が決定した瞬間に崩れ落ちた田口を見て、どれだけの想いでシーズンを戦っていたのかと想像して涙腺が緩んでしまった。 風間監督も困難が多......続きを読む»

『グランパス』12番目の選手として

グランパスは 12/3 (日曜)16:00に豊田スタジアムで福岡とプレーオフ決勝を争います。 準決勝で千葉と対戦する前は、対戦成績や戦術の相性から千葉優位の予想が多かったような気がしています。 その千葉を抑えて決勝に進出したグランパス。 今度は逆にグランパス優勢の空気が流れています。 楽観も悲観も必要ありませんが、福岡も侮れない相手。 千葉戦同様に気を引き締め、危機感を持って試合に臨む必要があると......続きを読む»

京都サンガ~スタイルの逆輸入もありじゃない?~

スーパーハードワーク これは、2017 Jユースカップ 第25回Jリーグユース選手権大会で、16年ぶり2度目となる優勝を果たした京都U-18が掲げてキーワードです。 イビチャ・オシム氏の下でGKコーチを務めた岸本浩右(50)監督がハードトレーニング課し、徹底的に鍛え上げられた選手たちが泥臭く、忍耐強い守りから一気呵成の逆襲でゴールを狙う。 育成に定評があり、上手い選手を配収してきた京都U-18。 ......続きを読む»

『グランパス』VS プレーオフ準決勝 千葉戦 ~紙一重~

まずは議論を呼んでいる61分の田口の同点ゴールについて。 ゴール前のパスに走り込んだ田口。 近藤のクリアが、至近距離まで詰めていた田口に当たり、ゴール方向へと転がり同点ゴールが生まれた。 映像を確認すると100%手に当たっていて、ハンドだと思った。 なぜ主審や副審がハンドを取らなかったのか。 まず審判のポジションからは死角で見えなかった場合。 審判は見ていない行為について笛は吹けない。 田口の手......続きを読む»

"プロフェッサー"反町康治の選択

松本の反町康治監督(53)が来季も続投するとの報道を見て、今シーズンで退任するだろうと予測していただけにびっくりした。 2016年の松本は勝ち点84を獲得しながら昇格を果たせなかった。 例年であれば自動昇格を勝ち取っている数字で、清水の快進撃が異常だっただけに、不運としかいいようのない結果だった。 反町監督は2016年シーズンに全身全霊で指導し、選手の能力を最大限に引き出した。 持ちうる手を全て......続きを読む»

『グランパス』~柔よく剛を制し、剛よく柔を断て!~

11/26(日曜)の16:00にグランパスは瑞穂で千葉とプレーオフを争います。 今の千葉は長崎と共に勢いのある難敵です。 この試合、グランパスは日本代表と対戦して勝利を挙げたブラジルのようにプレスを無効化する賢く効率的なプレーをする必要があります。 選手もコメントで千葉のハイプレスをパスワークで搔い潜る意欲を語っています。 しかし、プレスをかわすことは正解の半分。 もう半分はプレスをかわした後に......続きを読む»

秋春制移行したいなら、田嶋会長は身を切る姿勢を示すべきでは?

11月20日に日本サッカー協会の田嶋幸三会長がメディア向けにシーズン移行に関するブリーフィングしたことがメディアの記事になりました。 シーズン移行の目的を「日本サッカーの発展」のためと田嶋会長は述べられております。 複数の記事を読んで、この人が日本サッカー界のトップで大丈夫?と心配になりました。 知られざる“秋春制”のメリットを力説!田嶋会長の熱き想いはJリーグに届くかサッカーダイジェストweb ......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

このブログの記事ランキング

  1. 戦力外発表を見て怒り爆発!!!落合博満にGMの資格なし
  2. 呂比須の「なぜグランパスが勝てないのかがわかった。サッカーを知らない人がフロントにいる」発言から16年、変わらぬ体質。
  3. 落合博満がGM失格の理由。日ハム日本一で証明されたこと。
  4. グランパス、監督休養の茶番劇
  5. グランパスと言う名の病③
  6. 『グランパス』J1復帰への3か条。J2からやり直す正しい方法。
  7. 森脇良太の侮辱発言の本質と、小笠原満男のキャプテンシー。原因は認識のズレ。
  8. 『グランパス』子会社化でトヨタの現場介入が悪化!?強化責任者不在での監督探し
  9. ザスパ"草津"群馬のSOS 君に届け
  10. 吉川尚輝(中京学院大)を2位指名できるか?  シュミレーション。

このブログを検索

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss