くうねるサッカー アラウンド

シティ2戦と、不安要素

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年いっぱいは書こうかな、ブログ。

12月スカパーJ-sportsに再加入、サッカー三昧の日々再び。 ああ、かっこいい。サッカーはかっこいい。 「みんな元気そう。がんばってる。かっこいい。」 本当は、それだけで充分だ。 どのあたりから、勝ったとか負けたとか面白くないとか 気に入らないとかミスが多いとかプランが見えないとか、 そんな些細なことにこだわり始めるんだろう? 観たいスターが健やかでがんばってれば、充分じゃないか!

とは言っても、 ごひいきのチ-ムが好調なのは嬉しいことで。 いやー勝ちまくってますよーシティ。うひゃひゃひゃひゃ、 ざまーみろ、うひゃ、うひゃひゃひゃひゃー。 ‥‥今ならそういう記事で埋め尽くすことも可能です。 だが、そうはしない。日本人の私は奥ゆかしいからね。 うそです、奥ゆかしいからではなく、強さより面白さに価値を おくタイプだからです。 いやー面白いし強いよ、今季のマンチェスタ.シティは。

前回「ショートカウンターが主に」と書いた途端に、 相手にかっちり引き守りされる試合が続き、一転、 「えーと、切り崩し方を思い出さないとなー」になりました。 引き守りを破ってみせることこそ、シティの真骨頂であり お約束なのだけど、実はこのあたり、まだパワーアップしてない。 と、感じます。 前回書いたように、若いFWたちの連係がまだ足りない。 超絶なデブライネと各FWの関係は良いし、 ミラクルなシルバと各FWの関係は良いのだが、 FW同士での「助け合い」が足りないカンジ。 がんばれー。

さらに、冬になり、後ろの方にケガ人が続出中。 さらに、30オーバーのシルバとフェルナンジーニョに 疲れが蓄積した場合、替えがありません。 昨季と同じ問題なんだけど、かなりな不安要素。

しかし、先のことは先のこと。 プロである監督におまかせです。

話を戻し、シティ2戦。

マンチェスタ.シティ vs サウサンプトン。 ヨシダマヤがキャプテン。ヨシダは目立ってた。 「アブソリュートリー スウィーパー!」て現地実況が。 ひとつのシュートと、ひとつのシュートアシストも。 危険人物デブライネにFKさせてしまったのも。 オタメンディが飛び込んで決め、1-0に。46分。

この日は、サネがカゼ欠、シルバはベンチで、シティは 若干の戦力不足。それより、サウサンプトンががんばった。 あの監督はもしかして「シティ封じ」の方法を知ってたのかも。 私には分からんが。リードしてるのにペップ監督はワタワタし、 シルバに盛んに話しかけ「さあ?僕に訊かれても知りませんが」 という顔をされていた。がんばれペップ‥。

73分にシルバ投入も、75分にCK&クリアミスから1-1にされ。 その後も延々押し込み、攻撃を続けるが、跳ね返しまくるサウサと キーパー。 「あるよね~決まらん日って」て気楽に観戦、延長の5分間も終わり かけた時、一瞬のスペースが生じ、スタリングがループシュート、 ゴールイン。揺れるスタジアム、走るスタリング、飛び跳ねるペップ。 試合終了、2-1。 シティには未だ、幸運が必要だ。 「そーいうのは、もう要らないんだね」と思った11月だったけど。 スタリングはボンマス戦でも、終わり際に得点したし、 前節もそうだったらしいし、いよいよ、スターの兆しが。 劇的にチームを救う者、それがスター★

マンチェスタ.シティ vs ウエストハム。 まず、モイーズがハムの監督になっててたまげる。 英国に戻らないと思ってたよ‥捨て台詞がヒドかったもの‥。 44分、CKから、ハムのオグボンナだっけ?に先制される。 後半、ドリブルする人と、ミドルを撃つ人が増えるシティ。 56分、スローインからスタリング → ジェズスの突破から、 オタメンディがゴール。 その後、あれこれやってみるものの、なかなか破れず。 先ほど書いたように、FWたちの「経験値」が足りない感じ。 テクニックもスピードも、スペシャルなんだけどねー。 アイドルのアグエロも、この日は不調で目立たない。 2度ほど、ジェズスがシュートブロックしてしまう。 かなり痛いはずだが、恥ずかしいのか、しれっとしている。 結局、シルバ。 82分、シルバが飛び出し、デブライネの浮き球を受け ボレーでゴール!むきゃー! 2-1終了。 ハムは堅守速攻タイプで、キーパー・アドリアンだっけ? 素晴らしかった。ハートはベンチ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

クラシカルな10番タイプの司令塔が必要とされなくなったのは悲観的な要素ではない。【FCKSA66】

CL決勝T進出の16チーム出揃う!スペイン勢の対戦候補は?【ジョルディのバルセロナ通信】

CLに勝利でお別れ(CL: Napoli-thuis)【我がフェイエノールト】

ブロガープロフィール

profile-iconhanano

  • 昨日のページビュー:2
  • 累計のページビュー:713085

(12月07日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本人のサッカーが面白い
  2. カガワ その後
  3. スアレス、シルバ、カガワ
  4. アーセナル - マンチェスタ.シティ、カガワ ほか
  5. カガワを観た
  6. なぜ マンチェスタ.シティは 叩かれるのか / バルサ再び
  7. 決勝点のアサノは、スアレスのようだった
  8. 「シティらしさ」とは 何か
  9. ユベントス vs ローマ、チェルシー vs アーセナル ほか
  10. 敵が強い という恩恵、バルサ vs マンチェスタ.シティ

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
05
03
02
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2014
12
10
09
07
06
05
04
03
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2012
12
11
10
09
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月07日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss