広島鯉太郎

2013年ドラフトに臨む姿勢を考える~北海道日本ハムファイターズ編~

このエントリーをはてなブックマークに追加

 だいぶんお久しぶりになる。

 普段は地元広島東洋カープの記事ばかりを書いているわけだが、パ・リーグで応援している日本ハムの動向は気になっていた。

 今年は糸井と田中賢介の移籍でセカンドとライトの穴埋めをどうするかと思っていたが、内野に関しては西川や中島の台頭でどうにかなった。

 が、糸井が抜けたライトに関しては、大谷、赤田、谷口に杉谷、時には今浪が守るということでなかなか固定が出来ず。
 更にライト糸井が抜けた部分を他の選手でカバー出来れば良かったのだが、ベテラン稲葉がまさかの大不振。

 アブレイユ、大引という新戦力の活躍に中田や陽の成長ぶりなどがあったものの、やはりチームを締めるベテランが不振だと、糸井の移籍を埋められないと感じた。

 更に投手に目を移すと、昨年大活躍だった吉川が大きく負け越す結果。新戦力の木佐貫が奮闘するも、吉川がこれだと厳しかった。
 中継ぎは増井が若干成績を悪化させたものの武田久、宮西といったところと勝利の方程式を形成出来ていた点ではしっかりと機能していたと感じるだけに、先発陣が全体的に勝ちきれなかったことは致命的となった。
 実際1人も2桁勝利を達成している選手がおらず、毎年のように10勝以上していた武田勝も今現在で8勝と厳しい結果に。

 だが自分が一番の誤算だと感じたのが「斎藤佑樹」である。

 彼が昨年のように「先発ローテ1番手」としてある程度頑張っていれば他の先発陣の刺激となって昨年の吉川のような快進撃が生まれると思っていただけに、怪我で復活出来なかったことは残念だ。

 そして大谷についてだが、さすがに「1年目」の選手に昨年の斎藤佑樹のような、先発陣を刺激させる存在を期待するのは酷だった。
 といっても自分は二刀流を頑張ってもらいたいと思っており、来年もライトをやりながら、投手としても頑張ってもらいたいと思っている。


 そんな日本ハムだが、今年の成績を見ると、俄然ドラフトが重要となってくる。

 そこで今回はスポーツ魂!!が進めている「ドラ考」の日本ハムバージョンをお送りしたいと思う。

 日本ハムの現状を分析し、そこから2013年ドラフトに日本ハムがどのような姿勢で臨むのかを、自分なりに予想してみたい。

 細かい部分は分からない場合もあるので、そこのところはフォローしていただけたらと思う。


 
hiroshimadamashii-434963.jpg



 上にあるのが、「ドラ考」で使っている年齢層チャート。

 年齢判断は2013年5月2日時点で行っており、選手状況は10月5日時点で行っている(なお、ケッペルはもう自由契約だったのかが確認できなかったのでそのままとなっている)。
 その点は了承してもらいつつ、自分の予想を見ていただけたらと思う。


 ○右投げ投手の年齢層分布について

 バランスはとても良い。

 が、先発として活躍してきたケッペルとウルフが退団ないしは他球団に移籍する可能性が高いということで、ここは即戦力の先発タイプの投手を補強する必要がありそうだ。


 ○左投げ投手の年齢層分布について

 22歳以降は比較的バランスが良いのだが、18~21歳の層に1人もいないこと、即戦力の先発タイプが欲しいこと、更に「その年で1番の選手を1位で指名する」という日本ハムのドラフト方針がある以上、自分は今年のドラフト1位は松井裕樹(桐光学園高校)だと勝手に思っているわけだが・・・ここは意見を求めよう。


 ○捕手の年齢層分布について

 一番心配しているのが、鶴岡がFA権を行使して他球団に移籍する可能性があるという報道があること。

 鶴岡が移籍をしなければ年齢層的には高卒の捕手を1名指名してじっくりと育成させることも出来るのだが、移籍となると、大野1人だと少し心配なところはある。

 勿論近藤にベテラン中嶋もいるわけだが、自分はその間に入る選手、要は22歳以上の捕手を1名指名する必要があると思っているのだ。

 これに関しては鶴岡がどう決断するかによって変わってきそうではあるが、最低でも1人捕手を指名することは必要だろう。


 ○右打ち内野手の年齢層分布について

 人数的には問題ないわけだが、22~29歳の層がレギュラーの中田と大引しかいないのは少し心配なところ。

 将来を見据えて、大卒以上の選手を1人指名しておくことは必要だろう。


 ○左打ち内野手の年齢層分布について

 18~25歳の層が今年ブレークした西川と中島しかいないことを考えると、彼らを更に刺激出来る存在が必要になりそうだ。

 ここに関しては、高卒、大卒、社会人卒誰でも良いと感じる。


 ○右打ち外野手の年齢層分布について

 18~25歳の層が石川1人というのは寂しい。

 確かに外野は先ほど述べたように色々な選手が守っていて飽和状態にあるわけだが、1人くらいは本職の右打ち外野手を指名しても良いかもしれない。

 更に理想としては、大砲候補。
 レフトを守っていた中田が来年からサードに転向する見込みがあるだけに、尚更外野に大砲候補が必要になりそうだ。


 ○左打ち外野手について

 ここには書いていないが大谷も左打ち外野手になること、稲葉が外野も守れる(今となっては一応だが)ことを考えると、そこまで補強は必要ではなさそうだ。

 外野手の補強でも、右打ちの方が優先事項である。


 ○2013年ドラフトに日本ハムはどのような姿勢で臨むのか?

 おそらく、ドラフト1位は松井裕樹を指名。
 仮に外した場合は、左右問わない即戦力投手の指名にいくと思われる。

 更にドラフト2位までは即戦力の投手を優先的に指名し、それ以降は右打ち外野手、内野手、捕手という優先順位を基に指名できればと思う。

 ただ鶴岡が移籍となれば、捕手の優先順位はこの3つだと1番上になる可能性もある。

 結果、今現在で支配下枠の人数が58人、更にウルフ、ケッペル、最悪鶴岡も抜けるとなると55人となる。
 そう考えると、ドラフトでは結構な数(8人くらい)を指名する可能性がありそうだ。

 実際昨年のドラフトでも7人指名しており、今年もそれに近い、もしくはそれを超える可能性がありそうだ。


 以上が自分なりの現状分析、ならびに指名予想となったわけだが、皆さんはどうお感じだろうか。

 日本ハムを応援している以上今年のドラフトは上手くいってほしいと思っているわけだが、こうした方がもっと理想的なドラフトになるなどの意見があればぜひ聞いてみたい。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スポーツ特集
タグ:
「ドラ考」
鶴岡
ウルフ
ケッペル
田中賢介
糸井
西川
中島
大谷
杉谷

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2013年ドラフトに臨む姿勢を考える~北海道日本ハムファイターズ編~

>SNさん

こんにちは。
そして、コメントありがとうございます。

確かに、昨年がある意味で誤算だったのかもしれません。
ただ、監督が開幕投手として期待した以上、投げるという選択肢を選んでしまったのかもしれませんね。

今年のドラフト2位は確かに、日本ハムが1番最初に指名することになります。
誰を指名するのか・・・そこも、例年ドラフトの主役となっている日本ハムの見せどころとなりそうです。

2013年ドラフトに臨む姿勢を考える~北海道日本ハムファイターズ編~

>桜文鳥さん

こんにちは。
そして、コメントありがとうございます。

先発タイプはとにかく必要ですね。
大谷ばかりに頼るのは酷ですし。

外野手に関しては、中田のコンバート如何によって変わってきそうではあります。
それは内野も同様ですかね。

ただ内野は金子さんと稲葉さんが機能すれば大丈夫そうですから、ある意味鍵を握ってきそうです。

捕手は本当に鶴岡さん次第ですよね。
こればかりは流動的になりそうです。

2013年ドラフトに臨む姿勢を考える~北海道日本ハムファイターズ編~

斎藤佑が「誤算」だったのは去年についてではないでしょうか。
関節唇損傷の手術をしないという選択をした時点で、復帰に時間がかかるのは本人も周囲も承知の上のことだったかと思います(今シーズン中、何度か彼やコーチのインタビューを目にする機会がありましたが、痛みがなくなっても、試合で投げられるようになっても、常に「来年の先発ローテーションに入る」ことを目指してやっていると言い続けていました)。
今年のドラフトでは、パの最下位であるファイターズが2位指名を真っ先に行うことになります。1位よりも実はこちらで誰を指名するか、興味津々です。

2013年ドラフトに臨む姿勢を考える~北海道日本ハムファイターズ編~

はじめまして、こんばんは。
なるほど〜と感心しながら読まさせていただきました。
私は、さほどきちんとデータを分析できてないので、かなりアバウトな意見になってしまうのですが、まず、左右に関わらず先発投手の補強ですね。
松井くんは視野に当然入ります。ただ、即戦力も欲しい所なので、社会人、大卒の発掘も必至かと。
次は、左打ちの外野手。ここは年齢にこだわらず、守備力のスキルが高い方がいいかな?
内野手については、中田のコンバートがあるとすれば、ドラフトで
の優先順位は低いと思います。
ベテランの稲葉、金子が元気になれば、スタメン起用でなくとも、いざという時チカラになってくれたり、ベンチでしめてくれそうだし。
捕手は、鶴岡次第。
残りのワクは、投手と強打者で。

大谷くんは、ローテ守らせる前提。

と、いう感じです。

こんな記事も読みたい

さてCSです【今日も今日とて】

公式戦144試合終了~。【FF】

怒涛の7連勝、2位も射程圏内【野球雑記雑感】

最後も接戦をおとしてシーズンが終了【F×F BLOG】

木佐貫10勝ならずの完封負け【F×F BLOG】

GO松本 GO!!【FF】

ファイターズ、無抵抗のままやられちゃいました。【HIT! RUN! WIN!】

大谷 無敗でシーズンを終える【F×F BLOG】

ブロガープロフィール

profile-iconhiroshimadamashii

【広島鯉太郎の簡単な紹介】

 広島出身で、高校までずっと広島。そうなると周りはカープ一色で、小学4年次には自然とカープファンに。
 更にかつて東京の地で低迷していた日本ハムになぜか同情心を抱き始め、北海道移転後の歓喜を広島で密かに喜んでいた。
 そして今でもカープと日本ハムのファン。

 好きな選手は現役だと丸、松山(共にカープ)、糸井(オリックス)、下園(DeNA)。OBだと緒方孝市(カープ)。
 特に緒方のセンター守備には憧れた。

【試合中をメインにTwitterを展開中!】

アカウント名は@koitaroucarp。「広島鯉太郎」と検索しても出てきます

【その他質問のある方(主に野球のこと)】

  http://ask.fm/baseball_informにて質問していただければ、可能な限りお答えします
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:18805041

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 今後行われるトレードを検証する③セ・リーグ捕手・内野手編
  2. 【プロテクト魂】巨人が提出する「プロテクトリスト」を予想する
  3. 【検証魂】12球団の「生え抜き率」を検証する
  4. 藤川を獲得に動きそうな球団を予想してみる
  5. 今後行われるトレードを検証する②投手編
  6. 【FAプロテクト魂】大竹FA宣言!!嫌ではあるが、他球団のプロテクト漏れから獲得するであろう選手を考える
  7. 今後行われるトレードを検証する④パ・リーグ捕手・内野手編
  8. 「埋もれ探索」~戦力外通告、自由契約となった選手達を探る①投手編~
  9. 【補強魂】カープは史上初のFA獲得として高橋聡文を獲得することがあるのか?
  10. ひ、東出がトレード候補!?

月別アーカイブ

2100
11
2017
10
2016
08
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss